今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

母のことです。
母は旅行は好きなのですが、海外旅行に誘うといつも断られます。
世界ふしぎ発見など一緒に観ていると、海外の景色に興味はあるようですが、私がお金を出すからと誘っても一緒に行こうとしません。

理由は、
1. 国内にも、まだまだ行ったことがない素晴らしい観光地がたくさんある。
←これは私も同感ですが、異文化に触れることも面白いと思います。

2. 喘息持ちで、長距離移動や環境が変わるのが怖い。
←確かに、体調は心配です。
台湾や香港など、比較的近場のアジアを勧めましたがダメでした。

3. 英語が話せない。
←添乗員同行のツアーを勧めましたが、治安も不安でやっぱりダメみたいです。

海外旅行に行きたくない人に無理やり勧めるのも何ですが、母のように海外旅行に全く興味がなかったのに、今は海外旅行にはまっている人は、どのようなきっかけで海外旅行に行くようになりましたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私60代半ば女性ですが、周りには(同世代かこれ以上の年齢の人で)海外に興味の無い友人や知人、親戚はたくさんいますよ。



たぶん世代もあるのかもと思いますが、聞けばほとんどの人が「国内も全部行っていないのに・・・」の物言いはしますね。
親戚の70代叔母は、若い頃から貯金が趣味の人で、節約を基本とするので国内旅行でさえした事は無く、飛行機も乗ろうとしません(心配性なので)

本当に考え方生き方はひとそれぞれなので、旅行をしたがらない人は違うことに魅力を感じているのでしょうね。
特に海外旅行に使うお金は無い(お金持ちでも)と言う人もいるでしょう。
海外旅行を最優先にしている生活の私には、知りようの無いことです。

長距離フライトに耐えられる健康体なので、元気なうちはどんどん海外へ(特に遠くへ)いく予定です。

英語も単語を並べて通じるし、話す度胸があるかどうか、慣れでしょうか。
(個人でもツアーでも行きます)
子供が独立した50代後半から毎年2回は行っています。
友人の住むロサンゼルスに一人で往復したのがきっかけで、海外の良さを発見です。
帰国すれば次を行く国を探すのですから・・・笑


なので、主さんのお母さんの様に海外へ行かない人は結構いるので、行きたい気持ちが出るまでは見守るしかないのでしょうね。
    • good
    • 0

良く海外に行っています。


私がそうするようになったのは、50代に会社の仕事で海外出張するようになって、外国に行くこととそこの文物を見ることが面白くなったためです。
それまでは自分が海外に行くなどは想像もしませんでした。従ってその主張がなければ私も外国旅行はしなかったかもしれません。

一方海外旅行に興味がない人は

一度も行っていないのでその面白さがわからない。
日本にいても何の不満もないのでわざわざ遠くにお金をかけていく必要はない。
元々旅行が好きではない。
好奇心があまりない。
外国の食べ物はご免。
一番の理由は、そんなお金はないということでしょう。

でも海外のツアーで少し珍しいコースに参加すると、そこには年齢男女に関係なく海外旅行にはまった人がたくさんいます。こういう楽しみを知らないのは大変もったいないと思いますが。
    • good
    • 0

単に日本が好きなんじゃないですか。


私もそうですが、若い時ならともかくお金使って労力使って大して興味ないところへ行きたくないですよ。
国内ならどこへ行っても言葉も通じるし自由に動けるけど海外じゃそうは行かない。
いちいち添乗員に頼って旅行するの億劫です。
そもそも国内でもツアーが嫌いで、自分の自由にその日の気分や体調に合わせて動きたいのです。

でも私は美術や建築には興味があるのでヨーロッパなら行ってみたいです。
けどそれなりの気合いが必要でしょうね。お金もかかる事だし。(たとえ自分のお金じゃなくても)
気軽には行けない。
台湾には一度行きましたけど、それなりには楽しかったけど国内旅行以上の魅力があるか?と言ったらNO。
もう一回行くくらいなら国内の温泉にでも行きたいです。

とにかく海外が嫌いと言うよりは日本が好きなんじゃないかと思うのです。
なんでこんな良い国に住んでるのにわざわざ遠い国に行くの?と。(笑)
そこへ行かなければ見られない(できない)何かに興味を持てないと、なかなか腰は上がらないと思います。
お母様の趣味指向から何かヒントを得て、それに関連ある国や場所をおすすめしてみてはどうでしょうか。
漠然とあそこへ行こう、ではなくて、具体的にどこへ行って何を見て何を食べて何を買うか、とシュミレーションして提案したら興味を持てるかも知れません。
    • good
    • 0

近場に外国の方がおられると、印象もずいぶん変わってくるでしょうね。


私はたまたま日本に留学していた台湾人と友達になり、ぜひ台湾にも
遊びに来てくださいといわれて、行ってしまったらはまってしまいました。

サークルや近所づきあいで海外から日本に来ている方と会う機会はありませんかね?
そこから広がる世界もあると思いますよ。
    • good
    • 0

年齢を重ねるにつれて、新しいことに挑戦をする気力や好奇心が徐々に失われていくのではないでしょうか。

そして気付けば行動面で保守的になってしまっていると。

海外に行くとなるとパスポートは必須ですが、パスポートセンターに行って手続きをするのは面倒だな、外国の空港でのチェックインはなんだか難しそうだな、もし現地でトラブルに巻き込まれたらどうしょう、言葉の壁でトラブルが解決できなかったら困るだろうな・・・などと矢継ぎ早に考えてしまい気が重くなってしまうのではないでしょうか。おまけに健康面で不安を抱えておられるとなると、「海外旅行?とんでもない。私は国内旅行で十分満足ですよ。私は結構ですよ」となるのも頷ける話です。

世の中には食わず嫌いということもあります。一歩踏み出せばなんでもないようなことでも、その一歩がなかなか踏み出せないことがあります。そして初めの一歩さえ踏み出せば、今まで自分が知らなかった世界が見えて、その世界に病み付きになってしまうことも決して珍しいことではありません。

私はもともとアウトドア派ではありませんでしたが、ひょんなきっかけで海外旅行に出掛けたことが原因で、それ以降は、海外旅行が趣味のひとつとなりました。そして人に過去の渡航先を言うと驚かれるような国や場所にも行ったりしました。過去形になっているのは、最近は時間もお金も無いので思うように思う場所に旅行に行けないからですが(笑)。

一度、近場の国に強引に連れて行ってあげたら如何でしょうか。お勧めは台湾です。過去に中国本土に個人旅行で出掛けた経験から、私は漢民族に対してあまり良い印象を抱けなくなってしまっていたのですが、ただ単に気軽に行ける国だという理由で台湾に行ったところ、大変気に入ってしまいました。いいですよ、台湾は。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旅行好きな人、嫌いな人について

僕は旅行が好きで、大学生のうちにお金がかかっても行けるだけ行くぞ(笑)という感じです。なぜ好きかといわれると明確な理由はないのですが、建築物がすきということと、異文化にふれることで自分が一回り大きくなる気がするからです。
そんな僕に反して、「海外旅行で20万使うなら、ゲームセンターや食い物に贅沢に使う」という人もいます。確かに20万あれば半年分の食費はいけます。でもなぜか旅行にはお金を惜しまないのです僕は!1人旅行の楽しさはやった人にしかわからないと思うのです。僕のような人と、旅行嫌いな人の価値観は根本的にどう違うのでしょうか?皆さんはどちらの意見に近いのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

67才の男性です。 

断然旅行派です。 企業の海外事業で出張も多く、これまで世界約50ヶ国訪問して来ました。 それも辺鄙な片田舎や危険で観光客が絶対に行けないようなところが多い。 これも仕事柄。 

定年退職してからは、妻と二人で海外旅行です。 これが一番楽しい。 やはり旅は道ずれ、世は情け。 仕事柄、旅先でトラブル解決が仕事だったように思います。 ですから、大手旅行者のパックツアーで行っても、問題が起こる方が楽しい。 そこで、出来るだけ自分たちだけで行動するようにしています。 こうすると、必ず何か問題が起こったり、とんだハプニングに巻き込まれて、後で大笑い。 

国が違えば、習慣も違う。 ものの考え方も違う。 それを旅先で、そこの人とやり合うのが、何とも面白いというか滑稽なのですよ。 旅先では馬鹿になれるから楽しい。 

Q海外旅行に行ったことない人 人生損してる?

海外旅行に行ったことない人は
人生損してると思いますか?

私は海外旅行に行ったことがありません。

機会があれば行ってみたいと思いますが
金がないしパスポートを持っていません。

それを友達によく
「人生損してるよ!絶対一度は行った方がいいよ!」
と言われるのですが
そんなに損してますか?

国内旅行は何度か行っています。

Aベストアンサー

沢山レスが付いているよう、行きたい人だけ行けばいいのが旅行です。
嫌でも仕事で海外に行かないといけない人もいます。かつての私のように。

その経験上からいくつか回答のヒントになりそうなことを書きます。

1.質問者さんが日本籍ならとても海外旅行に行く条件に恵まれている

非日本籍で非日本に住んでいる人から見ると、質問者さんは海外旅行
(日本から出る旅行と言う意味です)に恵まれた環境にいます。
国内旅行に何度か行けるだけのある程度の余裕があれば、
東アジアやミクロネシアなら、下手な国内旅行より遥かに安く上げることが可能です
(もちろん高く豪勢にすることも可能です)。

国籍が日本なら、短期観光の場合VISA無しで世界で最もどこにでも行けるパスポートを持てます。
例えば中国本土籍(香港マカオ特別自治区以外)の人は、先進国と言われるところへ、
短期観光でも必ずVISA取得が必要です。
銀行の残高証明、渡航先の受け入れ証明など、VISA申請はとても厳しいです。
例として短期で来日する中国本土の方のVISA取得条件を外務省でどうぞ。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/china.html

日本のパスポートを持っていれば、こんなことしないと入れない国はそうありません。
思いついたのはロシアや旧ソ連のなんとかスタンという国々。行きたいか疑問ですが。

2.日本は極めて治安が良く、何でもちゃんと機能する国だとは、外に出ないと分からない

質問者さんがどちらにお住まいか分からないですが、例えば20歳位の女の人が
1人で飲みに行っても(ご両親に怒られるかどうかは置いておいて)
特に問題ないですよね。海外だと問題あるんですよ。治安的な意味で。
車での移動は基本。男性同伴が望ましい。譲って女性グループで。

例えば小売店に営業時間が書いてあって、その通り店開いてますよね。
電車は(人身事故や荒天時は別ですが)時刻通り動いてますよね。
水道の水飲めますよね。自販機ちゃんと動いてますよね。
トイレに使用済みトイレットペーパー流してOKですよね。
ホテルのシャワーやお風呂の蛇口ひねったらお湯すぐ出ますよね。
タクシー乗車時いちいち値段交渉しないでもいいですよね。
それが普通な国(都市)もありますが、大半の海外では普通ではないんですよ。

3.純粋に日本には無い興味がある物が見れる

北海道でたまに見えるらしいですが、オーロラって見てみたくありませんか?
沖縄にも小さなものはありますが、本気のジャングルって見てみたくありませんか?
世界史の教科書に載っていた史跡や美術品の現物見てみたくありませんか?
ありとあらゆる人種が集まっている大都市ってどんなだろうと思いませんか?
現時点で日本の地上に国境線がありません。国と国の境目見てみたくないですか?
地学(理科)で、転向力(コリオリの力)は北半球は右、南半球は南に働くと習います。
南半球に行くと、お風呂の栓やシンクの栓を抜くと左回りに水が流れるのですが、
見てみたくないですか?

そういう知的好奇心がそそられるものが、日本の外にあるのであれば、
行ってみる価値は大ありです。無ければ無理して行く必要は無いと思います。

沢山レスが付いているよう、行きたい人だけ行けばいいのが旅行です。
嫌でも仕事で海外に行かないといけない人もいます。かつての私のように。

その経験上からいくつか回答のヒントになりそうなことを書きます。

1.質問者さんが日本籍ならとても海外旅行に行く条件に恵まれている

非日本籍で非日本に住んでいる人から見ると、質問者さんは海外旅行
(日本から出る旅行と言う意味です)に恵まれた環境にいます。
国内旅行に何度か行けるだけのある程度の余裕があれば、
東アジアやミクロネシアなら、下手な国内...続きを読む

Q団体ツアー大嫌いな私は変人ですか?

50代男性です。学生時代に3回、欧米をバックパッカー旅行をしています。
その後も、友人同士や、家族で海外旅行をしています。(業務渡航の経験はありません。)

私は団体ツアー(職場旅行等除き)が大嫌いです。(国内・国外問わず。)
全行程、添乗員同行、食事付きなんて絶対にいやです。
耐えられません。

若いころ、6日間のこの手のツアーに参加し窮屈でした。

旅行は 個人手配(飛行機、ホテル)か、滞在地でフリータイプのツアーにします。

オプション的ツアーでも、中華料理のように乗り合わせた人が同席円卓で食事するのはいやです。
・紹興酒など頼みたくても他の人の手前、ビール等で我慢。

国内日帰りバスツアーの昼食時、ビール頼むの気が引けました。頼む人が少ないのです。
(いつもは運転。飲めないので飲みたいのです。)

【団体ツアーが嫌いな主な理由】
1.毎日、赤の他人である同じ顔と突き合わせるのがいや。
2.冒頭にも書いたように食事の時に遠慮してしまう。
3.もっと、そこを見たいのに時間切れになる。
  (遅れそうになる。)
4.添乗員にカルガモのようについていくこと自体がいや。
5.往々にして土産物屋を連れ回す。(日帰り観光でも)
6.すべてではないが、空港で待たされる。…ホテルに行くだけなのに。 
7.すべてではないがホテルが選べないことがある。
  (ホテルは、私は旅の目的によりますがこだわりがあります。)
  安い場合は、立地が良く安全であること。
  高い場合は、絢爛豪華であるとか、景色が良いとか、館内設備が整  っているとかです。
8.飛行機は窓側に乗りたいのに、事前に座席が指定できないことがほとんど。
9.事前顔合わせ会とか、お別れパーティとか、旅行後の懇親会があるようなツアーは絶対にいや。(生理的に受け付けられません。…年寄り向き?)
10.マイル積算等で不利なことがある。

このために、行けない所があります(個人では行きにくい、効率よく回れない、個人旅行では道中の治安が不安等)が、それは「団体旅行の苦痛」に耐えるよりましです。

家族旅行では私が実質添乗員。
・英語では不自由しないこともあります。
・リピートで訪ねている韓国、台湾も、日常単語はほぼ覚えました。

私のような「旅行は大好きだが。ツアーは大嫌い、耐えられない」
私のような中年男性は、変わっているのでしょうか。 

50代男性です。学生時代に3回、欧米をバックパッカー旅行をしています。
その後も、友人同士や、家族で海外旅行をしています。(業務渡航の経験はありません。)

私は団体ツアー(職場旅行等除き)が大嫌いです。(国内・国外問わず。)
全行程、添乗員同行、食事付きなんて絶対にいやです。
耐えられません。

若いころ、6日間のこの手のツアーに参加し窮屈でした。

旅行は 個人手配(飛行機、ホテル)か、滞在地でフリータイプのツアーにします。

オプション的ツアーでも、中華料理のように乗...続きを読む

Aベストアンサー

英語はあんまりしゃべれません。中学生にも劣ると思います。
けど、海外へはよく一人旅してます。

要は、旅行にどれだけ熱情注いでるかってことなんだと思います。

私が思うパックの嫌なところは、
・スーパーより高い土産物屋めぐり
・移動が多い
・行きたいレストラン、甘味の店に行けない
・飯が質素
・何よりも美術館に1日とかいれない
↑これが一番の理由

Q海外旅行先で、2度と行きたくない国は?

こんにちわ。

私は海外旅行が大好きで、よく行く方だと思います。
私のストレス解消法だと思っています。
今までどこの国にいっても旅行最終日には「あ~日本に帰りたくないな」と思えて、きっとどこの国に行ってもこういう気持ちになるんだろうな・・と思っていました。

でも。2年前に香港に行ってはじめて「早く日本に帰りたい」と思いました。
行った時期も悪かったのですが、真夏のとても暑い時期、しかもあちらは雨季で、湿度もかなり高く、不快指数120%でした。
食事も期待してたのですが、行った店が悪かったのかどれもイマイチでがっかりでした。
が、これはあくまでも私個人の意見です。
香港大好きという方はたくさんいるので。

こんな風に行ったが、もうこの国は2度とごめんだ!
というみなさんの意見を聞きたいのです。
何故2度と行きたくないのかの理由も書いていただけると参考になります。

あなたの好きな国は? という質問はよく見たり聞いたりしますが、これはその逆です。

Aベストアンサー

すいませーん。また登場してしまいました。
前回の補足です。
グアムの行きたくない理由は、日本人ばかりで、グアムの良さを感じる事が出来ませんでした。
韓国は、真冬に行きました。韓国の人から見ると、当時私の一歳の子供の服装がすごく薄着に見えたのでしょう。心配していると言うより、まるで私が虐待をしているといわんばかりにすさまじい勢いで言って来るんです。それもすれ違う人たちみんな。韓国語なのではっきりした言葉はわかりませんでしたが、雰囲気で伝わりました。「もう、放っておいて」と言う気持ちでした。南大門ではぼられるし。都合が悪くなると日本語わからなーいって言う感じで・・・。
たまたま隣にいた日本人が韓国語が話せたらしく、文句を言ってくれたのですが、
逆切れされました。
アメリカはフリーのせいかシカゴでは日本人に一人も会いませんでした。
N.Yも40日いましたが3人しか日本人に会いませんでした。んーでも五番街にはいっぱいいたかも・・。
飛行機の利用の関係で主要都市に行ってしまいますが、そこからレンタカーで田舎へ行くので、日本人にはほとんど会わないです。
アメリカでは嫌な思いをしたことがないです。
ちょっと話が通じないと、親切にゆっくり説明してくれたり、更にわからないと簡単な単語にかえて言いなおしてくれたり・・・アメリカはいつでもどこでもそうでした。でもユニバーサルで隣にいた日本人がレストランのオーダーが出来なくて困っていました。明らかに店員の意地悪でした。うーん・・
でも誰がなんと言ってもアメリカ大好き。
すいません 質問からずれてしまいました。

すいませーん。また登場してしまいました。
前回の補足です。
グアムの行きたくない理由は、日本人ばかりで、グアムの良さを感じる事が出来ませんでした。
韓国は、真冬に行きました。韓国の人から見ると、当時私の一歳の子供の服装がすごく薄着に見えたのでしょう。心配していると言うより、まるで私が虐待をしているといわんばかりにすさまじい勢いで言って来るんです。それもすれ違う人たちみんな。韓国語なのではっきりした言葉はわかりませんでしたが、雰囲気で伝わりました。「もう、放っておいて」と言...続きを読む

Q海外旅行はじめてで一人旅って・・・

私は20代半ばなのですが、お恥ずかしいですが未だ海外旅行に行ったことがありません。
近々に海外旅行を実行させたいのですが、結局一緒に行く相手もみつからないので一人で行ってみようと考えております。
しかし、初めてで一人旅ってかなり不安です、しかも英語は話せません。なんとかなるものなのでしょうか?
ちなみに、行き先はアメリカにしようと考えております。

Aベストアンサー

英語は全く話せませんが、オーストラリアへ1ヶ月、カナダへ2週間一人旅したことがあります。
旅といいましても、いろいろ回ったわけではなく1都市に留まっていましたが、私の目的はとにかくのんびりちょっとした現実逃避の気分でした。別に傷心だったわけでもありませんよ(^^)
英語出来ませんし、読むこともままなりませんがどうにかなりました。
自炊もしたので食材を買うときなどうまく買えずなんだか随分ぶ厚いお肉を買ってしまったり、カナダでは路面バスが故障(日常茶飯事らしいですが)し、途中わけも分からぬまま降ろされたり、オーストラリアでは乗り越し精算が無いことをしらず気付かないうちにキセルなることもしてしまいました。その他たくさん困ったこともありましたが、今こうして思い出してもいい思い出となっています。
私の宿泊先の近くにはJBC窓口があったのでそこでイルカウォッチングや砂丘サファリなどちょっと遠出をしたくなったときや申し込んだりもしました。これはツアーですがまぁ私の中では一人旅の一環のつもりです。
こういった窓口では何か知りたいときなど顔を出すと親切に教えてくれたりもするので安心できました。
また、欧米人はとても親切だと感じました。
もともとそういう国民性なのかもしれませんが、一人でお茶をしていればニコニコ話かけてくれたり、路線図とにらめっこをしれいれば声を掛けてくれたり、もちろんこちらは言葉が分かりませんから理解に苦しみますが、それでも身振り手振りで一生懸命接してくれます。
その後は日本で仕事につき自由な時間も少なくなってしまったので一人旅はしていませんが、大型連休の度に友人や家族と海外へ出かけます。
そのときはいつも完全フリープランで申し込み、ホテルと飛行機のみ手配してもらう感じなので、滞在中はほぼ個人と変わりません。
個人で行動する時は当然下調べは重要ですが、どんなに調べてもいざそのときになると分からないことが出てきてしまいます。
私は自ら尋ねる勇気が必要だと思います。
言葉が通じない不安はよく分かりますが、道に迷ったとき、例えば手に持っている地図や行き先の情報など、現地の人が分かる文字で書いてあるそこを指差せば大抵理解してもらえますし、物を購入するときも同じで指で示し1だの2だの表せば大丈夫です。
ジェスチャーはダサいですが、言葉の通じない人間にとっては大変有効です。
あとは本当に片言の単語と笑顔を加えれば大抵のことがカバーできると思います(^^)
何処へでも入国が許可される日本人の特権を活かして是非海外へ行ってみて下さい。
しかしながら、事件や事故には巻き込まれないよう、十分注意して下さいね。

英語は全く話せませんが、オーストラリアへ1ヶ月、カナダへ2週間一人旅したことがあります。
旅といいましても、いろいろ回ったわけではなく1都市に留まっていましたが、私の目的はとにかくのんびりちょっとした現実逃避の気分でした。別に傷心だったわけでもありませんよ(^^)
英語出来ませんし、読むこともままなりませんがどうにかなりました。
自炊もしたので食材を買うときなどうまく買えずなんだか随分ぶ厚いお肉を買ってしまったり、カナダでは路面バスが故障(日常茶飯事らしいですが)し、途中わけも...続きを読む

Qなぜ若い男性は旅行に行きたがらない?

なぜ若い男性は旅行に行きたがらない?

海外旅行なんて若い男性よりも若い女性の方が圧倒的に多いですし。
(1990年代半ばくらいまでは、バックパッカーの海外旅行は若い男性に人気があったらしいですが。)


海外どころか国内旅行も(一人で旅行しているのも)若い男性よりも若い女性の方が多いと聞きました。

京都に住んでますが、地図を見たり、ガイドを見て探しているのは
若い世代は、女性ばかりです。一人で観光しているのも若い女性の方が多いです。

京都以外でもそうです。一人で地図やガイドを見ているのも圧倒的に若い女性が多いです。

旅行は、男性も女性も両方多く行く場所が違うという風に思っていました。
例えば、男性は大宮鉄道博物館などの科学系や技術系の博物館やレトロな建物が多く、女性ならファッション街など


世界のみならず日本国内にも男性趣味的な場所はたくさんあるのに。


日本では、USJ,日本科学未来館、トヨタ博物館、
ブリキのロボットが置かれたレトロ系博物館(最近昭和ブームのためか増えてます)、など


繁華街を歩いていても若い女性のほうが若い男性よりも圧倒的に多いです。
一人で歩いているのも若い女性の方が多い気がします。



僕は、レトロ系、現代史、乗り物(鉄道、軍用機など)に関心がありそれ関連の博物館や航空ショーへ行きます。そのためか旅行が大好きです。大学の卒業旅行は、ベルリンへ行く予定です。

若い男性は実際に見てみたいとか食べて見たいとか思わないのでしょうか?不思議です

僕は、いろいろな所に行っていろいろな物を見たくてウズウズしています。

(中高年や結婚して妻子がいる男性の場合は仕方が無いと思います。
男性は働いていて忙しくて、財布は妻が握っている場合が多いですから。)

問題は大学生とか若い世代です。男性もたくさん時間があるはずなのに。

最近では旅行以外でも若い男性よりも若い女性の方が(特に娯楽に関しては)アクティブに外に出て行動的で活発で元気に見えます。(その傾向が出てきたのは1990年代半ば位からというのを聞きました。)


よく聞きます。


最近では男の子よりも女の子の方が好奇心旺盛で行動的、それに比べ男の子は元気が無いとか


昔に比べて男性向けの娯楽は増えているはずなのに
(特にメンズファッション系は増えていると思います。)



なのにどこもかしこも若い女性ばかり。



男の僕からしたら面白くありません!!

何お前(若い女性)らばかり楽しそうに盛り上がっているのだ!!


と言いたくなります。


なぜかは分かりませんが、僕は周りが女性ばかりだと疎外感と言いますか

仲間はずれにされたみたいな気持ちになるのです。

若い男性を海外などへ旅行へ行かせて若い女性らに対抗したいわけです。


もしくは、若い男性がたくさん集まる場所をもっと作って若い女性が集まる場所に対抗したいわけです。


もちろんそれが、自分のワガママであることは分かっています。

分かった上で書いています。

なぜ若い男性は旅行に行きたがらない?

海外旅行なんて若い男性よりも若い女性の方が圧倒的に多いですし。
(1990年代半ばくらいまでは、バックパッカーの海外旅行は若い男性に人気があったらしいですが。)


海外どころか国内旅行も(一人で旅行しているのも)若い男性よりも若い女性の方が多いと聞きました。

京都に住んでますが、地図を見たり、ガイドを見て探しているのは
若い世代は、女性ばかりです。一人で観光しているのも若い女性の方が多いです。

京都以外でもそうです。一人で地図やガイ...続きを読む

Aベストアンサー

> なぜ若い男性は旅行に行きたがらない?

こんにちは。 

69才男性 大学を卒業する前に父から世界一周して来いと言われました。 その時は実現しませんでした。 その後、仕事で世界約50ヶ国回りました。 世界は広い。 そこに行かなければ到底理解できない事が山のようにある。 それだのに、若い男性は行きたがらない。 それは私もそうだったからわかります。 

一言でいえば、職場の人間関係を気にしているから。 偉くなるのには上司に睨まれたくない。 だから目立たないように。 そう言った考え方が世の男たちを小さくしている。 

私はいつも他人の目ばかり気にして生きていました。 いつも他人に褒められたい。 良い評価を受けたい。 そう言う小心翼々の人間でした。 そんな二重人格が嫌で嫌で堪らなかった。 要するに他人の目に拘束された奴隷でした。

そんな私が百八十度変わりました。 他人の目から解放されたのです。 今は奴隷なんかじゃありません。完全な自由人です。 他人の目から解放され、心が開放されました。 

今の若い人たちに言いたい。 開放を体験しなさい。 他人の目、他人と比べる自意識。 そんなものから開放されなさい。 そして伸び伸び生きなさい。 上司のご機嫌取ったって、取らなくったって大した差はありません。 

私は飲料用アルコールの日本最大手に37年勤務しました。 周りは当然お酒飲みばかり。 お酒を飲めないやつは、なんてずっと言われました。 そう言った連中は今どうなっていますか? 殆ど全員アル中になっています。 

結局、自分を貫いた人間がこの年になると、『圧倒的な勝ち組』です。 お陰さまで、、、。

お付き合いも好い加減にして、自分らしさを出しなさい。 それが結局は後悔しない生き方に繋がるのです。 人の評価はその人が死んだ後になされるものではないでしょうか。 あなたの名刺があなたの評価なんかじゃありませんよ。 そんなくだらないことに拘泥するなんて馬鹿げていますよ。 

> なぜ若い男性は旅行に行きたがらない?

こんにちは。 

69才男性 大学を卒業する前に父から世界一周して来いと言われました。 その時は実現しませんでした。 その後、仕事で世界約50ヶ国回りました。 世界は広い。 そこに行かなければ到底理解できない事が山のようにある。 それだのに、若い男性は行きたがらない。 それは私もそうだったからわかります。 

一言でいえば、職場の人間関係を気にしているから。 偉くなるのには上司に睨まれたくない。 だから目立たないように。 そう言った考え方...続きを読む

Q海外旅行に年に何回も行ける理由を教えて!

素朴な疑問です。
つい先ごろ、新婚旅行でヨーロッパへのツアー(8日間)に参加したのですが、
30代・20代の一人旅の女性が10名以上おられました。
海外旅行が趣味で年に数回海外旅行へ出かけているそうです。

私は海外旅行は初めてだったので、独身の若い女性が一人旅で、平日にこんな高額なツアーに年に何回も参加できるとは凄いと、びっくりしました。

しかし、ちょっと疑問に思いました。
そんな一週間以上のお休みを、しかも平日に、年に何回も取れる職業があるのかと。
学校の先生(夏休み・冬休みを利用)・一流企業のOL(会社の福利厚生で勤続年数により、必ず年に10日、休まなければならないそうです)ならわかるのですが、
そうでない職業の方はどうされているのでしょうか?

また、旅行費用は高額ですし、それほどの年収を得ているということは、
職場で責任が大きいでしょうし、有給休暇が取りずらいように想像してしまうのです。

貧乏人の素朴な疑問です。気分を害したら、申し訳ないです。
海外旅行に詳しい方、どうか、教えてください。

Aベストアンサー

>そんな一週間以上のお休みを、しかも平日に、年に何回も取れる職業があるのかと。

ある程度の勤続年数になれば、法定により、最低でも「年20日の有給休暇」が与えられるので、普段から有給を使わないで溜め込めば、月~金の5日間を4回休めます。

週休二日なら、土、日休み、月~金の5日間を有休、土、日休み、と言う9連休を、年に4回取るのが可能になります。

>また、旅行費用は高額ですし

HISのおかげで、海外旅行は価格破壊されてて、オフシーズンにちょっと不便な航空路を使う、とかだと、1人当たり10万未満でヨーロッパ旅行も可能。

場合によっては、国内の一流の割烹旅館に泊まった方が旅費が高くなったりします。

>職場で責任が大きいでしょうし

「責任のある人」って、普段、何も無い時は居なくても何とかなるのです。そして、何かあったときにだけ「責任を取る」のです。

だから、何もない時期なら、意外と休みは取り易いのです。ある程度偉くなると「居ないほうが部下の仕事が捗る」のです。

>貧乏人の素朴な疑問です。気分を害したら、申し訳ないです。

「具合が悪い」とか、「風邪気味で」とか、「病院に」とかで、ちょこちょこ有休を使っちゃってる人には、想像できないと思います。

>そんな一週間以上のお休みを、しかも平日に、年に何回も取れる職業があるのかと。

ある程度の勤続年数になれば、法定により、最低でも「年20日の有給休暇」が与えられるので、普段から有給を使わないで溜め込めば、月~金の5日間を4回休めます。

週休二日なら、土、日休み、月~金の5日間を有休、土、日休み、と言う9連休を、年に4回取るのが可能になります。

>また、旅行費用は高額ですし

HISのおかげで、海外旅行は価格破壊されてて、オフシーズンにちょっと不便な航空路を使う、とかだと、1...続きを読む


人気Q&Aランキング