「教えて!ピックアップ」リリース!

数日前に、16年9ヶ月生きてくれたゴールデンレトリバー(女の子)が他界しました。実家で飼っていたのですが、過去に特に大きな病気も無く、大往生だったと思います。

ただ、我が家は昔にとても悲しい出来事があり一家離散寸前でしたが、ひょんなことからこの子を飼うことになり、一家離散を回避してくれたのはなにより、彼女の存在のおかげでした。
私にとっては両親以上に大切でならない存在で大親友でした。
最後を看取れたのは私だけでした。

最後の2ヶ月位は介護状態で、心配でならず最後の方は睡眠などそっちのけで側にいました。ここまで密に彼女と過ごせた数日間は本当に幸せの連続でした。おばあちゃんになった彼女の穏やかな表情に私の方が癒されていました。

彼女(愛犬)を看取ってから、精神状態が異常な事は私自身も家族もわかっていて、確実に「ペットロス症候群にむかうだろうな私」、と思っていました。

ですが他界してから3日目の夜中、私は極度の疲労と寝不足で心身共におかしかったのか、寝ているか起きているかの狭間の様な状態の時に、一瞬ですが視界がピカッと真っ白になり、その後なんとも言えないとても心穏やかな気持ち、感覚になり、体中が安心に包まれるといいますか(言葉ではうまく表現できずごめんなさい)そんな感覚に陥りその後寝てしまったと思います。

そして翌朝目覚めたときに彼女の姿は当然あるわけもないのですが、なにか(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)につつまれていて、わたしはそれからひたすら落ち込み、泣き続けることがピタリと止まったのです。もちろんほろりとくることはありますがそれでも、(愛犬の姿は無いのだけれど彼女がすぐ側にいるような安心感)によって「またお散歩行こうね」とか「少しは身体、楽になった?」と私は話しかけます。

これはいったい何なんだろうと・・・。
このような質問をさせていただいても(正解)はないのかもしてませんが、
愛犬が旅立っていく経験は初めてでしたので、同じような経験をされた方が
いらっしゃるのかなと思い質問させていただきました。

あまりのショックに脳が自己防衛本能で何かを遮断しているのかもとも
思っています。
ほんの数日まえの親友の死で悲しくて仕方ないはずなのに
この短期間で事実を受け止め前向きにいけるほど強じんな精神力をもっていない私が、なぜかケロっとしてるのが不思議でしかたないのです。
若しくは、まだ現実を直視できずにいるままなのか。

なんなんでしょうね・・・^^;
不思議でたまりません。

まとまりのない文章でもうしわけありませんが
似たようなご経験をされたことがあったり、なくてもなにかお言葉いただけたらなと
おもいます。
最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。

A 回答 (7件)

いや~、私なんかほとんど泣いてない。


息が止まった時は、笑顔だったよ。
楽になった顔を見て、良かった良かったって。
その頃、新しい職場に変わったばかりでねえ。
仕事を終え、帰りの電車の中で、携帯のワンちゃんを見てはニッコリ、ホッとする・・・当分はそんな毎日でした。

死んだ犬に、ああすればよかった、こうすればよかったと、後で悩むばかりの人もいるけどねえ。
でも、どんなに可愛がっても、犬は一人で逝ってしまう。
飼い主なんか、置き去りにして。
振り向きもしないでさあ。
それ程犬は、精神的に自立している。
だから、人間が犬のためにしてやれることなんて、たかが知れてる。
所詮は、ただ飼って看取るだけ。

あなたはちゃんと、それがわかってる。
そして、ワンちゃんがくれたものを、今味わってるんだよ。
「ごめんなさい」じゃなくて、「ありがとう」と思いながら。
まだ、ワンちゃんの気配がそのまま残っている生活の中で。
まだ部屋は、当分は片づける気にはならないよね?

それにしても、16歳9か月とは、すごく長生きしてくれたねえ。
あなたは、本当に良い犬と出会い、良い別れ方をしたのねえ。
そんな人は、ペットロスになんかならないよ。
絶対に。
    • good
    • 125
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます。chibipochi様の文章を見て、涙が吹き出してしまいました。
一言一言がずっしりきました・・・。{それ程犬は、精神的に自立している。}本当にそうだと今は思えます。何人かの人間さえも支える事ができる存在ですから、本当に彼らは精神的に自立している、そう文字で表してくださって感謝いたします。確かに、もっとしてあげられることは山ほどあったと思いますが、それは結果論でしかなく、それ以上に彼女はそんな私の未熟さすらすべて初めから理解して受け入れてくれてたんだと確信しています。おんぶにだっこだったのは私のほうです。なので、「ごめんね」ではなく心から「ありがとうね」と思えます。ゴールデンで16歳9ヶ月はかなり長生きをしてくれたほうだと思います。私の行き届かない介護にも付き合ってくれました。

{あなたは、本当に良い犬と出会い、良い別れ方をしたのねえ。}

 この頂いた言葉は一生忘れません。自信を持ってそう思えます。

chibipochi様の文章はchibipochi様の人格がとてもでていらっしゃいます。
他の回答者全員そうですが、皆さんとても愛情深い方ばかりです。
chibipochi様と一緒に居られるわんこ、本当に幸せだと思います・・・。

心より感謝いたします。ありがとうございます。

お礼日時:2013/07/17 12:03

まったく同じではありませんが、似た体験をしました。


15年一緒に暮らした犬を亡くした時です。10年以上前の話ですが。
金曜に犬とお別れして土日を泣いて過ごし、気がおかしくなるくらい悲しんでいました。月曜から仕事に出るのが不安で仕方ありませんでした。ところがその月曜の朝、ものすごく穏やかな気持ちで目が覚めました。直前までとても素敵な夢を見ていた気がしますが、内容は覚えていません。それまで一度も感じたことのないような、生まれて初めての大きな幸福感に包まれていました。悲しいはずなのにおかしいな、というのは頭では分かっていました。ふわふわしてるようでした。その幸福感はその日いっぱい続きましたが、時間が経つごとに徐々に現実に引き戻される感覚でした。
翌日からはほぼ通常の状態に戻りましたが、不安だった月曜日のスタートをスムーズに切ったことで、仕事への影響は最小限に抑えられました。
きっと、悲しみが大きすぎると、自己防衛の機能が働くのだと思います。悲しみに押しつぶされて気が変になってしまわないよう、他の大事なことに影響が出ないように。
不思議なもので、悲しみの中にいたはずのあの日が、これまでの人生で一番幸福な一日でした。冷静に考えれば亡くなった犬の仕業ということはあり得ませんが、たとえ自己防衛のための精神状態だったとしても、あの一日は、ある意味あの子からの贈り物だったと思っています。
15年間ありがとう。最後に大きな幸福感をありがとう。
あれから10年経ちました。命日には毎年お花をあげに行っています。会いに行く時はいつも嬉しくてそわそわします。でも背を向けて帰る時は寂しくて必ず涙が出ます。
悲しい気持ちは決して無駄ではありません。悲しいことがある度に、悲しい人の気持ちを分かってあげられるようになります。優しくなれます。だから、今の辛い気持ちも大事にしてあげて下さい。それもわんちゃんからの贈り物なのだと思います。
    • good
    • 73
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。貴重なご体験だったんですね。10年前といえど鮮明に覚えてらっしゃるのはそれだけ愛犬の存在が大きいということではないでしょうか。幸せなワンコだったんだなあと思います。
ありがとうございます★

お礼日時:2013/07/18 10:11

質問者様の愛犬はとても幸せだったと思います。


16年と言う日をその彼女はとても大事に温かく過ごされたと思います。

不思議な体験はと言うと・・・
ウチではラブラドールを飼っていました。
一軒家と言う事もあって中で飼っていて、そして10代後半の俺には良き
相棒のようでした。
と言うのも、お恥ずかしいですが、当時10代後半反抗期、荒れていました。
そんな荒れた時期にやってきたのが生まれて2~3か月のラブラドール(♀)
なつくのも早く、また言葉が通じるかのように動いてくれる頭のよいコでした。
今でも写真見たり当時の知り合いからはベロだしてる姿を見ると
まるで笑ってるかのように言われるくらい笑顔なコでした。

いっぱいいたづらをして、階段昇って降りれなくヒーヒー泣きながら
一人で降りてきたり。
冬は人の部屋のドアを開けて(ドアノブ開けるんです)俺のベッドに寝ていたり。
ある日、大きな病気と言うか先天性なのでしょうか?
元々鼻も赤く色素が薄いせいか動物病院の先生もお手上げになるくらいの
皮膚病になりました。
母は諦めずプロポリス等塗ってあげて禿げた体毛をさすって病院で諦めたのに
次第に少しづつでしたが治ってきました。

諸事情で俺は一人暮らし、他の家族は新しいマンションへ引っ越す事に。
当日の引っ越し作業が終わっても、「ここは私の家なの」と言わんばかりに
最後まで離れようとせず、引っ張って後にしました。


新しい家にも慣れ、新しい家族ミニチュアダックスも増え数年が経った12月の暮れ。
もう15才になったラブラドールはもうサポーターなしでは立てないくらい弱ってしまい、
寝たきりになってしまいました。
丁度親戚が近くで拾ったと柴犬の雑種を我が家へ持ってきて里親探しもしてました。
柴犬の雑種(♀)はラブラドールの弱った体に寄り添って、まるで慕っているようでした。
里親も見つかり、無事に引き渡した当日の朝の事です。
眠るように15年の人生を静かに閉じました。
痛くも痒くもなく静かに静かに。

家の物音すらしない空間。
毛布に寝ていたラブラドールはもういません。
その夜の事です。
何と決まって引き渡した里親先でワンワンうるさくて家では飼えない!と
申し出て家に戻ってきたのです。
ラブラドールが亡くなった当日の夜の事なので、まるで私の代わりに可愛がってね
と言わんばかりの出来事でしたので、変な話ですがペットロスにもならず実家では
今でもミニチュアダックスと大人になっても元気な柴の雑種が元気に今でも暮らしています。

勝手な想像ですが、俺はラブラドールの最後のプレゼントと思っています。

俺から言えるのは最後の最後まで頑張った愛犬にありがとうと声をかけたいです。
そして何かのおりに思い出してあげてください。

この回答への補足

ごめんなさい。柴犬ちゃんとダックスくんの立場を間違えてしまいました。不快ま思いをされましたらもうしわけありません。

補足日時:2013/07/16 22:20
    • good
    • 45
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。心温まる内容です・・・。ゴールデンとラブは親戚と思っていますのでなにか似通ったものを感じました。15年ですか・・・、とてもラブちゃん幸せだったと思います。お母様の献身的な看護も理解していたんだろうなと思います。柴犬ちゃんの寄り添いはきっと動物同士でしかわからない何かがあったのでしょうね・・。恥ずかしい話ですが、男性をおいかけ実家を出たことがあります。愛犬の世話は両親にまかせっきりでした。今思うと、自身の事しか考えずたまに帰ったときの愛犬の喜びようといったらなかったですが、なにか自分自身が欠落していたと反省という言葉では表せないほど悔やみました。が、それでも彼女は純真無垢な態度で私を迎えてくれました。裏切らない愛情。たまらないです。最後にラブちゃんが残してくれたプレゼント、ダックスくん(?)はきっと「俺の家はここじゃないのさ」といわんばかりに吠えまくったのでしょうね。「ラブ姉さんと約束したんだ!」ぐらいの(笑)我が家は亡くなった弟から愛犬へと命のバトンが渡されたと思っています。いまはただただ彼女が肉体を脱ぎ捨てて自由になれたのだとしたら、私の思いだけで心配事や迷惑はかけたくないなと思っています。ただ、ひたすら私が話しかけまくるため、もしかしたら、「そんなに話しかけられると向こうにいけないんですけど・・・ま、いいわよ」と少し迷惑がっているのかもしれません。わたしからも、らぶちゃんありがとうとお伝えさせてもらいます。ありがとうございます★

お礼日時:2013/07/16 22:09

 こんにちわ。

わんちゃんのごめいふくをお祈りします。心理学のカテゴリーで質問すれば何かわかるかもしれません。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

お返事、ありがとうございます★kokutetsu様の短い文章の中には温かみを感じます・・・。私は十分すぎるほど愛犬に愛され愛しました。(今もですが^^)少し落ち着いたら心理学のカテゴリーで質問をしてみたいとおもいます。このような正解の見えない質問に回答を頂き、本当にありがとうございます。

お礼日時:2013/07/16 21:45

今が一番お辛い時かと思います。


きっとあなたのワンちゃんは、あなたのそばにいるのだと思いますよ。優しいワンちゃんなのですね。そしてあなたも、ワンちゃんにとってとても良い飼い主さんだったのでしょう。

私も一昨年、16年間一緒に暮らしてきた愛犬を亡くしました。マルチーズとシーズーのミックスで、男の子でした。
私も愛犬を亡くした後、不思議な体験をしました。
愛犬が亡くなり、数日後。私はまだまだ悲しみのドン底で、泣いてばかりでした。私が小学校6年生の時に出会い、16年間ずっと一緒だった愛犬。何をするにも、どこへ行くにも一緒でした。旅行にも必ず連れて行きました。私にとっては、弟のような我が子のような存在です。
そんな愛犬が亡くなったショックで、食欲も湧かず、泣いては泣き疲れて寝て、目が覚めては愛犬の姿を探して泣くという生活。
そんな中、家の廊下を一人で歩いていました。向かう先は台所(家の構造上、台所を通らないとリビングに行けないので)。台所には母がいました。私が台所に入ると、母が驚いたように振り向きました。
「何?」と聞くと、母が言うのです。「今、あんたの足音と、○○(愛犬)の足音が聞こえた」と。私が廊下を歩いてくる足音に重なって、愛犬の足音がしたと言うのです。小型犬がフローリングを歩く時の、ちょっと爪が当たるようなチャッチャッチャッという足音。聞き間違えるはずがないと。「○○は、あんたのそばにいるんだね」と母は微笑んでいました。

もう一つ、不思議な体験。それは、愛犬をよく連れて行った草原での出来事です。その場所は、家から車で約2時間ほどの場所です。見渡す限りの草原に、木で造られた遊歩道が渡してあり、とても気持ちの良い場所です。車も入って来ませんし、安心してリードなしで散歩できる場所で、愛犬もその場所が大好きでした。
「愛犬の遺骨は、四十九日の間は家に置いていてもいいが、四十九日が開けたらペット霊園に預けた方がいい。家に置いてくと、賑やかさや飼い主への思いから、愛犬がゆっくり休めない」と愛犬の葬儀をしてもらったお寺の住職さんから言われていました。
四十九日が明け、お寺に預けに行く日の数日前。もう一度あの場所に連れて行ってあげようということになり、遺骨を母が抱いて、私が運転して出掛けました。母と私の休みの関係で、その日しか都合がつかず。でも、その日は生憎の雨。それでも小雨だったので、どうにかなるだろうと目的地を目指しました。途中のスーパーでお弁当を買って。ところが、目的地は山のため、雨脚は増すばかり。ドシャ降りです。「この雨だと、遺骨が濡れちゃうといけないし、車の中でお弁当を食べて、景色だけ見せて帰るしかないかな」と話していました。
目的地に近づくと、雨はまだ降っています。残念に思いながら、駐車場に車を停めていると、信じられないことが。急に雨が止み、パァッと、不思議なほどに晴れたんです。私も母も驚きながら、車から下りて遊歩道に向かいました。雨上がりということもあり、景色はとても綺麗でした。
遊歩道の途中に何ヵ所か設けてあるベンチに敷物を敷き、お弁当を広げました。
暫く景色を眺めてから、そろそろ帰ろうかと駐車場に戻りました。車に乗ってエンジンをかけた途端、雨がまた降り始めました。
単なる偶然と言われればそれまでなんですが、私と母は、「連れて来てくれてありがとう」と愛犬が言っているような気がしました。

その後も、やはり辛さは変わりませんでしたが、ある日気づいたこと。それは、
この世界は、あの子が好きだった景色で溢れてる。あの子が好きだった人達が沢山いる。捨てたもんじゃないな。そう思いました。
私は、あの子は今でも私のそばにいてくれていると信じています。ただ、見えないだけ。いつか私が人生を全うしたら、また見えるようになる。そしたら思いっきり抱っこしてあげよう。また色んな所に一緒に出掛けよう。そう思っています。

今はまだ辛い時と思いますが、あなたのワンちゃんは、きっとあなたのそばにいるはず。そう信じて、頑張って下さい。
    • good
    • 32
この回答へのお礼

心温まるお返事、ありがとうございます。とっても大切にされたワンちゃんだったんですね。本当に不思議な出来事ってあるんですね。他界してからいろいろと話しかけています^^ おかしな人に見られるかもしれませんが^^; なんだか、他界してから5日が経ちますが、実際はなにがなんだかわかっていない所もあるような気がします(私自身が)今でも側にいてくれているなら本当に私は幸せです。仰る通りで、私も自分の人生を全うしたらきっと、亡き弟とわんことまた会えると信じているからこそ、今を生きることができています。わんこって愛情の塊です★貴重な体験をお聞かせいただきましてありがとうございます。

お礼日時:2013/07/16 19:11

感覚的に受け入れ難い事実を受け入れられてきたのかと。


ペットの死を認められてきた、自分の悲しみを認められてきた。
寝ている間や起きた直前など、日中知らず知らず
機能している防衛規制が弱まっているので。
時間が経過していっている、というところも関係あるかと
思います。
遮断すると逆に他のことでも「感じる」ことが
難しくなるので、それとは違うと思うし。
落ち込む時は落ち込んでください、恥ずかしいことではありません。
そして少しずつ受け入れ始めている自分も認めてあげてください。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

心温まるお返事をありがとうございます。他界したのは5日前です。
23tomo-u様の仰る通り少しづつ受け入れ始めたのかもしれませんね。ただ、過去に起きた悲しい出来事なのですが、弟が事故死しました。朝、話した弟が夜には意識不明で3日後他界。彼がまだ20歳のときでした。彼の死を受け入れるのに15年程かかりました・・・。その事がある為、今回の愛犬の死も、自分自身がどうなってしまうかと、私自身、愛犬を失ったらこれ以上は生きていけないと思っていました。愛犬も弟も家族にはかわりません。

受け入れることの難しさを心でも身体でも理解しているつもりでしたので、今の自分の状態が理解できないのですよね。ただ、安心感がひたすらある、そんな感じです。
もしかすると、またガクッとくるかもしれません。そのときはとことん落ち込もうと思います。
本当にありがとうございます★

お礼日時:2013/07/16 15:40

お辛いですね。


私も一昨年ゴールデンの女の子(13歳半)を亡くしました。
内またでしずしず歩く後姿がなんとも愛らしい子でした。
ですからあなたのお気持ちがとてもよくわかります。
うちの子は亡くなってから3日目が8月のお盆で、迎え火を焚く日だったのですが・・夕暮れ迎え火を焚いてふと空を仰ぎ目線を下すと足元に彼女が座っていました。
ご機嫌の顔で、元気な姿で・・。
帰ってきてくれたのだと思いました。
その後は残った他のわんこと一緒に遊び・・家の中では猫を追い回し・・騒ぐだけ騒いでお気に入りの場所で眠り・・翌々日送り火と一緒に帰って行きました。
今年、別の子が亡くなった時も気配を感じましたので、きっと迷わないように迎えに来てくれたのだと家族で話しました。
今は小型犬ブームで、ゴールデンの姿はあまり見かけなくなりましたが、たまに見つけると後ろに回って内またか確認したりしています。
今はお辛いでしょうが、元気を出してくださいね。
あなたの足元にもきっと彼女はいて、励ましてくれていると思います。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

心温まるお返事ありがとうございます。ぐっときてしまいました^^: 
ama-oto様のわんこちゃんもきっと幸せだったんでしょうね。いいなぁ、姿が見えたなんて!とっても幸せなひとときだったんでしょうね。本当にわんこって神様の使いのような気がしてなりません。彼らの愛情は絶対ですもんね・・・。裏切ったりだましたりしない絶対的な愛情。本当にうちの子になってくれたことに感謝しています。
確かに今は小型犬ブームですね。小型犬もとってもかわいいですが、大型犬のかわいさを知るとやめられません・・・(笑)よく彼女を抱き枕にして、もふもふするのが幸せでした。嫌だったかもしれないのに逃げていかない懐の大きさと辛抱強さ(笑)

神様のもとに帰ったわんこ達が幸せに元気に走り回っていることを願います。ゴールデン同士仲良くなっているといいなぁ。ありがとうございます★心がまた温かくなりました。

お礼日時:2013/07/16 15:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング