『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

クラリネットをやっています。
最近、中音域を出す時に、息が漏れているようなザーという低い音が、一緒に鳴ってしまうんです。タンギングの時に特に気になります。どんな事に気をつけたらいいんでしょうか?それとも楽器が壊れているんでしょうか?
わかりづらくてすみません。どんなことでも構いません。ご返答宜しくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>中音域を出す時に、息が漏れているようなザーという低い音



これは、左手だけでおさえる例の「ドからラ」の音域でしょうか?
もしそうであれば、このへんの音域は、とくにスロート音域というミからラあたりは雑音が入りやすいので有名ですから、kana0039 さんの楽器が壊れているという訳ではないと思いますので安心して大丈夫ですよ♪


>タンギングの時に特に気になります

・・・ということであれば、もしかすると最近になってkana0039 さんが楽器に慣れてきたので、敏感に感じ取れるようになったのかもしれないですね?

楽器を組み立てて最初の息の吹き込みの頃はぜんぜん大丈夫なのに、タンギングをたくさんしているうちに気になってくる、というのであれば、タンギングの時にリードの裏側にだ液がついて取れなくなっている状態かもしれません。
一度リガチュアからはずしてリードを見て、泡がついてたら拭き取ってためしてみてください。
それでもだめなら、#1のかたと同じようにリードの品質が原因かなあ。。。

リードは当たり外れが大きい品物で仕方ないですから、大変もったいないですが、はずれくじリードはあきらめて、あたりくじリードを使うしかないんですよね・・・
このへんは、オイルがあれば基本的に済んでしまう金管がうらやましいですよね(^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます!

ミからラあたりは雑音が入りやすいんですね。恥ずかしながら知りませんでした。まさにミからラあたりの雑音が気になっていたんです!楽器が壊れているわけではないとの事で、安心しました。
雑音が気になった時にリードをはずしてみたら、だ液がたまっていたので、拭き取ったら気にならなくなりました。これからも練習中はこまめにリードをはずしてチェックしようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/01 17:50

リードは何時間くらい使っていますか?


新しいリードに変えても出ますか?

同じメーカーの同じ型番のリードを買っても厚みに差があり音が違ってくる場合があります。

知り合いのプロの人は自分で削って好みの厚さにしたりしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます!

リードは調子がいいと思ったものは、1日の練習中ずっと変えずに使っています。新しいリードに変えましたら、ほとんど気になりませんでした。

それから、クラリネットをはじめてからずっと、同じメーカーの同じ型番のリードしか使ったことがなく、「好みの厚さ」というのも自分でわからないので、他のメーカーのリードもいろいろ試してみようと思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/01 17:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラリネットの調子が悪い

突然クラリネットの低音が出なくなりました。
例えば、一番低いミの音を出そうとすると、シの音がでます。左手全部押さえたドの音を出そうとすると、ソの音がでます。

全部手を離した状態のソの音から順番に低い音を出そうとすると、なんとか低音でも出せます(一番低いミとファはたまにしかでない)

修理に出さなければいけませんか?

Aベストアンサー

こんにちわ
おー、パッキャラマドぱおぱおぱー(><)ですね!

ご質問の状態は「レジスターキー」(高音にしたいときに左手親指で押すキー)
が何かの原因で押されっぱなしになっている状態だと思います。

この原因が何か?たぶんゴミやよごれがこびりついてキーのふたが閉まらないような状態か、バネが弱くなってひとりで閉まってくれない状態のどちらかだと思いますので、ちょっとチェックしてみてください。

ゴミ類だったら、自分でちょん、と取ってあげればすぐ直るはずです。
ばねだったら、上手な人は自分でできるんですが、自信が無い場合は自分でやると高い楽器がもったいないので修理屋さんに頼んでみてください。

では、早くもとのすてきな音楽生活にもどれますように♪

Qクラリネットの高音について質問です。

クラリネットの高音について質問です。

ボクはあと2週間後くらいにアンサンブルコンテストがあります。

そこで1stをやるのですが、ハイベー(チューニングベーの1オクターブ上)以降の音がどうしても鋭くなってしまい、どうしても聞き苦しい音になってしまいます。
ピッチもどうしても低くなってしまいます。

そこで質問なんですが2週間という短期間で『少しでも』
「高音の音を丸くしたり」、「ピッチを安定させる」、効果的な練習法はないでしょうか?

もちろん毎日何時間でも練習するつもりですので、なにか少しでも高音の練習について知っていることがあったら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは
#3の補足です。

>最近高音域ばかりやってたんですが、やはり低音域もしっかりやった方がいいんですか。
どっちか一方に偏らず、常に平常(ニュートラル)であり続けないと知らず知らずに調子を崩してスランプに陥りやすくなります。

>多分締めすぎてると思うんです。よく下顎が疲れますし・・・。
>かといって緩めると、音程がさらに悪くなってしまうんです。

 口を締めて下顎が疲れる(^^;? あり得ないことが起こっているような..
 H.クローゼのクラリネット教則本によるとマウスピースが入る隙間を上顎と下顎で作り、そこにマウスピースを適度に差し込む。 マウスピースと口の間から息が漏れしないように唇でおおう。 音が出やすい角度に楽器を上顎の歯と右手の親指で固定する。 という感じだったと思います。

 息を入れるときに息の力で唇の端から息が漏れるのを防ぐ程度の力しか必要ないよね。
 噛む必要はないよね(噛むんじゃなくて楽器の角度を付けたときに下顎が動かないように)。

 そしてこのときにくわえが深すぎると(差し込み量が多いと)音が大きく荒れたピッチの低い音になりやすいです。
 浅くなればなるほど音量は減ってピッチはあがる傾向があります。


>マウスピースもリードも特に問題ないと思いますし、チューニングもマイクをつけてやってるんで、多分どちらにも問題はないとおもいます。
 ここでのチェックポイントは、チューナーでピッチを確認していることではなくて、チューニングの際にタルをどのくらい抜いているか?ということです。
 あまりタルだけ抜き過ぎると高音域のピッチバランスが狂ってしまうの(適度に抜くのは必要)(^^;

 σ(^_^;のチューニング方法は、ト音記号上の記音で第2線のソの音を吹いて高くも低くも吹けるポイントで安定させて、そこでチューナーできちんとFが出ているかチューニングします。
 次にそのアンブッシュアのまま長2度上に当たる第2間のラを吹いてチューナーで高いか低いかを見ます。高かったら十字キーのネジを回して開き具合を狭くし低かったら広くなるようにしてきちんとGに合わせます。

 これだけで低音域から高音域までよく合いますよ(^_^)v
 りきんでアンブッシュアを壊さなければね(^_-)-☆

こんにちは
#3の補足です。

>最近高音域ばかりやってたんですが、やはり低音域もしっかりやった方がいいんですか。
どっちか一方に偏らず、常に平常(ニュートラル)であり続けないと知らず知らずに調子を崩してスランプに陥りやすくなります。

>多分締めすぎてると思うんです。よく下顎が疲れますし・・・。
>かといって緩めると、音程がさらに悪くなってしまうんです。

 口を締めて下顎が疲れる(^^;? あり得ないことが起こっているような..
 H.クローゼのクラリネット教則本によるとマウスピースが入...続きを読む

Qクラリネットのいい音の出し方

こんにちは。
B管クラリネット歴四ヶ月のひよっこです。
私はクラの、あの「カーン」とした芯のある音がとても好きです。
好きなんですが、私が吹くと何だか音がこもって聞こえます。
擬音で表現すると「モスー」と行った感じでしょうか?

おそらく息の通りが悪いのが原因かと思います。
息の通りが悪いので練習中何度もリガチャーを緩めたり、
リードの位置をずらして見たり…とやっていますが中々直りません。
あの、きれいな「カーン」という音を出すにはどうすればよいでのしょう??

リードは一箱一ドルの大特価品だったうすーいやつです。(2くらい…)
リガチャーは普通の手前で止めるやつです。

果たして悪いのはリードでしょうかリガチャーでしょうか
ひよっこの私自身なんでしょうか…?

それと、もう一つお答えいただければ嬉しいのですが、
クラを練習していると親指から手首にかけて電気が走った様に痛みます。
四十分ほどで、です。木製なので重いというのもあるかもしれませんが。
これはただ筋肉が付いていないせいでしょうか?
クラ用のストラップと言うのがあるそうですが買ったほうがいいでしょうか???

初歩的な質問を長々とすみません。お答えいただければ幸いです。

こんにちは。
B管クラリネット歴四ヶ月のひよっこです。
私はクラの、あの「カーン」とした芯のある音がとても好きです。
好きなんですが、私が吹くと何だか音がこもって聞こえます。
擬音で表現すると「モスー」と行った感じでしょうか?

おそらく息の通りが悪いのが原因かと思います。
息の通りが悪いので練習中何度もリガチャーを緩めたり、
リードの位置をずらして見たり…とやっていますが中々直りません。
あの、きれいな「カーン」という音を出すにはどうすればよいでのしょう??

リードは一...続きを読む

Aベストアンサー

気がつけば、以前楽器のことで回答させてもらってましたね。全然気がつきませんで、うかつでした(笑)。

マウスピースはヤマは5C,ということですが、ヤマハのマウスピースはなかなか難しいです。鳴らすポイントがなかなか見つからない気がするのです。ここは、もっとも無難で有名な、バンドーレンというメーカーの{5RV}あるいは{5RVライヤー}をお勧めします。吹きやすくて、音のぬけがヤマハとは変わってきますよ。僕自身はESM(クランポン)の、{JP5M}を使ってます。これも、標準サイズのマウスピースですが、バンドーレンよりも音が冷たく、硬い気がします。(息がやたら入るので、そこが気に入ってます)

あと、リードのラヴォーズというメーカーですが、ジャズ奏者の方々がよく使われています。どちらかというと、仕上げが荒くて豪快な感じがします。全体的に薄くて、開きの大きいマウスピースでバリバリ吹く奏法に向いてる気がします。リードも、バンドーレンの青箱、もしくはV12、リコのグランドコンサートセレクト(これは4種類ありますが、最初はトラディショナルがいいです)に変えたほうがいいです。これはマウスピースよりも速いこと変更することをお勧めします。強さは、最初は3番で、慣れてきたら3・1/2(三半ですね)を使ってください。これなら、ヤマハにも合うはずですよ。

最初はなれなくてしんどいと思いますが、リードを噛み締めずに、きんちゃく袋の口を締めるようなイメージで
マウスピースをくわえてください。頑張れ!(参考に、マウスピースの解説のページを載せました。)

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/edu/student/brassband/m-piace/mokkan/clarinet/c-point.html

気がつけば、以前楽器のことで回答させてもらってましたね。全然気がつきませんで、うかつでした(笑)。

マウスピースはヤマは5C,ということですが、ヤマハのマウスピースはなかなか難しいです。鳴らすポイントがなかなか見つからない気がするのです。ここは、もっとも無難で有名な、バンドーレンというメーカーの{5RV}あるいは{5RVライヤー}をお勧めします。吹きやすくて、音のぬけがヤマハとは変わってきますよ。僕自身はESM(クランポン)の、{JP5M}を使ってます。これも、標準サイ...続きを読む

Qクラリネットリードの育て方

大学のサークルでB♭クラリネットを毎日吹いています。
以前、先輩のリードを吹かしてもらったときにとても鳴りやすかったので、先輩にリードについて聞いてみたところ、「リードを育てている。」とききました。そこで自分も先輩に聞いたやり方でやってみたところなかなかうまくいきません。むしろ、リードが変に振動しているような気がしたり、きつい音のするリードになってしまいました。

先輩に教わった育て方
リードを開けてから最初の1週間は毎日1回、最低音から1オクターブ、ロングトーンをする。その後は、徐々にふきならしていく。そのうち吹きやすく、よく鳴るリードになる。

これは、みなさんから見ると賛同できるやり方ですか。
また他におすすめの育て方があれば教えてください。
自分の失敗した原因なども予想できれば教えてください。

Aベストアンサー

クラリネットを吹いて十数年になるものです。
私も質問者さんの先輩やNo.1さんのようにリードの吹き始めには気を使っています。

開封したてのリードは、保存のためにしっかりと乾燥してあるため、そのままでは演奏に向きません。そのままで演奏しやすいリードもありますが、水分を含む毎に性質が変わるため、演奏の安定が得られません。ですので、まずはしっかりと水分を含ませて戻した状態でリードの良し悪しを判定する必要があります。

このときに急激に水分を含ませたり、リードが硬い状態で長時間演奏でのストレスを与えると、平らな面が反ってしまったり繊維が傷んだりということになります。このため、ゆっくりと水分を与え、だんだんと吹き慣らしていく、という段階が必要になります。

個人的な手法としては、まずは開封したリードを清浄な水で濡らした後すぐにしっかりふき取る、これを毎日1回1週間ほど。それから音出しを一日1回5分以内程度でこれも1週間程度、ただしシャリュモー音域(レジスターを押さない)のみ。その後は全音域吹きますが、これも2,30分程度で1週間。これくらいの工程で育ててます。もちろん全てのリードは使えません。吹き始めで3割ほど、時には半分ほど、そののちも調子を見つつ取捨選択し、最後まで残るのはいつも2割程度でしょうか。ここ一番(コンクールやオーディション)の際は4箱くらいいっぺんに開けて2~3枚を準備してましたが。(^^;

削るのは始めは失敗することの方が多いので、使えないリードが使えたらラッキー、くらいで始めるのが良いと思います。先端2,3mmは微妙ですので、目視で明らかに厚さが異なる場合以外は触らないほうが無難です。陽にすかしての中央部のカーブの芯が中央に来るようにしたり左右の厚みの調整がとっつき易いと思います。私は耐水ペーパーの800番を用いています。No.1さんもおっしゃられている裏面の調整ですが、私はケント紙を用いてます。平らな面(私は専用にガラス板を用意しています)にケント紙を当て、その上でリードを10~20回程度こすります。削るというよりは目止めしている感覚です。

オーボエほどではないと思いますが、リードの管理は演奏者の力量の一部となってきますので、今のうちにいろいろ試行錯誤して自分なりの方法を確立しておくと先々の苦労が減ります。^^

クラリネットを吹いて十数年になるものです。
私も質問者さんの先輩やNo.1さんのようにリードの吹き始めには気を使っています。

開封したてのリードは、保存のためにしっかりと乾燥してあるため、そのままでは演奏に向きません。そのままで演奏しやすいリードもありますが、水分を含む毎に性質が変わるため、演奏の安定が得られません。ですので、まずはしっかりと水分を含ませて戻した状態でリードの良し悪しを判定する必要があります。

このときに急激に水分を含ませたり、リードが硬い状態で長時間演奏...続きを読む

Q高校生が使うようなフルートはいくらぐらい??

高校に入学した子供から、フルートをねだられています。。。

子供は大きくなっても使うことを考えてらしく、そうゆうものだと大体30万(‘_‘)ぐらいと言われたんですが、私は楽器のことは全然わからないため何ともいえません。

どなたか、詳しい方回答御願いいたします。

たくさんの方から回答希望します。

Aベストアンサー

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されているとおり、フルートという楽器はその材質により、数万円から200万円以上というものまであります。
また、(これは楽器全般にいえることなのですが)パソコンのようにどの価格帯が売れ筋ということもあまり考えられず、価格の面で強いて言うならば"奏者の技量とおおよそ比例する"ということぐらいでしょうか。いくら高価なものであっても初心者や初級者では到底吹きこなせませんし(場合によっては音すら出せない)、逆にそれなりに熟練した方だと低価格のものではその技量が十分に発揮できない、ということもありえます。(ただし上級の方はうんかな楽器もそれなりにうまく吹きこなすと思います)
そんなわけですので、#10のnoopeeのご回答と同じく、何種類課の楽器を試走されることをお勧めします。楽器というのは"生物である"という方もいらっしゃるくらいで、同じ種類、型番の楽器でも一つ一つの楽器で微妙な違いがあります。実際に演奏されてみて自分にあったものを探す、というのがいいと思います。

ただ、やはり・・・・そうですね。これからも長く使いたいということを考えれば30万円程度のフルートは妥当ではないでしょうか。
フルートはトランペットと同程度の安さのものもありますが、高級なものとなるとかなり値が張ってしまいますので、ますばこれくらいのもので様子を見る、というのもよろしいかと思います。
もっとも、さらに上級の楽器がほしい、とお子様が思われるころにはご本人もそれなりの年になり自分で楽器を買うぐらいの余裕はあるでしょうし・・・(^-^;

ちなみに、私も3ヶ月ほど前に親に楽器を買ってほしいと頼んだことがありました。私が吹奏楽始めたのは高校入ってからでそれ以前は楽器演奏の経験はまったくありませんでしたので、経験は1年半ほどです。
そこで私が選んだのは、ビュッフェ・クランポンで実売70万円のものでした・・・(汗)
当然、親から反対されたのは言うまでもありません(苦笑)
しかしバスクラはその種類が少なく、プラスティック管などの特殊なものを除けば最低でも50万円以上する代物です。そのあたりの事情を話し親を説得したところ、「卒業時に車要らないってのなら考えてもいいよ」とのこと。
その話を聞き、正直、迷いました。というか、未だ結論出てません(汗)
まぁ、これくらい引き合いに出されるのは当然のことですよね。やっぱり、楽器って高いです(汗)

ちと話がそれましたが、やはり楽器は一生物ですからじっくりとご検討されることをお勧めします。
なお、地方にお住まいなどの理由でなかなか楽器を手にとって見る機会が少ない、ということであればインターネットショッピングという手もあります。(ついに楽器の世界までインターネットが進出してきたのですね(笑))
しかしその場合は(当然のことですが)"試奏"ができません。
そこで、プロの奏者の方が一本一本の楽器を実際に試奏をそれてよいものだけを選び出した「(プロ)選定品」というものを取り扱っているところもあります。
このようなものを目安に選ばれるのも一考ではないでしょうか。
(参考URL2つ目の長江楽器でも選定品を取り扱っています。なかなかに種類豊富な楽器屋さんで私も良くお世話になっています(リード購入など))

以上、取り留めの無い回答でしたがご参考になりましたでしょうか?
なかなかに値段の張るものですから、お子様とよくご相談の上、ピッタリの楽器を見つけてください(^-^)
それでは失礼いたします。

(りく)

参考URL:http://www.sugita.co.jp/newpage179.htm,http://www.nagae-g.co.jp/shopping/

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されていると...続きを読む

Qクラリネットの音が出ないんです!!!コンクールまであと少し…助けてください!

こんばんは☆学校でクラ吹いてます。。。いきなり、質問ですが・・・というか相談なんですけど、最近アンブシュアが変わってしまって、息が前のように上手く入らないんです。なんだか、詰まるような感じです。
もっと、詳しく言うと、口がすごく力みすぎて、閉めすぎちゃうんですよ。あごの下とか、ふくらんじゃってて、絶対アンブシュア間違ってるんですよ。それで、タンギングもできず、、、力みすぎているから疲れてしまいます。
去年の夏は、吹けていたんですよ。(アンブシュアは間違ってたかもしれませんが、ちゃんと、曲は吹けていました。)そのあと、ちょっと吹かない期間があって、9月から、ずっとこの調子なんです。
部活で吹いているんですけど、今年で、大好きな先輩最後のコンクールなんです。だから、絶対出たいんですけど、こんな調子で出て演奏めちゃくちゃにして、本番最悪の演奏になってしまって先輩が悲しむ事になっちゃうのものも絶対嫌なんです!!!勿論、みんなと楽しく合奏できないのは・・・今部活休んでいるんですけど放課後合奏が聞こえてくるのを聞くと、本当に辛くなります。練習は毎日してます!でも全然だめなんですよ。どうか、お願いです。誰か答えて下さい!

こんばんは☆学校でクラ吹いてます。。。いきなり、質問ですが・・・というか相談なんですけど、最近アンブシュアが変わってしまって、息が前のように上手く入らないんです。なんだか、詰まるような感じです。
もっと、詳しく言うと、口がすごく力みすぎて、閉めすぎちゃうんですよ。あごの下とか、ふくらんじゃってて、絶対アンブシュア間違ってるんですよ。それで、タンギングもできず、、、力みすぎているから疲れてしまいます。
去年の夏は、吹けていたんですよ。(アンブシュアは間違ってたかもしれませんが...続きを読む

Aベストアンサー

クラ吹きです。

究極の対処療法としまして、一週間ほど一切吹かない、ってのがあります。めちゃめちゃ怖いけど。そして、いままでの良いときのイメージを思い出しながら吹くと、以外に良い感じで演奏出来るときがあります。

2,3日吹かないと、アンブシュアが悪くなる、と言いますよね?この方法は、それを逆用するんです。ただ、吹きたいのに吹けないのはめちゃくちゃつらいのでお勧めできないのですが。

あと自分の経験から話しますが、練習しすぎてるときって大抵リードの硬さが上がってます。唇周りの筋肉が強くなって、硬いリードでも吹けるようになってしまうのです。それで無理して吹いて、音が訳わからんことになっちゃう。お使いのマウスピースとリード、リガチャーに楽器のデータを教えてもらえますか?そしたら、僕に限らず、もっと有効なアドバイスがもらえると思いますよ。

一度、楽器のことを考えない日を2,3日作ってみてはどうでしょう?気分転換してみてください。他の回答者さんは技術的なことを回答されてるので、メンタル的なことを回答してみました。夏まではまだ時間があります。あせらないでね。

クラ吹きです。

究極の対処療法としまして、一週間ほど一切吹かない、ってのがあります。めちゃめちゃ怖いけど。そして、いままでの良いときのイメージを思い出しながら吹くと、以外に良い感じで演奏出来るときがあります。

2,3日吹かないと、アンブシュアが悪くなる、と言いますよね?この方法は、それを逆用するんです。ただ、吹きたいのに吹けないのはめちゃくちゃつらいのでお勧めできないのですが。

あと自分の経験から話しますが、練習しすぎてるときって大抵リードの硬さが上がってます。唇周...続きを読む

Qクラリネットの響き

今まで丸い音を目指していたのですが、響きが足りないなと思いました。
もっとベルから音が響く感じがほしいんですが、どう練習すればいいのか分かりません。
それに目指していた丸いキレイな音もまだ全然近づけていません。
高い音はちょっととがったような音になってしまい、タンギングとかをすると余計汚くなります。

具体的にどういう練習法が効果的か教えて欲しいです。

Aベストアンサー

吹奏楽指導の他、アマチュア吹奏楽団やビッグバンド、アマチュアオーケストラでサックスやファゴットを吹いてきました。あなたの使用楽器やマウスピース、リード、経験年数などが不明なので、あなたの状態がうまくイメージできにくく、的はずれな回答になるかもしれませんが、お許しください。

まず、「丸い音を目指していた」とのことですが、他の回答者がおっしゃっているように、あまり薄いリードだと「丸い音」には聞こえにくいものです。標準タイプのマウスピースに対して「2半」のリードを使い安易に吹き鳴らすと下品な音に聞こえます。また、リードメーカーによっても音の特徴があります。しかしながら、ジャズをしている人たちは薄いリードを選びます。そして、様々な表現をして楽しみます。薄いリードには様々な表現ができる可能性があるのです。アンブシュアや楽器の角度、喉の開き方、息の入れ方等々工夫してみてください。リードを唇で優しく包み込むイメージが良いと思います。お金に余裕があるのなら、マウスピースやリガチャーを替えるのも楽しいものですが、まずは、リードと奏法が大切です。
 最初は、標準マウスピースに「3」ぐらいのリードをおすすめします。リードメーカーは各社特徴があっておもしろいですが、10枚買うと2~3枚程度吹きやすいものがあると思います。上級者になれば、3半、4などのリードを選択される方もありますが、「3番のリードで十分に楽器を鳴らせる」「もっと息を入れたいがリードがもたない」と感じるようになってからの方が良いと思います。厚めのリードを使うには口や体の筋力にゆとりが必要です。また、個人的にはあまり分厚くない「3~3半」くらいのリードで繊細なコントロールをしながら演奏する方が面白いと思います。

「もっとベルから音が響く感じがほしい」という感想から想像される状態は、息の不十分さです。息を十分に入れて唇で優しくリードを包みリードが十分に振動できるようにイメージしてください。最高にリードが振動する圧力・包み方を体で覚えるようにします。低音と高音ではアンブシュアが全く違います。正しい音程でリードが最高によく振動するために必要な圧力や支えるポイントが違うのです。また、低音の場合は、太い息をイメージして、高音の場合は細く早い息をイメージしてみてください。
また、楽器が十分にならないのは、楽器の状態にもよるかもしれません。信頼できる楽器店で調整された楽器でしょうか。また、あまりにも古かったり安いグレードだったりしないでしょうか。信頼できる人たちに相談してみてください。楽器が変わるとびっくりするくらいうまくなる人がいますよ。

「高い音はちょっととがったような音になってしまい、タンギングとかをすると余計汚くなります。」とのことですが、高い音で安定して良い音が出ないのは、良いアンブシュアができていないことやリードが薄くてコントロールしにくいことが考えられます。リードの工夫をするとともに、ロングトーンで心地よい音が出るアンブシュアや楽器の角度等を覚えていってください。正しい音程が出ているかどうか確かめるのも必要です。チューナーで確かめてください。また、タンギングで音が乱れるとのことですが、タンギングをしたときに口の中ができるだけ動かないことが大切です。舌が必要最小限の動きをすること、唇が動かないこと、くわえ方が変わらないこと等とても大切です。ロングトーンをしながら、音程や音色が変化しないように舌をそっと動かしてタンギングをしてみてください。全ての音域で練習することをおすすめします。

参考になったかどうかわかりませんが、楽器を思う存分楽しめますように。

吹奏楽指導の他、アマチュア吹奏楽団やビッグバンド、アマチュアオーケストラでサックスやファゴットを吹いてきました。あなたの使用楽器やマウスピース、リード、経験年数などが不明なので、あなたの状態がうまくイメージできにくく、的はずれな回答になるかもしれませんが、お許しください。

まず、「丸い音を目指していた」とのことですが、他の回答者がおっしゃっているように、あまり薄いリードだと「丸い音」には聞こえにくいものです。標準タイプのマウスピースに対して「2半」のリードを使い安易に吹...続きを読む

Q中学の吹奏楽部所属、クラリネット選び迷っています。

娘が、中学校で吹奏楽部に入部し、念願のクラリネットを
担当できることになりました。

そこで楽器選びなのですが、先日、楽器店で試奏会があり、
ヤマハとクランポンのものを何種類か吹かせてもらったところ、
娘が、音や吹きやすさでヤマハのものより、クランポンのものにしたいと言いました。
お店の人は、E13なら、高校生になっても、吹奏楽に力を入れていて
大会に出るような学校でなければ、充分使えるモデルというのですが、
初心者で、この先どうなるか分からないのに(本人は続けたいと言っています。)中学生にそんな高額な物を買い与えてしまってよいのか
迷っています。
私はE12くらいのもので充分なような気がするのですが、もしも本人が
高校生になっても続けたいといった時に、さらにまた30万円近く出して
買い換えるのはもったいない、それなら最初からE13を買った方がいいかなという気もしています。

中学校で初心者でクラリネットを始められた方、クラリネットに
くわしい方、ご助言をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
 音楽って色んな意味で金食い虫なんですよね(^^;

 クラリネットは、独圏のエーラー式システムとフランス圏のベーム式があります。
 部活で使われるものは、圧倒的にベーム式なのでメーカーとしては、ヤマハ(日)、ビュッフェ・クランポン(仏)、セルマー(仏)、ルブラン(仏)などが代表的です。
 どのメーカーも甲乙は付けがたい特徴がありますし、多くのプロでも使われています。
 試奏されてビュッフェ・クランポンの楽器が候補になっているようですね。
 メーカーの意図する位置づけは、専門家向けをのぞき以下のようになっています。
モデル名 材質  用途
C-13 木製  音大など専門課程の学生用(R-13の廉価版)
E-13 木製  一般の音楽愛好家向け
E-12 木製  高校生用(E-11より体力が充実した生徒を想定し設計)
E-11 木製  中学生用(部活を想定して企画された)
B-12 樹脂製 屋外演奏用(B-10より見栄えをよくした)
B-10 樹脂製 屋外演奏用 小学生向け

 ヤマハやビュッフェ・クランポンの学生用モデル(E-11、12)は、各部分が小さい手で扱いやすいようにやや小さめに作られています。
 なお、E-13、C-13は、フランス製ですがB-10~E-12はドイツ製で、シュライバーというファゴットで有名な工房が製作を担当しています。 そのため、E-13、C-13のブランド名の下にある「MADE IN FRANCE」の刻印はありません。
 E-11、12は、持った感じでE-13と違うことがすぐに判ります。 独製らしい重さを感じます。

 私の体験ですが、中学生のころ部活で先生に「楽器が汚いぞ(臭うぞ)!きちんと練習後の掃除をするように」といわれたクラの女子が練習後にバケツの中にジャブジャブクラリネットを突っ込んで水洗いをした事件を覚えています。
 こんなことをしたら、もう楽器としては修理をしないと使えません。ですが、無邪気な中学生は、自分の生きてきた経験の中で「綺麗にする」とは「水洗いする」と思いこんでこんなことをするのです。

 きちんとクラリネットを教えてくれる方が学校にいますか?
 本当にお子さんがクラリネットを学びたいと思うなら音楽教室で基礎をしっかり学ばせて(おおよそピアノのお稽古と同じだが多少安い)部活をさせた方が長い目で見ればお子さんのためになります。

 E-13は、大人でも十分に使えるよい楽器ですが、お子さんが本気でないならもっと安いものでよいと思います。 「うちはお金持ちじゃないのだから、これで我慢してね。そして、大人になってお金を稼げるようになったら満足できるものを買いなさい。」とか言い聞かせて。
 楽器の価値ですが、管楽器は消耗品扱いなので、最も高いものを買って後で売るか(よくて半額程度)、もっとも安いものを買って捨てるかどちらかです。

こんにちは
 音楽って色んな意味で金食い虫なんですよね(^^;

 クラリネットは、独圏のエーラー式システムとフランス圏のベーム式があります。
 部活で使われるものは、圧倒的にベーム式なのでメーカーとしては、ヤマハ(日)、ビュッフェ・クランポン(仏)、セルマー(仏)、ルブラン(仏)などが代表的です。
 どのメーカーも甲乙は付けがたい特徴がありますし、多くのプロでも使われています。
 試奏されてビュッフェ・クランポンの楽器が候補になっているようですね。
 メーカーの意図する位置...続きを読む

QなぜクラリネットにはB♭管とA管があるのですか?

クラリネットの音域と管の調性にはどんな関係があるのでしょうか?
最低音がB♭管ではeなのでE管に思えてしまいます。
あとなぜフルートやオーボエと違って移調楽器なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、ある管楽器が○管であるという言葉は広くあいまいに使用されており、多くは

(1) この楽器の構造が○調(○管)である。
(2) この楽器に対して"ド"と記譜すると実際には○という音が出る。
(3) この楽器の最低音が○である。

この3つに集約されます。多くの方がこの区別をせずに使用し、誤解を招いています。まず、この点について説明します。

(1)は主に金管楽器に用いられ、管長を伸ばすバルブ操作を行って状態での倍音系列の基音が○であるということを意味します。バルブ装置が発達していない時代は管の調により使用できる音が限定されていたため、頻繁に管の指定を行っていました。

(2)は○調の移調楽器という概念に相当します。これには、各楽器ごとに複雑な経緯が絡んでおり、すべてを説明するととても長くなってしまうため、概略を示しますが、楽器そのものに直接付随する概念ではなく、楽譜と実際の音が異なるという状況を表す概念であるということを理解ください。

金管楽器:多くは(1)と同じ調の楽器として扱われますが、低音楽器(Tb. Tu.等)は実際の管長にかかわらず、すべて実音楽器として扱われることが多いです(移調楽器として扱われることもあります)。
木管楽器:右手と左手の指をすべて塞いだものをド、右手の小指を上げるとレというように調が設定されています。歴史的な楽器の発達の結果ですが、これが一番感覚的に違和感が無かったということでしょう。管楽器と同様低音楽器のBsn.は実音楽器として扱われます(運指的にはG管に近かったかと)。

(3)については、最低音をCからHに拡張する構造をもったFl.をH管とよびますが、それ以外では使用されない、ごく限られた用法です。

長くなりましたが、上記のことを踏まえ回答します。

Q. なぜクラリネットにはB♭管とA管があるのか
昔のクラリネットには今よりキーの数が少なく、金管のように出せない音が有るということはありませんでしたが、#や♭が多い曲の演奏は困難でした。そのため、半音違いの楽器を用意し、曲の調性によって持ち替えることで対応しました。この2種を比べると若干B♭管のほうが音勢が強く、音も明るいため、キーの改良が進み調性の問題が無くなり、大規模な管弦楽が多くなった昨今ではB♭管が主流となりましたが、過去にA管のために作曲された曲は作曲者の意思尊重および音域の関係でA管で演奏されます。

Q. クラリネットの音域と管の調性にはどんな関係があるのでしょうか?
最低音が変わります。A管B♭管ともに最低音はミ(記譜)ですがA管は実音Cis、B♭管はDです。最高音については、違う管長の楽器に同じマウスピースを使用している関係上、管長と管径の関係が異なるため、若干(キーの低い)A管の方が高音が出しやすいという意見もありますが、実質ほぼ差は無いといえます。

Q. 最低音がB♭管ではeなのでE管に思えてしまいます。
前述のとおり、クラリネットの管名は運指によるものなので、最低音(Dですが)と管名は関係ありません。

Q. あとなぜフルートやオーボエと違って移調楽器なのでしょうか?
C管のクラリネットもありますが、音色がB♭管よりもさらに(バカ)明るく、従来管弦楽で和声を担当することの多いクラリネットには向かなかったようであまり使用されていません。最近は独奏楽器としてまた見直される向きもあります。

まず、ある管楽器が○管であるという言葉は広くあいまいに使用されており、多くは

(1) この楽器の構造が○調(○管)である。
(2) この楽器に対して"ド"と記譜すると実際には○という音が出る。
(3) この楽器の最低音が○である。

この3つに集約されます。多くの方がこの区別をせずに使用し、誤解を招いています。まず、この点について説明します。

(1)は主に金管楽器に用いられ、管長を伸ばすバルブ操作を行って状態での倍音系列の基音が○であるということを意味します。バルブ装置が発達していない時代は管...続きを読む

Qクラリネットの樹脂製ってそんなにいけませんか?合板木でも気休めですか?

クラリネットの樹脂製ってそんなにいけませんか?合板木でも気休めですか?
メンテが楽で安価なため気になっておりますが、、、
フラウトトラベルソやリコーダーなどの音色はABS樹脂でもそこそこの評判ですが、クラリネットはひどいもんなんですか?
ケルントナーの27番を買われている方はそうとういらっしゃるようですが安いので我慢されているだけなんですか?
今、子供が欲しがっていて学校で吹いた経験があるのですが古くて合っていなかったので裏返ったり口の中が痛かったりしてました。
シリコン製のリッププロテクトなどは効果があるのでしょうか?

おもちゃとしては考えておりませんが、すごい人は人参でもくり貫いて楽器にしてしまいます。
高価な楽器イコール芸術とは考えておりません。
すぐれたギタリストは安いギターでもその楽器かと思うくらいの演奏をするそうです。

こちらはそこまで偉そうではないですけどねwww

詳しい方お願いします、、

Aベストアンサー

>> エボニーという木の粉をABS樹脂に混ぜて作る //

エボニーとは、ふつう黒檀のことを指しますが、黒檀にも縞黒檀と本黒檀があるそうで、製作する物によって使い分けるようです。

クラリネットに通常使用される木材は、グラナディラというマメ科の植物で、黒檀(カキノキ科)とは異なります。グラナディラは非常に生長の遅い木で、楽器に使えるサイズまで育つのに何10年もかかるため、生産が需要に追いついていないようです。

そこで、特に厳しい基準で選別される高級機種用の材木が不足しているために、クランポンなどはグラナディラを粉末化し、グラスファイバーや接着剤などと混ぜて成型する方法で管体を作っているモデルもあります。

>> エボナイト製のもあるらしいです //

エボナイトというのは、生ゴムを硫化させて固くしたもので、黒檀のような質感になることから「ebony化する=ebonite」と呼ぶそうですが、昔はマウスピースの素材として多用されていました。現在は、ABSやその他のプラスチックが主流です。

しかし、エボナイトは多量の硫黄を含むので(硫黄は多量に摂取してもお腹が痛くなるだけで病気にはならないものの)、キーなどの銀メッキを変色させる原因になります。ふつう、クラリネットの上位機種のキーは銀メッキなので、あまり管体の材料として使われることはありません。

先述の通り、管体が樹脂製(あるいはその他の素材)だからダメだ、ということはありません。それでも立派にクラリネットの音にはなります。メタルクラといって、真鍮製のクラリネットもあり、ジャズなどで好んで使う人もいます。

木材の中でも、昔はツゲを使っていた時代があり、最近ではローズウッド製にも人気があります。黒檀を使ったクラリネットも実際に作られています(といっても受注生産の高級機種)。

問題は、そういう「管体の素材による音色の違い」にこだわるかどうか、です。また、No.3の回答者が指摘されている通り、普及モデルほどコストダウンのために設計が簡易化されている、という点もあります(が、ヤマハやクランポンのプラ管は、割と違和感のない吹き心地になるようには作られています)。

>> やはり木製でないと音が狂ったり裏返ったりして音が出しにくいものなのでしょうか? //

「木製かどうか」という視点だけで見れば、いいえ。

「プラ管=普及モデル=あまり良い設計ではない」という視点で見れば、はい。

たとえば、YCL-250は、それなりにクラリネットらしい音がしますし、合奏の中に混じってしまえば、まずプラ管だとはバレません。しかし、吹き心地は、たとえばCSクラスと比べると全然別物です。一般論として、プラ管の方が抵抗感が強く、小音量での演奏がしにくく、音量を上げようと思ってもすぐに限界が来る印象です。その意味で、「吹きにくい」とはいえます。もっとも、だからといって、音程が狂うとか、音が裏返るとかいう問題がある訳ではありません。中国ブランドのプラ管は、それはそれは酷いものですが。

吹きやすさでいえば、基本的に高価なモデルほど吹きやすいとはいえます。奏者の要求にどこまででも応えてくれる印象です。ただ、価格的には中間に位置する各メーカーの主力モデルでも、独特の音色があって、高級機種だったら何でも良い、とはいえません。

>> 余談でヌーボのクラリネオというのはご存知ですか? //

初めて聞きましたが、少なくともクラリネットの代用にはならないでしょう。イロモノとして使う分には良いかもしれませんが...

>> エボニーという木の粉をABS樹脂に混ぜて作る //

エボニーとは、ふつう黒檀のことを指しますが、黒檀にも縞黒檀と本黒檀があるそうで、製作する物によって使い分けるようです。

クラリネットに通常使用される木材は、グラナディラというマメ科の植物で、黒檀(カキノキ科)とは異なります。グラナディラは非常に生長の遅い木で、楽器に使えるサイズまで育つのに何10年もかかるため、生産が需要に追いついていないようです。

そこで、特に厳しい基準で選別される高級機種用の材木が不足しているために、クラン...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング