山田風太郎先生の忍法帖シリーズで次に読むオススメを教えて頂きたいです。

「バジリスク-甲賀忍法帖-」のアニメを見て、マンガを読んだ所から興味を持ち、小説の甲賀忍法帖を読みました。
その他の忍法帖シリーズも是非とも読んでみたいのですが、数が多く…どの辺りから読めば良いのかと迷っています…。
初心者にオススメの物がありましたら教えて下さい、宜しくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 山風の忍法帖シリーズで傑作と言えるのは、『くノ一忍法帖』、『外道忍法帖』、『魔界転生』、『風来忍法帖』、『柳生忍法帖』、『忍びの卍』、あたりかなと思います。



『くノ一』は『甲賀』と同様にチーム戦物ですが、それが男対女の戦いになっているのがミソで、全編に強烈なエロティシズムが流れています。『甲賀』が面白かったなら、次はこれがいいのではないでしょうか。
『外道』もチーム戦ですが、これは三つ巴の戦いになっているのが特徴ですが、登場人物が多すぎてまとまりに欠けるのがやや難点です。
これに対して一人がチームに立ち向かって一人ずつ倒していくパターンの代表が『魔界転生』です。ただし、これは忍法によって甦った剣豪軍団に柳生十兵衛が一人で立ち向かうという物語で、剣豪物としての要素が強く、『甲賀』のように奇想天外な忍法が次々登場する面白さにはやや欠けます。チャンバラ小説としての面白さは圧倒的ですが。

 また、プロフェッショナルである忍者軍団にド素人が戦いを挑むというパターンもいくつかあり、『風来』と『柳生』が代表ですね。『風来』はごろつき者の香具師7人がお城の姫様に惚れてしまい、冷酷で凄腕の3人の忍者から姫の命を守ろうとするという物語ですが、全編を覆う底抜けの明るさとはかなく切ないラストまでを一気に読ませる、山風忍法帖ベスト3に入る傑作です。
『柳生』は元々忍法帖として書かれた物ではありませんが、会津藩の超人的な能力を持つ7人の戦士に、彼らに夫や家族を殺されたか弱き女性たちが復讐に立ち上がるというストーリーで、もちろんそのままでは女性がかなうわけがないのですが、柳生十兵衛が彼女たちを背後からサポートして敵を討たせるという形になっています。ちなみにこれも『甲賀』同様にせがわまさきによってコミック化されています。
『忍びの卍』は『甲賀』のように将軍家のお庭番を決めるために伊賀、甲賀、根来の三派から代表者が出て技を競うという話ですが、登場する忍者が3名のみと言うのがポイントで、そのため様々なバリーエーションを加える工夫が凝らされるのがこの作品の大きな特徴となっています。また、二転三転する展開の面白さもあり、ラストのどんでん返しまで飽きさせない代表作の1つに恥じない出来だと思います。
    • good
    • 0

山田風太郎先生の忍法帖シリーズの中で、「甲賀忍法帖」はバランスの良い傑作の一つです。


それ故、次が勧めにくいです。

とりあえず、コミック化や映画化の実績があるもので、「魔界転生」はいかがでしょう?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山田風太郎先生の忍法帖シリーズのおすすめ

最近「バジリスク」を読んだ影響で山田風太郎先生の忍法帖シリーズを読むようになりました。
(甲賀忍法帖と伊賀忍法帖はすでに読みました。)
自分としては多人数対多人数で入り乱れて戦うのが好きなので、そういう話を紹介していただけるとありがたいです。
私は一度に何冊も買えないので1~2冊に絞ってください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは、

私も山田風太郎の忍法帖ファンなんですけど、

数ある忍法帖シリーズの中でも柳生十兵衞が活躍する、

「柳生忍法帖・上下巻」「魔界転生(おぼろ忍法帖)上下巻」「柳生十兵衞死す・上下巻」

が最高ですね、私自身、柳生十兵衞ファンなんですけど、
山田風太郎も自身の作品の中で同じ主人公が再登場するのは柳生十兵衞だけなんですよね、
作家自身が最も愛情をもった主人公ですのでかなりの力作に仕上がってます。

「魔界転生」は何度も映画化ビデオ化になってますが、原作の足元にも及びませんね、

「柳生十兵衞死す」は柳生十兵衞三度目の登場で作家が十兵衞シリーズにケリをつけたとゆうか
ちゃんと責任をもって終わらしますよといった作品ですね、服部半蔵が世阿弥が時空を越えた
奇想天外な息をもつかせない戦いが展開します。

そして「柳生忍法帖」が一番のお勧めです、

ラスト近くで槍・刀・火縄銃が無数に待ちかまえる会津四十万石・鶴ヶ城に
正面からたった1人で柳生十兵衞が乗り込んでいくシーン、
「万死はあっても、一生なし、頼りは腰の愛刀・三池典太のみ」

何度読んでも興奮して肌が粟だちますね。

こんばんは、

私も山田風太郎の忍法帖ファンなんですけど、

数ある忍法帖シリーズの中でも柳生十兵衞が活躍する、

「柳生忍法帖・上下巻」「魔界転生(おぼろ忍法帖)上下巻」「柳生十兵衞死す・上下巻」

が最高ですね、私自身、柳生十兵衞ファンなんですけど、
山田風太郎も自身の作品の中で同じ主人公が再登場するのは柳生十兵衞だけなんですよね、
作家自身が最も愛情をもった主人公ですのでかなりの力作に仕上がってます。

「魔界転生」は何度も映画化ビデオ化になってますが、原作の足元にも...続きを読む

Q次に読む小説

こんにちは。
最近、1週間に2冊のペースで本を読んでます。

今、シドニィ・シェルダンを読んでいますが、すごくハマっています。
もうすぐ、彼のすべての作品を読み終わりそうなんですが、次に読む小説の当てがないので、よかったら皆さんのおすすめの小説を教えてください。

思いっきり入り込めて、読み始めたら止まらないような作品ありますか?
小説なので、ありえないという展開は好きですが、現実離れしすぎたSFものなんかはあまり好きではありません。

是非、おすすめの本をおしえてください!

Aベストアンサー

私はシドニィ・シェルダンの作品を読んで、小説にハマった者です。

yadamonnさんが女性ならば、私の意見を参考にしてくださるとうれしいです。
男性ならば、参考になりませんので申し訳ありません。

シドニィ・シェルダンの作品を読破した後、同じアカデミー出版のダニエル・スティールの作品にハマりました。
その後、色々な小説を読みまくり、扶桑社のV・C・アンドリュースの作品にハマりました。
どちらの作家の作品も大変読みやすく、読み始めたら止まらない面白い作品ばかりです。

V・C・アンドリュースの作品は5冊で一つの作品にになっており、

【屋根裏部屋の花たち】シリーズ
『屋根裏部屋の花たち』
『炎に舞う花びら』
『棘があるなら』
『屋根裏部屋に還る』
『ドールハウスの夢』

【ヘヴン】シリーズ
『ヘヴン』
『ダークエンジェル』
『背徳のオルゴール』
『天国の門』
『悲しい夢』

【ローガン家】シリーズ
『メロディー』
『心の歌』
『未完の交響曲』
『真夜中の音楽』
『オリヴィア』

などがオススメです。

私はシドニィ・シェルダンの作品を読んで、小説にハマった者です。

yadamonnさんが女性ならば、私の意見を参考にしてくださるとうれしいです。
男性ならば、参考になりませんので申し訳ありません。

シドニィ・シェルダンの作品を読破した後、同じアカデミー出版のダニエル・スティールの作品にハマりました。
その後、色々な小説を読みまくり、扶桑社のV・C・アンドリュースの作品にハマりました。
どちらの作家の作品も大変読みやすく、読み始めたら止まらない面白い作品ばかりです。

V・C・ア...続きを読む

Q山田風太郎の忍法帖全集について

山田風太郎の忍法帖全集について質問です。

明治時代もので山田風太郎にハマリまして、忍法帖も全部読みたいなと思って、古本なども調べておりましたら、この2種類が全集として手に入りそうです。

現在出版されており、amazonでも入手可能な、講談社文庫の全(まだ増えるのかな?)14冊。古本も視野にいれると同じ講談社から昭和39年版で全15冊で出版されています。

で、このふたつの全集でエピソードのカブリなどはどの程度あるのでしょうか?

下記にそれぞれのタイトルを列記しましたが、これを比較してみますと、新しいほうには、3 飛騨忍法帖、5 外道忍法帖、6 忍者月影抄、8 信玄忍法帖が含まれていません。
タイトルとして表示はしていないけれど、新しいほうにもこれらの話は含まれているのでしょうか?

古いのも新しいのも買うのが吉ですか?教えてください。



現行の出版が以下の14冊。
 1 甲賀忍法帖
 2 忍法忠臣蔵
 3 伊賀忍法帖
 4 くノ一忍法帖
 5 忍法八犬伝
 6 魔界転生 上
 7 魔界転生 下
 8 江戸忍法帖
 9 柳生忍法帖 上
10 柳生忍法帖 下
11 風来忍法帖
12 かげろう忍法帖
13 野ざらし忍法帖
14 忍法関ヶ原

古いのが(昭和39年:1964年頃の出版)の全15冊
 1 甲賀忍法帖
 2 江戸忍法帖
 3 飛騨忍法帖
 4 くノ一忍法帖
 5 外道忍法帖
 6 忍者月影抄
 7 忍法忠臣蔵
 8 信玄忍法帖
 9 風来忍法帖 上
10 風来忍法帖 下
11 柳生忍法帖 上
12 柳生忍法帖 中
13 柳生忍法帖 下
14 かげろう忍法帖
15 野ざらし忍法帖

山田風太郎の忍法帖全集について質問です。

明治時代もので山田風太郎にハマリまして、忍法帖も全部読みたいなと思って、古本なども調べておりましたら、この2種類が全集として手に入りそうです。

現在出版されており、amazonでも入手可能な、講談社文庫の全(まだ増えるのかな?)14冊。古本も視野にいれると同じ講談社から昭和39年版で全15冊で出版されています。

で、このふたつの全集でエピソードのカブリなどはどの程度あるのでしょうか?

下記にそれぞれのタイトルを列記しましたが、これ...続きを読む

Aベストアンサー

『飛騨忍法帖』、『外道忍法帖』、『忍者月影抄』、『信玄忍法帖』は版権が他の出版社に移っていますから、講談社文庫で出ることはないでしょう。
『飛騨忍法帖』は文藝春秋社の単行本で、『外道忍法帖』、『忍者月影抄』、『信玄忍法帖』は河出文庫で揃えられるのがよいと思います。

古いほうの全集(「全集」といってもその後もかなり書かれていますから、いまでは全集とは言えません)を15冊揃えるのは結構たいへんだと思います。揃いだとそこそこの値段がついているでしょうし、端本だと、特に後半のものをみつけるのはたいへんです。そこまで苦労するより、現在流通している版を読まれたほうが得策です。

Q御手洗潔シリーズを読む順番について

島田荘司さんの御手洗潔シリーズを読んでいます。
今まで占星術殺人事件・異邦の騎士・斜め屋敷の犯罪・暗闇坂の人喰いの木・
水晶のピラミッド・眩暈・アトポス・御手洗潔の挨拶・御手洗のダンス
と読んできていまは御手洗潔のメロディを読んでいます。
これからどういう順番で御手洗シリーズを読んでいったらいいか教えてください。
メロディはちょっと早すぎたでしょうか…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あと読んでないのは
1.龍臥邸事件(上下)と2.パロディサイト事件上下と3.パロサイ・ホテル(上下)に4.Pの密室に5.最後のディナー?くらいですかね(?_?)まあ、短編やら漫画や季刊やら他にはありますが・・・。
1~3は主に石岡君と里美ちゃんがメインですね。
4.5はたしか(しばらく読んでないので(^^ゞ))御手洗さんがメインだったと思います。
メロディはちょっと早かったかもしれないですが、読んでしまったもんはしょうがない。それに、先生の作品って必ずしも時の流れが一定ではないので、気にしなくてもよいのでは?まぁ、御手洗ファンとしては、最後のディナーは最後に読むのもまた一興かと・・・。
あと、御手洗ファンのサイトをみて決めて見るのもいいのではないかな?と思いますよ。

Q山田風太郎の死生観と私の妻の死について

私の妻は両親から虐待を十数年受け続けて育ち、「世界は悪人が支配している」

という見方をしていました。それでも最近は「人間の命は短か過ぎる。このくら

いの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と繰り返していました。
ところが、昨年末、私の一生一代のミスのせいで妻を60歳になる前に死なせてし

まいました。「妻はもっと生きたかっただろうに!」・・・自責の念に苦しんで

おりました。ところが、山田風太郎の「死言状」という本を読んでいて「?」と

考え始めました。以下がその一節です。

「余は死を怖れず。勿論死は歓迎せず。死はイヤなものなり。第一解剖台上の死

体を見るも死はイヤなものなり。しかれどもまた生にそれほどみれんなし。生を

苦しと思うにあらざれど、ただくだらぬなり。金、野心、色欲、人情、もとより

われもまたこれらより脱する能わず、しかれどもまた実につまらぬものにあらず

や。五十年の生、これら万花万塵の中に生きぬき、しかも死や必ずこれにピリオ

ドを打つ。しかしてその後にその生を見れば、その生初めよりこの地上になきも

ほとんど大差なし」
解剖台とかあるのは、彼が東京医科大生で人体解剖の授業でもあったのでしょう

が、この本を書いている40年後の今も思考がほとんど同様であることを知って改

めて驚いたと書いています。

最後部分の「五十年の生、これら万花万塵の中に生きぬき、しかも死や必ずこれ

にピリオドを打つ。しかしてその後にその生を見れば、その生初めよりこの地上

になきもほとんど大差なし」は彼の無常観で私も共有するのですが、実は私の妻もこ

の無常観を持っていたのではないかと思い当たったのです。200年も300年も生き

たいと言ったのは、人生80年は短か過ぎる、はかな過ぎるという気持ちであり、

むしろそんな人生ならないほうがましという気持ちに近いのではないでしょうか

?200年も300年も生きたいと望んでいた妻を自分の失敗で殺してしまったという

自責の念で苦しんでいたのですが、実は妻も人生のはかなさを悟っており、生ま

れても生まれなくてもどっちでも良かった、大差ないと感じていたのなら私の自

責の念も少しは軽くなるのですが・・・

あなたは私の妻の「このくらいの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と

いう言葉から彼女の本当の心情はどのようなものだったと推察されますか?

追記:私を「過失致死罪」として逮捕し、即死刑にしてくれたら一番私の気持ち

に合ってるし、どんなにかラクだろうと思うのですが、「事故死」として片付け

られ私を死なせてくれません。そして自責の念に毎日苦しむことになりました。

私の妻は両親から虐待を十数年受け続けて育ち、「世界は悪人が支配している」

という見方をしていました。それでも最近は「人間の命は短か過ぎる。このくら

いの幸せでも200年でも300年でも生きていたい」と繰り返していました。
ところが、昨年末、私の一生一代のミスのせいで妻を60歳になる前に死なせてし

まいました。「妻はもっと生きたかっただろうに!」・・・自責の念に苦しんで

おりました。ところが、山田風太郎の「死言状」という本を読んでいて「?」と

考え始めました。以下がその一節です。

「...続きを読む

Aベストアンサー

女性はロマンティックな願いに憧れる傾向がありますが
一方で、男性より現実を観察しています。

寿命まで生きて20年、その半分は老いに伴う病気や怪我に費やされ
楽しみは孫の成長ぐらいでしょう。

現実を認識していて、それゆえに戯れに言った言葉。
それを本気にしている旦那様。

あの世があるならば、苦笑いされていると思いますよ。

Q坂木司先生の本でオススメのシリーズ

最近、坂木司先生の本と出会いハマっています。「僕と先生」「先生と僕」のシリーズが好きなのですが、その他にオススメのシリーズがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

「ワーキング・ホリデー」が面白かったです。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784167773335

でも、坂木さんの本は他の作品もハズレがないと思うので片っ端から読んでもいいと思います。

Qえ。山田風太郎の戦中派不戦日記って手つかずじゃなかったの?

きのう、同著者の『戦中派焼け跡日記』を読み始めたら、なんだか既視感のある文章がぽろぽろ出てきまして。初見のものの合間合間に確かに見たことのである文章が。だけどどうも語順や表記がしっくりきません。あれ? あれれ? と首をひねり続け、もしかしてと『戦中派不戦日記』をめくってみると、あららら。

なんと幾つも記載がだぶっていました。もちろん『不戦』のほうは昭和二十年の大晦日で終わり、『焼け跡』のほうはその翌日の昭和二十一年元日から始まります。そして同じ事実に関する記載の表現を見比べると、『不戦』のほうが整っています。

こういうことでしょうか。山田は二十一年以降の日記を上梓する気はさらさらなかったので、そっちから面白そうな出来事を二十年の中に引きずり込んだ、という。

まあそれはいいとして、文章に斧鑿を加えるのって、えええ、ちょっと待ってください山田先生、って感じなんですが。『不戦』のあとがき(第二段落)でおっしゃってることと違ってません?

この絶倫の史料は、もしかして、というより、やはり、全篇にわたって手が入ってるんでしょうか?

Aベストアンサー

わー、すいません、もういちどご質問を読み直してみたら、ずいぶん寝ぼけた回答をしていました。

ご質問は、
・記述に重複箇所が見られること
・その事実を鑑みるに、『不戦』は、内容的に、後の手が入っているのではないかと思われること
というものだったんですね。
ごめんなさい。

初出誌含め、これまで出版されたすべての作品を丹念に比較するという文献学的手法をもって調べていけば、おそらくその真偽を確定することとは可能だと思います。

それをしないで推測で答えてしまうのですが、おそらくご推察の通りではないかと思います。
先の回答でも書きましたが、『焼け跡』は死後出版であるため、記述を書き加えたりすることは物理的に不可能であるからです。 

>文章に斧鑿を加えるのって、えええ、ちょっと待ってください山田先生、って感じなんですが。『不戦』のあとがき(第二段落)でおっしゃってることと違ってません?

とお書きですが、この部分、「現在の(注)を入れたい衝動を感じた」けれども、そういうことはしなかった、という以上のことは書いてありません。「現在」の手による編集はしていない、とその旨が明記してあるだけです。

ここまでくると、どこまでを許容範囲とするか、のもんだいになってくると思うのですが、日記・私信の類であれ、「作品」として発表されたものは、著者による編集の手が入る可能性は否定できません。上梓を前提としない部分のおもしろそうな記述を生かしたい、残したい、という願望が風太郎の内部にあった可能性は、十分にありうると思います。

>この絶倫の史料は、もしかして、というより、やはり、全篇にわたって手が入ってるんでしょうか?

「手が入る」の解釈によると思います。
読み返す、誤字・脱字を補う、日記にはありがちな、欠けていて、文章の体を成していないものに、文章の「身体」を与える。そうした意味で、手が入っていないはずがありません。
質問者さんが覚えられた違和感、というのは、その範囲を超えるものではないか、ということですね。

このことに関しては、あくまで私感です。

わたしは、書き手としての風太郎を信頼します。
二十一年以降のトピックスのいくつかを『不戦』のなかに移したところで、『不戦』の価値がいささかでも減ずるものではないと考えます。
おそらくは、移すにあたっては、「書き手」としての風太郎の判断と裁量があったものだと思うのです。
おそらくは「日記」そのままではないでしょう。けれども、それが「日記」というタイトルを冠した創作であるとも断じることはできないと思います。

これを質問者さんに納得してほしいとか、理解してほしい、と考えているわけではありません。
不十分な回答であるかとは思いますが、時間もなくなってきましたので、こんなところで。

わー、すいません、もういちどご質問を読み直してみたら、ずいぶん寝ぼけた回答をしていました。

ご質問は、
・記述に重複箇所が見られること
・その事実を鑑みるに、『不戦』は、内容的に、後の手が入っているのではないかと思われること
というものだったんですね。
ごめんなさい。

初出誌含め、これまで出版されたすべての作品を丹念に比較するという文献学的手法をもって調べていけば、おそらくその真偽を確定することとは可能だと思います。

それをしないで推測で答えてしまうのですが、おそら...続きを読む

Q次に読む本 あなたのおすすめを教えて下さい

こんにちは。17歳、男です。

自分の趣向に合った本を探しています。
好きな作家は、村上龍、吉田修一、乙一です。
好きではない、文体が合わない作家は村上春樹、恩田?です。

最近読んで良かったなと思えたのは、バラバラな感じですが
ポール・オースター『幽霊たち』
島本理生『リトル・バイ・リトル』
カミュ『異邦人』
嶽本野ばら 『世界の終わりという名の喫茶店』『コルセット』
田辺聖子『ジョゼと虎と魚たち』
です。

国内・外、時代、ジャンル、
名作・無名作は問いませんが
日本の古いもので時代背景などが説明されていない本
(例えば、比較的最近かもしれませんが三島由紀夫『潮騒』は
よく飲み込めなくて断念しました)はなるべく避けて下さい。
名作と言われていても、その時代の人々が謳歌したのが今でも
そうであるかのように続いている本って多いと思うんです。

アニメが好きなのでそれこそライトノベルでも構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕も乙一さんの作品が好きで全部読みました
読んでいて次が気になりますよね
僕がお薦めするのは
重松清「疾走」
殊能将之「ハサミ男」
我孫子 武丸 「殺戮にいたる病」
どの作品も次が気になって、あっという間に読めてしまう作品です

Q殺陣や剣技の描写が優れている作品

殺陣や剣技の描写が優れている作品を是非教えてください! 洋の東西、現代物、時代物は問いません。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

藤沢周平の短編集『隠し剣 孤影抄』と『隠し剣 秋風抄』(共に文春文庫)に収録の各編は,いずれも著者が考案した“秘剣”が登場し,剣技の説明も詳しい方だと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167192381/qid=1137337367/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-6834610-1156231

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/416719239X/ref=pd_sr_ec_ir_b/250-6834610-1156231

(先刻ご承知であれば失礼しました)

Q恋愛で疲れてる時に読む本。オススメは?

題名通りなんですが、ちょっと恋愛でつまずいてます。
失恋確定ではないけれど、成就するまでは少し時間がかかりそうです。
時々、弱気になり落ち込みモ-ドになります。
そんな時にパワ-をくれそうな、また頑張るぞ!っていう意欲が
出てきそうな本はありませんか?特に希望はありませんが、恋愛についての
内容でホッとさせるような、こころが落ち着くような内容だと嬉しいです。
普段、あまり本を読まないので・・あまり難しくない・堅苦しくない文章だと
なお嬉しいのですが・・。オススメありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

いろいろなことで、
少し心が疲れておられるのではないでしょうか?

ご希望は、「恋愛についての内容」とありますが、
逆に、自分の場合といちいち当てはめてしまって、
暗くなったり、変に悩んでしまうという事もあります。

落ちこんでいる時には、
人からいれてもらった、一杯の暖かいコーヒー。
何気ないいたわりの言葉などが、心に染み、
また、立ち直れるきっかけともなりえます。

ということで、恋愛とは関係ありませんが、
心が温かくなるお話を選んでみました。
肩から力を抜いて、ベッドの上でも、寝転がりながら、
のんびりと読んでください。

お相手に、この本を薦めてみても、
また、おたがいの気持ちの交流の復活のきっかけになるかもしれません。

恋愛は、山あり谷ありです。
そうやって、少しずつ、お互いを理解しあっていくのです。

早く元気になられることをお祈りしています。
(^^)

参考サイト
○こころのチキンスープの部屋

参考URL:http://www.diamond.co.jp/books/chickensoup/

いろいろなことで、
少し心が疲れておられるのではないでしょうか?

ご希望は、「恋愛についての内容」とありますが、
逆に、自分の場合といちいち当てはめてしまって、
暗くなったり、変に悩んでしまうという事もあります。

落ちこんでいる時には、
人からいれてもらった、一杯の暖かいコーヒー。
何気ないいたわりの言葉などが、心に染み、
また、立ち直れるきっかけともなりえます。

ということで、恋愛とは関係ありませんが、
心が温かくなるお話を選んでみました。
肩から力を抜いて、ベッ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報