AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

父が亡くなり、かんぽ生命の生命保険金の請求を行い、
先日、保険金の振込を確認しました。

…の、ところで心配な点が出てきましたので質問させてください。


両親は離婚しているため、法定相続人は子のみです。

保険証券は最後まで見つかりませんでしたので、
郵便局の窓口で調べてもらいながらの手続きでした。

最近、支払保険金の通知が届いたのですが、
すべて契約者(払込人)が祖父母になっていました。

また、すべてに受取人の記載がなかったため、
本当に受取人がわたしであるのか不安なのです・・・


祖父は亡くなっていますが、祖母は健在です。

手続き上、受取人でない人間からの請求に応ずることはないと思うのですが…
お暇なときにでも、助言頂けるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

郵便局で勤めている者です。




☆すべて契約者(払込人)が祖父母になっていました
☆すべてに受取人の記載がなかったため

 死亡が絡む保険金は、受取人を指定していない場合は被保険者の遺族の方が受取人となります。
 契約者は関係ないです。

死亡保険金はかけた本人以外が受け取りに来られるので証券が無いことが多いです。
なので、その場で即時払いができず振込みになったのでしょう。

端末で確認が出来ますので、そこは心配されなくても大丈夫です。
おそらく請求の際に戸籍謄本などを提出されたのではないかと思います。
その書類に目を通した上でお支払いしていますので安心されてください。

補足ですが、お亡くなりになられた時にご入院はされてませんでしたか?
こちらで聞きそびれる場合もあります。
もしご入院があれば一緒に請求ができますし、該当すれば手術保険金もでますので窓口までお申し出ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロの方の回答、本当に感謝いたします。

はい、請求の際には、被保険者とわたしの関係を証明できる
戸籍・除籍謄本などを提出しました。

確かに、契約内容で「受取人」の欄に、祖父や祖母の名前が記載されていたら、
娘であるわたしの請求に応じてもらえるはずありませんよね!

(簡保さんを信用していないわけでは決してなかったのですが、
極度に心配性なものでして・・・笑)

安心いたしました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/20 12:34

>先日、保険金の振込を確認



既に受け取ったということは解決済み(あなたが正当受取人)

>契約者(払込人)が祖父母になっていました

契約者は一人で複数は有り得ません。

>受取人の記載がなかったため、本当に受取人がわたしであるのか不安

受取人欄記載なしの場合、法定相続人になります。
父死亡→配偶者と子(あなた)の二人が受取人。配偶者の妻は離婚で他人になり外れ。祖母は現存していても第二順位。あなたが第一順位の正当受取人です。

>両親は離婚しているため、法定相続人は子のみ

被保険者が父、父死亡、母離婚、子が法定相続人で受取人

>保険証券の見つからなかった生命保険金の請求

領収帳などで確認できれば保険証券なしで請求可能(保証書または亡失事由書など名称は違っても)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が遅くなりまして、申し訳ありません。

>>契約者(払込人)が祖父母になっていました
>契約者は一人で複数は有り得ません。

わたしの言葉足らずでした。

これは、保険契約は複数口ありまして、
契約者が祖父と祖母のものがそれぞれあったということでした。

わたしが受け取った(受け取れた)ということは、
心配する必要はないようですね…安心しました。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/20 12:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郵便局の簡易保険

保険証書を紛失してしまいました。
すぐに再発行してくれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

なくしたのですが、と免許証を持っていったら住所と名前、生年月日を確認してすぐに発行手続きをしてくれ、郵送で送られてきました。2回も無くしてしまったのですが、嫌味を言われることも無く、いつもご利用ありがとうございますと言われ、かえって恐縮してしまいました。

窓口で再発行手続きをしてもらえます。

Q保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?

