祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

こんにちは。
私は金魚を飼っているのですが、飼って二年目の出目金の様子が一週間前からおかしいです。
目や顔に白いもやのようなものがついておりましたので、水カビ病だと判断しメチレンブルーで薬浴と、同時に塩浴を行っていました。
しかし、一週間経った今、先ほど出目金の様子を見ると白いもやではなく、白い点が出目金の頭部に着いているようにみえます。
出目金は、今のところ元気に泳ぎ回り、壁に体を擦り付けるといった行為は見られませんが、朝の最初のうちは端に沈んで、軽く何度か痙攣していました。また、水槽に白い小さなほこりのような、カスのようなものが漂っています。
容量を添付するために小さくしたので、ぼやけて分かりにくいかもしれませんが、画像も添付させていただきます。
金魚を二年間飼っていて、病気にさせてしまったのが初めてで、病気の名前や状態は自分なりに調べて勉強していたつもりだったのですが、出目金の病気と対処法を正確に判断することができません。私の勉強不足です。
どんな病気なのかわからず、もしかしたらもう手遅れなのかもしれませんが、出目金にできる限りのことをしてあげたいので、どなたか病気に詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答をお願いします。
また、水中に漂っている白いカスのようなものの正体ですが、塩浴したことと関係あるのでしょうか?水カビ病は水中に病原体が漂うという記事を読んだのですが、それと同じようなものでしょうか?
もしそうなら水を全変えするか、出目金を違う容器に移した方がいいですか?
何も知らなくて、本当に申し訳ないのですが、教えてください。お願いします。

「出目金が病気です」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そのものズバリリセットは全交換ですし、リカバリーは一部を残しての転用です。

水カビや細菌は鳥類の基礎体温の40℃近くでないと死に絶えませんし、薬浴をする場合は30℃近くまで徐々に上げて行き、細菌を弱める方法しかできません。金魚は一部の系統や特殊品種以外は-30℃以下の温度には耐えれますが、30℃以上の高温には耐えれません。

 私がリカバリーを勧める場合は熱帯魚以外では勧めれませんし、それ以外では抗体を失わせて個体を殺して様な事をしてまでも殺菌をする必要がないからです。卵の場合については孵化に時間が要する場合には行う事はありますが、奇形や障害のリスクを抱えての挑戦になりますからギャンブルや博打と同じです。

 この場合は25時間以上カルキ抜きをした水を用意してから隔離し、移動させる方法が無難です。この方法の薬浴の場合は個体に負担を掛けませんし、リスクも多くありません。泥被り病、水カビ病は迷惑メールと同じであり、フィルターを掛けても別のアドレスから侵入するのと同様ですし、翌年以降にはアップデートされて再度でますのでリカバリーで済ます様な手抜きをしては駄目です。

この回答への補足

遅くなってすみません!
結果をご報告した上、再度お礼をさせていただきたかったので、ベストアンサーを決めて質問を締め切るのを後回しにしていました。
出目金の白い点のようなものは消え、異常を発見して一ヶ月近くたった今でも元気に生きています!
餌をあげると凄い勢いでやってきます!
これからは病気にさせないよう、管理をしっかりしようと思います。
本当にありがとうございました!

補足日時:2014/06/13 16:30
    • good
    • 1
この回答へのお礼

3度にも及ぶご回答ありがとうございます!
何度もわかりやすく教えていただき、本当に感謝しています‼︎
早速、本日家に帰って水をくんで、水槽のリセットの準備をしようと思います。
本当に何度もご丁寧にありがとうございました!

お礼日時:2014/06/01 18:00

私が書いた他の個体がいるかは単独飼育か複数飼育かを聞いた内容ですし、単独の場合は後者の可能性があり、複数の場合は前者の可能性があるので回答をしました。

説明が足らないと思いますので補足として書き、参考にしてください。

 前者の場合は複数飼育の個体ですとオスは追星と呼ばれる白いブツブツがでますし、メスに対してストーカー様な行動をする事を書きましたので貴女の飼育の場合は該当をしません。参考までに書きますとこの状態ですとオスが若く、メスが高齢ですと命に関わりますので注意しないと衰弱死をする要因になります。

 後者ですがこれはデメキンとオランダシシガシラの交配種であるリュウガンと呼ばれる個体の事を書き、特性はデメキンの頭に瘤が出るタイプですし、この個体は中国が原産ですあり、普段は愛好家しか視ないタイプですので気付かない場合があります。頭に瘤がでるタイプは脂肪の塊を吹き付けたような感じで頭部に白く、広がりそれが肉瘤になります。

 これ等を確認する好ましい方法としてはネットで個体を掬い確認する事ができれば問題はありませんし、前者はブツブツで突起した感じであり、後者はべとべとですので状態は異なります。

 白点病の場合は全身に拡がる細菌に因る疾患ですので応急での処置で50時間程度の塩水浴で回復をしますし、細菌やカビが要因の場合には効果があります。これが不規則な白点ですと白雲病であり、低温から高温に移る時期に罹患します。対応は白点の例と同じ方法で対応ができます。

 この個体が外傷をしていなければ水カビ病、泥被り病に罹患をすることはありませんし、少し温度を上げると要因になる細菌やカビは死にます。エサを与える際に脂肪分が多いと偏りから粘膜が剥離する場合には罹患をしますので該当する場合にはエサを変更し、品質と栄養の好いエサにすると問題はありません。

 水中に漂っている白いカスの様な物の正体ですが細菌とカビの可能性がありますのでリセットを早期に行い、転用をするリカバリーをしたら駄目です。曝気(エアー)が濾過のタイプの物でしたら新しい濾過材、綿に交換して個体を入れずに5日以上処理し、この時の使用した物は再び使用する事はできません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます‼︎
水槽をリセットするとのことですが、水を全変えということでお間違いないでしょうか?
お礼の覧での質問で失礼します。

お礼日時:2014/06/01 10:15

曽祖父の代から飼育をし、飼育歴45年のベテランです。

考えられる要因は何点かありますし、該当をする事がありませんか?

 <他に金魚を飼育している>
 その個体がメスですとこの個体はオスの可能性がありますのでオスは繁殖期にこの様な状態になりますし、昨年度は成熟をしていませんでしたので見受けられなかったのが正解です。

 <デメキンと異なる種別>
 デメキンの系統は大半はリュウキンに準じた個体が多いのですが、稀にオランダに準じた個体の場合はこの様な状態になります。リュウガンと呼ばれるこの個体は肉瘤がでますので吹き出物はでますし、日本ではアカリュウガンが多いのですが、クロリュウガンは中国からの輸入個体から増えて来ています。

 上記の場合は疾病、疾患ではありませんので所見なしで心配する事はありませんし、問題はありません。

 もやに関しては水草等はどの様な管理をされているかで回答は変わりますし、思い当たる事はありませんか?巻貝がいると水質を悪化させる場合があり、卵や稚魚を襲いますし、死ぬと腐敗して硫酸塩を生じさせます。この状態になるとモス(コケ)、アルジー(モ)は枯れますし、もやが出ますのでリセットをしないと駄目ですし、水を転用するリカバリーはできませんのでエビやカニを入れている場合には死にます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
この出目金はここ一年間ずっと一匹で飼育しています。
出目金と異なる品種かは、すみませんが私にはわかりません。知恵不足で申し訳ありません。足しになるかはわかりませんが、この出目金は金魚すくいですくいました。
また、水草や他の生き物は入れていません。

補足日時:2014/06/01 02:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒の出目金を飼っているのですが、白雲病か白カビ病にかかったみたいです。

黒の出目金を飼っているのですが、白雲病か白カビ病にかかったみたいです。病状は深刻なようです。ほとんど動かず、水槽の下に沈んだままで、尾は少し動き、口はパクパクさせてはいます。もう手遅れなのでしょうか?
ネットで治療方は調べたのですが、手遅れならば仕方がないと思っています。でも助かるなら助けてあげたいと思います。明日には治療用の薬剤を買ってこようと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1ですが補足します。

塩分濃度は0.5%程度でした。
また水温は25度キープのヒーターを購入して設置しました。
※安定した今ではヒーターを外しています。
唐辛子はコンビニ等で売っている乾燥唐辛子を30cm水槽に2本
そのまま投入しました。
なお、エサのやり過ぎも疑われます。
残らないよう少なめに、1日1回程度で十分だと思います。
ちなみにメチレンブルーは使いませんでした。

参考にしてがんばって下さい。

Q金魚の体に白い膜のようなものが!!

金魚の体に白い膜のようなものが!!
一週間ほど前に金魚すくいで手に入れた出目金1匹、金魚2匹のうち、今朝金魚が1匹死んでいました…
遺体を埋葬するときに体に白い膜のようなものが覆われていたことにびっくり。
よく見ると生きている出目金さんにも白い膜が!!
なんだか、出目金さんも動きが悪く…水槽の下でうずくまったり、気持ち移動したりの程度。
弱ってきているように見えます。

(1)塩浴ってやつをしてみたほうがよいでしょうか?
(2)もし、するとしたら…方法を教えてください

なんせ、金魚は初めて飼うもので不安です…

Aベストアンサー

白雲病か水カビ病だと思います。
水カビ病は白雲病より菌糸が目立ち、カビという感じがします。
白点病ではないと思いますが、どちらにせよ白点病と白雲病と水カビ病は同じ薬で対応出来ます。

症状が進んでいると塩水浴では完治しないので薬浴させてください。
弱っているならトドメになりかねませんが、何もしなくても死んでしまうでしょう。
薬は店員さんに相談してもいいですし、No1の方が記述している薬のどれでもかまいません。
ホームセンターにペットコーナーがあるなら大抵売られています。


金魚を、他に用意できる入れ物がなければバケツにうつし、エアストーンでエアレーションします。
小さめの器に水と規定量の薬を溶かしたものを用意し、バケツに10分以上時間をあけて少量ずつ加えていきます。
まだ金魚が小さければ薬は規定量より若干少なめにしてください。

一週間を目安に薬浴し、その間絶食が通例ですが、小さければ3日に1度は少量の餌をあげてください。
水から異臭がしたときは1/3もしくは1/2交換します。
くれぐれも交換する薬水は一気に加えず、徐々になじませるように慎重に加えてください。

塩水を加える場合は0.5~0.6%、1リットルあたり5~6グラムになります。
小さければ0.3%でかまいません。
塩は蒸発しないので、交換する分の塩の量は若干少なめにしなければ濃度があがってしまいます。
家庭で使われる食塩で大丈夫です。

出来れば今日中に行ったほうがいいと思います。

白雲病か水カビ病だと思います。
水カビ病は白雲病より菌糸が目立ち、カビという感じがします。
白点病ではないと思いますが、どちらにせよ白点病と白雲病と水カビ病は同じ薬で対応出来ます。

症状が進んでいると塩水浴では完治しないので薬浴させてください。
弱っているならトドメになりかねませんが、何もしなくても死んでしまうでしょう。
薬は店員さんに相談してもいいですし、No1の方が記述している薬のどれでもかまいません。
ホームセンターにペットコーナーがあるなら大抵売られています。


金魚を、他...続きを読む

Q出目金が底の方で動かず元気がありません

飼ってから1カ月ほどです

最初はお祭りで子供がすくった金魚1匹を虫カゴで1週間程飼っていたのですが
すぐ亡くなるのかなと思っていたんですが、あまりにも元気なので金魚鉢を買う事に

そこで出目金がどうしても欲しいという事で、黒の出目金を1匹飼い
金魚鉢で一緒に飼う事にしました
(金魚鉢の大きさ的には金魚2匹程度と書かれていました)

3週間程は問題無く元気だったのですが、2日前に金魚が亡くなり
今は出目金のみですが、その出目金も下の方に沈んでしまい一切動こうとしません
ひれも動かさず、動いているのは口と目のみです
金魚鉢を動かすと少し泳ぎますが、なるべく動かさないようにしています

亡くなった金魚と出目金に外傷は見られず、何が原因なのかわかりません
知識が無かったのもあり、2・3日前に水を全部変えてしまいました(カルキ抜きした水です)
水変えで砂利を綺麗に洗い、水草も綺麗に洗ってしまいました…
以前も全部変えましたが、その時は大丈夫でしたが
全部変えていけないというのは、後から知りました

飼育環境としては
金魚鉢の中に水草・砂利・エアーポンプ(エアフィルター付き)です
温度調節はしていません

調子が悪くなったので、色々調べましたがエサのあげすぎかもしれません
金魚用の小さなエサをほんのひとつまみあげていましたが、食欲が多い時はそれを1日2回あげたりしていました
底に沈んでしまってからは、絶食させた方が良いと見てエサはあげていません
水はそこまで濁っていませんが、近くで水の匂いをかぐと魚臭い匂いがします
アンモニア中毒でしょうか?

塩浴槽とか色々見ましたが、怖くてただエサをあげず様子を見る事しか出来ていません
水を変えたりすると、また環境が悪くなるだけかなと思い出来ずにいます
アドバイスお願いします

飼ってから1カ月ほどです

最初はお祭りで子供がすくった金魚1匹を虫カゴで1週間程飼っていたのですが
すぐ亡くなるのかなと思っていたんですが、あまりにも元気なので金魚鉢を買う事に

そこで出目金がどうしても欲しいという事で、黒の出目金を1匹飼い
金魚鉢で一緒に飼う事にしました
(金魚鉢の大きさ的には金魚2匹程度と書かれていました)

3週間程は問題無く元気だったのですが、2日前に金魚が亡くなり
今は出目金のみですが、その出目金も下の方に沈んでしまい一切動こうとしません
ひれも動かさず、動...続きを読む

Aベストアンサー

通常のちゃんと濾過の効いた水槽の匂いなら大して臭いませんから、濾過不足からくる中毒もしれませんね。
ちなみに水換えの全換えは、魚に凄く負担になりますからPHショックが原因かもしれません。
もちろん、全換えは、濾過バクテリアにもダメージを与えます。
もしPHショックが原因なら打つ手は、気休めに粘膜保護剤入れて祈るのみです。


匂いがするなら恐らく濾過不足も考えられるので飼育環境の改善と濾過強化を考えつつ、とりあえず少量5~3分の1程度を1日一回くらい換えて上げて下さい。
一気に多量に換えては、ダメです、ちゃんとカルキ抜きして少量づつマメ、必ず水温も合わせる事がポイントです。


ちなみに金魚鉢は、水量が非常に少ないので水質管理は、難しくなりますから初心者の方向きでは、ありませんね…。
水量少ない小型水槽のが管理は、難しいんです。

Q金魚薬浴中。どんどんひどくなってきています(*´д`*)なぜ?

先日、薬浴についてこちらで質問させていただいたばかりなのですが、日に日に状態が悪くなってきている気がします。画像を添付しているので見てください。これはよくなる兆候なのか、やはり悪化しているのか・・。
メチレンブルーで薬浴中、水槽内を見ていると、掃除して水替えしたばかりなのに、糸状というか繊維質みたいなものがやたらにフワフワ~としていて、もしやカビ?と思い水も泡立つので居てもたっても居られず再度水替えをしました・・・。そして今度は、底砂もいれず(メチレンブルーで青色に染まってしまったので・・・)ヒーターのみを入れ、フレッシュリーフに変えました(いけないかな・・と思いつつ、あまりにも金魚にメチレンブルーが付着して(特に痛んでいる部分)辛かったので(*´д`*)
あ~こんなに色々やったら金魚に負担になってしまうと思いつつも・・。
どう見ても症状は悪化しているような感じですし、一番ひどい金魚はヒーターの近くにいきじーっとしています・・。もう諦めるしかないのでしょうか・・・。

Aベストアンサー

多分、白点病から併発した水カビ病だと思います。うちの金魚さんも水替えをした時に罹る事が多かったです。(水替えの時に浄水器や敷石まで洗いませんでしたか?)

とにかく、白点病を治すのが先決で、薬浴&水温の上昇しか対処法は無いでしょう。(うちの金魚はそう言う危機を3~4回は経験している。現在、10歳で、先々月に初めて卵を産みましたよ。)暖かく見守る事と、薬浴時は餌は少なめに。餌が残るともっと水が傷むので。(2~3日は餌さ無しでも生きてるもんです)

Q金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

金魚の寝かた(休み方)を教えて下さい。写真の状態は寝ているのですか?

家の金魚(娘がお祭りですくった白オランダ)は
時々、水槽の端にある水草(たまにヒーターの配線の隙間)に
挟まってジーッとしています。

頭が下の状態で動かないので最初は病気かと思ってビックリしましたが
普段は元気に泳いでいるし白点病など目に見える病気もないし
たぶんエラ呼吸も普通だし・・・寝ているのかな?思います。

みなさんの飼っている金魚はどうてすか?

飼育環境は40cm水槽・外掛フィルター・ブクブク(エアカーテン)
ヒーター26度・人口水草&水草(マツモ)です。

Aベストアンサー

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している時間帯を睡眠と定義できるようです。
(睡眠の基本的な特徴)
・長い不活動期
・反応の低下・安全な場所の選択
・特有の姿勢
・1日の中でほぼ同じような時刻に眠る
以上より、魚は睡眠状態に入ると、何も考えないでボーとしている。
恐らく目も見えているけど、ボケーとしている。
金魚は、運動機能、脳の活性を最低限まで落とし泳ぎながらボーとしている。
無理やり人間に当てはめると、声を掛けられればすぐに目覚めるくらいの、リラックスして気持ちよい浅い眠りについている状態。
もしも、自分の体に危害が加わるような緊急自体になると即、危険回避行動が取れるように準備しながら休憩している状態のようです。

参考:
井上 昌次郎 著「動物たちはなぜ眠るのか」(丸善ブックス)
http://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000000201_01.html

写真の金魚は(睡眠の基本的な特徴)を示しているようにも思えるので、多分、寝ているのだと思います。

そうすると、次に、何故、このような寝姿なのか?と言う疑問が生じます。
ひょっとすると、金魚にとって、水槽内の水流が強すぎる環境なのかも知れません。
唯一「水槽の端にある水草」部分の水流が弱いく、寝やすい場所なのかも知れません。

3時間ほど、金魚が寝る時間にエアポンプと外掛けフィルターを停止してれば分かります。
(3時間程度エアポンプと外掛けフィルターを停止して問題ありません、一回ではハッキリしないので数日掛けて数回試して見ます)
エアポンプと外掛けフィルターを停止しても、現在の場所で休むことが多いようならば、「水槽の端にある水草」部分が好きなのでしょう。

エアポンプと外掛けフィルターを停止したら「水槽の端にある水草」部分で寝なくなるようならば、水槽内の水流に問題があります。
ブクブクの設置場所や、外掛けフィルターの排水ルーバーの方向や取り付け位置を見直しを行い、水槽内に弱水流域を作った方が良いと思います。

金魚の睡眠とはなんぞや?という問題があります。
これに対して、東京医科歯科大学生体材料工学研究所所長、井上昌次郎先生は著書「動物たちはなぜ眠るのか」の中で、魚類の睡眠はレム睡眠で、脳は活性化していると研究結果を書かれています。
睡眠は、脳を休憩程度に軽く休めるものから、人間のように昏睡状態(ノンレム睡眠)近くまで脳の機能を停止するものまで、生物の種類により大きな開きがあると書かれています。
「霊長類・哺乳類・鳥類・爬虫類・両生類・魚類・軟体動物・昆虫」が以下の特徴を示している...続きを読む

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む

Q黒出目金の色や目の変化

黒出目金を飼っています。

夜になるとライトを消して、部屋の光が入らないようにタオルを被せているんですが…


たまに夜中に覗くと、ヒレや体は茶色、お腹に至っては白くなっています。

目も、白目と黒目がはっきりしています。



他の和金やコメットは、じっとしているだけでこうした目や体の色の変化はありません。


どうしてこうなるんでしょうか?

Aベストアンサー

茶色に見える件ですがこれは褪色をする前に皮膚に隠れている色素があり、光線等で浮かび上がって来ていますのでこれから現れる色が出ます。

 この場合は現在の色が鉄(不完全な黒)ですから黒飴に近い色が出ており、これにこれから出る赤が浮かび上がっている訳です。茶色の個体やグレーの個体に関しては腹部が白く浮かび上がる事はありませんし、黒味があります。また、正義のヒーローではありませんが、複数の褪色をしますので吃驚されたのかもしれません。

 本来の茶色(赤味が強い黒であり、見方に依っては紫に近い色)は最終的には黄色、グレー(青味が強い黒であり、見方に依っては緑に近い色)は最終的には薄い白になります。これはオランダ、リュウキン、ワキンの系統でないと出ませんし、ランチュウ、ハナフサ、デメキンの系統に関しては薄くなります。

 私の過去の飼育した個体の例を参照しますと貴方の個体は赤白の更紗になりますが、オランダやリュウキンの様な真紅ではなく、みかん色に近い赤ですので茶色に近い色に見えた訳です。ランチュウ、ハナフサの系統は墨汁の赤に近い色になり、同じ赤でも色調が異なります。

茶色に見える件ですがこれは褪色をする前に皮膚に隠れている色素があり、光線等で浮かび上がって来ていますのでこれから現れる色が出ます。

 この場合は現在の色が鉄(不完全な黒)ですから黒飴に近い色が出ており、これにこれから出る赤が浮かび上がっている訳です。茶色の個体やグレーの個体に関しては腹部が白く浮かび上がる事はありませんし、黒味があります。また、正義のヒーローではありませんが、複数の褪色をしますので吃驚されたのかもしれません。

 本来の茶色(赤味が強い黒であり、見方に依って...続きを読む

Q飼ってる金魚が横向きに浮いている

金魚すくいで先週すくってきた金魚の様子がおかしいです。水面に体を横向きにして浮いています。一見死んでいるようですが、かろうじていきはしています。このまま死んでしまうのかとも思ったのですが、もう30時間以上この状態です。といっても餌を食べないのでこのままだと死んでしまうのですが、これは何かの病気なんでしょうか?どこかで浮き袋(?)がおかしくなって浮いてきてしまう病気があるというのを聞いたきがしたのですが、分かるかた教えてください。

ちなみに、最後に水を替えたのは3日前(カルキは抜きました)、そのときから酸素ポンプと浄化槽もつけました。金魚は先週は7匹、今は4匹でうち一匹がその症状です。他の3匹はおなじバケツ内で飼っていますが、とても元気です。問題の一匹も、たま~に体をくねらせながら2,3秒ほど泳ぎます(この姿が、意思に関わらず浮いてきているように見えます)
どうしても死んで欲しくないので、試すと良い薬や経験談などなんでも良いのでアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

転覆病ですね。

この病気ですぐに死ぬことはありません。
他の魚にうつることもありません。
残念ながら、完全に治ることはむつかしいです。
ちゃんと餌を取れるように気を配ってください。
通常は高水温の飼育水で飼育する事により、回復する事が知られているが夏場はこれ以上水温を上げることは出来ません。

涼しくなったら、一匹だけ絶食させて、高水温(28~30℃)治療を開始します。
それまでは、暫く様子を見守る事になります。

金魚 転覆病 で検索してください。

参考URL:http://www12.plala.or.jp/poo_san/tie/byouki/byouki_tenpuku.html

Q金魚の目が白濁してます・・・

一つの水槽で和金とコメットを飼っています。

7年ほど飼っているコメットの右目が、一ヶ月ほど前から白くブヨブヨした何かに覆われてしまっています。
これは何の病気で、どう治療すればいいのでしょうか?
また、元々その目は瞳の部分が銀色っぽく、正常な目とは少し異なっていましたが、今回の目の白濁と何か関係があるのでしょうか?

また、つい最近、和金の方も片目の透明な膜が白く濁ってきました。
病気が伝染してしまったのでしょうか?

まとまりのない内容で申し訳ありませんが、回答をお願いします。

Aベストアンサー

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきます。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。
ただ、7年間も飼育しているとのお話。
毎日、水槽へ投入する餌は、細菌類に分解され最後の最後は酸性の滓になります。
この滓は、底砂の中に溜まります。
この水槽には、酸化物質が大量に底砂に溜まっているハズ。
金魚は、中性~弱アルカリ性を好むため、低pHでは調子を落とします。
そろそろ、底砂を交換する時期だと思います。
交換する底砂は金魚用と書かれたモノをオススメします。

白濁眼は、即、死に直結する病気ではありません。
通常、飼育環境を改善すれば、積極的な薬剤治療を行わなくても自然治癒します。
ですが、白濁度合いが進行し、デメキンのように大きく眼球が飛び出すと、何かに眼球をぶつけて、眼球を失う危険性があります。
眼球が真っ白に白濁し、腫瘍が大きくなる場合は、積極的な薬剤治療をオススメします。

白濁眼治療の今後の経過は、、、
・腫瘍が小さければ、長くても一ヶ月ほどで、白濁が改善し腫瘍も小さくなってきます。
・腫瘍が大きい場合、より一層白濁度合いを増し、場合によっては腫瘍が大きく出目金のようになることもありますが、二ヶ月程度で、ある日、突然、ボロッと白濁した主要部分が落ちて、中から正常な眼が現れ完治します。

白濁眼の薬剤治療は、
金魚のような塩耐性魚の場合は、0.5%塩水とオキソリン酸製剤による薬浴を一週間ほど行います。
オキソリン酸は濾過バクテリアや水草に被害の少ない薬剤ですから、直接本水槽で薬浴可能です。
白濁眼の魚が弱っていて食欲が無い場合、他の魚に虐められる可能性があるため隔離水槽で治療します。
治療完了後の水替えは、治療完了直後、7日目、10日目に水替え1/2を行い、薬剤と塩分を希釈すれば薬浴は完了です。

オキソリン酸製剤は、次の2種類です。
「グリーンFゴールドリキッド」
「パラザンD」

あまり良い写真がありませんが、下記を参照
http://www.kinhito.com/beginner/tosa07-2.html

注意
今後、飛び出した眼球の付け根に「血管の浮きだしや充血」が認められた場合は、「ポップアイ」別の病気です。
ポップアイはエロモナス菌が原因で、悪性の病気。
薬剤による積極的な治療が必要です。
ポップアイの薬剤、治療方法も、白濁眼と同様です。

恐らく「白濁眼」の可能性が高い。

白濁眼は、眼球表皮に細菌類が感染する病気です。
感染した細菌類を魚の免疫細胞が排除するために、白濁した大きな腫瘍が出来る病気です。
多くの場合、今後、眼球表皮が大きく出っ張ってきます。

原因は飼育環境の悪化。
・飼育水の汚れ。
・水温の急変。
・pHの低下。
一言で言うならば、水の汚れが主たる原因です。
今後は、マメな水替えと底砂掃除を行いましょう。
ただ、7年間も飼育しているとのお話。
毎日、水槽へ投入する餌は、細菌類に分解され最後の最後は酸性の...続きを読む

Q金魚の白点病で塩水浴の日数と水換え

硫金が白点病のようで胸鰭と鼻先に白い点が少しあります。バケツで塩水浴をさせていますが、エアレーションがないので、水草をほりこんであります。金魚は水草の陰に隠れているか、水草にはさまったように上の方を向いているかで、どちらにしてもじーっとしています。
すごく弱っているのかと思って水草をどけてみると、意外と元気そうに動いたりはするのですが。

白点病の完治には時間がかかると聞いていますが、どのくらい塩水に入れておいてもいいのでしょうか? またこの場合水替えはどのくらいの頻度でしたらよいのでしょうか? 餌はあげていません。ヒーターは持っていません。

以前、同じ水槽で飼っているメダカも白点病のように鰭や顔に白いつぶがついていたので同じように塩水に移したところ1週間ほどで治りました。今回も同じように治ってくれるとうれしいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水草は取りだしてください。塩水で弱る上に、光が足りないので枯れてしまい、水質を悪化させます。
逆に光を当てているなら、強さによっては薬を分解してしまうことがあります(特に太陽光)。このあたりは薬の説明書を見てください。

塩だけで治す場合、高濃度・高温にする必要がありますが、かなり危険なのでこのあたりは経験でするしかありません。
おおむね0.8%~1.0% 28~32度ほどですが、管理がとても難しいので(少し間違うと金魚が死んでしまう…)、私は0.6%の塩水浴と素直に薬を使っています。

私の場合、1週間を目安に治しますが、無理だった場合は、一旦塩水浴だけに戻して体力回復させ、また挑戦という感じになります。
水替えの頻度は金魚からすれば少ない方が良いですが、バクテリア濾過できないため難しいですね。
5cmくらいの金魚なら10リットルバケツで水替え無し1週間で治療したことがありますが、全く問題有りませんでした。
15センチくらいの金魚4匹が同時に尾ぐされ病になってしまったときは36リットルの衣装ケースを使い、1週間水替え無しで問題有りませんでした。
ただ、どちらの場合も物理濾過はしています。
例えば水作エイトの活性炭カートリッジを取り外し(活性炭は薬を吸着してしまいます)たものを入れてエアを送ると、水中を漂うゴミを吸い込むので、定期的に掃除します。
汚れは結構これで変わってくると思いますよ。
なお、エサをやるのは絶対だめです。水質が全く維持できません。
普通の金魚が1週間エサがないから死んでしまうことはありません。

なお、水温ですが、今の時期温度の変化が激しいため、バケツだと、朝と昼でまるでジェットコースターのように温度が変化します。とても治療どころではありませんので、ヒーターは必須です。
ただ、バケツのある部屋が24時間温度管理されているなら問題ないかもしれません。

はやく良くなるといいですね(^^)

水草は取りだしてください。塩水で弱る上に、光が足りないので枯れてしまい、水質を悪化させます。
逆に光を当てているなら、強さによっては薬を分解してしまうことがあります(特に太陽光)。このあたりは薬の説明書を見てください。

塩だけで治す場合、高濃度・高温にする必要がありますが、かなり危険なのでこのあたりは経験でするしかありません。
おおむね0.8%~1.0% 28~32度ほどですが、管理がとても難しいので(少し間違うと金魚が死んでしまう…)、私は0.6%の塩水浴と素直に薬を使っています。

私の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較