痔になりやすい生活習慣とは?

こんばんは!
最近友人と大河ドラマに付いて話をしていたときに、その友人から「京都の人って本当は新選組嫌いでしょ?」と言われ、ビックリしてしまいました。
私は京都市の近くに住んでいますが、そんなことは知りませんでした。
本当に京都(京都市)の人は新選組が嫌いなんでしょうか?
またそれは何故でしょうか?

具体的なお話を(こんな事があったから嫌い、見たいな)ご存知でしたら、ぜひ教えてください。

では、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

漫画やドラマなどで美化されたイメージがあるので、最近、新撰組が好きって人が増えてますが、実際の新撰組は漫画やドラマのように美男子ではありませんし、町の人間の迷惑など考えず、かなりやりたい放題で実際は幕府の威を借りたチンピラ集団でしかありません。


もともと武士ではありません。
今で言えば芸能人にあこがれて上京してきた田舎のチンピラってところでしょう。
それを幕府に利用されて人殺しの許可を得たので喜んで人殺しをしていた集団です。

有名な池田屋事件では店の主人は新撰組が踏み込んだ時、逃げろと言って、倒幕派の人間の味方をしていることからも分かるように世間の人は倒幕派の味方です。
もちろん、新撰組が幕府から貰っている金を落としてくれる店の人たちは感謝していたかもしれませんが・・・

警察手帳を持ったヤクザっていうのが、新撰組の真の姿です。

逆に坂本竜馬や桂小五郎に代表される倒幕派の人間は、本物の武士ですし、これからの日本のことを本当に考えているインテリも多いですし、刀を振り回して迷惑をかけることはなかった訳です。

これで世間の人がどちらを応援していたかは、一目瞭然でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

確かに彼らはそのような存在であったと思っておりますし、実のところ私自身、彼らにあまり存在意義を感じておらず、徒花的要素の方が多いと思います。
ただ、それが会ったこともない現在の京都の人に、新選組が好きと言う人に迷惑をかけてやろう、と思うほどに嫌われているのが本当かどうか知りたかったのです。

私の質問文、そしてなにより質問タイトルが過去形になってしまった事に間違いがあったとおもいますので、質問は一度締め切らせて頂いて、質問文を推敲し、再度投稿させて頂きたいと思います。

ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/05/18 07:37

補足ですが



新撰組は会津藩の指揮下にありましたが、京都で「田舎侍」、「かいづ(会津)とはどこのこと?」等と呼ばれ蔑まれたとも言われています。

#出典:会津鶴ヶ城にあった展示
    • good
    • 0

京都のあの時代の人たちは天皇家を戴く地であることに誇りをもっていたようです。

新撰組は関東にいる将軍(幕府)の肝いりで尊皇攘夷(天皇家を敬い外国の圧力を粉砕すべし)という護衛団のように関東で組織され、京都に行きました。
もともと、東夷(あずまえびす)と呼ぶくらい関東を田舎扱いしていた京都の人たちにとって、力(刀?)にものを言わせて町中を歩き回った新撰組はコワイ存在だったのです。また結成当初の局長の一人であった芹澤鴨氏とその一党はかなり傍若無人の振る舞いをした(らしい)と語る史実を記載したものも残っています。
例えば有名な(裏を返せば関東人を見下していた)料亭で気に入らないことがあった時、いきなり刀を抜いて柱に斬りつけた、とか。

また、結成当時は信頼してくれる人もいなくて、ゆえに寄付も少なく給料もなく、お風呂にも入れないまま着替えもなしにゴロゴロしていて、
臭かったらしい…というのも読みました。壬生の浪士=みぶろではなく「みぼろ」みたいな。

あの時代に、それぞれの人が何を考え、どれを正義としたのか、さらには鳥羽伏見の戦いあたりから続いた内戦のどちらの主張が正しかったのかは、まだ断言できるほど時間が過ぎていないのでわかりませんが、当時の考え方では「勝てば官軍」だったのです。
新撰組が活躍していた時代には彼らの庇護を願って頭を下げていた人でも、落ちぶれたあとは放り出した人や、とりあえず頭を下げつつも、はらわた煮えくりかえる思いで関東から流れてきた浪人の集団を睨んでいたひともいるでしょう。

なぜ、は簡単には言えません。ドラマで「こうだ!」と語られると絶対そうだ!と思ってしまいがちですが、あれは脚本家ご自身が語っておられるように、フィクションです。近藤さんと龍馬が仲良しなどということは絶対にありません。というより有り得ません。できれば最終判断はいろいろな小説や歴史書を読まれ、こういうことを実際にしたのなら嫌われただろう、とか、こういう点は頼りになると喜ばれたんだろうな、とかをご自分で読んで探してみて下さい。
語り始めたら止まらない危険があるので、まずはこのへんで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは
早速にご回答頂きましてありがとうございます。
そして私の拙悪な質問文の為に貴重なお時間を裂いて頂きました事、重ねてお礼申し上げます。

♯1さんのお礼欄にも書かせて頂きましたが、実は私がこの場でお聞きしたかったのは、現在の京都の人が新選組は嫌いかどうか、と言う事なのです。
と申しますのも、その質問文で出した友人曰わく、「タクシーで壬生寺に行きたいと言ったら、意地悪された人がいる」「新選組の屯所の行き方を聞いたら、新選組?そんなもん知らんと言われた人がいる」云々という伝聞の話しを幾つか聞かされまして、少々嫌な気分になったためです。
当時の京都の人が彼らをいやがったかどうか、今更知るすべもありませんが、嫌いであったとしても不思議はないと思っています。
ただ、それが今に至っているとは…。と言う思いから、質問させて頂きました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/05/18 00:05

まず、壬生狼(みぶろ)といわれている時点で嫌われていたと思います。

特に、芹沢一派は、かなり悪かったようです。大和屋に大砲を打ち込んだりと・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!

早速ご回答頂きましてありがとうございます。
確かにいきなりに大砲打ち込まれた日には、生きた心地もしませんよね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/05/17 23:45

当時の京都の人で桂小五郎(木戸孝允)や坂本竜馬贔屓の人にとっては新撰組はうっとおしい連中だったに違いないでしょうね。


やれ、桂は何処やゆうては御茶屋さんから宿から引っ掻き回しよったんですもの。お店にとっては迷惑なことこの上なかったんとちゃうかしら?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは!
早速にお返事頂きましてありがとうございます。
確かに当時の人たちにしたら、迷惑この上ない、そんな感じだったんでしょうね。
ご回答どうもありがとうございます。


※今後、ご回答頂けるみなさまへ。
質問文に補足をさせて頂きます。

当時の京都人が新選組を嫌うのはもっともだと思うのですが、それが21世紀の今現在に至っても「京都の人は新選組が嫌い」と言う話しが本当なのかどうか?具体的な事が分かれば教えて頂きたいと思い質問させて頂きました。
要領を得ない質問文で、失礼致しましたが、質問の意図はこの辺りにありますので、よろしくお願い致します。

お礼日時:2004/05/17 23:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新撰組は京都人民に嫌われていましたか?

近藤勇の首がわざわざ江戸から京都へ回され、
鳩首されたとき、
「京都人民はかねて近藤を憎んでおりましたから、
首見物に河原に出かける人が陸続と絶えませんでした。
皆愉快がりました。河原は大賑わいでした。」
という記事があります。
新撰組は嫌われていたのでしょうか?
京都の治安を守るという警察の仕事だったのに嫌われたのはどうしてでしょうか?
町人たちに直接危害を及ぼしたりしていたのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

京都在住のの老人です。
No.7の再投稿です。文献的にどうあれ、京都では愚連隊のような人を「ミブロのような」という表現がまだ死語にはなっていないという事実が雄弁に物語ると思います。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q懲役2年6月、執行猶予5年ってどうゆうこと?

懲役2年6月、執行猶予5年って判決の意味がわかりません。
これって、実際に2年6ケ月牢屋にはいらなければいけないのですか?
執行猶予5年の意味もわかりません。

Aベストアンサー

懲役(2年6月)=(最長で2年6ヶ月の間)刑務所に入って所定の労働をしろ、ということ。
執行猶予(5年)=刑罰を直ちには執行しないで、執行猶予期間中(の5年の間に)罪を犯さなければ執行猶予期間が満了(となる5年が経過)した時点から刑そのものを帳消しにして無かったことにする、ということ。

執行猶予期間中に新たに罪を犯したりすると執行猶予が取消になることがあります。執行猶予が取消になると刑罰を執行することになるので刑務所行きになります。しかし、執行猶予期間中に新たに罪を犯したとしても、条件は厳しいですが執行猶予が取消にならないこともあります。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Qなぜ飛脚は馬ではなく人力で走るのか?

江戸時代、飛脚がいますよね。なんでも大阪から東京まで3日でいったとかなんとか。

それはそうとして、時代劇で飛脚を見るたびにおもっていました。

「なぜ、馬を使わないんだろうか?」

馬のほうがいいような気がするんですが、どうでしょうか?

いや馬を使っていたこともあるとは思うんですけど。

飛脚ってほとんど人力走りじゃないですか。おかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも馬を御す技術を持った者のことだったため、乗馬が特権化した。
・仏教思想から、馬に限らず牛なども家畜というより家族として扱った
ということが影響していると思われます。

そのうえで飛脚についていうと、江戸時代でも馬による伝令はあったのです。ですから、飛脚とは別に馬を使った伝令も江戸時代にはあったのが事実です。
これらの伝令用の馬は平安時代に「駅伝駅馬」として整備を始め、江戸時代には駅がおかれた地域を中心に宿場町が発展していました。
つまり江戸時代の宿場には駅(伝令のために馬を用意し、宿泊できる施設も整えた施設)もあったのです。

ところがこれは平安時代から政治的軍事的な伝令のためのもので、庶民がつかえるようなものではありませんでした。武士といっても国の根幹にかかわるような伝達事項でなければ、馬は利用できなかったのです。

そのため、庶民が気軽に利用できる郵便制度として飛脚が発展し、まるで現在の宅配便のように気軽に利用できるようになっていたのですが、ここでそもそもの問題があります。それは「なぜ江戸-大坂間などを頻繁に飛脚が往復する必要があったのか」ということです。

この時代は人の行き来が難しい時代ですから、現代のように関東と関西に親戚がいて、お父さんは東北に出張、お母さんは九州に旅行、という具合にはいきません。当時のほとんどの人は生まれた場所から10kmぐらいの行動範囲しかなかったのです。

そのため飛脚は実は「商売」のために往復していたのが実際のところです。実は江戸時代、江戸と大坂では金貨経済と銀貨経済と貨幣も貨幣単位も違いましたし、大坂の堂島には米の先物取引があり、米相場は大坂しかし米の消費地は江戸、という二重経済をしていたのです。

今で言えば日本の中に円建ての経済地域とドル建ての経済地域があるようなもので、しかも毎日為替相場が動いて、その日の金貨と銀貨の交換比率が変わるという具合だったのです。

現在でもFXのように、為替相場は儲けることができます。また米の先物取引で儲けることもできます。この儲けのために頻繁に江戸-大坂間を証文がやり取りする必要があったので、飛脚が発達したのです。
しかしこれは階級社会から見れば士農工商の商、何の労働もしないで富をえるいちばん悪い儲け方だったので、当然ながら役人は馬の使用を許可しなかったのです。

これが、実際に馬を利用しなかった(できなかった)一番大きな理由です。

もっとも、日本も馬の去勢を取り入れていたら扱いやすい馬が増え、江戸時代には普通に馬や馬車を利用していたかもしれません。

日本から古来から大陸産の馬を時々輸入していたようで、去勢の方法も知らないはずは無かったのですが、たぶん当時の文化的な理由から馬の去勢をしなかったのだと思います。(じつは人間の去勢である宦官も日本は大陸から受け入れていません。日本は中国・朝鮮からいろいろな文化を受け入れつつかなり取捨選択しているのです)

話が脱線しましたが、江戸時代の中期になると庶民でも利用できるぐらい飛脚が発展したので、時代劇にも登場するのでしょう。それに比べて伝令の駅馬は地味すぎるのと政治的なドロドロが多すぎてテレビには向かないのではないでしょうか。

実は日本は世界の歴史から見て、稀有なほど馬を利用しない文化だったのです。たとえば馬車は地中海や中近東では紀元前には出現しているのですが、日本ではついに一度も利用しないで、自動車社会になってしまいました。日本の道が狭く道路を整備しづらいのは、馬車を利用しなかったからだ、という説もあるぐらいです。

なぜ馬が利用されなかったのかはついては、体系的な説明がなかなかなく、私も調べているかぎりの知識になりますが、いくつかの事実をあげると
・馬の去勢を行わなかった。
・武士階級はそもそも...続きを読む

Q公務員宿舎について

今年の4月から陸上自衛隊の事務官(技術職)で採用されることが決まっています。
まだ配属先は分からないのですが、車の維持費や貯金のことも考えて
公務員宿舎に入ろうかと思っています。

そこで(できれば国家公務員の)公務員宿舎の現状を知っておきたいなと思っています。
東京ではなく地方のことが知りたいです。

・独身寮になると思うのですが、官舎は男女別なのですか?私は女です
・およその家賃、駐車場代はいくらくらいですか?
・ドン引きするくらい、やっぱり汚いですか?

以上の点を含めてご回答いただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ある官庁で働いています。
地方にいた事もありました。

自分のいた宿舎は、築4,5年でワンルームでした。
普通に借りれば、5,6万くらいですが、家賃は6000円くらいでした。

だけど、それはとてもラッキーなだけで、世帯用の宿舎は築40年くらいの
すごくボロい宿舎でした。若い人だったら見たこともないような内装だと
思います。その後、東京近辺の宿舎に移りましたが、やっぱり築4-50年くらいの
オンボロ宿舎でした。だけど、東京近辺なのに、2DKで駐車場込み8000円くらい。

特定官庁の宿舎(○○省の宿舎なのでそこの職員しかいない)とか、
合同宿舎(色んな官庁の職員がごちゃまぜ)とか、ありますが、いずれにせよ
当たり外れがあって、外れが多いと思います。(ここでいうハズレとは、築年数が古いこと)

●民間アパートのメリット、デメリット
公務員に限った事ではないですが、職場から住宅補助(たぶん27000円)がでるはずなので、
地方だったら、好きなところに住んでもそこまで大きな出費にはならないと思う。
好きな場所、好きな部屋を決めれる。
宿舎に比べると高い。(宿舎は敷金礼金も不要、退去の時は修繕費がそれなりにかかる)
アパートを決めるのが大変。(異動前に行く必要などがでてくる。)

●公務員宿舎のメリット、デメリット
(一般的に)汚い。
とても安い。タダみたいな金額。
職場が用意してくれるので、異動の時に楽。(住む場所をさがす必要がない)
急な異動でも対応可(来週から異動、とか言われても宿舎なら大丈夫)

自分の感覚としては「絶対こっちがいい」というのはありません。
ただ、世間に批判されるほど、宿舎はいいものではないということです。
築年数40年以上の宿舎は本当にすごいです。すきま風はひどいし、キッチン、風呂とかも
すごく使いにくいし(ガスを付けるのに時間がかかるとか、キッチンはお湯が出ないのが普通)
本当に安いだけで、安さの代わりに我慢するって感じです。

民間の住宅補助5万円、とか聞くとよっぽどそっちのほうがいいって思います。

ある官庁で働いています。
地方にいた事もありました。

自分のいた宿舎は、築4,5年でワンルームでした。
普通に借りれば、5,6万くらいですが、家賃は6000円くらいでした。

だけど、それはとてもラッキーなだけで、世帯用の宿舎は築40年くらいの
すごくボロい宿舎でした。若い人だったら見たこともないような内装だと
思います。その後、東京近辺の宿舎に移りましたが、やっぱり築4-50年くらいの
オンボロ宿舎でした。だけど、東京近辺なのに、2DKで駐車場込み8000円くらい。

特定官庁の宿舎(○○省の宿舎...続きを読む


人気Q&Aランキング