ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

三菱農機の管理機「MSD656」という耕運機を使っています。
10数年使っている古いものなのですが、最近エンジンのかかり具合が悪くて困っています。

・しばらく使わずにエンジンが冷えた状態で、チョークを使ってかけると一発で始動します。
 ところが、一旦エンジンを止めて再度始動しようとして、リコイルを何回まわしてもかからないのです。翌朝にかけると一発始動します。

エンジンが熱い状態での再始動に問題があるように思うのですが、何が原因でしょうか。
因みに、点火プラグは交換しましたが、症状は改善しません。


何をどう修理したらよいのでしょうか。素人でも修理可能でしょうか。
機械に詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、温間時のみの始動不良、農機具エンジンということで、ダイヤフラム式燃料ポンプの異常を考えましたが、管理機ということで、そのような燃料ポンプは使用されていませんね。

キャブレターはフロート式のはずです。
冷えているときにチョークを閉じて始動するとしばらくうごきますか?
もし、チョークを戻してすぐに止まるようなら、まずはキャブレターの分解清掃をしてください。

つぎに、
もし、冷えているときは始動できて、温まるまでしばらく動くのなら、こうなると燃料関係の可能性は低いと判断しました。キャブの汚れが原因なら温まるまでの長い間正常に動くことの説明がつきにくいからです。

次に思いつくのが点火系のトラブルです。プラグがかぶってしまったのなら、冷えてもかかりにくいはずです。

順番に考えていくと、イグナイター不良がよぎりました。
管理機のような泥まみれで使う農機具用のエンジンには、バイクのようなポイント式点火装置は使われておらず、トランジスタ式のイグナイターが使用されています。

冷えている時に始動しやすく、温まっている時に始動しにくいという症状の原因の一つに、イグナイターの熱暴走が考えられます。トランジスタが劣化してくると、高温になると電気の伝導性が高くなる性質があります。これが半導体部品の熱暴走です。

イグナイターは、長く使うと必ず寿命がくる消耗品です。古くなると結構壊れるんです。私も、新品に交換した経験が二回あります。

現物を見ていないので、経験上の判断ですが、ご参考になればと思います。
    • good
    • 3

熱い時でもチョークを引いた方がかかりやすいですよ。


エンストなどしてすぐならチョークは必要無いでしょう。
逆にプラグが濡れている場合があります、
ガソリンコックを締めて数回回してみるといいです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q農機のエンジンがかかりません始動方法を教えて下さ

ガソリンエンジンの農機が始動できません。
・チョークは引いています。
・プラグはスパークします。
・プラグを外して直接シリンダ内に燃料を少し入れ、再度プラグを取り付けた後にリコイルロープを引いても爆発すらしません。
・リコイルロープ引いていると、たまにマフラーからバックファイヤーします。
これらの症状から考えられる対処方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

農機の点火系統はフライホールマグネトー、断線以外に壊れる所がありません。
チョーク引いて何回もトライすると、ガソリンの飲み過ぎになります(プラグの状態は?),濡れているようならプラグはずしたまま(アクセル前回)クランキングしてはき出してから(特に2サイクルは)トライ。
ガソリンの点下はキャブのエア吸い込み口への方が効果的。
燃料がキャブにきている状態では、チョークで数回トライの後は、チョーク引かずにトライ、アクセルの開度微妙に調整してトライ。
ダメなときは、先の回答者のとおり基本の整備。

Q耕運機のエンジンが動かない

プラグ交換しても火花が飛びません。
イブニッションコイルあたりだろうと思うのですが、
無知でよくわかりません。
同型のエンジンを入手しました。
何をどう交換すれば動くようになるでしょうか?

Aベストアンサー

>とりあえず、このイグナイター?を交換してみましたが、やはり調子が悪いです。

私はそれがイグナイターかどうか自信がありませんが、
イグナイターという名前で発注してそれが届いたのならイグナイターでしょう。

中古のエンジンの場合、キャブの分解清掃はしましたか?
エアクリーナーはオイルバス?乾式? 清掃しましたか?
オイルは新しい物が入っていますか?
プラグの状態はちゃんと焼けていますか?
燃料フィルターは清掃しましたか?

最後に、ガソリンの残量は充分ですか?

Q農機キャブエンジンの不調について

エンジンの不調に悩んでおります。
スロットルを開き、回転を上げていくとグゥーン、グゥーン、グゥーンと息継ぎをしたような感じで不調になり、2分位するとエンジンが停止してしまいます。またアイドリング状態で放置していると、1分位経った頃からだんだん不調になり3分位でエンストしてしまいます。エンジンが停止した際は再始動しようとしてもかかりません。その際プラグを外してみても燃料で濡れておらず白く焼けている状態になっています。その後5分位でしょうか暫くしてから始動を試みるとかかります。そしてまた同じ状態でエンストします。キャブをオーバーホールしても特に詰まっているジェットはありませんでした。また、キャブとフローとチャンバーとの合わせ部から滲みがありました。
考えられる原因やその他点検してみるべき個所がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もちろん燃料ラインのゴミ詰まりが無くても同じ症状ならタンクのキャップを外すなどしてタンク内が負圧に成っていることが原因か確認もしましょう、農機具などでは埃などが原因でエヤーベントの詰まりは結構経験してますよ(大抵タンクキャップに有るはず)

後はメーカーにも夜かも知れませんがキャブ自体にフロート室内の空気が自由に出入りできるようにキャプに大気解放の為に下向きなどにゴムやビニールのホースが取り付けている場合がありここが詰まるとスムースにキャブに燃料が来ません(有るメーカーのゴルフカートも同じような構造でした)耕耘機などでも見ています。

従って上記の様な事が無いか今一度確認しましょう・・・

燃料タンク内か燃料ラインなどにゴミなどが原因で詰まりがある、燃料コックに沈澱瓶が有れば大抵大きなゴミを取るくらいしか役はしませんがゴミが溜まっているなど、後はタンクのエヤー弁との穴がきちんと作用していない等キャブまでスムースに燃料が来ていない。

もちろんキャブのフロートバルブなどが正常ならと言うことでエンジン停止時にはキャブのフロート室にガソリンが少しづつ来るが回転を上げるとあっという間にキャブのガソリンが無くなる、しばらくしたら又フロート室に溜まるから始動できる。

もち...続きを読む

Q耕運機のエンジンが止まる

 運転して5分ほどで、「プスッ」とエンジンが停止してしまいます。
 ちょっと休ませると、再始動できます。1分休ませれば30秒程度稼動しますし、5分休ませれば2分くらいは使えます。
 負荷をかけずに、空運転をしている分には止まりません。
 燃料系かと思い、キャブレター、エアクリーナーの掃除はしました。止まった直後にコックを閉めフロートタンクをチェックすると、ガソリンの供給はされているようです。
 エンジンのフィンが特に汚れている様子も無いので、オーバーヒートではないだろうと思います。オーバーヒートにしては、早く止まりすぎではないかと。

 10年以上前から使用している家庭用の小型耕運機です。そう頻繁に使うわけでもないので、だましだまし使っていますが、直せるものなら直したい。
 エンジンオイルは購入3年目くらいに、ギヤオイルは5年目くらいに交換しました。始動は軽快なので、いったい何が原因なのでしょう?
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

たぶん、オーバーヒートでしょう。
オイルが循環していないのでしょう。オイルを交換か、一度抜いて粘度など劣化具合を確かめましょう。
耕耘機の型式などが分かれば、もっと的確な回答者が出るでしょう。

Qキャブは綺麗にしたがエンジンが掛からない

実は車のエンジンではなく、農機具(管理機・・・ガソリンエンジン)ですが、中古品を1年半ほど前に購入しました。購入後一年ほど経ってから、エンジンが掛からなくなりました。その後キャブレターをクリーニング、エアーエレメントを交換しましたが、たまにはエンジンが掛かりますが、しばらくするとスロットルが自動的にブルーン・ブルーンと動いて、やがてエンジンが止まります。ちょうどフューエルコックを止めてしばらくするとエンジンが止まりますが、その前に起きる現象と同じです(アナログ人間でそのような表現しか出来ませんが)。変な話ですが、プラグを抜いて、はめなおしてエンジンをかけるとすぐ掛かります、しかしそのエンジンも長くは動かず上に述べたようにして、やがて止まります。どこに原因があるかどなたか教えて下さい。畑の管理に使うため時期的な問題もあり回答を急いでおりますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農機具屋です。

その症状からすると燃料供給の問題かと思われます。
キャブにつながる燃料ホースを外し、コックを開けると勢い良く燃料が出ますか?
チョロチョロ程度だとタンク~コック経路の詰まりが考えられます。

他に考えられるのは、キャブ内のフロート、フロートバルブの組み付け不良。
金属製フロートの場合だと、バルブとの接点が簡単に曲がってしまいますので、油面が変わってしまったとか。

燃料タンクキャップの空気穴が詰まっていてガソリンが流れていかない場合もありますので、キャップを緩めて様子を見るのも良いと思います。

他に電気系統の不良も考えられますが、まずは燃料系から見ていきましょう。

Qキャブクリーナで農機具のエンジンを掛かるようにしたい

田植え機で、エンジンは2~3PSの4サイクルです。放置によりガソリンタンク、キャブ内ガソリンが変質してました。キャブの燃料ホースまではきれいなガソリンで洗ってみました。プラグは点火OKですが全く燃料を吸ってません。キャブを外してドレインからも変色したガソリンは抜きましたがNGです。キャブクリーナーを買ってきましたが使い方を教えて下さい。また何か完全にキャブが詰まってる感じですが、良く荷札の針金で通して直す話を聞いたことがありますが、これはキャブを分解(OH)した場合の事でしょうか。出来れば機械は好きですがエンジン関係には弱いのでキャブ分解はさけたいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

残念ながら今回の場合はキャブクリーナだけでは治りません。

その前に・・
農機のガソリンエンジンの不調の場合、9割方がキャブレターの
詰まりによるものです。

農機の場合は常に使うものが少なく、時期によって使いますから
その間は放置されてしまいます。
特に燃料はキャブレターの中に残り、膠着してキャブレター内の
直径、コンマ何ミリという孔をふさいでしまいます。

また、燃料をガソリンスタンドでガンで直接入れるわけではなく
口の周りが汚れたポリタンクや、中にさえほこりの入っている
ジョッキなどで補給するためゴミが混入します。

さらに、農機具は空気の条件があまりよくないところでの作業が多いです。つまり細かいゴミや巻き上げた土ぼこりなどがある中を
作業しますので、エアクリーナがついているとはいえ
これらを吸い込んでしまうことがります。

さて、田植え機となるとその不調原因は9割9分までが
キャブレターです。さらに1年間放置してありますから
キャブレター内のいくつかの孔がふさがっています。
(まず間違いありません)

これらはエアクリーナーの取り付け口から直接キャブレタークリーナーを吹き付けても治りません。
その孔まで到達しません。
そこから吹いてもエンジンのシリンダーの直接入ってしまい
大事なところを通りません。

さて、ではその修理方法となりますが
キャブレターをはずし、分解しないと無理です。

まずキャブを本体からはずします。
エアクリーナをはずしてからキャブをはずしますが
これは通常ナット2本で取り付けられています。
2本のナットを取ったらアクセルとつながっているロッドがありますからこれをはずします。
すると完全にフリーになりますのでキャブが本体からはずれます。

さてはずしたら、一番下のねじ(カップみたいなものがついていると思いますがこれを止めているねじです)をはずします。
すると中に「浮き」のようなものが入っています。
これはフリーですからはずしてそばにおいておきます。

