「墨つぼ」による線引きで「墨」が、あまり出ませんので、参考になるものは?、と、ネット検索
した所、以下のような非常に詳しそうな文章に出会いました。

ところが、読んでみると、その内容が、どうも「腑に落ちない」のです
で、こうしてお尋ねしたい!と、いう訳です


>【乾いてる糸に墨を染み込ませても、芯にまで満遍なくは、なかなか染み込みづらいです。】

乾いてる糸は墨が染み込いにくい?はて???
「糸が乾いていればいるほど、墨は染み込みやすいのではないでしょうか?」

最も染みこみやすいのは、糸の湿気が「0%」だと思うのですが・・・違うんでしょうかね?



>【水にとけて、比重の重い墨は、それを利用して繊維の奥に染み込んでいきます。】

比重が重いものほど、繊維の“奥”に染みこむ?本当ですか???

「初耳」なんですが、どうも直感的には納得出来ません、どうなんでしょうか?


>それで僕は、買ったばかりの墨壷をすぐに使う場合、バケツにはった水や、その辺の水溜り(前者は見栄で実際は絡まるし100%これ)に、
使いそうな長さの糸を出していき、水をひたひたと吸い込ませてから、墨汁投入の運びとします。

どうやら、糸を水を含ませてから、つまり、相当「水分」を含んだ状態のまま、墨を補充する、と、いうように読めます
でも、水分を沢山?含んでいれば、それだけ墨は「含まない」と思うのですが・・・どうでしょうか???




以上3点ですが、どのように思われるでしょうか?出来れば、プロの方、或いは、科学的な見地から、参考になる御意見をお伺いしたいものです
上手く、墨付けが出来ないものですから、そうした意味でお答え願いますようお願い申し上げます







以下、抜粋です・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ふふふ。やっと僕の出番が来たかという感じです。まかせて下さい。
質問者さんの墨つぼは、墨が付きすぎて困るーという事になる事請け合いです。

まず、No.5さんも書いてますが、墨だけでは思いのほか付きません。雰囲気で言うと、濃すぎるって感じです。
壷(胴の部分)の部分をカパっと上げて、水をちょいと足らして下さい。

あとは、その辺の枯れ枝ででも、グチュグチュとスポンジに馴染ませてやればOKです。(でも、僕は違う方法で墨に水を加えます。
見ていただければ判るでしょう。)壷の部分は、それで良いのですが、これだと、まだ足りません。

打つたびに付いたり、付かなかったり。最初はいいけど、すぐ付かなくなったり。糸の出始めの方と終わりの方でまばらだったり。
そんな症状がすぐ現れると思います。


「墨は勿論入ってるし、水もいれたのになー」とか言う人がいますが、そこで満足してはいけません。壷部の墨を糸に含ませなくて
はいけません。糸が重要です。

「数回引っ張って糸馴染ませたのに、つき悪いなー」とか言う人もいます。大体の場合は、それで改善されたように一見感じますが、惜しい!
非常に惜しいのです。その行為は、糸に墨をつけるものですが、その前に糸に染み込み易くしてあてげる必要があります。

糸に墨が”染み込む”ようにしなければ、所詮表面のほうに墨が付いてるだけです。
【乾いてる糸に墨を染み込ませても、芯にまで満遍なくは、なかなか染み込みづらいです。】

糸を替えるとき、買ってきた糸は水に一晩つけてから取り替える。という話しを高齢の方から聞いた事があります。昔はそうしていたらしいです。
水に浸し、芯までみずみずしい糸にして墨を染み込み易くする事が目的だったのか、塗れた状態で巻きつけ後の緩みをなくす事が目的だったのか
は定かではないですが、理にかなっていると思いました。


【水にとけて、比重の重い墨は、それを利用して繊維の奥に染み込んでいきます。】

それで僕は、買ったばかりの墨壷をすぐに使う場合、バケツにはった水や、その辺の水溜り(前者は見栄で実際は絡まるし100%これ)に、使いそうな
長さの糸を出していき、水をひたひたと吸い込ませてから、墨汁投入の運びとします。

僕は壷だけでなく胴部も外して、ゆっくり糸を引き戻してリールを回しながら、巻付いてる糸にも色がつく程度に垂らしていきます。これでどこまで
引いても利用済みと同じです。壷部分のスポンジは、表面はジュクジュクに見えても奥の方まで墨が回ってない事が良くあります。

割り箸とかでずらして満遍なくジュクジュクか確認して下さい。ここで、付近のカルコ(針の部分)を刺せるとこに刺して、ボタンを押しながら歩いては
戻り、歩いては戻りを数度繰り返して、糸に墨を充分に馴染ませていきます。

即使えますよ。付き加減により、ボタンを押す必要があるか・ないかを調整する位です。色が薄ければ墨の補充です。

二回目以降も、僕は先ず、糸をある程度出し、その辺の水につけて、飛び散り覚悟でバネの勢いでシュルシュルっと糸を巻きとります。
糸の湿しができると同時に水も補充でき、スポンジもうるけて、一石三鳥です。あとは使う時に墨を馴染ませると同時に薄かったら墨の補充です。



http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2499819.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.2です。


壺糸は絹が多いでしょう。少なくとも私のは絹です。端を燃やしたらすぐ分かります。
糊は糸を製品とする時に欠かせないものです。基本的に吸湿性があります。あなたが買う市販のミシン糸も糊付けされているのですよ。
墨汁は煤をニカワで水中に分散させたものですよね。ニカワはタンパク質です。絹もタンパク質ですからタンパク質どおしは極めて馴染みやすい・・これも分かりますよね。
 ですから購入したばかりの糸を墨汁に付けると気持ちよいほど墨汁が付くはずです。
>糸は「潰れて」いる、つまり「細く」てっている訳ですよね?
 あなたはスポンジに水を染ませるとき水中でスポンジ握らないですか??糸は潰れないですが・・・たとえ潰れたとしてもそれが墨汁中で抑えられた状態から解放されると何が起きますか???。
 そもそも糸に余分な墨汁がつきすぎるとボタボタと垂れてしまいます。適度に糸に墨汁をしみこませるために軽く押さえて糸を通すのです。

 すくなくとも、墨壺を長期間置きっぱなしにしてカチカチに固めてしまったら、壺綿は交換でしょう。通常は墨汁はニカワによって吸湿性があるため、すぐ渇くと言うものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の御回答、有り難う御座います

>糊は糸を製品とする時に欠かせないものです。基本的に吸湿性があります

いや、そうでしたか、恥ずかしながら、知りませんでしたね

>ニカワはタンパク質です。絹もタンパク質ですからタンパク質どおしは極めて馴染みやすい・・これも分かりますよね

なるほど「相性」と言うか、同じ種類ですから含みやすいんでしょうね

>そもそも糸に余分な墨汁がつきすぎるとボタボタと垂れてしまいます。適度に糸に墨汁をしみこませるために軽く押さえて糸を通すのです

要するに、墨の量を抑える為に、軽く押さえる、という事ですか、私の解釈は「逆」でしたね
兎にも角にも、全くの初心者になって、一からやってみます

>すくなくとも、墨壺を長期間置きっぱなしにしてカチカチに固めてしまったら、壺綿は交換でしょう

そうですね、これは私も同意です、まっ、当たり前でしょうけどね

>通常は墨汁はニカワによって吸湿性があるため、すぐ渇くと言うものではありません

「ニカワ」という言葉は、何度となく聞いた事がありますが「吸湿性」が有る事は知りません
でしたね

よく御存知のようで・・・ひょっとして大工さん?・・・でしたら、今後とも特に、宜しくお願いしたい

ものです

お礼日時:2014/07/08 23:47

No.5です。


>よく御存知のようで・・・ひょっとして大工さん?・・・
 いえ、創業70年の刃物屋・道具屋です。鍵もあつかってます。
 副業として、化学で高校の教壇にも立ってます。有機と鉄が専門です。
 ウェブ製作もしてます。アウトドアも半端じゃないです。
 まあ、何足もわらじ履いていて時間が足りない。やりたいことも山ほどある。それにこんなところで時間とられるから、益々足りなくなる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>いえ、創業70年の刃物屋・道具屋です・・・

はぁ~「刃物・道具屋」さんですか!

いや、これは奇遇というもの、実は私、鉋・鋸等手道具が好きなんですよ!

ちなみに、今、注目している鉋は「内橋 圭三郎」さんの鉋です
まだ、持っていませんけどね

台直し、とかね、そういった方面に興味があります。また、質問させて貰いますので
今後とも宜しくお願いします

お礼日時:2014/07/10 22:03

NO4です。


いえいえ!
一度試してください。乾いたタオルで拭くと水を吸い込むのに時間がかかり、一度では拭きとれません。
それに比べて一度濡らてよく絞ったタオルは水を良く吸い取ります。
一度湿らせておくと毛細管現象が良く働くとでもいいましょうか、良く吸い取りますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>いえいえ!
一度試してください。乾いたタオルで拭くと水を吸い込むのに時間がかかり、一度では拭きとれません。
それに比べて一度濡らてよく絞ったタオルは水を良く吸い取ります。
一度湿らせておくと毛細管現象が良く働くとでもいいましょうか、良く吸い取りますよ


はぁ~そうですか!一度湿らすと、却ってよく吸い取る!

要するに、水を吸い込む時間が「早い」!って、事なんでしょうね

「量的」には、どうなんだろう?

水糸は、墨坪から「早く」出しますからね、湿っていた方が良い!と、いう事になるのかも
しれませんね

実際の所は分かりませんが、兎に角、目から鱗でした

お礼日時:2014/07/08 23:34

むずかしい理屈は抜きで、


洗濯して良く乾いたタオルと、一度水の中に入れて良く絞ったタオルで、テーブルの上にこぼした水を拭き取ってみれば一目瞭然です。
この理屈と同じでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく乾いたタオルの方が、当然ながら、水をよく吸いますね

「墨」も、やはり糸が、よく乾いている方が、墨をよく吸うんでしょうね

お礼日時:2014/07/07 21:18

言いかえると・・・



・坪糸(水糸)と呼ばれるものは綿製品が良く(化繊系は水を含まない)原料の中には
 感じない油分が含まれています。
 時に線維の表面に付着している油分は作業の邪魔になるわけです。

 従って水に晒すことによってや中古の糸は墨の水をよく含むようになります。
 しかしながら、余り水分を含ませたまま使おうとすると、新しく墨を吸わなくなったり
 薄くなって使い物になりません。

・また、墨(既製品の墨汁も同じ)は、中ににかわ分が含まれていて(乾けば固まるように)
 工作物に浸透する速さや乾燥の具合も相手の材質や表面の状況によって変わってきます。


墨糸に含ませる量は経験によるしかないと考えますが、液が墨つぼの中から滴らないように
スポンジ状の役目を果たす布などを入れます。
糸に墨が含みすぎている時は、余分な飛沫が飛びますので汚くなったり、細かいところでは
区別が見えなくなります。

これらを良く練習すればあなたも一人前の腕を身につける事が出来るでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>坪糸(水糸)と呼ばれるものは綿製品が良く(化繊系は水を含まない)原料の中には、 感じない
油分が含まれています。 時に線維の表面に付着している油分は作業の邪魔になるわけです。

 従って水に晒すことによってや中古の糸は墨の水をよく含むようになります

なるほど、要するに、水にさらすのは糸の「油分」を抜く為に、やった!と、いう事なんですね。
で、恐らくですが、そうやって油分を抜いた後、糸をよく「乾燥」させてから使用した!こういう
事なんでしょうね

でしたら「納得」です


>墨糸に含ませる量は経験によるしかないと考えますが、液が墨つぼの中から滴らないように
スポンジ状の役目を果たす布などを入れます。
糸に墨が含みすぎている時は、余分な飛沫が飛びますので汚くなったり、細かいところでは
区別が見えなくなります。

これらを良く練習すればあなたも一人前の腕を身につける事が出来るでしょう。

なるほど、よく解りました、有り難う御座いました、御礼を申し上げます
尚、私の返信内容・・・つまり理解が「間違って」いるようでしたら、御指摘の程、お願いします

お礼日時:2014/07/07 21:16

そもそも、糸の材質や綿の材質を一切問わずに講釈しても無意味です。


 旧来の、真綿の墨綿と絹の壺糸、墨汁で説明すると、糸は軽く糊付けされています。しかし水にぬれると糊が吸湿して墨のつきやすさには関係しません。
 墨差しで綿を押さえながら糸を引き出すだけで壺糸には十分な墨が含まれるはずです。糸を水で湿らせておくと墨は付いてもとても薄くなります。
 糸を水で湿らせたらダメです。

 壺綿が乾燥したりすると墨汁を加える事はあっても水を加える事はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、有り難う御座います、以下「質問・疑問」がありますのでお願いします


>旧来の、真綿の墨綿と絹の壺糸、墨汁で説明すると、糸は軽く糊付けされています。しかし水にぬれると糊が吸湿して墨のつきやすさには関係しません。

「糸に“糊付け”?本当ですか?しかし、また、何で糊付けを???」
どういう理由なんでしょうかね?サッパリ、見当が付きませんです


>墨差しで綿を押さえながら糸を引き出すだけで壺糸には十分な墨が含まれるはずです。

墨差しで「綿と抑えながら」糸を引き出せば、糸に墨が含まれますよね、仰る通り、その通りです!

でも「不思議」だと思いませんか?綿を抑える!という事は、糸は「潰れて」いる、つまり「細く」
なっている訳ですよね?

糸が細くなれば、含まれる墨は、それだけ「少なく」なる筈です、なのに、何で逆に「多く」なる
んでしょうかね?

実は、この事、やっている所をみて、真似した所、多くの墨が付き、驚いたんですね


>糸を水で湿らせておくと墨は付いてもとても薄くなります。
 糸を水で湿らせたらダメです。

 壺綿が乾燥したりすると墨汁を加える事はあっても水を加える事はありません

仰る通り!私も、そう思います

良ければ、上記の質問等、お願いします

お礼日時:2014/07/07 21:08

問題は、水と墨の糸への滲透速度の比較ではなく、墨の乾いた糸に対する滲透速度と糸に染み込んだ水の中での墨の拡散速度と言うことになるのだと思います。



単純な思考実験だと、空隙のある糸ですから、墨が染み込む際には空隙をジャンプする必要があります。それに比べれば空隙のふさがれた湿った糸の疑似液相での墨の拡散速度の方が早そうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え、有り難う御座います

・・・ですが、これまた、どうも意味が解りにくいです。

良ければ、解りやすい御説明をお願いします

お礼日時:2014/07/06 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qm2と坪の換算係数の違い

不動産業界に勤務しています。

今までは
坪をm2に割り戻すとき、またはその逆の時は
(1)【1坪=3.025m2】の係数を使用していました。

今回、初めて契約書に
(2)【1坪=3.30578m2】
が出てきたのですが
算出基準は所有者によって異なるものなのでしょうか。

同僚は(1)以外間違っていると言って
所有者にクレームを出そうとしていますが
インターネット上で時々、(2)の係数を見かけます。

どちらが正しいという決まりはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>【1坪=3.025m2】の係数を使用していました

この認識に誤りがあります。

1坪は何m2か?と言うと、3.30578m2です。
不動産業界の常識は、1坪=3.025m2ではなく、m2×0.3025=坪数です。
1坪が3.025m2という解釈だと、m2から坪に直す場合は、m2÷3.025、ということになりますが、業界ではそういう計算はしません。
m2÷3.30578 と m2×0.3025はほぼ同じになります。
1坪=3.30578m2を元に坪数の計算をしやすいように、m2×0.3025=坪数、というのが出てきたんだと思います。

Qシンワ測定 ハンディ 墨つぼ ミニ α 自動巻

宜しくお願い致します。

シンワ測定 ハンディ 墨つぼ ミニ α 自動巻
をネット通販で購入予定ねのですが、この商品を使用する際、「墨」は別途購入する必要があるのでしょうか?

もし別途でしたら、チョークではなく、液体の墨を購入すれば良いですか?

素人質問で申し訳御座いません。

Aベストアンサー

はい 墨つぼなので 墨汁などの液体が必要です

チョークライン等のすみ壷は 線を消せる必要がある場合に使用します

墨汁は 失敗すると消せないので注意が必要です。

墨液 ミニボトル

http://www.monotaro.com/g/00688616/

Qm2→坪に変換

敷地面積 60.07m2→18.17坪
建築面積 40.36m2→12.20坪
1F床面積 26.19m2→07.92坪
2F床面積 35.91m2→10.86坪
3F床面積 36.31m2→10.98坪
述床面積 98.41m2→29.76坪

ちなみに0.9mモジュールの建物です。
一般的にm2→坪に変換する際は3.3(3.3124)で割りますが、
上記の場合は3.24でもなさそうです。
計算が苦手でよくわかりません、何方か教えて下さい。

Aベストアンサー

参考 http://www.tokai.or.jp/tokai/fudosan/knowledg/tubo.htm

一間は1.81818・・・×1.81818・・=3.305785・・・
という事でm2÷3.30579で計算する人もいますが、業者が用いるのは専ら1の方の記載の通り、m2×0.3025で小数点第三位以下切捨てです。

Q「液体」「エアーフィルター」「清浄な空気」

久しぶりにこちらで質問させていただきます。
以下のような文を翻訳しなければいけないのですが、意味が分かりません。
「液体には、エアーフィルターを通した清浄な空気を用い(以下略)」

製品は、圧縮空気を用いたはんだ除去器です。
ここで、空気清浄器などフィルターを通した清浄な空気を用いるというのは分かるのですが、「液体には」の箇所が私には意味不明です。前後の文脈含め「液体」という用語が出てくるのはここだけです。
「圧縮空気」の間違いか、とも思うのですが、先方に質問する前に、こちらで見当のつく方がいらっしゃれば、ご教示お願い申し上げます。

Aベストアンサー

原文は日本語の取扱説明書でそれを輸出用の文章に翻訳しようと言うことでしょうか?
それとも外国語で書かれた文章を機械翻訳に通したらそうなったのでしょうか?
液体ではなく 流体 では? と考えました

Q250m2の敷地を坪数に直すには??

現在250m2の敷地があるのですが、これが何坪になるのか良くわかりません。

これを簡単に坪数に直すような計算方法などありましたらお教え下さい
宜しくお願いします。 
 
○○m2→○○坪

Aベストアンサー

 「不動産の表示に関する公正競争規約(平成8年公正取引委員会告示第12号)」によりますと面積は平方メートルを単位として表示すること(1平方メートル未満は切り捨てることができる)になっています。
 ただし、不動産を考えるときは坪単位で考える方が分かり易いようです。そこで「0.3025」この数値で掛けたり、割ったりすることで平方メートルから坪へ、坪から平方メートルへ換算できます。例えば、

100平方メートルであれば100に0.3025を掛けて30.25。これで坪数。
100坪であれば0.3025で割って330.578・・・。これで平方メートル。
 普通、不動産の面積の表示は、小数点以下2桁まで表示しますが、数値は切り捨てです。したがって上記2.の場合は330.57平方メートルと表示されます。もっとも、現在は平方メートルが基準なので坪から平方メートルへ換算する形は少ないのですが。
 土地の謄本を見ると、たまに小数点以下の表示がない場合があります。これは土地が農地(田、畑)などの場合、謄本上の面積の表示は小数点以下を切り捨てて表示する決まりになっているからです。

0.3025の根拠
  明治のころ、度量衡を統一するとき、曲尺(かねじゃく)を基準にして尺の長さが決められたようです。それは「1メートルの33分の10を1尺とする」というもの。そこから計算をはじめると以下のようになります。1089を3600でわるとぴったり0.3025。したがってこの数値を使って普通は平方メートルと坪の換算をします。
したがって250*0.3025で75.625坪

 「不動産の表示に関する公正競争規約(平成8年公正取引委員会告示第12号)」によりますと面積は平方メートルを単位として表示すること(1平方メートル未満は切り捨てることができる)になっています。
 ただし、不動産を考えるときは坪単位で考える方が分かり易いようです。そこで「0.3025」この数値で掛けたり、割ったりすることで平方メートルから坪へ、坪から平方メートルへ換算できます。例えば、

100平方メートルであれば100に0.3025を掛けて30.25。これで坪数。
100坪で...続きを読む

Qサンプルの「タイル」「クッションフロア」「フローリング」の活用方法

家づくりに向け建材選定のためにもらった色も大きさもバラバラな玄関用タイルのサンプルと、クッションフロアのサンプル、そしてフローリング材のサンプルがいくつかあります。

それぞれ気に入ったものなので捨てるのも忍びなく、何か活用できたらと思っています。
タイルであれば鍋しきになるか?くらいしか思い浮かびませんし、床材にいたっては何のアイディアも浮かばないのですが、どのようなものに活用できるでしょうか。

また、タイルを鍋しきとして使うにしても、底と端の部分がごつごつしていて危ないので、どうにか危なくないように加工したいのですが、何を使ってどのように加工すればよいでしょうか。(底の部分にクッションフロアを貼るというのはどうでしょうか?接着剤でくっつければ良いのですか?)

どれかひとつでもかまいません。どうか教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

タイルは植木鉢の下に敷いたらどうですか?
タイルの種類がバラバラだったら、鉢と花を揃えれば良いと思います
うちでは、打ちっぱなしのアプローチにはアクセントに、山砂の通路には泥の跳ね返り防止にタイルを使っています
色や大きさが異なっても組み合わ次第で洒落た感じになるかも
室内で使う場合は、砥石でザラザラを取って、裏にフェルト(キズ防止フェルト粘着テープ)を貼れば良いと思います
ただ、厚い鍋を置くのは少し心配です
むしろ、ランチョンマットの上でコースターに使う方が良いように思います

クッションフロアは、コンテナボックスや紙箱の中に敷き込んだらどうですか?
私は蓋無しの状態で、細々した食品の置き場にしています(画像)
また、アルミフレームに入れて、ファブリックパネルみたいに飾るのもおもしろいかも

フローリングは日曜大工の「当て板」に使えます

Qm2と畳と坪の違いが・・・。

いい大人なのに分かりません。例えば僕の家の部屋は4.6畳ですがこれは何m2で何坪なんでしょうか?
62m2だと約何畳で何坪なんでしょう?
お願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。
1畳は1.6525m2で計算します。
4.6畳x1.6525で7.6m2です。
坪の場合3.305で割り算します。
62m2÷3.305で20.32坪と成ります。
坪を畳に換算する場合元の数値に2を掛けるだけです。
20.32X2で40.64畳となります。
1坪3.305m2が基準で、1坪が2畳の広さです。
説明が下手で申し訳ありません。

Qフローリングワックス「グラノス」の使い方

中古住宅に引っ越すので、自分で初めてワックスを掛けます。
いろいろ調べて身体に優しいリボス社の「グラノス」を使おうかと考えています。

実際にグラノスを使っている方、詳しい使い方を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答ではありません
目ざわりでしたらスルーして下さい

グラノスだけMSDSの表示が有りません

参考URL:http://www.ecobaustoffe.com/item/msds.html

Q80 m2 = 24.2 坪 = 48.31 畳は

80 m2 = 24.2 坪 = 48.31 畳はだいたい正解ですか?

部屋の広さです。

また平米はm2ですか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

80 m2 = 24.2 坪 はそのとおりですが(算数の範囲)

24.2 坪 = 48.31 畳 とはいきません(算数では計算できない)

80 m2のうちには壁も含まれますから、室内空間が80 m2あるわけではありません

また 畳1畳は1.7*0.85m程度から1.6*0.8m以下のものまであります

ある家の六畳と他の家の四畳半の広さがほとんど同じ というような事例も珍しいことではありません

>また平米はm2ですか?

平方米(メートル)の略表現です・・・つまり m2

Qレーザー墨出し機について

レーザー墨出し機について

以前、他のカテゴリーで質問したのですが、欲しい回答が得られなかったので、こちらで〃質問をさせていただきます。DIYではないのですが、専門家の方も多くご覧になっているだろうと思いまして。
エクステリアの現場実測や墨出し用にレーザー墨出し機の購入を検討しています。現在はトランシットを利用していますが、ひとりでの作業は困難なため、レベルと縦横を計測できるものを考えています。デジタルで寸法表示されるような高価なものは必要なく、受信機みたいなものとコンベックスで実測できる程度のものを考えております。お勧めのものをおしえていただけないでしょうか?または、選択基準もわかっていませんので、そのあたりを教えていただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

一台で水平(レベル)が出て、通り芯が出せて、なおかつ「かね」も出したい、て事ですよね。
エクステリアなので屋外使用のため、受光機も必要と。

エクステリアならそれほど距離もないでしょうから、そこそこの精度で事足りるだろうし、
粗悪なおもちゃ以外のメーカー品ならどれもそんなに変わらないともいますよ。

確かにいろいろあるから迷いますね。
まぁ、メンテナンスを考えて近所に取扱店があるのかと、財布と相談で良いと思いますけど。

参考URL:http://www.pro-shop.co.jp/cgi-bin/list.cgi?ctg_id=c0001


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング