マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ホンダディオ(年式不明)のオイルランプが点灯したので、4STエンジンオイルを入れましたが、もしかしたら2STオイルだったのでは?大丈夫でしょうか?教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

2stと4stでは、オイルを入れる場所が違います。



2st車では、シートを開けてガソリンタンクのキャップともう一つのキャップ(黒いゴム製)があるのが一般的かと思います。
ガソリンとオイルを混ぜてシリンダーに送るので、自重で落ちていくように高い位置にタンクがあります。(ポンプも付いてますけどね)

4st車の場合は、エンジン右の冷却ファン横にオイルの注入口があります。
エンジンの回転でオイルを吸い上げたり、交換のための排出に便利なので下の方にタンクが付いています。

で、どっちにどっちのオイルを入れたのかな??

2stに4stオイルを入れた場合は、火が付かなくなるかも。
4stに2stオイルの場合は消費が激しいので、ドレンから排出して入れ替えます。
面倒なのは2stに4stオイルだと思う。

素直にバイク屋に持って行った方が良いのかな。
自分でバラしてホースから排出できる技術があるのならやっても良いけれど、手に負えなくなると廃車
    • good
    • 0
この回答へのお礼

忙しいさなか、丁寧な回答をしていただきありがとうございました。ご推察のとおり2STに4STオイルを入れてしまいました。先ほど家内がそれとは知らずに「オイル入れてくれてありがとう、いってきま~す」と威勢よくパートに出かけました。途中で止まらなければと願ってやみません!帰ってきたらバイク屋にもって行きます。

お礼日時:2012/08/16 09:13

原付なら……ほとんどの場合2スト(ガソリンと一緒に燃焼するので減っていく)かと思いますが……。


念のため、形式などで調べた方がいいかも知れません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/2%E3%82%B9%E3%83%88 …
4ストロークのオイルを入れると…どうなるのかはちょっと不明です。
少しずつ、エンジン内で燃えて減っていくことになる…とは思われますが、2ストローク用のオイルと違って燃えることに関しての性能(?)が違うかと。
# 白煙出し続ける…かも知れませんね。

そのうち詳しい人が回答してくれるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原付のオイル

先日、初めて原付にオイルが必要だと知りました。今まで、オイルなんて意識した事なかったんですが、ガソリンの店員さんにオイルはいかがですか?と聞かれ初めてオイル入れもらいました。そこで質問なんですが、原付買って1年間。オイルは全く入れませんでした。毎日3KMは走っていますが故障もなく、おかしい所といればエンジンのかかりが悪くなったぐらいです。オイルは本当に必要なのでしょうか?また定期的にどれくらいの頻度でどれくらいの量を変えないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

車種が不明ですのでエンジンの種類が不明(2ストロークエンジンか4ストロークエンジンか)ですが、オイルを意識せずに1年程度乗っているところを見ると4ストロークエンジンかと思われますので、4ストロークエンジンであるとして、これ以降を記載します。

エンジンはどのようなエンジンでもオイルが必要です。原付のエンジンでもジャンボジェットのジェットエンジンでもこれは同じです。エンジンの中にはたくさんの部品が入っていてそれがエンジンが回転するときに互いにこすれ合って動くことになります。もしここでオイルがないと、部品同士が直にこすれあってしまい、摩擦で磨り減ってしまうことはもちろん、場合によっては摩擦熱によって互いに解けてくっ付いてしまいます。こうなってしまうとエンジンはもう動くことができなくなってしまいます。そこで、オイルを入れてエンジンの中にあるポンプで内部の隅々までオイルが行き渡るようにして部品の表面にオイルの薄い幕を作って部品同士が直接こすれあってしまわないようにしているのです。

バイクなどの小型の2ストロークエンジンでは、エンジンオイルは燃料と混ぜてエンジン内部に入りマフラーから蒸気になって出て行ってしまうので、交換ではなく補充するだけですが、4ストロークエンジンではオイルはエンジンの内部を循環しています。このためエンジンが正常な状態で在ればほとんど減る事は有りませんが、オイルにはすべりをよくするだけではなくエンジンの中の汚れ(燃料が燃えたときに出るススやどうしてもこすれてしまう部分の金属のかすなど)をきれいに洗い流す役目も在るのです。また、オイル自体も古くなると酸化されて性能が落ちてきます。オイル交換をせずにあまり長く使いつづけると、オイルが本来の役割を果たせなくなってしまい。最悪の場合エンジンを壊してしまう場合もあります。そこでエンジンオイルは定期的に交換をする必要があるのです。原付のような小さなエンジンの場合は同じ距離を走っても大きなエンジンを積んだバイクや自動車よりたくさんエンジンが回りますので、1500キロ以内または6ヶ月に一度程度、どちらか先に期限がきた時点での交換をお勧めします。交換するときはエンジンの中に入っているオイルを全て交換します。量は通常の原付では500CC~1リットル程度でしょう。

車種が不明ですのでエンジンの種類が不明(2ストロークエンジンか4ストロークエンジンか)ですが、オイルを意識せずに1年程度乗っているところを見ると4ストロークエンジンかと思われますので、4ストロークエンジンであるとして、これ以降を記載します。

エンジンはどのようなエンジンでもオイルが必要です。原付のエンジンでもジャンボジェットのジェットエンジンでもこれは同じです。エンジンの中にはたくさんの部品が入っていてそれがエンジンが回転するときに互いにこすれ合って動くことになります。...続きを読む

Q原付 HONDA Dioのオイル交換

HONDAの原付のDioに乗っていて、オイルランプが点灯したので、
オイル交換をしようと思っているのですが、ドレンボルトと
オイルを入れるところが、見当たらなくて困っています。
どの辺りにあるか教えてください。できれば写真が載ってるサイト
なんかがあれば教えてください。
DioはAF35と書いてあったので、三代目Dioのライブディオだと
思います。中古で買ったので説明書などはありません。

Aベストアンサー

AF35はこれです
http://www.honda.co.jp/news/1994/2940114.html

2ストエンジンですので、交換ではなく、補給のためのオイル警告灯です。
ドレンボルトが無くて当たり前。
エンジンに対してオイルを入れるわけではないので入れるところもエンジン周りに無いのは当たり前。


オイルを補給するのは、メットインをあけたときに、「OIL」って黒い蓋ありませんか?そこから入れます。
一気にいれると溢れてメットインの中がオイルだらけになるのでゆっくりと様子を見ながら入れてください。
入れるオイルは

ウルトラ2スーパーでよいです
http://www.honda.co.jp/motor-parts/ultraoil/ultraoil_st2/index.html

Q原付が信号待ちでエンスト

ジョグ(2サイクル、6500kmくらい)に乗ってます。このところよく信号待ちなどでアイドリング状態にしていると回転が徐々に弱まってきて、10秒も経たないうちにエンジンが止まってしまうのですが、原因は何なのでしょうか?また、修理に出すとしたらいくら位かかるのでしょうか?
とりあえず今は信号待ちの時はアクセルを微小に開けて、止まるのをなんとか防いでいる状態です。あ、あと白煙がかなり多いですね…。
以前、どっかのホースが傷ついたらしく、エンジンオイルがたらたら垂れ落ちてしまって空になったことがあって、その修理に出したときにバイク屋が無料でエンジンオイル入れてくれたんですが、もしかして質が悪いオイルでも入れられてしまったのかなぁなんて勝手に想像しちゃってるんですが…

Aベストアンサー

まずガス欠があやしい。実際にガソリンがあっても、タンクからキャブまで繋がるラインに詰まりがあると、ガス欠状態になります。キャブにゴミが詰まっても同様です。
タンクのストレーナ(ゴミろ過網)の掃除、燃料ホースを外してプーと吹いてみる、キャブ側面をドライバーの柄のようなもので軽くコンコン叩いてみる、をしてみて下さい。キャブレターの底部にあるドレンボルトを緩めて、いつまでもガソリンがジャージャー漏れているようなら、ガソリンが来ていますから、大丈夫です。

次にエアエレメント。外して洗って下さい。湿式ならオイルを混ぜた灯油で濯いで良く絞る。乾式ならエアで吹くか掃除機で吸い込む。破けていたり汚れすぎだったら交換。

そうでなければ、夏場になりキャブのセッティングが狂っているかもしれません。エアスクリューの回転位置を目印などをして正確に憶えておき、左右に1/4回転ほど回して調子を見てみましょう。回し過ぎてもだめです。多くとも半回転以内で試みて下さい。エアスクリューはキャブレターの側面に付いているマイナスのネジですが、解らなかったら無理に触らないでバイク屋へGO!です。ヘタにいじるとエンジンが掛からなくなります。

次にプラグですが、熱価(5番などの数字)が合っていないとNGです。調子よく走ってきて、すぐにプラグを外して焼け具合を見ます。コンガリ狐色がベスト、白く焼けていたら焼け過ぎ、黒くドロドロしていたら冷え過ぎです。焼け過ぎは熱価を一番高く、冷え過ぎは熱価を一番下げてみましょう。

一番怖いのが、以前にあったオイルダラダラですね。オイル切れでエンジン自体が焼き付くか、寸前の抱き付き状態になっているかもしれません。こうなるとシリンダーの加工やピストンの交換が必要です。終わる直前なので、バイク屋さんに相談しましょう。最悪の場合、工賃込みで3~4万以上は覚悟しましょう。
白煙も気になりますが、オイルの質が悪いか、吐出量が多すぎても白煙が出ます。

もしかして、いつでもアイドリングが低いだけの話だったら、アイドルスクリューを少々ねじ込んでやればアイドル回転が上がります。キャブのエアスクリューのすぐ横のプラスのネジです。

まずガス欠があやしい。実際にガソリンがあっても、タンクからキャブまで繋がるラインに詰まりがあると、ガス欠状態になります。キャブにゴミが詰まっても同様です。
タンクのストレーナ(ゴミろ過網)の掃除、燃料ホースを外してプーと吹いてみる、キャブ側面をドライバーの柄のようなもので軽くコンコン叩いてみる、をしてみて下さい。キャブレターの底部にあるドレンボルトを緩めて、いつまでもガソリンがジャージャー漏れているようなら、ガソリンが来ていますから、大丈夫です。

次にエアエレメント。外...続きを読む

Q原付(2st)のオイル交換について。

原付(2st)のオイル交換について。

複数お尋ねします。
・オイルがほぼ空(又は完全に空)の場合、オイルタンクにオイルを入れてから、「エア抜き」というのをしないといけないのか。
・オイル交換(補充)後は念の為、ガソリンにオイルを少し入れ、混合液を使った方が良いのか。
・オイル交換(補充)後はしばらく暖気運転をしたほうがいいのか。
・エア抜きって?

素人なので優しく教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

2st用オイルは、燃料と混合されて、ピストンとシリンダの摩擦の潤滑をし、
燃料と一緒にエンジンの中で燃えて外に出ていきます。
2stエンジンのバイクが、冬の寒い日とかにエンジンがあったまってないと、
オイルがよく燃え切らなくて、マフラーから煙のようになって出てくるのは
そんなわけです。

オイルが空になっていると、オイルをエンジンに供給するラインにエア(空気)が
入ってしまってい、オイルではなく、単に空気が送られてしまう状態になります。
すると、エンジン内の潤滑に支障をきたし、最悪、ピストンが焼きつきを起こすかも
しれません。

そんなわけで、オイル供給ラインにエアが入っていそうだったら、一度、混合液を
使った方がいいでしょう。そんなにひどくなければ、暖気運転してる間にエアは
抜けるかもしれません。

ちなみに、エア抜きというのはその名のごとく、オイル供給ラインに入った空気を
抜くことです。2stオイルは空になってしまわないよう気をつけましょう。


人気Q&Aランキング