gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

 道路や下水道で「仮復旧」という言葉を聞きます。
 工事が終わって「仮」の復旧をするより、いきなり工事終了→「本」復旧としないのは何故ですか?工事終了→仮復旧→本復旧だと時間かかるし、お金もかかる印象があるのですが・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

○下水道管を新規に埋設する場合


管を埋め土砂を埋め戻した後に、簡易的な舗装をかけます(仮復旧というよりは仮舗装)
土砂を埋め戻すときには、もちろん転圧をするのですが、どうしても何年間は自然に土砂が締まります。掘っていない部分、掘っていても下に管のある部分と管の無い分があるので、自然に締まる度合いが違います。なので、いきなり本舗装では、せっかくの舗装が凸凹になります。
だから、下の土砂が落ち着くまで簡易的な舗装で間に合わせます。掘ったところだけ沈むので、この頃は段差の苦情が多くなりますが、どうせ舗装をやり直すので、段差解消は応急処置程度です。
2年くらいすると、埋め戻した土砂も落ち着くので、規定通りの構造で舗装をやり直します。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

 回答いただきありがとうございます。丁寧な説明で分かりやすかったです。

お礼日時:2008/01/29 21:15

道路で上下水道の工事を行った場合、直ぐに本復旧を行うと転圧が不十分になり、直ぐに陥没をします。


ですので、仮復旧で時間を置き、落ち着いてから本復旧を行います。

また、交通への影響から一日の工事時間が決められています。
本復旧までだと時間が掛かり、交通への影響が出るので、一旦仮復旧で一回の工事時間を短くする場合もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 分かりやすい回答をいただきありがとうございます。仮復旧は仮とはいえ、必要なものなのですね。

お礼日時:2008/01/29 21:07

仮復旧は応急手当てです。

本復旧は示方書の規定に従った正規の工事による復旧です。仮復旧をするのは当該構造物の使用が急がれる場合、本復旧をしていたのでは工事期間が長くなる場合です。

 例えば阪神淡路大震災のときに東海道線三宮駅と元町駅の間の陸橋を支える橋脚が倒壊したのですが、路線の復旧が急がれために、H形鋼を井桁状に組んだ状態の仮橋脚を作り、これで桁を支えて早期復旧を図りました。これをしない場合には開通までに1年近くの期間を要したのが、数週間で東海道線が復旧したのです。

 また、東京駅丸の内側の改札口の上方の屋根は空襲のために崩落したものの仮復旧がそのまま50年残ったものです。それの本復旧の計画がやっと持ち上がりましたよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 具体例を挙げ、分かりやすい回答をいただきありがとうございました。考え方としては仮復旧は応急処置的なものですね。

お礼日時:2008/01/29 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道やガス工事の後のアスファルトの修復工事はどの程度が一般的ですか。

阪神大地震後、このあたりでは水道管やガス管の取り替え工事が頻繁に

行われています。

ところが、工事の後のアスファルトの修復ですが、掘らなかった道路面に

比べて、大変雑(表面がザラザラして、小石がポロポロ取れてどんどん剥

がれる)で、毎朝掃き掃除するにも掃きごたえのない状態です。

もっと、きれいに仕上げてほしいと思うのですが、このような修復の

施工仕様(どんな材料でどの程度仕上げるか決まった内容)はないので

しょうか。きれいにしてもらうには施工者へどのように説得すればよいか

説得方法を教えてください。

また、予備知識として、道路のアスファルトの材料や施工方法などご存じ

の方、記載されているホームページを紹介ください。

Aベストアンサー

 通常、埋設管工事のための掘削後の修復については、復旧(元通りにすること)が前提になっているはずです。
 修復後の状況がひどい場合は当該工事の発注者が責任を負うことになりますが、一般の方には難しいと思いますので、当該道路を管理する地方公共団体(市道なら市、県道なら県)の道路担当課に連絡しましょう。善処してくれるはずです。
 ・・・すぐやる課のある市ではその日のうちに担当者がやってきます。・・・
 下記URLは舗装屋さんのHPですが参考までに。

参考URL:http://www.watanabegumi.co.jp/pavements/knowledges/knowledges_.html

Q砕石 クラッシャランと粒度調整砕石の違いは?使い分けは?

庭にレンガを敷設しようと思っているのですが、路盤材はクラッシャランC‐40がよいか、粒度調整砕石M‐30がよいか迷っています。
違いと、それぞれに向いた使い分けがわかりません。
解るかたいらしたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 クラッシャランも粒調砕石も路盤材として使用する材料ですが、クラッシャランは下層路盤か路盤を単層で施工する場合に使用するのに対し、粒調砕石は上層路盤に使用します。
 通常、道路の路盤は上層と下層に分けて設計・施工します。道路の舗装を設計する場合、大型車の交通量などから必要とする強度を求め、それをすべてアスファルト・コンクリートで施工した場合の厚さを等値換算厚さと呼びます。実際そのようにすると、非常に不経済となるので、より安価な材料で置き換えるわけですが、その場合にその材質がアスファルトに換算するとどのくらいの厚さに相当するかを算定するための係数があり、これを等値換算係数と呼びます。この係数が大きいほどよりアスファルトに近い効果があるといえます。
 クラッシャランの等値換算係数は0.25、粒調砕石は0.35です。つまり、同じ厚さであれば、粒調砕石の方が大きな強度を得られるわけです。
 ただし、粒調砕石はクラッシャランよりも高価で、地域によっては良質なものが入手しにくい場合もあります。そのため、一般的には粒調砕石の施工厚さを小さめにして、下層路盤であるクラッシャランを厚くします。歩道などの荷重が小さきところはクラッシャランのみで路盤を施工します。

 レンガ舗装とのことですが、車の荷重を考慮しないかもしくは駐車場程度の車載荷重であれば、クラッシャランで十分でしょう。ただし、レンガ自体が車などの大きな荷重に対して弱いので、下地としてコンクリート版の施工が必要な場合があります。コンクリートブロックを並べる場合でも、車載荷重が考えられる場合は10cm程度の厚さでコンクリート版を施工するのが普通です。
 群衆荷重(要は人のみ)を考えるのであれば、路盤の厚さは10cmもあれば十分ですが、その場合でも転圧による減量を考慮する必要があるので、投入量は必要な体積(面積×厚さ)の2割程度の割り増しを見込んだ方がよいです。

 クラッシャランも粒調砕石も路盤材として使用する材料ですが、クラッシャランは下層路盤か路盤を単層で施工する場合に使用するのに対し、粒調砕石は上層路盤に使用します。
 通常、道路の路盤は上層と下層に分けて設計・施工します。道路の舗装を設計する場合、大型車の交通量などから必要とする強度を求め、それをすべてアスファルト・コンクリートで施工した場合の厚さを等値換算厚さと呼びます。実際そのようにすると、非常に不経済となるので、より安価な材料で置き換えるわけですが、その場合にその材質...続きを読む

QHI、HT、TS、DV継手 これって何の略か分かりますか?

配管・継手の種類でHI、HT、TS、DVといのがあるのですが、このアルファベット2文字はそれぞれ何の略か教えて下さい。また、それぞれの用途も合わせて御教授お願いします。

Aベストアンサー

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑剤、その他モロモロの添加剤が、お湯に溶け出していると言うことです。 
60℃位なら内面の劣化はほとんどありません。
色は濃い茶色に着色されています。

最近は給湯管には、架橋ポリエチレン管、ポリブデン管等が多く使われているようです。

TS  普通の塩化ビニール管、継ぎ手、 昭和三十年代の終わり頃から、使われ出した物で、化学的に安定で水質、埋設土壌の影響をほとんど受けないので寿命は半永久的、初期に埋設された物を掘り出して調べて見ても内面は平滑で、浸食された形跡は、ほとんどありません。
色は灰色に着色されています。給水配管用。

DV継ぎ手  塩ビ排水管用の継ぎ手です、普通灰色ですが、最近は透明な製品もあります、

いずれの製品も日光には弱く、有機溶剤、防腐剤のクレオソートには、特に弱いので注意が必要です。

以上、簡単な回答ですみません。
 

HI  耐衝撃性塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は、衝撃を受けると割れますが、HI管は粘りがあるので割れにくい。 黒っぽい色に着色してあります。 給水配管用として現在主流。

HT  耐熱塩化ビニール管、継ぎ手、 普通の塩ビ管は熱に弱く、フニャフニャになりますが、HTは熱に強いので給湯管に使います、でも最近はあまり使いません、 材質的にもろく、後日ひび割れ、漏水等が起きやすいので、 耐熱と言っても80℃位のお湯で使うと管の内部は、劣化し、ざらついて来ます、つまり、塩ビ樹脂、可塑...続きを読む

Q仕切弁と止水栓の違いについて

給水工事等で使用する、
仕切弁と止水栓の違いについて教えて下さい。
機能的には同一のようなのですが、
メーカー等のカタログを見ると、はっきり
分別してあるので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

用途の違いで言いますと・・・
仕切弁は道路に埋設等されている配水管(上水道の本管)に使用されています。
通常、配水管はアミダクジのように上(配水タンク)から下(各個々の地域)に配水されるよう配管してありますが、ある1箇所が漏水や破損しても他のルートを通っていつでも水が行き届くようにしてあります。
でルートを変えたりする時に水を仕切る弁を仕切弁と言います。(排泥弁に使ったりと例外もありますが)

止水栓は文字通り水を止める弁です。なので片方が開放になる可能性がある場合(宅内に引込む給水管など)に使います。

仕切弁やボール式止水栓は、構造的には流量調整出来ないわけではないのですが、長年の間、流量調整したまま放って置くと弁が傷みやすい(弁が完全に閉まらなくなったり弁が動かなくなったりする)のでお勧めしません。
(費用対効果で仕方なくというのはあるかも。)

Qm3→tへの変換方法

土木関係初心者です。
コンクリートガラの計算で単位が「m3」になっているものを、「t」にして記入しなければいけない書類があるのですが、どうやって変換しらよいのかわかりません。

ちなみにもとの数量は、2378m3で代価表には「1.0m3あたり2.35t」となっています。
単純に2378×2.35=5588.3tでいいものなのか悩んでいます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.0[m3]当たり2.35[t]ですか.
2.0[m3]当たりは何トンになりますか?
3.0[m3]だったら?

2378[m3]だったら?
って考えればいいのでは?

Qアスファルトの重さ(t)をm3に置き換えたい。。。

アスファルトの重さ(t)をm3に置き換えるにはどのような計算になるのでしょうか?
誰か詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

アスファルトは重量(t)で出荷します。基本的には体積を算出し、単位重量を掛けます。通常使用する密粒度13mm、舗装厚0.05m(50mm)とします。面積(m2)×厚さ(m)×2.35となりますが、さらに転圧減量として1.08を掛けます。これで算出された数量が使用重量(t)となります。
(以上引用)
 ですから、Xtのアスファルトは、X÷2.538(立方メートル)となります。
例によって、受け売りでした。(^_^;)

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/construction/log/tree_105.htm

Qコンクリートの単位容積重量はいくらぐらい?

一般的なコンクリート塊の単位容積重量はおよそどれぐらいですか。
できたら、Kg/立方mで教えてください。

Aベストアンサー

コンクリートの単位容積重量(正式には単位容積質量)はコンクリート中の
砂、砂利、の質量とコンクリートの乾燥具合によって変わってきます。

現在日本で使われてるセメント、砂、砂利の比重から考えて2300~2400Kg/立方m
と考えて良いでしょう。

特殊な用途があれば軽いコンクリート、重いコンクリートも作ることが出来ます。
元生コンクリート技術に従事していました。

Q道路掘削後の埋め戻しについて

 昨日、自宅前の歩道で掘削工事が行われていました。本日、外に出て埋め戻し後の歩道を見ていて疑問が浮かびました。
 掘削前の歩道はタイルを敷き詰めたような美化歩道?でした。しかし、埋め戻された部分はアスファルトになっており、見た目が悪くアスファルトも凸凹しています。これは美化歩道に限ったことではなく、コンクリートで舗装された道路を掘削したあとの埋め戻しも同じことがされています。(コンクリート道路の一部だけアスファルト)
 せっかくお金をかけて美化道路にしているのに、アスファルトにしてしまうとはいかがなものか、と思い自分なりに調べてみました。が、いまいちよくわかりませんでした。
 どなたか道路工事事情に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

Aベストアンサー

 おそらく仮復旧でしょう。本来は車道を掘削した場合に行われるものですが、歩道が現況で特殊な舗装を施してある場合は、歩道でも仮復旧をする可能性もあります。
 埋め戻しというのは、どんなにしっかりと転圧しても、あとからわずかなが圧密による沈下を引き起こします。特に車道の場合は、車両の通行による影響が大きいので、掘削した範囲のみを仮舗装で復旧し、圧密がある程度落ち着いた頃に、影響範囲をすべてきちんと舗装し直します。これを本復旧といいます。影響範囲の考え方は、道路管理者によりまちまちですが、最低でも路盤の厚さと同じ幅は確保する様です。
 歩道を掘削する場合は、車道ほどの影響が無いので、大抵は仮復旧を行わず、1回の舗装復旧のみですませることがほとんどです。ただ、ブロック系の舗装などの場合、不陸が発生しやすいので、仮復旧を行うことも考えられます。アスファルトが使われるのは、仮復旧は本復旧のと時に撤去されるので、安価で施工性のよい材料が使われるためです。

Qアスファルト安定処理について

アスファルト安定処理をネット等で調べると
『路床、路盤の支持力を増大させる目的で、アスファルトなどを混合すること。』とでます。
これは【アスファルト】を【何に】混合するってことですか?。
材料としての【何か】を教えてください。
仮に【何か】=【路盤材】であるとすると粒調砕石等に混合するってことでしょうか!?。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 道路の舗装に使われるアスファルト混合物は、骨材、フィラーに結合材としてアスファルトなどの材料を混合させたものです。一般にはこれをアスファルトと呼んでいますが、正式にはアスファルト混合物といいます。通常、骨材には砕石を、フィラーには石粉や消石灰などが用いられます。
 アスファルト安定処理材は、フィラーを用いず、骨材にアスファルトを混合させたもので、上層路盤に使用します。瀝青安定処理材ともいいます。等価換算値が高いため、粒調砕石を使うよりも舗装厚が薄くできます。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング