私は海外旅行に行くときに、
渡航先の治安やテロ危険度を調べるために
外務省の「海外渡航情報」のページをよくチェックしています。
・外務省URL http://www.anzen.mofa.go.jp/

そこで気になることなのですが、情報にばらつきがあるのです。

例えば、インドやバリ島・トルコ等は「何回もテロが起こっており危険です」
というような文章が書いてあるのですが

アメリカは「特に問題ありません」だったりします。

アメリカもテロは何度も起きているし
(ボストン・9.11、それ以前も貿易センター駐車場へのテロ、ロス空港でのテロ等)
テロではなくても銃での無差別殺人はかなり多いですよね?

また、ギリシャなどもテロリストではないのかもしれませんが、
公的な建物が連続爆破されたりしているのに警戒レベルは低いです。

インド・韓国は、他国ではレイプ被害についての警告文章が強調されているらしいのですが
日本版では少々の記述です。

これは日本とその対象国との関係性で警戒レベルが変わってくるのでしょうか?
(アメリカ・韓国などは関わりが深い国で外交や観光収入にかかわるため、悪く書けない?)

いまいち本当の危険度がわかりません。
外務省のサイトを信用しても良いのでしょうか?

また、テロや治安などについて
詳しくわかるサイトや資料などをご存じでしたら教えて頂けませんか?

ちなみにかなり行きたいけど、「行ってはいけない位に」危険かわからない国は
インド・トルコ・ペルー・NY(アメリカ)、ボリビアです。
全部添乗員付きのパッケージツアーで行くつもりですがそれでも怖くて。

海外経験はアメリカにショートホームステイ経験と8か国旅した位の初心者です…。
英語はかなり得意です。

よかったら詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#4です。



>もしお時間あればで良いのですが、インドが一番気になっています。
>書かれているように、衛生面でも怖いです。

>便秘体質だから大丈夫かなぁ・・・
多分、そんな生やさしい物ではないはず。私は下痢で帰国を余儀なくされましたw
とはいえ、元気で旅行されている方も多いですけどね~

確かにテロは怖いですが、それで死ぬ確率よりも交通事故や病気で死ぬ確率、レイプや強盗に遭う確率の方が高そうなので、もし恐れる事に順位を付けるなら、こちらをまずは懸念した方が良いかなと思います。テロについては私など東京の警備は非常に手薄ですしいつも不安に感じています。(田舎暮らしなので東京は海外と大差ない別世界です。貴重品も腹巻き入れてます。)
テロに遭遇したことはありませんが、目の前で交通事故に遭遇したことは、インドでは1週間に2回もありました。また、夜バス停に行ったときには犬に追いかけられたり(噛まれたら狂犬病の可能性も否定しきれない)・・・
また、ニューデリーでたまたま日本人の女の子と知り合って一日一緒に観光したのですが、私が横にいるにも関わらず、インド人と話をしているとき尻を触られていたと言っていました。昨今レイプ事件などあり女性で一人で行かれる場合、統計資料を見たわけではありませんが個人的にはちょっと不安があります。インドについて感じたことですが、女性の地位というか発言権がどう見ても男尊女卑という感じで弱く感じました。また、統計的にもここ最近は女性のインド旅行者が30%くらい減少しているとも聞きます(ニュースより)。

外国人とよく話しているなら、英語もですが意思疎通力が高そうですので不安はありませんね。英語は相手の訛りが酷くびっくりされるかもしれません。違いがあり楽しかったです。また、偽オフィスが極端に多いので、周りの人の意見は参考にせず歩き方(情報が変わっていると危険ですが)や公式サイトの新情報などを参考にして券売ブースなどに行った方が良いと思います。また、初日は高くても深夜に着くなら特に送迎ありで、そこそこ良いホテルに泊まれた方が何かと良いスタートが切れると思います。
ガンジス川(ベラナシ)には病気で辿り着けなかったのですが、(私が特別体力がないのかもしれませんが)電車で何時間も揺られていくことになりますので、一等車?だったかな。上位クラスを取っていくことをお薦めします。一度、インドっぽい列車に乗ろうと思ったのですが、山手線のラッシュの比ではなくとても乗れない状態で払い戻しして貰いました。

私の場合、航空券を買うまでに勇気が必要ですが、行ったらはじけるタイプです。勇気が無謀にならないように、不安にはなりますが危険回避の参考になる情報をしっかりと仕入れることで、いざというときの備えが出来ると思います。

色々書きましたが、インドは色々大変でして、結局、ニューデリー・デリー・アグラ(タージマハル)までしかいけませんでした。しかし、今までの旅で最も強く印象に残る素晴らしいものでした。特に、個人的な価値観に影響を与えた点が多き方です。他、観光を考えても、タージマハルは一見の価値があり、現地では新婚旅行などでいくそうです。とても綺麗で私は二日ほど訪れました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

shiki_05_0さん、再びの回答ありがとうございます。

インドのお腹事情は相当なものなのですね…
うーむ。リアル「スラムドッグミリオネア」ですね…

交通事故も多いんですね。
旅行中に2回目撃ってすごい確率ですよね。

なるほどー。
ホテルは出し惜しみせず、良いところに泊まろうと思います。

タージマハルは本当に感動して泣く人もいるらしいですよね。
私も行ってみたいなぁ。

皆さんのアドバイスをもとに対策を練って、
旅行経験値を高めてから行こうと思います。

テロや性犯罪ばかり気にしていたのですが、
交通事情や衛生面、狂犬病など盲点でした。

むしろそっちの直近の心配ごとになる確率が高そうですよね。

貴重な体験談までありがとうございました。
参考にします。

お礼日時:2014/01/19 22:16

#3です。

ふと思い出したので、、、

英語で読んだらいいのかもと書きましたが、日本語情報は日本人向けの情報(日本人のための入国や滞在に関する注意とか、日本人が遭いやすい被害例とか)があるので見ておいたほうが良いです。

>海外経験はアメリカにショートホームステイ経験と8か国旅した位の初心者です…。
英語はかなり得意です。

それは「初心者」とは言わないですよ、普通は。
感覚がマヒしていませんか?
海外旅行関係のサイトを読んでいると猛者が多いので感覚が変になってきますが(笑)、一般にはそんなに海外渡航経験がある人ばかりではないです。


それから、テロの危険と一般的な治安は別に考えるべきだと自分は考えています。
もちろんテロ頻発とか基本的に情勢が不安定な国はありますが、そうでない場所でも急に起こりうるのもテロですから。

逆に、一般的な治安、特に「観光客が遭遇しやすいトラブル」または「日本人が気を付けるべきトラブル」(在住者でも東洋人が少ない場所なら観光客同様に目立つし、外国人には違いない)は、テロの危険が少ない国でも気を付けねばなりません。

観光客が「無差別」殺人に遭遇することは滅多にないと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

chateraさん、再びの回答ありがとうございます。

私の場合、初心者ではなかったのですかね><
おっしゃる通りで、バックパッカーの猛者さんたちの本やブログを
チェックしていたら感覚がマヒしていました笑

ナオト・インティライミさんという歌手は
全く無名のバックパッカー時代に各国を旅して
アラファト議長の前でSUKIYAKIを披露したとか…

でも、危険な分、ナオトさんのように積極的に生きれば
いろんな人生の可能性があるのだなぁと思いました。

私は色んな国の人と話すのが好きでホテルのレストランでも
お土産屋さんでもいつも話しかけています。

親日的な台湾では、公園で二胡を演奏しているおじいちゃんと
会話が弾んで、君が代を演奏してくれました。
「日本が大好き、いつでもまた来なさい」と笑っていました。

危険はいっぱいあるけど、その国のマナーを守って
宗教や文化に敬意を払って楽しんでいきたいと思います。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2014/01/19 22:04

外務省の海外安全ホームページは未来の占いページではありません。


今まで各国公館(大使館や領事館)を通じて外務省に入ってきた統計情報を
日本人渡航者向きに安全面に特化して分かりやすく書いてあるものです。

信用するしないの問題ではなく、例えば入国条件が出ているように
渡航予定なら最低限見ておいた方が良いサイトの1つだと思っています。

米国が治安的に特に問題ないと書いてありますか?
危険情報が特にないだけで、「アメリカでは自分の身は自分で守るのが
常識であることを認識し,常に十分な注意を怠らないことが肝要です。」
とは書いてあります。
皆さん回答されている通り、スポット情報や危険情報は新聞で言えば号外みたいなもので、
本当に見ないといけないのは安全対策基礎データのページだと思います。

あくまでもあそこの情報は外務省が把握している範疇です。
例えば各国の外務省のサイトに、日本の状況は東日本震災直後の表記は
恐らくかなり変わっているのと同様、各国の情勢も流動的です。

英語は世界で最も学ばれている言語ですが、最も話されている言語ではありません。
非英語圏の方がはるかに多いです。とは言え最も学ばれている言語なので
各国の観光局や警察庁や内務省、各国のメディアに英語版がある可能性は低くないと思います。
そう言うのを見ておくと、さらに良いと思います。

いわゆる先進国しか行ったことが無いと、インドもトルコもボリビアも
少なからぬカルチャーショックを受けるでしょう。
ニューヨークは米国の大都市にしては安全ですが、日本の諸都市と比較してはいけません。
行かない方が良いとされているエリアは現存しますよ。在ニューヨーク領事館が
ニューヨーク安全マニュアルというサイトを作ってくれているそうです。

参考URL:http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/j5/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

そうですね、確かに未来のページではないですよね。

おっしゃるように、日本も震災前・後では記述がだいぶ違うのでしょうね。
日本を旅行したい外国の方が、私と同じように渡航情報を見て不安になって
いるのかもしれません。

英語版のアドバイスありがとうございます。
辞書をひきながら、検索してみようと思います。

参考URLも助かります。
こんな情報があったのですね。
知識が増えたので、質問してよかったです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/19 21:50

トルコからちょうど一昨日戻りました。


また、NYCについては1年半前に行ってきました。
インドは10年くらい前に行ってきました。
英語のスキルは英検3級程度ですが英語のサイトや電話で航空券や宿の予約程度は慣れているため確実に出来ます。また、行った国は18カ国程度、その内2/3くらいは個人旅行でです。性別は男性です。
8カ国の旅がどういったものか分かりませんので難しいですが、バックパッカー的な旅であれば、色々鍛えられているので色々大丈夫かなぁーと思ったりします。逆にツアーばかりであれば、危険に遭遇する機会も少ないためスキルが身についてるか不安です。しっかりと事前に調べてから行くべきだと思います。
以上を参考聞いて下さい。

あくまで、個人的な意見の為、参考までに見て下さい。

外務省のサイトはとても参考になります。まず一番初めに見るサイトだと思います。ただ、意図的かそうでないか分かりませんがが仰るように情報にはバイアスを感じますが、情報の価値としてはツアー催行の基準にもなりますし第一級でしょう。また、外務省の安全情報についてですが、具体的にどのページをご覧になっていますか?
例えば、下記URLの、安全対策基礎データの[ニューヨーク]という所を見ても、安全とは書いて無いと思います。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …
トルコ
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …
インド
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …

他にも、実際の危険性を測るのに使っているのが、
地球の歩き方
http://www.amazon.co.jp/gp/search?index=books-jp …
ロンリープラネット
http://www.amazon.co.jp/gp/search?index=books-jp …
の危険情報が載っているページです。

ただ、どの情報も古かったりしますので、参考程度にしかなりませんが、一般的な危険情報については、3カ所の情報ソースを見ていれば何度も書いてありますので8割くらいは防げると思います。行く国が多ければ本代が高いですので立ち読みでも良いと思います。ただし、図書館などで古い発行年の書籍を参考にすることだけは絶対に避けることをお薦めします。

あとは、ブログなどを50人分など流し読みしたりですかねぇ・・・良くある危険というのは何人もが書いていますので、起こりやすいのかなぁーなどとは感じることが出来ると思います。

余談ですが、普段は「地球の迷い方」などと揶揄していますが、いざというとき何度か助けられた為、最新版を買っていっています。古い書籍をブックオフで買って行ったこともあるのですが、地図/料金表/営業時間/時刻表などちょっとした、でも重要な事の変更が激しく、数日間無駄にしたことがありますので最新版を買う価値はあると思います。一番良いのは旅行前に全て現地のHPや電話で調べることでしょうが、そこまで全て調べていくのが面倒なタイプなのでこのくらいがちょうど良いと思っています。

なお、どこの国もそうですが、人がたくさんいれば安全に感じますし、人通りが少なくなれば危険と感じます。
また、日本からの添乗員付きツアーで行かれるなら、個人的には何を恐れているのか分からないという感じです。具体的に教えて貰えれば私も回答しますし、催行する会社に直接不安を相談してみると良いか十もます。

なお、私自身は、かなりの臆病者で行く前には飛行機の中でストレスでお腹が痛くなるタイプだったりしますが、何となく海外には魅力を感じ年に1回くらいは旅行してしまいますので、あなたの気持ちが分かったりします。


トルコ、NYC
相手から話しかけてくる人以外は、良い人が多かった印象です。特に、観光地や駅などで相手から話しかけてくる人間には最大限の注意をして下さい。(ただ、本当に助けてくれた人もいるので、いい人と悪い人(客引き)の区別が難しいところです。中には、両方兼任している人もいますし・・・)また、人通りの多いところにいる限り、そこで襲われたりとかはまず無いと思います。私自身は危険な目に遭いませんでした。

インド
駅などでの客引きや嘘の政府観光案内所などがたくさん存在し安全な国とは感じませんでした。
また、衛生状態が極端に悪くテロで死ぬよりも遙かに危険だと感じています。45日スケジュールでいったのですが、下痢が止まらず危険(歯磨きなどもすべてミネラルウォーターを使っていたにも関わらず)と判断して1週間で帰国しました。また、動物が都市部にも普通にいますので噛まれたりするリスクもあるなどだいぶ危険な印象を持ちました。ツアーでいけばそういったリスクもおさえられますしありだと思います。ただ、日本とは大きく異なっていましたので、今までいった旅行でかなり強く印象の残っている国でもあり、いつかはリベンジしたいと常に思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

トルコからおかえりなさいませ^^

成田の通路に「おかえりなさい」って書いてあるのをみるといつもとても安心します。


>8カ国の旅がどういったものか分かりませんので難しいですが

バックパッカー経験はなしで、いわゆる宿と飛行機だけ確保してくれる
フリープランツアーと添乗員付きパックツアーが半々くらいです。

タイ、イタリア、スペイン、韓国、UAE、台湾、アメリカ、中国(マカオ)が渡航歴です。
英語が話せる理由は、外国人客が6割を占める都内のホテルで受付をしていたからです。

ロンリープラネットのサイトも良さそうですね、参考にします。
旅行・海外移住系のブログは私も読んでいます。
書き手の主観によるものが多いですが、リアルタイムな情報が得られますよね。

各国についてまで詳しくありがとうございます。
トルコ、NYについては他の回答者さんからも肯定的な意見が多いので
行く方向で検討します。

もしお時間あればで良いのですが、インドが一番気になっています。
書かれているように、衛生面でも怖いです。
便秘体質だから大丈夫かなぁ・・・

しかし何よりトルコ等のテロと異なっているのは
ツアーで行くような観光地(デリー中心部・ガンジス河等)でも
テロで日本人が亡くなっていることです。

もちろんかなりの確率ですが、びびってしまって・・・

でも勇気を持つしかないですよね!
皆さんの行動力に背中を押される思いです。
回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/01/18 12:20

確かに、「海外安全ホームページ」だけでは完璧ではありませんし、パッと見、偏りがあります。



でも「パッと見」の最初のページ
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspo …

これだけ見て判断してはダメで、上のタブで「安全対策基礎データ」「テロ・誘拐情報」などを読まなければなりません。私はテロ情報はあまり見ていないんですが、「安全対策基礎データ」は読んでいます。
さらに「在外公館アドレス」から在外公館のサイトを見ると、詳しい安全情報が出ている場合があります(これも完全ではないと思いますが)

韓国の「安全対策基礎データ」を読めば、日本より安全でないことはうかがい知れます。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …

「安全対策基礎データ」を読むと、グアムも台湾もオーストラリアも、結構危なそうに見えます。
行く前に読んだら実際よりも怖いイメージを持つ人もいるかもしれません。

その国ごとの詳しい旅行情報もさらに調べるべきではありますが、海外安全ホームページも見ておいたほうが良いと思います。

問題は、かなり旅行好きでないとこういうサイトを見ないということです。

でもパッケージツアーで旅行しているならば、「地球の歩き方」などのガイドブックを読んだり、ツアー会社からの注意を守っていれば、よほど運が悪くなければ概ね危険を回避できるだろうと思います。

個人旅行する人はもっと調べないといけませんけど。
昔と違って今はインターネットがありますから、日本語だけもかなり旅行上の注意情報は得られます。自分が検索すれば、ですが。


以前に「サバイバル時代の海外旅行術」 (光文社新書・高城剛) というのを読んだことがあり、CIAのサイトを見るというのがありました。私は面倒くさくて見ていないのですが(苦笑)、英語を読める人だったらいいのかも。
観光的なサイトでも、英語で安全情報を探したらいいかもしれませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、全部のページにまでは目を通してませんでした。

さらに詳しく書いてあるのですね。

地球の歩き方は他の回答者さんもオススメしていたので買ってみようと思います。

「サバイバル時代の海外旅行術」 (光文社新書・高城剛
この本もおもしろそうですね! 
「インドなんか二度といくか~」で有名な方ですよね。

CIAのサイトは思いつきませんでした。
スパイみたいでかっこいいかも笑 

詳しくありがとうございました。

お礼日時:2014/01/18 11:45

 そんなもの100%頼りにしてどうするの?というくらいです。



 例えばインドが危険かどうかわからない、というよりカルチャーショックの方が大きいでしょうね。トイレのない国ですから。。。私も女性ですが、大のオトコがニューデリィーの空港からショックのあまり出られず、そのまま乗ってきた飛行機で帰国する姿を“何名か”目撃しました。日本人ではなかったですが。
 トルコは女性一人で十分旅行できる国でですけど。ペルーも普通の国です。案外、日系人もいらっしゃいます。NYも7万人以上の日本人が住んでいるし、地下鉄だって「乗れば犯罪に巻き込まれる」なんて、真っ赤なウソ。中には犯罪に巻き込まれた人もいるでしょう。日本の地下鉄で痴漢やスリの被害にあう日本人だっているしね。

<全部添乗員付きのパッケージツアーで行くつもりですが
そうですか。ではそうしてください。
<それども怖くて
じゃぁ、日本に居ればどうなのかな。途中で飛行機が落っこちるかもしれないしね。乗らなきゃ落ちないでしょう。。。確率の問題。私がカイロに居た時、日本は大地震でとんでもないことになってたらしいです。カイロは地震もなく、日本に比べたらホント安全でしたね。
 実際、そういうこと。

 日本に居ても殺されるときは殺されます。上から何が落っこちてくるかわからないし。質問者様は若くてご存じないかもしれませんが、地下鉄や松本で毒ガスがまき散らされた国です。戦時下でもないのにね。自宅に居ながら“毒ガス”によって殺されるようなこともあったのです。
 外務省の情報は過去のことがほとんど。ウソとは言いませんが、事件が起こってからレベルを引き上げることくらいは知っていますよね。


 犯罪のないところに旅行に行きたい、安全な渡航先は?ここによくある質問です。南極に行けばいいじゃん。宇宙だっていいじゃん。国ではないですが、銀行もコンビニもないから銀行強盗やコンビニ強盗も100%ありません。
 
 英語がかなり得意なら一人で旅行ぐらいできるでしょう、と言いたいですが、それより『心配症』というなの鎧兜がじゃまして、今一歩踏み出せないいんでしょう。
 そういうことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

インドの件、びっくりしました。
でも、生まれも育ちも先進国の人なら無理もないのかもしれませんね…

バンコクの夜を歩いた時なんですが、自分はあの混沌とした街が大好きになりましたが
一緒に行った友人は「においが気になる」「こわい」とずっと不安そうでした。

感覚や好みもあるのかもしれませんね。

サリン事件の時は小学2年生であまり覚えてないのですが、
確かに日本でも何があるかわかりませんよね。

>外務省の情報は過去のことがほとんど。ウソとは言いませんが、事件が起こってからレベルを引き上げることくらいは知っていますよね。

これは本当にそうですよね、アルジェリアも事件後と事件前では記述が全然違いました。

おっしゃる通りで心配性なので、なかなか踏み出せないのですが
思い切って行ってみるのも大切かなと思いました。
勇気をわけてほしいくらいです笑

お礼日時:2014/01/16 21:25

私も利用していますが参考程度にしています。



確実な情報はなかなか判りません。

外務省でも海外渡航滞在される方の

自分自身の判断で安全を確保するための参考情報。

海外では(自分の身のは自分で守る)との心構えをもって

渡航滞在目的に合わせて情報収集や安全対策に努めてください。

ある程度情報収集して自己責任で行って下さいですね。

中国韓国.は危険と言われますが.それ程でない交友的な面があります.

中近東アフリカは.時として危険が伴います。

中南米は怖い思いしました。

アルジェリヤ人質の時は.外務省の渡航中止して下さい無視して(マリ)にいたのですが

中心地は危険は感じませんでした。

ホテルの方も西の方には行かないようにと注意してくれました。

現地に行つて情報収集するか.現地の日本大使館で情報聞くことですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

うーん、そうですね
ある程度自己責任ということみたいですね…

>アルジェリヤ人質の時は.外務省の渡航中止して下さい無視して(マリ)にいたのですが

えええ><!
ご無事で何よりです!
親切なホテルで良かったですね。

タイミングってことなのかなぁ…

お礼日時:2014/01/16 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロサンゼルス、ラスベガスへの旅行

9月にロサンゼルス、ラスベガスに遊びに行こうと思っています。最近、アメリカ(特にニューヨーク)がテロの標的になっているとよく聞きますが、ロサンゼルス、ラスベガスのテロ標的の危険性はどれくらいなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

アメリカ在住です。テロは、ホワイトハウス、NY世界銀行など東方面の次によく聞くのは、ロサンザルスのハリウッドですね。前にうわさ聞きました。
ディズニーとかもよく言われますが、入場の際にも、荷物チェックしています。

ラスベガスも含め、人の集まる場所は、テロの可能性もあがるのは間違いないと思います。
それでもアメリカに住んでる人(少なくても私のまわりでは)ロスやラスベガスに行くのを控えてる人はいないですよー。ラスベガスは普段は特に治安が良いです。(ただしストリップ通りからはずれると、よくないですが) ただテロに狙われると、どうしようもないでしょうね。 防ぐ方法が無いような気がします。

と、怖いことも書きましたが、住んでる人達は普通に旅行してるので、大丈夫ですよ。テロに合う時は、どこにいても一緒、運のような気がします。

Qアメリカ旅行したいのですが危険ですか?

御世話になります。
生まれて初めての海外旅行を就職する前にしておきたいと思っていたのですが、危険でしょうか・・・
行こうとしている場所はニューヨークです。
予算は25万くらいなのですが、もし危険でしたら他のお勧めの場所を教えて下さい。
就職したら海外旅行なんて行けないんだろうなと思い、思い出作りをしたかったのですが・・・
最近テロがあったみたいなので不安です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ニューヨークが、「ニューヨーク州」でも「ニューヨーク市全域」でもなく、(ハーレムを除く)マンハッタン地区限定ならば、「昼間」に限りますが「比較的」安全です。

強調しておきますが「比較的安全」です。 「絶対に安全」という訳では有りません。


ましてや、「夜間」では「どの地区であっても」安全では有りませんし、マンハッタンでも北部(およそ100丁目以北)のハーレム地区やブルックリン・クイーンズ・ブロンクス・スタテンアイランドなどの地区を日本人が旅行する地区と思うべきでは有りません。
----------------------------------------------

と、きつい事を理解して頂いた上で・・・・・ミュージアムや劇場を始め、一度は聞いたことが有る高級ブランドショップ・デパート・高層ビル・世界遺産である自由の女神・映画の撮影場所にもなった数々の街角・ニュース映像に登場する広場・公園・・・・と沢山の見どころが、徒歩やバス・地下鉄・タクシーの短時間の移動で行ける稀有な都市ですので、一度は行ってみる価値が有る所です。

日本とは違うことを理解し警戒を怠らないようにすれば、犯罪にも会わないで帰国できるでしょう。

25万円の予算は、まあ妥当な線です。
飛行機のチケットと宿泊がとても高いので、良く情報を収集してから旅行時期を決めましょう。
(真冬は比較的安いのですが、北海道並みの寒さとなります。)

ちなみに、就職してからでも海外旅行の機会はいくらでも有ります。

以上。

ニューヨークが、「ニューヨーク州」でも「ニューヨーク市全域」でもなく、(ハーレムを除く)マンハッタン地区限定ならば、「昼間」に限りますが「比較的」安全です。

強調しておきますが「比較的安全」です。 「絶対に安全」という訳では有りません。


ましてや、「夜間」では「どの地区であっても」安全では有りませんし、マンハッタンでも北部(およそ100丁目以北)のハーレム地区やブルックリン・クイーンズ・ブロンクス・スタテンアイランドなどの地区を日本人が旅行する地区と思うべきでは有りません...続きを読む

Q海外旅行先で、2度と行きたくない国は?

こんにちわ。

私は海外旅行が大好きで、よく行く方だと思います。
私のストレス解消法だと思っています。
今までどこの国にいっても旅行最終日には「あ~日本に帰りたくないな」と思えて、きっとどこの国に行ってもこういう気持ちになるんだろうな・・と思っていました。

でも。2年前に香港に行ってはじめて「早く日本に帰りたい」と思いました。
行った時期も悪かったのですが、真夏のとても暑い時期、しかもあちらは雨季で、湿度もかなり高く、不快指数120%でした。
食事も期待してたのですが、行った店が悪かったのかどれもイマイチでがっかりでした。
が、これはあくまでも私個人の意見です。
香港大好きという方はたくさんいるので。

こんな風に行ったが、もうこの国は2度とごめんだ!
というみなさんの意見を聞きたいのです。
何故2度と行きたくないのかの理由も書いていただけると参考になります。

あなたの好きな国は? という質問はよく見たり聞いたりしますが、これはその逆です。

Aベストアンサー

すいませーん。また登場してしまいました。
前回の補足です。
グアムの行きたくない理由は、日本人ばかりで、グアムの良さを感じる事が出来ませんでした。
韓国は、真冬に行きました。韓国の人から見ると、当時私の一歳の子供の服装がすごく薄着に見えたのでしょう。心配していると言うより、まるで私が虐待をしているといわんばかりにすさまじい勢いで言って来るんです。それもすれ違う人たちみんな。韓国語なのではっきりした言葉はわかりませんでしたが、雰囲気で伝わりました。「もう、放っておいて」と言う気持ちでした。南大門ではぼられるし。都合が悪くなると日本語わからなーいって言う感じで・・・。
たまたま隣にいた日本人が韓国語が話せたらしく、文句を言ってくれたのですが、
逆切れされました。
アメリカはフリーのせいかシカゴでは日本人に一人も会いませんでした。
N.Yも40日いましたが3人しか日本人に会いませんでした。んーでも五番街にはいっぱいいたかも・・。
飛行機の利用の関係で主要都市に行ってしまいますが、そこからレンタカーで田舎へ行くので、日本人にはほとんど会わないです。
アメリカでは嫌な思いをしたことがないです。
ちょっと話が通じないと、親切にゆっくり説明してくれたり、更にわからないと簡単な単語にかえて言いなおしてくれたり・・・アメリカはいつでもどこでもそうでした。でもユニバーサルで隣にいた日本人がレストランのオーダーが出来なくて困っていました。明らかに店員の意地悪でした。うーん・・
でも誰がなんと言ってもアメリカ大好き。
すいません 質問からずれてしまいました。

すいませーん。また登場してしまいました。
前回の補足です。
グアムの行きたくない理由は、日本人ばかりで、グアムの良さを感じる事が出来ませんでした。
韓国は、真冬に行きました。韓国の人から見ると、当時私の一歳の子供の服装がすごく薄着に見えたのでしょう。心配していると言うより、まるで私が虐待をしているといわんばかりにすさまじい勢いで言って来るんです。それもすれ違う人たちみんな。韓国語なのではっきりした言葉はわかりませんでしたが、雰囲気で伝わりました。「もう、放っておいて」と言...続きを読む

Qイタリアの治安はそんなに悪いの?

10月上旬にツアーでイタリアへ8日間の旅行に行きます。

今一番気になっているのは、イタリアの治安の悪さです。

スリが多いということなのですが、どのような点に気をつければいいのでしょうか?
リュックで行こうと思っているのですが、ショルダーバッグのほうが安全でしょうか?
海外旅行は、台湾、タイ、サイパンに行ったことがあるのですが、割と安全だったように思います。
貴重品の管理の仕方など、安全に関することについてアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私もイタリア大好きです!
旅行中はかなり注意しました。

リュックはやめた方が良いです。
ショルダーバッグ、斜めがけ、体の前にして
必ず手をバッグの開口部にかけるを忘れずに。

バッグの中のファスナーの奥の奥に
財布を入れておくと良いです。

ツアーの団体行動中は
ガイドさんもいるでしょうから
注意に素直に従うことが
一番の安全対策です。

また、パスポート、航空券、カードなど
貴重品は腹巻きや腰巻きにいれて置くこと
ですね。
スペインのような身ぐるみ剥ぐような
強盗はいないようなので・・・。

自由行動もあるのでしょうか。
町中でバチバチ写真を撮らない、
財布を出さないようにしましょう。

特にローマ!
地図を見るときは
小さく折りたたんで、周りを注意したり、
お店に入って確かめましょう。
買い物したら店の中できちんと財布を
しまいましょうね。
常に他人に見られているかも、と
注意するにこしたことはありません。
地下鉄でも出入り口付近は要注意です。

ヴェネチィアはスリが多いですし、
ローマは特に多いです。
スペインのような凶悪な強盗はあまりいませんが
スペイン階段あたりには公衆の面前でも
大胆不敵に体をすり寄せてくる輩がいます。
子どもの団体にも注意です!!

また、バカンス時期でもないのに
キャンピングカーで移動している
団体にはそばに近寄らない方がいいです。

何気なく近寄ってくる人、話しかけてくる子ども
からはすぐ離れましょう。

おどすようなことばかり申し上げましたが
びくびくせずに、さっそうと街を歩く態度は
スリをおびき寄せないようですよ。

怖がってばかりいないで、十分注意して
素晴らしいイタリア旅行を楽しんで来てくださいね。

私もイタリア大好きです!
旅行中はかなり注意しました。

リュックはやめた方が良いです。
ショルダーバッグ、斜めがけ、体の前にして
必ず手をバッグの開口部にかけるを忘れずに。

バッグの中のファスナーの奥の奥に
財布を入れておくと良いです。

ツアーの団体行動中は
ガイドさんもいるでしょうから
注意に素直に従うことが
一番の安全対策です。

また、パスポート、航空券、カードなど
貴重品は腹巻きや腰巻きにいれて置くこと
ですね。
スペインのような身ぐるみ剥ぐような
強盗はい...続きを読む

Q旅行会社のキャンセル待ちについて

大手旅行会社の海外旅行のキャンセル待ちを予約しました。
8月のお盆の時期のイタリア行きです。
キャンセル料が発生する時期を過ぎるまで他のツアーを申し込むのを待つか、諦めて違う国に行くか迷っています。
出来ればこのツアーで行きたいのですがキャンセルを待ち、来月になってからでは他の国もうまってしまいそうで不安です。
お盆の時期のキャンセルの可能性は低いでしょうか?キャンセル待ちは何人か教えてもらっていませんが、先に入金をするらしく入金が早い順で優先するとおっしゃってました。

Aベストアンサー

大手旅行会社J社の元社員です。その経験でお答えします。

>キャンセル料が発生する時期を過ぎるまで他のツアーを申し込むのを待つか、諦めて違う国に行くか迷っています。

こういう時期は、OKの取れるツアーを1本持っておくべきです。さもないと、本命がダメだとわかった時点では何も取れなくなります。ただ、最悪その代案でも行くということでないと意味がありません。今お申し込みの旅行社のポリシーは存じませんが、私の勤めていた旅行会社では、本命がキャンセル待ちならば、代案のOKはご希望ならばちゃんと確保していました。旅行会社だってお客さんがOKにならなきゃ商売になりません。その点は旅行会社とお客さんの利害は一致しますので。(二重にOKを持つことはダメじゃないけれど、あまりしませんでした)

>お盆の時期のキャンセルの可能性は低いでしょうか?

どんな混んでいる日でも、キャンセル料のかかる日の数日前に必ずと言って良いくらい、1組(2名)や2組の取り消しは必ずありました。旅行会社は客を失いたくないから、特に混んでいる日は、先ず予約を勧めるのです。そして行けないようなら、キャンセル料のかかる前に予約をキャンセルしてもらいます。そんなわけで、必ずといってよいほどキャンセルが発生します。キャンセル待ちの優先順位が1番なら、繰り上げOKになる可能性は高いです(特にヨーロッパは。ハワイやグアムはそうでもありませんが。理由は省きます)。

>先に入金をするらしく入金が早い順で優先するとおっしゃってました。

その会社のポリシーなのでしょうね。私の勤めていた会社ではそのようなことはしたくてもできませんでした。コンピュータに先にキャンセル待ちをかけた方が優先され、申込金の有無は関係ありませんでした。だからともかく混む日は出発日とコースを早く決めて、少しでも早く申し込んでもらうように案内していました。

>諦めて違う国に行くか迷っています。

同業者であった私の常識では、本命がOKでなければ、代案のOKは認めてもらえると思います。そんな時期は、OKの取れるツアーがあるなら、早くつば付けしておくべきです。同じ旅行会社で代案を確保するのであれば、申込金を二重に支払うこともありません。

あと今後の参考のために言いますと、ルックJTBやJALパックのような年2回パンフレットの出るツアーは1月の中下旬に4~9月発のツアーパンフレットが出ます。その時点でゴールデンウイークやお盆時期のツアーの発売スケジュールがわかります。旅行会社に聞けば教えてくれます。ヨーロッパなら、その発売日に予約を入れるように事前に頼んでおけば、十中八九予約は取れます。(ハワイやグアムはそうでもありません)

パンフレットが年に何度も出る格安ツアーは発売時期はその都度聞くしかありません。パンフレットが目についた時点で既に発売されていることも少なくありません。でもヨーロッパは先手必勝と思っておくと良いです。

大手旅行会社J社の元社員です。その経験でお答えします。

>キャンセル料が発生する時期を過ぎるまで他のツアーを申し込むのを待つか、諦めて違う国に行くか迷っています。

こういう時期は、OKの取れるツアーを1本持っておくべきです。さもないと、本命がダメだとわかった時点では何も取れなくなります。ただ、最悪その代案でも行くということでないと意味がありません。今お申し込みの旅行社のポリシーは存じませんが、私の勤めていた旅行会社では、本命がキャンセル待ちならば、代案のOKはご希望ならば...続きを読む

Qインドネシアは危ない?

2月にインドネシアのバリ島に行こうと思っているのですが、最近のイスラム派過激テロの動向や外務省の安全ホームページを見ると不安です。

どなたかアドバイスをください。

お願いします。

Aベストアンサー

昨日、バリより帰国した者です。バリには2年に1度の割合で訪れています。

空港のセキュリティチェックは、私の感覚では予想していたほど厳しくはなかったです。去年のテロ事件以来、相当厳しくなっているだろうなぁと覚悟はしていたのですが、拍子抜けしました。
今までに比べて厳しくなったのは、やはりホテルに車で乗り付ける際の入り口でのチェックですね。ただ、チェックとは言っても、長い柄のついた鏡で車体の裏底をのぞいたり、金属探知器(のようなもの)で車体を2~3度なで回すといった程度ですが…。こんなんで爆弾の有無が分かるんかい!!と正直、思いましたけど。
ちなみにボディーチェックや手荷物検査の類はありませんでした。

とはいえ、今までは全てノーチェックだったので、まぁバリ的には、厳しくなっているんでしょう。

テロの可能性や危険のレベルがどの程度かの判断は、最早外務省のホームページで確認する以外に方法がありませんが、下記回答者様が仰るように、特にナイトクラブなど、欧米人がたくさんいる場所や人混みには近寄らない方がいいと思います。
クタの街にも行きましたが、あまり活気はなく、街全体が何となくおとなしくなってしまった感じがしました。現にテロ事件以降、海外からの観光客がめっきり減り、それに伴い営業時間を大幅に縮小する店や、売上げ激減のため潰れる店が出てきたりと、大変なようです。クタの大通りでも、昼間なのにシャッターの下りている店がたくさん目につきました。また、欧米人も少なかったような気がします。たまたまオフシーズンだからかもしれませんが。

今や、アルカイダの皆さんが「日本もターゲットだ」というようなことを仰っているようですし、日本にいたってテロの犠牲にならないとは限りません。
私自身、世界中でテロが頻発している折、イスラム教に囲まれているバリを訪れることに一抹の不安もあったのは事実ですが、それ以上にバリという国がとても好きなので「まぁ行きゃなんとかなるわい」という軽~い気持ちで旅立った次第です。

昨日、バリより帰国した者です。バリには2年に1度の割合で訪れています。

空港のセキュリティチェックは、私の感覚では予想していたほど厳しくはなかったです。去年のテロ事件以来、相当厳しくなっているだろうなぁと覚悟はしていたのですが、拍子抜けしました。
今までに比べて厳しくなったのは、やはりホテルに車で乗り付ける際の入り口でのチェックですね。ただ、チェックとは言っても、長い柄のついた鏡で車体の裏底をのぞいたり、金属探知器(のようなもの)で車体を2~3度なで回すといった程度ですが…。...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

QJALPAK、JTB旅物語どちらを選ぶ?

ヨーロッパの添乗員同行のツアーで、日程ありきの旅行のため、希望のプラン(行き先は少し違いますが)で2社の空きを見つけることができました。

JALPAKと競合するならばおそらく、LOOKJTBだと思うのですが、旅物語しかあいていなくて・・・しかし旅物語はネット上ではあまり良い評判を見かけません。

旅物語はJTBの廉価版でクラツーや阪急のトラピックスと同じような性格のもののようですね。

訪れる国も違うので一概には言えないと思いますが、JALPAKが9日間で30万円程度、旅物語が8日間で25万円程度(いずれもサーチャージ込み)なのですが、みなさんだったらどちらを選ばれるのでしょうか。

ちなみに、安さを追求した旅ではなく、ホテルや食事もできれば楽しみたいと思いますし、朝食もコンチネンタルスタイルではなくアメリカンスタイルが良いなと思っております。(JALPAKはアメリカンスタイルの朝食のようですが、旅物語はその記述が見つけられません)食事について、旅物語で後悔したとかありますか?

また、ホテルがどちらも基本的にBグレードとなっておりますが、JALPAKのBグレードと旅物語のBグレードは同等を考えてよろしいのでしょうか?また、それはLOOKJTBのBグレードとも同等なのでしょうか?

ちなみにヨーロッパ旅行はフリープランで都市間の移動は飛行機やユーロスターで都市内の移動は地下鉄などで移動して旅したことはありますが、今回は観光名所などにも行くということで交通の便から添乗員同行のツアーにしています。
英語すらほとんどしゃべれないので・・・。

ヨーロッパの添乗員同行のツアーで、日程ありきの旅行のため、希望のプラン(行き先は少し違いますが)で2社の空きを見つけることができました。

JALPAKと競合するならばおそらく、LOOKJTBだと思うのですが、旅物語しかあいていなくて・・・しかし旅物語はネット上ではあまり良い評判を見かけません。

旅物語はJTBの廉価版でクラツーや阪急のトラピックスと同じような性格のもののようですね。

訪れる国も違うので一概には言えないと思いますが、JALPAKが9日間で30万円程度、旅物語が8日間で25万円程度(いず...続きを読む

Aベストアンサー

JTBは何回も利用しています。阪急やクラブツーリズムも複数回経験があります。残念ながらJALPACKはありません。

私は会社ごとの差よりも、そのツアーの企画と添乗員の差のほうが大きいと思っています。
結局安いツアーそれなりですし、高いツアーはその値打ちがあります。同予算であれば会社ごとのその差はそれほどありません。

これに対して添乗員は千差万別です。私はそれほど変な思い出ではありませんが、新人に当たって大丈夫かなとこちらが心配したことはあります。
もっともそれよりは参加者の方に変な人がいる方がよほどアンラッキーですが。たまに横柄な人や身勝手な人がいて周囲が困ることがあります。でも平均的な日本人の参加者は皆紳士淑女ですね。

日本の大手旅行社はいずれも永年の営業経験で信用もあります。どの会社が良いとか悪いとかは多分たまたまその人が当たったツアーでの経験だけでの感想でしょう。私は平均すればどこも同じという感想です。

ということで予算がある程度あるのならば高いツアーのほうが不満は少ないと思いますよ。

ただJTBは最大手なので品揃えは最も多くあります。日程や目的地でうまく会わないときはJTBをみると何とかなるという気はしますね。

JTBは何回も利用しています。阪急やクラブツーリズムも複数回経験があります。残念ながらJALPACKはありません。

私は会社ごとの差よりも、そのツアーの企画と添乗員の差のほうが大きいと思っています。
結局安いツアーそれなりですし、高いツアーはその値打ちがあります。同予算であれば会社ごとのその差はそれほどありません。

これに対して添乗員は千差万別です。私はそれほど変な思い出ではありませんが、新人に当たって大丈夫かなとこちらが心配したことはあります。
もっともそれよりは参加者の方に変な人...続きを読む

Q緊急です!シドニーの安全性

閲覧ありがとうございます。

約3週間後に1週間くらいのシドニーへの渡航を考えているものです。
この間の事件があり、申し込むか迷ったのですが、あのような事件の直後は安全だろうという周囲の声もあって申し込んでしまいました。しかし最近ニュースを見ているとテロの危険は高まっているとか・・・急に不安になってきて、キャンセルしようか迷っています。

最後は自分で決めないとだめなのですが、ぜひみなさんのご意見お聞かせ願いたいです。やはり渡航はやめておいたほうがよいのでしょうか?ちなみにシドニーではマンリービーチでサーフィンしたり市内観光に行く予定です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シドニー在住者です。こないだのは本当に恐ろしい事件でしたが、あれは前科のある犯罪者が単独で行なったものでした。すっかり普通の生活に戻っていますよ。今後も、テロの危険性がないとはいえませんが、特にショッピングセンターやイベント会場など不特定多数が集まる場所では廻りの状況に注意して、危険性があれば速やかにその場を立ち去るようにとのことです。テロでなくても一般人の殺人事件に巻き込まれる場合もあります。どこの国でもあり得ることです。是非マンリーでのサーフィン楽しんでください。マンリーは比較的治安の良い所です。キングスクロスなど夜の繁華街は少し気をつけてください。

QNYからナイアガラへ行くには

今年の夏に友達とニューヨーク旅行を計画しています。
そして、ニューヨークへ行くからには、ナイアガラの滝も見たいのですが
ツアーで行こうと思うと$300くらいかかるらしいのです。
もっと安く行ける方法をご存知の方は教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

今年の初めにNYからバスでniagaraまで行きました。
まず、greyhound(下記のurl参照)でmanhattanからbaffaloへ行きます。このサイトでスケジュールや運賃(片道$65でしょう)も調べられますよ。チケットを買うことも出来ます。
baffaloについたら同じバスターミナルからgreyhound社のバスではなくローカルのバス(40番のバスでniagara行きとかいてあります)に乗り、終着のniagaraまで行けます。所要時間は確か1時間ほどだった気がします。値段は$1.85と安いです。このローカルバスのサイトはhttp://www.nfta.comです。
この方法が最も安いのでは?でも、バスは快適とはいかないでしょう。苦痛とは言いませんが、片道10時間ほど乗るわけだから(もちろん休憩はありますが)人によっては辛いと感じるかもしれません。
あと、greyhoundは定員をオーバーするとチケットを持っていても次のバスに回されることがあるので、少なくとも1時間前くらいから並んで待っていないといけません。込み合う時期はもっと早めのほうがいいと思いますが。(念のため)

参考URL:http://www.greyhound.com

今年の初めにNYからバスでniagaraまで行きました。
まず、greyhound(下記のurl参照)でmanhattanからbaffaloへ行きます。このサイトでスケジュールや運賃(片道$65でしょう)も調べられますよ。チケットを買うことも出来ます。
baffaloについたら同じバスターミナルからgreyhound社のバスではなくローカルのバス(40番のバスでniagara行きとかいてあります)に乗り、終着のniagaraまで行けます。所要時間は確か1時間ほどだった気がします。値段は$1.85と安いです。このローカルバスのサイトはhttp://www.nft...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング