横断幕の設置方法で困っています。
特に風対策をどのようにすればよいか分かりません。
どなたか、学園祭などで横断幕を張ったことのある方教えてください。
追記欄で横断幕や設置場所の詳細を載せます。

横15M、縦1Mの横断幕を作成します。幕の素材は布(ユザワヤで10cmあたり60円のもの)です。
設置場所は建物の1.5階あたりの壁面なのですが、比較的風が強い場所で、ロープも二階の窓から伸ばすためしっかりと固定する場所がありません。
そのため、横断幕自体の風対策、およびより効率的な張り方を考えなければなりません。
どのようにすればよろしいでしょうか。
現在のアイデアでは
(1)発泡スチロールに張り付けて設置
(2)横断幕に風対策の切れ目をいれる(どんな切れ目をどれだけ入れるかは不明。)
(3)角材で骨組みを作り補強(どのような骨組みにすればよいかは不明)
くらいです。
一般的な横断幕より大きめですので、中途半端な張り方では事故につながってしまいます。
どなたかアイデアお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

いっそのこと、3×6尺(910×1820mm)のスチロールボードを8枚を買ってきて、


それに直書きして外構用両面テープで壁に貼ってしまったほうがいいような気がしてきました
縦が9センチ、横が40センチほど小さくはなりますが、薄手のものなら1枚5~600円程度の筈ですから、コスト的にも見合うと思いますが・・・
    • good
    • 0

状況が見えないので一般論になります。


★サイズの割りに、取り付け条件が悪いのでお勧めはしません。
 ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ごく短期間掲げるだけでしたら、木枠に帆布を張ってそれを上げるのが良いでしょう。
 風が背後に回りこむ場合は、しっかりと固定しなければなりません。学校などでベランダや手すりがある場合はそれに固定します。

 ベランダや手すりがない場合は、屋上から地面までロープを垂らして、それにぶら下げるのが良いですが、幅が広いので全体を4等分したあたりにもロープが必要でしょう。

 枠をつけずにロープだけで作るなら、上下左右に12mm以上のロープを縫いこんで適所に鳩目をつけて下げることになりますが、その場合は垂れて懸垂線になります。左右両端のロープは、真上-真下ではなく左右に広げて横方向に張力を与える必要があります。ロープも垂直にぶら下げるときの倍の太さが必要になります。力のかかる方向でベクトル線を描いてみてください。

 角材は垂木で良いでしょう。1m置きに縦棒を入れて、何箇所か筋交いを入れれば良いでしょう。

 横断幕と考えずに、発泡スチロールの大判900×1800を両面テープで壁に貼ってしまうとかが安くて簡単かと思います。
    • good
    • 1

ナンチャッテDIYユーザーです。




>ユザワヤで10cmあたり60円<
ということは、布代だけで9000円もかけるんですよね。

ユザワヤの「布」がどのようなものか、、、、金額から察するに、シーチングとか、無着色の木綿、、、って感じでしょうか。
どうも、15mもあると、布自体かなり重い気がします。
化繊でも重さは結構あるでしょうし、ましてや引張強度はかなりの不安感があります。

http://item.rakuten.co.jp/auc-green-la/671-71/
↑このような「網」に、文字を貼り付けませんか?
貼り付ける文字は、スポンジでもビニールでも、雨や風に耐えるものなら、あとは重量でしょう。
縫い付けるか、ボンドで固定するか、要は「文字」の重さになります。

宙に文字が浮かんでいるようで面白いんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

風防対策にはしっかりとした枠ないしはワイヤーロープと、はとめ加工で結ぶ必要があります。


それらをクリアー出来ない場合は個々に細分して固定する方法を用いて、風のふくらみから逃げる
ことくらいの対処になります。
(本来は小さな横断歩道橋の手すりくらいの事を考えておかないといけません。)

(1)発泡スチロールは、これ自体を止める時穴とかをあけることになろうかと思いますが、
  端部の補強なしではすぐに欠けてしまいます。(役に立たない)
(2)横断幕に風対策の切れ目をいれる=裂け目を入れると幕の役割が低下または何かを表示したい
  場合、風でヒラつくと読めなくなる。
(3)角材で骨組みを作り補強 如何様に作れども長さ15の横方向のしわりに端部の2点をもって
  耐えることは出来ません。=従って中間に少なくとも1間ごとのサポートの裏付けが必要。
  (たとえばベニヤ板単体が空中に浮いているものと想像してみて下さい)

以上の事から出来るアイディアとしては、
・窓(または外壁・ベランダ等)に上部の固定の枠(=単管でも良い)をぐらつかないよう設置する。
・そこから少なくとも6mmのワイヤーロープを垂らし=本数は風の強さで増やして下さい
・地面側に本数の杭を打つか、建物の適当な場所にアイボルト形のアンカーボルトを仕込む=必須です。
・さらに、所定の高さの所に横方向にワイヤークリップで止めた枠上下の線を張る。
・布には30cm毎に八トメを設けて
・しっかりとした化繊の紐で結ぶ
    • good
    • 0

ひょっとして、2階から吊るすだけって考えていらっしゃる?


もしそうなら、風のある場所では煽られて横断幕の役目を果たしませんよ

横断幕の設置は、最低でも四隅の保持が必要です
15mものだと、上下各4箇所、8箇所の固定が欲しいところです

一番間違いがないのは、横断幕自体にアイレット(ハトメのでかいやつ)を打ち、設置する建物側にはリングボルト(頭が輪になったボルト)などを打って、金属スナップとアジャスタをつけたロープで結ぶのがいいと思いますが・・・
建物に穴を開ける話だし、高所作業になるので・・・
(慣れた人と道具があればそれほど難しい作業じゃありませんが、建物に穴ってのがね・・・)


屋上には手すりか欄干があるでしょうから、ロープ類は固定可能かな?
ならばそこから地面までロープかワイヤを15m幅で2本張る
地面側は相当量のウエイトで固定だろうなぁ、ペグ(杭)を挿してもいいかもしれないけれど、抜けると厄介。
15平米の帆があるようなものだから、相当の重量まで持ち上がってしまうと思う
ロープの途中に輪ができるように結び目を入れておけば、横断幕を結ぶことは可能
しかし、4箇所しか固定できないし、屋上からのロープではどうしても遊びが出るため、かなりバタつくと思う
(本来、縦長の垂れ幕の設置方法ですので横断幕には向かない)


うーん
一番簡単なのは
横断幕の下部分に塩ビ管か何かを縫い込んでまっすぐぶら下がるようにして吊るす・・・
風でパタつくのは諦めるって線かなぁ?
塩ビ管が当たる場所に窓があると、ガラスを割るかもしれませんね
塩ビ管は15m1本ものは持ってこれないだろうから、3mとか2.5mを継ぎ手でつなげる
(繋がっていないとダメです)
塩ビ管が風で煽られて抜けると思わぬ事故になるので、抜けないような工夫が必要
(管の中にロープを通して結ぶとか、抜けないように両側を縫い込むか強力タイプのホック止めにするとか)
    • good
    • 0

「布(ユザワヤで10cmあたり60円」


強度がどの位なのか分かりません。
布を目一杯使うつもりなら布自体で保持出来なければいけません。
横15M、縦1Mのダンボールや発泡スチロールは手に入らないでしょう。
幅の狭いダンボールや発泡スチロールを繋いでも全体を支えきれません。
1mの幅を少し犠牲にするか、別に吊り輪を縫い付けて15m以上のロープで上下を通します。
左右を固定する
横に渡したロープの途中を上から下からで数か所保持する。
下部は土のうを買いロープを固定してもいいでしょう。
一番いいのは手すりがあれば上部の固定は楽です。
いかに横15M、縦1Mの布を軽く支えられるかです。
田舎なら15mの竹に布を取り付けて窓から下げればいいですけどね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反りが少ない角材探してます。MDFの角材ってないんでしょうか?

反りが少ない角材があれば教えてください。
MDFの角材があればソリをほとんど気にしないでいいのでは?と思うのですが、全く見当たりません。MDFの角材は無いのでしょうか?MDFは角材には向いていないのでしょうか?

Aベストアンサー

用途としてボード類・建具類・造作部材に使われています。おそらく角材は無いかと思われます。
角材でお探しなら LVLはどうでしょうか?

マンション用の間柱材に使われている材料で実績はありますよ。

参考URL:http://www.yamayuu.co.jp/shouhin/LVL.html

Q鉄の骨組みを棚に

家に鉄の骨組み(幅2m奥行30cm高さ1m50cm太さ1.2cm)があるのですが
その骨組みは錆びていて手触りはザラザラ、接合部は溶接されていて分解はできません。
この骨組みをどうにかリサイクルというか塗装して新しい棚として使いたいと思っています。
そこでこの鉄の骨組みの塗装はどういう手順ですればいいでしょうか?
まず骨組みを濡れ雑巾で拭いて、塗料を塗って、最後にニスを塗る
この手順でいいでしょうか?
塗料だけで(ニスを塗らなくても)手触りは改善ますか?
また、このサイズの骨組みには塗料、ニスはどれぐらいの量が必要になるでしょうか?

Aベストアンサー

ワイヤーブラシでさびをこすり落し(鉄材の表面さびを完全に落とせれば下塗りは要りませんが実際は無理と思われます)さび止め用の下塗りをします。
下塗りが完全に乾いてから、鉄用の塗料で上塗りをします。
塗料には乾燥後でも表面が柔らかい性質のペンキ類や、硬い皮膜が出来るラッカー系の物。薄め液を水で溶ける水性の物があります。(ニスは鉄材には不向きです)
水性の塗料でも乾燥してしまえば水に溶けることはなく、塗るときには水で溶き塗りやすいのでなれない人にはお勧めです。

なお、鉄材表面に油分があると塗料の付きが悪く、塗装後も表面に黒く浮き出てきますので、油分が付いている場合はシンナーなどの揮発油でふき取っておいてください。
ワイヤーブラシやサンドペーパー、塗料、刷毛など、材料は全てホームセンターで手に入ります。
塗料の量としては骨材の細かさで相当変ってきますが、1~2L程度の小さな缶入りで十分でしょう。

Q角材を直角に真っ直ぐ切るアドバイスを

デッキの束柱用に10、5cmの角材を切り口を真っ直ぐ平らに切りたいのです。知り合いは丸鋸では曲がるのでノコギリでせっせと切りましたが汗かきのオットには無理です。私の「丸鋸で切り、残りを手ノコで」の案は「丸鋸の刃の厚み分切れるのでノコギリがグラグラする。却下」との事。はぁ~さよ~で。
過去の回答をいくつか見て、上下で2回に分けて切るとの事が良さそうです。サシガネとソーガイドがあります。今のところの案は、どちらかで木のぐるりを印を付けてガイド(念のためクランプ留)をあてて2回で切る、です。真っ直ぐ切るためと、木に余裕がないため練習の回数が多くできません。更に細かいアドバイスがありましたらお願いしたいのですが。
最後の切り終わりも、うまくいく方法がありましたらお願いします。

Aベストアンサー

デッキ用の束柱10.5cm角材ですか。
丸鋸できちんと切れます。
電動丸鋸の刃はどのくらいの厚みまで切れる鋸でしょうか、105mmでしたら、普通の丸鋸なら、刃をだいぶ出せば、切れると思いますが。刃の深さを固定しているネジがついていますので、そこをゆるめて、刃の深さを調整してください。

次に、1本ずつ切らないことです。何本かまとめて密着させて並べて、くっつけます。例えば、束を10本並べます。束を並べた方向に直角になるようにガイドとなる薄板(どんな板でもいいです。直線の出ているものでしたら何でもかまいません)を、10本並べた束をしっかり挟み込むようにビスで仮固定します。端と端の2箇所でokです。
このガイドとなる薄板に、丸鋸のガイドが沿うようにして切っていくことでまっすぐ、全部同じ長さに切りそろえることができます。
1本ずつ切るよりも、早くて、正確、きれいに切れます。
逆の見方をすれば、ガイドの薄板取り付け位置は、丸鋸のガイドから鋸刃の角(内側の角)までの長さを測って、取り付けるようにします。
やってみてください。差し金ではかってビス止めです。墨もいりません。

ちなみに、丸鋸の径が小さくて、表面から一度に切れないと言うのであれば、差し金があるのですから、墨つけをして、墨を、表面→側面→裏面という風に、墨を裏面まで回して、表面同様にガイドとなる薄板を取り付けます。こうして切れば、切削面もそろって、切れてくれると思います。

これらの作業をするときは、切る束のしたに、2本の枕(角材なんでもよし)を敷いて、安定して切るように心がけましょう。

デッキが完成するのが楽しみですね。安全に、がんばってください。

デッキ用の束柱10.5cm角材ですか。
丸鋸できちんと切れます。
電動丸鋸の刃はどのくらいの厚みまで切れる鋸でしょうか、105mmでしたら、普通の丸鋸なら、刃をだいぶ出せば、切れると思いますが。刃の深さを固定しているネジがついていますので、そこをゆるめて、刃の深さを調整してください。

次に、1本ずつ切らないことです。何本かまとめて密着させて並べて、くっつけます。例えば、束を10本並べます。束を並べた方向に直角になるようにガイドとなる薄板(どんな板でもいいです。直線の出ているものでした...続きを読む

Q熱帯夜対策、天井からの輻射熱を防ぐアイデア。効果あるでしょうか?

熱帯夜の季節です。

外気温が下がっても室温が下がらないのは、天井からの輻射熱が原因だ…と聞きかじりました。
対策としては、屋根裏を換気して熱気を抜くとか、断熱材を追加するとか…。
しかし、ウチはアパートなので大がかりな工事はできません。もちろん、天井裏にも入れません。
さらに、あまりお金をかけたくもありません。

そこで、以下のようなアイデアを思いついたのですが、効果はあると思われますか?

・キャンプ用の銀マットを、天井を二重にするように吊して張る
・天井と銀マットの間は10cmくらい開け、その空間はファンで換気する

幅広い方々の意見を伺えると嬉しいです。
いきなり試して失敗したら悲しいので…。

Aベストアンサー

物理的な観点からは有る程度の効果は有るはずです。

熱い物体の脇に立った時に感じる輻射熱は銀マットで遮蔽されるし、
天井と銀マットの間のより熱い空気は効率良く排出され、部屋全体の
空気を順次入れ替え熱を放出するよりは効果的かもしれません。

しかし、原理的には可能でも、それを効率よく実現できるかは別問題です。
考えられる問題点は、
1)<天井と銀マットの間は10cmくらい開け、その空間はファンで換気する>
 と有りますが、送風側と排出側を部屋の両端に理想的に配置できるか。
 何で送風するのか。(静かな扇風機型のファンは力が弱く、どうしても
 シロッコファンになります。五月蠅いですよ。)
2)二重天井の10cmの隙間を空気を流すが、その際に銀マットがバルーン
 の様に膨らんだりしないか。10cm程度の隙間で十分か。隙間が大きいと
 逆に空気流で銀マットが天井に吸い寄せられないか。
 いずれにしても、銀マットと天井の間の間隔を一定に保つようなフレームが
 必要になるかも知れません。

物理的に効果が出るかどうかは実施法しだいですが、苦労して取付けられて
輻射熱を感じることが少なくなれば、心理的な涼しさは感じるかもしれません。
銀マットは1畳の大きさで裏は涼しげなポリバケツブルー。
これを4枚半から8枚天井に張って下から見れば、それだけで涼しげです。
昔、蚊帳を張ると本当は空気の流れが阻害され暑いのに、涼しく感じたのと
同じ心理学的効果は十二分に期待できます。

いずれにしても、朗報をお待ちしています。
元実験物理屋で現在はプロ以上のDIY屋の感想でした。

物理的な観点からは有る程度の効果は有るはずです。

熱い物体の脇に立った時に感じる輻射熱は銀マットで遮蔽されるし、
天井と銀マットの間のより熱い空気は効率良く排出され、部屋全体の
空気を順次入れ替え熱を放出するよりは効果的かもしれません。

しかし、原理的には可能でも、それを効率よく実現できるかは別問題です。
考えられる問題点は、
1)<天井と銀マットの間は10cmくらい開け、その空間はファンで換気する>
 と有りますが、送風側と排出側を部屋の両端に理想的に配置できるか。
 ...続きを読む

Q角材の挽き割り

10cm角程度の角材を丸ノコで挽き割りしたいです。
今使っている丸ノコでは負荷がかかったりすると僅かに直角からずれて切れてしまいます。
裏表一回ずつ挽くのでなるべく正確に挽きたいです。
このような用途ですが剛性の最も高い丸ノコを教えてください。

なお、卓上コンターと安物のテーブルソーありますが設置場所の関係で丸ノコで切りたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なら、日立 C6 UVY(SG) を選びます。

ただ綺麗に切るためには、材料の固定を含めて準備が重要になると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報