山月記の中の月の役割を教えて下さい!
主題にもかかわっているらしいのですが、全く解らなくて。
ところどころにでてきて微妙に変化している月の意味?を教えて下さい。
6月15、6日ごろまでにお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

旧友との再会の場面は、「残月」つまり明け方近く、月が日の光に見えなくなってしまうまでの、ほんのわずかな間の物語です。


出立時にはまだ暗く残月とはいえはっきりと見える。これは意識の大部分を占めつつある虎の野生を日の光とするなら、それがない間だけ人の心がわずかな光を放てるということを表現していると思います。それも現れるのが暗い闇の中でだけというのが、人の心のある時間彼をとりまいている絶望と対応しています。
最後の「白く光を失った月」が何を表しているかは説明はいりませんよね?
さらには、旧友と話している間、主人公は決して姿を見せようとしません。これも、太陽の前に姿を表せない月にかけての表現だと思います。旧友との立場の違いを主人公がどう感じているかがわかりますね。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
とても役に立ちました。

お礼日時:2001/06/14 23:13

確かに月は、狂気あるいは欲しくても手に入らない憧れの象徴と


して物語に描かれることが多いですね。

でも、インド~中国では、月は妖しさだけでなくて、清らかさ・
涼やかさを示す場合もあるようです。最近まで、太陽でなくて
月の暦(太陰暦)を使っていた地域です。
仏教の中でも、十二神将に月天(ウサギを抱いている)が数え
られていますね。

欠けていてもまた時が経て、円満になっていくという、曖昧な期待が
込められていないでしょうか。現代的には、欠けたように見えても、
その実は円満であろうということ。
換言すると、虎に身も心も変えてしまっていくようでありながら、
その存在自体を全否定しない、最後のやさしさのように捉えることも
できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
とても役に立ちました。

お礼日時:2001/06/14 23:12

月に吠え猛る虎の図は、水墨画でもテーマになりますね。


月というのは狂気を誘うものとして昔から言われているようです。
事実、満月や新月の時ほど犯罪が多いというのを随分前にテレビで観たことがあります。(同時に、新生児の出産も満月と新月に片寄っているという話も観ました)
lunaticなんて単語もそうで、古代からヨーロッパにもそのような考え方があります。もちろん中国でもそうです。
昔は夜というのは真っ暗で、明かりといえば月しかなかったわけですから、その真っ暗な中の1つの明かりに吸い込まれるようになって狂気をもよおすということはよくあるわけです。

この作品の中でも月の役割は(いちいち箇所を挙げて説明しませんが)狂気に引き込まれていく有り様を示しています。人間らしい理性が月と同じように欠けていくのを想像して下さい。

これでよろしいでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
とても役に立ちました。

お礼日時:2001/06/14 23:12

月は満ち欠けしますね。

それによって、虎に変身してしまい、ときどき人間に戻っている人間の姿を象徴しているのではないでしょうか? もうひとつは、昼間には決して明るい姿を見せることのない哀しみを表しているのかもしれませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
とても役に立ちました。

お礼日時:2001/06/14 23:11

李徴と袁サンのめぐりあいから永遠の別れまでの時間の経過を秋の「月」の光の変化で表して効果を上げている。



…らしいです。
ガイドにそんなことが書いてありました。
学校で習ったんですが、あまり覚えていません (^_^;)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
お忙しい中、本当にありがとうございました。
とても役に立ちました。

お礼日時:2001/06/14 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中島敦 山月記の原稿について

中島敦の山月記が書かれたのは、彼が漢文の教師をしていた女学校の試験の用紙の裏であると聞いたことがありますが、現物はまだ残っているのでしょうか?またその写真などが掲載されている書籍などはあるのでしょうか?
ご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

申し訳ありません!前回答で「山月記」とした部分は、すべて「名人伝」についてのものです。確認しないまま回答してしまい、失礼しました。
改めて「山月記」についてですが、原稿、草稿などは残っていない様です。
しかし、この作品を含めた四篇が一括して「古譚」と題されており、その中で「木乃伊」「文字禍」の二つが、例の試験用紙ノートに下書きや覚え書きの形で残されているという事ですので、同じ時代に構想された作品であるという可能性はあります。
詳しくは前出の中島敦全集第一巻を参照して下さい。

Q山月記について2

またまた質問してすいませんが、なんで山月記では李徴が虎になったのですか??授業中にこんなことを聞かれてすっごく困っています。だれか助けてください、お願いします。

Aベストアンサー

 一般的な答えでよければ、「自分の中の欲とか見栄とか利己心、強すぎる自負心を制御できなかったから」と学びました。
 人間は誰でも、「個としての自分」と「社会人としての自分」に折り合いをつけて生きているけれども、李徴はそれに失敗したのですね。で、自分の内面の性質である「猛獣」つまり「怖くて強すぎて、誰も相手にしてくれない存在」が、自分の外形をそのように変えてしまったということでしたが、先生によっていろいろ変わるようです。先輩はまた違う話をしていました。

Q山月記

学校で山月記を学んでいます。
なぜ中島敦は、山月記と題したのでしょうか?
月が大切なようですが・・・。
教えてください。

Aベストアンサー

「山・月」の語は、小説中の詩に「此夕渓山対明月」とあるところからのイメージかと思われます。
 「月」は作品全体に度々情景描写として描かれます。最後に「虎は、既に白く光を失った月を仰いで、」とあり、人間としての理性・知性の喪失と同期するように描かれ、月はこの主人公の人間性と読むことも可能ではないでしょうか。

Q山月記

中島敦さんの山月記を読んだのですが、
結局この物語は読者に何を伝えたかったのですか?

Aベストアンサー

異類異界は遠くない、異界はすぐ近くにある。そして異類異界には私達も直ぐに入っていく可能性、蓋然性がある。
ということではないですか。
この自分の今の世界は夢か、異界か。
という思いになりますね。

Q山月記について

最後の場面でトラの姿を見せているんですけど、本当のところ(本文中に書いてあること以外で)なんで見せたのかだれかしっておりますか。  質問してばっかりですいませんけど、なるべく早く知りたいんで誰か助けてください。 

Aベストアンサー

急いでいるようなので、寝起きの寝ぼけ頭でお答えします

最後に李徴が薮からあらわれ、虎となった己の姿を晒したのは、

・薮に隠れ一方的に話すことの非礼さを感じたこともあり、礼儀として姿を見せた
・ありのままの姿を友に見て欲しかった
・人間的な自分自身への見切りをつける
・作者の意図として、象徴的かつ効果的な場面を創造したかった

などが考えられると思います
参考にして下さい


人気Q&Aランキング

おすすめ情報