完全なファンタジーというより、日常の中で不思議に出逢う…みたいな作品が好きで、探しています。
たとえば
○UMA(ネッシーとかビッグフットみたいな)がテーマ、登場する作品。
○アトランティス大陸など、史実ではないけど、現実味がある幻の話。
○民話や伝説などで、夢物語っぽくない、リアルなタッチの作品。
定義づけが難しくて伝わりにくいですね。。すみません。

たとえば、三浦しをんさんの「白い蛇眠る島」とか、ツボでした。
ハリポタのような完全な異世界ファンタジーは×です。

小説だけでなく、漫画や映画もOKです。時代や地域も問いません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

マンガなら「オバケのQ太郎」が超古典マストアイテム。


小田扉「そっと好かれる」
室井大資「イヌジニン」
諸星大二郎「栞と紙魚子」
今市子「百鬼夜行抄」

小説
伊坂幸太郎「死神の精度」「終末のフール」
篠田節子「ゴサインタン―神の座」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マンガはいずれも未読でしたので、調べてみました。
どれも興味深いです。探してみます。
伊坂幸太郎はわりと好きです。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:11

「ぼくの・稲荷山戦記」(著:たつみや章)が


真っ先に思い浮かびました。

巫女を母に持つ少年のもとに、油揚げ好きの黒髪美青年が来る。
青年の正体はお稲荷様の使いの狐であり、
山の開発で弱りつつあるお稲荷様を守ろうと
少年は狐たちと共に立ち上がる…という話です。

ちなみに、映画「平成狸合戦ぽんぽこ」と方向性が似てますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たつみや章さんの作品は、幻想的で、かつ現実世界にも
しっかり寄り添っていて、読み応えがありそうです。
探してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/17 22:14

ご存知の作品ばかりかもしれませんが、


・万城目学「鴨川ホルモー」・「鹿男あおによし」・「偉大なるしゅららぼん」
・荻原浩「愛しの座敷わらし」
・朱川湊人「わくらば日記」・「さよならの空」・「都市伝説セピア」
・有川浩「空の中」
・日向なつお「ありをりはべり」(マンガです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありをりはべりが実におもしろそうです。
有川浩は「図書館戦争」のイメージが強かったのですが、
この作品はまた違うタッチのようですね。探してみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:24

梨木香歩『家守綺譚』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101253374.h …

柏葉幸子『ミラクル・ファミリー』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062766698.h …

夢枕獏『陰陽師』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4167528010.h …

平岩弓枝『平安妖異伝』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101241155.h …

香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062761696.h …

条件からは外れてるかも??と思いつつ、紹介します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

梨木香歩はわりと好きなのですが、家守綺譚は未読でした。
探して読んでみたいと思います。
柏葉幸子さんは、調べるとほかの作品もおもしろそうです。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:21

まあ、星野之伸さんの作品は、どれもスケールの大きな作品で


この人の作品が「原書」で読める幸せを、日本人はもっと知って
おいてほしいんですけどね・・・。もう出てしまっているので。

ちょっと傾向が違うかもですが、「蟲師」
http://www.amazon.co.jp/dp/4063142558/

少し古い日本で、妖怪とも神様ともつかぬ「何か」と対峙しつつ
旅をする男の話です。ややファンタジー寄りなことは確かですが、
ベースになる世界はしっかり「昔の日本」なんで、古い日本家屋
で読んでいると、後ろに蟲が居るような気になります。

これも傾向が違うかもですが、「ゴーストハント」
http://www.amazon.co.jp/dp/4840135940/
http://www.amazon.co.jp/dp/4063607771/

原作番とマンガ版(更にはアニメも)出てますが、幽霊退治の話。
基本は現実に立脚してますし、「幽霊が居る」という一点以外、
実に理詰めに話が進みますから、ファンタジーの匂いはほとんど
しません。まあ、ホラーっちゃ~ホラーですけど、脅かすことだけが
目的の話じゃないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

蟲師、おもしろそうです!探してみたいと思います。
ホラーは少し苦手なんですが、チャレンジしてみようかな・・。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:19

「ソラリスの陽のもとに」


ポーランドのSF作家スタニスワフ・レムが1961年に発表したSF小説。
ミステリアスな古典SFといえば、これです。SFファンの必読書です。
映画化もされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

映画で観て感動し、文庫本を購入しましたが、未読です。。
これを機に本棚から救い出そうと思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:17

結構、よくお勧めに書いている気もしますが、



「鼻行類」
ハラルト・シュテンンプケ

太平洋の孤島、ハイアイアイ島にだけ生息する、鼻が進化した奇妙な哺乳類の観察記録
これは知っている人は知っている本で、著者からして架空の人物です。
とは行っても生物学者が創作したとかで意外と地味にリアルで、挿絵の博物誌に描かれる様な絵柄なので
素で信じる人もいるくらいの出来栄え。

「秘密の動物誌」
ジョアン・フォンクベルタ

こちらは写真家が、あまりにもインチキに騙される人が多いということで、
最初から偽者の動物記録写真を作ろうとしたもの。
前者と違い、読み物としての部分は無いですが、写真が、セピア色だったり、架空の動物のレントゲン写真や、
比較写真等で、ビジュアル的な部分がメインです。
コレの展覧会もあったとか、


「平行植物」
レオ・レオーニ

鼻行類の植物サイドの本で、普通は対で知られているような感じです。
こちらは、どこかの島ではなく、異世界というか現実と平行に存在する平行世界の
植物の博物誌です。
こちらのロマン主義的な部分が強かった印象があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三冊とも書店で見てずっと気になっている本でした。
平行植物は図書館で借りたものの、仕事に追われ期日になってしまい・・。
これを機会に読み直そうと思います。
空想世界を、静謐な、そしてリアルな文体で描ききる。
そんな作品は興味深いです。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:16

恒川光太郎さんの作品が合うのではないかと思います。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%92%E5%B7%9D% …

個人的に好きなのは「夜市」と「草祭」です。(どちらも民話風のテイストが強い。)

あとは、篠田真由美さんの「緑金書房午睡譚」あたりはどうでしょうか。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/kodansha-nove …

シリーズものになることを期待しているのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恒川光太郎は、前々から気になっている作家さんでした。
この機会に読んでみようと思います。
篠田真由美さんもおもしろそうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:12

【小説】


竜の柩 / 高橋 克彦
総門谷 / 高橋 克彦
アビシニアン / 古川日出男
沈黙 / 古川日出男
巷説百物語 / 京極夏彦
先巷説百物語 / 京極夏彦
後巷説百物語 / 京極夏彦

【漫画】
暗黒神話 / 諸星大二郎
孔子暗黒伝 / 諸星大二郎
2001夜物語 / 星野之宣
宗像教授伝奇考 / 星野之宣
宗像教授異考録 / 星野之宣
木島日記 / 大塚英志
北神伝綺 / 大塚英志

分野的に違うかもしれないがもしかしたら合うかもしれないもの
デビルマン / 永井豪
魔王ダンテ / 永井豪
手天童子 / 永井豪
5000光年の虎 / 石川賢
魔獣戦線 / 石川賢

★小説については、高橋克彦作品がお望みに近いかもしれません。その他はちょっと外れています。
★漫画についてはどれもそれ程大きく外れているとは思いませんが、好みは人それぞれなので何とも言えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

未読の作品ばかりです。
大塚英志のサブカル論的な本は読んだことがあったのですが、
小説も書かれていたのですね。
探してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:09

不思議の国のアリスは?。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに日常からそう遠くないファンタジーですね。
ただ、夢落ちなのがちょっと・・なところがありまして。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/09/13 00:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q説教本か民話で象がでてくる話。物事を全体でとらえいようという趣旨

小さいころに読んだか読んでもらった本だと思うのですが、ある王様?だったと思うのですが、その人が人々に目隠しをして象を触らせるのです。
そうして、「どういう動物だったか」と質問するのです。
ある人は「耳が大きな動物でした」と答えます。
ある人は「鼻が長い動物でした」と答えます。
またある人は「足が太い動物です」と答えます。

どれも間違っていはいませんが、象全体を現すものではありません。
王様は局面だけをみていると判断を誤ってしまうことがある。だから全体をみることが大切だと説きます。

というような話だったと思うのですが。細かいところは覚えていません。
もしかしたら仏教関係の話なのかも知れませんし、インドあたりの昔話かもしれません。日本で言う三枚の札みたいな。

図書館で聞いてみたら松谷みよこ説だったんですが、
児童書の内容かな?とも少し思ったんですが。
タイトルに心当たりの方おしえてください。

Aベストアンサー

結論を先に書くと、ご質問の話の出典は、(ろくどじっきょう)という仏典ではないかと思います。これはジャータカというお釈迦様の前世の話を集めたものです。
(#3のご回答に『六度實経』とありますが、恐らくこれは、同じ音であるこの『六度集経』という読みを耳で聞いて誤記したものがネット上に出回ってしまっているのだと思います)

この『六度集経』中の説話では、ご質問のように、盲人たちがおのおのの狭い見方の枠を抜け出ることができずに「象とはこういうものだ」という自説を主張してゆずらないばかりか、最後には殴りあいの争いになってしまいます。非常にわかりやすい喩えで、自分の狭い了見にとらわれない智慧の存在をやさしく理解させるための説話です。

ところで、#4のご回答にあるように、大乗の涅槃経という経典にも、確かに象と盲人の話が出てきます。しかし、こちらの譬喩はちょっとご質問のものとは違うのではないか、と思います。
というのは、大乗の涅槃経というお経は(非常に重要な意味を持つ経典ですが)、ほぼ全篇にわたって「仏性」を説くお経であって、問題の部分では象を「仏性」の喩えとして用いたうえで、「仏性とは、部分的にしか表現できないものだ」ということを言わんとしているからです。

涅槃経では、盲人に象を触らせたところ、耳を触ったものは「象とは箕のようなものだ」、頭を触ったものは「象とは石のようなものだ」などと様々なことを言うわけですが、彼らはそう言うだけであって、別に自分の説を声高に主張するわけでもないし、ましてや論争もしないのです。
涅槃経では結局、「仏性というものは、形に即してしか語れないものである。しかし、それだけでは言い尽くせないものだ」ということを象と群盲の喩えを用いて語ろうとしているわけなんです。全体と部分の話をしているのではないし、誰か智慧をもったものなら象の全体を見渡せる、ということを言いたいのではないのです。

というわけで、ご質問のお話は『六度集経』が出典である、とみるのが妥当でしょう。

結論を先に書くと、ご質問の話の出典は、(ろくどじっきょう)という仏典ではないかと思います。これはジャータカというお釈迦様の前世の話を集めたものです。
(#3のご回答に『六度實経』とありますが、恐らくこれは、同じ音であるこの『六度集経』という読みを耳で聞いて誤記したものがネット上に出回ってしまっているのだと思います)

この『六度集経』中の説話では、ご質問のように、盲人たちがおのおのの狭い見方の枠を抜け出ることができずに「象とはこういうものだ」という自説を主張してゆずらない...続きを読む

Q平野敬○郎の「顔のない裸体た○」って実際の事件がモデルになっているようですがどの事件??

こんばんは。
タイトル通りなのですが、平野敬一○の「顔のない裸体○ち」を読みました。衝撃を受けた作品なのですが、どうも実在する人物がモデルのようです。
その実在の人物が事件を犯すまでのストーリーなのですが・・。
作者側からすれば「皆さんご存じの・・・」って感じでしたが、恥ずかしながら、私は知りません^^。
どなたか、いつの、どんな事件なのかお教え下さい。
もっと詳しく知りたいので。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

平野啓一○さんの『顔のない~』ですよね?
この作品はフィクションであり、モデルとなるような事件はないのでは?と思います。気になったので書評を検索してみましたが、それらしい話に全く当たりませんでしたし、作者本人が『顔のない~』についてAmazonに寄せたコメントも聞きましたが、それらしき事に触れていませんでした。
作者のコメントをまだお聴きになっていないのでしたら、以下のアドレスへどうぞ。

↓作者の音声コメントのアドレス↓
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4104260053/249-5882086-0034742?v=product-description&n=465392

Qハリポタ第七巻について

ハリーポッターの七巻の英国版の予約が始まったそうですが、題名が英語になっていて意味がよく分かりません。
「HARRY POTTER and Deathly Hallows」というらしいのですが、英語が得意な人で意味が分かったら教えてください!!!(≧人≦)

Aベストアンサー

ハリー・ポッターと死の秘宝(仮題)

Deathly
1 死のような.
2 致死の; 致命的な.
http://www.excite.co.jp/dictionary/english_japanese/?search=Deathly&match=beginswith&dictionary=NEW_EJJE&block=36707&offset=1840

Hallow
〈…を〉神聖なものとしてあがめる; 神聖なものとする
http://www.excite.co.jp/dictionary/english_japanese/?search=Hallow&match=beginswith&dictionary=NEW_EJJE&block=38518&offset=1156

Q芥川賞、直木賞受賞作品、ないしは、候補作品でおすすめをおしえてください

芥川賞、直木賞受賞作品、ないしは、候補作品でおすすめをおしえてください。

Aベストアンサー

●直木賞受賞作からなら(1995年第114回受賞作の)テロリストのパラソル
藤原伊織(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun114FI.htm )

又受賞作家の作品群からなら
●杉森久英(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun47SH.htm )の
「アラビア太郎」(http://www.7andy.jp/books/detail/-/accd/01352555 →但し絶版の模様)

●城山三郎(http://homepage1.nifty.com/naokiaward/jugun/jugun40SS.htm )の
「百戦百勝」(http://www.bk1.jp/product/00975420 )
等です。ご参考に

Qハリポタの新作で・・・

あわててしまい、おかしな質問をしてしまい申し訳ありません。ハリポタの第5作で大切な人が亡くなる、書いているときに作者は泣きながら書いた・・と聞きました。誰が亡くなるのか・・・・教えてください。

Aベストアンサー

教えてしまってよいものなのでしょうか?
読みたくない人、知りたくない人は質問文のあたりでやめると思うので、あえて書いてしまいます。


とりあえずはヒントから
1)ハリーにとっては間違いなく大切な人でしょう
2)大人です。ハリーと同世代ではありません
3)登場巻は3巻からです
4)変身しますよ・・・


以上のヒントだと思い当たる人は2人になりますが。
5巻でお亡くなりになるのはネズミを殺したと疑われた人です。
読んだ時は「やっぱり」という思いと、何とも言えない喪失感でいっぱいでした。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報