人気雑誌が読み放題♪

会社で、ある本の読書感想文を書くように言われました。

30代にもなって恥ずかしい限りですが、私は、読書感想文を書くのが非常に苦手でどのように書いてよいのか全くわかりません。

いわゆる、「説明文」になってしまったり、「○○がすごい思った」とか「□□という考えに感動した」というようにしか文末を締められません。(言葉づかいが稚拙なんです・・。)

社会人の方が実際に書かれた例を調べてみても、そのようにうまく書けません。

どなたか、コツを教えていただけませんか?小学生に説明するぐらい簡単にお願いします^^; (それほどまでに私は感想文を書くのが下手なので・・・。)

ちなみにその本とは、池上彰氏の政治・経済についてわかりやすく書かれた本です。

できれば、簡単で良いので、回答者様が実際に書いていただけませんか?(あくまで、書き方、言葉使いを参考にするだけです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

読書感想文はあくまで「感想文」であり、「論証」でない点がかえって書きにくくしている要因であったりしますね。


ですが内容が政治経済ですから、割合書きやすい部類だと思います。
代筆はよくありませんので、書き方の詳細を。面倒くさい場合はスルーしてください(笑)



「感想文」ですから、書かせる側が求めているものは
(1)文章をきちんと読めているか
(2)文章を読み、読者は何を得たか(感じたか)
(3)感じた結果どうしたいか
です。これは子供に書かせても大人に書かせても同じです。

特に会社から出されたということですから、今後この本を読んで得た知識をどう運用したいかという点まで触れているのがベターでしょう。


具体的な書き方ですが、まず本文の内容をときおり言葉を引用しつつ示すことです。((1)を示す)

本は普通テーマごとに章が区切られていますよね。
そしてその章で最も言いたいことというのがあるはずです。
そのテーマさえ押さえれば、「こいつはポイントを押さえている」「要旨をつかめている」と思われます。
たとえば「II章 現代のアメリカ」なんてものがあれば、まさしく現代社会のアメリカについて論じているわけですから、(内容はともかく)重要だと感じた文章やインパクトのある文章を引用します。

次に、そのテーマについてどう感じたかです。
すごいと思った、と書くのは簡単ですが「じゃあなんですごいと思ったの?」とまで書きたいですね。
さらに上質なものにするならば、感じた結果どういう得物があったのかも書きましょう。((3))
たとえば、「カタツムリは雌雄同体です」という文章を読んだとき、
「普通動物はオスとメスがあるのにそれがないなんてすごい」

「オスとメスの区別がないのに、どのように個体数を増やすのか、生殖はどうしているか、より調べたくなった」
だと、どちらがいい文章に見えるでしょうか?

おそらく後者ですよね。
後者は文章の内容をさらって((1))新たな疑問が出てきて、それを調べたいという、一歩踏み込んだ感想を述べている((2)、(3))わけです。


長くなりましたが、結局のところ、
「感想以前に私はこの文章をキチンと読めている(ドヤ」
「しかも読んでこう感じた(ドヤ」
「感じただけではない、こういう進歩も得たのだ(ドヤ」
が言えればいいわけです。


やはり実際の感想文は質問者様が書くべきです。
頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ございませんでした。

回答を参考にさせていただき、無事に書き終えることができました。
ありがとうございました。

上の回答者様の回答も良かったのですが、こちらの方が最初でしたので、BAとさせていただきます。

お礼日時:2013/03/01 00:11

小学生の息子たちがいます。


長男は割といい作文を書くようになりましたが、なかなか次男の作文は成長しないのが玉に瑕…。

私が息子たちに言うのは、読書感想文もまた、本の内容をきっかけにしてあなたの考え方や経験を描く生活作文であると。

ですから、本のタイトル、内容、書きだし、特に心に残った一節をきっかけにしてあなた自身が経験したことや考えたことを作文にしてまとめるのがいいと思います。
政治経済がテーマの説明文ですから、そこで展開されている政治事情や経済状況をもとに、あなたのお仕事や生活上のことを例にとって具体的にあなたの感じたことや経験したことをもとに、場合によっては一般論に展開させて最終的に本の内容に帰結させるように結論付ける(もちろん、本の内容に沿うのではなく、あなたの持論を展開するので構いません)というストーリー建てで書いていくのが一番書きやすいように思います。

その際、あなたの人生観や仕事観にも軽く触れられるようなら成功といえるのではないかしら。
建前はあくまでも「感想文」ですから、「役に立つ」結論とかお仕事に対する展望などは必要なく、気楽に書けばいいと思います。
頑張ってください。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業からの読書感想文の課題について

所々の言葉や文で少しずつ感想はもてるのですが、それをなかなかまとめられません。
何か良い方法はありませんか?
また、他にアドバイスがありましたらご教授お願い致します。

Aベストアンサー

文章を今までじっくり書いたことがありますか?

会話をあまりしない人が会話が苦手で下手なのと同様に、文章も書かなければうまくなりません。
なので、日ごろの訓練です。

なんて言って終わるのも何なので完全に素人ですが簡単に。
書きたい題材を箇条書きにしてください。
その中で一番言いたいことを決めてください。
そして、その一番言いたい事をわかってもらうために、その説明に必要な項目をいくつか箇条書きしてください。

それが出来たら、文章の展開を考えます。
例えば、
最初の切り出し派適当に決めて(本を選んだ理由とか)
そこから本の内容を軽く解説し
感想を言いたいところを紹介して
どう思ったか
なぜそう思ったか
そして自分はどう考えたか
最後に一言
の順番ぐらいで書けば大体それっぽくなります。
これは例なので、いろんな方法があると思いますが…
基本は「起承転結」で良いと思います。
同じような事を言い方を変えて繰り返したり、話が行ったり戻ったりしすぎるとわけがわからなくなるので注意してください。
とにかく、最初から行き成り書き始めるのではなくて、頭の中を整理するために項目の箇条書きや、文章の展開の仕方などのメモを作ってから、文章を書くと書きやすいです。
もし、文字数が決まっているなら、文章の展開を書いている段階である程度、文字数や行数も決めておくと良いと思います。

とにかく、自分の感想は何か、を相手に伝わるように書けば良いです。

文章を今までじっくり書いたことがありますか?

会話をあまりしない人が会話が苦手で下手なのと同様に、文章も書かなければうまくなりません。
なので、日ごろの訓練です。

なんて言って終わるのも何なので完全に素人ですが簡単に。
書きたい題材を箇条書きにしてください。
その中で一番言いたいことを決めてください。
そして、その一番言いたい事をわかってもらうために、その説明に必要な項目をいくつか箇条書きしてください。

それが出来たら、文章の展開を考えます。
例えば、
最初の切り出...続きを読む

Q会社から出た課題

会社から会社の創設からの歴史をまとめられた本を読んで感想文を書くように言われました 感想文を書くコツや流れなどを教えてください

Aベストアンサー

現在、会社に対して抱いている漠然としたイメージ

そのイメージが読み終わってどう変化したか

文中の印象的な部分を引き合いに出し、
今の仕事にはこういった部分で生かせると思う。的な反省

先人が作り上げてきた会社の歴史の重みを忘れず、
今後も気持ちも新たに頑張っていきたい。的なまとめ

こんなんでいかがでしょう。

Q内定先へのレポートはどれくらい書けば・・・

たびたびお世話になります。
先日内定先の企業から封筒が届きその中に一枚の紙と200ページほどの経営の雑誌が入っていました。そして紙を読んだところ、雑誌の気になるページとその感想をレポート用紙に書くようにとのことでした。(1つの記事は2~5ページくらいです)
そこで質問なのですがこのレポートは文字数やレポート枚数などどの程度かけば良いのでしょうか。
あまりに短かかったり長かったりすると失礼な気がしてどれくらい書けばよいのか迷っています。
わかる方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずはじめに・・・

>あまりに短かかったり長かったりすると失礼な気がして

内定をもらった身でいらっしゃるので、「会社に対して”失礼”」という考えはなるべく棄ててください。。。

むしろ、「そのレポートのまとめ方1つも、入社後の自分の仕事能力の”評価”につながるんだ」ということを意識されたほうがよいと思いますよ。


そのうえで、課題に対しては、
「自分の選んだ記事を読んで、どの程度の感想にまとめるのが、自分としてベストか」を考えるのが、まずは先決かと思います。

No.1/2さんのアドバイスに共通しているのは「中身のあるものを書きなさい!」ということです。これは私も同意します。
つまり、hakuhatuさんにとって、「中身のあるレポートに仕上げるにはどのぐらいの分量が適切か?」というところがポイントになるでしょう。

なおその時に、(No.1さんが触れていらっしゃいますが)単なる感想に終始してはいけません。。。
入社前にその課題を会社が与えた意図としては、
「会社の経営について、雑誌の中から題材を選んで、しっかり考えてもらいたい」というところかと思います。
つまり、単純な感想文を求めてはいない、ということです。

従って、選んだ記事に関連するほかの記事を雑誌内やまた別のソースから拾ってきて分析するのもいいですし、No.1さんおっしゃるように反対意見的なソースを拾ってきて総合分析するのも良いかもしれません。


選ぶ記事自体は、hakuhatuさんのお好きなもの・得意なものをお選びになってよいと思います(そのほうが帰って書きやすいでしょう・・・)が、単なる感想文に終始しない、「(hakuhatuさんなりに)深みを追求した」レポートをどう仕上げるか、がポイントかと思います。。。


その意味で、(一般論として)レポート1枚で深みを追求するのは、相当の要約技術がないかぎり困難でしょう。
ワープロソフトで打って2~3枚、場合によっては5枚程度になってもよい、という気持ちで、
「深みを追求する」ということを念頭において、取り組んでいただけるのが良いのではないか、と思います。

なお、そのスタイルは人にもよりますが、いきなり原稿を打ち出すよりも、最初資料読み込み等に十分時間をかけて、原稿の全体構成を決めた後に書き始めたほうが、より「深み」を顕しやすくなるかと思います。。。


以上、あくまでも1つの考えですが、ご参考になれば幸いです。。。

まずはじめに・・・

>あまりに短かかったり長かったりすると失礼な気がして

内定をもらった身でいらっしゃるので、「会社に対して”失礼”」という考えはなるべく棄ててください。。。

むしろ、「そのレポートのまとめ方1つも、入社後の自分の仕事能力の”評価”につながるんだ」ということを意識されたほうがよいと思いますよ。


そのうえで、課題に対しては、
「自分の選んだ記事を読んで、どの程度の感想にまとめるのが、自分としてベストか」を考えるのが、まずは先決かと思います。

No.1/2さん...続きを読む

Qレポート提出で困ってます・・・レポートって何を書けばいいんでしょうか?

内定先の会社から課題学習としてレポートの提出を求められました。
でもレポートってどういう意味なんですか?
そのレポートの課題は、ある書籍を読んでレポートを提出して下さいとの事でした。
この場合のレポートっていうのはその本を読んで要点をまとめることをいうのか、
その本を読んだ自分の感想を書くことなのか、
それとも要点をまとめながら、自分の感想を挟んでいく事なのか、
どれを求められているのか、またこれ以外の事をレポートと呼ぶのかが分かりません。

後、作成方法は、フォーマットはあえて統一しません。想像力、発想力を最大限発揮し、自分なりの表現方法で作成してください。との事でした。
これは例えばどういった感じで書けばいいんでしょうか?

こういった事を質問するのはおかしいと思うかもしれませんが、
レポートというのを書いた事がなく、どうしていいのかわかりません。
自分の発想力を使わないといけないのは分かっているんですが、発想力、想像力が乏しいので、何かヒントや、通常はこうするといった事を教えていただけると助かります。
どうかよろしくお願いします。

内定先の会社から課題学習としてレポートの提出を求められました。
でもレポートってどういう意味なんですか?
そのレポートの課題は、ある書籍を読んでレポートを提出して下さいとの事でした。
この場合のレポートっていうのはその本を読んで要点をまとめることをいうのか、
その本を読んだ自分の感想を書くことなのか、
それとも要点をまとめながら、自分の感想を挟んでいく事なのか、
どれを求められているのか、またこれ以外の事をレポートと呼ぶのかが分かりません。

後、作成方法は、フォーマット...続きを読む

Aベストアンサー

内定先の課題というのは、ある書籍を読んで、レポートを提出することですよね。
それで、
>作成方法は、フォーマットはあえて統一しません。
>想像力、発想力を最大限発揮し、自分なりの表現方法で作成してください。
という条件だけが与えられている。
私はそのように判断したのですが宜しいでしょうか?

こういう自由度の高いレポート慣れしていない人には、確かに難しいですね。

ただし、言い方が失礼になってしまいますが(ゴメンナサイ、言葉ほど悪い意味で言っているつもりはありません)、

>この場合のレポートっていうのはその本を読んで要点をまとめることをいうのか、

・・・ただの要約文です。

>その本を読んだ自分の感想を書くことなのか、

・・・読書感想文です。

>それとも要点をまとめながら、自分の感想を挟んでいく事なのか、

・・・悪くはないですが、ただ単に組み合わせたものです。

私は理系の大学でレポートを書いていましたが、書いていたレポートはこういうのが多かったです。
・何らかの条件が与えられていて、それに対して推測を書き、その推測を立証するような理論を用いて解説。
・実験結果に対して、なぜそのような結果になったのか、・・・ということを理論的に推測。
・調べたことを、淡々と書いていくだけ。

要するに、ウンチクで納得(説得?)させるもの。
ですから、私の中の「レポート」に対する考え方で書くと、

その書籍を読んだ内容についての検証。
書籍の内容に対する考えや意見、感想というものを、できる限り理論的な解釈で相手を納得させる。

こんな感じでしょうか。

長くなってすみませんでした。
それでは。。。

内定先の課題というのは、ある書籍を読んで、レポートを提出することですよね。
それで、
>作成方法は、フォーマットはあえて統一しません。
>想像力、発想力を最大限発揮し、自分なりの表現方法で作成してください。
という条件だけが与えられている。
私はそのように判断したのですが宜しいでしょうか?

こういう自由度の高いレポート慣れしていない人には、確かに難しいですね。

ただし、言い方が失礼になってしまいますが(ゴメンナサイ、言葉ほど悪い意味で言っているつもりはありません)、

...続きを読む

Q会社への提出物の語尾

来春に社会人になる、現在大学4年生の者です。
先日、入社までの間に行う課題を出されました。
その課題なのですが、「~だ・である調」か「~です・ます調」の
どちらで書くべきか悩んでいます。

課題は
・内定をもらったときの気持ち
・自分の強み
などです。

やはり、社会人としては「~だ・である調」が普通なのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

特別なルールがないかぎり、基本は敬体である「です・ます調」です。

あと、こういうのは「語尾」とはいいません。
日本語の場合、「語尾」というと用言の活用語尾のことです。
「だ・である調」のような常体、「です・ます調」のような敬体は「文体」と呼ぶべきでしょう。

Q会社創設者の伝記を読んだ感想文について

来週から新入社員として働く者です。
入社前に会社創設者の伝記を渡され、感想文を求められています。

書き終えたのですが、一つ質問があります。

感想文中の会社創設者の名前に、敬称は必要でしょうか。
また、必要な場合はどのような敬称を付ければいいのでしょうか。

フルネーム敬称ナシ、~さん、~様、~氏、悩んでいます。
どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

役職名が敬称を兼ねています。
○○会長先生様 などは愚の骨頂と言うより,却って揶揄する意味さえ持ちます。
故人であれば,故○○元会長,生存して退職されていれば,元職を付記するだけで十分です。
日常の会話でも「店長さん」とか「課長さん」の「さん」は余計です。
今日では役職の下への「さん」付けは自然な感じもしますが,本来は侮蔑にも相当するものなのです。

Qレポート用紙で名前を書く位置は?

初めてレポート用紙を使うのですが、タイトルは規定のタイトル枠内に書くとして、名前や学籍番号はどこに書くのが普通なのでしょうか。タイトルを書き終わった後、本文欄に名前を書いてから本文を書き始めるのか、タイトル上部の空白部(用紙右上など)に書くのか分からず困っています。
基本中の基本を知らなくてお恥ずかしいのですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|                    |
|       学籍番号:123456     |
|       氏 名 :山田 太郎   |
|                    |
|                    |
|    提出期限:平成17年8月11日(木) |
|     提出日:平成17年8月11日(木) |
|                    |
|                    |
|-----------------------------------|

あくまでも例ですので、ご自分で適当に構成してください。
指示が無かったのなら厳しい決まりはないと思いますので、そんなに気を使う必要は無いと思いますよ。
心配なら提出する際に確認して、ダメなら表紙だけ書き直せばいいですし…
がんばってください!!
ついでなので、レポートを書く際に気をつけることなどを書いたページがあったのでお教えします。参考までに。。。
http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html
ちょっと下にスクロールすると『レポートについて』というのがあります。
では

参考URL:http://www.h7.dion.ne.jp/~okachan/page010.html

学校や科目によって教官方のお考えや方針があるので一概には言えませんが、
基本的に『表紙』を1枚作ったほうがいいと思います。
私が提出する際は以下のようにします。

|-----------------------------------|
|                           |
|                           |
|                    |
|                    |
|     レポートの題名        |
|      ...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

QレポートでA4サイズ2枚程度の文字数は?

はじめまして。
入社試験でレポート審査があって、WordでA4サイズ2枚程度に
まとめて提出しなければならないのですが、
どれくらいのポイント数で作成したら良いの分からず困っています。
普通、A4サイズ2枚程度だと文字数的には何文字ぐらいになるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通は12ポイントで30字×40行か40字×40行です。
これはワープロでの読みやすい文字数ですのでレポートに限らず小説などを応募するときもこの体裁で印字します。
行間は広めの方が読みやすいですが文字間が広いとバラバラに見えて読みづらいので試しに印刷してバランスの良い間隔に調整してください。

Q読書感想文について

企業から読書感想文の課題が出されたんですけど、今までに読書感想文を書いたことがありません。
なので、どう書いたらよいのか分かりませんし、そんな深い感想も出てきません。
書く枚数や社会人として求められていること、気をつけることなどアドバイスがありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人事で採用など実務を担当してきた者に過ぎません。

課題となる書籍にもよると思いますので一概には書く枚数や内容などは断言できませんが、自分自身の失敗や採用する側の着目するであろう点などについて回答ではなく考え方のひとつとしてアドバイス程度にもなればと思い書かせていただきました。

学生時代でも社会人でも同じかと思いますが、どうしても「書き方」や「どう思われるか」という面が無意識に出るので目的より手段に目が行きがちになるということがあります。

はじめは書き方など表現方法はひとまず置いておき、その書籍なり内容が何を言わんとしているかという意図を汲み取ることをお勧めします。

これは頭で連想や考えをめぐらしている状態で白紙の用紙にいきなりむかうのは結構プレッシャーのかかる作業になるかと思います。
まずはとにかく、思い出したことや感じたことなどをメモなり用紙に思いつくまま書き出してみることもひとつの方法かと思います。

人の話や講演、また映画でもテレビでも同じことが言える面があると思いますが、全体を細かいことに固執しないで自分なりにつかむことに優先して、書き出したものを似たような項目ごとに分類してみた場合、これはブレーンストーミングという方法ですが、問題解決などに使う一見難しいように聞こえたりしますが、非常に簡単なことで、書き出すことで自分の考えを整理するにも有効な方法のひとつかと思います。

結論から書くのもポイントかも知れませんし、枚数などは関係ないと思いますが、見る側にとっても常識程度にとどめた方が良いと思います。
決して断言できませんし、その内容にもよりますが、概ね400字詰原稿用紙2~3枚分が良い場合もあります。これは大体ですが内容を口頭で5分程度に説明するには適切な目安でもある面もありますし、読む側にとっても苦痛でない程度の常識という面もあるかと思います。

また、会社としてはその業界や業種に関連した書籍の感想であることが多いことがありますので、その内容の感想に加えて、自分自身の成長や仕事などへどう反映するかという目標面などを関連づけることも一概には言えませんがひとつのポイントかと思います。

また、最後には何回も自分で読み返してみて、手紙などでも同じですが、夜間に書く場合感情が高ぶった表現になりがちということも考えられますので、翌日に読んでみてはいかがでしょうか。

また参考URLなどのように関連する書籍や別の視点からや類似した書籍やビジネス書なども読んで見て見聞を自分なりに広めることで一層深い感想や実際に役に立つような内容になればと思いました。

参考程度にでもなれば幸いです。

参考URL:http://business-bbi.hp.infoseek.co.jp/

人事で採用など実務を担当してきた者に過ぎません。

課題となる書籍にもよると思いますので一概には書く枚数や内容などは断言できませんが、自分自身の失敗や採用する側の着目するであろう点などについて回答ではなく考え方のひとつとしてアドバイス程度にもなればと思い書かせていただきました。

学生時代でも社会人でも同じかと思いますが、どうしても「書き方」や「どう思われるか」という面が無意識に出るので目的より手段に目が行きがちになるということがあります。

はじめは書き方など表現方法は...続きを読む


人気Q&Aランキング