はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、


人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。
    • good
    • 23

リーダーの目的と釣り場の状況次第なので


それに合った長さにするだけのことでしょう。
リーダーの目的の第一には
結束部の強度低下を防ぐということなので
ルアーからリールまで同等の強度にするためには
結束部の強度低下を50%と見れば
最低でもランニングラインの2倍以上の強度が必要ということですよね。
PEは伸びが少なく
衝撃強度は極端に弱いので
それを緩和すると言う意味ではナイロンリーダーはクッションとして
長い方がいいという事になりますし
PEは摺れると摩擦で溶けますし、根ずれなどには弱いという理由で
磯で丸スズキを狙っているような人には摺れ対策で
5ヒロもリーダーを入れている人もいます。

長くしてキャスティング時にリールまで巻き込むようなことになると
比重の高いルアーをキャストしてトラブルと
ラインが切れてルアーを飛ばす程度では済まない状態となって
ガイドが飛んだり、ロッド自体も折れることもあるでしょう。
ヒットした後もドラグ設定をきちんとしていないと
ロッドに入った段階からロッドの許容値を上回る荷重が掛かる
恐れがあることになるので自分が注意するしかありません。

貴方の考え方次第なので
取り込む時に水中には障害物もないし
大して比重のあるルアーも使わないということなら
数十センチでも足りるでしょうし
水中にラインを残したくないということなら
弱いリーダーを使ってルアーだけ離れるようにするという考えもあるでしょう。
ノットが大きくガイドでぶつかるとそこにPEのたるみができて
横風時などではガイドにラインが引っかかるので
あまり引き込むのもトラブルの元だと思いますが。
    • good
    • 13

>ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?



ジグから竿先までの長さ+竿の長さ+30cmぐらい(リールに巻き込む分)

投げる時に大きな力が加わった時に一番弱くなるのがラインとショックリーダーの結び目です、そして大きな力が一番加わる部分が竿先とガイドに当たる場所です。

遠投時に掛かるラインへのショックを和らげる為と、魚がかかった時の強いテンションからラインを守る為にショックリーダーを使います。

だから、投入時に指を掛けるのはショックリーダーになります。
    • good
    • 21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPEライン1.0号と1.5号で飛距離のちがいは?

買おうと思っているPEラインが、1.0号でも20lbあるようで、最初は1.5号を買おうと思っていたのですが迷っています。1.5号だと30lbあって十分すぎます。
そこでお聞きしたいのですが、号数を低くするメリットは飛距離を稼げるのと風や潮の抵抗を受けないくらいしか思いつきません。飛距離は1.0号と1.5号だとたとえば110cm、20gのミノーを投げたとして、着水地点にどの程度の差が生まれるでしょうか?

Aベストアンサー

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュなどすると、ラインが強すぎるのでキャスト切れせずに
ロッドを破損する可能性があります。

単に飛距離などだけではなくロッドの強さや対象魚と照らし合わせて最適なラインを選ばないといけませんよ。

通常のシーバスやサーフゲームなら8本縒りのPEなら1号で十分な強度があります。
私がサーフで1.2号を使用しているのはヒラメにしたら太すぎですが、その周辺のポイントは
冬場は間違うと20kgオーバーのオオニベが掛かることが良くあるので保険のためです(一度も保険は使ってませんが)

完璧なキャストが出来て20gのミノーを1号と1.5号で飛距離を比べれば実際には10mも違わないでしょうが
1号の方がライン放出の抵抗が少ないのでルアーの姿勢が安定し、平均して安定した距離を出せると思いますが
1.5号だと僅かな風も影響してルアーの姿勢が乱れたりして失速することも多くなるでしょうね。

飛距離はラインも大事ですが、ルアーによるところの方がずっと多くシマノのAR-Cシステムの
ルアーは平均して非常に良く飛びますし、特に熱砂 スピンドリフト AR-C 80HSはジグ並みにかっ飛んで
常時60m以上、フォローなら70m以上飛びます。

私は良く飛ぶミノーも更なる飛距離アップの為にボディ下部の後ろ半分ぐらいに4mm幅ぐらいで
3mm厚の鉛シールでウエイトチューンして、鉛の変色防止にその上からアクセルのホロシールを貼っています。
これで裂波やショアラインシャイナーLD50などは確実に2割近く飛距離が伸びています。
これぐらいのウエイトチューンだとアクションにも影響なく、風でもルアーの姿勢が乱れません。

まずどんなゲームに使用するかですが、ルアーサイズからしてサーフゲームや通常のシーバスゲームでしょうか。

1号で20lb、1.5号で30lbとなるとDUELのハードコアX8などでしょうか。
このラインは0.8号と1.2号をチヌのトップゲームとサーフのヒラメゲームに使用しています。

まずラインの太さというはおっしゃるように飛距離や潮の抵抗などの軽滅などのメリットがありますが
例えば1.5号などの非常に強いPEライン(通常は青物や大型のヒラスズキ狙いの太さです)で
キャスト時にライントラブルでバックラッシュな...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

QリールにPEラインを巻くときの下糸は?

リールにPEラインを巻くときの下糸は?
PE0.8号/150mのリールにラインを巻きたいのですが、購入したPEは100m巻きのものです。
使用している内にだんだんとラインも短くなっていくと思いますが、最初に下糸を巻いてからPEラインを巻くのでしょうか?
また、その際に下糸とPEを結ぶのに最適なノットを教えて下さい。一度結んで見たのですが結び目にラインが引っかかり、キャストしても飛ばなくなってしました。
リールはシャロースプールです。初歩的なことですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
PEはソルトにしろエギングにしろ常に巻き返しで使いますからしょっちゅう経験していることですが
反対に巻き返した部分は全く濡れた形跡もなくスプールも完全に乾燥した状態です。

つい最近も昨年秋から今年の春まで使ったよつあみのエギングラインGESO-Xを巻き返して
今シーズン用に備えましたが、使用後は毎回温い水で塩抜きをしてスプールを洗っていたにも
関わらずキャスティングで引き出されていく部分から下はほとんど新品状態で全く濡れていません。

ですから買うときはちょっと高くても2シーズン使うことを考えたら強度もある8本よりの
150m巻きを買っておいた方がずっと得と言うことになりますね。

とは言え買ってしまった物は仕方ありませんから、下記の質問の#1さんの下巻き計算法がベストです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247039.html
下巻き糸も要らないPEがあればPEで下巻きした方がいいですね。
PEがなければフロロ、なければナイロンでも構いませんがPE以外ならなるべく細い方が最後まで
巻いたときの形がきれいになります。
PE同士でも電車結びの片方のユニノットを4、5回巻けば抜けることはありませんし、結節も小さくなります。

でもすでに結び目にキャストの際にひっかかるというのはすでに長さが足りないということですから
なるべく早めに150m巻きに買い替えた方が無難かもしれませんね。
キャストの度に同じような場所が結び目に引っかかっていたらその部分が一気に弱って最悪その部分で
切れてものすごい超高切れになる可能性もありますよ。

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
...続きを読む

Qショアージギングの遠投距離はどの位ですか

こんにちは 
最近防波堤からヤズを釣ってみたいと思っています
40から60グラムのジグを投げていますが、飛んでもせいぜい70M位です。周りの人はもっと遠くまで飛んでいます。
少しでも遠くに飛ばしたほうが、釣れそうな気がして、ネット上で色々探しましたが何M投げているとかはなかなか見つかりませんでした。
現在、道糸はPE3号やテーパーライン3~12号を使っています。
竿は固めのエギング用なので買い替えを検討しています。

皆さんはどの位遠くまで投げているのか教えてください。
また、竿は何フィートを使っているかも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロッドは本来0.6号ぐらいから1号ぐらいまでのPEを設定してガイドの大きさも決めてあります。
実際に斜めに付いたLDBガイドは実質直径2から3mmが良いところです。
これにPE3号ではやはり太すぎてガイドを通過する時の抵抗はかなりのもので、テーパーラインを使っているとなると更にガイド抵抗は増してしまいますね。
PE3号は少々のことでは切れませんからガイド絡みが起きたらエギングロッドなら折れてしまうかもしれないですね。

まずはロッドを買い直すのが一番です。
メジャークラフトの「ソルシア」のショアジギング用962MHか962Hが価格も安くガイドもオールチタンでオススメです。
このくらいの長さが振り切るのには丁度良い長さですね。

http://www.majorcraft.co.jp/

リーダーもテーパーラインではなく8号前後(30lb位)のリーダー専用のものをFGノットなどで結節するようにしましょう。
ラインシステムを完璧に勉強していないと青物なら掛けても結節部で一発で切れてしまいますよ。

70m飛んでいるのならかなり飛んでいると思いますが・・・・
実際に正確な距離で70mでしたらエギングロッドでPE3号をかけてこの距離が出せるのでしたらたいしたものだと思います。
何m飛ばすといっても確実な色分けされたラインで着水時にサミングをしてラインが伸びきった状態で何色というのなら
割と正確な距離ですが目見当で何mというのは相当の個人差があって全く正確ではありません。

ただ質問者さんが他の人より飛ばないのはロッドとラインの太さが全く合っていないからです。
エギングロ...続きを読む

Qシーバス釣りのショックリーダーの長さを教えて下さい。

中規模河川の河口でシーバスを(ルアーで)釣ろうと思っています。

最低どの位の長さのショックリーダーが必要でしょうか?

ちなみに、
メインライン…PE1号  ショックリーダー…ナイロン20号
を購入しました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソルトルアー歴30年以上になりますが、私の場合は常に半ピロ(矢引:90cm〜1m)ぐらいです。

チニング、エギングの8ft〜8.6ft、シーバスの8.6ft〜9.6ft、サーフゲームの9.6ft〜10.6ftの
ロッドで、すべてでこれぐらいの長さで釣っています。

キャスト時は常に垂らしが60cm〜70cmぐらいで、これぐらいが自分としては最も
振り抜き速度が速く振り切れる長さで、垂らしが短いと飛距離が出ないし、長すぎると
バックラッシュやキャスト切れなどのライントラブルを併発しやすいので、これぐらいが
自分としてはベストな垂らしの長さです。

つまりは常にキャスト時には結節部がガイド内にトップから3個程度入っていることになります。

これぐらいだとキャスト時の結節部のガイド接触も少なく、メインラインのガイド通過も
スムーズなので飛距離が出やすいですね。

実際にリーダーが1m近くあれば魚の接触で切れることはまずありません。
仮にリーダーが長くても牡蠣や岩に接触すればあっさり切れることもあります。

自分が最もキャストしやすく飛距離の出る垂らしを考慮した上で1m以上あれば
まず問題ないと思いますよ。

ナイロンリーダーはVARIVASのVEPナイロンリーダーが非常にしなやかでガイド通過がスムーズで
適度な伸びで結節部も粘るので、もう20年以上これしか使っていません。

ソルトルアー歴30年以上になりますが、私の場合は常に半ピロ(矢引:90cm〜1m)ぐらいです。

チニング、エギングの8ft〜8.6ft、シーバスの8.6ft〜9.6ft、サーフゲームの9.6ft〜10.6ftの
ロッドで、すべてでこれぐらいの長さで釣っています。

キャスト時は常に垂らしが60cm〜70cmぐらいで、これぐらいが自分としては最も
振り抜き速度が速く振り切れる長さで、垂らしが短いと飛距離が出ないし、長すぎると
バックラッシュやキャスト切れなどのライントラブルを併発しやすいので、これぐらいが
自分としてはベス...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Qリーダーの太さ

シーバスロッド(10フィート、ミディアムヘビー)で60cm前後のハマチを釣ろうと思います。ラインはPEの2.5号、リーダーはフロロの16号です。ここで気になるのがリーダーが太すぎるのではないか、です。直結した場合、接合部が切れたり何か、不具合が発生するのではないのか心配です。どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私は固めのシーバスロッド(負荷MAX70g)+バイオマスター6000PGでやってました。
(メーター級のヒラマサがヒットし、ロッドが殉職)
その時のラインは、PE3号+フロロ10号(40LB)です。
ショア(磯)からなので根ズレが酷く、やや太めにしています。
今はMAX120gのロッドで、ショアからメーターヒラマサにチャレンジしています。

まず言える事は、全体のバランスをしっかり考えないと、いざ大物が掛かった時に、全く対応できません。
通常のキャストでもロッドが破損してしまう事があります。
シーバスロッドという事は、船ジギではなくてショアジギだと思いますのでそれを前提に話します。

ラインの号数を決めるのには、まずロッドの負荷がどれくらいかを調べる必要があります。
シーバスロッドなら、例えばルアーウエイト:12~40gとか書かれていますよね。
そのMAX値(ここでは40g)がそのロッドの強度なので、それを元にバランス良いラインシステムを計算します。

ロッドの負荷がMAX60gならPE2~2.5号+フロロ6~8号。
MAX40gなら、PE2号+フロロ6号前後が適当ではないでしょうか。
底が岩礁ならリーダーが傷み易いので、リーダーの号数もう1号ぐらい上げても良いです。

もう一つ、シーバスロッドはジギング用ロッドと比べてガイドが小さいので、PEとリーダーの結び方はFGノットが適しています。
他のノットにすると、結節部分がガイドに当たり、飛距離が伸びなかったり、ガイドに絡まってライン切れを起こしたり、最悪はガイドが破損します。

なので、船ジギよりはショアジギのほうがルアーをキャストすると言う動作が含まれる分、もう少ししっかりと考えないといけません。
(船ジギにはショアジギにはない難しさもありますが・・・)
タックルのバランスが良いと、メーターのブリでも楽々勝てます。
頑張ってください。

私は固めのシーバスロッド(負荷MAX70g)+バイオマスター6000PGでやってました。
(メーター級のヒラマサがヒットし、ロッドが殉職)
その時のラインは、PE3号+フロロ10号(40LB)です。
ショア(磯)からなので根ズレが酷く、やや太めにしています。
今はMAX120gのロッドで、ショアからメーターヒラマサにチャレンジしています。

まず言える事は、全体のバランスをしっかり考えないと、いざ大物が掛かった時に、全く対応できません。
通常のキャストでもロッドが破損して...続きを読む

Q1メートルのブリを釣る場合のラインの太さ

以下でオフショアをやりますが、これで1メートルから1メートル30センチのブリが
とれますか?足場はコンクリートですがテトラは入っていないので
基本的には、根ズレとかは想定しないとして。

条件としてはタモを持って行くのでタモを入れるまで。
ロッドが折れないこと、ラインが切れないこと。

以下で大丈夫ですか


ロッド:シマノ AR-C Type-VR S1200M
リール:ステラSW
PE:アバニ キャスティングPE マックスパワー 2号 33lb
リーダー:VEP ショックリーダー 25lb

リーダーを25としたのは AR-C Type-VR S1200M の遠投性能とは別に
適合PEが2だったため、25と仮にしました(30~35でも大丈夫?)

