今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

フィギュアスケートの大会って、しょっちゅう日本で開催されてるな~と
感じるのですが、勘違いでしょうか?

ただテレビでやるから、そう感じるのでしょうか?

逆にもし本当に日本開催が多いのでしたら
理由はあるのでしょうか?

ちょっと気になりました。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>勘違いでしょうか?



いいえ、勘違いではありません。
バレーボールとフィギュアスケートの国際大会が日本で開催される割合は異様に高いです。

まぁ、早い話が『お金』なんですがね。
これは「世界の視点」で見れば分かります。
バレーボールの場合、世界の視点で見れるとマイナースポーツに分類されるんですよ。
世界の中で人気が有るのは日本ぐらい、TVの放映権を争奪するのは世界中でも日本ぐらい。
他の国ではスポンサーになってくださいと企業にお願いしなければならないのに、日本では勝手に名乗り出てきます。
それと治安とインフラは日本は世界最高レベルなのです。
この前のソチ冬季五輪だってすぐ隣でドンパチ始めて緊張が走りましたよね?
日本ではそんな心配は皆無です。

フィギュアスケートのようなウインタースポーツの場合は、地域や国が限定されます。
全世界の視点から見れば、生まれてから一度も雪や氷なんか見た事が無いなんて人達が住んでいる国がたくさんあります。
冬のオリンピックでアフリカやアラブや南米の国が活躍したなんて聞いた事ありませんよね?
全世界で行われるサッカーなんかとはエライ違いです。
またウインタースポーツと言っても国民性の違いと言いますか、日本ではフィギュアスケートが人気ですが、フィギュアスケートよりコンマ何秒かのタイムを競うリュージュとかボブスレーのようなそり競技の人気が高い国もあり、世界を見渡す限りフィギュアスケートでお金を集められる国がそんなに有る訳ではないのです。
日本なんかはそのお金が集まるのが世界一位と言っても過言ではありません。

それが理由ですよ。  
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり勘違いではないんですね!
しかもこんな立派な理由まであったとは。
確かに、日本選手も多いし、
人気もありますもんね!

バレーがマイナースポーツというのも
意外でした!

ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/03 15:56

8月からこの4月までで日本で開催されたのは、


10月の  ジャパンオープン
11月の  NHK杯
12月の  ジュニアグランプリ
3月の   世界選手権
 
この4回となります。世界大会は33回実施されており、このうちの4回が日本開催と言うことになります。
これはイタリアの4回と並んで、最も多い回数となります。
アジアでは、タイ 1回  中国 1回 台湾 2回 だけですから、日本の4回はダントツに多いですね。アメリカ 1回 カナダ 1回 メキシコ 1回 と言うのも意外です。
日本の開催が多いのは人気がある為に、スポンサーが付き易いのです。必ずテレビ中継されますので、放送権料も入ります。
日本スケート連盟としてはもっと開催したいのが本音でしょう。実施された世界大会は、下記のサイトで確認することができます。
http://skatingjapan.or.jp/figure/event.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アメリカ、カナダが少ないのは意外ですね!
そしてイタリアでも人気があるんですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/03 15:57

>ただテレビでやるから、そう感じるのでしょうか?


そうだと思います。
日本のみの開催だと
・ジャパンOP
・NHK杯
・全日本選手権
くらいでは?後は海外転戦するものや、オリンピックの様に開催地が毎回変わるものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3回でも多い気がしますね。

日本は選手も多いし、
日本開催が多いと有利になりそうですよね。

冬しかやらない競技だし
たくさん見られるように
日本開催が増えるといいですよね!

お礼日時:2014/04/03 16:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニースのリンクに日本企業の広告ばかり?

今、テレビでフィギュアの世界選手権を見てて疑問に思ったのですが、
フランス・ニースで開催されているのに、リンクの壁の広告がほとんど日本の企業なのですが・・・。
もちろん、大会中だけなのでしょうが、それにしても日本企業ばかりがスポンサーではないと
思うのですが、どうなんでしょうか?。

Aベストアンサー

世界選手権に限らず、どの試合でも日本の広告が一番多いと思います。それにしても今回は多かったのも確かですね。

現在、ヨーロッパでもアメリカでもフィギュアスケートは決して人気のあるスポーツではありません。
TVの視聴率も余り取れませんし、試合のチケットも売れ残り続出です。

今回のニースでも、SPは無料でした。ただで見れるのですよ。それでも空席が目立ちました。
フリーとエキシは有料で、観客も入ってますから、まぁ、まだいいものを見たいファンはいるわけですけど。

日本では、NHK杯も全日本も、売り出し日に完売、高額でオークションで取引されています。中止になった世界選手権のチケットも大変な争いになってました。こういう国は今は日本だけなのです。

そして、ISUは集金の好きな興行団体ですから、TV放映権も広告料も高く吹っかけます。喜んで払うのは日本企業しかいないのではないでしょうか?
欧米の企業にとっては割が合わない媒体ということです。これがサッカーなら競ってスポンサーになりたがると思います。

要するに、今はアジアで人気のスポーツなのです。
しかし、真央人気というのがかなりその多くを占めてましたから、今回のように不調だとすぐに視聴率が下がります。日本での人気も陰りが出てきましたから、徐々に減るかもしれません。

世界選手権に限らず、どの試合でも日本の広告が一番多いと思います。それにしても今回は多かったのも確かですね。

現在、ヨーロッパでもアメリカでもフィギュアスケートは決して人気のあるスポーツではありません。
TVの視聴率も余り取れませんし、試合のチケットも売れ残り続出です。

今回のニースでも、SPは無料でした。ただで見れるのですよ。それでも空席が目立ちました。
フリーとエキシは有料で、観客も入ってますから、まぁ、まだいいものを見たいファンはいるわけですけど。

日本では、NHK杯も...続きを読む


人気Q&Aランキング