水道管について質問します。
水道管はステンレスが良いと思いますが、初期費用が高くなりそうで迷っています。現状の契約内容ではステンレスではありません。住宅メーカ曰く、この辺(新潟)はステンレスにするお客さんは少ないです、と言っておりましたが、なにか理由があるのでしょうか?また、先々の事を考えてステンレスにした方がよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ステンレス管にすると良い事ばかりだと思うかもしれませんが、ステンレス特有の腐食がありますから施工実績がキチっとある所じゃないと後々苦労しますよ。

普通の水道工事屋ではステンレス管にネジ切りできる工具なんて置いてないと思うし、溶接でつなげるにしてもそうとう気をつかう作業になりますよ。通常、ステンレス管は一般に良く見るアーク溶接なんかではやりません。溶接機が全く違うものを使って行う事になります。(ティグとかミグ溶接とか)ステンレス配管が必要な工場なんかでも、異種金属への接触(電気化学的腐食につながる)などに相当気を使います。お金かかりますね・・・

ステンレス管にしても、ライニング管にしても20年もすりゃガタきますから補修や配管の取り替えが必要になります。その時にもまたまた高コストで近所の水道屋ではなく、遠いところから専門業者を呼んだりすると大変ですよ。
その時はライニング管にするにしても、業者側は「元はSUS管?物好きな金持ちだなあ。金取れそうな客だな」って事になっちゃうかも。

ステンレス管を住宅の水道配管に使うのはオーバークオリティです。大きなビルやホテル、工場だって飲料用の配管はステンレスは使いません。住宅メーカーが新潟ではそういう客は少ないですと言ったみたいですけど眉ツバですね・・・

ズバリ、ステンレス管はやめましょう。
    • good
    • 0

まず回答から先に書かせて頂くと、無理にステンレス管にこだわらないほうが良いと思います。


1.ステンレス管はコストが高い。
2.ステンレス管は錆びにくいが錆びないわけでは
  ありません。
3.他の金属との接合を行う場合(異種金属接合)は絶縁
  しないと電蝕します。(金属電位差により穴が開きま  す。)
4.もしねじ配管を行う場合は作業者に熟練が必要です。
  ステンレスは、硬いので通常の鋼管にくらべ継手部分
  でねじどうしのなじみがなく施工は難しいです。
5.ねじを使わない施工方法(モルコジョイント)を使用
  する場合専用の工具が必要です。
6.地中埋設配管には不適当(地中の電気により穴明きが  結構あります。) 

 なぜ、ステンレス管のこだわる理由がわかりませんので こ れぐらいの回答しかできませんが、コスト(値  
 段)・赤水(錆びによる)・施工実績・工期を考えるな らビニル管もしくはさや管工法をお勧めいたします。
 個人住宅の場合は恐らくこの2つの方法で施工が最近は 多いと思います。
 上記が一般的意見だと思いますが、私個人の家はステン
 レス管にて水道・給湯両方工事を行いました。
 ねじ接続ではなくモルコ継手と言われる機械式圧着にて 工事を行う方法です。作業方法は簡単ですが専用の工具 が必要です。この工法の実績は30~40年ぐらいで近 年開発された工法です。
 詳細がお知りになりたければお答えできますよ。

  
    • good
    • 0

ステンレス鋼管を使用したからといって、未来永劫使えるかと言うとy45uさんのおっしゃる通りです。

わたしは関東(東京)の設備業者ですが、確かにステンレスの方が耐久製に優れていますけど、それも施工次第なのです。これは、ライニング鋼管にも言えることで、各継手部分の接合部がきちんと防食処理されているかに掛かってきます。これをきちんとしておかなければ、何を使おうが一緒です。ライニングにしろステンレスにしろ、溶接以外の場合はネジを切りますんで、もとから肉厚が薄い訳です。そこから腐食が始まるのです。

後々のメンテナンスを考えるならば、ポリブデン管やポリエチレン二層管(鞘管形式のもの)を使用し、屋内には分岐ボックスをあらかじめ設置しそのボックス内での継手使用にする方が良いかもしれません。というのは、現在のガス管と同じで
水道管も非金属継手無しならば、漏水の危険が何十分の一になるからです。また、漏水発生時にもボックス内処理となるので、内装を傷つけるのが少なくてすみますんで安上がりではあります。

ただ、何にしろその工法に熟練していないと、うまく行かないのは当たり前ですんで、その業者さんは何が得意なのかが、問題かと思いますよ。給水管・排水管とも施工後テストするのですが、問題が起きるのは10年過ぎてからと言うのが普通です。一般的に・・・関東地区では一戸建てをやる建築屋さんで、ステンやポリを得意としているようなところはまずありません。現行は、HI-VP(エンビ管の給水用)がほとんどで、ネジも切れませんなんて業者は、ごろごろいますから。

そこで、今までの施工実績表を見せてもらってから決めたらどうでしょうか。何を使って工事したことがあるのか。
無理にやれと言えば、機械はリースできますんで得意じゃなくてもやりかねません。それは、各パイプメーカーで販売のため講習会等を実施しているので、やってできないことはないのです。
    • good
    • 0

以前と言っても10年ぐらい前ですが、まだ景気のいい時は配管材はステンレスを指定していました。


指定した理由は耐久性がいい点です。(あと水が旨いと言う人もいますが、わたしには分かりません)
しかし、コストダウンを強いられライニング鋼管さらに
硬質塩ビ管になってしまい今では一般住宅はほとんど塩ビ管になってしまいました(;_;)(わたしの処の話ですけどね)

ステンレス管が良いのは分かっているのですが、hirattiさんが言われる様に費用が高くなってしまうのですよね。

何か理由は?との事ですが費用が高いほかに設備業者の「技術力」がない事も考えられます。
ステンレス配管をするにはそれなりの専用工具が必要ですし、継ぎ手等も塩ビ配管とは異なるのもですし・・
(塩ビ配管は極端な話素人でもやろうと思えば出来るけど
ステンレスはチョット無理かな)
お客さんが少なければステンレス配管をやった事が無いかもしれませんね・出来ないとは言えないでしょうからね・
(思い違いならm(_ _)mゴメン)

経済的に許すならば(出せる限度があるでしょうが)
ステンレス管もしくはライニング鋼管をお薦めします。

とにかく、ステンレス管・ライニング鋼管に変更したら具体的にいくらアップするのか確認してから検討した方が良いんじゃないですかね。
    • good
    • 0

しろうと考えですが・・。


やはり金属配管だと、熱伝導性がよいので、厳寒期などの凍結を危惧しての事ではないんでしょうか。まあ、実際には塩ビ管でも完全に防止する事は難しいでしょうが、いくらかはマシなように思えます。
    • good
    • 0

ステンレス管は耐食性に優れた材質で、鉄管に代わり使用されるケースが増えています。


コストが高くても、後の耐久性とメンテナンスを考えたら、便利だと思いますが。

参考URLに色々な材質について書かれています。

参考URL:http://www.sumitate.co.jp/fureai/kaiteki/025/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道業者の水道管接続で漏水が

台所の水道管が古くなりましたので、台所下の水道管を新しく引き直すことにしました。
業者仕事を近くで見ていたのですが、15ミリの鉄の水道管(中が青い被覆の感じの管)を接続していました。
白いテープのようなものを巻き、ドロドロしたペンキのようなものを塗り、レンチで締め付けていました。
しかし仕事が終わったというので、水を通したところ接続部から水漏れが始まり、翌日に修理をしましたが、又水漏れです。一体本当の接続方法ってどんな方法が正しいのでしょうか?。
次の業者もチェックしたいと思うので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

今ひとつ、ハッキリとは判らないのですが
台所の下とは、どこからどこまで事でしょうか?

基本的に鉄管での水道接続は
接続先のネジになってる所に白いテープ(シールテープ)を巻き、そこに専用の糊をつけて
レンチで締めますが
(色は種類によって違うかも知れませんが鉄管の中身の皮膜は錆びない為の皮膜かと)
古い鉄管から新しい鉄管に接続の場合は
古い鉄管のネジが悪くてなっていて
何度か試しも漏れやすい場合があります
しかも、この接続方法は
水道器具に接続する場合に多く使われており
(水道の蛇口など)
水を通しても、すぐに漏れずに
2~3時間経ってから漏れてくる場合もあります

詳しい状況を見てないのでハッキリとは言えませんが
行程は正しいかと思います

私も多くの工事や修理をしてますが
水道工事は簡単そうで、意外と難しい事も多く
1回目で完全に直せる確率95%ぐらいです
条件が悪いと40%の時もあります
そんな場合は漏れが止まるまで
何度もやり直してます

Q水道管とガス管は同じものですか?

今では水道管もいろいろな種類/材質があるようですが、本管から一般住宅への引き込み部分に使われるような金属製の水道管はガス管と同じものでしょうか?
また、工場内の圧縮空気を送る配管(エア管?)がありますが、これはどうでしょうか?

同じものなのかどうか、違うとすれば何が違うのか、コスト(単価)を考えたときにどれが安いのか、ご存知の方お願いします。

ちなみに建物で配管するためではありません。
消雪に使用する配管材料を検討しています。
強度が必要なので金属管を考えています。

Aベストアンサー

似てますけど、違います。
水道の鉄管は中にプラスチック(塩ビ?)がコーティングされています。錆びないようにです。
エア用は、ガス管を使うところが多いんじゃないですかね。白ガス管(SGP)なんて言われますが。

Q水道が灯油臭いのですが、良い水道管は?

北海道在住です。
庭に灯油タンクを設置し、家に細いパイプ(銅の管と思われる)で灯油を引き込んでいます。
最近、それパイプが漏れたようで水道水が灯油臭くなりました。
水道局に確認したところ、水道管(給水管と言っておりました)がポリエチレン二層管で灯油が浸透してしまったとのことで、各地でも結構発生している事象とのこと。
パイプメーカーや日本水道協会の資料などを確認してもそれに間違いないようで、とりあえず掘ってみました。
やはり、灯油が黒いポリエチレン管に触れておりました。
応急処置はしていただいたのですが、根本的に水道管を取り替えたいと思っております。
私の住まいの周辺は軽い泥炭地で腐食性土壌であるとのことで金属管を使っていなかったのではないかと推定しておりますが、良いパイプはないのでしょうか?

Aベストアンサー

樹脂パイプは、有機溶剤(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)、ガソリン・灯油や酸素などを透過します。
金属管は基本的に樹脂ライニングなので、ライニング機能が損なわれます。
もちろん、それらの濃度や樹脂の厚みによって浸透時間は変わります。
バリア性の樹脂を使用すれば、結果論として、灯油程度では浸透などの問題発生がないかもしれません。
しかしながら、私は首都圏の某水道局と共同研究しましたが、水道を供給する側から見れば100%透過しない管材料を選定すべきと申しておりました。当然です。
この研究会で、バリア性の樹脂も研究しました。
フッソ樹脂、EVOH、PA、PAN、PVDFなど、このときはトリクロロエチレン浸透対策だったのでいずれも不可でした。
溶剤浸透防止被覆管についての記述がありましたが、これもだめです。
おっしゃられている通り、バリア層はEVOHの方が良いですね。
食品のからしやワサビのチューブもポリオレフィンがメインですが、臭いなどが透過するのでEVOHと複層になってますね。
首都圏では樹脂管が有機溶剤などを透過するので、波状ステンレス管が使用されていますが、孔食(穴あき)が発生しています。

いずれにしても、現在考えられる管材としては、アルミ複合ポリエチレン管(ポリエチレンにバリア層としてアルミニウムをサンドイッチした管)しかないと思います。
これだと、内外面は樹脂なので腐食の問題はない。
アルミ層で灯油などの浸透は100%防止する。
施工性・耐震性も十分です!
特に継ぎ手は、Oリングのない電子架橋ポリエチレンの形状記憶性能を使用したタイプが良いと思います。
(アルミ複合ポリエチレン管はメイン部が架橋ポリエチレンと高耐熱ポリエチレンのものがあります。)
ただし、水道局側(水道メーターから本管側)だと勝手にはできません。

参考URL:http://www.ivt-group.com/index.php?id=58

樹脂パイプは、有機溶剤(トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)、ガソリン・灯油や酸素などを透過します。
金属管は基本的に樹脂ライニングなので、ライニング機能が損なわれます。
もちろん、それらの濃度や樹脂の厚みによって浸透時間は変わります。
バリア性の樹脂を使用すれば、結果論として、灯油程度では浸透などの問題発生がないかもしれません。
しかしながら、私は首都圏の某水道局と共同研究しましたが、水道を供給する側から見れば100%透過しない管材料を選定すべきと申しておりました。当...続きを読む

Q位置指定道路とされた私道下にある水道管、ガス管等

位置指定道路とされた私道下にある水道管、ガス管等の維持管理の費用負担は誰が負うのでしょうか?

Aベストアンサー

位置指定道路でも2通りあって、
まるまる民地である場合と90cm幅の官地を含めて位置指定道路の幅を確保し認定をとったものとがあります。
このどちらかで、対応も違います。

後者では、インフラをその90cm幅の官地に敷設してあるものなら行政や企業体による維持管理になります。
前者の場合、民間資金による民地への敷設物です。
公道に敷設許可をとって民間資金により、市町村基準の規格強度のインフラを整備したのなら官への移管は容易ですが、本件はそうではないようです。
そうなると、公費での維持管理は期待できません。

こうした多くの場合は、施設使用者の全世帯で、水利組合を組織して維持管理のための積立を行っているようです。また、新しくその道路に接道した家を建てた世帯にも積立金の義務を課すことで体制を保持しているようです。

Q水道管から漏れた分の水道代について

水道管の不具合で水漏れがあり、通常月の100倍程度の水道代の請求が来ました。市役所に事情を説明したところ、通常月の使用実績などを勘案され理解を得られました。水道代については、あとで還付されることになり、とりあえずは請求額全額を支払ました。ところが、実際の還付額は請求金額の半分程度でした。最終的に通常月の50倍程度の水道代負担になってしまいます。(金額にして10万円以上です。)納得できません。不服を申し立てるなど、何か良い方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

我が家での事で参考になるか、わかりませんが。。。
社宅で築30年近いです。住んで25年以上が経過しています。
借家のような感じです。
ある日、突然水道局から電話があり「検針員より異常報告があげられています。
早急に業者を呼んでください」との事でしたので、早速大家に話し改修してもらい
ました。うちの場合は土の中に埋まっている水道管の経年劣化による破裂でした。
その後、水道料金の明細が届きビックリ!!
9万円です。水道局員と話し、払えない主旨を伝えたら、水道を止めると言われ
頭に来て、我が家がプールを作ったり、生活用水として使用したなら払う義務
があるのに、使ってない水道代は払えない事を言いました。でもそんなの役所の
人も手馴れたもので、「敷地外で起きたのなら、こちら側の責任ですが、敷地内の
水道管はお宅の責任です。但し、交渉次第ではないでしょうか?使われない水道
ですので、こちらとしても割合で判断出来ます。ですので、工事業者と一緒に
来てくれないか」と言われ業者と一緒に水道局へ行きました。
土地のどの部分の破損なのか?どう修理したのか?を一通り話して、
6(水道局):4(こちら)の割合で水道料をみる事になりました。
そして帰ってきて大家にその事を話して、大家が割合4のすべてを払う事で納得
してもらいました。
先払いしたのかどうかは確認してませんが、割合を再度確認された方が良いと
思います。

不服申し立てはしませんでしたし、自分で払ったのではないのですが、
何とも後味の悪いものでした。

もし水道局がメーターの検針を検針員に頼らず、水道局の集中管理室みたいな所で
使用量を見れてたら、発見も早くなっただろうし、頻繁に道路掘り起こして
チェックばかりしていないで、一般宅をちゃんとチェックしてくれないんだろうと
行政のサービスの悪さに苛立ちます。

どの様な状況かわかりませんが、他の方も同様にあると思いますので、申し立てを
しても、勝算はないかも知れません。
払わなければいけないのであれば、地域によって割合が違うかも知れませんが、
再度、還付の理由を聞いてみたら、どうでしょうか。

我が家での事で参考になるか、わかりませんが。。。
社宅で築30年近いです。住んで25年以上が経過しています。
借家のような感じです。
ある日、突然水道局から電話があり「検針員より異常報告があげられています。
早急に業者を呼んでください」との事でしたので、早速大家に話し改修してもらい
ました。うちの場合は土の中に埋まっている水道管の経年劣化による破裂でした。
その後、水道料金の明細が届きビックリ!!
9万円です。水道局員と話し、払えない主旨を伝えたら、水道を止めると言われ
頭に来...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報