痔になりやすい生活習慣とは?

非常ベルを押して発報した場合と、それ以外の場合のスプリンクラーの作動までの流れについて調べています。スプリンクラーヘッドの破損による散水は除外します。

学校などには当然スプリンクラーが備わっていると思いますが、ビルとは違って、発報の認知(防災センター)、火災の確認、散水の手順はないのでしょうか?
非常ベルとスプリンクラーの散水は直結していますか?

非常ベルや各種感知器が作動したところから、実際にスプリンクラーが散水するまでの流れを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

消防法で規定される「学校」(消防法施行令別表1による7項)であれば一般的にはスプリンクラーは設置sれません。



また、一般的なスプリンクラーは設置してあったとしても、閉鎖型ヘッドと言って散水ヘッドが火災による熱によって一部が溶け、それにより放水が開始されるように設計されていますので、火災の確認と散水の手順は独立したものになります。

以下フローです。
自動火災報知設備による火災報知のフロー

火災発生→感知器または発信器による火災感知→受信機受信(防災センターなど、ただし学校の場合は職員室に設置されているのが一般的)→各所火災報知ベル鳴動→人員による火災確認→初期消火・避難誘導・火災通報(119)

スプリンクラーによる火災報知のフロー
火災発生→ヘッドが溶けたことによる散水開始→アラーム弁にて流水(散水)感知→受信機受信*1→各所火災報知ベル鳴動→人員による火災確認→避難誘導・火災通報(119)


*1 受信機は通常自動火災報知設備の受信機が兼用されるが、設備が無い場合や古い設備の場合、アラーム弁に設置してある、アラーム(ウォーターゴングなど)が鳴動し、火災を報知する。

火災報知設備とスプリンクラーが併設されている場合は、どちらが先に感知するかは、条件による。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、アラーム弁が通常の火災の報知機に相当するわけですね。
詳しい順番まで教えていただきありがとうございます。
これを基にもう少し自分でも調べてみたいと思います。

お礼日時:2013/02/27 18:15

スプリンクラー本体もしくはそれに付随するセンサーに熱が感知されたら自動的に散水されます



火災報知器と連動してるわけではありません。

連動しててそれを繋ぐ配線が熱や炎で切断された場合、散水されないと困るから、それ自体で感知、散水を行います。

だから
 感知器が作動しても、炎(熱)が無ければ散水しません。

手動操作での散水は可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なるほど、スプリンクラー自体は独立しているのですね。煙感知機などの誤報を配慮してのことなのでしょうね。
とても参考になりました。

お礼日時:2013/02/27 18:12

「学校などには当然スプリンクラーが備わっていると思います。


これはまちがい。学校にスプリンクラーが備わっていることはまれでしょう。
学校というのは病院や福祉施設と違って自分で走って避難できる人間ばかりと考えられます。
したがって消防法でも学校にスプリンクラーの設置は義務づけられていません。

万一、よほどの善意の設置者がいたとして話になりますが、火災報知器(学校に設置義務あり)と防火扉などの感知器とスプリンクラーはまったく関連していません。
つまり「流れ」などないのです。
スプリンクラーにはスプリンクラーの独自の感知器がついており、その感知器が感知した範囲だけ水が放水される仕組みだからです。

なお、学校にはビルのような「防災センター」など当然ありません。
学校の場合は教職員による消火器や消火栓での消火が第一と考えられます。(消火栓の設置は義務です。)

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

学校にスプリンクラーの設置義務がないというのは知りませんでした。驚きです。
つまり、学校側で対応できる初期消火は手動の設備のみがほとんどなのですね。
私の学校には付いていた気がしますが、私立だったからなのでしょうか……?

重ねて質問なのですが、独立した「スプリンクラーの感知器」というのは所謂スプリンクラーヘッドのことを指すのでしょうか?それとも、煙感知器や熱感知器のことを指すのでしょうか?
また、感知器および散水の範囲についてですが、階層ごとの仕切りで作動するのでしょうか?それとも、部屋ごとの仕切りなのでしょうか?
よろしければ、感知器とその範囲について教えていただきたいです。

補足日時:2013/02/27 17:55
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスプリンクラー設置の基準を易しく教えて下さい

放火で大損害のドンキホーテが、全店舗にスプリンクラーを設置することにしたというニュースを読みました。埼玉の事件でもスプリンクラーの有る無しが明暗を分けたようです。

私はドンキというのには一回しか行ったことないのですが、ごちゃごちゃと狭っくるしいところだと思いました。スプリンクラーが設置されてない店舗があること自体驚きです。出火したら、と考えたことなかったんでしょうか。

消防法になるかと思いますが、どなたかご存知の方、スプリンクラーの設置基準について、素人にもわかるように易しく(優しく)教えていただけないでしょうか。
きょう行ったスーパーには駐車場にも設置してありました。当然設備費は多くかかったと思います。ドンキの規模の店に(小さくないと思うんですが)義務ではなかったのかと不思議です。扱っている商品によるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

消防法施行令第12条に
スプリンクラー設備に関する規準があります。
 ドンキホーテのケースは
 別表第一(建築物の用途を明示、用途で防火設備の内容等が決められている)
の(四)に「百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場)
該当しますね。

 この内、スプリンクラーが必要になるのは(建家の階数や床面積で決められている)

 ・階数が(地階を除き)11階以上のもの
 ・3000平方メートル以上(平屋以外)
 ・(危険物を指定数量の1000倍以上有ると)3000平方メートル以上で
  その該当(危険物保管)階
 ・地階・無窓階は1000平方メートル以上
 ・4階以上10階までの1500平方メートル

 と有ります。
 
  建築物を建てる前に、地域の消防署へお伺い(届け出)して、
 該当規則に見合った防火(消火)設備を設置しなければなりません。
 床面積等が該当しなければ、設置の義務はありませんが、
 場合によっては、消防署の「指導」が出るケースも出て来ます。
 また、自治体によっては消防法令規則よりも、条例で厳しくしている
 場合もあります。

  正確には、地域の消防署の指導に従って下さい。

消防法施行令第12条に
スプリンクラー設備に関する規準があります。
 ドンキホーテのケースは
 別表第一(建築物の用途を明示、用途で防火設備の内容等が決められている)
の(四)に「百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場)
該当しますね。

 この内、スプリンクラーが必要になるのは(建家の階数や床面積で決められている)

 ・階数が(地階を除き)11階以上のもの
 ・3000平方メートル以上(平屋以外)
 ・(危険物を指定数量の1000倍以上有ると)300...続きを読む

Q火災受信機 警報盤 の切り方について

大至急教えて頂きたく投稿しました。
私は消防設備の仕事にかかわっております。特に水関係(スプリンクラー設備など) そこで困っていることがあります。
よく既設の工事があり、火災受信機を停止して工事しなければなりません。しかしいろいろな受信機、警報盤があり 操作の仕方がわからない状態です。最近では液晶などがもでてきてますし・・・。
そこでいろいろな警報盤の切り方など 詳しくおしえていただきたいのです。どうしたらよろしいでしょうか・・・宜しく御願いします。

Aベストアンサー

補足拝見しました。

そうなんですよ。メーカーによっても年式によっても結構違うんですよね。しかし共通点もありますのでポイントと注意点を書きます。

・スイッチかボタンか。
前に書いたように、1997年以前と以降では再鳴動方式という違いがあります。これに各社対応するために1997年以降の受信機は「ボタン式」になっています。
スイッチ式の場合は、「地区音響」が一度停止するとずっと停止しており、「主音響」「警報ブザー」のスイッチは押すと戻るタイプになっています。この部分は全社共通で赤色をしていますし、「主音響」「警報ブザー」のスイッチはなにかを挟んで下側でとまるようにしておかないと、なにかあったときに鳴ってしまいます。

ボタン式は、地区音響が一時停止しか出来ないようになっており、点検時などで長時間停止したい場合の操作方法がむずかしくなっております。これには各社特徴があります。
・能美防災製 「保守」ボタンがありますので、「保守」→「主音響」または「地区音響」(LEDが点滅するまで長押し)で停止。解除は同じ順番で操作
・ナショナル製 「保守」モードボタン→モード選択
・ニッタン製 内部の基盤に「保守停止」とか「音響停止」の小さなスイッチがあり、それを押す。解除はスイッチを戻すだけだが、時々LEDが点灯しっぱなしの受信機があるので、その場合はバッテリーのコネクターをはずしてから電源をOFFにして、再度ON、コネクター戻しの順番で電源操作する。
・ホーチキ製 主音響停止とブザー停止は専用スイッチが蓋の内側にある。地区音響停止は「地区音響」ボタンとその直近の同じ色のボタンを同時押しで長押しすると、「地区音響保守停止」インジケーターが点滅し、停止になる。(受信機によって違いますが、大体「主音響」「地区音響一時停止」の縦に並んでいる二つで大丈夫なはずです。

その他のメーカーの受信機の場合も、この4社の受信機のことが多いです。

連動停止に関しては、建物ごとの差が大きいので、スイッチを良く見るか、リレーなどの回路を良く見てくださいとしかいえません。

補足拝見しました。

そうなんですよ。メーカーによっても年式によっても結構違うんですよね。しかし共通点もありますのでポイントと注意点を書きます。

・スイッチかボタンか。
前に書いたように、1997年以前と以降では再鳴動方式という違いがあります。これに各社対応するために1997年以降の受信機は「ボタン式」になっています。
スイッチ式の場合は、「地区音響」が一度停止するとずっと停止しており、「主音響」「警報ブザー」のスイッチは押すと戻るタイプになっています。この部分は全社共通で赤色...続きを読む

Q電気回路の中性線とアースについて

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
ないのですか?


また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?
(危ないので絶対にしませんが、考え方としてどうか?をお聞きしたいです)


赤、白、黒の3線のうち、白を中性線とし、赤と白の2本がコンセントとして
きている場合、白を外してアース線に繋いだ場合。
(添付画像参照)


よろしくお願い致します。

気になったのでどなたか教えてください。


一般家庭の電源というのは、交流の単相3線式が多いと思うのですが、
単相3線式の回路図などを見ると、真ん中の線は中性線と呼ばれ
必ず接地されているそうですね。


で、100V電源の場合は必ずコンセントの片方が中性線になって
いるとの事ですが、ここで疑問です。


家電製品などによくアース線というものが付いています。
(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
ように接地するものだという事ですが...続きを読む

Aベストアンサー

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけないものです。
火事や感電の原因になりますから。

静電気は中性線はおろか電力会社から来ている電源と無関係で、
普通、何の対策もしなくても人体への危険はありません。
但し機器を壊したり、
火花が発火事故の火元になったりすることはありますから、
それを防止するのに対策することはあります。
機器から電荷を逃がすというより、
どちらかと言えば人間から電荷を逃がします。
導電性の靴を履き床を導電性にしたりします。
電子部品なんかは導電性の袋に入れたりします。
これは静電気による帯電で例えばICチップのピン間に
何千ボルトという静電気由来の電圧がかかったりするのを
防止する為です。

次は家電製品についているアース線と、電源系統の中性線ですが、
これは全く別のものです。

アース線も電源系統の中性線は正しく接続すれば同電位です。
しかし目的が違います。

アース線は家電製品の表面や筐体などに、
故障や不良により、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまったような場合、
それを逃がす為の線です。
こうしてあれば、
内部の電源や昇圧された電源から給電されてしまっても、
とりあえず電流はアース線を通って大地に逃げます。
人間が触れてもアース線と人体とでは、
圧倒的にアース線の方が抵抗が小さいので、
人間には電流はほとんど流れません。
これで人間を守ろうというのです。

ちなみにこれは3線式に限りません。2線式でも同じです。


>また極端な話、中性線=接地(アース)された線と考えると、
>次のような感じの改造をしたとしても家電製品は普通に使えるのでしょうか?

まともに動かないと思います。
確かに大地の電位と給電線の中性線は同電位ですが、
大地には抵抗がありまともに給電できない可能性が高いですね。

また仮にこれで家電を動かすだけの電気が流せたとしても、
これは漏電になります。
漏電遮断器が動作すると思います。

>家電製品などによくアース線というものが付いています。
>(エアコン、冷蔵庫、洗濯機等)

>このアース線は、製品に静電気が溜まったり、漏電した際に感電しない
>ように接地するものだという事ですが、100Vのコンセントは必ず
>中性線が繋がっているのであれば、万が一漏電した場合や、静電気が
>蓄積した場合でもこの中性線から大地に電気を逃がしてやれるのでは
>ないのですか?

まず色々なところに誤解がありますので1つずつご説明します。

漏電は、電気を逃がしても解決しません。
漏れてはいけ...続きを読む


人気Q&Aランキング