率直な意見たくさん下さい御願いします

Aベストアンサー

下の方の質問でAR-C Type-VR S1200Mについてお礼も何も書いてなかったので
静観していましたが、ホントに対象魚がそんなサイズなら明らかにパワー不足ですね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8617558.html

他の方も書かれていますが、ID違いの人が何人かいるような・・・

AR-C Type-VRは堀田さんが開発テスターで、このロッドはサーフでの使用に特化したロッドです。
高知などのサーフからのブリ、北海道のウミアメの良型などを照準としたサーフから
30g~40g位を標準としたジグやプラグにマッチしたロッドですから、まずステラSWとも
ミスマッチだし、とてもそんな釣りで使うような重めのジグやプラグはキャスティング出来ませんよ。

それと3ピースになると巨大なヤツが着たときに明らかな強度不足で折れる可能性もありますよ。
もしホントにそんなサイズが釣れるのなら、シチュエーションから考えてもエクスセンスの
S1100H/Rが最も適していますね。

巨大なヒラスズキを一気にサラシの中から引き寄せるパワーがありますし、このパワーにして
非常に軽量ですからジグの連投も疲れ知らずです。

それと質問で何度もリーダーの太さを心配していますが、AR-C Type-VRの適合ラインのPE2号が
MAXというのはあくまでメインラインのことでリーダーに35lb使おうが50lb使おうが関係ありません。

普通リーダーはキャスティングの時はリールに巻き込みませんし、メインラインとリーダーより
弱いのは結節部ですから(完璧な強度で組み上げられる技術があっても)リーダーが25lbじゃいけないなんて
全く関係ありません。

ホントにそんなサイズが釣れるのが事実で、まだ全くロッドを使用していなければ釣具店で
上記のロッドに交換してもらうなど交渉してみた方が良いと思いますよ。
AR-C Type-VRでそんなサイズのブリを掛けたら、寄せることが出来ず引き回されて
群れが散る可能性もありますから仲間にも迷惑をかけるかもしれませんよ。

VARIVASのVEP ショックリーダーは太くてもしなやかで、フロロと違い非常に粘りがあって
根ズレにも強いのでこれはGOODです。

下の方の質問でAR-C Type-VR S1200Mについてお礼も何も書いてなかったので
静観していましたが、ホントに対象魚がそんなサイズなら明らかにパワー不足ですね。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8617558.html

他の方も書かれていますが、ID違いの人が何人かいるような・・・

AR-C Type-VRは堀田さんが開発テスターで、このロッドはサーフでの使用に特化したロッドです。
高知などのサーフからのブリ、北海道のウミアメの良型などを照準としたサーフから
30g~40g位を標準としたジグやプラグにマッチしたロッドです...続きを読む

Qショアジギングのロッドサイズ選びについて

9.6ftが一般的でしょうか?
10ft後半のロッドを使った場合のデメリットを教えていただきたいです。

ちなみに、ジグは30gまでしか投げた経験がありません。
Max80~120gくらいのロッドを購入候補にしております。

※使用頻度が低そうなので、候補としてダイワのジグキャスターを考えています。実売一万程度なので、とりあえず車に乗せておくという使い方です。万一、大きな青物を何度も釣れるようなことがあると、1万のロッドと数万のロッドだと耐久性で差がでますか?

Aベストアンサー

>大は小を兼ねるで長いロッドを買っておけばまちがいないでしょうか。

だから、現場で聞けって。
魚は壁があれば壁に沿って泳ぐから
かけあがりがポイントになるんです。定置網が成り立つんです。
サーフって言っても場所によって必要な距離が違うでしょう。
魚が入っていなければ幾ら投げても釣れませんし。
今でこそショアジギングロッドなんて売ってますけど
昔は、みんな長いスローテーパーのシーバスロッドでやってたんです。
ジグだからしゃくらなければならないってことでもないですし。
何を対象としてそのロッドを買うんですか?何でもいいんですか?
そのルアーウエイトは必然なんですか?何メートル届けばいいんですか?
使ってみたい、欲しいってだけなら10でも11ftのでも買えばいいでしょう。
使えなければ売り払って次を買えばいいことで。
私は貴方のキャスティングの技術程度も知りませんし
どこで何を目的としているかも知りません。
10ftであれば大丈夫とか無責任な回答が欲しいですか?
地元の現場で情報収集して
どこで何を釣る為のロッドをこういう考え方で買いたいということを
地元のプロショップなどで相談して決めた方がいいと思いますよ。
長いロッドに対してバランスを取るためにはリールも重くしないと
手元に重心位置が来ないのでバランスを見るのに
手持ちのリールを持って買いに行った方がいいと思います。
セットできるリールを置いている店ならいいですが。
耐久性を言うのならキャスティングでは経験上、安物の方が折れません。
それに、車の中に積みっぱなしは論外です。
ガイドが吹っ飛ぶぐらいは覚悟した方がいいでしょう。
wt50g超えればトラブルの次元が違います。

>大は小を兼ねるで長いロッドを買っておけばまちがいないでしょうか。

だから、現場で聞けって。
魚は壁があれば壁に沿って泳ぐから
かけあがりがポイントになるんです。定置網が成り立つんです。
サーフって言っても場所によって必要な距離が違うでしょう。
魚が入っていなければ幾ら投げても釣れませんし。
今でこそショアジギングロッドなんて売ってますけど
昔は、みんな長いスローテーパーのシーバスロッドでやってたんです。
ジグだからしゃくらなければならないってことでもないですし。
何を対象として...続きを読む

Qリーダーの長さについてなのですが

リーダーの長さについてなのですが

最近バス釣にPEラインを使用しています。皆さんのリーダーの長さはどの程度使用していますか?お教えください。
ちなみにエギング(7.3f)ではひとひろを参考にバス(6.3f)約1mにしています。

Aベストアンサー

先日も某メーカーのフィールドテスターと話した中にリーダーの長さの話がありました。リーダーの役割には、PEラインのような伸縮性のないラインとのショックを緩和する目的があります。ロッド(ブランク)の堅さとラインの素材と強度によって、リーダーの素材やサイズを選択します。ようするに、「あわせ切れ」等が起こる場合には、リーダーの素材と強度を考慮します。
長さに関しては、一概に「これだっと言う」決まりはありません。

根ズレ等によってリーダーが傷ついた場合に、切っていくことを考慮して適当に長さを決めています。

リーダーを長く取りすぎると、ショックには強くなりますが繊細な当たりがとりにくくなります。ショックを和らげる役目のラインが長くなるわけですから「伝達」も多少鈍くなります。

エギングの際、私の場合リーダーが30センチ位の時もあります。
長さは関係ないというプロの方もいらっしゃいます。
私も同感です。
トータルバランスで臨機応変に考えてみて下さい。
システムのバランスをとる場合は別です。(ライン0.5 リーダー1.5)細めのシステムを組む場合ドラグを緩めたりして対応する手もあります。

もう少し詳しく言いますと、春のエギング(親烏賊)での近場を狙う場合は堅めのロッドを使うのが定説です。秋口は、柔らかめのロッドで遠投する釣方を用います。

シーバスの場合には、ナイロンラインに直結する場合もありますし、pEラインを用いる場合にはリーダーを使用しますが荒っぽく直結する場合もありますがブランクが胴調子のものが多い為に、ヒットした場合に送り込むようにするパターンもあります。

先日も某メーカーのフィールドテスターと話した中にリーダーの長さの話がありました。リーダーの役割には、PEラインのような伸縮性のないラインとのショックを緩和する目的があります。ロッド(ブランク)の堅さとラインの素材と強度によって、リーダーの素材やサイズを選択します。ようするに、「あわせ切れ」等が起こる場合には、リーダーの素材と強度を考慮します。
長さに関しては、一概に「これだっと言う」決まりはありません。

根ズレ等によってリーダーが傷ついた場合に、切っていくことを考慮して...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング