【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

題名通りなのですが、なぜサーバ用のセキュリティソフト(ウイルスソフトやファイアウォール)とクライアント用のセキュリティソフトに分かれてるのでしょうか?
つくり(構造)が全く違うからでしょうか?
値段もだいぶ開きがありますけど、どうしてそんなに差があるのですか?
例えばですけど、サーバにクライアント用のセキュリティソフトをインストールしても意味がないのでしょうか?もしくはインストールすらできないのでしょうか?

すいません、なんだか質問ばかりになってしまいましたが、ふと疑問に思ってしまいました^^;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

インストール 意味」に関するQ&A: windows10にアップグレイドしました、認証エラーの意味?、インストールIDとは?

A 回答 (6件)

サーバにクライアント用のセキュリティソフトをインストールしても意味がないのでしょうか?もしくはインストールすらできないのでしょうか>>>



出来るメーカーと出来ないメーカーがあります。

インストールすれば、それなりに動きます。

バスターのクライアント版は、セキュリーティそのものより、クライアントの使いやすさとか、他の方向のソフトが多くて、バスターのサーバー版より重いと思います。

サーバーに入れた場合、メンテは、自分ですることになると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

勉強になりますm(__)m

ここの過去ログで色々見て回ったのですが、サーバ関係のセキュリティソフトの質問があまりないように思いました!とても高価ですし個人ではあまり使ってる人がいないからでしょうか!?
それともサーバに関してベテランなかたにとってはあまり必要ではないとか…。
サーバのセキュリティは、アップデートでセキュリティホールをなくしたり、設定などが・・・ってよく耳にしますし…。

う~ん、なんだかサーバを構築してるかたからすれば、とってもトンチンカンなこといってそう・・・^^;

貴重なアドバイスありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2004/03/10 01:33

どうも、#3のJzamraiです。



>>クライアント用のソフトをサーバーにインストールしても、提供サービスの防御に必要な機能がなければほとんど意味がないですよね?

確かにここのところは誤解を生みかねない書き方なので、私からも少し補足しますネ。

「サーバーでは、何が何でもクライアント用ソフトはダメ。」という事ではありません。

例えば環境によっては"Norton Internet Security"などのいわゆる「パーソナル・ファイアーウォール」をサーバー(ここの定義がはっきりしないので話があいまいになりがちなのですが…)に導入して有効利用する事も可能です。(”パーソナル”だから「個人用」というわけではなく、「PC(ノード)本体にインストールして利用するタイプのもの」というイメージと捕らえるとわかりやすいかもしれません。)

要するに、「同じように見えるソフトなのにサーバー用とクライアント用ではずいぶん価格差があるなー?」という疑問に対する説明として、「同じように見えても機能に大きな違いがあるという事もあり、クライアント用のソフト(もしくはそれが持つ機能)だけではサーバーを防御しきれなかったり、有効な管理が難しい場合がある。」という事が言いたかったわけです。

かえってややこしくなりました?(だったらゴメンナサイ。)

以上、補足まで。

それでは。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>例えば環境によっては"Norton Internet Security"などのいわゆる「パーソナル・ファイアーウォール」をサーバー(ここの定義がはっきりしないので話があいまいになりがちなのですが…)に導入して有効利用する事も可能です

ということは、(環境によっては)ないよりはあったほうがいいってことですね!もちろん他にも(セキュリティにおいて)やるべきことはあるんでしょうけどとりあえず…。
個人で、しかも夜2時間くらいしか立ち上げない感じのサーバーを構築しようと考えてたので(←ちょっとした実験が目的なので)、気休めにノートン先生!入れてみてもいいかもしれません!

大変、ご意見勉強になりましたm(__)mありがとうございました

お礼日時:2004/03/12 00:31

言い忘れですが、クライアント側は、ソフトが、全部要ります。



サーバー配布タイプの方がアップデートが楽でしょう。

ただ、ウインドウズの場合、サーバー側のアップデートは、ダイレクトにして失敗した時困りますけど・・。
(これは、ソフト入れてても、同じか・・・)

この書き方で、理解できないときは、自分で調べてくださいね。・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ウイルスチェイサーは、内緒ですが、サーバーに、入るようです。

>チェイサーは、マイナーなので、そんな手間をかけてられない。

こういう製品もあるんですね!参考になります。

>サーバーのアップデートは、普通別な、パソコンでアップデートテストしてから、本体導入となるようです。
個人のパソコンのように、止めるわけには行かないですから・・・。

これからサーバの構築も考えていたので、とても勉強になります。

>この書き方で、理解できないときは、自分で調べてくださいね。・・・

とりあえず、あとはちょっとづつ自分で調べてやってみます。アドバイスありがとうございましたm(__)m

お礼日時:2004/03/12 00:20

クライアント用のソフトをサーバーにインストールしても、提供サービスの防御に必要な機能がなければほとんど意味がないですよね?>>>



具体的に言えば、責任ある法人サーバーならバスターのサーバー用とクライアント配布用を、僕なら導入します。100万や200万円では、もし事故が起きたらと思えば復旧人件費だけでも相当な支出ですから、保険ですかね。

個人でサーバーたてるなら、ワンCDアプライアンスサーバーか、チェイサーでも良いのでは??・

チェイサーの役目は、FDからの内部感染とかのためで、外からは、
ハード的に、ポートを塞いだり、NATかけたりとか基本的に、シスコシステムの方法を使うでしょう。

または、もし5分程度止めても良いのなら、CDからリナックスのメモリー常駐を書き換えれば済みますので・・・
(つまり、OS自身がハードディスクにもともとありませんというシステムです)
つまり、ハード的解決もありってことで、零細企業なら5分くらいサーバー止めれるでしょ・・・。そしたら、ソフト要らないってことです。
    • good
    • 0

こんにちは。



まず、本当の意味で答えを理解していただくためには、下記URLの教材などでもう少しネットワークについての基礎学習(特にネットワーク・サービスとサーバーの関係について)をしていただきたいのですが、イメージとしての説明を私なりにさせてくださいネ。

■CQ出版発行誌バックナンバー記事 <とことんわかるインターネットの基礎の基礎>■ Copyright CQ Publishing Co.,Ltd. 1997-2003

http://www.cqpub.co.jp/od/rensai/inter/itindex.htm

さて本題ですが、下記のような事情から(もちろん他にもイロイロな要素があると思いますが)、両者(クライアント向け・サーバー向け)のセキュリティー・ソフトにはどうしても価格差が出やすいといえるでしょう。

●1.サーバーが行うべき仕事の安全性を保つのは、クライアントのそれに比べて質・量ともに圧倒的に大変。

まず、一口に「サーバー」と言ってもその役割は様々です。

たとえば、

>LAN内のクライアント向けのみのサービス(「ファイル・サーバー」を始めとした各種サービス)を行うもの。(仮に内から外へのインターネット接続サービス(Web閲覧用プロキシサーバーなどの稼動を含めて)は行っても、対外サービス(いわゆる「公開Webサーバー」の設置など)は行わないケースもあるでしょう。)

>コマーシャル・サイトなど、インターネット(不特定多数)に対して公開されるサービスを行うもの。

しかしながら、どんな環境にも共通する要素として、

>「クライアント」は必要なときにサーバーにアクセスし、”サーバー上の”必要なサービスを利用するだけで、基本的に対外サービスを用意する必要もなく、自分に対する接続も全て拒否できる。(「全て拒否、ただしデータの受け取りのみ許可。」という設定を行いやすい。)

>「サーバー」は不特定多数のリクエストに答えられるよう、常に全ての提供サービスを待機させておくとともに、実際に不特定多数に対して同様のサービスを提供しなければならない。

例えば「100台のクライアント」+「1台のサーバー」という構成のネットワークで考えてみましょう。

たとえ個々のクライアントからは1日1回のアクセスしか行わなかったとしても、サーバー側から見れば1日100回のアクセスを受ける事になります。

さらにインターネットに対してサーバーを公開した場合、混雑時には膨大なアクセス要求(負荷)を受けることになりますよね。

つまり、サーバーの置かれている環境は、「いつ・誰から・どのくらいのアクセスが来るかわからない。」「誰がどのサービスを利用するか(もしくは悪用しようとするか)わからない。」という高い処理性能を要求される上、セキュリティー的にもハイリスクなものになります。(高いリスクの中、不特定多数に対して”安全かつ安定して”サービスを提供するというのは想像以上に大変な仕事です。)

別の言い方をすれば、「サーバーのセキュリティーにおいては、クライアントのそれよりも「監視すべき通信路の数と通信量(アクセス数)」が圧倒的に多い。」とも言えるでしょう。

もちろん、クライアントにおいても「データの受け取り」や「不正アクセス防止」など、外からの通信に対するセキュリティー機能の提供と実作業が必要ですし、サーバー側でもアクセス制限(利用者の限定)などでリスクと作業量を減らす事ができるケースもあります。

また、サーバーが実際に担当する作業の種類と量も、具体的に提供されるサービス(Web、メール、FTP、DNSなどなど)の内容とその提供対象者に大きく左右されます。

しかしながら、サーバーが抱えるセキュリティー的なリスクは質・量ともにクライアントとは比較にならないくらい大きいという事がお解りいただけたでしょうか?

クライアントとは比較にならないほど多種多様のリスクを想定してそれに対する防御・監視機能を用意しなければならないわけですから、必然的にソフトも高価になりやすいわけです。

クライアント用のソフトをサーバーにインストールしても、提供サービスの防御に必要な機能がなければほとんど意味がないですよね?

●2.自前サーバーの主な導入先である「エンタープライズ(企業用)製品」は、価格設定そのものが高くても売れる事が多い。

企業や事業者などでは、30万円以下の単価の買い物は「経費」として認められます。(この額、今でもあってますっけ?)

もちろん、企業とて高い買い物をしまくれば利益が減っていく事になりますが(必要なものだけを買うというのが大原則です。)、企業が毎年払う税金は(乱暴な言い方ですが)、「その年の売上から経費を引いたもの」に対してかかるので、年度別会計では「経費がが多いほど払う税金は安く」なります。

もちろん、長い目で見れば同じ税金総額を支払う事になるのですが、年度別の支払い税金額が自社にとって都合のよいものになるよう、あらかじめ毎年の「経費の額」を割り振っておくケースがあります。

そのため、年度末等になると経理から「30万円以下で何かほしいものはないかー?」という不思議な質問がくるケースもあるわけです。(経費の予算を埋める(消化する)必要があるからです。)

本題とは全く関係なし話になりましたが、セキュリティー対策の必要性が増してきている原状と上記のような企業の懐事情から、企業用の製品は一般に高くても売れてしまう事があるわけです。(もちろん、これだけが理由ではないでしょうが。)

もちろん、買い手にとってはサーバー用のセキュリティーソフトも安いに越した事はありませんよね。

特に「オープン・ソース」(条件付で無償の再配布を認める考え方)が主流のUNIXの世界では、知識と時間さえあれば自分で個々のセキュリティー・ソフトやモジュールを組み込んでいく事でタダ(もしくは非常に安価に)強力なサーバー用セキュリティーを実現できます。

ただし、上記の方法でも、もちろん”人件費”というコストはかかってきますし、マトモに動かすには設定も大変です。

さらに「管理のしやすさやサポート」といった面も考慮しなければなりません。

そういった意味で、WindowsベースであってもUNIX(Linux)ベースであっても、こうした問題を解決しやすくする「パッケージ版(製品版)セキュリティー・ソフト」が存在するわけです。

既述したようにサーバー用の製品を比較的簡単に導入できる状態で提供するには「様々なモジュール類(機能)の組み込み(特許料やライセンス関連の支払いも発生するでしょう。)」「設定や作業のためのツール類の組込み」「サポート体制」などの様々なコストが発生し、これはそのまま「ソフトの値段」に跳ね返ってきます。

もちろん、サーバーだからといって、不必要に高価なソフトを導入する必要は全くありません。

自分のサーバーにおいて想定されるリスクを洗い出して、それに対して十分な安全性を提供できるソフトを選択することで、少しでもコストを抑えるようにするべきでしょう。

以上、長文になりましたが少しでも参考にしてくだされば幸いです。

それでは。
    • good
    • 0

個人ではあまり使ってる人がいないからでしょうか!?


>>>たぶん、そうでしょう。

サーバに関してベテランなかたにとってはあまり必要ではないとか…。
>>サーバー屋さん?は、ハード的解決が多いように思います。メンテナンスの都合でしょうか???

サーバのセキュリティは、アップデートでセキュリティホールをなくしたり、設定などが・・・ってよく耳にしますし>>>

ちなみに、ウイルスチェイサーは、内緒ですが、サーバーに、入るようです。バスターは、クライアント版は、インストールも拒否します。理由は、バスターは、メジャーですから、インストール出来ないソフトが組み込んでありますが、チェイサーは、マイナーなので、そんな手間をかけてられない。つまり、クライアント版から余計なソフトを取り去って、安定して動くようにしたものが、サーバー用って考えもありますが・・・・。

サーバーのアップデートは、普通別な、パソコンでアップデートテストしてから、本体導入となるようです。
個人のパソコンのように、止めるわけには行かないですから・・・。

ですから、ハード的な部品交換もシステムは動いたまま、交換するようですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWEBサーバーのセキュリティーソフトの必要性

外部に公開しているWEBサーバーの話です。
業者からセキュリティーソフトの運用を勧められています。
弊社のサーバーはルーター側で80番ポートしか開放していないのですが、サーバー用のセキュリティーソフトなど必要でしょうか?

私は内部からの不正行為やスクリプトの問題がない限り、外部からデータ改ざんやウイルス混入など不可能と考えています。

サーバー用のセキュリティーソフトを利用するメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Q/弊社のサーバーはルーター側で80番ポートしか開放していないのですが、サーバー用のセキュリティーソフトなど必要でしょうか?

A/ルータの管理はどなたがやっていて、アクセス歴やアタック形跡のチェックは定期的に行っていますか?その中で、ポート攻撃の頻度、どのポートに対するパケット破棄が多いか、統計を出されており、それらの通信が安全に破棄されている(要はサーバーに到達していない)ことを一定の間隔で確認されていますか。

それをしていて、Webサーバのミドルにも最新のセキュリティパッチなどを適用しているなら、基本的には問題ないかと思います。

そうでないなら、最低でもセキュリティソフトの導入を推奨します。

尚、ルータの型番とそれに関する脆弱性情報にも注意してください。今年のDEFCON 22でもそういう脆弱性調査を競う大会は行われていますが、ルータの脆弱性は型番によっては放置されている場合もあります。そういう部分がもし攻撃されれば、バックドアが開くことになります。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1404/24/news040.html
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1408/29/news011.html


安全性の高さというのは、安全を担保しているものが盤石な場合に保証されます。それが、質問者様はルータだと書いているわけですが・・・。
そもそもルータが安全性の担保かというと、ルータ=安全の担保ではないのです。まあ、全くないのではなく、安全を高める手段として、静的(その場に佇んで)に機能するということになります。動的に管理するには、必ずログの定期的な監視が必要です。
ルータは所詮表門にすぎません。その中で、表門に巡回をせず門があるから、大丈夫だよと言っている人は、そもそも門はまだあるのかいつ見に行ったのか?もしかしたら、門は壊されていたり、門の周りの柵が破られているかもしれません。

そうなると、今度は玄関の扉がどうかになるわけです。
防壁は基本的に1枚より2枚、2枚より3枚のほうがよいとされます。そのため、メリットという考え方なら、サーバにまで徹底したセキュリティを導入するのが通常は、好ましいとされます。

ただ、それが投資として見合っているかどうかは、その組織や個人の考え方になります。
だから、安全を担保するものとして、自分が絶対的に安全を確保するために、労力を使って巡回している、担保できるデータを常に取り続けているなら、それを信頼性の柱として、据えることである程度の安全を保障できるといえます。

今回の場合は、役割をWebサーバーに限定しており、外部からの攻撃にはルータが機能する限りは強いといえますが、逆に言えばそれが失われれば、すぐに侵入されます。そう考えると、ルータが絶対防御として機能していることを定期的に監視する仕組みが取り入れられていないと危険です。

それが、できていないならサーバにセキュリティソフトを入れたほうがよいでしょう。

Q/弊社のサーバーはルーター側で80番ポートしか開放していないのですが、サーバー用のセキュリティーソフトなど必要でしょうか?

A/ルータの管理はどなたがやっていて、アクセス歴やアタック形跡のチェックは定期的に行っていますか?その中で、ポート攻撃の頻度、どのポートに対するパケット破棄が多いか、統計を出されており、それらの通信が安全に破棄されている(要はサーバーに到達していない)ことを一定の間隔で確認されていますか。

それをしていて、Webサーバのミドルにも最新のセキュリティパッ...続きを読む

Qネットワークのリストにコンピュータが表示されたりされなかったりします。

ネットワークのリストにコンピュータが表示されたりされなかったりします。

windows7proのパソコンから、スタートボタン→コンピュータ→ネットワークで
LANで接続しているコンピュータのリストが表示されますが、このリストにコンピュータが表示されたり、されなかったりします。 \\コンピュータ名で直接指定すると出てくるので接続が切れているわけではありません。表示されていないだけのようです。
また、表示されない場合はすべてのコンピュータが表示されないわけではなくて、1台か2台は表示されていて、後は表示されないという感じです。再起動すると直ります。
この症状が発生するのはwindows7のパソコンだけで、同じようにLANに接続されているXPのパソコンでは発生しません。
どうしてなのか分からず困っています。いつでも全てのコンピュータが表示されるようにしるにはどうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

反対にXPでは電源が入っていないコンピューターが表示されたという経験はありませんか? どうやらVista 以降は実際に稼働状態にあるパソコンを表示する様になった様です(想像ですので詳しい方はフォローを・・・)
USBメモリ等も実際にメディアが入っていないと表示されないのと同じで検索に時間がかかる?

さらに仕様としてデスクトップの表示のタイミングも変わったのも関係しているかもしれません(デスクトップに保存したはずのファイルが暫く表示されなかったり)。←ユーザーホルダーをCドライブ以外にしていると表示がさらに遅くなるかも?

さらにさらに7ではデフォルトでIPv6が有効になっており、IPv4より優先的に通信を行うようで、これがレスポンス悪化の原因になっているかもしれません。

IPv6が不要な場合、無効にすることで改善されるかもしれません。
コントロールパネル→ネットワークと共有センターよりネットワークアダプタのプロパティを表示しIPv6のチェックをOFFにします。

ダメもとで試してみてください。(IPv6は現時点では使用しているケースはまれです)
回答にはなっていませんが参考まで

追伸
 接続先のパソコンのショートカットを作っておくのも一つの方法かもしれません。

反対にXPでは電源が入っていないコンピューターが表示されたという経験はありませんか? どうやらVista 以降は実際に稼働状態にあるパソコンを表示する様になった様です(想像ですので詳しい方はフォローを・・・)
USBメモリ等も実際にメディアが入っていないと表示されないのと同じで検索に時間がかかる?

さらに仕様としてデスクトップの表示のタイミングも変わったのも関係しているかもしれません(デスクトップに保存したはずのファイルが暫く表示されなかったり)。←ユーザーホルダーをCドライブ以外に...続きを読む

Q社内PCにてネットワークの見れないPCがある

どうも。 お付き合いできる方が居られれば、知恵をお貸しください。
社内PCでネットワークが見れないPCが何台かあります。
しかも、そのPCごとに内容は違いAのPCはBが見れない…しかし、逆からは見れるとか。
CのPCは、Dが見れない…Cも見れないとか。
セキュリティソフトのファイヤーウォールは切ったり、Win内のファイヤーウォールは切ってもダメです。
で、中には『PCを検索』でIPで探して見ると共有が見れたりするPCもあります。
更には、Adminだとダメでもうひとつアカウント作ってそれでやると見れるとか…(・д・;)
もはや、意味が分かりません。
OSが違えば(XP→98:98→2000)また違う設定が要るんでしょうが、XP→XPでも見れないやつがあるのが解せません。
ちなみに、PINGは飛びます。
ネット、メールも出来ます。
が、特定のPCが見れないんです。
何か原因が考えられるのであれば、是非知恵をお貸しください。
長文、申し訳ありませんでした。

Aベストアンサー

これは、マスタブラウザになるべきマシンが固定していない環境で起こる現象です。
下のURLのNo.2net_lander(私)の回答を参考にしてください。
環境は、少し異なると思いますので、適宜読み替えてください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1127123

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

QIPアドレスのセグメント

とは、どのような事を意味しているのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

多分ネットワークセグメントのことをおっしゃってるのでは?一言で言うとセグメントはグループのことです。
IPアドレス 192.168.10.1
サブネットマスク 255.255.225.0
のPCなら
192.168.10の部分をネットワークアドレス
1の部分をホストアドレス
と呼びます。
同じセグメントのPCとは同じネットワークアドレスを持ったPCということで、例えば
192.168.10.1と192.168.10.25は同一セグメントのPCといえます。また、
192.168.11.1のアドレスをもったPCは別セグメントのPCとなります。
セグメントを分割するのは一般的にはルータというネットワーク機器で分割します。なぜ、セグメントを分割しなければいけないかは、ブロードキャストの問題、台数の制限、管理のしやすさ等さまざまな理由があります。

QPC用OSとサーバー用OSの違いを教えて下さい

技術的な質問ではないのでこちらにて質問いたします。
とりあえずWindowsに絞って。
クライアントとサーバーの違いはわかるのですが、
そもそもPC向けのOS「Windows(Vista,Xp等)」と
サーバー向けのOS「Windows Server(2003等)」とは、
根本的に何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に用途が違うものなので全く別物といえますが、サーバー用OSを選択する理由として、データ共有を多くのクライアントPCで利用したい場合があります。
一般的なPC用OSの場合、データ共有の設定をしても同時のアクセスできる台数に制限があります。XP HOME では5台、XP Pro では10台が同時アクセスする上限になります。これは単に台数ではなくセッション数ですので、1台でも同時に複数のデータをにアクセスしていたりすると、1台で2セッション以上利用していることもあります。従ってネットワーク上にこの上限を超えるパソコンがあり、サーバ機にアクセスしようとすると単なるPC用のWindowsではアクセスが拒絶される場合があります。こうした状況の中ではすべてのパソコンでデータ共有が必ずしも常に利用できる状況にないので、10台以上のクライアントがある環境ではサーバーOSを導入したサーバー機に、共有データを保存しておいた方が問題は少ないです。
そのほかアクティブディレクトリなど、ユーザ管理をサーバで一元管理できる点など、一般的なPC用OSと比べて便利な機能もたくさんあります。
サーバーOS(WindowsServer2003等)は接続クライアント数を必要に応じて追加することができます(1クライアントあたり5,000円くらいのライセンス料がかかりますが)。サーバー用OSは利用できるクライアント数によって値段が違います。

基本的に用途が違うものなので全く別物といえますが、サーバー用OSを選択する理由として、データ共有を多くのクライアントPCで利用したい場合があります。
一般的なPC用OSの場合、データ共有の設定をしても同時のアクセスできる台数に制限があります。XP HOME では5台、XP Pro では10台が同時アクセスする上限になります。これは単に台数ではなくセッション数ですので、1台でも同時に複数のデータをにアクセスしていたりすると、1台で2セッション以上利用していることもあります。従ってネットワーク上にこの上限...続きを読む


人気Q&Aランキング