プロが教えるわが家の防犯対策術!

新設の工場でLED照明器具を納入したところ、点灯検査で壁付けのスイッチでOFFにしても薄っすらと明かりがともり続けることがわかりました。
原因究明のため、LED灯具の電圧を計測してみるとスイッチOFFの状態で40Vほどの電圧が発生していることが判明しました。「電気配線から生じる誘導電圧でよくあることだ!」というのが電気工事の言で、たまたま別メーカーのLED照明が違う部屋に設置されていて、そちらはスイッチOFFでしっかり消えます。これをたてに「誘導電圧で消えないLED製品が不良品だ」といわれますが、スイッチを切っても電圧が発生する電気設備がおかしい・・・というのがLEDメーカーの言い分です。
今後小さな電気で動く可能性がある機器が増えこのようなケースが増加すると思いますが、このような場合「誘導電圧が発生しない電気設備」を求め電気工事屋さんに修正を要求すべきか、「誘導電圧で稼動しない機器を代替で入れろ」とメーカーに要求すべきか?どちらが正しいのでしょうか?
何か法的に定めたものがあるでしょうか?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

実際に誘導電圧で光っているとなると…。



気にしないで放置…と言うのはどうでしょう?
器具の全交換。設備の変更。どちらも、クレームで処理するのは困難ですし、もしクレームで対応されたとしても、業者との関係が思いっきり悪化するのは確実です。

どのみち、工場が稼働すれば室内には避難口誘導灯に制御盤の表示灯。工作機械や設備類のパイロットランプ。ネットワーク機器やらPCの動作表示灯。幾らでも明かりが点いています。

照明器具が暗点灯したからと言って、暗室以外では実害は特に無いでしょう。(暗点灯で実害が出るLED表示灯などでは、暗点灯対策が明示して有ったりします。)
実害が得意に無いのなら、余計なコストや業者との関係を悪化させてまで対策を取る必要も無いのでは?と、私なら判断します。
    • good
    • 3

お礼を頂いたので再度投稿します。



>「他メーカーのLED照明のように対策されていないと発生する」すなわちLED照明の不良だというのは、何か「照明器具は微弱な電流で点灯点滅しないよう対策せねばならない」という決まりごとがどこかにあるんでしょうか?

LED照明器具はまだ発展途上ですし、各種法規ややその他の決め事はほとんどないという状況です。
唯一あるのは、パナソニックや東芝がLED照明に関する統一規格や製品の品質面での管理の部分があります。
ですがまだまだそういった先進的な技術や管理を充分に取り入れていないメーカー製品は多いのです。
規格とか法規的なもので縛られているものではないので、対策しなければならないという事にはなっていません。

納品した顧客からのクレームで品質が向上するのは日本製品での事であり、海外製品は主として価格面を重視して考慮しがちです。
規格外LED照明は製品管理や品質保証もはっきりしない器具であり、今回の件はおそらく間違いなく中国製の安価なLED照明だと思います。
他社製が同様の条件で点灯しないのは、これまでのいろいろなトラブルなどにきちんと対応しているメーカーだからだと思います。

良くある話として、ホームセンターなどで安売りされているLED電球をホタルスイッチの付いたトイレ等に取付けしたところ、今回の質問者さん同様の現象になるケースは非常に多いのです。
日本の家電メーカー製、あるいはそういった現象にきちんと対応されている海外メーカー製品では起こりません。
そういうちゃんと考えられていて技術的進歩されているものが安価であるはずがありません。
こういうものは法的拘束力云々ではなく、製造メーカー側の顧客に対する誠意だと思います。


>電気設備のほうも「誘導電圧は発生させてはならない」という規定があるのかないのか?

専門用語では誘導電圧ではなく誘導電流です。
発生させてはならないという法的拘束力はありません。
もちろんなくす事は停電時以外にはありえません。
電気設備を使用する側に誘導電流による弊害が問題となるのであれば、シールドケーブルを用いるか単独配管にて誘導を遮断するしかないでしょう。

電気配線はたぶん一般的なものであり、特に問題が起こりえるものではないと仮定します。
LED照明に関しては規格統一された製品以外を使用するのであれば、それは一般的な照明器具とは呼ばれません。
もちろん製品を納入する業者側の品質面での落ち度はあるかもしれませんが、常識で考えればこういうものは一般的ではない照明器具を選択した側の問題です。
責任云々は恐らくは誰にもないでしょう。
一般的ではない照明器具なのですから、使われるシチュエーション次第では想像もつかないトラブルが起こりえる可能性は否定できません。
特に他社製も導入されていてそちらは全く無問題なのですから、配線やスイッチに問題があるという見解にはなりません。
問題があるとすればその照明器具だという事です。
そういった製品面での保証がちゃんとされているメーカーならいいでしょうが、そうでなければ安易に照明器具を選択した側の自己責任ということになるかもしれません。

別段難しくなく対策方法はありますが、初期不良によるメーカー責任という線で交渉されてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

本当に誘導電圧なのか若干疑問が残ります。


「LED灯具の電圧を計測してみるとスイッチOFFの状態で40Vほどの電圧が発生し」と有りますが、灯具を接続し(灯具単体のスイッチは無いですよね?)、回路のスイッチを切った状態で灯具の入力端子なり送り端子で40vの電圧が有る。と言う事ですよね?

完全に負荷の無い回路で40v程度の誘導電圧が発生する事は普通に有る事です。が、負荷の繋がった回路で、それも工場の照明器具でしょうからそれなりに大出力、かつ数も多いでしょう。それだけの負荷が繋がっている状態で40vもの電圧が出るとは考えにくいです。

誘導電圧でLEDが暗点灯する事例と言うのは比較的小出力な常夜灯や表示灯では多いのですが大規模な施設照明で確認出来るほど光ると言うのは聞いたことが有りません。
まずは、本当に誘導電圧なのか?を、確認するのが先決かと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「大規模な施設照明で確認出来るほど光る」というのは、まだ機器も何にも設置されていない空の建物で周囲の明かりを切ると真っ暗になり、その中でぼんやり光っているのが見える という感じです。おそらく温度の影響で切断直後からしばらくは暗くなってゆきますが、ある程度の時間帯からは何となく白い感じの同じような明るさで転倒し続けます。メーカーの技術者が言うにはコイルの二次側でずっと電気が流れ電力を消費している状態・・だということです。なお、メーカーは38ボルト以下ならこの状態は発生しないといっています。

お礼日時:2013/11/20 15:19

>「電気配線から生じる誘導電圧でよくあることだ!」



愚かな電気工事屋です。

その照明のスイッチにほたるスイッチが使われているか、もしくはパイロットランプが併設されていませんか?
あるいは新設の工場との事ですが、フル2線式配線によるリモコンスイッチではありませんか?

リモコンスイッチやパイロットランプの電源に使われる微弱な電流に反応してしまってるものと思われます。
過去にはそのような微弱な電流で点灯や点滅してしまうLED照明機器がありましたが、ここ近年では皆無になったものとばかり思っておりました。
質問者さんが質問中で言ってるように他メーカーのLED照明のように対策されていないと発生する現象です。

屋内配線が不適切だとか誘導電圧でどうだとかいうものではなく、単純にスイッチとLED照明との組み合わせの問題であり、更に言えばLED照明の不良だと言えると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。指摘の「ほたるスイッチが使われているか、もしくはパイロットランプが併設されていませんか?
」はそのようなものは使われておりません。
「他メーカーのLED照明のように対策されていないと発生する」すなわちLED照明の不良だというのは、何か「照明器具は微弱な電流で点灯点滅しないよう対策せねばならない」という決まりごとがどこかにあるんでしょうか?
電気設備のほうも「誘導電圧は発生させてはならない」という規定があるのかないのか?
両方とも決まりごとがないなら、どちらの責任が大きいのかが知りたいのです

お礼日時:2013/11/20 15:13

スイッチは、電圧の有無を切り替えるものなので、切り状態でも電圧が発生するという事は、屋内配線が不適切だという事になります。


まずは、40Vを発生させる原因の特定が先決でしょう。

ただスイッチを切った時、逆起電力でしばらく薄らとLEDが点灯しているという製品が稀にありますので、ブレーカーを落としてもそういった状態にならない事は確認された方が良いと思います。
    • good
    • 1

電線と大地間や電線と電線との相互間の静電容量により微小な電流


が流れます。この影響により誘導電圧が発生します。
この誘導電圧の大きさは電源変圧器からLED照明器具までの配線
距離や他の配線との接近状態で大きく変わります。

この他、LED照明器具の電圧を測定した「測定器の種類」でも測定
電圧の大きさも大きく変化します。
最近良く使用されているデジタル表示のテスター類ですと電圧が
大きく表示されます。これはデジタルテスターの内部抵抗値が表示
に高いためです。
これに対してアナログ表示(*)のテスターですと殆ど表示されず、
0V付近になります。
(*)指針の移動角度で読み取る方式

アナログ表示のテスターで再度測定して0V付近であれば、特に問題
ありませんので、その状態で使用すると良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

測定はデジタルテスターです。問題はLEDはテスターより低い電圧・電流で反応するようでずっとともっているということです。
電圧を発生させる設備の責任か「しばしば発生する普通は無害な誘導電圧に反応する機器が悪いのか」、8件回答いただいていますが、答えが分かれています。よけい迷います。

お礼日時:2013/11/20 15:24

そもそも誘導電圧が生じるところに問題があるのですから・・・。



>「誘導電圧で消えないLED製品が不良品だ」
ナンダロこれ。言いがかりに聞こえるのは自分だけでしょうか。

私情はおいといて・・・
配線を別々のダクトに通すとかシールド線を使うとか設計段階の問題です。
工事屋に責任は無いと思いますよ。図面通りに配線したのでしょうからね。
そんなわけで設計屋の責任です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私の思いも「設計・施工側で誘導電圧など起こさないようにするのが第一」「機器側は微弱な電流・電圧には反応しないように設計に配慮されているほうが望ましい」くらいが妥当な線かな?と思っています。「微弱な電流・電圧」の規定がないと結局設計施工側の問題になるしかないかなと思います

お礼日時:2013/11/20 15:29

従来通り白熱電球をお使い下さい。

    • good
    • 0

その壁スイッチが片切スイッチで、間違って接地側に取りつけられているのではないでしょうか。


接地側だけを切ると、LED照明には、電灯線ーーー照明器具ーー(誘導)ーーー地面 の経路で流れます。

安全上、片切スイッチは接地側ではなく非接地側に取りつけることが義務付けられています。非接地側に取りつければ解決します。

スイッチのせいではなくで、壁スイッチの工事ミスのせいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「安全上、片切スイッチは接地側ではなく非接地側に取りつけることが義務付けられています。」はそのようなミスではないようです。ただ単相200の200Vの配線なので「接地されていない」ことが誘導電圧発生の原因ではと思われます。

お礼日時:2013/11/20 15:33

法的な決まりは無いと思います。


でも答えは明らかです。
電圧があれば光るLEDが正しいです。
設備側は誘導電流を起こさない工夫がいります。
誘導電流で光らないLEDを求めるのはお門違いです。

例えば誘導電流の電圧が100Vだったとします。
これならば電源電圧と誘導電圧の区別はどうつける
のですか?

そもそも40Vもの高い誘導電圧を発生させる配線がおかしい
のです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
掲示されて10分もしないのに回答いただき大変うれしいです。
ご回答いただいた「設備側の問題」にはまったく同意です。
何か根拠を持って対応したく質問させていただいたしだいです。
たぶん法律云々以前の「スイッチを切ったら電機が切れる」のが
当たり前、それを提供するのが工事会社ということだと思います。

お礼日時:2013/11/16 07:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスイッチを切っても電圧がある

屋内配線で ブレーカー → 片切スイッチ → 蛍光灯器具 → ブレーカー という回路なのですが、スイッチを切った状態で蛍光灯器具を外し、その部分の電圧をテスターで調べてみると50Vの数値がでました。スイッチを切った状態で電気が流れているというのはどのようなことが考えられますでしょうか?

Aベストアンサー

屋内配線については、内線規定など

誘起が起こるため配線時に基本は2線ペアで配線するようになっています。(負荷をはさんで行って戻る)

テスターの内部抵抗が高いと電線が束になっている場合、誘起してしまい、電圧が表示されている可能性もあります。(必要な電流が流れるかは、不明)(スイッチ回路は電圧側が行って戻る)
スイッチを入れて100V+出ていれば問題ないと思いますが漏電が心配であれば、
クランプ電流計であれば、2線をクランプし最小スケールで漏れ電流をチェック。
MΩ抵抗測定(メガの方が良いですが)ブレーカ断、配線側電圧側電線とアース線との抵抗測定。
配線側接地側電線とアース線との抵抗測定。
テスターにて配線側線間の抵抗測定。

Q照明のスイッチを切ってもまだ50V流れてる

我が家のトイレの照明のスイッチをオフにしても、電球のソケットにまだ50V流れてるみたいなのです。
訳あってトイレの照明を増設したくて、ソケット裏の配線から分岐線を出そうと思ったのですが、その前に
ソケットの端子にテスターを繋げて計ってみたところ、オンで100Vはいいのですが、オフにしても50Vと表示されます。
他も計ってみたところ、風呂場はオフでも30V、洗面所は3Vと表示されます。

これって、これでいいのでしょうか?
トイレ・風呂は白熱電球をつけているので、スイッチをオフにしても、常時通電して電気代が掛かってるのでしょうか?

Aベストアンサー

そのトイレのスイッチがほたるスイッチだからです。

簡単に判りやすく言えば、電灯回路はプラス回路、スイッチ回路はマイナス回路です。
スイッチが切ってあれば通電しないので、通常は電球のソケットで電圧を測定しても電圧は出ません。
しかしスイッチがほたるスイッチだったりパイロットランプが付いていたりするとそのように電圧が発生します。
その際の電圧は照明灯灯具の種類で違います。
その小さな電球分の電気代は常にかかっています。

屋内配線に手をかけるには電気工事士の資格と知識が必要です。

Qコンセントの電圧が50vこれってどういうことでしょう?

ご質問なのですが、最近中古住宅を購入しました。スイッチとスライドバー(調光器?)の制御がかかっているコンセントがあります。スイッチとスライドバー(調光器?)は部屋の入り口、コンセントは部屋の奥です。気になるのでテスターで計測してみると、
1・スイッチOFFで約50V
2・スイッチOFFでスライドバー(調光器?)をスライドさせても50V
3・スイッチONで約100V
4・スイッチONでスライドバー(調光器?)をスライドさせても約100V

こんな状態です。恐いので何もつないでいません。
これってもともと照明器具か何かをこのコンセントにつないで明るさを調整するものなのでしょうか?
それにしても・スイッチOFFで約50Vというのがどうもふにおちません。

どなたか電気にお詳しい方、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

実際に自分の目で見るまでは結論っぽい事は言えません。(それが電気という世界です。何が隠れているかわかりません)
わかる範囲で書きます。

調光器は、壁に埋め込めるくらい小型にしなければならないとか、故障しにくい等の理由から、サイリスタで電圧を変化させています。

サイリスタを交流で使った場合、スライドバーが零でもコンセント側に少しだけですが、電圧が出ます。(ご質問の50Vの事)
これは、サイリスタの電極間の静電容量による誘導電圧です。容量がすごく少ないので、テスターで50V出ていても、コンセントに何か差し込むとほとんど0Vに下がります。

試しに・・・
1、テーブルタップなど、2口以上のコンセントが付いている物を、そのコンセントに差し込みます。
2、テーブルタップのコンセントにテスターを差し込んで電圧を測ります。(50Vを指す筈です)
テーブルタップに、壊れても良い電球等を差し込んでみてください。点灯しないはずです。(蛍光灯、テレビはダメ。携帯等の充電アダプターは良いが、携帯を繋いで充電させる事)
3、その時のテスターの電圧は、ほとんど0Vを指していると思います。
4、スイッチONで、スライドバーをスライドさせると、
電球が明るくなり、テスターの電圧も明るさ(スライド量)と同じように上下すると思います。

このようにならなければ・・・壊れています。
すぐに電気工事店に電話して下さい。

実際に自分の目で見るまでは結論っぽい事は言えません。(それが電気という世界です。何が隠れているかわかりません)
わかる範囲で書きます。

調光器は、壁に埋め込めるくらい小型にしなければならないとか、故障しにくい等の理由から、サイリスタで電圧を変化させています。

サイリスタを交流で使った場合、スライドバーが零でもコンセント側に少しだけですが、電圧が出ます。(ご質問の50Vの事)
これは、サイリスタの電極間の静電容量による誘導電圧です。容量がすごく少ないので、テスターで50...続きを読む

Q誘導電圧?

低圧回路で、メインNFBがあり、その下に各送りのNFBがあります。回路電圧はAC220Vです。メインのNFBはONのままで、送りのNFBをOFFにしましたが、OFFにした回路をテスターで電圧を測りましたら100Vありました。メインのNFBをOFFにしましたら電圧がなくなりました。どうしてでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

>「供給可能電力は、負荷配線側の他の配線との線間距離と配線長によります」
 説明を詳しく教えていただけないでしょうか。

*誘導現象には「静電誘導」と「電磁誘導」があります。

 いま、誘導を起こす配線を「起誘導線」、誘導を受ける配線を「被誘導線」というと、 

「静電誘導」は、起誘導線と被誘導線間の静電容量(コンデンサ分)が大きいと、発生誘導電圧は大きくなります。
 すなわち、起誘導線と被誘導線間の離隔距離(線間距離)が短く(狭く)、並行距離(配線長)が長いと静電容量は大きくなります。

「電磁誘導」は被誘導線が作る「ループ面積」が大きいと発生誘導電圧が大きくなります。
 すなわち、配線長が長くなれば大きくなる可能性はありますが、配線を「より線」にすることで
 発生電圧を小さくできます。

>OFFにした回路をテスターで電圧を測りましたら100Vありました。
>テスターは確か可動コイル型だと思ったのですが、

*テスターがアナログ式でしたら、被誘導線と対地間を
 電圧レンジを変えて測定してみると、測定値が変化するでしょう。
 
 それは、被誘導線の「対地インピーダンス」が変化するからです。
 テスター電圧レンジを変えることで、テスターの分圧抵抗値が変わることで
 インピーダンスが変わるからです。

>「供給可能電力は、負荷配線側の他の配線との線間距離と配線長によります」
 説明を詳しく教えていただけないでしょうか。

*誘導現象には「静電誘導」と「電磁誘導」があります。

 いま、誘導を起こす配線を「起誘導線」、誘導を受ける配線を「被誘導線」というと、 

「静電誘導」は、起誘導線と被誘導線間の静電容量(コンデンサ分)が大きいと、発生誘導電圧は大きくなります。
 すなわち、起誘導線と被誘導線間の離隔距離(線間距離)が短く(狭く)、並行距離(配線長)が長いと静電容量は...続きを読む

Qスイッチを切っても光るLED電球

トイレの電球をLED電球に替えました。
しかし、壁のスイッチを切っても、小さくぼーっと光ってます。(ずっと)
(ソケットのスイッチを切ったら切れます。)


なんでこうなるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えば外国製などの安価なLED電球を使用しませんでしたか?
国内家電メーカー製のLED電球に取替えすれば解決します。

階段に取付したとの事ですが、階段はたぶん三路スイッチだと思います。
旧型のフルカラータイプの蛍スイッチが付いてるんでしょうが、旧型の蛍ランプはいわゆる豆電球です。
豆電球を光らせる程度の僅かな電流が流れる事でLED電球はほわっと光るのです。
新型のコスモシリーズの蛍ランプはLEDですので、安価なLED電球でも質問のような現象はおきません。
しかしスイッチやコンセントの交換は電気工事になりますので、電気工事業者を呼んで交換してもらう事になります。
部品代はホームセンター等で見れば判るとおりに安いものですが、出張費や交換技術料等を含めての工事価格は日本メーカー製LED電球よりもずっと高額になると思います。
なのでLED電球を使用したいのなら素直に日本メーカー製LED電球にするほうがいいと思います。
既に購入した安価なLED電球は蛍スイッチのないところに使用して下さい。

Q対地間電圧について

機器を接地していない状態で筐体~対地間にAC50V(単相100Vにて)の電圧があるのは異常では無いとあるサイトで読んだ事があるのですが、そのメカニズムがよく解りません。

1)なぜ筐体~対地間に電圧があるんですか?

2)なぜ50Vになるんですか?(機器又は条件によって変わるのでしょうか?)

初歩的な質問で申し訳ありませんが、以上の2点を素人にもわかりやすく説明して頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>それ以下の漏れ電流でも感電することってあるんでしょうか?
ちょうど感電による人体反応を記載しているHPがあったので貼っておきます。多少の個人差はありますが、最小感知
電流以下であれば感電しているとは認識できないので、感電とは言わないでしょう。
http://www.nttfe-thk.co.jp/mame/denki/denki.html

>正常な機器でも接地せずに使用したら感電する場合があるんでしょうか?
>>3で書かれている通り水雰囲気状態にあれば感電はあり得ます。「水で濡れた手でスイッチを操作しない」などと注意
書きされているのは典型例です。

そもそも接地には感電防止、漏電検出、機器の安定動作などいくつかの目的がありますが、筐体の接地は感電防止
のためです。どんな機器でも最初は正常ですが、漏電が起きた場合に人が感電しないように筐体接地をとる訳です。
一般の方はあまり知らないかと思いますが、電動工具による感電死傷事故も時々起きているので出来るだけ接地は
取った方が良いし、100Vの工具などでも接地付きのものを使用した方が良いです。

>>2のお礼欄ですっきりとはいかないと書いておられますが、こんな感じでイメージできないですかね?
・筐体が接地されていないということは宙に浮いているのと同じで電圧が確定していない。
・その浮いた筐体は0V(接地側)と100V(電圧側)の間にあって両方から同程度の影響を受けている。
 (電磁的な結合が分からなければ、鉄に磁石を近づけた場合を想像してもらえば良いです)
・電源線と直接つながっているわけではないので、人が触っても感電するほどの電流を流す能力はない。

>それ以下の漏れ電流でも感電することってあるんでしょうか?
ちょうど感電による人体反応を記載しているHPがあったので貼っておきます。多少の個人差はありますが、最小感知
電流以下であれば感電しているとは認識できないので、感電とは言わないでしょう。
http://www.nttfe-thk.co.jp/mame/denki/denki.html

>正常な機器でも接地せずに使用したら感電する場合があるんでしょうか?
>>3で書かれている通り水雰囲気状態にあれば感電はあり得ます。「水で濡れた手でスイッチを操作しない」などと注意
書...続きを読む

Q三相200v交流の相間電圧と対地電圧について

三相200v交流において相間電圧が200v、位相が120度で総和がゼロになるのはわかるのですが、対地とをテスターで計るとどうなるのか?先日計ったら180v位でした。なぜそうなるのかがわかりません。教えていただけますか?

Aベストアンサー

6kV/200Vの変圧器の低圧側の接地方法は3種類に大別されます。
接地の目的は高低圧の混触が起こった場合低圧側の対地電圧抑制のためです。(B種接地と呼びます)
○中性点接地
変圧器の2次側コイルをスター結線とし、中性点を接地します。
あまり用いられないと思いますが対地電圧を下げる等の目的で使用されることがあります。
対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3)
○一線接地
変圧器の2次側コイルをΔ結線とし、三相のうち一線を接地します。
一般的な三相変圧器の2次側がΔ結線となっておりビルや工場の三相200Vでよく使用されてい
ます。
対地電圧は一相のみが0V、残り2相は200Vとなります。
○V結線の電灯側中線接地(三相4線式灯動共用方式)
これは単相変圧器を2台をV結線にして1台の中間点を接地する方法です。
2台の変圧器をV結線で接続し単相100/200V、三相200Vを同時に供給する方法です。
1台の変圧器の中間点で接地を取ります。需要変動への取替え対応や電柱上の限られたスペースへ
の対応等が容易なことから電力会社の配電設備で最も多く採用されています。
対地電圧は一相のみ173V残り2相は100Vとなります。(√3/2×200V)

おそらくyasutamaさんが計ったのは上記の173Vかと思います。
電力会社からの配電電圧は三相200Vでは202V±20Vの範囲になっていますので、仮に
208Vとなっていれば3線のうち1本の対地電圧は約180Vとなります。

6kV/200Vの変圧器の低圧側の接地方法は3種類に大別されます。
接地の目的は高低圧の混触が起こった場合低圧側の対地電圧抑制のためです。(B種接地と呼びます)
○中性点接地
変圧器の2次側コイルをスター結線とし、中性点を接地します。
あまり用いられないと思いますが対地電圧を下げる等の目的で使用されることがあります。
対地電圧は三相とも115Vとなります。(200/√3)
○一線接地
変圧器の2次側コイルをΔ結線とし、三相のうち一線を接地します。
一般的な三相変圧器の2次側がΔ...続きを読む

Qブレーカーの定格遮断容量について

カテゴリが違っていたら、申し訳ありません。
ブレーカーの仕様に定格電流と定格遮断容量とありますが、違いや意味を教えてください。定格電流は、その電流値を超えた場合にトリップするものだとは認識しているのですが。遮断容量は大きいほうがいいのでしょうか?詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に225Aの電流を流したとしても遮断器はOFF動作しません。
しかし、アメリカ製の250AF/225AT(フレームという概念についての説明は、割愛します)の遮断器に225Aの電流を流すと遮断器はOFF動作を起こします。
これは、規格の考え方の違いでどちらが正しいとかという問題ではありません。しかし、一つの電気設備で、複数の規格を採用しなければならない場合などは、保護協調上注意を要する点であります。
この定格電流値以下で遮断器を利用している限り、遮断器の開閉操作を行ったとしてもメーカーが保証する回数まで(一般に数千回~数十万回)は、操作が可能である値という意味もあります。

一方、遮断容量は、その遮断器が、流れている電流を遮断できる最大の容量を表していると思います。
一般的に電気的な容量とは、電圧×電流×時間で表されます。これは、エネルギーの容量を表し、遮断容量の場合も同じです。よって、容量であるにも関わらず電流値であると捉えらえることは間違いだと思います。
しかし、現実には、遮断容量が、電流値で表されていることが多いのも事実です。
その理由は、日本の(多分全世界でそうだと思いますが?)電源事情が、定電圧送電方式となっているからです。即ち、電圧の項は、定数として扱えるため、変数となる電流値で表せば事実上問題がないのと、実用上合理的となるからだと思います。
実際の遮断器に書かれている、遮断容量の記載を見ると判るのですが、使う電圧によって遮断できる電流値が変わります。これは、遮断容量が変わるのではなく、遮断容量は同じであるため、遮断できる電流値が変わることを意味しています。
同じ型の遮断器を異なる電圧で使用する場合など勘違いし易いので、注意が必要です。また、動作時間が変更できる機能がある場合も遮断できる電流値は変わってきますので注意のほど。
電流を遮断すると言うことは、アーク電流によるエネルギー放出(一般的に、熱、音、光の形で放出される)を、遮断器構部分で絶えうる必要があります。
定格以上の容量を遮断しようとすると熱により接点が溶着したり、溶断してしまうことがあるようです。

最後に、遮断容量の大きいものの方が良いのかどうかと言う点については、必要な遮断容量が確保されていらば、最小値でかまわないと思います。
皆さんもご指摘している通り、遮断容量が大きくなると、値段、寸法、納期(受注生産品になったり)が大きく(高く、長く)なります。
必要な容量とは、その回路に流れる最大の電流値(容量を電流値で表した場合)で決まります。一般的に、最大電流値となるのは、短絡時となります。
ただし、エネルギーの供給源は、電源だけとは、限りません。例えば、三相誘導電動機が接続されていると電動機の運動エネルギーがエネルギー供給源となり数サイクルの間電源となりますので注意が必要です。
さらに、定格電流を超える電流値を、遮断した場合は、メーカーの保証動作回数までの動作が保証されるわけではありません。
短絡電流の遮断については、動作特性をよく調べて使用してください。経済性を無視すれば、一度短絡電流を遮断した遮断器は、交換すべきだという人もいます。

以上、だらだらと述べましたが、少しでも参考になればと思います。

こんにちわ!
いつも質問ばかりしていては、皆さんに申し訳ないので、微力ながら知っている範囲でお答えします。
ご参考にして頂ければ幸いです。

定格電流は、その遮断器に連続的に電流が流れ続けた時の動作の限界値を表していると思います。
限界値である定格電流値になった場合の動作は、日本の規格(JISなど)では、不動作の状態を維持する最大値を表しています。
しかし、諸外国では、動作する値を表す場合も多いようです。(例えば、アメリカ製など)
具体的に言うと、日本製の225AF/225ATの遮断器に...続きを読む

Q誘導?による感電について

クレーン上に制御盤を設置しています。工事業者がアースを配線せずに通電AC240Vし、クレーン本体と制御盤間をデジタルテスターで測定したところAC180Vを検知しました。誘導による電圧とのことで制御盤をアースしたら0Vとなり、そのまま操業しています。尚クレーンは停止中ですが操作電源は充電中での測定です。制御盤は防振ゴムで接地されていません。
Q1.誘導による電圧とは何故起こるのでしょうか?
Q2.誘導電圧AC180Vは高くないでしょうか?可動鉄心型電圧計で計測すると低いのでしょうか?
Q3.このまま使用して問題ないのでしょうか

Aベストアンサー

#6さんへ
>>漏電かどうかは、絶縁抵抗計(メガー)で調査するのが正しいと思います。

*その通りです、最終的に漏電か否かは、電源を開放してからそのラインを
 メガチェックをするべきです。

 但し、活線か被誘導線かを最初に判断する材料とします。
 (活線か否か解らない回路に、直にメガ計の絶縁レンジは躊躇しますよね、
  誤開放か正開放回路かの判断です。)

(参考)活線への「テスターの抵抗レンジでの活線への測定」は危険です。
   私は、工場内でのテスターは「電力・強電用(短絡保護ヒューズ内蔵)」
  しか許していません。(除く電子回路試験用)
  (誤判断・誤操作でのテスター爆発の危険を避ける為です、
   工場の変圧器容量が大きく、短絡容量が大きい為です。)

>>漏洩電流も漏洩インピーダンスを経由しますし、誘導の場合もキャパシタンスを
 経由するので、どちらのケースでも測定器の内部インピーダンスによって、測定値は変化するはずです。

*実務の現場では、(電源の)出力インピーダンスは非常に小さく、
 静電誘導を受ける被誘導回路の対地インピーダンスは高く、
 漏電の場合の漏洩回路の抵抗値はそれなにりに低いので、
 普通のテスターで測れば、被誘導回路の測定電圧は測定レンジで
 変化しますし、
 漏電の場合に測定電圧が変化した事例は、私は経験していませんし、
 部下の報告でも聞いた事はありません。
 

#6さんへ
>>漏電かどうかは、絶縁抵抗計(メガー)で調査するのが正しいと思います。

*その通りです、最終的に漏電か否かは、電源を開放してからそのラインを
 メガチェックをするべきです。

 但し、活線か被誘導線かを最初に判断する材料とします。
 (活線か否か解らない回路に、直にメガ計の絶縁レンジは躊躇しますよね、
  誤開放か正開放回路かの判断です。)

(参考)活線への「テスターの抵抗レンジでの活線への測定」は危険です。
   私は、工場内でのテスターは「電力・強電用...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。


人気Q&Aランキング