保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?
先日、4日間だけ入院したので加入していた生命保険2社(生協と住友生命)に請求を出しました。
保険金請求が初めてで、お金が振り込まれるまでにどれくらいの期間を要するのか見当もつきません。
保険会社によって違うのはもちろんですし、請求内容でも変わってくるのも当然だと思います。
あくまでも参考までに様々なケースを知りたいと思い質問させていただきました。

今までに保険金請求をした事がある方。
請求書類の送付から保険金の入金まで、どのくらいかかったか教えて下さい。

宜しくお願い致します。

生活費に費やしたいので入金を心待ちにしています…

Aベストアンサー

医療保険なら5営業日です。
保険担当者と話をし、また保険支払いの方とも確認してますので。
それ決まっているらしいですわ。

ただ、内部事情で5日で処理できない時は、遅延金利を払うみたいです。
(って感じで受け取ってます)

損保はダメですね。交通事故は長いことかかりますね。
ホント・・・ふざけるな!って感じですわ。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q契約の有無不明の場合

母が先日、脳梗塞で倒れ意識不明の重体になっています。意識が戻るか、悪い方に向かうかわからない状態です。そこで母が何か入院費用がでる保険とか、もしもの時の生命保険とか私は恥ずかしながら長男であるにもかかわらずよく把握してないのです。本人は普段元気だったので聞くに聞けず最悪の事態になってしまいました。それで確か簡易保険に入っていたのは解るのですが今も継続しているか確認する為に、郵便局の窓口に母と私の保険証を身分証明代わりに提示して事情を説明の上、契約の有無を調べてもらおうとしましたが、しばらく待った後、やはり教えられません、ご自分で証書を探してもらうしかありませんと断られました。そんなものなのでしょうか? もし保険に加入していても本人が意識不明で周りの者が証書を持って行かない限り請求できず掛け損になるのでしょうか。個人情報保護法とかで教えられない窓口の対応は間違っていないのでしょうか。

Aベストアンサー

結論から言いますと窓口の対応は間違っていません。
契約に関する情報はたとえ家族であっても本人以外へ教えることは
個人情報保護法において禁止されている行為なのです。
しかし柔軟な対応が必要な事態であることは明白ですから
せめて加入の有無くらいは回答しても差し支えないのでは…と
個人的には思います。
しかし一方で、本人の承諾を得ずに加入内容を第三者へ口外して
トラブルとなる事例が数多くあるのも事実です。
窓口はガイドラインに従う対応を行っていますので
割り切れない気持ちはありますが間違っていません。

大変失礼な言い方で申し訳ありませんが
万が一お亡くなりになられた場合は
保険の権利は法定相続人のものとなります。
保険金の受け取りは加入時に指定されている受取人ですが
入院給付金は被保険者の権利なので
受取人が誰かに関わらず法定相続人に請求する権利があります。
戸籍謄本などで法定相続人である事実を示せば
契約内容を調べてもらうことも可能かと思います。

Q保険証券を送ってきません。

12月の初めに生命保険に加入したのですが、2ヶ月過ぎてもいまだに証券が届きません。しびれを切らして、今日、担当の方に電話をしましたら、土曜日なので会社が休みで確認がとれないので、月曜日にお返事します、とのこと。
腑に落ちないまま電話を切ったものの、今、通帳を見ると、先月の保険料の引き落としがされていませんでした。引き落としの手続きは、加入したときにちゃんとしています。
12月は加入した時に現金を渡しているので、引き落としはないけど、1月はあるはずですよね?もしくは、なかったとしても、集金されるはずですよね?集金など来られてないので、保険料が未払い状態になっているのでしょうか?

ちゃんと加入手続きができているのかどうか、とっても不安です。

もし、今、怪我とか病気とかになったら、保険は摘要されるのでしょうか?

普段は怪我とか意識しないくせに、なんだか急に不安になってしまって・・・

Aベストアンサー

いずれにしても月曜日以降の回答を待つのが正確ですが、証券が届かないケースでは、以下のことが考えられます。
<こちらが原因のケース>
・申込書への住所の書き間違い

<保険会社が原因のケース>
・何らかの事故で証券が作成されていない

・保険申し込みが不成立となっていることも考えられますが、それなら最初に払った保険料は返金されているはずです。
・保険料の引き落としは、もし契約が1月分の契約であれば、まだなくて正当です。その場合、最初に払った保険料は1月分で、初回の引き落としは2月分からで2月下旬になります(保険の効力自体は契約が成立した時点で発生しています)。
・仮に保険料が引き落としされなくても、契約が成立していれば、証券は送られてきます。

Q生命保険死亡保険受取人を勝手に変更されていた

亡き父の生命保険の死亡保険の受取人が、亡くなる2日前に変更の書類が提出されていたことがわかりました。

亡くなったのは3年半ほど前です。
当時父はICUに2か月くらい入院していました。
気管は切開されて声は出ず、人工透析とたくさんの点滴で動ける状態ではありませんでした。
視力は良くなく筆談も不可能でした。

家族が面会に行ったらじっと見て軽くうなずくように目を動かす程度はできました。

去年の夏、保険会社から、入院給付金の不払い部分が4日あるとの連絡が入り、ようやくことが発覚しました。

それまでその生命保険の具体的なことは全く知りませんでした。
変更前の受取人は父の母(私の祖母)でした。
父は4人兄弟でした。

不審に思った私は保険会社に当時の書類を見せてもらいましたが変更の書類の筆跡は明らかに父とは違いました。
もちろん自署できる状態ではありませんでした。
新しい受取人は父の妹でした。

私は納得がいかず、保険会社に担当者がどのような処理をしたのかを問い詰めました。
すると、担当者は妹としか接触をしていない、つまり父の意思を直接確認していない、と言われました。
妹が担当者に連絡し、書類を受け取り、記入し提出したそうです。

これは担当者の違反ではありませんか?
現在受取人変更の無効を申し出ていますが保険会社は非を認めるものの、無効にするほどの理由ではないと言っています。

私は納得いきませんが、これはまかり通ることでしょうか?また今後どのようにすれば無効にできるでしょうか?
アドバイスをお願いいたします。

亡き父の生命保険の死亡保険の受取人が、亡くなる2日前に変更の書類が提出されていたことがわかりました。

亡くなったのは3年半ほど前です。
当時父はICUに2か月くらい入院していました。
気管は切開されて声は出ず、人工透析とたくさんの点滴で動ける状態ではありませんでした。
視力は良くなく筆談も不可能でした。

家族が面会に行ったらじっと見て軽くうなずくように目を動かす程度はできました。

去年の夏、保険会社から、入院給付金の不払い部分が4日あるとの連絡が入り、ようやくことが...続きを読む

Aベストアンサー

No3です。保険会社の営業所で二日くらい時間のかかることはそんなに珍しいことではありませんが、おやっと思うことに、亡くなる二日前に保険会社に持ち込んだという日がなぜ担当者がよく覚えていたのでしょう。何かしらアクシデントがあったから覚えていたのか。それとも、伯母さんのお仲間なのか。
このこと、保険会社の本店に話してますか。もしかして、営業所でないのですか。・・・営業所は本店に対し事件を隠します。
もっと大事なことをお話しましょう。お父さんが亡くなる前に受取人の祖母が亡くなっているとのことですから、仮に伯母さんが不正に保険金を受け取っておれば、この保険金は相続財産です。即ち、貴方や貴方の兄弟・お母さんが受け取るべきものとなります。
伯母さんはなんと言っているのでしょうか。
弁護士を介して提訴すべきでしょう。ただ、保険金はいくらだったでしょう。弁護士費用とのバランスもあります。少額であればあなた自身から訴える方法もあります。が、保険会社を相手にするには素人にはきついでしょう。ただし、そんなに難しい事件ではありません。
先に調停に持ち込んではいかがでしょう。調停が不調なら本訴。
本社相手ですから状況代わるかもしれません。保険会社は自己の過失を十分知ってます。また、法的手続きにより当事者の言うことが本当かどうかはっきりします。
あくまでも小生の推測ですが、この伯母さん貴方たちに行く保険金であることを知っててやりましたね。
伯母さんを相手に勝訴してもない袖は振れぬたとえもあります。主たる相手は保険会社です。
なお、相談者は「受取人変更の無効」を主張してますが、これを主張している限り保険会社は妥協しません。・・・これを説明するとかなり長くなるので止めておきますが、要は、最初からは他人のしたことに相談者は首を突っ込まないことです。あくまでも、保険会社に対し、被保険者死亡前に指定受取人が死亡しているので相続人として保険金請求すればよいのです。
勝訴見込み十分あると思います。
           これだけの説明書くのに2時間かかりました。           がんばって。

No3です。保険会社の営業所で二日くらい時間のかかることはそんなに珍しいことではありませんが、おやっと思うことに、亡くなる二日前に保険会社に持ち込んだという日がなぜ担当者がよく覚えていたのでしょう。何かしらアクシデントがあったから覚えていたのか。それとも、伯母さんのお仲間なのか。
このこと、保険会社の本店に話してますか。もしかして、営業所でないのですか。・・・営業所は本店に対し事件を隠します。
もっと大事なことをお話しましょう。お父さんが亡くなる前に受取人の祖母が亡くなってい...続きを読む

Qかんぽ生命保険 貸し付け制度

質問いたします。
かんぽ生命保険の貸し付け制度を利用しようと思ったのですが 保険証書がどこを探しても見当たりません(ρ_;)

証書なくても 本人確認ができれば貸し付け利用できるのでしょうか?

それとも証書の再発行が必要でしょうか?

経験者の方がいらっしゃったら よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

【回答No.2の補足への回答です。】

保険の貸し付けというのは、現時点での責任準備金という、将来の支払いに充てるための積立金をもとに計算されます。

保険の種類によっても、保険期間や加入年齢によっても差が生じます。

例えば、掛け捨て部分の大きな保険(いわゆる保険料の割に補償の高い保険や単体の医療保険)などは当初の積立金はほとんど生じないと言って差し支えありません。(逓増型定期保険は例外ですが説明は省略)

一般的に、初年度、次年度あたりは付加保険料(事業の運営に充てられる費用を賄う分で、積立は無い)の割合が多く純保険料(将来のために積み立てられる分)が殆どありません。

そのような関係で貸し付け対象になる金額も0だったり貸し付けできる金額の最低基準に満たなかったりするのです。

Q遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

親の死後キャシュカードを預かっていた人が預金を引き出すのは他人のお金なので違法行為ではないでしょうか。(当然銀行へは死亡を伝えていません)
また事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。
銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。
どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

Aベストアンサー

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。

本人が死亡した時点で、既に遺産相続対象の財産となります。
わざわざ、手続きを行う必要はありません。
が、金融機関などは「本人の死亡を確認しないと、口座凍結」は行ないません。

>銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。

これは、その銀行の対応が間違っています。
故人の死亡を金融機関に届けた時点で、故人名義の口座は凍結になります。
「個々の案件だから・・・」は、銀行の業務放棄です。

>どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

相続に関して、違法行為を働いた者は「相続権を失う」事になります。
質問者さま以外の相続権者が居れば、その方たちにも「勝手に出金した」事を伝えて下さい。
そして、違法行為を働いた者を除いた相続権者が「全国銀行協会」「銀行本店の苦情・相談担当部署」に(現状を)伝える事です。
故人の口座凍結を「個別に・・・」で無視する銀行(支店)は、話になりません。

余談ですが・・・。
故人の葬儀費用として故人の口座から出金する場合でも、相続権者全員の同意証明書が必要です。

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとお...続きを読む

Q死亡時の郵便局の定期預金について

先日、父が亡くなりました。
郵便局の定期預金が満期にならずにあるのですが、すぐに引き出さなくてはならないのでしょうか?
相続ではもめてはいません。
金額もそこまで大きいものではないので、相続税の心配もありません。
特に入用がないので、できればこのまま必要になるときまで預けたままにしておきたいと考えています。
可能でしょうか?

10年ほどはそのままにすることができると、思っていたのですが、先日郵便局の方が訪ねてこられ、すぐに解約手続きをしないと・・・と、高齢の母に言ってきています。
母も、口座が無くならないうちに急がないと、と言っているのですが、郵便局の方がそのようなことを言ってくるものでしょうか?
同時に、保険の勧誘もあるらしいので心配です。

皆さんの率直なご意見お聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご愁傷様です。
お悔やみ申し上げます。

>10年ほどはそのままにすることができる?
それは残念ながらできません。

相続をどうするかによります。

通常だと法定相続人などに分割するために
解約して現金を分けるような手続きを
することになります。

しかし定期を継続させたい、かつ
その定期は相続人の誰々に相続する
といった話が相続人の間でまとまれば、
●名義変更で対応することができます。

つまりお母様に相続するということで
名義変更をすればよいのです。

質問文面の限りでは、郵便局員にあるまじき、
いい加減な対応ですね。
(伝わり方もあると思いますけど...A^^;)

まあ、見方をかえると相続の資産凍結など
面倒な手続きをしないで、ウラでやっちゃい
ましょうと柔軟な対応をしているのかも
しれません。

本来の相続手続きなら、
①口座を凍結し、
②遺産分割協議書を法定相続人の間でまとめ、
③相続人全員の実印を押印、
④相続人の印鑑証明を取り寄せ、
⑤戸籍謄本、除籍謄本などを取り寄せ、
⑥金融機関の相続書類を作成し、提出。
そして初めてお父様の財産は自由になります。

あんまり郵便局がいい加減なことを言うなら、
ちょっと公式なつっつき方をすれば、
大騒ぎになると思います。
最近、郵便局長の詐欺の不祥事があった
ばかりですし。

ただ、10年ほっておくというのはダメです。
すぐに相続手続きをして、お母様への名義変更を
進めるようにしましょう。

私の親もそうですが、口伝えで都合の良い
(悪い)話だけが伝わり、誤解が誤解を
呼ぶこともあります。

お父様の遺産が消えてなくなることは
(詐欺に合わなければ、A^^;)
消えてなくなることはありません。

落ち着いて、着実に手続きを進めてください。

いかがでしょう?

ご愁傷様です。
お悔やみ申し上げます。

>10年ほどはそのままにすることができる?
それは残念ながらできません。

相続をどうするかによります。

通常だと法定相続人などに分割するために
解約して現金を分けるような手続きを
することになります。

しかし定期を継続させたい、かつ
その定期は相続人の誰々に相続する
といった話が相続人の間でまとまれば、
●名義変更で対応することができます。

つまりお母様に相続するということで
名義変更をすればよいのです。

質問文面の限りでは、郵便局員にあるま...続きを読む

Q厚生年金・夫死亡後の妻の受取額について

妻の両親が厚生年金を受給しています。
(本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください)
父親は69歳で厚生年金を11.5万円/月、母親は63歳で厚生(おそらく)年金を3.0万円/月受給しています。
両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。
今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。
生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。
遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。
本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、
ご回答願います。

Aベストアンサー

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。

b)妻:63歳、厚生年金3万円受給
これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。
金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。

まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。

A)夫、妻共に健在の場合
夫の年金額は変化はありません。
妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。
金額はご質問内容からはわかりません。
というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。
妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。

B)夫が死亡したとき
妻は3つの選択肢があります。
1)自分自身の老齢年金をそのまま受給する。しかし今回の例では金額的に損になると思われます。
2)自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4)
3)1,2の中間です。夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける

上記のうち一番金額の大きい物を選択します。
なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。

どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。
ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。

これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。
年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。
なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。(当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい)

では。

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間がある...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング