まず[t]は「トゥ」ではありません。なぜなら[u]が入っているからです。
[u]を抜いて発音します。

次に、[ts]は「ツ」ではありません。なぜなら[u]が入っているからです。
[u]を抜いて発音します。しかしまだダメです。日本語の「ツ」は舌が歯茎につきません。
最初に歯茎に舌をつけて[t]、次に摩擦音の[s]を発音します。ゆっくりだと「トゥス」のようになるので
高速に発音し[ts]「ツ」にします。

ここまでは良いですか?

その[ts]と[ʧ]の違いがわかりません。(見えるかな?破擦音の無声音の方です)
[ts]も[ʧ]も最後は摩擦音なのでよくわかりません。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大学で言語学を学んだ者です



子音にはPoint of Articulation(調音点)とManner of Articulation(調音様式)があって、その組み合わせで子音を分類します。

調音点は声門から唇までの発声器官を一つの管と見なしたとき、どこを狭めるかを示します
(管のある部分を狭めることで気流差を発生させることが音声ということです)
調音様式はその狭めをどのように作るかです。閉鎖音(p,t,k)や鼻音(m,n)等有り、質問文でおっしゃっている「破察音」や「摩擦音」もこのカテゴリーです

お尋ねの[ts]と[t∫]ですがMOA(調音様式)はおっしゃるとおり破察音ですが、POA(調音点)が違います[ts]はalveolar(歯茎)ですが、[t∫]は post alveolar(後部歯茎)です
どう違うか?と聞かれれば調音点が違うということです。

あと、[ts]はこれで一つの字母ですので、無理やり[t]と[s]を高速で連続するものではありません。
それと日本語の「う」は非円唇母音ですので円唇母音の[u]とは違います

この回答への補足

なるほど!

歯茎か歯茎の後ろのほうかということですね?
「う」も違うんですね・・・
なにかおすすめの本?みたいなのはありませんかね?

補足日時:2013/02/22 16:42
    • good
    • 0

    もういい回答があるのでこれは寝言ですが、先刻お答えしたのと平行しているので出てきました。



1。    まず「高速に発音し[ts]「ツ」にします」はおっしゃる通り正しいです。高速でなくても「ツ」でいいです。

2。    問題の[ts]と[ʧ]の違いですが、これは無声音の破擦音です。違いは [dz] と [ʤ] の違いとまったく同じです。

    [ts] も [dz] も舌先を口の天井に接する面が小さいのに反し、 [ʧ] も [ʤ] も 舌先の面が平たく、口の天井に接する面が大きい点が違います。[ʧ] も [ʤ] も下記の口蓋化音に当たります。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%93%8B% …

    (1)[ts] や(2) [dz] は、日本語の「ツ」「ヅ」に近く、 (3)[ʧ] や (4)[ʤ] は、日本語の「シ」「ジ」に近いです。この4つは全部破擦音で、1と3が無声音、2と4が有声音、1と2が非口蓋音、3と4が口蓋化音です。
    
        
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!

お礼日時:2013/02/22 16:57

kitchen とか chicken とかに出てくる音ですね。

たとえば kitchen の -chen の部分には [in] という母音を含む部分があるので、それを省いて kitch- まで発音すると -tch- の部分の発音が分かると思います。無声子音ですから、もちろん声帯は震えません (手を喉に当てて確認されると良いかも)。比較するために母音の [i] を添えて発音してみると、子音だけの場合と母音を伴って有声化した場合の違いが分かると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語のアクセント記号をタイプできるものをご存知の方

私は普段、ワードに発音記号をタイプする時は、これを使っています。

http://archive.phonetics.ucla.edu/Language/ipa-pop-up-2.html

しかし、これには日本語のアクセント辞典等で使われている高低アクセントの横棒をつける機能がありません。

日本語を発音記号で表記する時に、アクセントも表記できるソフト等(無料w)をご存知の方がいたら、是非教えていただけませんか?

Aベストアンサー

その発音記号はIPA(国際音声記号)ですね。日本語のアクセント表記とは別物なのでなくて当然です。

アクセントの横棒というものがどういうものが分からなかったので検索してみたのですが、
http://www.dcaj.org/bigbang/mmca/works/04/04_033.html
ここにあるような上線でよいのでしょうか。
でしたら、少々煩雑ですがフィールドコードの編集で可能なようです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413444019?fr=rcmd_chie_detail

なお、IPAのアクセント記号を使う手もありますが、日本語の文字列の中にIPAを混ぜるのは不自然ですね。

Q英語の発音記号[u]に関して

発音記号[u]の発音の仕方は、
僕が買った8音リスニングっていう教材によると、
唇を真ん丸く突き出して、
唇に力をいれて緊張させて、
舌をひっこめて、
・・・とあるのですが、
唇に関してはしっかりできました。
舌がひっこみません。舌先が上むいて巻いたようにして、舌先と唇(前歯)との距離が離れるくらいです。もしかして、僕のその舌の動きでよろしいってことでしょうか?

また、今、「英語の発音」をマスターして、リスニング力をあげる練習を毎日してるのですが、コツがあれば教えて下さい。鏡をみながら、教材にのっとってやってます。

Aベストアンサー

発音矯正の教師をしています。

母音の発音は舌を引っ込めずに発音した方がきれいに聞こえますし、通じる英語が話せるようになりますよ!
日本人の英語の発音は舌を丸めて話しがちですが、舌を丸めたり引っ込めたりする発音はrだけです。

/u/の発音は口の形にだけ気をつけて、あとは喉などには力を入れずに空気を一気にはき出すようにウっ、と発音すればOKですよ^^ 舌は下の歯の裏に付けたままです。

発音の練習は鏡を見てするのが正しいと思います。そうでないと、自分の発音の間違いに気付けませんので。
できれば、自分の声を録音して聞いてみるのもいいですね!

頑張ってください!

Q英語アナウンスは、なぜ日本語を発音しにくそう?

日本国内での電車のアナウンスなどで、日本語に続いて英語でのアナウンスが流れます。
その英語のアナウンスにおいて、アナウンサーが日本人であるにもかかわらず、駅名などの日本語を発音しにくそうに発音するのは、なぜなのでしょうか?

アナウンサーが英語のネイティブ、あるいは日本語を話さない人であれば、「流山おおたかの森」のような長い駅名を発音するには、(文字ではうまく表現できませんが)『外人のアクセントでの読みづらそうな読み方』にならざるを得ませんが、
日本人がアナウンスするのであれば、「We will soon arrive at 流山おおたかの森.」と流暢に発音すれば良いと思うのです。
しかし何故か、「We will soon arrive at NAGAREYAMA-OOTAKANOMORI.」と、外人風のアクセントでアナウンスされるのが不思議です。

もしかして英語圏の人たちは、日本語風に「流山おおたかの森」と言われるよりも、英語風に「NAGSREYAMA-OOTAKANOMORI」と言われた方が聞き取りやすいのでしょうか?

Aベストアンサー

私も昔、英語の先生にそれを言われたことがあります。
「固有名詞なのだから日本の発音でいいんです」と。

英語圏の人が聞き取りやすいかどうかは分からないんですが、
発音はしやすいでしょうね。
日本語はアクセントがないですし、
英語圏の人はアクセントがどこかに無いと気持ち悪いのではないでしょうか。

もっとも、私はそれを含めても、
「ここは日本なんやから日本語で喋らんかい!その努力をせんかい!」
と声を大にして言いたい(笑)。
だって私たちがアメリカに行ったらRの発音にも気をつけるでしょ?


いやぁでも、
外国人にとって聞き取りやすいのかどうかは一度聞いてみたいですね。

Q[tl]と[dl]の発音方法

[tl]と[dl]の発音方法

littleやmiddleの発音で困っています。

(1) [təl]で発音

一番簡単でありながらイギリス英語、アメリカ英語両方で使われない。
表記通り中段中舌母音を母音とする[tə]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。

(2)[tl]で発音

(a)
表記通り[t]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。
イギリス英語に多い。

(b)
一方アメリカ英語では[t]を破裂させない。しかし、ただ破裂を伴わない[t]で発音すると、
littleは「リッゥ」のようになる。違う。破裂音[t]が歯茎はじき音[ɾ]になる。
つまりlittleは[lɪɾl]と発音する。[ɾ]で歯茎をはじくので舌端は離れる。
ちなみ[tl]と[dl]の区別はつかなくなる。littleは「リルゥ」、middleは「ミルゥ」である。

(c)
この質問サイトやほかのサイトで書かれている方法。
[t]で舌端とその両側を歯茎につける。(ここでまずおかしい。[t]は舌端しかつけない)
そして舌端を歯茎につけたままその両側だけを離し破裂音を出す。そして[l]の発音をする。
やってみたが「チュゥ」のような音になる。littleなら「リチュゥ」、
middleなら「ミヂュゥ」のようになる。一部地域ではこのような発音が使われているのか?
参考書などでも見たことがないし、発音を確認できるサイトでもこのようにはなっていない。

ここで質問です。

1.アメリカ英語で[t]と[d]が歯茎はじき音[ɾ]になるのは正しいですか?
2.歯茎はじき音[ɾ]になるのはどのような場合ですか?[l]の前だけではなく、他でもなるようです。
writer[ɹaItɚ]は[ɹaIɾɚ]になる。riderとの区別がつかなくなる。
3.ネットで見られる(c)は正しいのか?

よろしくお願いします。

[tl]と[dl]の発音方法

littleやmiddleの発音で困っています。

(1) [təl]で発音

一番簡単でありながらイギリス英語、アメリカ英語両方で使われない。
表記通り中段中舌母音を母音とする[tə]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。

(2)[tl]で発音

(a)
表記通り[t]を発音し(舌端を離して)[l]を発音する(舌端をつけ)。
イギリス英語に多い。

(b)
一方アメリカ英語では[t]を破裂させない。しかし、ただ破裂を伴わない[t]で発音すると、
littleは「リッゥ」のようになる。違う。破裂音[t]が歯...続きを読む

Aベストアンサー

ビデオ見た方がいいです
ただ、[t]と[l]だけです(ビデオの中には望んでいる発音がいくつかは出てくると思います)
あとはご自分で

レイチェルさんのビデオを私は気に入っていますが、ただしこの人の発音も全てとは思いません
thanksを[θeInks]と発音したりしている これは標準とは思えない
その他にluckilyも[lʌk(ə)li]と発音してます
"標準"的には[lʌkIli]でしょう だからこの人もある地域というか、あるグループの人らの発音をしているのであって、"全ての"アメリカ人の発音を代表しているわけではないです

あと、ntのケースで[t]が[n]の音にassimilationすることについては、"lazy pronunciation"と言ってます だから日本人が習得すべき発音ではないです
ただリスニングのことを考えれば知っておく必要があるでしょう

T pronunciation
http://www.youtube.com/watch?v=iZ8p85NRAsI

これは同じ人が2種類、littleを発音しているものです
http://www.youtube.com/watch?v=A2mAFnCKhnY

この人もいい説明してます
http://www.youtube.com/watch?v=UokEzsoOAyg

レイチェルはtの音を[d]を使って説明してますが、この人はflapは「[t]ではないが[d]でもない、soft [d]かfast [d]」だと言っています つまり[ɾ]のことなんですが、IPAで表記すれば済むものを、違う方法で説明するとこんな風になってしまう(つまり、色々説明しなきゃいけない)いい例です
ただし、この人はflapというよりは、まさに[d]に近い発音をしてます(こういうのも、個人差や地域差です 全てと思わないことです 逆にいうと、[ɾ]も全てと思わないことです)
だから、カタカナを使うのではなくて、IPAを見ただけで"こういう音だ"という認識を持てないとIPAの意味が全くないんです

あとは[l]のおまけです
http://www.youtube.com/watch?v=pejo6YC_BnM

Light LとDark Lの2つ説明してますが、あまりDark Lに深入りする必要はないです
全ての人がDark Lを使っているわけではなく、"多くの人が"という表現になるからです
ですから、繰り返しですが、レイチェルさんを全てと思わない方がいいです

そしてこのレイチェルさん、IPAにはLの表記がひとつしかないと言ってますが、ちゃんとありますよ
Dark L は [ ɫ ] です

舌の位置とかは、ビデオからご自分で確認してください

ビデオ見た方がいいです
ただ、[t]と[l]だけです(ビデオの中には望んでいる発音がいくつかは出てくると思います)
あとはご自分で

レイチェルさんのビデオを私は気に入っていますが、ただしこの人の発音も全てとは思いません
thanksを[θeInks]と発音したりしている これは標準とは思えない
その他にluckilyも[lʌk(ə)li]と発音してます
"標準"的には[lʌkIli]でしょう だからこの人もある地域というか、あるグループの人らの発音をしているのであって、"全ての"アメリカ人の発音を代表しているわけではないです

...続きを読む

Q日本語の複合語のアクセントについて

私は言語学の初心者です。
「日本語の複合語のアクセント」について、知りたいと思っているのですが、調べるにあたってのアドバイスをいただけたらと思います。

重要文献や論文なども、教えていただけると幸いです。

また、日本語の単語、複合語の発音やアクセント等がまとまった形でみられるホームページや文献なども、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

おはようございます。

これは先日の私の回答になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5264455.html

上記には、国語辞典での高低アクセントの見分け方や辞典類、サイトなどが少し載っています。一度ご覧になってください。


複合語のアクセント
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/accent/fukugoo.html
共通語のアクセント体系
http://www.geocities.jp/immanuel_wa/hoby/osakaben/commonaccent.htm
標準語のアクセント(2)
http://www.ne.jp/asahi/zamma/hideki/Accent(2)09.pdf
日本語アクセントの表記に関する考察
――三線式表記法――
http://libwww.gijodai.ac.jp/newhomepage/kiyo2003/05-2003.pdf
複合名詞に見る日本語アクセントの統語機能 ― 東京語と厦門語の比較研究
http://www.aichi-gakuin.ac.jp/~molihua/study/qinghua070815.pdf
複合名詞に対する複合語アクセント規則
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003298165/
日本語アクセントと挿入母音-アクセント規則に歴史が見えるか-
http://www3.aa.tufs.ac.jp/~p_phonol/TEXTS/99-1/kubozo99.html
複合語と派生語のアクセント規則
http://price6.tulips.tsukuba.ac.jp/vufind/Record/2115_25511/Details

書籍
リズム・アクセントの「ゆれ」と音韻・形態構造
http://www.bookmailclub.com/bmc/reader/search/?.command=detail&book_id=4069
日本語アクセント論集 第3版
http://books.livedoor.com/item/559764

おはようございます。

これは先日の私の回答になります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5264455.html

上記には、国語辞典での高低アクセントの見分け方や辞典類、サイトなどが少し載っています。一度ご覧になってください。


複合語のアクセント
http://www.akenotsuki.com/kyookotoba/accent/fukugoo.html
共通語のアクセント体系
http://www.geocities.jp/immanuel_wa/hoby/osakaben/commonaccent.htm
標準語のアクセント(2)
http://www.ne.jp/asahi/zamma/hideki/Accent(2)09.pdf
日本語アク...続きを読む

Q発音記号 [ŋ](エング)

発音記号[ŋ](エング)はウィキペディアには

有声軟口蓋鼻音
後舌と軟口蓋で閉鎖を作り、口蓋帆を下げて呼気を鼻へも通すことによって生じる音。

とありますが、よく参考書などで「ング」と表記されますが、この「グ」はなんですか?
軟口蓋に後舌をつけて「ん」だけでよくないですか?

自分の推測では、

まずmを使って説明。

mは両唇を閉じて発音しますが、発音して開いても開かなくてもいいです。(DVDで確認)
開くと、なんというか、「ンマッ」みたいな「ンムッ」のような”自然な音”が伴います。
ですのでより「ム」っぽくなります。閉じたままだと「ン」に近い。

エングもそれと似たようなものだと思います。
軟口蓋に後舌をつけて「ン」だけでも良いが、舌を軽く離してやると「グ」のような音がでる。
出さなくてやめても別に良い。

でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>疑問 「グ」が鼻から抜けて行く音なのか!?「ン」じゃないの!?
ウィキペディアには口蓋帆を下げて呼気を鼻へも通すことによって生じる音。
とありますが、「ン」と発音している時に通すのではないのでしょうか・・・

はい、「ン」の時に鼻に通します

>あとウィキペディアにも疑問ですが”鼻へも”ってなんでしょうか?
呼気は口に通っていたんですか?自分は鼻音なんで鼻からしか出してないんだけど。

はい、鼻からしか出しません
wiki確認しました 「へも」は変ですね(他の箇所でも、どうかなーと思うのはありました ま、wikiですから笑)

後述の発音の仕方もその内容でOKです

ここまでご理解しているのであれば、私の心配とかは必要ありませんでしたね

Q日本語のら行の発音

私は田舎者で、アクセントも東京型も関西型も入り混じっているありさまです。
 で英語のrは舌を硬口蓋につけませんね。日本語のら行の発音ですが、私は舌を硬口蓋にくっつけて、一種破裂音のような発音をしています。
 日本語の標準としては、摩擦音のら行が正しいのか、私と同じ破裂音のら行が正しいのか、どちらなのでしょう。
 日本語教師や国語音声学を勉強した方が答えて下さったら、長年のもやもやが晴れて有り難いのですが。
 なお私は英語教師です。

Aベストアンサー

aki02です。
「弾音」についてはHTMLの資料からの引用説明ですので、
前回回答した記述以外には分かりやすい説明は記載されていないようです。ただ、経験的には普段発音している音なので、理屈は大体分かります。舌を一回弾くと説明しましたが、もしこれを連続して早く弾いて発音すると、いわゆる「巻き舌」となります。どちらの場合も舌先に息を当てると同時に震わせて発音します。このとき、歯茎の後ろ辺りに舌先が一瞬かすかに当たるような感覚があります。それでも「だ行」のようには密着させません。
お近くに正しい発音の出来る方がいらっしゃったら、舌の動きを観察させてもらうと良いかもしれません。その時、「ららららららら、りりりりりりり、・・・・・」というように連続して発音してもらうと、より分かり易いと思います。
英語のリエゾンについてですが、母音と母音に挟まれた子音のtまたはdを破裂音ではなく舌を弾いて日本語のら行のように発音する事です。
例として、"Catch you later."(じゃあね)→「キャッチュレイらァ」 "What are you waiting for?"(何ぐずぐずしてんの)→「ワるユウェイりンフォァ」"a lot of people"(たくさんの人)→「アラらピィポ」
日本語でら、る、り、らと表記している箇所がリエゾンです。
日常会話で普通の速さで話す時によく用いられます。
以上、ご参考になれば幸いです。

aki02です。
「弾音」についてはHTMLの資料からの引用説明ですので、
前回回答した記述以外には分かりやすい説明は記載されていないようです。ただ、経験的には普段発音している音なので、理屈は大体分かります。舌を一回弾くと説明しましたが、もしこれを連続して早く弾いて発音すると、いわゆる「巻き舌」となります。どちらの場合も舌先に息を当てると同時に震わせて発音します。このとき、歯茎の後ろ辺りに舌先が一瞬かすかに当たるような感覚があります。それでも「だ行」のようには密着させません。
お近...続きを読む

Q発音記号 [ə](シュワー)

[ə]を中央中舌母音で発音するのが通常の定義だと思いますが、弱形to[tə]で発音するとき、中舌で発音すると日本語の「タ」の口の開きが中央の音になります。(子音のデンタルdentalは省いて)しかし、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/863701.html

>決してどのような場合でも全く同じように発音されるというわけではありません。

>"about" の a
>"moment" の e
>"tonight" の o
>これら三つの母音は全てシュワーで表されますが、果たして皆同じ発音でしょうか?
>実際には、それぞれ多少なりとも「あ」「え」「う」に近い発音になります。

これはto[tu]の弱いものという考えですが、これだと明らかに後舌になります。じゃあ[ʊ]とか[u]とか[o]とかそのへんで表せますし、明らかに後舌になります。

aもmentもtoも同じではないのでしょうか。

これが曖昧母音というものなのですか?本当に?
参考書はみんなこう・・・専門書が欲しい。音声学の専門書を持っている人いませんか?

教えてください。

[ə]を中央中舌母音で発音するのが通常の定義だと思いますが、弱形to[tə]で発音するとき、中舌で発音すると日本語の「タ」の口の開きが中央の音になります。(子音のデンタルdentalは省いて)しかし、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/863701.html

>決してどのような場合でも全く同じように発音されるというわけではありません。

>"about" の a
>"moment" の e
>"tonight" の o
>これら三つの母音は全てシュワーで表されますが、果たして皆同じ発音でしょうか?
>実際には、それぞれ多少なりとも「あ」「え」...続きを読む

Aベストアンサー

<とはしても、こういうことなのでしょうか?>

そうです。会話では単語を一つ一つ丁寧に発音している訳ではないので、ある音を発音した時にはもう唇、舌は次の音を発音するために動いているので、母音、子音とも全て前後の音に左右されます。

Q日本語のアクセントについて

日本語と英語などとは違って、アクセントは動詞と形容詞などの活用変化に伴って、アクセントが元のと違ってくる。それに、そういうアクセントの変化は非常に複雑で、とても一言では説明できないでしょう。
外国人として、日本語の発音を見事に捕らえられるように、私はいつもその中の規則を探しています。今迄、法則的だと考えられるものを大分見つけ出しましたが、いまひとつでしょうね。
ここで聞きたいことは、日本人はどうやってこんな難しい発音を正確に喋られるようになったか、もしかして幼い頃に学校で勉強でもしたのかと、それとも、単に「慣れた」だけなのかと、私は考えました。もし、単に「慣れた」だけだというんなら、外国人としては、どうしたらいいでしょうか?これについての書籍はないでしょうか?
どうか、教えてください m(_ _)m

Aベストアンサー

英語のアクセントは強弱式のアクセントですが、
日本語のアクセントは高低式のアクセントです。
音の強弱ではなく、音の高低の違いがあるだけです。

1.平板型 … 第1音が低く、2音目から最後まで高い型
  1音節の語:L
  2音節の語:LH
  3音節の語:LHH
  4音節の語:LHHH
  5音節の語:LHHHH

2.頭高型 … 第1音が高く、2音目から最後まで低い型
  1音節の語:H
  2音節の語:HL
  3音節の語:HLL
  4音節の語:HLLL
  5音節の語:HLLLL

3.中高型 … 第1音が低く、2音目から途中までが高い型
  3音節の語:LHL
  4音節の語:LHLL、LHHL
  5音節の語:LHLLL、LHHLL、LHHHL

これに加えて、後続の助詞や助動詞の高低のバリエーションがあります。
 ・最後の音より高く続く型
 ・最後の音より低く続く型
 ・最後の音と同じ高さで続く型

全ての語は基本的にこれらの型のどれかに当てはまります。
個々の語がどの型かは、個別に覚えるしかありません。
型が不明な場合は、平板型で発音すればだいたい通じます。

ちょっと面倒なのは、同じ語で複数の型がある場合です。ひとつは時代の変化によって型が変わったもので、世代によって使う型が違うことがあります。
また、特定の集団内で使われる専門用語や使用頻度の高い語は、アクセントが平板化する傾向があります。通常のアクセントの場合と微妙にニュアンスが違う(意味が限定される)場合があります。

日本語のアクセントだけを示した辞典もあります。
『日本語発音アクセント辞典』(NHK放送文化研究所)
http://www.nhk.or.jp/bunken/book/book_data/bookdata_98040101.html
『新明解 日本語アクセント辞典』(三省堂)
http://www.books-sanseido.co.jp/reserve/zaikoDetail.do?pageNo=1&action=%8D%DD%8C%C9&isbn=438513670X

また、地域によってアクセントに大きな違いがあります。
テレビ放送の共通語は東日本各地で行われている「東京式アクセント」です。
京都・大阪から西日本各地で行われている「京阪式アクセント」も大きな勢力です。
北関東から南東北、九州の一部には、アクセントの型が一定しない「無アクセント」の地域があります。「崩壊アクセント」とも言います。

これらの特性を知った上で、あとは耳で覚えることです。

英語の綴りと発音の対応を覚えることに比べれば、かなり簡単だと思います。

英語のアクセントは強弱式のアクセントですが、
日本語のアクセントは高低式のアクセントです。
音の強弱ではなく、音の高低の違いがあるだけです。

1.平板型 … 第1音が低く、2音目から最後まで高い型
  1音節の語:L
  2音節の語:LH
  3音節の語:LHH
  4音節の語:LHHH
  5音節の語:LHHHH

2.頭高型 … 第1音が高く、2音目から最後まで低い型
  1音節の語:H
  2音節の語:HL
  3音節の語:HLL
  4音節の語:HLLL
  5音...続きを読む

Qアメリカ英語の[t]の発音

アメリカ英語を習得したいと考えています。
調べてみると、アメリカ英語の特徴の一つとして、
[t] や[d]の発音が崩れ[l]の音に近くなることを知りました。
そこで、様々な単語で発音練習をしていて思ったのですが、
tennisやattackなどの単語の[t]の音を崩すと、とても気持ち悪い気がします。
やはりどのような場合でも[t]を崩すわけではなさそうに思うのですが、
崩す場合と崩さない場合には何か法則のようなものがあるのでしょうか?
自分としては、単語の先頭と第一アクセントにある[t]は崩さずに発音する気がするのですが・・・

Aベストアンサー

tennisやattackの場合はtの後ろに強勢のある母音がついていますので、tの音は普通崩れません。
米語でtの音が変化するのは次のような場合だと思います。

1)強勢のある母音と弱い母音にはさまれた場合。WATERなど。tは[r]に近い音になると思います。日本語の「ラ」行の子音の方に近いかもしれません。
2)強勢のある母音に続くnに続いたt。INTERNATIONALとか。この場合tはちゃんと破裂しないことが多いので、nが長くなったような感じになります。
3)lに続いたt。LITTLEとか。これは実際には発音されない場合が多いです。丁寧に発音してもlが少し長くなるだけです。

他にもあると思いますがご教示いただければ幸いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報