誰が言ったのか忘れたのですけど
『神は死んだ』っていうのはどういう意味ですか?
けっこう激震?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

 他の方々が言われているように、出所はフリードリッヒ・ニーチェ。

1882年の『悦ばしき智慧』、アフォリズム125番が初見でした。市場に突然一人の狂人が現れ、「神は死んだ、我々が殺したのだ」と叫びます。最も聖なるものをわれわれは殺した、誰がこの血糊をナイフから拭うことができるのか…そして、「この殺害にふさわしい存在になるには、われわれ自身が神とならねばならないのではないか!」と激しい言葉が続きます。

 意味の方です。上に引用した言葉からうかがえるかと思いますが、直接は「人間理性による神の殺害」という事態を指して言っています。始まりはデカルトによる「機械仕掛けの神」。神は精神と肉体の同期を司る存在として、いわば人間の道具のような地位に据えられています。カントでは「理性的存在者一般」という名前で、理性を持つ者という意味では人間と同列のものとして、一括して扱われます。ヘーゲルに至っては「精神」の名において完全に人間と神が連続化されます。
 ここまで来ますと、神はなんら「超越者」ではありません。人間と連続していますから。この世界については、一面では「すべてが神である世界」とも言えますが、他面から言うと「世界のすべてが人間化された」とも言えます。神に立つ瀬がなくなったということです。つまり、哲学的な「神殺し」。

 19世紀末の関連する時代背景にも少し触れておきましょう。まず、ダーウィンが進化論を唱えています。当時の人は、これを「人間をサルと連続化するもの」と捉えました(ちょっと誤解なんですが)。人間は自然を超越した特別な存在なのだという自信が打ち砕かれます。ニーチェより少し時代が後ですが、フロイトによる無意識の発見も同じ流れの上にあります。人間が、「自分が知らない自分」としての無意識に突き動かされる生き物であることが明らかにされることで、「理性・自律=自分が自分の主人でありうること」に「No」が突きつけられたわけです。
 キリスト教的価値観、およびそれをバックボーンとする人間自身の尊厳がガタガタになっていた…そういう時代の雰囲気でした。そういう時代を背景に、ニーチェは「神の死」を宣告したのです。
 アインシュタインやゲーデルはもう少し後の時代の人たちです。ニーチェが「理性の限界を示すこと」をしていたとすれば、それはむしろ「ニヒリズムの肯定による価値転換」の方に、ある意味でそういうものが読み取れるでしょう。

 言葉の意味に戻ります。
 「神は死んだ」という言葉は、『悦ばしき智慧』の翌年から書かれる『ツァラトストラ』以降の、後期ニーチェの思想と切り離せません。この場ではとうていまとめきれませんが、ここでは「永遠回帰」と関連付けておきましょう。
 神は世界を創造し、最後の審判を下す者です。始まりと終わりをもつ歴史を区切る者です。このような有限の長さをもつ直線で考えられたときにのみ、歴史には「意味」が生じます。「終末」へ向けての因果関係の中で、個々の出来事、個々の人間の生に一定の役割が認められるからです。終末に向けて何らかの役割を果たしたということが、「私」という存在の意義となります。
 が、時間が無限に続くとすると、その中で一定の長さに刻まれた「私の時間」は無限小に希釈されていきます。「無」になります。また、時間が円環状に回帰すると考えても同じです。まったく同じ事が、何ら新しいものを生むことなく、ただそのまま繰り返されるとしたら、すべての出来事は無意味です。
 「神が死んだ」ということ、それは私たちの生に意義を与える存在が死んだということです。私たちの生は無意味です。
 そして、この生が永遠の時を経て回帰するということ、これも私たちの生を無意味なものにします。
 ですから、「神の死」と「永遠回帰」は、直視することの困難な恐怖の思想なのです。しかし、ニーチェにとってはこの恐怖こそが真実なのであり、この恐怖に耐え、ニヒリズムを肯定する「超人」たることを私たちに課してきます。「神は死んだ」という言葉も、われわれに「強者たれ」と迫るニーチェの言葉の一つです。
    • good
    • 0

形而上的にはみなさんが書いていらっしゃるので,違うことを.



「神が死んだ」――正確に訳せば「神は死んでいる」――を大きく捉えてみます.
神性ratioとは即ち合理的rationalであるというのが,
デカルトからヘーゲルまでの近代理性主義でした.
ここで,理性が完全だということは「神」が保証しているとされました.
形而上学的な意味で「神が死んだ」というのもありますが,
現代哲学に大きな意味を持つのは次のような<危機>がありました.

近代的な実証科学において,挫折が出てきたのです.
数学においては,近代の時点から揺らいでいました.
非ユークリッド幾何学です.
ここでユークリッド幾何学の特権性が失われ,
遂に,アインシュタインの重力論が追い討ちを掛けました.
物理においても,
アインシュタインの一般相対性理論,
プランク以降の量子論,
ハイゼンベルクの不確定性原理と,
既存のニュートン物理学が崩壊していきます.
論理学においては,
ヒルベルト=プログラム上で,
ゲーデルが不完全性定理を証明し,
数学・論理学の危機が叫ばれました.
文系の学問でも,
歴史学主義,心理学主義,社会学主義といった実証科学が自滅していきました.
このように<理性の限界>が示されていったわけです.
ニーチェの死んだ1900年を挟んだ100年間くらいが,
理性の危機の時代でしょう.

「神が死んだ」というのは
<理性の限界が示された>とも言えます.

尚,現代哲学では,失われた理性の復興が行われつつあるそうです.
例えば,<現象学>.フッサールやメルロ=ポンティで有名ですね.
フッサールやキェルケゴールに影響されたハイデガーも実存哲学者と言うより,
現象学的存在論者と言ってもいいかもしれません.
    • good
    • 1

今後ニーチェに詳しい方が細かく説明されると思いますが、ニーチェが言った「神」は当然キリスト教を背景とした、西洋文化全体に向けられています。


 「貧しき者は救われる」「死んで来世に行かなければ人間の原罪は贖うことが出
来ない」「右の頬を叩かれれば左の頬を差し出せ」といったような、日常生活のす
べてにはりめぐらされたキリスト教精神を「貧しき愚民の敗北者主義(ルサンチマ
ンとでも)」として退け、散文調の「ツァラツストラはかく語りき」でアジったこ
とから、20世紀の幕開けを告げる言葉として、残ったのでしょう。
 この解釈をめぐり、ハイデガーは西洋精神から、それを生み出した、理性にまで
考えを及ぼし、背景にあった「形而上主義」の撤廃に向かい、この路線が、やがて
はフーコーやデリダにひきつがれ、現在にいたっています。
 ニーチェが唱えた「神」が不必要だ、という考えは、「神と動物の間の人間」と
いうようなひ弱な考えをきらい、「孤高の哲学者」として「鉄のハンマー」で「愚かな大衆」をうちのめしていくという決心の裏返しです。情熱的ですが、それほど、彼は「異端者」であり、誰からも認めてもらえなかった、という辛さがあった
のでしょう。その劇的で文学的な哀愁の哲学は、やはり私たちを捉えずにはおかな
い、魅力にあふれた思想ではないでしょうか。「俗衆」の私も、ニーチェはいい、
と思ってしまいます。こんなの今時流行りませんが。
 
    • good
    • 0

どしろうとですが、ひとこと。


ニーチェのこの言葉はもちろん衝撃的なものでした。
それまでのヨーロッパはキリスト教思想が支配しており、絶対的な一神教であったのです。
それがあろうことか、神は死んだ、と言うとは。神は「かつて」いたとしても今はいなくなった。
これが衝撃的ですよ。それからというものドイツに無神論的な思想が広がりはじめていき、その影響は哲学において重要な意味を持ちます。特に実存主義なんかはそうなんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

ニーチェです。

この言葉の前提には、キリスト教にニーチェが存すると考えた「奴隷道徳」とか、近代の危機としてのニヒリズムとか色々あるので、ニーチェを読んでみてください。(古い訳の哲学書は日本語がしちむずかしいので、新しい訳を読むか、英訳本を読むことをお勧めします。)下記は日本語で見られるニーチェのリソース(青森大学?の研究者の方のサイト)です。

参考URL:http://www.aomoricgu.ac.jp/staff/suzuki/index.html
    • good
    • 0

下記URLで「神の死」に関して解釈しています。


思想的、宗教的にそんなに詳しい方ではないので僕のコメントはあえて控えます。

参考URL:http://www.sutv.zaq.ne.jp/the-one/niet/gott.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニーチェの有名な言葉「神は死んだ」について

「神は死んだ」についてです。

何故にこの言葉が広まった?のでしょうか?ニーチェのこの言葉を重要視して有名な言葉として広めた人がいるのでしょうか?

自分で「ツァラトゥストラのかく語りき」を読んだのですが、その言葉はさほど重要な点ではないと感じましたが…

Aベストアンサー

 キリスト教批判については、西洋の思想史をさかのぼれば、無神論の思想家を見つけ出すことができますが、最も明確に筋道立てて隅々まで否定したのはニーチェだけでした。特に、日本人にとっては、キリスト教は世界宗教の一つにすぎませんが、ヨーロッパ文明にとってキリスト教は、文明のバックボーンであり、キリスト教を否定することはすさまじいものがありました。

 例えば、マタイの福音書に「貧しい人は幸いである。天国は彼らのためにある」という有名な言葉があります。この言葉は、貧しい者や無力な者、弱い者こそ神に祝福されるという意味ですが、ニーチェは、そこに無力な者が有力な者に持つルサンチマン(怨念、ねたみ)が隠れていると指摘したのです。実際、キリスト教は最初、ローマ帝国の奴隷の間に広まったものですし、キリスト教はさかのぼればユダヤ教を母胎として発展したもので、そのユダヤ教自体、他民族によって滅ぼされたユダヤ人の間に広まったものですので、そうしたことからも、弱者の強者に対するルサンチマンが含まれているとしたのです。

 ですから、キリスト教の根底には、弱者(能力のない者・病人・苦悩する者)が強者(能力のある者・健康な者)をねたみ、恨む気持ちが隠されているとニーチェは主張します。ですから、こうしたことからニーチェはキリスト教を「奴隷道徳」と批判し、そうした弱者に代表される、没落し衰退し滅んでいくべき存在に同情や憐れみを持つことは、人間の心の弱さから生じたものであり、自分自身を弱者の地位にまで引き下げるとしたのです。言い換えれば、弱者への同情や憐れみは、人間が本来持っている「生」へのたくましい欲求(支配欲・権力欲・性欲・我欲など)を押さえつけ、人間を平均化し、無力化してしまうとしたのです。そこで、ニーチェは「神は死んだ」と宣言し、キリスト教的価値観を否定したのです。

 また、彼が否定したのは、キリスト教の「神」だけではありません。自己よりも崇高なものを認める価値観すべてを否定していったのです。ですから例えばそれは、イデア世界に永遠なる真・善・美を認めるプラトン哲学も、キリスト教の奴隷道徳の系譜に属していますし、その他、自己より崇高な価値観である「真理」「理想」「理念」もすべて否定していったのです。つまりそれらは、弱い人間が、自己から逃避した結果であり、自己の生を意味づけるためにねつ造したものであり、虚構であると暴露したのでした。そして真の価値基準は、「神」や「天国」「真理」ではなく、自分が生きている現実の「大地」に置くべきとしたのです。

 またニーチェは、キリスト教は「畜群本能」にとらわれた道徳であるとしています。畜群本能とは、自分を越えた特別な能力を持った者を危険視し、群れから排除しようとする「弱者」たちの本能であり、それは主体性を否定し、平均化し没個性的に生きることで安心しあう心理によって支えられているとしたのです。そのためニーチェは、民主主義や平等主義をキリスト教の俗化したものとして嫌悪したのでした。

 なお、ご質問の「ニーチェのこの言葉を重要視して有名な言葉として広めた人」は、特にいません。「ツァラトゥストラ」も当初、40部を自費出版しただけで、晩年は彼を敬愛する妹に見守られながら、次第に高まる名声を知ることなく静かに息を引き取っていきました。

 キリスト教批判については、西洋の思想史をさかのぼれば、無神論の思想家を見つけ出すことができますが、最も明確に筋道立てて隅々まで否定したのはニーチェだけでした。特に、日本人にとっては、キリスト教は世界宗教の一つにすぎませんが、ヨーロッパ文明にとってキリスト教は、文明のバックボーンであり、キリスト教を否定することはすさまじいものがありました。

 例えば、マタイの福音書に「貧しい人は幸いである。天国は彼らのためにある」という有名な言葉があります。この言葉は、貧しい者や無力な...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報