初めまして。

 つい先日,私の親しい友人から,賄賂で逮捕されたとある政治家の減刑嘆願書に署名するよう,申し出を受けました。その政治家とは,私の友人のさらに友人の夫にあたる人です。

 私から見ればその政治家は全くの他人であり,別に心から減刑を嘆願しているわけではありません。そう言う意味において私が署名するのは筋違いなのですが,友人には非常に恩があります。

 ここで,質問があります。署名用紙を見せてもらったところ,記入欄は自署,現住所,印鑑でした。私は自署や押印に対して,非常に抵抗を感じているのですが,一般的に減刑嘆願書というのは,署名をする上で危険性は全くないのでしょうか? かつて,署名者が不利益を受けたような事例がありましたら,是非,教えていただきたく存じます。また実際に事例がない場合でも,どのような危険性をはらんでいるのか,教えていただきたく存じます。

 どうか,よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

100%安全です。

政治家がらみの減軽(減刑ではなくて刑を半分にすることです)の嘆願は憲法21条1項に関する表現の自由にあたります。この点について刑事制裁、行政制裁が介入すれば、裁判所は厳しく審査します。社会的にも署名したことで危険を蒙ることはありませんし、あってはならないことだと思います。
非情な殺人犯の減軽を嘆願したわけでもないんだし、安心してください。
    • good
    • 0

嘆願書に署名することで生まれる可能性があるデメリットとしては


その政治団体と縁ができてしまうことです。
選挙の時などにその政治団体から電話がかかってくることはあるでしょうし、
協力をお願いされる可能性もあります。
もちろん「うざったい」ぐらいの実害しかないと思いますが。
それ以外のことについてはデメリットはないと思いますよ。

僕自身の考えとしては政治家さんと縁ができるのはいいことですよ。何かあったときに政治家というのはすごい顔が利きますから。
例えばある病院に大事な人を入院させたいが「ベッドがいっぱい」と断られている状況でも政治家さんが間に入ってもらうことでかなりスムーズに話が進むことなどがあります。

さすがに交通違反を見逃してもらうように頼むのはまずいご時世ですが。
    • good
    • 0

少なくとも減刑嘆願書というものはお願いしますというものであり法に触れるものではないのでそれを書くことによる直接の被害というものは基本的はないはずです。


ただし、嘆願に付随する危険性としてはたとえば暴力団がらみなどの際に相手の暴力団等ににらまれるというということが無いとはいえませんが、そのような場合で無い限りほとんど安全です。
ただし、その政治家の賄賂によって被害を受けたという人がいることも忘れずに自分で冷静になってよく考えた上で署名すればよいのではないのでしょうか?
あまり参考にならなくてすいませんでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故 嘆願書

友人がひき逃げ死亡事故を起こしました。
サイトでは、被害者・加害者の嘆願書を提出すれば裁判で効果的とありました。
友人として・職場の仲間として、嘆願書を提出しても何も効力はないのでしょうか?

Aベストアンサー

被害者の嘆願書はかなり有効です。友人・職場の嘆願書もそれなり効果がないこともないですが、やはり被害者親族の嘆願書ですね。
事情がわかりませんが、悪質ですよね。
被害者親族の気持ちはどうなのでしょうかね。

通常の傷害事故ならたいした意味はもちませんが、このような重大 死亡事故の場合の被害者側の嘆願書はそれなり かなり有効なものと思います。

Q検察庁起訴後の減刑嘆願書の効果について

こんにちは。29歳主婦です。
先日、交差点で私の赤信号見落としが原因で、事故を起こしてしまいました。
相手方は二週間の軽傷ということで人身事故扱いに。
事故から10日位後に警察に呼び出され、事故から一ヶ月後に検察庁から出頭命令が出ました。
行政処分は五点の加点で、免停はギリギリ免れましたが、刑事処分はおそらく50万円ほどになるだろうとのこと。
おそらく、二週間後くらいに裁判所から呼び出しがあるとは思います。そんな折、本日被害者の方から減刑嘆願書を書いていただけました。もう、検察側は起訴ということで裁判所へ書類を提出しているようなのですが、このタイミングでも減刑嘆願書の効果はありますでしょうか。不起訴になるってことは、さすがにないですよね??

Aベストアンサー

#1でも回答したとおり、既に起訴済みなので不起訴にはならないです(できるとすれば起訴取り下げですが、無実が判明したというわけでもないのでそれはできない)。
減刑嘆願書によって減刑するかどうかの判断は裁判所ということです。

Q相続税の嘆願書について教えて下さい。

一年以上前に相続税を納めて既に終わってるいるのを、当時の税理士とは違う税理士が内容をチェックしたところ、税金を多く払い過ぎてる事を見つけたと言い、嘆願書を出せば戻って来ると言ってます。
当時の相続人は7名、私は嘆願書に印を押すつもりありませんし、もう過ぎたことと止めたいんですが、嘆願書は通るんでしょうか?

Aベストアンサー

No.3補足への返信です。
返信遅くなりました。申し訳ありません。

税務署から税理士Aへの信頼については、気にする必要は無いと思います。
税務署と税理士は信頼関係で結ばれた間柄ではありません。
(私が住む首都圏ではそうです。地方ではどうかわかりません。)
税理士Aの当初申告に対し、別人の税理士Bが嘆願請求するということはよくある話です。
嘆願請求がでただけで税務署が、税理士Aがおこなった過去の申告を集中的にチェックするというのは無いと思います。

>税務署もそう簡単に還付するとは思えませんが。
嘆願による訂正内容次第かと思います。
1000万円以上の還付となれば広大地の適用と想像しますが、広大地ならノウハウのある税理士でしたら、あっさり還付でしょうね。

Q減刑嘆願書は効果がなかった?

度々お世話になります。
先日、信号無視の人身事故でを起こしてしまいました。検察庁からは「おそらく、罰金は50万前後」と言われました。
その後、被害者様(二週間の打撲)に減刑嘆願書を書いていただき検察庁に提出。
本日略式命令がくだり、罰金が40万円でした。納得がいきません。減刑嘆願書が効いてないということでしょうか。20万くらいにはなると思っていたのですが。
反省はしています。今後も気をつけて運転していく心構えはあります。
ただ、せっかく頼み込んで減刑嘆願書を書いてもらったのに、意味がなかったような気がしてなりません。
この略式命令に不服申し立てをすることによる、デメリットはありますか?どなたか教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

50万円が40万円になり、10万円分の効果はあったのではないですか?

それにしても、相手の方が、亡くなる、、ということにならなくて

良かったですね。

40万で済めば、御の字ですよ。

お金は、なんとか払って行けば、それで済みますが、

相手の方が、亡くなった、、、となると、交通刑務所行きですし、

一生、引きずって行くことになってしまいます。

Q皆様のご教授に感謝しております。嘆願書の出す方法

御貴重なご意見有り難う御座います。未だ管轄の警察署での出頭調書を取られていないので、その時に渡そうと思いますが如何なものでしょうか?後、検察庁宛ての嘆願書も被害者の方が文面を読み納得して署名・捺印して記入して頂いていますが、この嘆願書の出すタイミングは何時が宜しいでしょうか?尚、警察宛ての嘆願書も被害者の方が文面を読み納得して署名・捺印して記入して頂いています。御教授の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

即、提出して下さい。「早い内に相手も許してくれた」の印象です。日付が記入されていても、「相手は直ぐに許してくれた」と。

蛇足で、嘆願書は相手に限らずあなたの関係者多数集めて下さい。効果的です。皆が同情してくれた、として。

Q嘆願書署名

ある減刑嘆願書の署名を公務員の方に依頼しました
公務員は刑事事件の減刑嘆願書の署名は出来ませんと断られました
個人の活動、意思をも公務員は規制されているのでしょうか
法律で規制されているでしょうか、もし規制されるとしたら、
公務員という職種は、個人の意思は認められないということになりますが、
どなたか詳しくご存知でしょうか?
参考URLをご存知でしょうか?

Aベストアンサー

お察しのとおり、公務員といえども個人の意思の自由は制約されていません。公務員は法令と上司の職務上の命令に従う義務を負っていますが、これは公務員に限った話ではありません。公務員といえども法律に明示された事項(労働基本権の制限、政治的行為の制限等)を除けば、一般国民と同様の自由を有しています。

その公務員は、何らかの理由でその減刑嘆願に賛同できないか、あるいは署名活動という活動形態自体を嫌っているのでしょう。あからさまに断るのをはばかり、公務員だから、という理由をつけたものと推測します。

Q人身交通事故の嘆願書について

人身事故で加害者が 被害者に書いてもらえるようにお願いする嘆願書のことなんですが 文面はパソコンで作成し被害者に文面を読んで頂き、納得すれば署名捺印を被害者自身で書いて頂ければ、嘆願書として成立するのでしょうか?後、提出する官庁と時期はいつが宜しいのでしょうか?

Aベストアンサー

>嘆願書として成立するのでしょうか?
問題なく採用されると思います。
今の世の中、嘆願書等を作成する大概の被害者はそうすると思います。
手書きの方がより効果があると推測しますが、
そこまで親身に加害者のことを思うかどうかはケースバイケースですね。

「法」に則って裁かれます。
必須要件ではない嘆願書は参考資料に過ぎないので、
必須事項の示談が締結しているか否か(訴訟、裁判になるか)の方が重要です。

示談→ケガ(損害)を与えたけれど既に賠償義務は済んでいる。情状酌量の余地あり。
係争中→他人にケガを負わせておいて、その責任(賠償)を果たしていない。厳罰に処する必要がある。

Q嘆願書または署名について教えてください お願いします!

田舎に住んでるので、家で携帯電話(ドコモ)が圏外で使えなくて困っています。ドコモに電波塔を建ててもらうように何度か要望を出したのですが、「FOMAの電波塔の建設を検討中です」と返事が来ました。1ヵ月後ぐらいにもう一度要望を出したら「今後建設する予定は無い」と言う返事が来ました。  家で携帯が使えないのはかなり不便なので、絶対に携帯が使えるようになりたいで、嘆願書を出したいと思っています。隣の町では、嘆願書を出して電波塔を建ててもらったと言う話をきいたので・・・。でも嘆願書の書き方などがわかりません、わかる方はぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

基地局を立てるのには規模によりけりですが、1千万を超えるのお金が必要になります。
確かに、携帯電話はネットワークの構築で価値があるものですが、明らかにペイしないものは立てる義務は民間企業であるドコモにはありません。

しかし、
・建設費の一部負担
・基地局の用地の提供(貸すという形でも良いです。)
・全員がドコモを使うよう努力する。
・反対している住民は住民側で説得し、合意を得る。

などを近隣の住民と合同で申し出れば可能性が高くなるとは思います。
それが嫌なら人口密度が高そうなところに引っ越すべきです。

Q嘆願書の効果について

無免許運転幇助で、検察で取り調べを受ける場合、
ドライバーに嘆願書をもらっておくと罪が軽減される可能性はありますか?
はずかしい話なのですが、私が無免許運転で事故を起こしたので、
相手に嘆願書を渡すつもりです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無免許運転を知りながら、その車に乗った者を、とくに無免許運転の幇助犯で起訴し処罰するというのは、よほどの場合だけです。

幇助したとされる方の地位立場が書かれていません。書けば、そこの事情というか、特殊性に警察検察が着目するか分かりますが。

あと、幇助犯は必要的減軽です。教唆犯と違う。同等ではないのです。必要的に刑罰が法律上減軽されます。

ところで、嘆願書ではなくて、「上申書」として、「幇助犯」とされる同乗者のかたをかばう内容の書面を出すべきでしょう。これは何も「抜け道」とかいうものでは決してありません。誤解されないように。

無免許運転の必要性・緊急性がないのに、無免許で運転し、かつ、事故を惹起した(人身なのか否かも出ていない)場合、非難の程度は2倍です。

無免許で運転するという「使用の必要性」とか「合理性」については、みなさんそれなりに言われるのですが、それらはほぼ自分勝手な「便利さ」とか、「足が必要だったから」という程度のものが多いようです。

で、そういう状況を知っている同乗者の方は、非難としては、本来、同じ量の非難を受けるべきなのです。
それを低減させてやろうというからには、よほどあなたが悪者になって、同乗者はむしろ被害者だったと見られるような「上申書」を書かないと、また、その内容が同乗者が呼ばれて警察検察で取り調べを受けるとき、ぼ一致していないと、「作り話」とみられて、さらに悪くなってしまう。

私は、正直が基本と思いますが、どうしても同乗者の立場を良くしてやりたいなら、いろいろ考えてください。

無免許運転を知りながら、その車に乗った者を、とくに無免許運転の幇助犯で起訴し処罰するというのは、よほどの場合だけです。

幇助したとされる方の地位立場が書かれていません。書けば、そこの事情というか、特殊性に警察検察が着目するか分かりますが。

あと、幇助犯は必要的減軽です。教唆犯と違う。同等ではないのです。必要的に刑罰が法律上減軽されます。

ところで、嘆願書ではなくて、「上申書」として、「幇助犯」とされる同乗者のかたをかばう内容の書面を出すべきでしょう。これは何も「抜け...続きを読む

Q電子署名は署名として認められる?

別のカテゴリに同じ質問をしましたが
お返事がいただけなかったのでこちらに再投稿しますので
よろしくお願いします

以下のように署名をネット上で集めるページを見かけました
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/OnlineSign/sign200306.html

一般的に署名とは手書きですが
インターネットによる電子署名に効力はあるのでしょうか?
使用例としては検察庁、裁判所への提出などです

名前と住所があれば電子署名でも有効な感じがしますが、、
どう思われますか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ここで言っている署名というのは、公式な効力はありません。
手書きであっても、ネットワーク上の署名であっても。
そこにはただ、○○個の手書き署名またはIDデータが書かれているというだけです。○○個は必ずしも○○人ではありません。
示威行動として署名を集めるという意味はあるかもしれません。
集められた署名は「請願」という行為になるだけ、と思います。
参考にはするかもしれないけれども、それ自体には意思決定を左右する力はありません。
検察庁、裁判所への提出では「嘆願」ですね。
これも拘束力がないでしょう。
陳述書など、証拠能力があるようなものには、自筆署名、認証された電子署名が必要でしょうね。

地方自治法が定める「住民の直接請求」では、署名の正当性が問われます。

>名前と住所があれば電子署名でも有効な
個人は識別できるかもしれないけど、その個人の意思によるものかどうかは不明なので「署名」としては無効だと思います。
また、たとえ「署名」として有効だとしても上記の理由で、なんら法的効力はないでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報