真下から見ると真ん中に小さい穴が開いているものが中に入っているはずです。
これにはドライバーが入るような横溝が切ってあるはずです。
これをどらーバーを突っ込んでねじをはずす要領で
引き抜きます。

真鍮でできたパイプが出てくるはずです。メインジェットといいます。
このパイプの底にも穴が開いているし、
また横穴(直径、0.3mmくらいの)が4つ~6つ
空いています。
これらが詰まることが多いです。
特に多いのは底に空いている孔です。
これを荷札の針金で掃除するわけです。
(もっといいのはアクセルワイヤーです。アクセルワイヤは
細い針金をよってありますのでこれをほぐして一本にするとできます)

横穴まできれいに掃除します。この掃除にキャブレタークリーナを
使い汚れを溶かしておいて針金で孔を通します。

さらに、気化濃度を調整する孔を掃除します。
外からばねのついた斜めに入っているねじが見えると思いますが
これをはずします。このねじは先がとがったようにできています。はずすと中にやはり同じくらいの穴が開いてますからこれも針金とクリーナーで掃除します。
これを元に取り付けるときには
ずーっと締めこんでいって「クッ」と止まったところから1回点半戻して下さい。「ぎゅーっ」ではありません。軽く「クッ」と止まったところからです。

もうひとつ、上側に外から見えるねじがあります。
普段見慣れたねじのような形をしておらず、頭に横溝が切ってあります。これもマイナスドライバーではずします。
これにも先ほどはずしたメインジェットと同じように底と横穴がついています。これも針金とキャブクリーナで掃除します。

今、全部穴の開いているねじ類ははずしましたので
そのねじが入っていた部分もキャブクリーナーを吹き込み
それぞれの孔を通します。
そして、コンプレッサーがあったら全部吹いておきます。
(もちろんジェット類も吹いておきます)

それから、全てを元に戻していきます。
このうち一個でも穴が詰まっているとエンジンは不調となります。

田植え機の中にはメインジェットが取れないものもあります。
キャブのカップをはずして下からのぞいてもメインジェットに
横溝がなく打ち込み式になっていてはずせない場合があります。
これの場合は
はずせるねじをはずしておいて、一晩キャブレタークリーナーの液に
浸けておいてください。

キャブレタークリーナ一本丸ごと使っちゃいますが
なにか容器にキャブレターがつかるくらいになるまで
しゅーーーーーーーーーーーーーーーーっと
出しちゃってそれに浸けておきます。
翌日下からコンプレッサーで吹きます。
すると横穴まできれいになる可能性が高いです。

上記説明でわからないようでしたら、はずす前に
修理のできる農機店さんに機械を持ち込んで修理を依頼して下さい。
はずして以っていったり分解してから持っていくと農機屋さんは嫌がります。必ず機械ごと持ち込んでください。
「余計なことしやがって・・・」です。

キャブだけ持ち込まれても、試運転できないのです。
スロー調整とか、あるいはキャブではない可能性も
ありますから。
キャブだけ持ち込んでオーバーホールして
ユーザーが取り付けて調子悪かった場合
そのユーザーはクレームつけたがります。

キャブは完璧に掃除してあっても
試運転できないということは空気量の調整などができません。
キャブだけ持ち込んでくれば修理屋サンは当然ユーザーが調整できるんだ・・と思いますから、それが素人だったりすると
必ずトラブルになります。素人は掃除さえすれば自分が取り付けても
エンジンは調子よくなると思ってます。

ですので、自信がなかったらそのままの状態で持ち込んでください。
今なら、まだ田植え機のシーズンではありませんから
時間も取れるしあわてずにやってくれます。

時期になって、苗のころあいもいい!
さて田植えすっか!で故障だと一日の猶予もありません。
その時期にあわてて持ち込んでくるユーザーはたくさんいます。
修理屋さんだって一台修理するのに最低でも1時間以上かかります。

まして、あなたのためだけに修理時間を空けて待っていてくれるわけではありません。あなたのペースで修理は進みません。今日やってくれと言っても、その前から依頼されている修理品(田植え機ばかりではなく)はたくさんあります。
そんな忙しいときに「今すぐ!修理してくれ」なんてかまってられません。余裕を持って持ち込んでください。
どんなに押し詰まっても3週間前までにはもっていっておきましょう。

尚、修理工賃は農機店さんによっても違いますが
キャブの脱着、分解、洗浄、組立で洗浄剤や他経費入れて
6000円~1万5千円くらいだと思います。

6000円だったらあまり技術もなく資格もない
修理屋さんだと思いますが・・。

開きがありますが、1万5千円でも安いくらいだと思います。
平たく言えば、あなたにはできない技術なのですから。
少なくともあなたのために1時間以上時間を割いて
(下手したら2時間くらいかかる場合もあります)
修理屋さんが長年かけて得た技術を使って修理するのですから
1万5千円とられても仕方ありません。
(それだけだったらそれ以上高いことはないと思います)

私がやったら3~40分くらいでできますが、
その代わり3万円いただきたいくらいです。

自分でキャブのオーバーホールができるのだったら
それに越したことありませんが、
まぁだいたいやったことのない人はねじ山つぶしてみたり、
不完全だったりして、結局持ち込むことになるようです。

私?
以前、○菱重工の汎用小型エンジンを取り扱ってたものです。
研修などで修理屋さんに講義していた側の人間です。
超専門家ということで・・・。

とりあえず、上記解説を頼りにやってみて下さい。
ご検討を祈ります。

残念ながら今回の場合はキャブクリーナだけでは治りません。

その前に・・
農機のガソリンエンジンの不調の場合、9割方がキャブレターの
詰まりによるものです。

農機の場合は常に使うものが少なく、時期によって使いますから
その間は放置されてしまいます。
特に燃料はキャブレターの中に残り、膠着してキャブレター内の
直径、コンマ何ミリという孔をふさいでしまいます。

また、燃料をガソリンスタンドでガンで直接入れるわけではなく
口の周りが汚れたポリタンクや、中にさえほこりの入って...続きを読む

Qスパークプラグの点火がおかしい

農機具のスパークプラグについての質問です。

エンジンが突然かからなくなったので、プラグを外して点火状況を確認したところ次の症状が確認できました。(直前まで一発で始動できていた。)

 ・プラグをエンジンブロックにアースしてもプラグギャップ内(中心電極間)で点火しない。
 ・エンジンブロックからプラグを少し浮かせると、エンジンとプラグ間で勢いよく点火が確認できる。
 ・プラグギャップ間隔は0.7mmで正常です。

リコイルスターターは正常に回せますし、キャブレターは直前まで始動できていたので問題無いと考えています。
農機具はカワサキ製(約5HP)の一般汎用エンジンです。
プラスチック製のon-offスイッチが経年劣化で破損していますが、直前までは一発でエンジンかかっていました。

農機具はゴムクローラー式の運搬車で、ギアをニュートラルにしても、エンジンかからないと少しも動かせないので、大変困っています。
どうぞ、お知恵をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>・プラグをエンジンブロックにアースしてもプラグギャップ内(中心電極間)で点火しない。
 ・エンジンブロックからプラグを少し浮かせると、エンジンとプラグ間で勢いよく点火が確認できる。
 ・プラグギャップ間隔は0.7mmで正常です。

プラグの不良です。 エンジン停止スイッチが破損しているとはいえstop状態ではないですよね。

プラグの中心電極とネジ部の絶縁不良になった故障です。ですのでプラグをエンジンプロックに置けば中心電極もアース状態なにり火花は飛びません。プラグをエンジンから浮かすとプラグのネジとエンジン間にスパークします。

Qチェーンソーの使い方と調整

チェーンソー使用歴約2年です。
直径30センチの栗の木(丸太・未乾燥)を切断すると
チェーンの遊びが無くなり、運転が困難になります。
機関停止時でもチェーンが固着気味で非常に渋い(重い)状態となり、そのたびに調整を余儀なくされ、非効率となっています。
自分としては、オイルの状況や目立てなどは問題なく実施しているつもりです。
 以前、杉の丸太を切断したときは、十数本切断しても、こんなことはありませんでした。
アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

機種が異なる場合に.一部取り扱いが変化している場合があります。

1.チェンソーオイルの吐き出しは十分あるか。ない場合には固着気味に。アクセルを吹かすとチェーンの先の地面にべったりと油がつく程度が適正な量です。
2.チェーンフィールド(と呼んでいますが.チェーンが回っている板です。2番の方の多分ガイドレバー)の付け根の止めねじが緩んでいないか.あるいは.変形して締まらない状態になっていないか(慣れるまではここをいじるなといわれている。整備不良でヒィールドやチェーンが飛んでくるので危険)。「チェーンのはりの調節」で動かしているようなので。毎日使っていても1-2ヶ月に1回するかしないかの調節部位なのです。通常は.(使用開始直後に1回合わせて.以後)「はりの調節が必要なくらいチェーンが伸びたらば危険なので新品のチェーンと交換してください」。
3.目立てをしているようですから.はの研ぎ方で.とぎ方が悪いと切りくずがたまる構造になってしまう場合があります。チェーンを交換してください。
4.刃を噛むような切り方をしている場合。切り口が自然に広がるような切り方をしてください。
5.チェーンカバーに隠れている部分にごみがたまっている場合があります。チェーンカバーの隙間からゴミをマイナスドライパーで書き出してみてください(カバーをはずすと2.と同じねじを緩める必要がありますから)。
6.チェンソーオイルとしゅつ口が詰っている場合があります。ご自身で掃除できないと思いますので掃除を依頼してください(1.と重なりますが)。

注意点。ガソリンがなくなる前にエンジンを止めて休むこと。給油は(仕事はじめにガソリンとチェンソーオイルを満タンにすることを含めて)1日2回まで。午前と午後にそれぞれガソリンがなくなったらば以後センソー作業をしないこと。はくろう病を防ぐための注意事項です。これでも掃くろう病が根絶していないのです。

素人ならば.1日1回ガソリンがなくなったらば以後ちぇんそーは使わないこと。振動が激しいので妊娠の可能性がある年齢の場合には使わないでください(娘には使かうなと言っています)。

機種が異なる場合に.一部取り扱いが変化している場合があります。

1.チェンソーオイルの吐き出しは十分あるか。ない場合には固着気味に。アクセルを吹かすとチェーンの先の地面にべったりと油がつく程度が適正な量です。
2.チェーンフィールド(と呼んでいますが.チェーンが回っている板です。2番の方の多分ガイドレバー)の付け根の止めねじが緩んでいないか.あるいは.変形して締まらない状態になっていないか(慣れるまではここをいじるなといわれている。整備不良でヒィールドやチェーンが飛んでくるので危険...続きを読む

Q耕耘機はどのメーカーが良いですか?

こんにちは、当方家庭菜園で小さなミニ耕耘機(管理機)の購入を考えております。
ですが、これまで耕耘機は買った事が無いので、どのメーカーが良いのか分かりません。
耕耘機に詳しい方、アドバイスをお願いします。
クボタ、ホンダ、三菱、ヤンマー等、有ると思いますが、どのメーカーがお勧めでしょうか?
ちなみに大きさはホンダのF200位で、新品は高いので、中古を考えています。
ですので、性能や操作性はもとより、耐久性も重視しています。

また、中古購入の際に注意点などもあれば教えて下さい。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

私は 今で3台目を使って居ます 経験から言えば ヤンマー イセキ
と昔から 農機具を造っている会社の製品は安心です
ホンダは自動車メーカーでエンジンを耕運機に付けただけで
エンジンの力を回転刃に伝える機構に無理が有り ガタが来易いです

Q刈払機の刃・雨天の使用について

刈払機の刃の種類・本体の雨天の使用について知識ない為
皆さんのご意見頂戴したいのです。
まず、刃ですが、ホームセンター等店頭などで4枚刃・8枚刃・
チップソーなどの金属製の刃についてですが
具体的にどんな違いがあるのでしょうか?
また、草刈機を雨天に使用すると良くないのでしょうか?
もしかして当たり前な事かも知れませんが
改めて自分の知識としたいので皆さん教えてくださいね。

Aベストアンサー

刈払機の刃の種類には、3枚刃、4枚刃、8枚刃、32枚刃、36枚刃
などがあります。3枚刃は円形の刃ではなく長方形の板状ですから、刃
が切れなくなった時にはボルトを外して裏と表を返せば再び使えます。
グラインダーで簡単に研磨(目立て)が出来ますが、強く研磨をすると
刃が焼けて弱くなります。円形の刃とは違いますから、裏返す時は面倒
になります。ただ最近では3枚刃を使用する人は少なくなりましたね。

4枚刃と8枚刃は大きな違いはありませんが、4枚刃は3枚刃と同じで
裏返して使えるメリットがあります。ただ刃が十字になっているので、
石などの構造物に刃が接触した際には、強い反動と刃割れを生じる危険
があります。

32枚刃や36枚刃は刃数が多いため、セイタカアワダチソウや幹の細
い雑木と一緒に雑草を刈る時に便利です。

刈払機の刃は1回使用だけでは勿体ないので、出来れば目立て機を購入
されて使用された方が経済的ですよ。3枚刃用はありませんが、8枚刃
用は販売されていて、値段は本体とディスクサンダーがセットで3万円
から4万円程度です。刈払機の刃には255ミリと230ミリの2種類
がありますが、255ミリだと7回程度は目立てが出来ますから、切れ
なくなったら買い替えるより、目立てをした方が経済的になります。

チップソーですが、ホームセンターでは32枚刃と36枚刃が販売され
ている事が多いですね。切れ味や耐久性が高いのは値段も高いですね。
刃の土台にチップが溶接されているだけで、構造物に接触すると簡単に
チップが飛んでしまいます。刃数の3割が飛んでしまったら、交換する
しか方法はありません。チップソー以外の刃より耐久性は高いですが、
刃が飛ばなくてもチップは摩耗しますから、最終的には切れにくくなり
ます。切れ味が悪くなる前に、チップソー専用の目立て機で目立てをす
ると切れ味は復活します。僕の経験からすると、大体3~4回は目立て
が可能です。チップソー専用目立て機は刃数に制限はありません。

ノコギリ刃と言う物がありますが、これは刃がノコギリ状になっていま
すから、山林などの下刈に使われています。
目立て機は市販されていませんから、目立てをして貰える店で研磨をし
て貰います。ノコギリのように返しを作るため、素人では目立てをする
事が出来ません。また一般家庭で使用する人は少ないですね。

雨天時の使用は避けて下さい。エンジン部分に水が侵入したり燃料に水
が侵入してエンジンが故障します。

僕が勤務する会社では、全て8枚刃を使用しています。経費削減のため
研磨は社員で行っています。

刈払機の刃の種類には、3枚刃、4枚刃、8枚刃、32枚刃、36枚刃
などがあります。3枚刃は円形の刃ではなく長方形の板状ですから、刃
が切れなくなった時にはボルトを外して裏と表を返せば再び使えます。
グラインダーで簡単に研磨(目立て)が出来ますが、強く研磨をすると
刃が焼けて弱くなります。円形の刃とは違いますから、裏返す時は面倒
になります。ただ最近では3枚刃を使用する人は少なくなりましたね。

4枚刃と8枚刃は大きな違いはありませんが、4枚刃は3枚刃と同じで
裏返して使え...続きを読む


人気Q&Aランキング