個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

パナソニックBQ-370があるのですが、
4年ぶりに使おうとしたら、古いためか充電池が使えなくなっていました。

そこで、新しく充電池を購入して使おうと思うのですが、
古い充電器は使えますか?
電池はニッケル水素電池です。
充電器もニッケル水素電池対応とあります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



充電池と充電器は原則同じメーカーでそろえたほうが無難なので、
新たに充電池を購入する場合、

○HHR-3XPS
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …
※リンク先は2本入り(HHR-3XPS/2B)ですが、4本入り(HHR-3XPS/4B)もあります。

○BK-3LLB(充電式EVOLTA e)
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …
※リンク先は2本入り(BK-3LLB/2B)ですが、4本入り(BK-3LLB/4B)もあります。

○BK-3MLE(充電式EVOLTA スタンダードモデル)
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …
※リンク先は2本入り(BK-3MLE/2B)ですが、4本入り(BK-3MLE/4B)、8本入り(BK-3MLE/8B)、12本入り(BK-3MLE/12B)もあります。

○BK-3HLC(充電式EVOLTA ハイエンドモデル)
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …
※リンク先は2本入り(BK-3HLC/2B)ですが、4本入り(BK-3HLC/4B)もあります。

で使用できます(充電式EVOLTA e/充電式EVOLTAは単3形の他に単4形もありますが共通です)。
※充電式EVOLTAは1回あたりの使用時間が長い(電池容量が多い)のが特徴です。

一方、繰り返し使用回数が多い「eneloop」は元々三洋電機から発売されていた製品で、パナソニックブランドに切り替わった後でも三洋電機製の充電器で従来通り使用できるように設計されていますので、あなたが手持ちの充電器では充電できません。

その為、「eneloop」を新たな充電池として新調する場合は充電器の買い替えも必要になるので、充電器セットを新たに購入しなくてはなりません。

K-KJ22MCC40(BQ-CC22同梱)
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …

K-KJ21MCC40(BQ-CC21同梱)
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …

K-KJ11MCC40(BQ-CC11同梱)
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&h …

現在販売されている充電器の特徴として、
○「充電式EVOLTA」を含むパナソニック製充電池に加え、「eneloop」シリーズ(パナソニック製を含む)や三洋電機製充電池にも充電できます。
 (パッケージに「eneloop・充電式EVOLTA両対応充電器」と記載されています)
○電池1本ごとに満充電状態をいち早く検知し、充電時間や消費電力の無駄を省く「スマートチャージ機能」を搭載しています。
○BQ-CC21/CC11には、電池の状態を約2秒で自動診断し、電池1本ごとの状態に適した充電を行う「電池クイック自動診断」機能を搭載しています。
○BQ-CC11には、充電完了後の消費電力を大幅に抑える「待機時消費電力ゼロモード」を搭載します。満充電状態を検知する時に瞬間的に消費電力量が増えるため平均値となりますが、充電完了後の消費電力は0.005W未満になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても詳しい説明ありがとうございます。

お礼日時:2013/08/13 19:25

ニッケル水素電池でも品番によって充放電特性等の仕様が異なり、仕様が違えば充電器の仕様(出力電流や充電制御回路等の違い)によっては対応しない場合があります。



BQ-370は急速充電器で単三サイズの場合に1A(1,2本充電時の平均電流)、最大2Aも出力されますから、充電式エボルタには対応しますが、エネループには対応しません。

メーカーが対応しないという組み合わせで使用して、充電池寿命が短くなったり、発熱が多くて事故につながるような事があっても、正しい使用方法ではないですから全て自己責任になりますよ。

BQ-370取扱説明書
http://dl-ctlg.panasonic.jp/manual/2006/K-KJP5MB …

充電器別適合電池一覧表
BQ-370の後継機種BQ-390(海外対応)
http://panasonic.jp/charge/nickel/pdf/juden3_web …

この回答への補足

>BQ-370は急速充電器で単三サイズの場合に1A(1,2本充電時の平均電流)、最大2Aも出力されますから、充電式エボルタには対応しますが、エネループには対応しません。

これは、どういう意味でしょうか?
エネループは別?
説明頂けないでしょうか?

