Minecraftというゲームのサーバーを運営していますが、最近「割れですがどうしたらいいですか」という質問を沢山いただきます。
僕からしたら信じられない態度です。。。
どうやらRyouHackSoftというWEBサイトからダウンロードしているようなので訪れてみましたが、

>MineCraftの作者さんは「お金に余裕が無いなら割れや!」とガチで発言。
>また、マインクラフトの運営に問い合わせると「それについては回答できない」との事でしたので、実質彼らは黙認しています。

と、とんでもなく飛躍した発言をしていました。生みの親Notchは「悪いことをしているということを忘れないように」とも付け加えていたはずです。
また、割れソフトに強制的に広告へリンクする仕掛けを作って小金稼ぎもしているようです。

正直言って許せません。
著作者の親告に関わらず、この行為は違法ですよね?
また、その場合はどこに通報したらよいですか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ちゃんと有料版を買ったほうが良いのは当たり前だけど、割れがあるということお知っているのに製作会社が何も言わないのはおかしい    


あなたの声で割れの人が製品を買うといいですね
割れの人ちゃんと有料版を買え!
言葉間違いとかあったらすいません
    • good
    • 51

著作権違法なのは間違いありません。



が、公式で黙認しているとあらば運営側も警察側も安易に動けないのでは?


あなたの正義感はとても感心いたします。

しかし、このような事はMinecraftだけにとどまりません。
ネットの動画サイトに流される『ゲーム実況動画』。

これも著作権違法になります。
しかし動画は消されません。(消されるものもありますが)

これは、『実況動画』を通じてゲームのマーケティングになっているからです。
動画の運営サイトもそのように報告を受けた動画は削除しています。
ですが、運営側も黙認し、利用しているのです。だから消されない。



つまりはMinecraftの運営が『消してください』と通報すればすぐにでも消すことはできるのではないでしょうか?
割れから製品版へと移行する人もいるのでは??
何にしろ、黙認している限り、運営側が通報しない限り取り締まるのは難しいと思われます。


ネットには沢山の違法なサイトがあります。
Minecraftにとどまらず、そのようなサイトを通報してはいかがでしょうか??

あなたの正義も貫くことができ、さらに望んだように取り締まられていくのではないでしょうか。

長文失礼しました。
    • good
    • 37

ですよね、確かに作者さんは「お金が無いなら割ればいいよ。

」といってました、しかし、「お金に余裕ができたら買ってね」ともいいましたし、(罪であることを忘れずにね)といってました。まず、割れを使用する時点で[違法]です。割れを使っている人が、[割れですがマルチプレイ・・・]など、数々の質問が目に付きます。確かに割れを使用している人が欲張りすぎですよね。私も
[RyouSoftHack]さんのところには訪れましたが、[自己責任で]とかいてます。さらに全く別のWebサイトに飛ぶこともありました。「やはり小金稼ぎ目当てなのか・・・」

ここからは一つ一つ答えていきます。

著作者の親告に関わらず、この行為は違法ですよね?↓
確かに使っている時点で違法ですが、著作者の親告が無ければ、犯罪とはみなされないようです。

また、その場合はどこに通報したらよいですか?↓
通報しても、確証が持てなければ逮捕できません。(しかし、確証が持てた上で逮捕された例は沢山あります。)

・・・と、まだ回答不足かもしれませんが、私の知ることはこれくらいでしょう。長文申し訳ございません。
    • good
    • 21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親告罪が非親告罪に法改正されたら?

早速ですが質問です。
法は、過去にさかのぼらないことは私も知っているのですが、もし親告罪の罪を犯し、時効までに法の改正で非親告罪になった場合も、やはり罪を犯した時点では親告罪なので時効まで親告罪扱いなのでしょうか。それとも非親告罪として扱われるのでしょうか。

Aベストアンサー

#2が概ね正解です。
判例の考え方は基本的に「手続に関する規定は手続の時の法を適用するのが原則」ですから、「親告罪というのは訴訟条件であり起訴を適法とする手続規定である」ことを考えれば、改正後は改正後の規定を適用するとなる可能性は高いです。
つまり、「親告罪を非親告罪にすれば告訴がなくても起訴できる」逆に「非親告罪を親告罪にすれば告訴がなければ起訴できない」ということ。

もっとも実際にそのような改正をする場合には、「改正附則で経過規定をおき、改正前の事件には改正前の法律を適用する」という措置を採るでしょう。そうしたところで格別、被疑者被告人に不利益にはならないですし、何より「現在手続中あるいは既に一応の終結を見た事件の処理が問題になる」ことを避けるにはそうするのが一番紛れがありません。つまり、手続安定の原則の要請に従えばその方がいいということ。


ところで法律不遡及の原則を考える時に一つ注意しなければいけないのは、「手続規定で法律不遡及の原則の問題が生じることは実は少ない」ということ。
手続の時点の法律を適用している限り、それは「現在の事実に現在の法律を適用している」だけであり、決して遡及適用しているのではありません。遡及適用というのはあくまでも「過去の事実に」現在の法律を適用することであり、実体法が時間の流れと無関係に過去の事実を適用対象とすることがよくあるのに対して手続法は「現在の事実」を適用対象とすることがほとんどなので遡及適用の問題を生じることはそれほど多くないのです。
また、手続の時点での効果は法律の適用時の効果に他ならず、効果も遡及していないのだから遡及効の問題にはならないのです。
そして、「改正前の法律を適用する」という特例は「過去の法律を現在の事実に適用しているあるいは効果が発生するのは現在であるだけ」なのでこれまた遡及の問題にはならないのです。

本件においても実のところ、遡及の問題ではないのです。親告罪であっても「犯罪事実があった時点で告訴の有無に関わらず実体法上犯罪としては成立している」のです。手続の時点で手続時の法令を適用してその効果としての適法性が決まる限り、適用も効果も「適用時のもの」なので全く遡及していないのです。すなわち、「手続時に適用する法令は原則として手続時の法令」という判例の基本的な考え方は、「不遡及原則どおり」なのではなく「不遡及原則の問題となる過去の事実に対する適用あるいは過去の時点での効果の発生ではなく、純粋に今の事実に今の法令を適用するという当たり前の話でしかない」のでそもそも「不遡及原則とは関係がない」ということです。

#2が概ね正解です。
判例の考え方は基本的に「手続に関する規定は手続の時の法を適用するのが原則」ですから、「親告罪というのは訴訟条件であり起訴を適法とする手続規定である」ことを考えれば、改正後は改正後の規定を適用するとなる可能性は高いです。
つまり、「親告罪を非親告罪にすれば告訴がなくても起訴できる」逆に「非親告罪を親告罪にすれば告訴がなければ起訴できない」ということ。

もっとも実際にそのような改正をする場合には、「改正附則で経過規定をおき、改正前の事件には改正前の法律を...続きを読む

Q差別的発言に対する法的抗議は親告のみ可能か?

概要
差別的発言(もちろん言葉、音声だけでなく、文書、投書、ネットの書き込み、便所の落書き含む)に対する法的抗議は親告のみ可能か?

詳細
公の場で差別的発言(文字によるものも含む)はいけないことは常識、マナー、社会的な儀礼に反するものですが、これらを明確にやめさせるとなると、やはり
刑法230条 名誉棄損
刑法231条 侮辱罪
などを持ち出さなくてはならないのでしょうか?
私の記憶が正しいならば、これらは親告罪となっており、本人や家族以外は訴えることはできない、となっていますが、全部本人たちがいちいち訴えを起こす(別に裁判とかいう意味ではなく、声をあげる、という意味)必要があるのでしょうか?

たとえば、
「某・公人は●●市の出身だからダメ、と週刊誌に書いてあった」
「某国の国家元首は黒●系のルーツがある」
というネットの書き込みがあったとします。
で、そのプロバイダには利用規定として
「差別を含む発言、および差別を助長する発言、書き込み、内容のものはアップロードしないでください」
という条項があったとします。(たいていのプロバイダにはこの条項がある)

こういう場合、上記の内容に嫌悪感を感じる人が、プロバイダに対して、
「あの内容は御社利用規定の
”差別を含む発言、および差別を助長する発言、書き込み、内容のものはアップロードしないでください”
に抵触し、また社会的にも悪影響があるので、削除を命じてください」
と申し入れをしたら、プロバイダはどのように対応するのでしょうか?

プロバイダは
「某・公人や某国国家元首ご本人からの抗議、およびその代理人から抗議なら受け付けますが、それ以外の方からの抗議であった場合は受け付けません。
たとえ異議申立人が、それらの人たちと全く同じ境遇であり、全く同様の差別的発言や差別に悩んでいて、見るに見かねて”同胞を助けよう”という意志で抗議をしてきたとしてもね。
それに表現の自由もありますから、当社の利用者の権利を奪う事にもなりかねませんので」
という理由ではねつけるでしょうか?

まあ、これはちょっと意地悪な回答例ですが、
●差別的表現を止めさせたい
●表現の自由は守るべきだ
●刑法230条、刑法231条などの親告罪は本人に成り代わって同じような境遇に苦しむ者が、本人の承諾なしに訴えることは可能か
上記3点はどれが優位に立つものでしょうか?

差別的発言、差別的行動をやめさせる手立ては、赤の他人は持ち合わせていないのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

概要
差別的発言(もちろん言葉、音声だけでなく、文書、投書、ネットの書き込み、便所の落書き含む)に対する法的抗議は親告のみ可能か?

詳細
公の場で差別的発言(文字によるものも含む)はいけないことは常識、マナー、社会的な儀礼に反するものですが、これらを明確にやめさせるとなると、やはり
刑法230条 名誉棄損
刑法231条 侮辱罪
などを持ち出さなくてはならないのでしょうか?
私の記憶が正しいならば、これらは親告罪となっており、本人や家族以外は訴えることはできない、となっていますが、全...続きを読む

Aベストアンサー

他人が動くなら「告発」ですかね?

しかし、言葉だけでは被害微小で話にならないでしょう。
表現の自由が先に立つと思います。
この場でグダグダ言っているより、本人から行動を起こして貰わないと何も解決しないと
思います。
本人が被害を受けているとの意識が無ければナーンにも起きません。
告発してあげたとしても、たぶんお節介なおじさん、と思われておしまいな事例と思います。

Q削除済みのネット中傷発言:運営者が内容開示を公的機関に限るのは適法?

不特定多数が参加するインターネット上の掲示板で、
他の利用者を中傷する発言が投稿されることがあります。

このような事例においては、
中傷された側の利用者が当該中傷の証拠保全をする前に、
運営者が該当記事を削除してしまう場合があります。

この場合、削除された記事については、
利用者側に非表示としているだけで、
運営者側には記録が残っていることが多いようです。

ところが、中傷された側が証拠保全を目的として、
運営側に対し、削除された記事内容を開示するよう求めても、
「公的機関からの開示請求以外には一切応じない」
という姿勢を貫く運営者もいるようです。

このような運営者の行動は適法なのでしょうか?

確かにIPアドレスやリモートホストの開示を、
公的機関からの照会があった場合に限るのは妥当です。

しかし、一度は一般利用者に公開された記事内容までをも、
開示先の対象を公的機関に限定することは、
中傷された側の証拠保全を妨害するという観点から、
違法行為に当たるとは考えられないでしょうか?

法律に詳しい方、教えてください。

不特定多数が参加するインターネット上の掲示板で、
他の利用者を中傷する発言が投稿されることがあります。

このような事例においては、
中傷された側の利用者が当該中傷の証拠保全をする前に、
運営者が該当記事を削除してしまう場合があります。

この場合、削除された記事については、
利用者側に非表示としているだけで、
運営者側には記録が残っていることが多いようです。

ところが、中傷された側が証拠保全を目的として、
運営側に対し、削除された記事内容を開示するよう求めても、
「公...続きを読む

Aベストアンサー

逆に「請求されたら全部公開する」にしてしまったら削除した意味がないでしょう。
「被害者からの請求なら公開する」としても被害者と請求者が同一かをどうやって判断するかも簡単ではありません。
よって裁判所に開示請求を申し立てて認めてもらうしかないように思われます。

Qレイプの親告罪、輪姦の傷害罪についてアドバイスください。

女性AとBは友人同士。
一緒に出かけたところを車で拉致され集団レイプされました。
Aは結婚が決まっているため、どうしても犯人を訴えることは出来ない。
ビデオや写真をとられ免許などをひかえられたため。
又目隠しで犯人、車を見てないため、検挙の確率が低そうで警察へは行かないときめている。

Bは犯人を許せず、警察にいきたいと思っている。
Aの結婚を邪魔する気はない。
ですが輪姦の場合、親告罪、ではありませんよね?
傷害罪ですよね?
すると、Bが警察にいったら自動的にAも事件化されてしまうのでしょうか?
犯行について絶対Aのことは話さないわけにはいかず、警察にAを除く嘘を話しても辻褄があいません。レイプの相談窓口に相談しましたが答えはありませんでした。
法的にどうなるのか教えてください。

申し訳ありませんが、警察にいくべきだというご意見はご遠慮ください。
十分わかっておりますので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法的にどうなるのかとは、どういう意味でしょうか?
もし、公訴を提起できるか(警察が捜査したりするか)と言う意味であれば以下の通りです。

この場合、集団強姦罪(刑法178条の2)に該当するので、親告罪ではありません。
つまり、Bが告訴すれば(警察に行けば)事件全体(つまりAの部分も含め)捜査されるのはもちろん、第三者(目撃者など)の告発や加害者の自首があれば事件化されますので、ほとんどの場合は捜査されるでしょう。
これは、集団強姦罪は被害者の性的自由だけでなく、社会の秩序維持も目的としているからです。

もっとも、公訴(捜査)を必ずしなければならないわけではありませんので、被害者が公訴を望まない場合は、Aに対する強姦は公訴をしないこともあるかもしれません。
もっとも、これらは検察や警察の判断に任されています(起訴便宜主義)ので、これ以上のことはここでは回答のしようがありません。

なお、AにはBが事件化することを止める権利はありません。
もし、それで結婚が破談になったとしても、それはBのせいではなく加害者のせいです。

知りたいポイントが違うようでしたら補足して下さい。

法的にどうなるのかとは、どういう意味でしょうか?
もし、公訴を提起できるか(警察が捜査したりするか)と言う意味であれば以下の通りです。

この場合、集団強姦罪(刑法178条の2)に該当するので、親告罪ではありません。
つまり、Bが告訴すれば(警察に行けば)事件全体(つまりAの部分も含め)捜査されるのはもちろん、第三者(目撃者など)の告発や加害者の自首があれば事件化されますので、ほとんどの場合は捜査されるでしょう。
これは、集団強姦罪は被害者の性的自由だけでなく、社会の秩序...続きを読む

Q黙認の不倫だとしても訴えられる?

既婚男性と独身女性が不倫関係にあり、
男性が「不倫については妻が黙認(了承)している」と女性に告げていた場合でも、
男性の妻がその気になれば、女性に対して損害賠償請求ができ、それが法律上認められることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず基本的には「貞操権を侵害し、精神的苦痛を与えた」ということで損害賠償を支払う義務が生じます。
ただ例外的に、既に破綻していたということが証明されたり、既婚者側が結婚していたことを隠していた場合などは免れる場合もあるようです。
http://www.ncn-t.net/right/index3.htm

損害賠償の請求は誰でもどのようなケースでも出来ます。それが認められるかどうかは、これは具体的に第何条で示されているというよりは、裁判所がケースバイケースで判断することになるかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報