「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

安価で小さく軽いデジタルアンプを使うようになりましたが、以前使用していたSANSUI AU-α907NRAやSONY TA-F555ESXなどの 重くデカイアンプとの差をあまり感じません。
重くデカイアンプを使っていた時にはデカイ ケミコンや重いトランスが有っての音質だとばかり考え、疑ってなかったのですが、重量1/20以下で大きさも片手で握れるくらいのデジタルアンプが音が軽くなることもなく同様に高音質なのが不思議です。

デカイ ケミコンや重いトランス、シャーシなどはデジタルには要らないものなんでしょうか?
逆にアナログアンプだと無いとまったくデジタルアンプには太刀打ちできないものでしょうか?

「安価で小さいデジタルアンプと重くデカイア」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

イく」に関するQ&A: 彼とのエッチでイくことができなくて悩んでいます。 私自身、行為中はきもいいいと感じていますし、幸せで

アンサープラス

ヤマハの低価格アンプの品質について記載されています。

参考になるでしょう。

株式会社インプレス  6万円と13万円のAVアンプは何が違う? ヤマハの自信作「RX-A1040」の上位機っぷりを聴く
http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/661170. …

A 回答 (18件中1~10件)

別件で検索してたら出てきたのと、まだ締め切られてなかったのと、論理的な回答してる人がいないぽいので少々。



アナログアンプの電源でも、今の技術を使えば、ホントは、でっかいトランスやコンデンサやパワトラなんかいらないんですよね。
オーディオなんかより遥かに「クリーンで強力な」電源を使う理化学の分析装置なんかは全部スイッチング電源です。シャーシだって、オーディオオタクが喜ぶような荒唐無稽なものは使ってません。

数千万~数億円の理化学機器では電源を別のラックに納めてる場合が多いですが、これはノイズの影響を極力避けるためと、装置の配置に自由度を与えるためです。

安っぽいアナログPWM変調のデジタルアンプはACアダプタ使ってますが、意外と理にかなった構造といえます。電源部分は内蔵するより外付けにしたほうが、どう考えてもノイズ的に有利ですから。

電源機は、インピーダンスが低くノイズが少なければなんでもいいんです。そして今の最先端の技術でそういったものを作ろうとしたら、スイッチング電源しかありえません。

理化学機器でも新幹線でもソーラー発電でもハイブリッドカーでも、みんな高効率で低発熱でコンパクトで低インピーダンスで安価なスイッチング回路になってます。実用上はその方が良いという証拠です。

じゃあなぜオーディオだけは今でも馬鹿みたいに大きな低能率のトランスやらコンデンサやらパワトラに巨大ヒートシンク積んでるかといえば、その方がメーカーが儲かるしオタクが喜ぶからに他なりません。
車のエンジンで例えたら、直噴EFI使わずにわざわざキャブレター使うようなものです。燃費も始動性も悪くコストもかかりますが、マニアにウケます。

オーディオごときに使うような電源は、パソコンに使う程度の電源と大差なく、とても軽くコンパクトで安価につくれてしまいます。数十万のアンプに入ってる電源部分は、スイッチングのACアダプタだったら、2000円もかからずに作れる事でしょう。まったく性能は同じか、逆にいい筈です。

電源以外の、筐体の剛性なんかも、電磁シールドと振動以外についてはプラシーボです。厚いアルミ板なんか使うよりも軽合金と樹脂の複合材料とか、制振鋼板使ったほうが安価で性能高いでしょう。見てくれは安っぽいですが。

でもそれで得する人はだれもいません。じゃんじゃん熱出して重くて高くてなんの意味もないシリーズ電源を使い、分厚く高価な削り出しアルミ筐体が、メーカーもオタクもウィンウィンになれる、それだけの話です。

スイッチング電源にデジタルアンプ入れたら性能良すぎてしまって、メーカーとして大変困ったのがパナのSU-XR57とかあのへんでしょうね。
    • good
    • 146

ソウルノートの高級デジアンとYAMAHA A-S2000で SPはモニター系のB&W805Dで


比較しましたが、ヤマハで出ている音がデジアンデは特にこの比較の場合
低音が、気のせいでもなく紛れもなく完全に出し切れていませんでしたよ。
差があったので完全に違いがある例もあると断言できます。
しかも微妙な差でもなく、だれでも判る大きな差でした。
軽くて省電力でそれなりに高性能は評価できますが、悪い物は悪いということです。
    • good
    • 40

デジタルアンプとアナログアンプではやはり音は違います。


デジタルアンプ同士でもチップが変わればやはり違います。

また、デジタルアンプでもトランスなど電源の大きさは出力次第です。
500Wや600Wという出力ならそれに見合う電源は必要ですから20Wのものと比べると大きなトランスなど必要でしょう。
また、電力効率が高い(ロスが少ない)のでその分を差し引いた電力でまかなえるため
その分必要な電力が下がるので当然電源も小さくなります。

所有しているデジタルアンプでは出力20WのものだとACアダプタですが100Wのものはトランスにケミコンが入っていて
アンプ部分より電力部分の方が圧倒的に重いです。

ちなみに所有しているA級で動作できる古いパワーアンプには缶ジュースなみのヤツが
4個入ってます、充電状態で触れたら一発で天国に行けそうな感じです(^^;
    • good
    • 21

デジタルアンプ → スイッチング電源



アナログアンプ → トランス、チョークインプットまたはコンデンサー
リップルをどう減らすか、それは、アウトプットトランスに直接影響

トランスの鉄材の材料、アナログアンプはいろいろと人により作りが違う。

オーディオ、音、音質、音楽を聴く、それで自分にあっていればいいのでは。
    • good
    • 12

A No.13 HALTWO です。



失礼「20A (20W/h) 」は 「20A (2000W/h)」ですね。0 が 2 つ抜け落ちました。 MDR CD900ST も NDR になっているし(笑)。

高域再生能力 Test の方法を御教えしておきます。

よく似た音がする Glass Bell (風鈴など) と Metal Bell (MIni Cow Bell など) の音を信頼できる Microphone と Recorder 使い Headphone Monitor しながら録音し、どちらがどちらの音か判らないように並び替えて再生してみてください。

よく似た音とは言っても Glass と Metal では Attack 音も響鳴音も微妙に異なるので、その辺りを Check Point にすれば聴き分けられる筈です・・・少なくとも録音 Monitor している時は「はっきりと違う」と思っていることでしょう。・・・でも Speaker から出てくる音を聴き分けるのは案外難しいものですよ。

Jazz が好きて、未だに 15kHz 以上を聴覚できる人ならば Sizzle Cymbal の音が入っている CD を使って生演奏で聴いた時の音との違いを確認してみるという手もあります。・・・大抵の Amplifier、Speaker は聴こえはするけれども質感は全滅だろうと思います(^_^;)。・・・私も BOSE M901CSIV に INFINITY Emit-k Super Tweeter を加えて頑張りましたが、遂に納得の行く音は得られず「超高域は出ていれば良いや。位相歪など厳密に感が出したらキリがないし、この程度の投資で何とかなるものではないだろう」と諦めました(笑)。

私はかつて友人を被験者にして 2 度実験を行ったことがあります。

音楽課の学生であった友人は隣の部屋で鳴らした 2 つの Bell の音を確実に聴き分けていました。

その音を私は SONY MDR600V Headphone で Monitor しながら、普段使い慣れていて録音技術には自信があった ELECTROVOICE RE20 Microphone と MARANTZ PMD430 Cassette Tapecorder で TDK SA Tape に録音し、PHILIPS DFA1000 (MARANTZ PM99SE) を介して BOSE M901CSIV で再生した音を友人に聴かせたのですが、正答率が 50% 以下になったのには正直 Shock でした(笑)。

何が Shockって当時の私の Audio System は日本の定価では愛車 ISUZU TROOPER (BIGHORN) よりも高額でしたから(T_T)・・・。

その後も McIntosh C34V だの DENON DVD5000 だのと、車を買えるほどの投資を Audio にしてしまいましたが、現在の System は APPLE MacBook の iTunes 出力を STYLE AUDIO CARAT TOPAZ SIGNATURE で Analog に Decode して SONY MDR CD900ST と MDR7506 で Monitor しながら、高域の荒れを真空管で上手くごまかせる ELEKIT TU-H80 で DAITO VOICE F120C85-1 (12cm Full Range) 自作 Speaker を、S.M.S.L AMP03 で FOSTER C160L09-1511 (16cm Woofer) 自作 Super Woofer を駆動するというもので、MacBook 以外の Audio 機器は総額 10 万円にも満たないものになっています(笑)・・・真空管やら抵抗やら Speaker Cable やらに 10 万円近く使っていますが(笑)・・・「Glass Bell と Cow Bell の違いを出せるか?」って?・・・最近、里山の鳥声が気に入ってきたので、そのうち適当な Field Recorder を加えようかと思い始めていますが、多分「Glass Bell と Cow Bell の違いを出す」のは無理です(爆笑)!。

でも、12AX7 真空管と Paper Cone Speaker の音って美味しい(笑) んですよね。

好きなときに好きな音を楽しめ、あれこれ手を加えてもっともっと素敵な音に変えて行くという過程は飽きないものですよ。

素敵な Audio Life を(^_^)/
    • good
    • 14

>デカイ ケミコンや重いトランス、シャーシなどはデジタルには要らないものなんでしょうか?



要りません。

Digital Amplifeir は音を作り出している数百 kHz (TA2020 の場合は 100kHz~1MHZ 可変) という Pulse さえきちんと出力できれば良いのですから、例えば 1MHz の Pulse を並べて 20Hz の波形を作り出す場合でも、連続で 1MHz の Pulse を最大出力できる能力さえあれば良いこととなります。

重い Chassis は日本市場独自の市場戦略で創りだされた妄想です。

重いのは何故?・・・振動させにくくするため?・・・それならば何故、回路基盤を Sorbothane などの制振材を咬ませて Floating させないの? ・・・Amplifier を開けてみれば判りますが、Chassis に Screw で直付けされており、Chassis を叩けば Transistor に直接響いてしまいますよ(笑)。

重くしたければ鉄を使えば良いだろうし、木枠に Concrete を流し込んだって良いでしょう?

何故 Aluminium Die-cast を使うの?・・・電波を遮断したいから?・・・だったら何故、回路基板を Teflon Spray で Coating しないの?・・・Tefron Cable は数ある Cable の中でも抜群の電磁波遮断性を持っているし、Fly-Pan に Coating されているぐらいなので回路基板の Glass-Epoxy よりも熱に強いのに(笑)。

私は 20W/8Ω ×2 の出力を持つ McIntosn C34V (下写真左) という日本では 58 万円もした Amplifier を暫く愛用した経験がありますが、C34V は重量級 Chassis ではないし、Chassis は鉄、電源 Condensor は 6800μF 2 本でしたよ。

その後 BOSE AWMS-VIA (下写真右上) という 28 万円の CD Radio Cassettecorder の方が良い音がするので McIintosh C34V と DENON DVD5000 は SONY NDR CD900ST Headphone 専用機に(笑)・・・BOSE AM5 III Speaker は BOSE AWMS-VIA の音を再現すべく解体して自作 Speaker に変貌しました(笑)。

その BOSE AWMS-VIA の中身なんて、電源 Condensor は 340μF 2 本です(下写真右)。

本当に電源が大切なのであれば 20A (20W/h) 流すと Fuse が吹っ飛ぶ AC 電源など使用せずに 12V40AH (480W/h) の車載用 Battery を 8 基直並列接続した最大 96V40AH から 12V320AH (3840W/h) の DC 電源を大型 Condensor と Zener Diode を介して各回路に供給してやれば AC 電源に伴う電源 Noise なんてのも皆無になる筈でしょう?・・・しかも 3840W/h に耐えられる巨大電源ですよ(笑)。

値段は上手く作れば 10 万円台で済むでしょうから、良心的な 100 万円の Amplifier ならば DC 電源内蔵にすべきでしょう。・・・かつて TECHNICS が 120 万円する DC 駆動の Amplifier を作ったことがありましたが・・・。


私は MARANTZ CD80 から CD95、PHILIPS CDV600B + DFA1000 (MARANTZ PM99SE) と Digital Player を乗り換えましたが、CD80って普通の CD Player に各々 1kg 余の Aluminium Die-cast 製 Side Panel を取り付けて総重量を 15kg に嵩上げした Player なのですが、Side Panel を外して CD の回る様子を見てみたら Disk は上下左右にブンブン揺れていました(笑)。

一瞬「PIONEER の Turn Table 式や TEAC/ESOTERIC の VRDS が Best では?」とも思いましたが、別に読み取り Error を生じているわけではないし、後に入手した Original 設計の堅牢な Mechanism を持つ DENON DVD5000 の方が読み取り Error が多くて閉口したものです(笑)。

「高級感漂う Hairline 仕上げの超重量級 Aluminium Die-cast?」・・・「Hairline 仕上げって Sand Blast みたいに細かい傷を表面に付ける仕上げのことで、鏡面仕上よりも安価なものですし、窓枠や 1 円玉の材料って高級感漂うの?超重量級にしたければ鋳鉄の方が良くない? 裏に Earth Ground 用の銅板を貼った Chrom-Molybdenum 鋼の Rhodium 鍍金の方が高級じゃない(笑)?」

「高級」という Image を消費者に植え付けることに成功した安くて加工し易い Aluminium Die-cast をバンバン使って重くすれば幾らでも値段を吊り上げられる(笑)・・・という市場が日本には形成されてしまったのです。・・・海外では「なにそれ?あんた、バカァ?」ですよ(笑)。


>逆にアナログアンプだと無いとまったくデジタルアンプには太刀打ちできないものでしょうか?

PCM (Pluse Code Modulation) の原理は大体解りますよね。

最大出力 1V の 16bit 48kHz DAC (Digital Analog Converter) は 48kHz の Pulse を 1/65535 V から 1V までの 65536 段階で出力することによって様々な音楽波形を作り出しています。

この 65536 段階の電圧は電圧比は 1:2 となっている 16 個の Pulse 発振器を同時に駆動して、その出力を合成することによって作られていたのですが、16 個の Pulse 発振器出力を正確に 1:2 にする・・・16 個目の出力は 1 個目の出力の正確に 32768 倍にするなどというのは極めて難しいものですので、「だったら発振器は 1 個だけにしてしまおうよ」というわけで生まれたのが 1bit DAC です。

でも 65536 段階の電圧を 1 段階ずつ加算 (或いは減算) していくことしかできない 1bit DAC に 65536 段階目まできちんと電圧を上昇させるためには 65536 倍の速さで駆動する必要がありますよね。

256 倍速では 256 段階目で時間切れとなってしまって 65536÷256=1/256 の音圧しか発生させることができません。

48kHz の 65536 倍速って 3GHz 以上にもなります。・・・最高速の PC (Personal Computer) だってそんな Clock は出せません(笑)。

一方 Digital Amplifier はせいぜい 1MHz・・・20 倍速程度ですので、高域ほど出力が低下してしまい、これを補正するためには波形をいぢって高域ほど Over Shoot 気味の味付けを行うといったことをしなければなりません。

その結果 Digital Amplifier では高域ほど歪が大幅に増加し、低域ほど低歪率になるという特徴があります。

Analog Amplifier では例えば極低音を発生する除夜の鐘の大音量で再生させると回路が盛大に発熱して焼け溶けてしまったり、電源 Condensor を強力なものにしておかないと出力が低下して極低音再生ができなかったりしてしまうものですが、Digital Amplifier では簡便な電源回路を搭んだものでも極低音を楽々と再生し切ってしまいます。

一方、高周波側は Digital Amplifier が苦手とするもので、未だに「良くできた Analog Amplifier」に匹敵する Quality を持つ Digital Amplifier はないのではないかと思います。

尤も Analog Amplifier だって高周波域の再生は簡単なものではありませんので、日本を代表する Amplifier Maker である ACCUPHASE 社の名前も Accuracy (正確な) Phase (位相) から名付けられているように、厳密な位相制御を行なって高い質感を持つ高域再生能力を持つ Amplifier など僅かしかないものです。

その Maker の Flag Ship たる何十万円もするような Amplifier ならば何度も試聴を繰り返して試作品を重ねた上で製造が始まっただけなく、 1 台 1 台厳密な調整が行われているかも知れませんが、一般向けの製品にちょっと「高級感あふれる重量級 Die-cast」をくっつけたような製品では Digital Amplifier との違いを明確に出せるようなものではないでしょう。

未だ Digital Amplifier が Analog Amplifier を全てにおいて凌駕するには至っていませんが、いずれはそうなるでしょうね。

素敵な Audio Life を(^_^)/
「安価で小さいデジタルアンプと重くデカイア」の回答画像13

この回答への補足

その昔、「こちら亀有公園前派出所」という漫画で主人公の両津勘吉が古新聞の回収をして古紙屋に持ってく際、新聞紙の間に砂を挟んで重量増をして買い取り価格を何倍にも吊り上げたのを思い出しました。

確かに軽くて小さいアンプでは高く売り難く、重くて内部にギッシリ詰った物のが【所有感】と言う点では満足感が高いので値段も上げられますね。
アキュフェーズなどは確かにいい音だとは思いますが、ワンオフでもない量産機でしたらあそこまで高くしなくてももっと簡略して作れるような気もします。
(CECなんてその手のものですね)

今後Digital Amplifierが主流になるのは世の流れで、SONY TA-F555ESXみたいな音質はいいけれど、その何倍も大きく、重いのはもう作られないでしょうね。

それとマルチアンプシステムをデジタルアンプでまさにやろうとしてるとこでした。
高域、低域を専用アンプで駆動すれば高いアンプで全て駆動するより有利かもしれないと予想してますが・・ これから楽しみです。
画像まで入れての念入りな書き込み戴きましてありがとうございました。

補足日時:2013/05/19 05:43
    • good
    • 15

私は真空管アンプが好きで、長いこと真空管アンプをしようしていますので、


デジタルアンプの音に違和感を感じます。
しかし、これは私の耳が真空管に慣れたためかもしれません・・・

でも、デジタルアンプも使用したことがあります。
いつでしたか・・・雑誌の企画で、「ブラインドテストでどのアンプが良いか」、
みたいな記事がありましたが、300万円のアンプが1万円のデジタルアンプに
負けたっという記事がありました。
しかし、1番良い音に選ばれているアンプが確か、SONYのデジタルアンプだったと思います。

私はその記事に影響されて、300万円に勝った1万円のデジタルアンプを購入しました。
専用アダプター込みで16000円位だっと思います。
確かに、値段を考えたら文句のつけようはありませんでした。
しかし、音量を上げると高音が耳につきます。
でも、高いデジタルアンプであれば、すばらしい音で鳴るのではないかと思い、
その時、無理をして、このアンプを一生使おうっという気持ちで、
35万円のデジタルアンプを購入しましたが、ハッキリ言ってがっかりしました。
試聴するときには買う気になっているので、どんな音が鳴ってもいい音に感じました。

でも1万円弱であれだけの音を出せるのは、すごい利点ですよね。
SANSUIやSONYの重たいアンプと比較しても大差がないというのは、
スピーカーを鳴らす力のことだと勝手に想像します。
同じスピーカーをならすのに、アナログのアンプだとあれだけの物量が必要っということになるのでしょうか。

マルチアンプシステムをやっている人にとってみれば、デジタルアンプは非常に有効なアンプだと思います。
高音が気に入らなくても、低音用に使用すればいいわけですから。しかも小型で、省エネで、馬力もあります。


私は知らないうちに、まわりには真空管アンプしかありませんし、
今後デジタルアンプをメインで使用する気もないです。
しかし、大きくて重たいトランジスタアンプをサブシステムとして使うくらいなら、
小さくて、軽くて、安い、デジタルアンプを使うと思います。

・・・っといいながら、エレホビーの0.7Wのアンプをサブシステムに使用しています。
結構いい音で、元気良くなります。

でも、質問者様のおっしゃってることは、とても理解できます。

業務用アンプもデジタルアンプが増えてきています。
カラオケ用途のアンプもデジタルアンプが当たり前のようになってます。
意味がなければ、こんなにデジタルアンプが多用されることはないと思うのです。

安くて、小さく作れるだけで、ここまで普及しないと思います。
音がいいから使われるのだと思います。

でもやっぱり私は真空管アンプの音が好きです。
しかし、真空管アンプのすべてが好みの音ではないように、
きっとデジタルアンプでも好みの音の製品があると思ってます。

この回答への補足

1番良い音に選ばれているアンプはSONYのTA-DR1ですよね。
ただ私も同じく私は真空管アンプの音にはTA-DR1が勝るかは疑問に思います。
クラッシックギターの早弾きなど、細かい描写且つスピード感が必要とされる特殊なケースのみデジタルアンプが優位かもしれませんが総合的には管球アンプのが聴いてて楽しいのは間違いないかとおもいます。

サンスイ、アキュフェーズ等、大きくて重たいトランジスタアンプは金額の割りに音質が伴わないのがネックですね。
書き込みありがとうございます。

補足日時:2013/05/19 05:12
    • good
    • 15

そんな事は無いですよ、まずはソースがCDやMP3等のデジタル音源だと周波数が20KHz以上の音はカットされて存在しません、また16Bit、約80dB以下のピアニシモも再生されません、ましてやMP3、MP4等高域を圧縮して、小さな音も圧縮する方式は、非可逆性(元には戻せない)方式なので、音の質など色々な部分が抜け落ちています。


また再生するスピーカーも現在の物は85db以下の低能率でダンピングを強く抑える傾向のスピーカーは音の切れは良くなりますが、ピアニシモのような繊細な音は再生できにくくなります、一定レベル以上のスピーカで聞けば差が判りますし、アナログレコードや、可逆性圧縮FLACや非圧縮WAVファイルで96KHz、192KHz、384KHzの24Bit、32Bit音源で聞けば明らかに差が判ります、特に良く出来た真空管アンプには、デジタルアンプは質感も艶も褪せて聞こえます。
もっとも価格的にも大型ベンツが買える位の値段になりますが。
少なくとも音源をSACDやPCとDACを使ったハイエンドオーディオにすれば、差が判るかもしれません。
またデジタルアンプはPWM(パルス・ワイズ。モジュレーション)方式を使ったD級アンプなので効率が80%以上です、また電源のトランスも50Hzでなく200KHzと言う高周波を使うので同じ電力を伝達するにも周波数に比例して小型化できます、コンデンサーも、50Hzだとコンデンサーの充電時間が1/100秒かかりましたがデジタルは1/20万秒でチャージできるので、小さな容量のコンデンサーでも事が足ります。トランスの駆動周波数が物質的な大きさに影響するので、デジタルアンプは効率が高いので発熱が少なく、小型化が可能なのです。
但しPWMである以上、クロックレート(基準周波数)が存在し、それ以上の周波数は再生できないのと、あまり高周波には出来ない(世伝容量などで効率が極端に落ちるので50KHzが再生できるかどうか、一般的には24KHz位までしか再生できない物も多いです。
そこでサンプリングレート96KHzのSACDなどはカットオフが48KHzですから、デジタルでは再生がきつくなると言えます、またPWMのコンパレーターの精度でダイナミックレンジが決まるので、16Bit程度が限界ですから、やはり24Bit音源でクラッシックなどを聞いた場合差が出る可能性が高くなります、無論高価なデジタルアンプなら、限界域が上なので比較は困難になります、ただし、音の透明感や、厚みと言った物はアンプでも変わるので、デジタルだから、アナログだから、出る物では無いです、それなりに良い物でないと無理と言えます。

この回答への補足

特に良く出来た真空管アンプはトランジスタのアナログアンプほど高くはないですけど、それでも30万は下らない金額ですよね。
私も50万円の予算でアンプを買うのでしたら迷わず真空管ですが、30万以下の予算でアンプを選ぶのでしたらデジアンのがいいのではないかと考えてます。
無駄に大きいケミコンもトランスもコンサート会場で大音量で使用しない限り宝の持ち腐れになるんじゃないかと思いますしデジタルは1/20万秒でチャージできるので、小さな容量のコンデンサーでも事が足りるのでしたらそちらのがいいですね。
かなりマニアックな難しい書き込みを戴きましてありがとうございました。

補足日時:2013/05/19 05:22
    • good
    • 10

音色など音の良し悪しは、他の回答者に譲って、



>デカイ ケミコンや重いトランス、シャーシなどはデジタルには要らないものなんでしょうか?

要らないです。(アナログに比べてですよ)
アナログのA級アンプは、理論値で効率50%です。
10Wのアンプならアイドリング(音を出していないとき)でも10W電力を消費しています。
1Wの音を出しているときは、11Wの消費電力となって、効率は、約9%
B級アンプは、理論値で効率80%弱。
実際のアンプの効率は、上記理論値よりもかなり悪い。
だから、大きく重たいトランスが必要。
そして、電源の揺れが、音のノイズに直結するので、大きなコンデンサが必要。

デジタルのD級アンプは、理論値では効率100%(実際には90%位)
そして、電源の揺れは、音のノイズに直結しない。正確には人が聞こえない周波数のノイズになる。
だから、効率が良く、小さくできるスイッチング電源が利用できるので、大きなトランスやコンデンサが不要になる。
    • good
    • 23

結論的には「製品による」としか言えませんが...



>> デカイ ケミコンや重いトランス、シャーシなどはデジタルには要らないものなんでしょうか? //

基本的に、不要です。

いわゆるデジタルアンプというのは、スイッチングアンプと言い換えられます。「ノイズが多い」といって頭ごなしに拒絶されることが多いスイッチング電源と、ほぼ同じ方式です。スイッチング電源に巨大なトランスやコンデンサが不要なのと同じく、デジタルアンプでも、こういう意味での「物量」は不要です。

それゆえ、回路が小型化、軽量化できるため、シャーシの強度も比較的低くて足ります。

というより、むしろ、デジタルアンプは小型化した方が高音質を狙える可能性が高いでしょう。デジタルアンプのスイッチング周波数は数100kHz~数MHzに及びます。このような高周波を扱うため、足の生えたトランジスタやコンデンサより表面実装部品を使う方が望ましく、配線も重層化して密度を上げた方が良いと言えます。

その意味で、デジタルアンプにおいて小型化というのは高音質化とイコールとも言えます(もちろん、小さければ良いという意味ではなくて、緻密な設計に基づいて小型化されたなら、という意味です。正直、安物のデジタルアンプの音は聞くに堪えないことが少なくありません)。

※ パソコンの世界だと、「45nmプロセス」などと言って、何ナノメートル単位の回路設計か、というのが半導体の世代を表しています。現在の主流が45nm世代で、22nm世代への置き換えが始まっています。このように、高周波回路では小型化が高性能化に繋がっているのです。

>> 逆にアナログアンプだと無いとまったくデジタルアンプには太刀打ちできないものでしょうか? //

「デカければ良い」という大鑑巨砲主義は、通用しないでしょう。

単純に言えば、何ワットの出力が必要か次第です。たとえば、常時20W、瞬間最大50Wの出力が必要なら、それを補える規模で設計すれば良い訳です。それを超えて、不必要なまでに巨大なトランスやコンデンサを積んでも意味がありません。

むしろ、いわゆる「電源の低インピーダンス化」の方が重要でしょう。必要とされた瞬間に直ちに電力を供給できる能力、と言えます。大容量のコンデンサや、巻線の太い大型トランスは、これに役立つ可能性があります。しかし、その逆が常に正しい訳ではありません。

つまり、「低インピーダンス化のために、やむなく大容量のコンデンサや巨大なトランスを採用しました」というのは納得できますが、「でっかいから高音質」という保証はない、ということです。

まあ、私自身はイチからアンプを設計できるほどの知識も技術もないので、偉そうなことを仕方ないのですが。

この回答への補足

詳しいご解説を戴きありがとうございます。
デジタルアンプはノイズが多いスイッチング電源と、ほぼ同じスイッチングアンプと言えるのですね。
それだとデカく重いトランスが要らないのは充分理解できます。
ただ瞬時に大音量での大電流が必要な時に大量に電気を貯めるようなケミコンが無くても本当は大丈夫だったとは意外ですね。

と言う事は瞬時に大音量で大電流が必要な時と言うのは実質20Wも出力することのない一般家庭のオーディオでは要らないと解釈したらいいのですね?
回路も高級アンプに多い短所を補う為の仕組みをいくつも入れたりせずシンプルなのが小型で電気の流れがいいと言う訳でしょうか。

大は小を兼ねる的なお父さんのコートを着た子供から子供専用にピッタリなコートを着る子供と思ったらいいんですね。
なるほどだんだん解ってきました。

補足日時:2013/05/18 16:44
    • good
    • 10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q80~90年代のアンプ名機は?

こんにちは。自分は今のオーディオのデザインがあまり好きではなくバブル期の黒を基調としたデザインの中古アンプを購入しようと検討しています。そこで80年から90年代初頭にかけてが国内オーディオメーカ最盛期だと思いますがその時代の各メーカのいわゆる名機と呼ばれているアンプを教えて下さい。できればその理由についても教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもなく徹底的に回路や部品に凝った機で、クラシックからポップスまで「こんな音出すんだ!」と1聴で判る怪物機。後にこれを凌駕すると宣伝された2000台限定のAU-α907Limitedを新品で入手しましたが、X111には敵わないと思っています。
(2) NEC A-10(1983年10万円)この後TypeIVまで出ましたが、総合的にこのオリジナル機がベスト。なんと言ってもフロントフェースの美しさは1番。
(3) LUXMAN L-550XB(1984年27万円)メンテナンスや修理は比較的可能。
トランジスタで如何に球風の音を出すかにこだわった機種で、Xはかなり出回っているが、フロントフェースが黒のXBは超レア機種で、今まで1回しか見た事がない。LUXMANはこの550Xと最近のL-550Aしか持っていない。
【セパレート】 (1) 東芝Aurex SY-90Λ(失念しました)気が狂ったとしか思えない兎に角メーカーのメンツだけで販売した機種で、販売当時私も3台購入して1台は予備用もう1台は新品をばらして中の部品だけを取り出し、米国で売ったら販売価格の1.5倍で売れた。
そんな超高級部品特に(Λ=ラムダ)コンデンサは別格で、「他の柔なアンプに付け替えたら高級機の音がした」と云うもの。現在は修理に予備機の部品を取り尽くして部品探しをしても誰も譲ってもらえないので、今度壊れたら飾りとなりそう。
プリのSYにパワーのSC-90Λの組み合わせは、絶品ですが癖があるので賛否両論があるようです。
両機種とも完動品入手でもオリジナル部品での完全修理は諦めた方がいい。
(2) YAMAHA C2X(1986か7年20万円前後) シンプルで、これだけ小さい駆体に高性能MCイコライザーまで組み込んだ、私なりのヤマハの傑作プリアンプと思っています。
パワーの B2X(25~30万円) 背の低いプリに大きなパワーの組み合わせは、フルオーケストラを15インチのスピーカーで聴くと圧倒されます。現在も偶に灯を入れますが、その度に感激しています。

以上は全て独断と好き嫌い、国産に限りましたが海外製を含めるととんでも無い字数になるので・・・私自身は マランツ+タンノイ & McI+JBL(Lシリーズ)派です。
出来るだけご自身の耳で確かめてからにして下さい。
当時の機器は今の物に較べると、メーカーのこだわりと音質に結構癖があります。

自称オーディオマニアです

余りにも漠然としていますが、あくまでも私が所有しているか、聴き込んだ事のある物だけですが、「これは!」をあげておきます。
但し、何れも現在入手は困難で、一部は特注部品の入手すら不可能な物もあり、万一修理やメンテナンスにウン十万円と云うものもありますので、入手にはよほどの覚悟が必要です。
※機種名の後の( )内は販売年・当時の定価
【プリメインアンプ】 (1) SANSUI AU-X111 MOS VINTAGE(1985or6年・33万円)上位機種のX1111もありますが、跳んでもな...続きを読む

Q中華デジタルアンプの容量差と音質について

SMSL社のSA-36A(20W 4500円)かSA-98E(100W 8000円)で迷っています。

容量(出力)が大きいと低音に余裕が出るそうですが、そんなに大音量では聴きません。
ただ、ベースギターは大好きなので、音程(ベースライン)が明確に聞こえた方が好みです。低音は迫力よりも解像度ということでしょうか。

現在はLepaiの2020アンプとスピーカーはべリンガーのB2031Pです。この環境で今はボリュームを10時まで回せば十分以上の音量です。クラシックだとちょうどいいくらいでJ-POPだとうるさすぎます。

SA-36Aは現在のアンプと同じチップなので、違いが分からずがっかりするでしょうか?
などなど、どうかご助言をお願いします。

Aベストアンサー

また回答いたします。

ベリンガーはいい音ですよね。私も本当にそう思います。
なのであえて、youtubeをのせました。
ですが、小さいアンプ限定で探しておられるのですね。
そうですかぁ・・・。

駆動力があり、コンパクトなアンプは昔BOSEから
出ていましたが、今は生産終了になりました。
BOSEのテレビアンプっというもので、
ボリューム付きのパワーアンプみたいなものです。

あまりの音の良さに私は3台購入し、マルチシステムにしたことがあります。
いまでもたまに中古で1万円前後でみかけます。
http://www.amazon.co.jp/BOSE-TA-55-%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%97/dp/B00016AZ76
かなりパワーはありますし聴きやすい音です。


あとfoxtexからの新製品で・・・。
http://www.fostex.jp/attach_files/0000/0313/PC200USB_Release.pdf
DAC内蔵のパワーアンプです。5ワットの出力があります。
私が普段使用しているアンプは、7ワットです。
それでも十分ですが、ベリンガーにはどうか気になります。

http://attain-jp.com/pdf/at_kap1002.pdf
こんなデジタルアンプもありました。業務用とうたっています。
中華デジアンとなにが違うのか全くわかりませんが・・・。

中華デジタルアンプは、どれを購入しても、
めざましく音が発展することはないと思います。
中華デジタルアンプを使用している限り、
今現在はそれ以上の音質に到達することはないと思います。

音が悪いと言っているわけじゃありません。
今お使いのアンプと格段に差があるデジタルアンプは
存在しないと思うからです。

お金をためて、信頼のおける小型パワーアンプを
購入されたほうがいいのではないかと思います。

例えばですが、boseのアンプと、デジタルアンプの音は相当違います。
人それぞれ好みがありますが、音が全然違うことは確かです。

ヤフーのオークションにBOSEのアンプがでています。
オークションを勧めることはあまりできませんが・・・。

また回答いたします。

ベリンガーはいい音ですよね。私も本当にそう思います。
なのであえて、youtubeをのせました。
ですが、小さいアンプ限定で探しておられるのですね。
そうですかぁ・・・。

駆動力があり、コンパクトなアンプは昔BOSEから
出ていましたが、今は生産終了になりました。
BOSEのテレビアンプっというもので、
ボリューム付きのパワーアンプみたいなものです。

あまりの音の良さに私は3台購入し、マルチシステムにしたことがあります。
いまでもたまに中古で1万円前後でみか...続きを読む

Qフルデジタルアンプのおすすめを教えて下さい。

フルデジタルアンプに興味があります。タイプがいくつかあるときいたことがあるのですが、スピーカーに出力する直前にアナログ変換するタイプで、そこまではフルデジタルで処理するものを探しています。できればAVアンプではないものが良いです。(ピュアオーディオアンプ)おすすめを教えていただけませんか?価格は3万~20万位です。ない場合はAVアンプでもかまいませんので、同様の条件のおすすめをお願いします。

Aベストアンサー

>> 「アンプはあるレヴェルまでは価格に比例するように性能が上がっていくが、ある価格帯を越えるとコストパフォーマンスが急激に落ちてくる」という考え //

工業製品としてみれば、そういう側面はあるかも知れません。CDプレーヤーなどについても同じことがいえると思いますが、基本的に電気の理屈だけで作れ、かつ、理屈を離れては作れないものですから、パーツにコストをかけて性能向上を図るにも限界があります(高いパーツでありさえすれば良いという訳でもありませんし)。

しかし、それだけでは割り切れないのも、また事実でしょう。メーカーがコストを度外視して理想とする音を追求し、結果的に「音は良いがバカ高いアンプ」ができることもあるでしょう。各メーカーのフラッグシップモデルとされる製品や、あるいは一般販売せずに親しい友人のためだけに作っているようなモデルが、そうです。それらの音が自分の求める音であり、何としても手に入れたいものであれば、たとえ普及機と大差ないものでも、買う価値を見いだす人はいるでしょう。

>> 境界についてのご意見 //

何円くらい、というのを明示するのは困難です。音質に対する評価が主観を含む以上、コストパフォーマンスというのも主観を含まざるを得ませんから、価格だけで割り切ることはできません。趣味の世界にコストパフォーマンスという概念を持ち込むこと自体に無理がある、ともいえるでしょう(私も回答の中でつい使ってしまいますが)。

たとえば、「やっぱり20万のアンプと30万のアンプはだいぶ違うな」と思う人であれば「30万くらいまでは比例するが、30万と40万の差は微妙だ」というでしょうし、「10万のアンプでも十分いい音だ」と思う人であれば「20万くらいになると微妙」というでしょう。金銭感覚も大きく影響すると思います。

つまるところ、「自分は、その音の違いに、その価格の差だけの意味を見出せるか」という話だと思います。

>> プリ・メイン・アンプでピュア・オーディオ・アンプに属するものと、フルデジタル・アンプ //

いまいちご質問の趣旨が分かりませんが、少なくともアンプとCDプレーヤーに関しては、「XXX方式」と音質は、直接には関係しないと思います。使用パーツについても同じで、あるパーツを使っていることと音質とは、直接には関係しないでしょう。

端的にいって、目隠し状態でデジタルアンプとアナログアンプとを聴き比べさせて(ここで使うアンプは、被験者がいちども聴いたことのないものである必要があります。「この音はA社のデジタルアンプの音だ」と分かっては、試験の意味がないからです)、どちらがデジタルアンプであるかいい当てられるとは思えません。故に、デジタルであるかどうかは、リスナーにとっては考慮しなくて良い要素だと思います。

フルデジタルアンプと、いわゆるデジタルアンプの関係については、同じメーカーでこれらを作り分けている例が少なすぎて、判断できない段階だと思います。デジタルアンプを作っているメーカー全てが、フルデジタルアンプを作り始めれば、ある程度の傾向が見えてくるかも知れません。

もっとも、デジタルアンプは、一般的に、デジタルアンプ専用のコントローラICを使うので、回路が単純化でき、結果的にコストパフォーマンスが良くなる、という傾向はあると思います。電源効率も良いので、回路規模の割に性能を上げられる、という傾向もあるでしょう。コストが度外視されやすい中・高級機種で少なく、かえってミニコンポやAV機器、パソコン周辺機器を中心に普及しているように思われるのは、そういう理由からかも知れません。

>> 「アンプはあるレヴェルまでは価格に比例するように性能が上がっていくが、ある価格帯を越えるとコストパフォーマンスが急激に落ちてくる」という考え //

工業製品としてみれば、そういう側面はあるかも知れません。CDプレーヤーなどについても同じことがいえると思いますが、基本的に電気の理屈だけで作れ、かつ、理屈を離れては作れないものですから、パーツにコストをかけて性能向上を図るにも限界があります(高いパーツでありさえすれば良いという訳でもありませんし)。

しかし、それだけでは割り...続きを読む

Q高級オーディオって値段分だけ価値があるのか

スピーカペアで100万
プリメインアンプ100万
SACDプレーヤー50万

といった高級オーディオが販売されていますが、疑問です。
実際に聞きましたが、10分の1のシステムとの違いが分かりませんでした。
ブランドにお金がかかってる気がしてなりません。

というのも、将来の楽しみとして、上記のようなシステムを組みたいと思ってます。
もちろん、老後の楽しみとして。今、33歳の青二才ですが。

ブランドにお金を払うのはバカバカしいので、値段と実力が伴っている商品があれば教えてください。
また、高級オーディオがなぜあんなに高いのか。
企業の裏話を聞かせていただけるとありがたいですが。

Aベストアンサー

pooh-haya 様、おじゃまします。

ずいぶん回答が寄せられましたね。
参考にさせていただいております。

モノの価値は、特にオーディオに限らず
どこに価値を見出すかでその度合いが
大きく変わると思います。

オーディオの場合はその価値を音質
に見出す方が多いとは思いますが
実はそればかりではなく、形色
などデザインや、プロダクツの
歴史、生産国、方針、販売経路
評判、などおよそ音質とは
縁遠い条件も強く影響していると思います。

ものの生産には

開発費
設計費
材料費
加工費
塗装費
組み立て費
保管費
梱包費
輸送費
販売費
宣伝費
などのほかに
工場や社屋の維持費人件費
経費
儲けなどたくさんの費用が
上乗せされます。

ほぼ市販価格の25~30%が工場出荷時の
価格です。

量販品ならば薄利多売で出荷価格を設定できますが
希少価値を打ち出す性質の価格なら儲けの部分に
大きくのしかかりますよね。

どこの製品でもアンプまでの製品に大きな
差はありませんがスピーカーだけは
大手有名メーカーといえどもまともな
音質の製品は少ないです。
音質の良し悪しがわからなければ、満足
して聞けるのですが、一度その良し悪しが
わかってしまうと泥沼にはまってしまいます。

ですので、質問者様がこれからどの辺まで
音質の良し悪しがわかってくるかで
システム構成が変わってくると思います。

1000万出してもNGの場合もあるし
50万でも満足するかもしれません。

pooh-haya 様、おじゃまします。

ずいぶん回答が寄せられましたね。
参考にさせていただいております。

モノの価値は、特にオーディオに限らず
どこに価値を見出すかでその度合いが
大きく変わると思います。

オーディオの場合はその価値を音質
に見出す方が多いとは思いますが
実はそればかりではなく、形色
などデザインや、プロダクツの
歴史、生産国、方針、販売経路
評判、などおよそ音質とは
縁遠い条件も強く影響していると思います。

ものの生産には

開発費
設計費
材料費
加工費
塗装費
組み立て費
...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Q密閉スピーカーが一番素直な音なのでしょうか。

「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。
なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、
「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。

しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、
「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、
ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。

私はメインスピーカーはバックロードホーンなのですが、
店員さんはそのことを忘れていたようで、
「バックロードホーンは音が不自然で大嫌い、
音が遅れてでてきている感じがしてジャズはダメだね」っと言ってました。

でも、そんなことをいってしまったら、
バスレフも後面開放も平面バッフルも個性が強いと思います。
なにもホーンだけがそんなに言われることもないと思うのです。

っとなると、「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。
DIATONEや昔のVIVTORなんか想像してしまいます。
ベストセラーの10Mや1000Mも密閉ですよね。
いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。
なので、雑誌などではホーンスピーカーを褒めるとき、
「ホーンくささがなく」っと表現されるときが時々あると思います。

しかし、「ホーンくさくない」と前置きしながら、
「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、
ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

それとも、いかにもメガホン的な音のことをホーンくさいというのでしょうか。

私はメインスピーカーはバックロードホーンな...続きを読む

Aベストアンサー

>「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。

当然です(^_^;)……「くさい (臭い)」という言葉が「悪い」意味を持っていますので……。

「香水臭い」という言葉から「香水の良い匂いがする」とは思わないでしょう?……「悪い臭いがする」と思う筈です。

では「Horn の香り高い音」と言ったら「悪い Image」を持ちますか(^_^;)?


>「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

いいえ、少なくとも「悪い」という意味ではありません。

「Horn 特有の……」という言葉には「良い意味」も「悪い意味」もなく、単に特徴を言い表しているだけのものです。

「如何にも Horn らしい……」という言葉の後には大抵の場合、良い印象の説明が付くものでしょう。

「如何にも Horn らしく、悪い音がする」と言う人は滅多にいない筈で「Horn 嫌い」の人は「Horn のような変な音がする」と言う場合はあっても Horn Speaker の音を聴いて「如何にも」などという言葉を最初に付けることはないと思います。……日本語としても変でしょう?


>「バックロードホーンは……音が遅れてでてきている感じ」

これはあくまでも「感じ」「聴感上の感覚的なもの」であって、実際には Backload Horn の方が高速です。

例えば 40Hz 1W の信号を 40Hz で 80dB SPL/m (at1W) の Speaker Unit に入力した時、Speaker Unit はいきなり 80dB/m の音圧を出せるものではなく、最初の 25msec (1/40 sec) では 70dB/m ほど、次の 25msec では 73dB/m ほど……と徐々に振幅が大きくなって数百 msec ほどで 80dB/m の音圧に達します。

しかし Backload Horn や Bass Reflex の型式の Enclosure では最初の 25msec で生じた 70dB/m の音圧でも 6dB とか 10dB といった量の共鳴が加わりますので 80dB/m の定格出力に達するまでの Attack (立ち上がり) 時間は密閉型よりも短い、高速のものになります。

但し、逆に Attack 以降の Decay Sustain Release は共鳴が加わっていますので Overshoot 気味になったり尾を引いたものになり、それが「歯切れの悪さ」や「Boomy」と感じられ「音が遅れて出てきている」という「感じ」になるのでしょうね。……そのため、Horn 型や Bass Reflex 型の Speaker System を駆動する Amplifier には制動力 (Dumping Factor) の高い Solid State 型、特に FET (Filed Effect Transistor) 型との相性が良いことになり易いでしょうね。


>昔はベストセラーがあった密閉式はなぜ少なくなってきているのでしょうか。

真空管式 Amplifier は Dumping Factor が 10 もないものが多かったのですが、高額の Output Transofrmer を不要にすることによって安価に製造できる Transistor 式 Amplifier になってからは歪率を改善するために NFB (Negative Feed Back) を大きくかけるものが流行し、結果として Dumping Factor が高くなり、小口径でも低音を伸ばせる Backload Horn や Bass Reflex 型式の Speaker System を市場に投入し易い環境になったからではないかという気がします。

見方によっては超並列動作のようでもある MOS-FET (Metal Oxydal Semiconductor - FET) や IC (Integrated Circuit) 素子が用いられるような時代になると NFB をかけなくても充分に低い歪率や非常に高い Dumping Factor を得られるようになりましたが、初期の Power FET、例えば V-FET などの時代は (Dumping Factor だけの要因ではないのかも知れませんが) NFB 量の少ない、裸特性が良質の素子が使われている筈の Amplifier なのに「どうにも音がもたつく」感じに悩まされた経験があります。……おかげで PHILIPS (MARANTZ) の Amplifier を 3 度も Grade (Step) Up して散財させられました(^_^;)。


>「密閉スピーカー」が素直な音の代表なのでしょうか。

駆動させる Amplifier によりけりでしょう。

「密閉型 Speaker System は低 Dumping Factor 値の Amplifier と相性が良い」というのはあくまでも私が使用してきた Speaker System と Amplifier との組み合わせに於いて「私好み」の音がするものだけに言えたことであって決して普遍的な論ではありません。

「YAMAHA NS1000M や NS10M を Transistor Amplifier で馴らすのは良くない」なんてことは決してなく、むしろ真空管式 Amplifier で両 Speaker System を鳴らす方が変と言うか、難しいでしょうね(^_^;)。

どんな音を良い音とするかは人それぞれであり、結果的に良い音と感じる組み合わせが最も良い組み合わせなのですから Speaker System の Enclosure 型式も Amplifier との相性も定型的なものなどなく、人それぞれでしょう。

ただ、真空管式から Transistor 式、FET から IC へと Amplifier 型式 (素子型式) が変化してきたことと、Compact でありながらも低域を伸ばした小型低能率 Speaker System の普及とは無関係ではないだろうと思います。


>いまでは密閉スピーカーは珍しい存在のような気がします。

Powered Speaker System ならば密閉型の System を Amplifier で補正した方が狙い通りのものを開発し易い気がするのですが、確かに最近は密閉型が少ないですね。……狙い通りの音に追い込む開発費などかけずに安易に低域を出しやすい Enclosure と試聴による追い込みなど殆ど無い、計算だけで作った Amplifier を組み込んだような安価な System が多いからなのかも知れませんが……。

例えば Amplifier は D 級にして「補正は全て Digital 演算部の Software Algorithm で追い込む」なんてものがあっても良いと思います。……まぁ PC Audio 派は Amplifier の前段階である PC で既にやっていることですが(^_^;)……。


個人的に現在、最も興味深いのは D 級 (T 級) Amplifier ですね。

私は小型 Backload Horn (……と言うよりも Labyrinth 型) Super Woofer を駆動させていて、その性能に充分満足していますが、小型 Full Range Speaker を駆動させている方はまだまだ不満が多く、慣れ親しんだ FET 系の Amplifier に較べると未だに信用し切れていません(汗)。……でも、次に買い換える時にはやはり Compact で使い易い、より進化した D 級 Amplifier に手を出すのだろうなぁ(^_^;)。

素敵な Audio Life を(^_^)/

>「ホーンくさい」っという言葉を悪い意味で使うことが多いと思うのです。

当然です(^_^;)……「くさい (臭い)」という言葉が「悪い」意味を持っていますので……。

「香水臭い」という言葉から「香水の良い匂いがする」とは思わないでしょう?……「悪い臭いがする」と思う筈です。

では「Horn の香り高い音」と言ったら「悪い Image」を持ちますか(^_^;)?


>「ホーン特有の・・・」とか「いかにもホーンらしい・・・」っというのは、ようするに「ホーンくさい」ってことではないのでしょうか。

いいえ、少なく...続きを読む

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

QタンノイはJAZZやロックは聴けますか?

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当然私はお金持ではありませんが、オーディオ馬鹿ですので生活を犠牲にしてまでもタンノイ(ヨーロッパスピーカーの購入しようと思ってまして・・・(笑)
アーデンにこだわっているわけでもありません。

とにかくヨーロッパのスピーカーがほしいのです!!
B&Wは私の好みではなかったので省きます。(B&Wファンの方すいません)

やっぱりある程度大型のタイプがほしいですね!(能率の悪いのはご勘弁)

ヨーロッパスピーカーマニアの方 相談に乗ってくださいお願いします。

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンドやレコードの倍音再生に夢中になっておりましたが、最近は何故かFMチューナーのサウンドに凝っております。どこかに行き着くところがあるのかも知れませんが、それほどオーディオというのは色々な楽しみ方があるのだと改めて感心しております。さて、本題に戻りますが先ほども申しましたように、タンノイでJAZZを聴くというのは普通は一般的ではありませんが、柔らかく、優しく、気軽にJAZZを楽しむなら最高の組み合わせの一つです。但し正面から向き合って、ピアノタッチがどうだとか、ベースの歯切れが悪いとか、サックスの抜けが悪いとか悩んではいけません。心地よい音楽の雰囲気を楽しむことを最優先にお考えください。そうすればそのシステムは最高のシステムになるはずです。

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンド...続きを読む

Qボリュームを回すとガリガリ音が出る時の直し方?

ボリュームを回すとガリガリと音が出る時の直し方を教えて下さい。
メーカー製のパソコンを買った時によく付いてくる、アンプ内蔵のスピーカーについての質問です。
アンプ内蔵のスピーカーについているボリュームつまみを回して、音量を上げ下げすると、
ガリガリと大きな音がスピーカーから出ます。
ボリュームの抵抗体にDC(直流)が流れると、そうなりやすいと聞いたことがあります。

この直し方として次のどちらが根本的な修理方法なのでしょうか。
1.ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。
2.ボリュームを交換し、ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。

Aベストアンサー

すでに模範的な回答が出そろっていますので、補足の意味で
書き込みさせていただきます。

バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。
カーボン皮膜を施してある面を摺動片が移動して抵抗値を
変化させる構造ですが、この面にゴミがとかキズが付くと
摺動片がそこを通過するときに「ガリ!」という不快な音を
たてます。

それならばゴミをとってやれば治りそうですが、これが
なかなかそう簡単にはまいりません。分解ができないのが
多いんですよ。
実際の部品は右図のような形をしています。小さな穴でも
あいていればそこから接点クリーナーを噴射してやれば
一時的に治ることもあります。でもしばらくするとまた
同じ症状が出てくるでしょうね。同形で同じ値の物と交換
するのがベストです。

余談ですが最近の器機はとことんコストダウンしているせいか
ここがすぐダメになるようです。安くなるのは歓迎しますが、
あまりに粗悪な部品を使うのはいかがなものかと思うんですが・・・

Qアキュフェーズの嫌いな方理由を聞かせてください

アキュフェーズは好きな人と嫌い人とがはっきり別れているようですが
嫌いな人にお尋ねしたいのですが、どこがいやなのでしょうか。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていますが、魅力を感じるアンプは今まで1台もありませんでした。
金額的にはりっぱなんですが・・・。

その理由としては、どのアンプも特徴がない・・・個性がない
前回答者と同じですが、音感に無機質な1つ1つの音をそのまま出力している。感じがする事です。
音の好き嫌いは全ての人、一人々多少は違う訳ですから一概には云えませんが。

私はマランツ(#機)の音質が好きで・・・只30年以上前の製品ですから現在のデジタルアンプのように前に突き出るような音は望めませんが・・・#機のシリーズごとに各々特有の音質・音感を持っていて、そこに好感をもてます。
それに引き替え、ACC社のアンプ類は初期の機器を除き、安価機?から超高額機までどれも無機質な(デジタル的な)音質に終始しているように感じます。
それがACC社の音に対するポリシーだとしたら、私には受け入れられないと云う事だと思っています。

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング