人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

道路を掘り起こしたあと、なぜ元の通りにできないのでしょうか。
元通りにできないのなら、わざわざタイルを敷き詰めたりしなければいいし、掘り起こすのなら、キチンと元通りにするべきではないでしょうか。

ブロックやタイルできれいに舗装された歩道があります。
その道を横断するように掘り起こしてガスや電気の工事が行われました。
ところが、掘り起こしたあとはただのアスファルトを埋めただけ。見にくい傷跡となりました。

いったん掘り起こしたブロックやタイルは二度と使えないのでしょうか。
使えないのなら、元に戻すために同等品を用意すべきではないでしょうか。

また、みすみす掘り起こされるのが予想される場所なら工事用のマンホールをつけるなど、掘らずに工事ができるような工夫はできないのでしょうか。

きれいな歩道が完成したと思ったら何か月もたたないうちに掘り起こし工事の犠牲となった場所をよく見かけるものですから。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 簡単にですが、わかる範囲で回答します。


 道路工事などの地面を掘り起こして行う工事の場合、
当然、掘ったところに土砂を埋め戻します。
 この埋め戻す土砂はまわりの全くいじっていない土砂に
比べてやわらかい状態になってしまいます。
 工事で埋め戻している時に、機械を使って締め固めているのを見たことがあると思いますが、かなりやったとしても、自然地盤に比べたらやわらかいのです。
 それで、表面の保護のために簡易的な舗装として、アスファルトで舗装しておいて、一定期間が経過して、工事箇所が締まったと判断できたら、元通りのきれいな舗装にするのです。
 そんな理由で、車道も歩道もあちらこちらでちぐはぐな舗装や、バンソウコウのような舗装になっているんです。
 わかりにくかったらごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど、技術的には復元可能なんですね。
素人から見ると、どうもほったらかしにしか見えないものですから(笑)
長い目で見ないといけませんね。

お礼日時:2004/04/10 01:14

はじめましてgootaraさん


まず、掘り起こし後のアスファルト舗装ですが、ANo6の方の理由がまずひとつ。そして、同じ箇所の工事に複数日掛かる場合、1日の作業の中にブロックの復旧を組み込むとメインの作業に使える時間が少なくなり工事の期間がその分長くなります(ブロックの復旧は手作業のため結構時間がかかります)そのためメイン作業をなるべく短期間で行えるよう最もポピュラーで安価なアスファルト舗装にするのです。工事が延びるのは経費もかさむため業者も辛いので短期間で終わらせたいのが本音です。建設業も価格破壊が進んでおり請負金が少ないのであります。
同等品については歩道といえども自転車、バイク、ときには車といったものが通行する事を考えれば、その品物の強度等を考えると現状ではかなり難しいものと思われます。
工事用のマンホールの件ですが、歩道の場合、それぞれの家々に水道、下水、電気、電話、ガスと個別に供給されているため、その建物の形状、間取りにより配管の場所が違う為、またそれぞれの作業方法の違い、安全上(特にガス、電気)の観点から現状ではこれも難しいと思われます。(工事用、作業用のマンホールを作るためにまた日数が加算されてしまいますし、マンホールだらけになる恐れも・・・)
渋滞、障害を避けるため車道、歩道の通行の少ない時間でしか許可がもらえないため丸1日作業が出来ないというのもありますかね・・・。
最近は業者さんも問題が起きないよう結構気を遣っていますよ。発注者のチェックもかなり厳しくなってきているためいい加減な業者さんは減ってきていると思います。
以上、解る範囲でしたが参考になれば幸いです、では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはり費用と時間の都合なのですね。
それなら、きれいな舗装にしなければいいと思います。
アスファルトどうしのツギハギでさえ見にくいのに。

お礼日時:2004/04/11 19:09

gootaraさん,こんにちわ



まず,工事の時期ですが下の回答でもあるように水道・下水・電気・ガス・電話・道路とそれぞれにおいて役所で管轄している部署がすべて違います。(電気・ガス・電話については民間ですから)それぞれの部署で予算に基づいて工事を発注しますから,ある程度調整はできますがむしろ,逆に工事期間をバッティングさせないような調整になります。時たま工事費を減らすために同時に発注することはあります。(掘ったり埋めたりを1度で済ますため)

それと,緊急な場合やよほど些細な工事を除き工事をするに当たっては発注者が作成した設計図書が必ずあります。請負者は,契約上その設計図書に則って工事を施工します。(当然工事費はその設計図書に基づいた金額しかありません)ですから,設計図書に現況復旧の指示が出ていれば施工者は,掘り起こすときに外したブロックやタイルを元に戻すようにするはずです。そうなっていないと言うことは,監督している役所側からの指示はでていないと言うことになります。(もちろん中にはいいかげんな業者もいますから,工事費を浮かせるため手抜きをする場合もあるとは思いますが。)

あるいは,#6さんがお書きになっているように地盤が落ち着くまで仮に舗装をしている場合もあります。広範囲にわたって掘り起こした場合は,このケースが多いです。(よくブロックやタイルが部分的に凹んでいることがあると思いますが,急ぎ過ぎるとああいう状態になります)

役所にしても,市役所や町役場の担当者は,住民との距離が近いので,下手な工事をすれば地元から苦情がどんどんきますから,そんなにいい加減な考えは持っていないと思います。それでも,ご質問の様なことが起きてしまうのは,縦割り行政の弊害もあるのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

せっかくきれいに舗装したのなら、きれいな歩道を歩きたいですからね。
ツギハギのままでは、その舗装を計画した人もガッカリするでしょうし(笑)

お礼日時:2004/04/10 01:22

 おはようございます。



 おっしゃるとおりですね。
 理由は,行政の発注している工事の場合は,最近は何度も掘り返さなくても良いように,工事の時期の調整がされるようになり少しはましに成りましたが,ガス,電気などの民間の工事は,行政の道路を管理している部署が許可をおろしていますが,工事時期の調整はしていません。業者どうしが時期を調整していない現状では,時期をあわせるのは難しいみたいですね(ライフラインですから緊急の工事もあるでしょうから)。また,元のようにタイルを埋めている工事もたまに見かけますよ。ただし,おっしゃるようにアスファルトで処理している場合もありますね。その違いは私にはちょっとわかりませんが,業者の財政的な理由なんでしょうね。
 最近は,電線の地中化などに力を入れている自治体も増えています。地中に大きなパイプを埋めておき,その中に電線などを通すというものです。これが進めば,掘り返さずに電線などが交換出来るようになりますね。残念ながら現状では,美観の関係で電柱をなくすという,観光の観点から取り組まれている例が多いですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

技術的には復元可能、財政的理由でムリなんですかね。
そういえば最近、「グッバイ電柱」といったような看板が電柱に掲示してあるのを見ました。

お礼日時:2004/04/10 01:11

以前はそれが目に付きましたが(今もありますが)、この頃一部では(東京23区とその周辺地域しか知りませんが)、ブロックやタイルや特殊舗装などが綺麗に元の舗装に戻されている事が目立つようになった気がします。



これが、その区役所の総意として、全て行なわれているのか、単にその部・担当者の美意識の為なのか・業者を押さえつける力があるのか、その地域の代議士の力が強いからなのかは不明ですが、昔から比べると少しずつですが進歩はしている「気」がします。(^_^;;。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ツギハギだらけだった歩道を久しぶりに通ったら、元通りどころか、全部「やり直され」ていたのには少々驚きました。
果たして、いつまでこの状態が保てるでしょうか(笑)

お礼日時:2004/04/10 01:03

あなたは、公衆トイレを家のトイレのように綺麗に扱いますか?


イラクで人質になった人を家族のように思えますか?
ごみは絶対に道に捨てませんか?
飲みに行ったり、どこかに行ったりしたときにまあいいやと思ったこととありませんか?
仕事でお客相手に最も得なことを言いますか?
道路工事の人間も一緒です。
自分の被害にならなかったらなんでもいいのです。
世の中そんなものです。
気分を害したら謝ります。

この回答への補足

きれいに使います。
家族のようには思えません。
絶対に道には捨てません。
酒を飲む習慣がありません。
相手に得なことを言い、後悔することがあります。
道路工事の人も、歩行者としてその道を歩くことでしょう。
その時、少なからずわたくしと同じことを感じると思います。
世の中、まだまだ捨てたもんじゃありません。
気分は害していません。

なーんて、ちょっとキザだったかな(笑)

補足日時:2004/04/10 00:55
    • good
    • 0

こんばんは



特の3月末は工事が多くて、嫌ですね。

私も、同じに思っていました。

本当の理由は聞いてみないと、わかりませんが、考えられる理由は・・・・

1、そこまでの予算が無い。

2、発注者の指示の出し方が、雑。

3、業者さんが、注文どうりにしてない。

4、完成した時、注文どうりに出来ているのか、チェックしていない。

5、舗装をやり直す予定。

6、発注者に美的センスが無い。

7、発注者が、道路なんて、用をたせば良いと、国民の感情を、無視している。

以前聞いた処によると、水道・ガス・下水・道路・電気・電話 等々、行政の管轄がそれぞれ違っていて、それぞれが発注するので、同じ所を何度もほりかえしたり、しているのだと。

また、予算を余らせると、来年度の予算が減ってしまうので、余らせない様に、不必要な工事もすると聞いたことがあります。 

都市の工事計画を総合的に見る制度を、つくれば、掘り返すのは、1回で済みますし、きれいに元どうりにも、させられるし、なにより、税金が無駄に使われなくなれば、税金が安くなるか、余った税金を年金に回せます。

各管轄の長が課長になり、高給を払わなくてはいけない人が、1人になり、お抱えの専用車も1台で済み、それだけでも、かなりの節税になると思います。

役人の仕事を、厳しくチェックする機関がないので、税金は使いたい放題の結果が、道路工事にも現れているのだと、思います。

この様な仕組みしか、考えられない政治家を選んでいるのは、私達ですから、責任は国民にあるのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

工事後のアスファルトを見ると「E」や「G」の記号が。
ということは、役所の委託ではなく、電力会社やガス供給会社が独自に行った工事なのでしょうか。
手を抜くわけですね(笑)

お礼日時:2004/04/10 00:42

gootara様のおっしゃるとおり、舗装された歩道を


何度も掘り起こしていますね。
私も本当に税金の無駄遣いだと思います。
下記のようなことで掘り起こし工事が頻繁に行われると思います。
【段取り】
役所は工事をスムーズに、順序良くに進めるための、
段取りが苦手です。
それぞれの業者に任せていますので、きれいに舗装された歩道でも、
業者は自分の仕事のためには剥がして仕事を進めます。
次の業者のための仕事のことなど全く考える必要はありません。
【経費】
役所の仕事は、経費削減などあまり考えません。
大目に見積もって、その範囲で仕事が出来ればOKという風に考えています。
中部国際空港は、トヨタの重役を社長にして仕事を進めましたので、
経費が一千億円以上の削減できたのは有名な話です。
【談合】
工事を請け負う業者は談合をして、請け負う金額を決めます。
その結果、効率まで考えて仕事をする必要はないことでしょう。
【ばら撒き】
最近は公共事業の支出面のことを考えるようになりましたが、
景気回復の為にということでばら撒き型の予算配分をしていました。
景気浮揚効果があるという論理で公共事業に大まかに予算がばら撒かれました。

参考URL:http://www.carf.jp/13_news/news_03.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

税金の無駄遣いは、ないに越したことはありません。
工事の契約に「元通りの舗装にすべし」と入れてほしいですね、同じ税金使うなら。

お礼日時:2004/04/10 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道やガス工事の後のアスファルトの修復工事はどの程度が一般的ですか。

阪神大地震後、このあたりでは水道管やガス管の取り替え工事が頻繁に

行われています。

ところが、工事の後のアスファルトの修復ですが、掘らなかった道路面に

比べて、大変雑(表面がザラザラして、小石がポロポロ取れてどんどん剥

がれる)で、毎朝掃き掃除するにも掃きごたえのない状態です。

もっと、きれいに仕上げてほしいと思うのですが、このような修復の

施工仕様(どんな材料でどの程度仕上げるか決まった内容)はないので

しょうか。きれいにしてもらうには施工者へどのように説得すればよいか

説得方法を教えてください。

また、予備知識として、道路のアスファルトの材料や施工方法などご存じ

の方、記載されているホームページを紹介ください。

Aベストアンサー

 通常、埋設管工事のための掘削後の修復については、復旧(元通りにすること)が前提になっているはずです。
 修復後の状況がひどい場合は当該工事の発注者が責任を負うことになりますが、一般の方には難しいと思いますので、当該道路を管理する地方公共団体(市道なら市、県道なら県)の道路担当課に連絡しましょう。善処してくれるはずです。
 ・・・すぐやる課のある市ではその日のうちに担当者がやってきます。・・・
 下記URLは舗装屋さんのHPですが参考までに。

参考URL:http://www.watanabegumi.co.jp/pavements/knowledges/knowledges_.html

Q「仮復旧」と「本復旧」の意味と違い

 道路や下水道で「仮復旧」という言葉を聞きます。
 工事が終わって「仮」の復旧をするより、いきなり工事終了→「本」復旧としないのは何故ですか?工事終了→仮復旧→本復旧だと時間かかるし、お金もかかる印象があるのですが・・。

Aベストアンサー

○下水道管を新規に埋設する場合
管を埋め土砂を埋め戻した後に、簡易的な舗装をかけます(仮復旧というよりは仮舗装)
土砂を埋め戻すときには、もちろん転圧をするのですが、どうしても何年間は自然に土砂が締まります。掘っていない部分、掘っていても下に管のある部分と管の無い分があるので、自然に締まる度合いが違います。なので、いきなり本舗装では、せっかくの舗装が凸凹になります。
だから、下の土砂が落ち着くまで簡易的な舗装で間に合わせます。掘ったところだけ沈むので、この頃は段差の苦情が多くなりますが、どうせ舗装をやり直すので、段差解消は応急処置程度です。
2年くらいすると、埋め戻した土砂も落ち着くので、規定通りの構造で舗装をやり直します。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q道路工事後、道路の白線が書かれないまま放置されている

道路の白線について質問です。

今年の春頃に、普段使用している公道で何かの工事があり道路のアスファルトを20~30メートルはがして工事をしていました。しばらくして工事が終わったようでアスファルトは綺麗に舗装されました。しかし、以前はあったような道路の白線は新たに引かれませんでした。

「少ししたら新たに道路の白線を書く工事をするのかな?」と思いきや現時点まで以前あったような道路の白線は引かれていません。

その道は、歩道がない片道1車線(あわせて2車線)の道路で、中央に白の破線、路端に路側帯扱いなのか車道外測線扱いなのか分かりませんが白の実線がありました。

工事しアスファルトを新たに舗装した20~30メートル以外の区間は白い線が劣化などにより消えたりすることなくしっかりと残っていますし、その道路の線がないからと言って自分に大問題が生じるというわけではありませんが、道路の白線を書かないまま放置していることは、工事業者が手抜きで白の線を書くのをサボったんじゃないかと感じました。

そこで、質問です。

(1)
道路に白や黄色の線が書かれている道路を工事する場合、そこを道路工事する業者は再舗装してから白や黄色の線を書き直す義務は課せられていないのですか?

(2)
もし工事業者のサボりだとしたら、道路の線が書かれていないことについてどこに報告を言えばよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

道路の白線について質問です。

今年の春頃に、普段使用している公道で何かの工事があり道路のアスファルトを20~30メートルはがして工事をしていました。しばらくして工事が終わったようでアスファルトは綺麗に舗装されました。しかし、以前はあったような道路の白線は新たに引かれませんでした。

「少ししたら新たに道路の白線を書く工事をするのかな?」と思いきや現時点まで以前あったような道路の白線は引かれていません。

その道は、歩道がない片道1車線(あわせて2車線)の道路で、中央に白の破線、...続きを読む

Aベストアンサー

 公共工事が終了すると、施設管理者立ち会いで完了検査というのを行います。これに合格しないと、工事が完了したことにならず、業者には代金が支払われません。
 従って、区画線が描かれないのは、何らかの計画上の都合があるのではないかと思います。
 考えられるのは、#1さんが云われていることの他に、連続して道路工事を行う予定があるので、それらがすべて完了してから一括して区画線施工を行う、といったことが上げられるかと思います。
 あるいは、特に重要な道路でもないので、工事費を浮かす為に省略したとか?

Q下手なアスファルトのやり直しはできますか?

1週間位前に、50坪の駐車場にアスファルト工事をしてもらいました。
下手な業者で、凸凹がひどく水がたまります。それに水が浸透しないアスファルトでした。

この上からもう一度、水の浸透するアスファルトにきれいに敷き直してもらいたいのですが、可能でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #2です。

>それでは浸透性のないアスファルトならできますか。

 可能ですが、前述したように路盤の転圧が不十分な場合、表面だけきれいにしても車載荷重で轍が出来てしまう可能性が高いです。
 この場合、改めて路盤から見直してもらった方が良いでしょう。

 仮に表層だけ直す場合でも、一度鋤取りをしないとうまくいきません。通常の道路の舗装打ち替えと同じです。

Q道路掘削後の埋め戻しについて

 昨日、自宅前の歩道で掘削工事が行われていました。本日、外に出て埋め戻し後の歩道を見ていて疑問が浮かびました。
 掘削前の歩道はタイルを敷き詰めたような美化歩道?でした。しかし、埋め戻された部分はアスファルトになっており、見た目が悪くアスファルトも凸凹しています。これは美化歩道に限ったことではなく、コンクリートで舗装された道路を掘削したあとの埋め戻しも同じことがされています。(コンクリート道路の一部だけアスファルト)
 せっかくお金をかけて美化道路にしているのに、アスファルトにしてしまうとはいかがなものか、と思い自分なりに調べてみました。が、いまいちよくわかりませんでした。
 どなたか道路工事事情に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

 おそらく仮復旧でしょう。本来は車道を掘削した場合に行われるものですが、歩道が現況で特殊な舗装を施してある場合は、歩道でも仮復旧をする可能性もあります。
 埋め戻しというのは、どんなにしっかりと転圧しても、あとからわずかなが圧密による沈下を引き起こします。特に車道の場合は、車両の通行による影響が大きいので、掘削した範囲のみを仮舗装で復旧し、圧密がある程度落ち着いた頃に、影響範囲をすべてきちんと舗装し直します。これを本復旧といいます。影響範囲の考え方は、道路管理者によりまちまちですが、最低でも路盤の厚さと同じ幅は確保する様です。
 歩道を掘削する場合は、車道ほどの影響が無いので、大抵は仮復旧を行わず、1回の舗装復旧のみですませることがほとんどです。ただ、ブロック系の舗装などの場合、不陸が発生しやすいので、仮復旧を行うことも考えられます。アスファルトが使われるのは、仮復旧は本復旧のと時に撤去されるので、安価で施工性のよい材料が使われるためです。

Q前面道路に大型車が通ると家に振動

新築ではないですが、カテゴリが見当たらなかったのでご容赦を。

さて、2ヶ月ほど前に市による前面道路の水道管の工事がなされました。
いままではさほど振動を感じたことはありませんが、その工事が終えてから
やたらと家が震動するようになりました。
普通乗用車や2tクラスの車ではまったくといっていいほど影響ありませんが
大型のトラックやダンプ等が走ると、決まって「ガタガタガタ・・」と3階の部屋が振動します。

その道路、やはりヘタな業者が施工したんでしょう、アスファルトの路面が凸凹しています。
これって、市への要求で再工事してもらえないのでしょうか?
ちなみに、部屋のクロスが若干裂けてきたので、振動の程度はお察しいただけるかと思います。

Aベストアンサー

まったく同じ状況を経験した知人がいます。

結局、その知人は完全に元通り(震動がしなくなるまで)に10年かかりました。
訴える人がひとり(一軒)だつたり、生活に支障がない(震動があるだけで
生活が成り立たないわけでない)とすると、自治体もなかなか動かないようですよ。

アスファルトの施工業者の腕にもよるんでしょうけど
そのお宅の場合は、その部分だけを何度直してもダメだったようです。
結局、工事した道路100メートルの長さに渡って全面をはがし
全面を舗装し直して震動が納まったようです。
知人は、「その部分だけ舗装をやり直してもダメなんです。
全面をはがして、全面を舗装しないと」と訴えてはいたものの
何度も何度も、その部分だけの直しだけ。
ようやく全面にわたっての工事が終了するまでに10年が過ぎたようです。

それと、
国道、県道、市道、それぞれ管轄・管理者が違います。
水道工事は市がしたかもしれませんが、県道や国道となると
管理者が違うようですので、ただの手直し、といっても
すぐは動いてくれないようですよ。

「ただの震動でしょ?
じつは、工事前からしていたんじゃない?
舗装をやり直したからって震動が確実に収まる確証もないし。
まぁ、そんなに緊急性もないし」
なんて、なめられると厄介になりそうです。
おそらく、自治体は、相手が諦めるのを
待っているような態度ですから。

市の工事が原因のようですので、まずは市に声をかけるのが
第一だとは思いますが、「なかなか動いてくれないかも」と
長期戦を覚悟で向かってみてください。

なお、
時には「仮舗装」といって、いくつもの工事をひとつの業者が
受け持っている場合などは、とりあえず、簡単に平らにしておいて
あとで、もう一回、舗装を綺麗にやり直す場合もあります。
そうであれば、いいですけどね・・・。
その場合であれば、市が業者に確認して、その旨を連絡くれると思います。

まずは、市に訴えてみてください。
すぐに応えてくれる自治体だといいですね。

まったく同じ状況を経験した知人がいます。

結局、その知人は完全に元通り(震動がしなくなるまで)に10年かかりました。
訴える人がひとり(一軒)だつたり、生活に支障がない(震動があるだけで
生活が成り立たないわけでない)とすると、自治体もなかなか動かないようですよ。

アスファルトの施工業者の腕にもよるんでしょうけど
そのお宅の場合は、その部分だけを何度直してもダメだったようです。
結局、工事した道路100メートルの長さに渡って全面をはがし
全面を舗装し直して震動が納まったようです。
知...続きを読む

Q家と公道の境目の砂利部分 ここは誰が直すものなのでしょうか? 田舎の一軒家です。 家の前の道路と

家と公道の境目の砂利部分

ここは誰が直すものなのでしょうか?

田舎の一軒家です。
家の前の道路と家の境目が砂利です。20年前に建てた時からで、砂利の部分は幅60~70㎝くらいで家と道路の境目一面全部です。
家側はコンクリートの駐車場と玄関タイル、コンクリートの立ち上り部分があります。
砂利ですので雑草は生えるし、散らばったり、長年で減ってしまい駐車場と段差ができたので2年くらい前に砂利(砕石)を入れ直しました。
しかしこの部分は公道です。家の土地ではありません。
今更ですがこれって家でやることだったのかと?

隣の家まではコンクリートの側溝があります。
家の前でなくなってるんです。
砂利部分が雨水を浸透させているのだと思います。

不便なのでアスファルトにする、側溝にするなどしたいのですが家でやるべきでは無いですよね?
やってはいけないというか。
市などにやってもらうのでしょうか?
そういう認識で合っていますか?
また、アスファルトで埋めてしまうと雨水の行き場所が無くなって良くないでしょうか?

Aベストアンサー

再。
670㎝=6.7m

???
広杉。

ただ、質問者さんは道路(公道)の境界がわからないよね。
4m未満の2項なら先にお答えした通り。
この幅(4m以上)の全部が公道なら話は変わります。
ちなみに4m以上の公道ならば2項道路ではなく42条1項1号という呼び方です。

いずれにしても道路管理部局、市道であれば市役所の道路課あたりでこの質問のとおりにお尋ねください。
砂利敷の土地が何なのか、公道としての幅、境界の位置など、持っている情報はすべて教えてえくれます。

過去に立ち合いがされていれば、境界の確定測量図(査定図と呼びます)もあるはずで、ご希望であればコピーをもらえます。
市道の査定図は法務局にはありませんので。

砂利敷部分があなたの土地だったとして、2項道路でなければ市での舗装は難しいかもしれません。
市が公費で私有地の整備をする理由は、セットバック部分が建築基準法の「みなし道路」だからです。

ちな、仮に2項道路だとしましょうか。
反対側は水路ですか?
もし公図での青道を含む水路であれば、あなたの敷地側が反対側の水路の境界から一方的に4m下がることになります。

砂利を含み、土や草っ原では見た目の境界はわかりません。
今回くらいの7m前後の「空地」で、立ち会いをしたら、そのうち9尺(2.7m)だけが市道だったケースもあります。
仮に杭が打たれていても、実際に立ち会いをすると無視されることもけっこうありますし。

再。
670㎝=6.7m

???
広杉。

ただ、質問者さんは道路(公道)の境界がわからないよね。
4m未満の2項なら先にお答えした通り。
この幅(4m以上)の全部が公道なら話は変わります。
ちなみに4m以上の公道ならば2項道路ではなく42条1項1号という呼び方です。

いずれにしても道路管理部局、市道であれば市役所の道路課あたりでこの質問のとおりにお尋ねください。
砂利敷の土地が何なのか、公道としての幅、境界の位置など、持っている情報はすべて教えてえくれます。

過去に立ち合いがされていれば...続きを読む


人気Q&Aランキング