補足日時:2013/07/27 13:10
    • good
    • 1

 BQ-370はニッケル水素電池用なのでenelooppなどを含む新しいニッケル水素電池の充電ができます。

ニッケル水素用充電器では古いニカド電池(カドミウム入り)の充電も充電が浅くなりますができます。

 もっと古いニカド電池専用の充電器ではニッケル水素電池の充電は過充電になってしまうのでできません。電池を発熱させて極端に劣化させたり、メーカーの脅し文句を借りれば電池が破裂してしまう可能性があります。

 ニカド電池充電器は充電中に徐々に上がった電池の電圧が上昇をやめて少し下がった点で充電を終了するのに対し、ニッケル水素充電器は徐々に上がった電池の電圧が上昇をやめたときに充電を終了するという違いがあります。電池の劣化の主な原因は充電中の発熱で、過充電は与えた電力がすべて熱に変わる状態ですから、充電終了の判断の正しさは電池の寿命に大きな影響があります。

 ご質問と違いますが100円ショップなどにある充電が自動的に止まらず利用者が時間を測って充電を止める充電器では、ニッケル水素電池もニカド電池も充電できません。これらの電池の充電終了は時間では決められないからです。古い電池では充電開始直後に過充電状態が始まりますからそのまま一定時間充電を続けることは電池の劣化を加速するだけでなく火災の可能性があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古い充電器による電池の充電について

こんばんは。

今、手元に3年ほど前のパナソニックの充電器と、同時に購入したパナソニックのNiMHの電池があり、それを使用しております。
電池をなくしたりしてしまい、最近では数が足りなくなってきてしまったので、新しく買い足そうと考えております。
充電器と充電電池のメーカが違っても問題ないと言うところまでは分かったのですが、いくつか分からないことがあるのでお聞かせください。

1.最近の電池は容量がだいぶ増えておりますが、そのような電池でも、古い充電器で問題なく使えますでしょうか。
2.また、一部の電池では容量を抑えめにして放電を少なくしている電池もありますが(エネループなど)、このような電池についてはそれに対応した機能が必要(充電器を買い換える必要)がありますでしょうか、それとも今のもののままでも特に問題なく使えるものなのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三洋電機はエネループについて「(同社の)ほとんどの充電器で充電可能」という見解を出してます。
http://www.sanyo.co.jp/eneloop/info/info08.html
なんでエネループだからと特別な充電器を手配する必要はないと思いますが、他社充電器での動作については保証がないので何とも。OEMや何やで充電自体は問題ないとも思うんですが、全性能を発揮できないという可能性はありますね。

大容量の充電池については、少なくとも高速充電に限っては大容量対応の充電器でないと満充電できません。
8~10時間かかるような低速の充電器なら特に充電速度を制御してはいないんで時間さえかければ充電可能でしょうが、今度は過充電を気にしなければならないことに。

Qテスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体的に何Ωの抵抗器を使うかということまでは書かれていませんでした。

具体的にどうやってテスターを用いて乾電池の残量を調べられるのでしょうか?

実際、いま測定したいと考えている乾電池は単3です。

上記のページには、単一なら300mA位で、単三なら100mA位、と書かれていますが、
乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れると思うのですが、
乾電池の大きさによって判定の仕方が異なるのでしょうか?

どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体...続きを読む

Aベストアンサー

テスターで、電池残量は測定できません。
起電力(解放時の電圧)を測って、目安にしているだけです。
使用するに合わせて、内部抵抗が大きくなり、解放電圧は十分でも、大きな電流を取り出そうとすると電圧降下が大きくなり、使用に耐えなくなります(微弱電流で作動する機器には使用可能)。
>適当な抵抗器を直列に接続・・・。
残量というより、能力のチェックです。
可変抵抗を使い、抵抗値を下げて行き、抵抗の端子間電圧が定格(1.5V)を保って、何アンペア流せるか(新品との比較で判断する)、定格(1.5V)を下回ると、それは内部抵抗による電圧降下です。
>乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れる。
内部抵抗が同じならそのとうりです、・・・んが、大きくなれば、極板の面積も大きくなり、内部抵抗が小さくなります。
その状態で、電圧を測れば、単三の電圧が低くなっています(内部抵抗による電圧降下)。
※ E=IR 1.5=0.3R   抵抗は5オームです。

Qニッケル水素電池をニッカド充電器で充電したらどうなりますか?

なぜ出来ないのでしょうか?もし充電したらどうなりますか?

Aベストアンサー

 全く大丈夫です。起電力はどちらも1.2Vですので後は原理的に同じです。
 ただ水素が幾らか外に出ている様で充電器を傷めるのかもしれませんが、
そこら辺の対策がしてあるのかも。
 従来のNi-cdより高容量なのでニッカド充電器の裏に書いてある出力○○mA
でニッケル水素電池の容量を割ると充電時間が計算できます(1,2時間分プラスし
ます)。低電流で充電しますとかえって電池にやさしいと思われます。
中には数アンペアで超急速充電している人がいますが、かなり発熱するぐら
いで大丈夫だそうです。また本当は乾電池も充電できます。ただし元々充電用で
ないので破裂、液漏れの可能性大です。怖いですが1,2度なら復活します。

Q充電電池と充電器のメーカーが違っても充電可能か

三洋のエネループを買おうと思うのですが、今使っている充電器はフジフィルム製品なのです。エネループの説明によると、三洋の充電器なら使えるとのことですが、他のメーカのは使用可能なのでしょうか。例えば、フル充電できないとか、電池の寿命が縮まってしまうかなどが心配です。

Aベストアンサー

おそらく、問題無いと思います。
電池の寿命が縮む恐れが有るのは、急速充電の場合です。
専用の充電器が7時間充電ですから、それより短い場合は
電池へのダメージが考えられます。
2~3時間で充電完了するようでしたら、やめた方がいいですね。
逆に7時間以上かかるのは、問題有りません。
電池にやさしい充電器です。

フル充電できない、という事は考えにくいです。
電池の出力電圧は一緒ですから。

私の個人的な考えですが、7時間充電は若干無理が
有るように思えます。
フジフィルムの充電器の方が電池にやさしいかもしれません。

ちなみに私の使ってる充電器は10年以上前の物ですが
どのメーカーの充電池を充電しても何の問題も有りません。

Qエネループをパナソニックの充電器で充電できますか?

現在パナソニックのニッケル水素電池(HHR-3XPS)と充電器(BQ-390)を使っています。
別用途として同タイプの電池を買い足そうと思うのですが、サンヨーのエネループの評価が非常に高く、また価格も安く出ているので今度はこれにしようと思っています。

質問なのですが、このパナソニックの充電器でエネループを充電しても大丈夫なのでしょうか?
もちろん本来は「適合する電池のみ使用」となるのでしょうが、実際使用されたことがある方がいらっしゃれば、どんな具合か教えていただけますでしょうか。
問題なく使えるのであれば、わざわざ専用の充電器を買う必要もないので、節約できるものは節約しようと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もちろんメーカー推奨じゃないと思いますが,使えると思います。
充電器は,充電制御方法(ニッカド専用はダメ)と充電できる最大容量の2点をチェックしてから使う必要がありますが,エネループは従来の充電器でも充電できるものがあることからわかるように,従来のニッケル水素充電池と同じように使えるようです。PanasonicのBQ-390は2000mAhのニッケル水素充電池に対応していますので大丈夫だと思います。

Q電球の100Vと110Vの違いについて、

 先日私の父が電球を買いに行きました。そのとき、100Vの物と110Vの物があり、父が店員さんに
 「(一般家庭の電圧は100Vのはずなのに)どうして110Vが売ってるんですか?」と聞いたところ、
 「電柱についている変圧器(樽のような物)に近い家は電圧が110Vぐらいになるので、そのためです。」と言われたらしいのですが、電圧機に近い家に住んでいる人は本当にそのことを知っているのでしょうか? もし、あまり知られていないのなら、110V用はあまり売れないのでは?それならなぜ店に置いているのでしょうか?何か理由があるんですか?
 教えてください。

Aベストアンサー

昼夜間で電圧が変動する地域で(工場の多い地域等は夜間電圧が上昇します)は、
110V電球が必要になるようです。
店舗等で110Vの電球を使うと、多少明るさは落ちますが寿命が長くなり電気代が節約できます。
110Vの電球は需要が本来ならば、あまりないでしょうが、
電気代を節約しようとする人が購入しますので、売れるのではないでしょうか。
下記のサイトに説明が載っています。
http://www.fuji.org/faq.html

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qソーラーパネルからのeneloopへの充電について

趣味で、添付の図のような回路を作成し、昼夜問わずに赤外線センサーが感知すればLEDを光らせる回路を作成しようと計画しています。

個人的に一番気になっている点が、電源にソーラーパネルと、電池部分にeneloopを使うことを考えているのですが、 eneloop は、充電しながらの電池の使用は問題ないでしょうか。

以前ニュースで、確か全く別な製品ではありますが、
充電しながら使用したら爆発したというニュースを見た記憶があるので、
そういった使用方法が出来る製品は、何らかの工夫が施されているのではないか?と
勝手に勘ぐっております。

その他気になる点がありましたらご教示頂ければと思います。

Aベストアンサー

16Vの太陽電池を使うと書かれていますが、16Vの太陽電池は16Vの電圧で電流を取り出すことはできません。
太陽電池は「取り出す電流が多くなるにつれて電圧が下がる」という特性があるため、「高い電圧が必要な場合、取り出せる電流が小さくなる」ことになります。
特性値の「開放電圧」は、「まったく電流を取り出さない場合の電圧」です。電流ゼロですからこの電圧ではまったく電力は取り出せません。
また別の特性値として「短絡電流」がありますが、こちらは「電圧がゼロになるまで絞りきった最大電流」です。電圧ゼロですからこの電流を流してもまったく電力は取り出せません。

その中間で、「ほどほどの電圧でほどほどの電流」になるように、取り出す電流量を調整する必要があるわけです。
16Vのソーラーパネルで、エネループ12本=14.4Vの充電というのはかなり無謀な数値です。

太陽電池を使う場合、取り出せる電圧は、だいたい開放電圧の70%ぐらいを想定するのが無難。その時で、取り出せる電流は、だいたい短絡電流の70%ぐらいになります。

つまり16Vのパネルなら取り出せる電圧は11Vぐらいまで。エネループ12本=14.4Vの充電は無理ってことです。
また、Arduino自体、電源電圧は7~12Vですから、エネループ12本は過電圧になってしまいます。

Arduinoを使うのなら、エネループ8本で十分でしょう。
エネループの充電には1.4Vぐらい必要ですが、それでもなんとか16Vのパネルで充電も可能かと。

あとは、別の方の回答にもあるように、エネループの方には何らかの充電制御は必須です。
質問を見たところ、「電流はほとんど消費しない」が「夜間でも動作して欲しい」といったもののようですから、
「昼間は大電流でがんばって充電する」ような必要はなく、「トリクル充電」で十分でしょう。
http://industrial.panasonic.com/www-data/pdf/ACG4000/ACG4000PJ4.pdf
12ページ目(P.59)の「(b)スタンバイ使用 トリクル充電方式」が参考になるでしょう。

大ざっぱに言えば、トリクル充電は「微小電流で充電状態を維持する」というものです。
単三エネループ(1900mAh)なら、その1/20程度、「最大100mA程度」で電流制限して充電し続けるというものです。
この方式だと充電に複雑な制御が要りません。
満充電に20時間かかりますが、Arduino側の電力消費が少ないなら、最初っから満充電にしておけば、その状態を維持することは難しくないでしょう。
つまり、Arduino側の消費電流は、「平均消費電流が100mA(充電電流)よりも小さくする必要がある」(実用上は、50mAぐらいに抑える必要があるでしょう)ということになります。

Arduino自体は25mA程度のようですから、あとは赤外線センサーの消費電力しだいですね。
http://blog.livedoor.jp/kan0ken1/archives/51728359.html
LEDの方は常時点灯するわけではないなら、消費電流はほぼ無視できるでしょう。(たとえば24mAで点灯させていて、1日に1時間程度点灯させることになるなら、平均電流は1mA)


次に、具体的な充電回路ですが、ソーラーパネルのスペックで「短絡電流」が150mA程度のパネル(こちらも70%ぐらいになるので、実際に取り出せる電流は100mA程度)を使えば、特別な充電回路は不要ということにできます。
ただし、逆流防止のためのダイオードはつけた方がよいでしょう。
太陽電池→エネループにダイオードを繋ぎ、Arduinoはエネループ側から電源供給します。

http://ryohnan.in.coocan.jp/eco/solar-radio/index.html

こちらの回路構成なんかが参考になるでしょうか。
この例では、開放電圧4.5V、短絡電流60mAの太陽電池(つまり、実質は3V40mA程度)を使って、
2.4V600mAhの電池をトリクル充電しています。

16Vの太陽電池を使うと書かれていますが、16Vの太陽電池は16Vの電圧で電流を取り出すことはできません。
太陽電池は「取り出す電流が多くなるにつれて電圧が下がる」という特性があるため、「高い電圧が必要な場合、取り出せる電流が小さくなる」ことになります。
特性値の「開放電圧」は、「まったく電流を取り出さない場合の電圧」です。電流ゼロですからこの電圧ではまったく電力は取り出せません。
また別の特性値として「短絡電流」がありますが、こちらは「電圧がゼロになるまで絞りきった最大電流」です。...続きを読む

Q単三や単四の充電式リチウム電池はないのでしょうか?

お世話になります。

リチウム電池は低温でも強いので非常にいいと思っています。
使い捨ての単三はありますが値段が高いです。
よく分かりませんが、単三や単四で充電式リチウム電池はないのでしょうか?
市販品をなかなか探せません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

乾電池形状にする場合、出力の電圧が違うとトラブルのもとです。かつてのEVOL**乾電池がわずか0.1~0.2V程度高くしただけでストロボや限界近くまでパワーを使う製品で壊れる物が続出しました。

ニッケル水素充電池は、乾電池より初期電圧が低く、電圧低下が少ないので、最初の高い電圧だけを使うような昔のメカ式の電気時計(チックタックいう奴です)等を除けば安全に使える場合がほとんどです。
ただし充電池はショートした時の電流が高いので安全を考えおもちゃでは使用禁止の場合が多いが、実際には、大電流対策をしてない方が問題と思いますが?

さて、リチウム系の電池は、1セルという最小の単位で満充電時の最大電圧が4.2V近くあります。(定格は3.7や3.6Vですが)
当然このまま乾電池の形状にすると危険なので電圧を落とさなければいけません。
4.2Vから1.6Vに落とすとしても半分以下という結構大幅に落とすことになるので、安全に落とすという点でも、コスト的にも厄介です。
そこで、2本並べた形状にして3Vくらいに落とした製品が昔、実用化されましたが、この頃はあまりみません(CR-V3の充電池で検索すると今でも出てきました)

そうこうしているうちにニッケル水素充電池の性能が上がって来たので、ただでさえ安全に作るのが面倒なリチウム系の充電池で乾電池の置き換え用を作るというメリットが小さくなって来たので、この実質的に乾電池2本用に力を入れているメーカーはほとんど無いでしょう(日本のリチウム充電池メーカーは、価格競争に負けて民生用に力を入れていません)。

まして一本用は、なおさら関門が高いです。
海外製などで万一あったとしても充分安全性を保証してくれるメーカーでない限り手を出すのは自己責任を取れる知識がある場合だけと考えた方が良いと思います。

以前よりも電圧を簡単に効率よく下げられるICも最近出ているようなので、絶対ないとは言えませんが、こういうものは怪しいものも多いので注意した方が良いという老婆心でした

乾電池形状にする場合、出力の電圧が違うとトラブルのもとです。かつてのEVOL**乾電池がわずか0.1~0.2V程度高くしただけでストロボや限界近くまでパワーを使う製品で壊れる物が続出しました。

ニッケル水素充電池は、乾電池より初期電圧が低く、電圧低下が少ないので、最初の高い電圧だけを使うような昔のメカ式の電気時計(チックタックいう奴です)等を除けば安全に使える場合がほとんどです。
ただし充電池はショートした時の電流が高いので安全を考えおもちゃでは使用禁止の場合が多いが、実際には、大電流...続きを読む

Qニッケル水素電池用の充電器で、エボルタ電池の充電

 ニッケル水素電池用の充電器で、エボルタ電池の充電は、できるのでしょうか?

充電器の型番は、BQ-330,BQ-370(どちらも、Panasonic)です。
 エボルタ電池も、Panasonicです。


 できるのでしょうか?

Aベストアンサー

エボルタもニッケル水素電池じゃなかったですか?
乾電池型の電池は1.2~1.5Vなので、機種が違っても
充電はできるでしょう。メーカーの保証外になりますが。


人気Q&Aランキング