色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

こんにちは。去年の11月に試合に行ってから、
FC東京のクラブチームのファンになりました。

もう何回も見に行っているのですが、
ソシオの方が得だよ!!ということをいわれました。

自分で調べてみたはいいのですが、結構わからないことがたくさんあり
こちらに質問させていただきました。


たとえば、 ホーム(上層・下層)の年間チケットの場合、
年間の?料金を払えば、 20試合の試合は全部みれるのでしょうか?
それともチケット料金はこれとは別ってことでしょうか…?

また、一般会員よりもSOCIO会員の方が料金が安いのですか…?


全然理解できなくて困ってます…。
この手続きは、味スタでするんです…よね?



あと、こちらもわかりません…
(1)*クラブサポートメンバーと、SOCIOは全く別のものですか???
(2)*アウェイのチケットはこれには含まれないということですか?




本当に初心者なので、詳しく教えてください…。よろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

SOCIOというのは、ようするに「年間チケット保有者」のことで、払うお金は年間チケット代です。

リーグ戦17試合とナビスコカップグループリーグ3試合の計20試合分のチケットを買う、ということです。まとめて買うから割引になっていて、6割強の試合に行けるのなら、年間チケットが割安になります。

ただ今年はもう年間チケットの販売は終わっていて、8月以降の「後半チケット」の販売まで待つ必要があります。手続きはスタジアムでもWEBでも、郵送でも可能です。

「SOCIO会員」という言い方もされているのですが、じゃあ「一般会員」というがあるかといえば、そんなものはありません。SOCIOでなければ、会員ではない「一般」です。

また、アウェイのチケットはこれに含まれていません。チケットの販売権を持っているのはゲームの主催者であるホームクラブだけなので、FC東京がアウェイゲームのチケットを売ることはできません(仮に制度的にはできたとしても、そもそも料金もクラブごとに違いますし、割引率の設定を考えても、実際には不可能です)。

で、ほかの回答者が「味の素スタジアムのみでほかのスタジアムの場合は割引券」と答えていますが、これは誤りです。国立でも駒沢(やることはまずないですが)でも、なんなら熊谷や松本(過去にやったことがある)でも、年間チケットに含まれます。

「味の素スタジアム以外の会場の場合、引換券などを発行する」というのは、主に指定席SOCIOが対象です。スタジアムが変われば味スタとは座席の位置や座席番号が変わるので、その対応のためです。

それから「クラブサポートメンバー」ですが、これはSOCIOとはまったく別物です。「クラブサポートメンバー」というのは、主にアカデミー(ユースやスクール)の運営資金の一部をサポーターも負担しようというものです。「ゴール裏で応援うんぬん」とはまったく関係がないので、これについても他の回答者の方は勘違いをされているようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても詳しく回答してくださってありがとうございました。
本当に助かりました!!

かなり理解できたので、ベストアンサーにさせていただきます!

お礼日時:2014/06/05 20:54

こんばんは



ホームゲームの20試合という事ですね
http://www.fctokyo.co.jp/year_ticket

手続きはネットでもできると思いますこの先半年用が発売されるようですね
(2)あくまでホームのみです
味の素のみという事です
ホームで他スタジアムで行われる場合割引券などが準備されるようです

毎回見に行けるのであればSOCIO会員が一番お得です
ゴール裏とかでガツガツ応援するならクラブサポートメンバーです
チケットはその都度購入するわけですから
http://www.fctokyo.co.jp/studium
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング