「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

中世ヨーロッパでの貴族の男女関係について教えてください。

昔は、家柄や爵位等で貴族同士の結婚が行われたと思うのですが、やはりキリスト教の教えにより、ヨーロッパでは女性に処女を求めていたと思います。
ですが、やはり貴族の独身男性が結婚するまで女性と関係を持たないことは無理だと思うので、独身貴族はどうしていたのでしょうか?
そういうお店にももちろん行ったと思うのですが、その他は、貴族の娘ではない庶民の娘に手を出していたのでしょうか?
また、貴族の娘はやはり処女ではなければいけないのでしょうか?結婚して、実は処女ではなかったということはなかったのでしょうか?

A 回答 (2件)

>やはりキリスト教の教えにより、ヨーロッパでは女性に処女を求めていたと思います。


初耳ですが、その根拠は何なのでしょうか?
中世ヨーロッパ貴族間の結婚で、処女が求められた事を聞いたことがありません。
むしろ、家柄や状況が重要だったはずです。

>やはり貴族の独身男性が結婚するまで女性と関係を持たないことは無理だと思うので、独身貴族はどうしていたのでしょうか?
下女などに手をつけていました。

>そういうお店にももちろん行ったと思うのですが
ありえません。

>貴族の娘はやはり処女ではなければいけないのでしょうか?
そういった事が求められたと聞いたことがありません。

>結婚して、実は処女ではなかったということはなかったのでしょうか?
夫を亡くした人との結婚は、当たり前に行われていました。
イギリスのヘンリー2世の妻エレアノールは、ヘンリー2世と結婚する前に、女の子2人の子持ちでした。
当時は、政略結婚であるため、相手に子供がいようが、関係ありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼が遅くなり、すみませんでした><

とても詳しく質問に答えてくださり、本当にありがとうございました。
とても助かりました><

お礼日時:2013/08/30 23:02

yuminn22 さん、こんにちわ。





・昔は、家柄や爵位等で貴族同士の結婚が行われたと思うのですが、やはりキリスト教の教えにより、ヨーロッパでは女性に処女を求めていたと思います。
特にそんなことはないと思います。

プランタジネット朝のヘンリー2世の妃、アリエノール・ダキテーヌは離婚経験者でしたし、エドワード3世の皇太子エドワード(ブラックプリンス)の妃、フェアメイドケントのジョアンは未亡人でした。ここから相手の女性の家格や人脈、資産あるいはその相続権といったものが重要視されていたと思います。たぶんに政略的です。



・ですが、やはり貴族の独身男性が結婚するまで女性と関係を持たないことは無理だと思うので、独身貴族はどうしていたのでしょうか?
そういうお店にももちろん行ったと思うのですが、その他は、貴族の娘ではない庶民の娘に手を出していたのでしょうか?
これは私にはわかりません。

しかし、一例としてエドワードの弟ジョンオブゴーントの愛人キャサリン・スインフォードの場合は彼女は騎士身分の出身で、彼の家に侍女として仕え、家庭教師として彼の子女を教育していたらしいです。たぶんこの辺のパターンが記録に一番多いでしょう。こういう関係は女性の方が名門ではない分、人間的な恋愛関係も存在したと思います。

また、貴族の娘はやはり処女ではなければいけないのでしょうか?結婚して、実は処女ではなかったということはなかったのでしょうか?
私にはわかりませんが、たぶん女性が初婚の場合は重要でしょうが、既婚者の場合は重要ではありません。



詳細な内容についてはURLを参照してください。

ジョーン・オブ・ケント
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7% …

アリエノール・ダキテーヌ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA% …

ジョン・オブ・ゴーント
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7% …

キャサリン・スウィンフォード
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼が遅くなり、すみませんでした><
とても詳しくて、そしてURLまで教えてくださり、本当にありがとうございました。
とても助かりました><

お礼日時:2013/08/30 23:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中世ヨーロッパの貴族の娘で

中世ヨーロッパの時代に、身分の低い出自の女性が身分の高い男性の娘を産んだ場合は、その娘は一体どういったところに嫁ぐのが一般的だったのでしょうか? 母の身分の低さが気にされるのか、父の身分が気に掛けられるのか、どちらなのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

身分の高い男性と低い女性の間に子供が生まれる場合、2つのパターンが考えられます。
(1)正規の結婚をした
(2)結婚はせずに、子供だけが生まれた

(1)の場合、相手が貴族ではなくても商家などの女性ということであれば、比較的あった話でしょうし、その場合は、妻になった女性は肩身の狭い思いをしても、形式的には普通の妻の扱いを受けたと思います。となれば、子供も同じ扱いだったはずです。
ただ、それよりもさらに低い身分、農民や召使などの女性との結婚はかなり難しかったのではないかと思います。おそらく駆け落ちをするとか、男性の権利を制限されたりはく奪されたりして、その子供も当然爵位や財産を相続できなくされた可能性が高いかと思います。また、男性自身が一人っ子だったりした場合は、結婚自体が許されなかったかもしれません。

(2)の場合は、非嫡出子ということになります。
ヨーロッパはキリスト教の影響で一夫一婦ですから、非嫡出子には一切の権利は与えられなかったのではないかと思います。なので父親の元で養育される可能性は低く、母親が子供を連れて男性の元から去るとか、母親の実家や他家に預けられることが多かったのではないかと思います。
仮に男性側が多少権力を握っていて、その親子を手元に置いておけるとしても、所詮非嫡出子ですからまともな縁談は考えられないでしょう。よくて男性より明らかに身分の低い貴族に嫁ぐか、あとは修道院に入れられるかですね。

ちなみに近世まで、身分の高い女性で、結婚できない事情のある人は女子修道院に入れられるケースは多かったようです。

身分の高い男性と低い女性の間に子供が生まれる場合、2つのパターンが考えられます。
(1)正規の結婚をした
(2)結婚はせずに、子供だけが生まれた

(1)の場合、相手が貴族ではなくても商家などの女性ということであれば、比較的あった話でしょうし、その場合は、妻になった女性は肩身の狭い思いをしても、形式的には普通の妻の扱いを受けたと思います。となれば、子供も同じ扱いだったはずです。
ただ、それよりもさらに低い身分、農民や召使などの女性との結婚はかなり難しかったのではないかと思います。おそら...続きを読む


人気Q&Aランキング