『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

  最近の大学ラグビーを見ていると、ここ何十年も関東地方の大学ばかりが強くて、同志社を始めとする関西地方の大学はほとんど関東の大学に勝てません。それも大差がつくのがほとんどで、全く歯が立たない状態です。
  しかし同志社にしても出身高校は東福岡や東海大仰星など名門高校からの入学者が多いにもかかわらず、なぜこのような差ができ、一向にその差が縮まらないのでしょう。20年位前までは同志社、京都産業大学、大阪体育大学などがベスト4くらいにまでは時々顔を出していましたが、もう何年も国立にすら行けません。
 同じ大学生でありながら、この差ができるのが不思議でなりません。練習方法やラグビーへの取り組み姿勢に何か決定的な違いがあるのでしょうか。

 個人的な感想では、同志社対明治の定期試合を今年見ましたが、試合前の校歌斉唱の時に明治の選手たちはキチンと横一列に並び、肩を組んで大声で校歌を歌っていた一方、同志社の選手たちはバラバラの並びかたで、しかも校歌を歌っている者はおらず、ときどきボリボリと足を掻いている選手までいました。この辺のラグビー自体への精神的な取り組み姿勢が決定的に違うと思いました。

 どうも関西地方の大学は小手先のテクニックばかり練習して、根本的な気持ちの部分ができていない気がします。
 何か関西と関東の大学ラグビーの違いについて考えるところがあれば教えていただきたいと思います。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

昨シーズンの天理は好チームでしたよ。

今シーズンは立川君やハベア君がいないのでどうなるか

一言で言えば、常翔学園(大工大高)や常翔啓光(啓光学園)、伏見、天理と言った関西強豪校や九州の強豪校の中心選手が関東の強豪校に行ってしま衣、関西の大学にはその残りしか来ないからです。

ここから、同志社に対して私の感想を
同志社は関西の大学ではネームバリューでかなり良いリクルートをしてきましたが、その選手が育っていません。いわば才能の墓場です。これは低迷を招いた岡体制からのしがらみで、好きなように関西選手をリクルートできた時代が忘れられないのです。
チームとしての話で言えば、アドリブラグビーと称して平尾や大八木と言った超大学級の選手が好きなようにプレーするスタイルを続け、規律を失ってしまいました(質問者さんが見た明治との試合もそうでしょうね)。現在の同志社のコーチ達も規律のない時代のプレーヤーでしたからなかなかそれが浸透しないのでしょう(これは、ファンも悪いのですが)。

でも、明治も数年前に吉田が就任するまではそういう規律のない才能の墓場だったし、早稲田も清宮が改革するまではそんなチームでした。ですから、同志社だって規律を導入できれば復活できると思います。
むしろ厳しいのは大体大や京産大でしょう。リクルートは完敗、猛練習が嫌われて好い選手が集まらなくなっています。

関西のチームがモデルとするのは帝京や筑波、以前の関東学院でしょう、地道なリクルートでラグビーで有名ではないが運動能力の高い選手を集めて徹底的にラグビーを教え込んで鍛える。早慶明や法政などのチームの構築モデル(好選手と普通のプレーヤーを規律を持って統合する)は使えないと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスいただき、ありがとうございます。確かに数年前の明治も大学選手権にすら出られなかった年があったと思いますが、吉田監督になってから急激に復活しました。ラグビーはチームプレーなだけあって、個人の力だけではどうにもなりません。ということはチーム全体を引っ張る強力な指導者が必要ということだと思います。同志社も宮本監督になってからいきなり帝京に勝ちそうになったので、今後は注目に値するかもしれませんね。関西のラグビーを応援する者としては、早く同志社や天理、大体大、京産大に「打倒関東」を成し遂げて欲しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2012/08/22 21:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校ラグビーは関西が強いのに大学ラグビーは関東が強い理由

高校ラグビーでは啓光学園、東海大仰星などの大阪の高校と、福岡にある東福岡高校が強く、関東にある高校はそこまで強いとは言えません。

一方、大学ラグビーにおいて関東地方の早稲田大学や帝京大学が他地域を寄せ付けない強さを誇っているのは、大阪や福岡の優秀な高校生をどんどんスカウトしてくるというのが大きな理由だと考えていいのでしょうか。

Aベストアンサー

関東の一部の大学は、勉強はできなくてもラグビーはできる高校生に広く門戸を開いています。
まず、以下を参照して下さい。
https://www.facebook.com/KumagaiSports/posts/612603028800213
帝京大学は入学定員の15%が推薦枠になっています。

これに対して関西の大学はどうかと言うと。
リーグ1位の同志社はスポーツ推薦枠は36名のみです(これはラグビー部だけでなく、体育会全体での数字です)。
http://www.doshisha.ac.jp/attach/page/OFFICIAL-PAGE-JA-645/57597/file/recommend_sports.pdf
2位の天理大学は約80名(これも大会全体の数字)
http://www.tenri-u.ac.jp/ent/q3tncs00000g9hex.html

関西の大学ではリーグ7位の近畿大学が推薦枠の大きい大学なので、近畿大学がもっとラグビーに力を入れれば強くなるかもしれません。

関東の大学が強いのは
・門戸を広く開けている強豪校がある
・強豪高校の高校生はより高いレベルのラグビーをやりたくて、関東の大学を目指す
・関東の大学は、伝統校は黙っていても選手が集まり、新興校(かっての関東学院、東海大学、流通経済大、帝京大)はスカウトも含めて積極的に人集めをしている
と言ったところだと思います。

関東の一部の大学は、勉強はできなくてもラグビーはできる高校生に広く門戸を開いています。
まず、以下を参照して下さい。
https://www.facebook.com/KumagaiSports/posts/612603028800213
帝京大学は入学定員の15%が推薦枠になっています。

これに対して関西の大学はどうかと言うと。
リーグ1位の同志社はスポーツ推薦枠は36名のみです(これはラグビー部だけでなく、体育会全体での数字です)。
http://www.doshisha.ac.jp/attach/page/OFFICIAL-PAGE-JA-645/57597/file/recommend_sports.pdf
2位の天...続きを読む

Q同志社ラグビーはなぜ弱いの?

 今日テレビで同志社大対京都産業大学のラグビーを見ましたが、また同志社が負けていました。
私もあまりラグビーには詳しくないですが、選手の出身高校を見ると、同志社は東福岡とか同志社香里とか東海大仰星とかの、そうそうたる学校がほとんどで、監督・コーチもジャパン経験者ばかりのようです。
 こんなにスタッフや選手がそろっているのに、なぜこんなに負けてばかりなのでしょうか。ここ数年、テレビで観戦した感じでは、同志社が勝った試合というのは見たことがありません。

 昔は大学選手権3連覇とかで強かったようですが、私のイメージではただ「弱い」という印象しかありません。こんなに弱いチームにファンが多いのも不思議ですが、前述したように、こんなに選手・スタッフが揃っていて負けてばかりの理由はなんでしょうか。選手にやる気がないのか、あっても勝ちにこだわる気持ちが足りないのか、技術的な問題か、ご意見を聞かせていいただきたいと思います。
 
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言いにくいんだけど、今の同志社は「才能の墓場」ですね。
才能のある選手を自主性という名の下に甘やかしてきた歴史が解消できていない。同志社の選手と天理の選手を比べると体の厚みが全然違います。これは、ウェイトトレーニングの差があると言うことです。才能の有無にかかわらず体を大きくする努力は誰にでも出来ます(高架の大小はありますが)。それが出来ていないのは個人の意識とチームの規律に問題があるからではないでしょうか。
まあ、大学選手権三連覇がファンも首脳陣も忘れられないんでしょうね。明治と同志社が好きなように選手を取りまくっていた時代が忘れられない。

才能はある選手が多いから、短時間では力を発揮できる、ここ数試合、終了間際に限定して驚くような集中力を見せるけど、これが試合の最初から出せない。これはゲームプランとすフィットネスの問題です。

ここでちょっと関東の話に脱線します。
明治はそれに気付いていた吉田にチームを任せたことで脱却しつつあるけど、同志社はそこまで達していないと思います。今の明治の選手、本当に大きいです。好い練習をしているんだろうなと思います。まあ、明治伝統のフィットネスの問題は解決していないようですが
で、次に「才能の墓場」になりかねないのは早稲田ですね。最近、早稲田の選手が小さくなっていると感じます。同じ身長の帝京や筑波の選手に比べると体格で見劣りするのです。清宮時代には無かったことで、チームの規律のゆるみを感じます。

こういったことが同志社では続いているのではないかと、才能のある選手は集まっていますから、帝京流の徹底した管理ラグビーをすれば1-2年で回復するかも知れませんが、同志社の校風が妨げそうですね。
外の血、春口、清宮と言った一時代を作ったコーチに任せてみるというのも必要かと、大学の選手は成長過程ですから、それに応じたコーチングが必要で、トップリーグなどの完成した選手の指導歴はあてになりません。もし、平尾や大八木を担ぎ出すようであれば暗黒時代は続くでしょうね。

言いにくいんだけど、今の同志社は「才能の墓場」ですね。
才能のある選手を自主性という名の下に甘やかしてきた歴史が解消できていない。同志社の選手と天理の選手を比べると体の厚みが全然違います。これは、ウェイトトレーニングの差があると言うことです。才能の有無にかかわらず体を大きくする努力は誰にでも出来ます(高架の大小はありますが)。それが出来ていないのは個人の意識とチームの規律に問題があるからではないでしょうか。
まあ、大学選手権三連覇がファンも首脳陣も忘れられないんでしょうね。明...続きを読む


人気Q&Aランキング