これからの季節なにかと話題に上る紫外線ですが、聞くところによると一般の蛍光灯も紫外線を放出しているらしいのです。一体どのぐらいの量なのか、また太陽と比べてどの程度なのでえしょうか?
あと、白熱灯も紫外線を出しているんでしょうか?何でも結構です。教えてください。

A 回答 (1件)

「紫外線計測キット」なるものが発売されていて、自分でもお手軽に


計れるのですね。

実際に計ってみた数値を公開している方がいらっしゃいます(→参考URL)。

二つ目のページによると、昼間の100分の1位なんですね。

また、紫外線吸着膜なるものをつけた蛍光灯もあるようです。
http://www.kms.gol.com/national/natio.htm

お高いですが、このページに書いてあるように、美術館などでは
重宝するのでしょうね。

参考URL:http://www.tokeidai.co.jp/edu/tomasyo/c432.htm,h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

欲しい情報がいっぺんに頂けて大変感謝しています。有難うございました。

お礼日時:2001/05/17 19:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLED電球電球型蛍光灯と白熱球の比較

LED電球電球型蛍光灯と白熱球の比較
消費電力はLED、蛍光灯が圧倒的に少ないですが発熱量はやはり消費電力に比例するのでしょうか?
店頭でLED電球を見ましたがいくばくかの熱は出ており蛍光灯型とそれほど変わらないような気もします。
またLEDは紫外線が少ないといいますが蛍光灯や白熱球と比べてどうでしょうか?

Aベストアンサー

発熱量は明るさとは無関係で、消費電力に比例します

紫外線はLEDは非常に少ないので、虫が寄って来にくいです

蛍光灯は、紫外線で蛍光物質を照らして光る仕組みなので、もともと紫外線は多めですが、出にくい工夫があれこれ施されています

白熱電球は、赤外線から紫外線まで広い範囲の光を出していて、紫外線も少しは出ます

Q蛍光灯と白熱灯

ダイニングのダウンライトって素敵ですよね。
でも、白熱灯がほとんどだと思うのですが、電気代が高いんですよね!?ダイニングだと夜は殆どつけっぱなしになると思います。皆さんはどうされていますか?教えて下さい。また、蛍光灯とそんなに違うのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

建築士です。電気工事士でもあります。

私はほとんどの現場でダウンライトをお勧めしています。夜9時以降はダウンライトの生活にして下さいと。設置コスト、器具代が安い割には演出効果は抜群です。
(^^ゞ

蛍光灯13~15Wで白熱灯60W相当の明るさです。
つまり、蛍光灯の4倍の電気代がかかります。
ただ、蛍光ランプには調光器が付けられません。
(蛍光灯の器具自体に調光器機能付のモノはあります。)

ちなみに東日本50hzの場合、蛍光灯は1秒間に100回点滅しています(インバーターの場合は90,000~100,000回/秒)ので、人間の身体は微妙にその点滅を感じて取っています。ですので点滅しない白熱灯の方がRelaxするのです。
(^o^)b
http://www.mew.co.jp/Ebox/index.html#ippan

電球だけでRelaxできるなら安いと思うんですが...。
ランニングコストだけでは比べられないと思います。

参考URL:http://www.tlt.co.jp/tlt/support/mainte/knowledge/inte23.html

建築士です。電気工事士でもあります。

私はほとんどの現場でダウンライトをお勧めしています。夜9時以降はダウンライトの生活にして下さいと。設置コスト、器具代が安い割には演出効果は抜群です。
(^^ゞ

蛍光灯13~15Wで白熱灯60W相当の明るさです。
つまり、蛍光灯の4倍の電気代がかかります。
ただ、蛍光ランプには調光器が付けられません。
(蛍光灯の器具自体に調光器機能付のモノはあります。)

ちなみに東日本50hzの場合、蛍光灯は1秒間に100回点滅しています(インバーターの場合は90,000~100...続きを読む

Q蛍光灯型のLED照明はありますか?

家の照明を電球や蛍光灯からLEDに変えたいと思っています。(寿命が長いから)
電気屋さんを見ると電球型LEDはありますが、蛍光灯型LEDはありませんでした。
蛍光灯型LED照明というのは現時点ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

 
http://www.led-light.jp/page069096.html
http://www.led-direct.jp/ecolight.html
http://www.jfe-adv.co.jp/
 

Q60W白熱灯用のダウンライトに40W電球型蛍光灯は?

自宅のバスルームに、60Wの白熱灯を使用したダウンライト×4が付いています。
省エネのため、電球型蛍光灯に交換を考えていますが、そもそも明るすぎるような気がする(蛍光灯にするとさらに明るく感じることでしょうし)ため、40Wの電球型蛍光灯に交換しようかと考えていますが、可能でしょうか。
照明器具はE26口金を使用し、ふたがついたダウンライトで「防湿型」と書いてあります。ふたをあけると電球が入っており、電球の周囲を囲う部分は、空気が通るようにか穴がたくさん空いています。

なお、本数を減らすという方法は今やっていますが、ダウンライトであるため影ができたりして気に入っていないため、できれば4本とも生かす方向で考えたいです。

Aベストアンサー

電球型蛍光灯には、密閉型器具対応品とそうでない物が有ります。
また、断熱施工されたダウンライトには使用出来ません。

お使いのダウンライトは上部が解放されているようなので、どのタイプでも使用できると思いますが、防湿型は密閉型に近いので密閉型器具対応品を使用した方が良いと思います。

もちろん40W型の物も使用できます。

QLEDシーリングライトは蛍光灯を超えた?!

出た当初は、蛍光灯よりも省エネ性能も低く、演色性も悪く、高価だったLEDシーリングライトですが、

最近のは、
120lm/wと、省エネ性能は蛍光灯と同等
演色性もRa85もあり、必要十分
調光範囲や寿命は当初から蛍光灯よりも良く、点灯直後に明るくなるし、
真ん中に回路が無くて傘全体が発光するデザインもあります

また、価格も蛍光灯と同等になってきました

遂にLEDは蛍光灯を凌駕してしまったのでしょうか?

LEDの弱点、蛍光灯のメリットは何かありますか?

Aベストアンサー

LEDシーリングライトは、その光源が10年程度もつと言われ交換が不要です。
省エネ性能も蛍光灯と同等かそれ以下の場合が多くあり、白色と暖色の切り換えができるものが多くあり使い勝手も良いようです。

価格も特売のもの同士を比較すると蛍光灯シーリングライトほどではありませんが、おおよそ変わらない価格にまで下がってきました。

LEDの弱点はほとんどなく、蛍光灯は2~3年で蛍光灯自身を交換しなけばならないというデメリットがあるため、価格差は1度交換するサイクルがきたとたんに逆転してしまうことになります。

そういうことで、家庭用では今後蛍光灯タイプのものは消滅していくと日経産業新聞、日経MJなどでも書かれています。

Q蛍光灯と白熱灯について!

廊下や階段など、一日のうち数回&短時間しか点けない電気
(ダウンライトや壁付け)でも、白熱灯よりは蛍光灯のほうが
電気代は安くなるんですか???

電気の色と消費電力が違うとゆうことぐらいしかわからないので・・・
廊下用壁付けの電気をカタログで見る限り、白熱灯消費電力60W、
蛍光灯17W・・・・この数字の差が実際電気代でどれくらい差が
ついてくるのかもよくわかりません。

Aベストアンサー

こまめにつけたり消したりするのであれば白熱灯です

蛍光灯はスイッチの頻繁なオンオフをすると寿命を短くします


1日2~3時間くらいつけっぱなしにする必要があるならば蛍光灯ですが、階段ならば連続使用時間が1~2分程度で1日の使用時間は数十分だと思われます
こういう場合は白熱灯のほうが良いです
白熱灯そのものの値段も安いですしね

60Wで少し明るいなと感じるならば40Wの白熱灯に変えてください、多少ですが電気代節約にはなります

QLEDの丸型蛍光灯の明るさ

通常の丸型(輪)蛍光灯30型と32型をLEDの丸型蛍光灯に換えようかと考えています。

LEDは寿命が長く、電気代も少ないようですが、
明るさはどうなのでしょうか?
通常の蛍光灯より明るいですか?

もしLEDの方が暗いのであれば、通常の蛍光灯の中で明るい商品を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

LEDの明るさは様々です。
多くは同等の蛍光灯と同じ程度の明るさになるように設定されています。

丸形蛍光灯をLEDに代えるのは余り大きなメリットはありません。
まず、発光効率はそれほど大きな違いは無いのです。
LEDは電球に比べて5~10倍の発光効率を持ちますが、高性能の蛍光灯と
比較すると1.0~1.3倍程度の効率しかありません。
また、丸形LEDは性能に比較して単価が高い商品が多く、コストパフォーマンスが
悪いです。
ここはパルックやメロウラインなどの3波長タイプの高性能蛍光灯の方がいいのでは
ないでしょうか?
その蛍光灯が切れることにはLEDは2~3割くらい安くなっているはずです。

Q白熱灯を消費電力の少ない蛍光灯に変えられるの?

 ただ今新築中で照明について思案中です。
気に入った照明器具に白熱灯タイプしかない場合取り付け後変えられるのでしょうか?

 場所はダイニングキッチンでペンダントライトなんですが、白熱灯色で蛍光灯の電球ってあるんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

私も参加^^
普通の電球が交換できる人であれば交換は出来ます。なんと言ったってクルクルまわすだけですから。
あと気を付ける事は器具です。
電球型蛍光灯は小さいサイズの物も出ていますが、電球に比べるとやや大きいです。
ペンダントライトと言うことで取り付け可能と思いますが、傘の部分から電球の先が出ると、光が目に付いて困る事もあります。
実際可能であれば先に電球を購入しておいて器具のサンプルを用意して頂き、取り付けて見る事まですると間違いが起こらないと思います。

私の家では通常の電球は使ってません。全部電球型蛍光灯に変えました。最近は明るくなる速さも問題ないです。

QLED蛍光灯の設置方法

最近は、
LED蛍光灯が発売されています。
が、
普通の蛍光灯と交換するだけで、点灯可能なのでしょうか?


それから、
オススメのLED蛍光灯が有れば「型番」を 教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

LEDと蛍光灯はまったく別のものです

蛍光管型LEDが 省エネとの勘違いの風評に乗って 悪あがきしています
LEDは蛍光灯に比べて 省電力ではありません そのうえ光の広がり方が大きく異なるので暗く感じることが多いです
そのようなデメリットは表に出さず 消費者の勘違いを利用して売り込みを図っているのが蛍光管型LEDです

蛍光灯器具によってはランプ交換だけで点灯するものもあります 改造しないと点灯できない器具もあります

ランプだけLEDに交換しても自己満足と前よりも暗くなったとの批判だけです

LEDにしたいなら器具の配置も検討して器具ごと交換すべきです

そのような意味で お勧めは従来の蛍光管です

ただし 白熱電球に対してなら蛍光灯に近いくらい省電力ではあります

Q固定資産税付いてですが地方に住んで居ますが固定資産税は上がるのしょうか

固定資産税付いてですが地方に住んで居ますが固定資産税は上がるのしょうか?

Aベストアンサー

土地の評価が値上がれば当然固定資産税も値上がりますが、横ばいなら、建物の価値が年々下がっているので、固定資産税も年々下がっていき、いずれ土地のみの価値だけになります。東京の一等地なら値上がる可能性が高いですが、人口が減少していけば、土地の需要が徐々に少なくなっていくわけですから、特に地方では確実に値下がっていくでしょうね。


人気Q&Aランキング