最新閲覧日:

表記の通りなんですが近々JALグローバルクラブ(以下JGC)資格を剥奪されます。

以前よりクレームなど予約センターやお客様サポートに言ってましたがなかなか理解してもらえず時には声を荒立てたりしていましたがそれが積り重なって先日責任者なる方から連絡ありまして剥奪のリーチを警告されました。その際にもその責任者なる方と私の言い分なり聞いてもらったりしてくれました。話は世間話みたくなりましたがその中でその責任者なる方は「うちは負け組ですからね」と言われてました。つまり今は再生されましたが破堤を迎えた事で負け組と言われたと思います。

でも、お客様のお蔭で再生出来たのにそういう言い方おかしいですよね?私は負け組と思ってませんよとこちらが言いましたら特に返事されませんでした。

ところがその話をして数日後その責任者なる方から連絡がありまして「私が負け組といった事に対して○○様は揚げ足をとった発言をしました。これは当社に対して迷惑行為とみなしますので以前警告した通りJGC資格を剥奪します。」と言われました。そんなのおかしいと抗議しましたが「もう本社で決定されたので剥奪します」との1点張りで話になりません。

今までの経緯があるから私には言い分がないのかもしれませんが暴言でもなくお客様のお蔭で再生出来て決して負け組と思って欲しくなかった気持ちが私にあったからそう伝えました。ただそれだけです。

ま、負け組と責任者なる方が実際発言してそれで揚げ足取られたから剥奪を承認する会社ですから所詮こんなものなんでしょうかね?あとどんな事言っても警告出した時点で何が何でも剥奪する準備はしてたんでしょうね。

確かにクレーム言うなど迷惑行為だったのかもしれませんでしたが意見を言った事に対して揚げ足を取るのが迷惑行為と言うのは言い掛かりだと思います。

私が悪くて警告されたのは重々承知ですが皆さんどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

JGCは、ワンワールド機に、年間50回以上搭乗し、しかもその内25回以上JALグループ機に乗らなくては、資格がもらえません。



月平均で4~5回、週1のわりで利用している計算になります。

つまりそんじょそこらの、オジンやオバンでは相手にしてもらえない資格なのです。

おそらくは社用でそれだけの回数搭乗しているという事でしょうね。または自分で事業をしている人か。


いわばJALにとっては上得意様です。その人に対しこの様な宣言をしてきた・・・・理由については後述します。


さて、負け組についての応酬ですが、そこに深い意味はありません。


そのやり取りの前から、既にあなたへの措置は決めていた。負け組という言葉のジャブをわざと出し、それにあなたが反応するのを待っていた、とも見えます。

リーチそして宣告は、向こうさんとしては予定どうりだった。シナリオどうりの2回という回数だった。

負け組発言を巡るやり取りがあってもなくても、一緒なのです。


おそらくこの宣告はJALが未だ再上場してなかったら、なかったでしょう。また再上場したとしても、初値が安値だったら、無かったでしょうね。


あのように高値がつき、国庫に倍返し出来たことが、あなたへの今回の態度と繋がってるのじゃないですか。

先般の乗員組合のストライキ(実際には回避)とも繋がっている。

なんで、どのつらさげて、株券をカミクズにし、銀行団に債権放棄させた会社が、舌の根も乾かないうちにストライキなどできるんだ?


なお

あなたのJALに対するクレームの口調や音量がどの様なものだったかは、知るすべもありません。論評しようがありません。

ただ、JALとしてはあなたをクレーマーとして認定したという事でしょうね。

今後は違う色の会社の上得意様になって行くより仕方がないんじゃないですか?

ただ、あちらの方の評判も・・・苦笑・・・・
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

シナリオ通りにまさにハメられたのがよくわかります。今回このような目にあった人が他にもいるのかもしれませんし定期的にクレーマー狩りみたいなのをやってるのかもしれませんね。

今考えるとアチラさんの言動もおかしい部分もありました。例えば「○○様はまだ当社のお客様ですから」とも言ってました。あと、アチラさんが「本来なら文書一枚で剥奪にするとこでしたが○○様にはぜひご利用頂きたいので私の配慮で今回はもう一度注意に留めておきます」と言ってました。でもこれはある意味剥奪予告だったのかもしれません。来週剥奪になるんですが本来は14日間の猶予を経てから剥奪と規定にありますが瀬14日間さかのぼってもリーチされた日の後になりますし宣告された日から見ても過ぎてます。回答者様が言われるように仮にジャブを飛ばさなくても反応しなくてもいろんな事を掘り下げてでも理由つけて宣告するつもりだったんでしょう。

実はリーチになる前にも1年半くらい前に注意を受けてました。ですので上場してから注意してたお客様対してこのようなクレーマー狩りをしてるのかもしれません。

また、私の場合その注意受けた後は常に予約が入っており今は予約が全然入っていませんでした。関係ないかもしれませんが予約がないから狙ったかもしれません。

とりあえずマイレージは残りフライオンポイントなしのJALマイレージバンク会員として残れるみたいです。でもこのマイレージすら使えなくなりJAL便搭乗禁止にされそうな気がします。それも計画通りなでしょうか?

JGCカードは解約しようかと考えてて切断して突き返してやろうかと思いましたがそれも横暴な行為とみなされるのかもしれませんね。いずれにせよ返却手続きはしないといけないんですがどうすればいいのかわかりません。

お礼日時:2013/08/07 18:56

#1です



なんとなくですが
質問者さんのことを
    • good
    • 24

 どんな内容で『クレームなど予約センターやお客様サポートに言ってましたがなかなか理解してもらえず時には声を荒立てたりしていました』なのか分りませんが、要は質問者様はJALにとっては『クレーマー』と認定されていたということでしょう。

『警告出した時点で何が何でも剥奪する準備はしてたんでしょうね。』だと思います。

 私も個人的には『お客様のお蔭で再生出来たのに』という考えは賛成できません。私自身はJAL株を持っていた(大損した)者ですが、再生するには社員もそれなりに努力はしただろうし、頭から『お客様のお蔭』と思われてその視点でものを言われたらカチンと来るでしょう。相手も人間なんです。『負け組と思ってませんよ』の言い方一つで『負け組と思って欲しくなかった気持ち』が伝わらないことはあるでしょう。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

確かにクレーマー認定はされてたでしょうね。でも、JAL株を所有されたからおわかりでしょうけどJALのHPって(国際線)はちょっと乗継があるだけでHP上では出来ず電話しないと組めないですよね。電話しても待たされるしかも理解出来てない、おまけに3月と5月を間違える、そりゃ怒りますよ。運賃課に確認するからと2時間後に電話かけてくるとかスキルを疑いたくなります。

そんなオペレーターに怒らないじっと待ってるお客様がJALにとってはいいお客様なんですね。

負け組の件は先にそう思って欲しくなかったと伝えればよかったのかもしれませんね。先にお客様のお蔭と言ってしまうからその後の言葉が曇ってしまったんですね。

でも負け組と今でも思ってるのならそれはそれでダメでしょ?会社も認めてると言う事ですし。JGCを失うのは惜しいですけど社員、お客様、国をあげて再生したのに負け組と思ってる会社の考えですから失っても別にいいかなって思います。(負け惜しみと思われても仕方ありませんけど)

補足日時:2013/08/07 13:16
    • good
    • 5
この回答へのお礼

初めてここに投稿したのでここに書き込めばよかったですね。

改めましてありがとうございました。

お礼日時:2013/08/07 18:23

へりくだっているように見せて


実はバカにしているんではないでしょうか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

ちなみに私がですか?それともJAL?

補足日時:2013/08/07 12:52
    • good
    • 8
この回答へのお礼

初めて投稿したのでここに書き込めばよかったですね。

改めましてありがとうございます。

お礼日時:2013/08/07 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報