よろしくお願いいたします。。

根管治療をしていただくのに大学病院か自由診療の歯科医院で迷ってます。。どちらがしっかり治療をしていただけますか?

あと、もうひとつお聞きしたいのは、根管治療をするにあたって、ラバーダムやマイクロスコープは絶対にあった方がいいですか?
マイクロスコープやラバーダムを使わず長年、根管治療を成功させた先生がいらっしゃるので。成功してもバイ菌が入ってダメになるものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大学病院については、語弊もあるかもしれませんが、診療技術は千差万別です。


今年国家試験を合格し、研修医もいるかと思えば、経験30年なんて方もいらっしゃいます。
もちろん研修医だから、ダメということはなく、基本は経験年数10年以上の指導医がついています。
さらにsoorara さんの歯の状況です。
例えばごくごく一般的な根管治療の症例であれば、誰に当たるかわかりません。
しかしながら特殊な症例(極端な話、学会発表に使用したいような)であれば、かなりの顔ぶれがでてくるかもしれません。
なので、大学病院を手放しでいいですよとは、言えません。

自由診療の歯科医院ですが、これも各種あります。
例えば審美歯科中心の所や、義歯がメインの所では、根管治療はどうでしょうか。
日本では残念ながら根管治療に特化した自由診療の歯科医院は多いとは言えません。
(アメリカにはそれのみの診療を行っている専門医があります。ただし健康保険ではありません。)
日本でもHP上ではそれを歌い文句にしている歯科医院もあります。
内情は知りませんから、これ以上は書けません。

ラバーダムやマイクロスコープに関してですが、ラバーダムはあった方がベターです。
多分大学病院ではほぼ使用するでしょうが、開業医では数%のみの使用率でしょう。

マイクロスコープですが、これが有効なのは、あくまでの根管の入り口付近です。
その先までは入りません。
その先の情報が欲しければ、ファイバースコープが、
(胃カメラでご存じでしょう、それよりも径が圧倒的に細い)
有効になりますが、現状ファイバースコープを保持しているのは、
大学病院に限られるかもしれません。

なので、仮にこういった装置があったからといって、それゆえに治療効果が高まるかは疑問です。
あくまでもマイクロスコープでファイバースコープにしても、治療の一助にはなりえるでしょうが、
最終的な治療効果はやはり術者である、歯科医師にかかってきます。

> マイクロスコープやラバーダムを使わず長年、根管治療を成功させた先生がいらっしゃるので。成功してもバイ菌が入ってダメになるものでしょうか?

と最後にsoorara さんはいい事を書いています。
やはりこの世界は経験が物をいうのも事実です。
さらに根管治療は健康保険で考えれば、点数的に高いとは言えません。
それゆえ、一生懸命に時間をかけられないという事情もあります。

さらには人体の病気の治療なので、当然患者さん本人の自己治癒力が大切です。

参考URLを見て下さい。
まあ、少し過激な表現があるものの、マイクロスコープについて、論じています。
否定論者の様でですが、ある意味間違ってはいません。

参考URL:http://urbandental.ec-net.jp/endo.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

Blastmaさま

前回に続き、このような質問に丁寧にご回答いただきまして誠にありがとうございました!

blastmaさまの知識はスゴいですね!
全てがうなずけるようなことばかりです。もしかして歯医者さんなのでしょうか?
実は自由診療の医院にいこうかなぁ。。と漠然に思っていたのですが、個人病院の先生で保険診療でやっていただける医院に決めました!つい先ほど行ってきたばかりです。小さな医院ですが行ってみると各専門の先生が四人もいらして説明も丁寧「やれるだけのことはしますからね!がんばりましょうね」と言っていただけました。歯医者嫌いの歯医者ジプシーになりかけていた私でしたがやっと信用できるなと思える良い先生に出会えました。しかも車で30分もかからないところです。
blastmaさまのご回答を読まなきゃ、その医院には行かなかったと思います。本当に良かったです!
本当にありがとうございました!

感謝

お礼日時:2014/07/29 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本歯内療法学会の専門医に保険範囲の治療(根管治療)をお願いしようと思

日本歯内療法学会の専門医に保険範囲の治療(根管治療)をお願いしようと思うのですが。

たまたま、この学会の専門医がやっておられる(ラバーダム使用の)開業医を見つけました。受付けに質問したところ、保険取り扱いの医院で、根管治療も、保険か自由診療かは患者の自由選択だそうです。

不安な点がありまして、1・私の主観ですが、保険治療なら(定められた範囲の治療法かもしれないので)一般の歯科医と差はないのか、
2・専門医に保険治療をお願いするのは、一般的に考えて失礼なことなのか(採算性なども含めて)

3・このように保険治療に遠慮があるなら、大学病院のほうがいいのか

経験された患者さんの体験も含め、いろいろな立場の意見をお願いします。

Aベストアンサー

何かの「専門医だから保険治療が出来ない」とか、「しない」などというのは金儲け主義の歯医者の詭弁でしかありません。(矯正の大部分は医療行為と認められていないので保険の適応が受けられません)
保険治療は一定の方法に関して定められた公的費用ですが、特に歯内療法に関しては施術方法の規制はありません。
基本的に根管治療全てが保険で可能であり処置方法も大差ありません。
もちろんラバーダムも同様です。

保険医は登録する物で、医師が自分で「保険治療を行ないます」と登録するものです。ですから保険治療が失礼などという事はありません。
逆に「保険治療ではロクな治療が出来ない」などと言っている保険医の方が「儲かる部分だけ保険で賄う」「保険で患者を誘い込む」という事であり、患者さんや国民に対して失礼な不当行為なのです。
保険で良い治療が出来ないのであれば、保険医にならなければいいだけなのですから。実際に保険医でない歯医者も多くいます。でも、だからといって最高の治療が出来るとは限りません。
治療というのは、保険か否かで善し悪しが決まる、そんな単純なものではないのです。

何かの「専門医だから保険治療が出来ない」とか、「しない」などというのは金儲け主義の歯医者の詭弁でしかありません。(矯正の大部分は医療行為と認められていないので保険の適応が受けられません)
保険治療は一定の方法に関して定められた公的費用ですが、特に歯内療法に関しては施術方法の規制はありません。
基本的に根管治療全てが保険で可能であり処置方法も大差ありません。
もちろんラバーダムも同様です。

保険医は登録する物で、医師が自分で「保険治療を行ないます」と登録するものです。です...続きを読む

Q再根管治療での充填材の除去

再根管治療での充填材の除去

こんにちは。再度質問させていただきます。

根管治療の途中からずっと違和感のあった充填材を、昨日除去する作業に入りました。

リーマーで少し削り取った後、「1回では取り切らんから、後は少しずつ取って行こう」と言われ、カルシペックスを詰めて仮封してその日の治療は終わりました。

夜からじんわりと痛かったのですが、術後の痛みだろうと思い、あまり気にしないようにしました。

しかし、神経はもうとってあるのに、今朝になってからずっとズキズキした痛みがあり、
なぜか歯の痛みと共に治療箇所側の肩こりが半端じゃなく、起きているとしんどい状態になりました。

今日は歯医者も休みで、しかも次の予約は23日と、まだ間があります。

(1)以前他のウェブでしたか、根管治療の歯にカルシペックスを入れて痛みが出た、と言う投稿を見たことがありますが、この薬剤は痛みが出るのでしょうか?
無理にリーマーで削ったことによる内部の傷付きが原因なのでしょうか・・・。

(2)また、充填材の除去は、日にちの間隔が空いても支障はないんでしょうか。

(3)充填材の除去で、痛みが出るのは普通のことでしょうか?

(4)充填材の除去には、手用リーマー以外に超音波スケーラーを用いる医院があると聞きましたが、通常の医院でも取り扱っているのでしょうか。


4つ質問させていただきましたが、どれか1つでもお答えくださると、大変助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。

再根管治療での充填材の除去

こんにちは。再度質問させていただきます。

根管治療の途中からずっと違和感のあった充填材を、昨日除去する作業に入りました。

リーマーで少し削り取った後、「1回では取り切らんから、後は少しずつ取って行こう」と言われ、カルシペックスを詰めて仮封してその日の治療は終わりました。

夜からじんわりと痛かったのですが、術後の痛みだろうと思い、あまり気にしないようにしました。

しかし、神経はもうとってあるのに、今朝になってからずっとズキズキした痛みがあり、
なぜ...続きを読む

Aベストアンサー

どこで治療やめたのかによります。
例えば3根管の歯で1根のみ根尖まで開いて、残り2本がまだなのか
まだ1根も根尖まで開いてなのか。
根尖まで1根でも開いたなら痛みが出ることはよくあります。
根の先を刺激することになりますからね。
治療の間隔は根尖まで開いてなければ多少伸びても関係ないですし、
開いていたとしてもカルシペックスはある程度長持ちする材料なので
だいじょうぶです。

Q深いコアは再根管治療の際に除去が困難でしょうか?

根管治療と言うのは、一度治療してもいつまた再発するかわからない疾患だというのは理解できたのですが、
一度填めたコアとクラウンは次回の再根管治療の際にちゃんと除去できるのでしょうか?
歯がほとんどない状態のコアは深い物になると思うのですが、深いメタルコアを填めた場合には除去は非常に困難なのでしょうか?
また、深いファイバーポストコアの除去も同様に除去は困難で抜歯になる可能性高いのでしょうか?

残ってる歯がほとんどない状態のコアで、将来起こりうる再治療のためにコアを除去しやすいように比較的浅くすることは可能でしょうか?
メタルコアの場合には、ポストを立てないで浅いメタルコアを填めることは適切でしょうか?

Aベストアンサー

書かれてる通り、深いコアは除去に時間がかかります。
単に深いだけなら何とでもなりますが、コアが太く残存している歯質が薄い場合が困難です。

メタルコアあるいは既成の金属ポストとレジンを併用したコアは歯質がある程度残っていれば、長くても困難さは低いです。(もちろん、それなりの時間はかかります)

ファイバーポストは削り取らなければならないので、長いだけで困難です。


大臼歯部などで、周囲の歯質が十分に残っている場合は、根管部に維持を求めなくても大丈夫ですが、部位にかかわらず歯冠部の歯質がない場合はどうしても根管部に維持を求めます。

大昔と比べ、セメントの接着性が向上していますので、自分の臨床でもコアの長さは少しづつ短くなっていますが、残存している歯質が無いにもかかわらずコアを極端に短くすると、補綴物が脱落します。

上下の噛み合わせの関係、ブラキシズムの強い弱いにも左右されますが、「再根治」を考えて短いコアを意図的に入れる歯科医はいないと思います。

Q根管治療は、どうしても、麻酔をしてはいけないのですか?

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯が3本ない状態です。涙

でも、そんな事よりも、とにかく、治療の痛みに耐えられないので次回は麻酔をと希望したのですが、根の治療は患者の痛みの様子を見ながら、良くなってきたかどうか判断しながら行うので、麻酔はどこの歯科医でもしないのだとの説明を受けました。

でも、本当に、どうしてもそうなのでしょうか?
今の私はもう怖くて歯医者さんに通えなくなってしまい、前歯もないので引きこもり状態になってしまっています。
そうかといって、とてもではないですが、あの治療の拷問のような痛みには到底耐える事は出来ません。
そこで、教えて頂きたいのです。

この、現代の医学においても、根の治療というのは、こんなにも拷問の痛みがあっても、麻酔をせずに行わないといけないものなのでしょうか?
それと、もう一つ知りたいのは、根の治療というのは、一回目よりも二回目というようにして、だんだんと治療が進むにつれ、治療するときの痛みは少なくなって行くのでしょうか?
1回目にあんな怖ろしい体験をしたので、2回目はもう少し楽になっていると願いたいのですが・・・。

あと、笑気ガスも根の治療にはしてもらえないものなのですか?
この三点、どうかどうか、教えて下さい。

10年前に作った前歯3本連なった差し歯が取れてしまい、作り替える事になりました。
その際に、根に膿がたまっているという事で、まずは根の治療を行う事になりました。
その、あまりに拷問に近い激痛に、私は思わず力を入れ過ぎしまい、あやうくて失神してしまうほどの精神的ダメージを受けました。

その後、怖ろしく顔が腫れ上がってしまい、しかしそれは先生に相談すると、仮歯でフタをしてしまったので膿の出場所がなかったためとの事でした。
それなので今は仮歯も外して、この三十代前半にして前歯...続きを読む

Aベストアンサー

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなってしまい、治療器具が病巣を突き抜けて、健康な組織を傷つけてしまう危険性も高まります。つまり傷ついた組織に新たな感染が起こり、病気を悪化させてしまうのです。
 更に、担当医の説明にもあったように、膿やガスの排泄によって情況が好転しても、麻酔をしてしまったら判断できません。つまり治療の限度が測りにくくなるのです。
 また、笑気ガス沈静法は麻酔の補助としては使えますが、麻酔ではありません。完全に痛みを感じないのはごく限られた場合であって、多くは「痛みを鈍くする」程度です。なかには痛み感じないまで笑気を使う歯医者もいますが、これは沈静法と麻酔の境界付近まで深くかけてしまうので、熟練していないとかなり危険な行為だと言えます。

 1回目の治療で強引に治療を進めるか、出来るだけ圧をかけないで痛みが少ないようにするかは担当医の判断に委ねるしかありません。が、圧をかけないように治療すると時間がかかりすぎる上に、治療効果もなかなか出てこない可能性があります。その間長い時間患者さんは痛みに晒される訳です。

 顔が腫れたのは前の回答にもあったように密閉してしまった結果でしょう。最近、排膿していたりガス発生があっても密閉してしまう歯医者が多いのは事実です。少量のガス発生では臭診でも気がつかない場合もあり、また、治療によって病巣が刺激されて、術後に急激にガス発生や膿の増殖があって、突発的に顔が腫れてしまう事は有り得ます。

 圧力さえ下がればあまり痛い治療では無いので、次回、次々回くらいからはかなり楽になると思います。まず、身体の抵抗力を下げないようにして下さい。抵抗力が下がれば治療も長引いてしまいますから。

 膿を持っている(根尖病巣)がある歯に対して不用意に麻酔を施すと麻酔の圧力で細菌を歯の周囲の骨(歯槽骨)内に拡げる危険性があります。最悪の場合は蜂窩織炎という非常に重篤な病気に移行してしまう危険性も含んでいます。
 映画「たんぽぽ」(間違ったらすいません伊丹十三作品です)でも患者さんを押さえつけ、無理やり削る場面がありますが、これも同じ理由です。圧力が下がれば痛みが消えますので、これはどうしようもない事だといえます。
 また、麻酔をしてしまうと、周辺組織の感覚もなくなって...続きを読む

Q根管治療について

自費で根管治療中です。
上の6番の歯です。
最初は保険の医院にて、虫歯ではなく、歯にひびがあったので抜髄されました。

根の治療は大切ということを知り、マイクロスコープ、ラバーダム使用の医院を捜し5回治療しました。
毎回、先生は痛みはすぐになくなるだろうから、次回は充填と言いますが、未だに押すとツーンとする痛みは消えません。

いくつか疑問があるので、おわかりになる方、教えてください。

(1)
リーマでガリガリした後、薬を入れないことがあります。
検索すると、通常、水酸化カルシウムを入れるようですが何も入れず自然治癒(?)に委ねるということは、よくある治療なのでしょうか。

(2)
根の長さを測るという作業は、どのようなことをするのですか。
機械を使用し、ピーとなることがある、ということを過去の回答から知りました。
機械を使った記憶がありません。手作業で測ることは可能なのでしょうか。
もし、測っていないとすれば、マイクロがあるので測らなくても治療が可能ということになるのでしょうか。

(3)
初診時に全体のレントゲンは撮りましたが、デンタルレントゲンは撮っていません。
後に、根に異常が出るかをチェックする時に必要かと思っていますが、全体のレントゲンだけでも分かるのでしょうか。

(4)
医師は根の先の神経が残っているかどうかは、リーマでつついて、患者が痛むか何も感じないかで判断するのでしょうか。
つついて少しの痛みがある部分でも何もいじらないこともあるのでしょうか。

(5)
マイクロ使用ということでなのか、毎回先生はもう根は残っていないとほとんど確信しておっしゃいます。
マイクロを使用すると根の先までよく見えるのでしょうか。

(6)
上記のことと矛盾しますが、マイクロ使用していても根が曲がっている、根がもう一本あるなど、何回も治療しないとわからないものなのでしょうか。

(7)
閉塞している根はいじらずそのまま充填するのでしょうか。

初めての治療で不安ばかりなので、長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

自費で根管治療中です。
上の6番の歯です。
最初は保険の医院にて、虫歯ではなく、歯にひびがあったので抜髄されました。

根の治療は大切ということを知り、マイクロスコープ、ラバーダム使用の医院を捜し5回治療しました。
毎回、先生は痛みはすぐになくなるだろうから、次回は充填と言いますが、未だに押すとツーンとする痛みは消えません。

いくつか疑問があるので、おわかりになる方、教えてください。

(1)
リーマでガリガリした後、薬を入れないことがあります。
検索すると、通常、水酸化カ...続きを読む

Aベストアンサー

眠いので答えやすいものだけ

(1)について

根管治療はベースとしては薬ではなく機械的な原因物質の
除去で治すものです。
昨年亡くなられた大谷先生という大学病院が治らない患者を
紹介するような根管治療の大家がいらっしゃったのですが
先生は、俺はリーマーと水だけで治すと良く話されていました。

リーマー(ファイル)を使わずとも洗浄を繰り返すだけでも
結構治癒してくるものです。

>>(2)

最近は電流を流してインピーダンスを測定する方法が主流ですが
写真から判断したり歯の平均根長から類推する方法もあります。

>>(5)

マイクロは私も使っていますが本当の先端は見えないことが
多いです。ただその部分は治療する必要がないという意見が
多勢ですので治療上は問題がないとしています。

>>(6)

マイクロを使ってみると本当に良く見えるのですが、見るのが
人間ですのでどうしても先入観が入ってしまいます。
ですので、見えてるのに見落とすというケースはあります。

>>(7)

上述の大谷先生は神様が根充してくれたと思って触るなと
言われていました。

根の治療は一定割合が難治化しますし、汚れがなくある程度
痛みがとれた段階で根充してしまい、慣らして様子を見る
という経過的に治療を進める事も多いです。

自費診療という事ですので保険の歯科医院より時間はあるでしょうから
わかりにくいところは質問されてはと思います

眠いので答えやすいものだけ

(1)について

根管治療はベースとしては薬ではなく機械的な原因物質の
除去で治すものです。
昨年亡くなられた大谷先生という大学病院が治らない患者を
紹介するような根管治療の大家がいらっしゃったのですが
先生は、俺はリーマーと水だけで治すと良く話されていました。

リーマー(ファイル)を使わずとも洗浄を繰り返すだけでも
結構治癒してくるものです。

>>(2)

最近は電流を流してインピーダンスを測定する方法が主流ですが
写真から判断したり歯の平均根...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報