今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

〜しはった、〜されはったってどこの方言ですか?

A 回答 (9件)

関西

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

関西では京都を中心に大阪でも使います。

基本的には敬意を表す表現ですが、京都では天気でも鳩や犬にでも、泥棒にさえ使います。


雨降ってきはった

鳩がフン落とさはった

犬が散歩してはる

あの家、泥棒が入らはったんどすぇ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:44

大阪でしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

上方ことば、関西弁。

過去形。敬語表現。

牧村史陽編 『大阪ことば事典』(講談社学術文庫)
ハル (補助)
敬意を添える語。なさる。ナサル→ナハル→ハルと約まったもの。
[例] 言わハル(言いなさる、言われる)・来やハル(来られる)・書かハル(さらに、書きゃはる)・帰りハル(この場合には、帰らはるのラがさらにリに変わっている)。<以下略>

「~しはった」は「した」の敬語表現「された」の意味であり、
「~されはった」は「された」の敬語表現ではなく受身形の「された」です。

「殺しはった」→「殺した」
「殺されはった」→「殺された」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

「〜しなはった」


は、熊本で使いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

関西地方の敬語ですね。


京都弁のニュアンスが強いですが、大阪でもつかいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

京都の雰囲気ですが、現代の大阪市内でも使いますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

関西弁の敬語

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

京都方面だとその傾向が強いかもです


難波の方だとしよんねん、とかになるかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうごさいました!

お礼日時:2018/05/28 16:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~してはる」は敬語?それとも京都弁?

以前、友達と話をしていて少しバトルになった話です。
大阪ッ子の主張は(私もですが)「~してはる」は敬語なので
例えば、「先生が作りはってん。」みたいに話してます。
けど、京都ッ子は「お父さんが作らはってん。」と言うんです。
私からすると身内に尊敬語をつかってるようで、
すごい違和感を感じるんですが、
私だけではなく大阪の友達は敬語だと言う人は多いです。実際どうなんですか?
私のなかで「~はる」をつけるときはかなり尊敬語なんですが・・・
他にも「髪の毛が伸びはんねん。」と言う人もいました。おかしくないですか?
これが京都弁なんでしょうか?

Aベストアンサー

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「おいでやす」、「おくれやす」などに見られる「お~やす」で、これは純粋に相手への敬意を表した尊敬表現です。「~はる」は「お~やす」に比べると敬意度が低く、また、京都では自分の側、つまり自分の身内に対して「~はる」を付ける言い方も存在し、この場合はその身内に対して敬意を表していると言うよりも、話し手が聞き手に対して自分とその身内との親密さ、親近感を伝えている表現という方が適切なようです。ただ、話している本人としてはあまりそういったことを意識せずに使っている場合が多いようです。また、tawdaさんがおっしゃっているように第3者に関することを話し手が聞き手に意見を求めているような場合に使われる「~はる」は、やや皮肉混じりの意味合いで使われることが多いようです。また、人間以外の物や動物などに使われることもあり、その場合も話し手が聞き手に対してその物への愛着を示したり、あるいは意見を求める、その物への注意を促す時などに使われるようです。
 このことは恐らく大阪と京都が歩んできたそれぞれの歴史や文化の成立過程の差で現れてきた違いだろうと思います。大阪と京都のことばに共通していることは、相手に対する「気配り」の表現方法が豊富であり、全体的にYES、NOをはっきりさせるような言い方を好まず、曖昧にぼかしたり、単刀直入に表現することを避けたりして、相手を傷つけないでおこうとする柔らかさがあります。その一方、ことばの中に多くの意味が含まれていて、後でゆっくりじんわりとこたえてくるというところがあります。肝心なところをぼかしながらも、実は事の本質をついているのです。大阪のことばは歴史的、文化的に商人気質の色が強い庶民的な言葉なので、相手に細かく対応して、相手の機嫌を損ねないように微妙に使い分けをしながらも、相手に対して分かりやすいことばが好まれてきたために、「~はる」の使い方もほぼ尊敬表現の一本で通されているものと思われます。一方、京都では一口に京都のことばと言っても、もともと御所ことばと町方ことばの差別化があり、また町方ことばも室町商家のことば、西陣の職人ことば、祇園花街のことばなどの複雑な区別があったため、「~はる」の使い方も大阪に比べるとより複雑な人間関係の中で多様性を持つに至ったと思われます。

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「...続きを読む

Q関西弁ネイティブの方!尊敬の「~しはる」、現在進行形「~しやん」

関西に引っ越してきて数年になるのですが、未だに尊敬表現「~しはる」の活用がよくわかりません。
「する」→「しはる」となるのはわかるのですが、「使う」「言う」「見る」「行く」等はどのような活用になるのでしょうか。
今後応用するため、できれば、何形(已然形とか未然形とか)かわかると嬉しいです。
(注)「してはる」「使ってはる」「見てはる」など、現在進行形ではなくて、現在形でお願いします。

それから、JR尼崎脱線事故の時のテレビ・レポートで、インタビューされていた女の子(たぶん大学生だったと思います)が、現在進行形として「~しやん」という表現をしていました。
「事故で亡くなった友達は、いつも~しやってて」=いつも~していて
「~しやんねやんか、」~していたんだけど
みたいな感じだったと思います。
うろ覚えなので、違うかもしれませんが、2・3人似たような表現をしていたのでちょっと気になっています。

そういえば、「~しはる」(尊敬)は、京都でよく使われていて、大阪ではあまり使われないと聞いたことがあるのですが、どうでしょうか。
私は現在神戸に住んでいますが、よく耳にします。神戸のことばの雰囲気は、どちらかというと(大阪よりも)京都に近いのかなーと思ったりします。

できれば、お住まいの場所もあわせてお答えいただけると幸いです。よろしくお願いします。

関西に引っ越してきて数年になるのですが、未だに尊敬表現「~しはる」の活用がよくわかりません。
「する」→「しはる」となるのはわかるのですが、「使う」「言う」「見る」「行く」等はどのような活用になるのでしょうか。
今後応用するため、できれば、何形(已然形とか未然形とか)かわかると嬉しいです。
(注)「してはる」「使ってはる」「見てはる」など、現在進行形ではなくて、現在形でお願いします。

それから、JR尼崎脱線事故の時のテレビ・レポートで、インタビューされていた女の子(たぶん...続きを読む

Aベストアンサー

私は、生まれてから今もずっと京都ですが。
「~しはる」の使い方は、下に奈良の方が書かれてた
のと全く同じです。

使いはる-使わはる
ですが、これは地域によって言い方が違います。
京都は「わ」で、下にも書かれてるように神戸の方
では「い」と言うイメージですね。
京都は音がほんわかした感じです。
だから、上品に聞こえるのでしょうね。

でも、おばあちゃんとかが話してる本当の京言葉は
私たちはほとんど話してないです。
関西弁と人括りにされますが、少し離れただけでも
それぞれの地域のイントネーションや言い回しが
違ったりするので、おもしろいですよ。
私も高校生の時、滋賀や大阪から来てる子が半分以上
いたので、ちょっとした言い方の違いを感じれてよかったです。

「~しやる」は京都では言わないですね。
私の知ってる範囲では、滋賀の北のほう彦根ではこうゆう言い方をしますが。
彦根ではの話ですが、「~してやる」とも言うので
「~しやる」→「~しはる」
「~してやる」→「~してはる」
なんじゃないですかね!?

こうゆうちょっとした違いは、育った環境とか親の出身地
とかにもよるので一概には断定できないですが。

私は、生まれてから今もずっと京都ですが。
「~しはる」の使い方は、下に奈良の方が書かれてた
のと全く同じです。

使いはる-使わはる
ですが、これは地域によって言い方が違います。
京都は「わ」で、下にも書かれてるように神戸の方
では「い」と言うイメージですね。
京都は音がほんわかした感じです。
だから、上品に聞こえるのでしょうね。

でも、おばあちゃんとかが話してる本当の京言葉は
私たちはほとんど話してないです。
関西弁と人括りにされますが、少し離れただけでも
それぞれの...続きを読む

Q関西弁、京都弁で「いない」はなんと言いますか?

関西弁、京都弁で「いない」は「おらん」や「いーひん」などでいいのでしょうか?
他にもっと優しい可愛い感じの言い方があれば教えてください。
それと、基本的には「いい」を「ええ」にすると関西弁、京都弁になるのでしょうか?
例 「~してもいい」を「~してもええ」

Aベストアンサー

こんばんは。

何度も、失礼ですが、お邪魔しています。


gsmy5(No.13)さんのおっしゃるとおりです。


別に意識して、丁寧に話している訳ではないですが。
ただの京都の話し言葉ですよ。

京の花街へ行けば、『おきいやして、おしいやして』とか、
聞けるかもしれませんが、そんなん一般の京都人は
使いません。
あくまでも花街限定の言葉です。(舞妓さんとか、芸妓さんとか。)


 本当の京都の言葉を聞きたければ、思いつくのは、
『錦市場』とか、『北野下の森の市場』とかで、
明らかに70代以上の方の傍に居れば聞けますよ。
私は、その言葉を聴いて『ホッ』とします。


『居る』と『要る』は全然別物の言葉です。

『要る』は、京都でも『いる』(要る)です。
『要らない』は、『いらん』(要らん)です。

具体的には、
『そんなもの要りません。』は、
『そんなんいらんわ。』です。


他には、
子どもがいたずらして、しかる場合、
『そんなことやめなさい。』は、
『~やめとおき。』とか、
『~せんとおき。』と、言います。

『~やめとおき。』は、何となく判ると思いますが、
『~せんとおき。』は、
『そんなこと、せんといて。』(そんなこと、やめて)の活用です。


ここで一つ日常会話を、w
娘の彼氏が実家に挨拶に来たシチュエーション。
『お父ちゃん、あの人、来はった、来はった、逢うてぇ。』
『おとうちゃん、あのひと、きはった、きはった、おうてぇ。』
あはw


話は変わりますが。
前述の『全然』は今日では意味が変わってますね。

『全然良い。』とか、巷で聞きますから、
小耳に挟んで、『へ。?』、と違和感を感じます。
『全然』って否定なのに、『良い』のか?と。
パラノイヤか。w?

こんばんは。

何度も、失礼ですが、お邪魔しています。


gsmy5(No.13)さんのおっしゃるとおりです。


別に意識して、丁寧に話している訳ではないですが。
ただの京都の話し言葉ですよ。

京の花街へ行けば、『おきいやして、おしいやして』とか、
聞けるかもしれませんが、そんなん一般の京都人は
使いません。
あくまでも花街限定の言葉です。(舞妓さんとか、芸妓さんとか。)


 本当の京都の言葉を聞きたければ、思いつくのは、
『錦市場』とか、『北野下の森の市場』とかで、
明らかに7...続きを読む


人気Q&Aランキング