ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

車の運転にブランクがあり、再開して間もない者です。

上高井戸一丁目交差点(東京都)を、環八通り北側から甲州街道沿い(調布方面)に右折する際の質問です。陸橋の下側を通るルートです。
http://goo.gl/maps/eH6ws

分かりにくくて申し訳ないのですが、陸橋の下が片側三車線(左折・右折1・右折2)となってます。
http://goo.gl/maps/2NJuA
(Google Mapの経路案内では二段階右折のように表示されてしまっていますが、普通自動車での右折の場合です)

右折先の甲州街道が、ちょうど2車線なのですが、こういう場合は当然「右折1から来た車は左の車線へ」「右折2から来た車は右の車線へ」で良いのですよね。

というのも、自分は右折2から右折することが多いのですが、右折1から来た車と接触しそうになってハラハラすることが多く…右折1から来た車が右車線に入ったときもありました。
運転再開して間もない者です、なにかコツや注意事項等あれば是非教えていただけますと幸いです。

おまけ:ちなみに、交通事故ワースト2だそうです…
http://www.sonpo.or.jp/protection/kousaten/kousa …

「右折車線が2車線ある場合のレーンについて」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

右折のしかたは、質問者さんのお考えのとおりです。



運転に慣れた人だと、右折1から右折する時には大きくカーブしてくれるので安心なのですが、運転に慣れていない人だと右折1から右折する際に小さくカーブしてしまって、結果右折2から右折してくる車の進路をふさいでしまいがちです。

また、中には右折した先の左車線に路線バスや路上駐車などがあるのを見て急遽右車線に入ろうと、右折2の流れに割り込んでくる人もいます。

どちらも良くないことなのですが、そういう運転をする人は少なからずいますので、自分が右折2にいる場合には
・なるべく小さくカーブしてやる
・右折した先でファスナー合流できる(右折1の車を前に入れてやる)程度に余裕をもつ

などで自己防衛するしかないと思います。

こちらも動いている以上、きちんと流れに乗って右折していても、万が一事故になった時には必ず前方/側方不注意を取られますので。

この回答への補足

ありがとうございます。
そうなのですよね。道交法上正しいことをしていても、事故に巻き込まれてしまっては結局元も子もないので、こういった実践的なアドバイスは非常に助かります。
気をつけて運転したいと思います。

補足日時:2013/04/23 20:17
    • good
    • 3

右折するのでしたら、右折車線に入ってはいけません。

通行帯違反になります。
右折方向の手信号合図を出して、左側端に寄ってそのまま一旦直進。
質問文の2番目にあるURLに写っている黄色い看板の角で停まります。
そこで車体に向きを右に90度変えて、高架をくぐる方向の信号に従って進むのが正しい走行の仕方です。


道路交通法
(左折又は右折)
第三十四条
3  軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

(合図)
第五十三条  車両(自転車以外の軽車両を除く)の運転者は、左折し、右折し、転回し、徐行し、停止し、後退し、又は同一方向に進行しながら進路を変えるときは、手、方向指示器又は灯火により合図をし、かつ、これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければならない。

道路交通法施行令
(信号の意味等)
第二条
青色の灯火=軽車両は、直進(右折しようとして右折する地点まで直進し、その地点において右折することを含む。青色の灯火の矢印の項を除き、以下この条において同じ。)をし、又は左折することができる。


なお、ご質問が「自動車」の事なのでしたら、質問カテゴリーを間違うような、注意力散漫なとことを直す事から始めれば良いと思います。運転にもそのような性格が出ていると思います。あなた自身にも、周りのためにもぜひ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

カテゴリを間違えてしまい、すみませんでした。おっしゃる通り注意力散漫です、確認を怠らず気をつけたいと思います。
怪我の功名と言ってはなんですが、おかげさまで軽車両の右折の仕方を復習できました。ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/23 20:22

二台並んで右折する訳なので、当然左側の車は左側車線に進まないとぶつかります。

常識でわかることを守らない人がいるから、事故が起こるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。私は再開組なので、とくに気をつけたいと思います。

お礼日時:2013/04/23 20:20

最近の運転の仕方は、ショートカット傾向にあるように思えます。


ひどい車は、交差点の真ん中まで行かずに、停止ラインで止まったまま、まさに斜めにショートカットして右折してゆく車も時折見かけます。
そうなると2車線右折の際には、内側の車は前方を塞がれることになり、質問者様のような状態になります。

私独自の注意点いくつかあります。
1) 右折2の場合、1の車より半分以上先に先行する。
2) 右折1に並ぶ。
3) 前方のナンバー、車種、ドライバーを確認する。
他県ナンバー、汚い車、車高を低くした車、女性が運転する車、ルームバイザーが下しっぱなしの車等は、充分間隔をあける。決して後ろにつかない。

ここ数年運転がラフになって来ています。高齢者ドライバーが増えたのと、手軽に車に乗れるようになったため、十分気おつけてください。


でも質問は、自転車(カテゴリーが自転車になっているので)の事であれば、答えは違ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

意思をはっきりと行動で示す、ということでしょうか。とても参考になります。ありがとうございます。
そして、カテゴリ間違いすみませんでした。事後的に変更できず、自転車になっております。大変失礼致しました。

お礼日時:2013/04/23 20:19

その通りです。


右折2車線(複数車線)などは全国にいくらでもあります。私が通ったところでもいくつも思い出せます。

コツは第一に隣の車線にも気を配ることです。
特に前車との車間距離が開いていると交差点内でも車線変更する車がいますから気を付けてください。

>車の運転にブランクがあり、再開して間もない者です
>自分は右折2から右折することが多いのですが
ペーパードライバーから再開したのですから免許取りたてよりさらに初心者かもしれません。
この場合は左車線を走行するのを基本としてください。右折2とはセンター側ですよね。であれば、右折2ではなく右折1を走行するようにしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。隣の車線に気を配って運転するということ、左車線を走るのがよいとのアドバイス、よく分かりました。

お礼日時:2013/04/23 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車で右折した後に入るべき車線は?

自動車が交差点で右折するときに、右折した先の道路が
片側3車線以上である場合、右折した車両はどの車線に
入るのが法的はに正しいのでしょうか。

道路交通法第34条第2項では
「交差点の中心の直近の内側を徐行しなければならない」
とされていますから、一番右の車線ということで良いの
でしょうか。

Aベストアンサー

右折した場合、一番内側の車線に入るのが規則です。
右折して、一番外側の車線に入る場合は、交差点を斜めに走行する事になり、特例として、一番内側の車線が右折専用の場合は、直進する車両は直進車線の一番内側となります。

交差点での右折では、内側を小回りする走行になっていますから、必然的に一番内側の車線への進入になります。

Q複数車線の道で右折しても良いのでしょうか?

お尋ねします。
近所に片側2車線で、交通量が多く、どの車もかなりスピードを出す国道があります。
両サイドにお店がずっと続いています。

そのような道で、交差点ではない、道の途中の右側にあるお店に、右折して入っても良いのでしょうか?

反対車線もたくさんの車が走っていますので、右折のタイミングを待つために、自車線(追い越し車線)をふさぐことになります。

後ろから来る車にとても申し訳ない気持ちになるのですが、皆様はどのように考えていらっしゃいますか?
交通規則では問題なかったように思うのですが…?

中央線は白の実線です。道によっては実線が2本引かれている所もあります。本数の違いの意味もわからないのですが、宜しくご教授ください。

Aベストアンサー

元、指導員です。

>交通規則では問題なかったように思うのですが…?

皆さんの回答からも想像できますが、ほとんどのドライバーは、「避けた方が無難だが、違反行為ではない」と解釈しているものと思われます。

しかし、実際には(状況により)禁止事項として明文化されています。

質問者様、回答者の皆さん、閲覧されている方々、もし教習所で使った学科教本などが手元にあれば、「横断、転回などの禁止(道交法第25条の2)」を再度お読みになってみて下さい。

お手元に資料のない方のために、原文ではなく学科教本の内容を書き写してみますと

【横断、転回などの禁止】
(1) 他の交通を妨害するおそれのあるときの横断などの禁止 -法25の2・(1)-

「車は、歩行者の通行や、他の車などの正常な通行をさまたげるおそれがあるときは、横断や転回や後退をしたり、道路に面した場所に出入りするために右、左折や横断をしたりしてはいけません。」


という法令の存在が明記されています。

ちなみに、状況を図解した挿絵と一緒に書かれた説明には
「他の交通に迷惑をかけるような横断、転回、後退をしてはいけません。」とあります。

そして、第25条の2・(2)としては皆さんが仰るとおり
「標識などによる横断、転回の禁止」です。

◆ご質問のような事例は日常的に見られるものですが、教習所での指導(教育)が不十分であったり、免許取得後に忘れてしまうなど、法令として記憶に残らない代表格かもしれませんね。

何を持って「他の交通の正常な通行を妨げるおそれがある時は…」と判断するかは、ドライバーごとに温度差があるかと思いますが、誰の目にも「危険/非常に迷惑」と映るのであれば、違反行為と考えて良いのではないでしょうか。

仮に違反行為とまでは言えない場合であっても、交通の状況によっては、皆さんが書かれたように危険防止の観点からも、横断(右折)は避けるのが望ましいと思います。

◆実線2本の中央線は、No.3さんが書かれた通り強調する狙いです。
中央分離帯がなく、制限速度の速い多車線路などに多く引かれており、それが中央線であることと、絶対に右側へはみ出してはいけないことを強調する目的と考えられます。

このQ&Aが多くの皆さんの目に留まることと合わせて、(進路変更の)合図を出している車両への妨害が減ること、そして学科教本をお持ちの方が再度お読みになることを願います。

元、指導員です。

>交通規則では問題なかったように思うのですが…?

皆さんの回答からも想像できますが、ほとんどのドライバーは、「避けた方が無難だが、違反行為ではない」と解釈しているものと思われます。

しかし、実際には(状況により)禁止事項として明文化されています。

質問者様、回答者の皆さん、閲覧されている方々、もし教習所で使った学科教本などが手元にあれば、「横断、転回などの禁止(道交法第25条の2)」を再度お読みになってみて下さい。

お手元に資料のない方のために、原文で...続きを読む

Q2車線同時に右折後の合流での優先車線はどちら?

二車線が同時に右折出来る交差点があり、右折後はすぐ一車線になる為右折してもすぐ合流しなければならない道路があります。

先日その交差点が赤信号で右側が一台もなく、左側には二台信号待ちだったので空いてる方がいいと思い右に止まりました。

青になり右折し合流のポイントで、左側の二台のうちまず一台目が合流しました。
しかし左側の二台目はスピードを緩めることなく当方の車と並走しており、ウインカーも出さず無理やり合流してきました。

こちらはスピードを上げたりもせず、右折後と同じスピードで走っており一台目との車間距離も充分に取っておりました。

なんだか腹立たしく感じたのですが、信号待ちの順番的には左側車線の二台の方が先でこちらの方が後でしたが、合流の時の優先順位に関係してきますか?
それともこちらがスピードを下げてまで並走している車に道を譲らないといけなかったのでしょうか…?

Aベストアンサー

>信号待ちの順番的には左側車線の二台の方が先でこちらの方が後でしたが、合流の時の優先順位に関係してきますか?
関係無いよ。

右折とかなんだとか関係無く、本線と合流車線では本線が優先で、合流側はそれを妨害しちゃいけない。
これは道路交通法 第75条の6で規定されている。
あなたは譲る必要はない。
もちろんこれは決まりだから守られるべきだし守るべき。
だけど私は危険な事態が発生するのなら、多少ルールは曲げてしまっても良いんじゃないかと考えてる。
今回の件は、2台目の合流車がちょっと頭の悪い奴で、「オラオラ!俺が先じゃボケ~!」というたちの悪い輩だと予想される。
そんな奴が後ろに付いたら、無駄に煽ってきたりなど自分に危険が及ぶ可能性が高い。
従って私ならばそういう頭悪そうな輩にはこちらが優先でも先に行かせて、自身の危険を回避する。
交通ルールはみんなが安全に走行する為に作られたものであって、その本質が「安全」である限り、「安全」を取るのが大事だと思う。

Q右折車線が2車線の時の2段階右折

 以前の質問を調べたのですが、見つからなかったので質問します。

 タイトルの通りなんですが、ウチの近くに3車線の道路があります。(2車線から交差点前で3車線に増えます)
 うち2車線が右折専用で残りの1車線が直進・左折の車線になるのですが、この場合、特に標識で右折方法が指定されていなければ、2段階右折をしなければならないのでしょうか?

 いつも通るのですが、誰も2段階右折なんてしてないので、気になってしまいました。

Aベストアンサー

右折専用レーン等を含めて片側3車線以上ある場合は二段階右折の義務があります。ですから今回の質問では「二段階右折を行う」のは正解です。

まわりの人が二段階右折をしないのは「法律を知らない」「面倒」というだけであり、それを見習ってはダメですよ。

No1>2段階右折しなけりゃならない交差点って、標識が出ていると思うのですが、

3車線以上ある場合は標識の有無に関係なく二段階右折の義務があります。
2車線以下でも二段階右折の必要がある場合には「二段階右折せよ」という標識があります。
逆に3車線以上あっても二段階右折の必要がない場合に限り「二段階右折禁止」の標識が立てられます。
ですから今回は3車線以上で禁止標識がないので二段階右折は必須です。

関連URL:http://www.pref.shiga.jp/police/
{ふれあい通信 第4号 信号機のはなし2 (PDFファイル)}

Q一車線の道路が二車線に分かれる場合、直進はどっち?

今まで一車線の道路を走行していて、交差点に差しかかる手前で、二車線になる場合がありますよね。そんな時、右折や左折する場合ならどちらに並べばいいのかは自明ですが、直進したい場合は、どちらに並んだらいいのかいつも悩みます。三つある行き先に対して、選択肢が二つしかないからです。
だったら車間距離を空けておけと言われそうですが、都内の幹線道路など常に渋滞してる道路では、路上の矢印や、頭上の看板も大型車の陰に隠れてしまい確認できないことが多いです。
なんとなく比較的こむ登り側が単独一車線、下り側が直進と兼用のような気もしますが、それだって朝と夕では逆転する気もします。
また、三車線に分かれるので安心して真ん中を選んだら、右二車線が右折、左側一車線が直進と左折なんて意地悪なときもあったりして、本当によくわかりません。
こういった場合、直進は右車線に振り当てられてるのか、それとも左なのか、決まった法則はあるのでしょうか?
もし初めての交差点だとしたら、あなたはどちらに並びますか?

Aベストアンサー

初めての道で何の情報もなかったら、
「左折・直進」と「右折」に分かれているものと思います。
2車線道路で右折と直進の兼用は経験的には見たことがありません。

Q交通法規;右左折時の車線について

片側二車線同士の交差点にて右左折する場合の、通行すべき車線について教えてください。

例えば左折する場合、左折専用レーンから、交差する道路の右側車線に入ることは違反でしょうか?

───┘ │ └─

───     ──

───  +  ──
←←←
───     ──

───┐↑│ ┌─
このような左折方法です。
(図がずれていたらすみません…)

右左折時には交差点の中心のすぐ内側を通行するというルールに従うのであれば、むしろ正しい左折の方法にも思うのですが、

対向車が右折してきた場合を考えるとやはり手前の車線に入るのが正しい気もします。

お返事をお待ちしています。

Aベストアンサー

違反ではありません。
たとえばそこで左折した直後にすぐ右折する場合にはそのように左折する必要があるとさえ言えます。

また、現在走行中の車線にも左折レーンが2本ある場合がありますが、進路変更を禁止する黄色の線が引かれていない限りは交差点内でも進路変更は禁止されていませんので、左折前は左から二番目のレーンに居たのに左折後にいちばん左のレーンに入るということがそれ自体は違法ではありません。
ただし、みだりには車線変更せず用事がなければインコースはインコース、アウトコースはアウトコースに入るのが原則ですので事故を起こした場合の過失割合には関わって来ます。もともとそのレーンを走っている車に優先権があるので、前に割り込むという解釈になりますから、車線変更の必要がある場合はよく安全確認をしてレーンを変え(進路変更し)て下さい。真後ろからつっこまれたら後ろの車の前方不注意が色濃くでますが、相手の横っ面にお尻を当てると無理な割り込みが色濃くなります。

都会では右左折専用レーンが2本3本と並んでいるような交差点は多々ありますので、自分がそのような運転をしなくとも自分の前を走る車がそのような走行を合法的にしうるという事をよく肝に銘じて事故のリスクを減らしましょう。

違反ではありません。
たとえばそこで左折した直後にすぐ右折する場合にはそのように左折する必要があるとさえ言えます。

また、現在走行中の車線にも左折レーンが2本ある場合がありますが、進路変更を禁止する黄色の線が引かれていない限りは交差点内でも進路変更は禁止されていませんので、左折前は左から二番目のレーンに居たのに左折後にいちばん左のレーンに入るということがそれ自体は違法ではありません。
ただし、みだりには車線変更せず用事がなければインコースはインコース、アウトコースはアウトコ...続きを読む

Q右左折時の減速のタイミング

現在教習所に通っていて路上教習をしています。

交差点で右左折時に減速があまりできてなくてスピード出しすぎでよく注意されるのですが、どうすればいいのでしょうか?
ミラー確認し、30m手前くらいでウィンカーだし、幅寄せしつつ減速チェンジ、歩行者等確認して右左折と習いました。ウィンカー出すくらいからアクセル離して、30m手前でブレーキ踏み始め、30m使って減速しようとしているのですが、50km/hとかで走っていると30mじゃ減速しきれません。
もっと早くブレーキ踏めばいいんでしょうか?それとも30mでもっと急激に(?)減速していいんでしょうか?あまり早くブレーキ踏むと後ろの直進車に迷惑なのでは?と思ってしまいます。

また右左折後アクセルを踏むのはどのタイミングなんでしょうか?
左折の時はゆっくり行けるのですが、右折の時片側2〜3車線の道路だとあまり交差点の中央でもたもたしてられない気がして、若干アクセルを踏みながら20km/hくらいで右折してしまいます。いろんな一般者を見てもスピード出して右折していると思います。それでは徐行ではないと怒られますが、対向車の途切れ目で右折する時も10km/hで走行するのが正しいんですか?

現在教習所に通っていて路上教習をしています。

交差点で右左折時に減速があまりできてなくてスピード出しすぎでよく注意されるのですが、どうすればいいのでしょうか?
ミラー確認し、30m手前くらいでウィンカーだし、幅寄せしつつ減速チェンジ、歩行者等確認して右左折と習いました。ウィンカー出すくらいからアクセル離して、30m手前でブレーキ踏み始め、30m使って減速しようとしているのですが、50km/hとかで走っていると30mじゃ減速しきれません。
もっと早くブレーキ踏めばいいんでしょうか?それとも3...続きを読む

Aベストアンサー

>対向車の途切れ目で右折する時も10km/hで走行するのが正しいんですか?

その通りです。 教習中はその旨車に表示が付いていますから、周りも理解してくれます。
道交法では、右左折時には徐行が義務付けられていますが、速度の数値は示されていません。
自転車や歩行者が目の前に飛び出てきても止まれるスピードで、一般的には10km/h以下とされています。
実際には皆さんもう少しスピードが出ておるようですが、事故になれば徐行違反で点数が加算される筈です。

>50km/hとかで走っていると30mじゃ減速しきれません。

スピードの出し過ぎです。
ウィンカーを出す時点で、30km/h位までに減速しないと。

>・・・後ろの直進車に迷惑なのでは?
>交差点の中央でもたもたしてられない気がして・・・

今はあなたの感情は封印して、道交法に沿った運転技術を身に付けることに専念して下さい。

で、教習の教官からは何の指示も無いのですか。

Q対向車が左折なら自分は右折してもいいですか。

軽自動車に乗って交差点で片側1車線の道から片側2車線の広い道へ右折する場合ですが
前の対向車が左折するなら自分は右折してもいいですよね。
右折して2車線の道の右側車線へ入れば特に問題は有りませんよね。

Aベストアンサー

構わないのですが、一つだけ注意してください。
左折車は「右折車が右折した後にどちらの車線に入ろうとしているのか」が分からないことです。
右折車も「左折車が左折した後にどちらの車線に入ろうとしているのか」が分からないことです。

つまり、左折車が左折後直ぐに右側車線に入りたい、右折車は右折後左側車線に入りたい、という場合がある、ということです。
左折車は左折後右側車線に入りたいわけですから、左折しながら右側車線に入ろうとします。
よくある左折の仕方です。

この時、左折車と右折車が同時に広い道に入るという状況だと非常に危険です。
右折車はあくまで左折車の後ろから入って、左折車の動向を確認する必要があります。
右折車は左折車を信用してはいけないということです。
「~だろう」「~のはず」という思い込み運転は事故に直結です。

左折車が安全確認などで動きが遅く、右折車の方が先に右折してしまう(割り込むように見える)というのもよく見かけますが、左折車がアクセルを一気に踏み込んだ場合など、見ていてヒヤッとします。

交差点は事故の宝庫です。
十分気をつけてください。

構わないのですが、一つだけ注意してください。
左折車は「右折車が右折した後にどちらの車線に入ろうとしているのか」が分からないことです。
右折車も「左折車が左折した後にどちらの車線に入ろうとしているのか」が分からないことです。

つまり、左折車が左折後直ぐに右側車線に入りたい、右折車は右折後左側車線に入りたい、という場合がある、ということです。
左折車は左折後右側車線に入りたいわけですから、左折しながら右側車線に入ろうとします。
よくある左折の仕方です。

この時、左折車と右折車が...続きを読む

Q卒業検定どうしたら、受かるのですか?

今日、3度目の卒業検定に落ちてしまいました。
いい加減、3度目なので、比較的受かりやすい日を予約しました。
日曜日は、道が空いていて、比較的受かりやすいと聞いていたのに、
その日曜日(今日)に落ちてしまいました。
補修では、いつも問題なく、「どうして、これで落ちたのかねえ?」
と指導員にいつも首を傾げられます。
だけど、検定になると、交差点前にいきなり3台も駐車していたり、
歩行者が飛び出してきたり…、と普段ないような状況が出てきて、
なんで、検定の時に限って…!?というような状況になり、
普段楽に通っている道も別の道に見えてしまいます。

間をあけずにやった方が良いと言うから、落ちてもすぐ補修、
検定を入れてやっているのに、
補修だと順調で検定だと引っ掛かってしまいます。

慎重になればなるほど、変なミスを重ねてしまったり、
どんどん悪循環になっていくようで、
もうどうして良いのかわかりません。

仮免から二段階まで順調だったのに、最後にきて、
こんなにてこずるとは思いませんでした。

お金もかかるし、もういい加減、検定員に逆切れしそうです。

3月1日までに検定が受からなければ、無効になってしまいます。
2月は日数が少ないのと、学生が多いので予約がとりずらく、
余計に精神的に追い込まれてきます。
一体、どうしたら受かるのでしょうか?
今日落ちて、かなりまいりました。

検定で手こずった方の体験談や、何かお知恵を頂けたらと思います。
どうか、よろしくお願い致します。

今日、3度目の卒業検定に落ちてしまいました。
いい加減、3度目なので、比較的受かりやすい日を予約しました。
日曜日は、道が空いていて、比較的受かりやすいと聞いていたのに、
その日曜日(今日)に落ちてしまいました。
補修では、いつも問題なく、「どうして、これで落ちたのかねえ?」
と指導員にいつも首を傾げられます。
だけど、検定になると、交差点前にいきなり3台も駐車していたり、
歩行者が飛び出してきたり…、と普段ないような状況が出てきて、
なんで、検定の時に限って…!?というよう...続きを読む

Aベストアンサー

まず、曜日ですが「土日祝祭日」は逆に「避けた」方がいいですよ。

理由は簡単「休みの日にはワケわかんないヤツがウロチョロしてるから」。。。
乱暴な言い方になってしまいますがこれが「現実」です。

「休みの日」には「子供や運転不慣れなサンデードライバー、ママチャリの買い物おばさん」これら「危険な奴等」(「動く赤信号」みたいなもんです)が多いのは事実ですから。

検定は「日中」に行われますよね?「危険な奴等」がいないのが、実は「平日の日中」なんです。
子供は学校、サンデードライバーはいない、ママチャリのおばさんも日中には買い物しない。
おまけに日中なら通勤通学の車や自転車、バイクも少ない。

逆に「平日の日中」は運転に慣れてる「仕事関係者」なんかの車が多いので、「検定車」を見たら「優遇したり避けたり」してくれます。

運転不慣れな「サンデードライバー」はこの「優遇したり避けたり」が出来ないんです。(自分だけで一杯x2ですから)
子供やおばさんは検定車に対して「お構いなし」です。

検定は「100点からの減点方式」で「一種」ならば「70点」が合格ラインです。
しかし、ちょっとした事で「10点」とか平気で「減点」されます。
まして、危険な運転があれば「20点」とかボコっと逝かれます。

恐らくなんですが、質問者さん。。。「細かいミスが」が多いんじゃないですか?
「細かい」のでも5点、10点と引かれれば合格ラインの「70点」なんて簡単に割り込みますよ。

主に多い「細かいミス」としては「安全確認の目視」ですね。
この「目視」はあらゆるトコロに「在り」ます。
発進、停車、切り返し時の後退などなど、、、

「縁石乗り上げ」とか「一時停止場所不停止」なんてのは「無い」んじゃないかな?
「指導員も首傾げる」って事は「決定的な事」は「やってない」でしょうね。

確かに「路上」ではいろいろな「事」が起こります。
「免許取得者」でも「対応に迷う事」が起こるのは事実です。

ですが、その「事」に対して「如何に対応しているのか?」が問われるんです。

「危険な事」が「起きそうである」と「判断するかどうか?」そして「その危険な事」に対して「如何対応するのか?」を検定員は「見てる」んです。

「検定の時」に限って「人が飛び出して来た」って言うなら、それは「運」でもあります。
が、しかし、そんな「状況」を「如何に予想」して「如何に判断」して「如何に対応」するか?
「出てきそうなヤツ」がいるならば「注視」して、それを「警戒」して安全な走行をすれば、検定員は「その注視」を見ています。
逆に「注視してるかどうか?」を見てるんです。

信号が「青」から「黄」になるかどうかの「タイミング」は歩行者側の信号の様子から推察出来るはずです、また、推察しなければならないのです。現実には難しいです。

ある種「演技」を「採点してもらう」って部分もあります。

適度な「緊張」を持ち「落ちついて」運転操作するしかありません。

「検定」の基準に挙げられているでしょう?
「円滑な運転操作」ってね、これって「落ち着いて」って事なんです。

長々書いてしまいましたが「落ち着いて安全確認を怠らず運転」してください。
必ず「合格」しますから。。。

まず、曜日ですが「土日祝祭日」は逆に「避けた」方がいいですよ。

理由は簡単「休みの日にはワケわかんないヤツがウロチョロしてるから」。。。
乱暴な言い方になってしまいますがこれが「現実」です。

「休みの日」には「子供や運転不慣れなサンデードライバー、ママチャリの買い物おばさん」これら「危険な奴等」(「動く赤信号」みたいなもんです)が多いのは事実ですから。

検定は「日中」に行われますよね?「危険な奴等」がいないのが、実は「平日の日中」なんです。
子供は学校、サンデードラ...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング