ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

こんばんは。

最近「デジタルシネマカメラ」というものを知りました。
あのWOWOWとか、フジのテラスハウスがその機材を使っているとかなんとか。

とりあえず、映画を作る人はシネマカメラを使うらしいのですが、業務用のカメラあるじゃないですか?
HDCAM?とかもかなりの値段するじゃないですか、なのになんでシネマカメラと写り方がちがうのでしょうか?

シネマカメラは本当に芸術的というか、すごくいい雰囲気の出るカメラで、HDCAMみたいなのは、平凡ですよね。一般的なカメラにたとえたら、シネマカメラが一眼レフ、報道用カメラがデジタルカメラ、みたいな。

そこで、なんで報道用カメラは高いのにいい味がでないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ビデオカメラは、限られたダイナミックレンジで撮影するため、どうしても「ビデオっぽい」絵になる。


方や、デジタルシネマカメラは、ビデオカメラより大き目のセンサーを使っている為、被写界深度のコントールがし易く、高ダイナミックレンジ対応ですから、フィルムに近い描写が可能です。
その為、テレビCMや劇場映画の映像に用いる事を主眼とし、開発されたカメラです。
要は、業務用のビデオカメラとは、原点から設計思想が違うのです。

業務用のビデオカメラは、何時如何なる悪条件下でも絵が撮れ、その絵が即、使えないと意味がない。
その為、頑丈で雨にも負けない。暗所での撮影や望遠域での撮影も必要。
つまりは、絵の綺麗さより、確実性の方が優先されるのです。

方や、シネマカメラは、事前のセッティグが可能で、用途も限定され、後処理にも時間が掛けられる。
そこの違いとお考え下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そうだったんですね、ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/03 06:08

まず、シネカメラと報道用のカメラは、求められる性能やワークフローが全く違います。



シネカメラは、映画館のような大画面に耐えうる高解像度、24p、そして大きな違いとして、撮って出しではなく、RAWで撮影し、編集で絵を追い込みます。
スチルカメラで例えるなら、中判カメラですね。速写連写には不向きですが、スタジオなど、時間を書けて絵を追い込める、環境を整えられる場面での撮影なら、威力を発揮します。
あと、最近一般のテレビでも使われだしているシネカメラは、比較的安価なものです。報道用業務用のカメラよりずっと安いものが多いから。制作費が安くなるので、絵を追い込むというより、安く抑えるという意味で使われています。

一方、報道用は、テレビ放送に乗せるのが目的ですから、基本的に撮って出しの映像を使います。
シネカメラのように撮影環境が整った状況だけではなく、どんな現場でもすぐに撮影できることが基本。
センササイズもシネカメラより小さめで、被写界深度はある程度深くできることで、ピントのシビアさを回避、画面全体で均一に描写できます。
スチルカメラで例えるなら、CANON EOS 1DxやNikon D4Sでしょう。

求められる要素が違えば、同じカメラでも方向性が異なってきます。
まさにNo.1さんの例える車と同じことですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そうだったんですね、ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/03 06:08

比喩になるかどうかですが


1,000万円超の 高級スポーツカーと屈強オフローダーの違い

>芸術的というか、すごくいい雰囲気の出るカメラで、

撮影はカメラ性能だけでは決まりません。
「いい味?」出すためには カメラ性能以上に”造り込み”が重要です
そして造り込んだ状況に合わせて「味のある?」画造りをするには
それなりの時間が必要です
シネマカメラだからと ひょいと持っていってイメージ通りの画は
簡単に撮影できるわけではありません

綺麗に準備がされたサーキットのような場所なら
最高速度で快走できるスポーツカー

対して
いつ出動になっても常に確実な動作をして映像を取ることが出来る
報道用カメラ(ENGカメラと通称)
多少荒っぽい操作や使い方をしても「見ることの出来る映像」を
撮影する性能が求められます

低温・高温・高湿度・埃の舞う場所・・・いつでもどこでも確実に動作する

優先される性能が異なっているということです。。。

@ENGカメラでもキチンとした準備をされた撮影環境の下でなら
相当"芸術性"に溢れた映像を撮影することも十分可能なんですけどね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そうだったんですね、ありがとうございました。

お礼日時:2014/08/03 06:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故で

デジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故ですか?
シネレンズの方が良いものがあるということなのでしょうか?

カメラに詳しい方、教えてください

Aベストアンサー

> デジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故ですか?
・カメラ本体価格の安さが一番の魅力でしょう。

ここ数年で、デジタル一眼レフの動画撮影機能が急速に向上し、一般的なビデオムービーを越える性能になりました。
そうすると、安価な一眼レフにムービー専用のシネレンズで撮影したいというニーズが生まれてくるわけです。

・35mmフルサイズのデジタル一眼レフはシネカメラ使用のオプションを付けても100万円程度。
・35mmフルサイズのデジタルシネカメラは、軽く一千万円を超えます。

> シネレンズの方が良いものがあるということなのでしょうか?
・スチルカメラ用のレンズとシネレンズは全く違います。
シネレンズに求められる性能は、映画館の巨大なスクリーンに数千倍、数万倍に拡大映写される事が絶対条件です。
レンズ自体の設計には一切の妥協が無く、その性能は、デジタル一眼レフカメラ用レンズよりも、遙かに高性能で最高峰。
デジタル一眼レフカメラ用レンズとは別次元の性能、特性を有しています。
当然ながら、プロ用機材ですから価格も大変高価になります。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100415_361381.html

> デジタル一眼にシネレンズをつけようとするのは何故ですか?
・カメラ本体価格の安さが一番の魅力でしょう。

ここ数年で、デジタル一眼レフの動画撮影機能が急速に向上し、一般的なビデオムービーを越える性能になりました。
そうすると、安価な一眼レフにムービー専用のシネレンズで撮影したいというニーズが生まれてくるわけです。

・35mmフルサイズのデジタル一眼レフはシネカメラ使用のオプションを付けても100万円程度。
・35mmフルサイズのデジタルシネカメラは、軽く一千万円を超えます。

...続きを読む

QミュージシャンのPV制作で使っているカメラは何?

ミュージシャンのPV(プロモーションビデオ。ミュージックビデオでも良いです)制作って、どこまで自分たちで作れるんだろうなと思っていろいろ調べています。

最初にPV制作を受注しているサイトをググってサンプル動画を見てみました。大抵はデジイチを使っていました。当然背景はボケたりして、非常に高解像度のクリアな画質でしたが、「なんか素人臭い・手作り臭いな」って感じたのです。

で、お手本を見てみようと有名ミュージシャンのPVをYou Tubeでチェックしたら、やはり背景はボケていて、「ボケてるということはやっぱりデジイチなのかな?」と思ったのですが、上記のデジイチで撮ったサンプルよりやや低解像度で、逆にそれが良かったのです。サンプルだと高解像度過ぎて、その場にいるような感じになってしまうのですが、PVだと一枚ベールがかかったような感じでくすんでいるというか、画質のギラギラした感じが取れて馴染んでいるというか、要はPVらしかったのです。

「じゃあデジイチじゃないのかな?」と思ったのですが、ビデオカメラだとボケは出せないみたいです。でも、ズームはデジイチだとレンズを回したりして手ブレが激しいし、大きくズームは出来ないのではないかと思ったりもします。PVでズームしたりもしますし。

あと、これはただのイメージですが、弱小スタジオがデジイチでPVをなんちゃってで撮るのは想像できますが、有名アーティストがカメラ的形状のデジイチでビデオを撮っている風景はあまり想像できません。「ビデオカメラのあの形+三脚」で「本格的に」撮ってるイメージがあります(ただのイメージですが)。

そこでお聞きしたいのです。メジャーアーティストレベルのPVを撮る際は、カメラは何を使っているのでしょうか。デジイチ?業務用ビデオカメラ?業務用ビデオカメラで被写体深度が浅いやつがあるとか?それともデジイチで撮って、Adobe Premiereとかで画質のあまりに生っぽい新鮮さを緩和して馴染ませるようなエフェクトがあるとか?あるいはライティングの問題?PVはYou Tubeでチェックしたから、たまたま画質が落ちてそう見えただけで、本当はデジイチ並みの高解像度の画質?

皆様、なにかご存知でしたら教えて頂けると幸いですm(_ _)m。

ミュージシャンのPV(プロモーションビデオ。ミュージックビデオでも良いです)制作って、どこまで自分たちで作れるんだろうなと思っていろいろ調べています。

最初にPV制作を受注しているサイトをググってサンプル動画を見てみました。大抵はデジイチを使っていました。当然背景はボケたりして、非常に高解像度のクリアな画質でしたが、「なんか素人臭い・手作り臭いな」って感じたのです。

で、お手本を見てみようと有名ミュージシャンのPVをYou Tubeでチェックしたら、やはり背景はボケていて、「ボケてると...続きを読む

Aベストアンサー

>ビデオカメラだとボケは出せないみたいです。

出せますよ。ベーカムでも

>有名アーティストがカメラ的形状のデジイチでビデオを撮っている風景はあまり想像できません。

そーですか。思うのは自由ですから何も言いません。

>メジャーアーティストレベルのPVを撮る際は、カメラは何を使っているのでしょうか。デジイチ?業務用ビデオカメラ?

色々です(^_^)v

安室 奈美恵のPV撮った時はキャノンの5D-markIIでしたよ

パナのAG-HPX600で撮った事もあるし

ボケはカメラが作るんじゃなくて、撮影方法や演出で作るんです、そこをお間違えなく

Q広角レンズとワイドコンバージョンレンズの違い

カメラ素人です。
広角レンズとワイドコンバージョンレンズは
どのような違いがあるのでしょうか?

カメラ本体はまだ購入前です。
広角レンズは価格が高いのと
めったに使用しないものなので
ワイドコンバージョンレンズで良いのか?
狭い室内や狭い路地からの建物全体などの撮影に
使用したいと考えています。

Aベストアンサー

いわゆる「コンバージョンレンズ」というのは、元々のレンズの性能の「劣化を承知で」無理やり広角化してみたり、望遠化してみたりするものです。
ですから、周辺画像の流れ、コントラストの低下、周辺光量の減衰、などといったものが大変顕著に現れるものです。

ただし、リコーの高級コンパクト用の純正ワイコンの場合、かなりそういった収差は抑えられていて、場合にもよりますが実用に耐えるようです。
設計段階でワイコンの使用を考慮したレンズ設計がされているようですね。

ですので「建物全体を入れた構図」の場合、絞りを絞り気味にすれば、なんとか耐用可能かもしれない。
しかし、これは画像の評価の問題ですから「これじゃダメ!」という場合も十分考えられるわけですね。

私の場合、広範囲の画像を撮りたい場合は「パノラマ合成」を使って、写真をつなげてしまいます。
これはこれで欠点があるのです(直線が歪みやすい)が、手軽だし、面白い効果が期待できるので、好んでそうしています。

性能を考えると、やはり今のところ「一眼レフに超広角レンズ」もしくは「シフトレンズ」になってしまいます(しかもフルサイズCCDで)。
35ミリ換算で「20ミリ」ほどのレンズが欲しいところですが…キリがないですものね。

いわゆる「コンバージョンレンズ」というのは、元々のレンズの性能の「劣化を承知で」無理やり広角化してみたり、望遠化してみたりするものです。
ですから、周辺画像の流れ、コントラストの低下、周辺光量の減衰、などといったものが大変顕著に現れるものです。

ただし、リコーの高級コンパクト用の純正ワイコンの場合、かなりそういった収差は抑えられていて、場合にもよりますが実用に耐えるようです。
設計段階でワイコンの使用を考慮したレンズ設計がされているようですね。

ですので「建物全体を入...続きを読む

Qフィルムの解像度を画素数にすると?

フィルムたとえばVelvia100の35mm版の粒子径から
換算される等価画素数は幾らになるのでしょうか?
伸ばすと結構ザラザラになるので1000万画素ぐらい
かなと思うのですが、どうなんでしょうか?

よろしくお教えください

Aベストアンサー

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Image Sensor の方が高精細、高感度、広 Latitude になってきていますね。

単純に粒子径から計算すれば 6μm 径で 36mm×24mm ならば 6000×4000=2400 万画素、8μm 径で 1350 万画素ですが、あくまでも机上の理想論ですので 1000 万画素ぐらいというのが現実的な感覚値ではないかと思います。

Digi'Came' でも LPF (Low Pass Filter) のせいで 1000 万画素以上を謳っていても 600 万画素以下の高額一眼レフ機の方が遙かに解像度が高かったりしますし・・・。

素敵な Camera Life を(^_^)/

ASA (ISO) 100 Film の感光粒子径は 6~8μm と言われ、これから 35mm Film を Scan するのは 3600DPI が理論限界みたいな解説を読んだ記憶がありますが、Film の感光粒子は規則正しく並んでいるわけではなく、2 つの粒子の間にもう 1 つの粒子が顔を覗かせているような層を成しており、粒子同士がくっついて大きな粒子状になっている箇所もあります。

このため大きな粒子状になっている高感度部分から小さく顔を覗かせている低感度部分まで広い Latitude を持っているのですが、現在では同じ Size の Digital Ima...続きを読む

Q業務用ビデオカメラと民生用ビデオカメラの違い

業務用ビデオカメラと民生用ビデオカメラの違い

現在、パナソニックのHDC-HS9を使ってビデオ撮影をしています。
もっときれいに撮りたいということで業務用のAG-HMC155を買おうかどうか迷っています。

どちらもハイビジョンで3CCD搭載のカメラなのですが、業務用カメラと民生用カメラではどれくらい差があるのでしょうか?
特に業務用ビデオカメラと民生用ビデオカメラで撮り比べをしたことのある方(メーカーや型は問いません)は些細なことでも是非ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

画質の差は他の方がおっしゃってるいるようにそれ程あるとは思えません。
10数年以上まえなら業務用と家庭用の差は大きかったのですが、年を追うごとに小さくなってます。
今の家庭用ハイビジョンカメラをSD画質にダウンコンバートして、10数年前のSD画質の100万円クラスの業務用カメラと比較しましたが画質の面で凌駕しています。じゃ最新型の業務用HDカメラと比較してどうかというと良く健闘してる(あいまいな表現だなー)ってかんじです。

さて、ご質問のAG-HMC155ですが、このカメラは専門のカメラマン用というより放送局なら記者(取材力に長けたカメラの素人・・・ 失礼!もちろん上手な人も多いです)が、ワンマンで取材したりするのに使うようなカメラです。カメラの操作に煩わされずに取材そのものに集中できるカメラです。
ですから、フルオートで家庭用的に撮影することも想定された設計です。決してハードルは高くありません。むしろスイッチ類が良く整理され配置も的確になって無理に小型化してない分、誰にでも使いやすいカメラであるとも言えます。
じゃあ買いか?と聞かれれば、No!です。
50万円くらいですか?高すぎです。生産量が少なく量販店でほとんど流通しないので高いのです。仕事で使うのならXLR音声コネクタ類やタイムコードのシンクロ等、有益な部分もありますが、家庭用としては無用でしょう。50万円位の半端な業務用ではレンズを含め本格的な画質改善にはあまり恩恵はなく別の部分、拡張性や堅牢性にコストを食われています。

AG-HMC155とHDC-HS9の仕様を比較してみました。注目すべきはワイド端の画角28mmと42.9mm(35mm換算)この違いは大きいです・・・ 例えば踊っている人などを下から俯瞰ぎみに撮ったりすると、28mm位のワイドで撮るととても躍動感が出ます。いかにもプロっぽい映像になります。42.9mmではどう頑張っても同じような映像効果は望めません。しかもワイドレンズは撮りやすくて楽です。
次に撮像素子のイメージサイズ6/1インチと1/3インチボケ味にほんの少し違いが出そうです。

ただ、最新型の家庭用ビデオカメラは、28mm(35mm換算)くらいのワイドズームレンズを搭載する傾向にあります。
さらにデジタル一眼だと撮像素子のイメージサイズが遥かに大きく(1.25インチとかの放送局のスタジオカメラ並み)別次元の映像表現ができます。ただ、いろいろな解決すべき問題(参考URL)があるので、それが解決したら私も買おうと考えています。

ちなみに、放送業務用クラスのハンディーカメラを手持ちで使う時はピントはもちろん絞りとズームも普通手動でやります。ピントはハイビジョン時代になってとてもシビアですがワイドで撮れば晴天の屋外なら適当でもOK!絞りもカメラ自体の基本性能が良い分、順光で合わせてて、被写体が逆光側に移動してもそのままいじらず追っかけても綺麗にとれます。肩乗せカメラなら細かいブレはあまりおきません。5kgの米袋を肩に乗せてみましょう安定してブレませんよね、重量バランスが良く肩にしっくり、両手はレンズ(米袋なのでイメージです)に軽く添えるだけ、ちょうどそんな感じです。基本的な操作さえ覚えてしまえば誰でもブレずに綺麗にとれます。
人工照明での撮影ならライティングの上手下手で画質は決まります。でもライティングはカメラマンの仕事ではないです。画質は照明係り次第です。写真スタジオのような理想的なライティングの下なら家庭用カメラでも驚くほど高画質に撮れます。逆に家庭用のカメラでは例えばステージでスポットライトを浴びた歌手を撮影する場合など絞り(電動)は業務用より遥かに難しい(例外的にHDR-CX12のマニュアルダイヤルによる絞りはレスポンス良好でしたさすがソニー)です。ピントも手動で合わせようとしても何処がピントの山なのかとても判りづらいです。難しさの質が違うのであってどちらが難しいとは一概には言えません。家庭用のカメラは根本的に手動で操作するようにはできてないのでレスポンスが悪く、二階から目薬、痒いとこに手が届かないって感じです。業務用の良いカメラならレンズ部分がメカニカルなのでダイレクトに体の一部みたいにブラインドで自然に操作ができます。

デジタル一眼はその放送業務用ビデオカメラ的操作テイストを味合わせてくれそうです。値段も10万円前後で十分手が届くし、とにかく使ってみたくてウズウズして問題解決のその日を待ってます。

間もなく安くて高画質のしかも使いこなしが面白いカメラが続々登場しそうな予感がします。
Woodyabcさんも、しばらく買い控えて待たれることをお勧めします。

ああーっ! 肩の乗せの一眼レフデジカメが出ないかなー!

参考URL:http://it.nikkei.co.jp/digital/special/net_eh.aspx?n=MMITxw000026062009&cp=1

画質の差は他の方がおっしゃってるいるようにそれ程あるとは思えません。
10数年以上まえなら業務用と家庭用の差は大きかったのですが、年を追うごとに小さくなってます。
今の家庭用ハイビジョンカメラをSD画質にダウンコンバートして、10数年前のSD画質の100万円クラスの業務用カメラと比較しましたが画質の面で凌駕しています。じゃ最新型の業務用HDカメラと比較してどうかというと良く健闘してる(あいまいな表現だなー)ってかんじです。

さて、ご質問のAG-HMC155ですが、このカメラは専門のカメラマ...続きを読む

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Q映画スタッフ役職名の英語訳

海外のコンテストに出品する為、自主制作映画のエンドロール(エンドクレジット)をすべて英語で書きたいと思っていますが、ネットで調べたけど、それぞれ微妙に違う呼称があり、確証がありません。
映画スタッフ役職の英訳を教えて下さい。
お願いします。



スタッフ→ Staff
役者→ Cast
脚本・監督・編集→ Script wrìter(?) or Screenwriter(?)/Director/Editor
撮影監督→ DOP
撮影(カメラオペレーター)→ Cinematographer(?)
撮影制作スタッフ→ Best boy(?)
音声→ (?)
照明→ electrician(?) or Gaffer(?)
メイク→ Make(?)
雑用スタッフ→ (?)
かちんこ&記録係→ (?)
音楽→ Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○


※制作スタッフの中心人物は何でもこなしてる撮影スタッフのリーダー的な役職ですが何でも屋なので、
「Best Boy」でしょうかね?

Aベストアンサー

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいますので)
撮影監督→ DOP director of photographyもしくはCinematography(DOPはカメラマンのことを指してはいません。ハリウッドの製作システムでは日本でいうカメラマンの仕事とDOPの仕事とぜんぜん違います)


撮影(カメラオペレーター)→Camera Department  でcamera operator
撮影制作スタッフ→Camera Departmentでcamera assistant
 何人もいる場合にはそれぞれ役割分担がありまして
 focus puller(レンズをかまってピントを合わせる方)
 clapper loader (フィルムの装填をする方)
 などとなります。邦画だと撮影の助手は4人くらいになります。
 

音声→ 現場で録音をしたのか、仕上げの段階で音声を担当したのかで呼称がいくつもあります。Sound Departmentで 
   sound recordingやsound dubbing となります
照明→ Electrical Departmentでelectrician
メイク→ makeup 髪をいじっていればhairdresser
雑用スタッフ→ best boyよりもmiscellaneous crewの方がいいかもしれません。
かちんこ&記録係→scripter
音楽→ Music もしくはOriginal Music
協力→ Special Thanks
制作→ Produced by ○○○○ これだと会社や組織名ぽいかたちです。producer ●●でもいいと思います。


ほかに
衣装 Costume Design もしくはWardrobe Department
美術 Production Design 
製作担当 Production Manager
が抜けてますが、居なかったのでしょうか?

映画のスタッフロールは国によって、もしくは製作会社によってもまちまちです。

スタッフはCREWとすることもありますが、キャストの後、すこし間を開けるので、わざわざスタッフとかクルーとか出さないことの方が多いです。
またオープニングとエンディングとで、スタッフロールは出てくる役職の順番が違っています。これに関しては何かお好きな映画を参考にすればいいと思います。


脚本・監督・編集→ screenplay /Director/Film Editor(エディターには音のエディターとか効果音のエディターとかいます...続きを読む

Q4Kテレビって800万画素のこと?

ようやく世間がハイビジョンテレビになったと思えば、
次は4Kテレビだそうです。

ハイビジョンは1920×1080だそうですので、約200万画素
それの4倍なら約800万画素ですよね。

ところが、カメラは普通のコンデジでも1000万画素もあり、
一眼レフでは3000万画素以上のものもあります。

私は写真を家のFullHD45インチテレビで見ますが、
それ以上必要とは感じません。

なぜ、そんなに画素数を増やすのでしょうか?
画素数を減らして、高感度特性を上げる方が、
便利だと思うのですが???

Aベストアンサー

まずデジタルカメラの解像度はプリントを前提にしています。
初期のデジカメはビデオカメラが基本だったので480x640 30万画素程度で
パソコンのモニター、テレビで見る分には充分でしたが
一般的なプリントサイズLサイズ(89x127mm)では荒れが目につきました。

私は500万画素で四つ切(254x365mm)のプリントで気になりませんが
四つ切には1000万画素が必要と考える人は多いようです。

写真店で500万画素の画像をA1(549x841mm)にプリントしたものを見たことがあります。
近くで見ると粒子のようなものが見えますが3mも離れれば綺麗な写真でした。

一般的なデジタルカメラなら500万画素充分と思いますが数字が大きい方が良く思えるのが人情です。
フィルムと比べれ遜色ない画質となると1000万画素は必要なのかもしれません。
1000万画素クラスの画像素子が大量生産され価格が安いのかもしれません。

巨大なポスター作成を前提とした撮影には高画素が求められるでしょう。
フィルムでは大きなフィルムで撮影していました。

>画素数を減らして、高感度特性を上げる
ニコンD4はその考えですね。
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d4/features01.htm#a1
私は解像度はそこそこに色調表現に力をいれて欲しいと思います。
色調表現は数値化しにくいのかもしれませんね。

ブラウン管に迫る画質と言われている有機ELテレビの普及を待てず。
昨年末にブラウン管32インチを液晶40インチのテレビに買い替えました。
見慣れて着ましたが液晶は解像度は高くても悲しいかな画質の劣りますね
薄く細いフレームで小さなスピーカー音も携帯ラジオレベルのような
外付けのスピーカーシステムを売っている意味が理解できました。

さて4Kテレビですが 映画館では2kが現在主流のようです。
4Kになれば映画館の巨大な画像なら差が明らかでしょう。
ちょっと暗くなり目が疲れる3Dは見やすくなるかも知れませんね。

答えになっているようななっていないような
ごめんなさい。

まずデジタルカメラの解像度はプリントを前提にしています。
初期のデジカメはビデオカメラが基本だったので480x640 30万画素程度で
パソコンのモニター、テレビで見る分には充分でしたが
一般的なプリントサイズLサイズ(89x127mm)では荒れが目につきました。

私は500万画素で四つ切(254x365mm)のプリントで気になりませんが
四つ切には1000万画素が必要と考える人は多いようです。

写真店で500万画素の画像をA1(549x841mm)にプリントしたものを見たことがあります。
近くで見ると粒...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

QPremiere Proでの映画フィルムのように加工をする方法

29.97フレームを24フレームにする場合、どうすればいいでしょうか?そして古い映画のように傷やノイズをつける方法はどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
少し日数が経過していますが...

【29.97fpsから24fpsに変換する方法】
・新規プロジェクト設定時に、「カスタム設定」タブをクリックし、編集モードに「Video for Windows」を選択する。 (デフォルトは「DV 再生」)
・「タイムベース」の設定で「24.00 フレーム/秒」を選択する。(デフォルトは「29.97 フレーム/秒」)

【傷やノイズを入れる方法】
・クリップ全体をノイジーにする方法としては、プロジェクトウインドウの「エフェクト」タブから
ビデオエフェクト→スタイル→ノイズを選択し、モニタウインドウのエフェクトコントロールでノイズ量を調整する。

・傷や、いわゆる雨降りノイズの場合はなかなか自分では作り出すことはできないので、市販のものを使う方が手っ取り早いし完成度が高いと思います。

参考:
私の場合は、データクラフト社の動画素材集「ビデオ素材辞典Vol.3 CG-ノイズ・合成パーツ」を使用しています。
  メーカHPではありませんが、サンプルが↓で見られます。
http://www.fourone.co.jp/details/datacraft/vj_03.html

その他にも市販の素材集が販売されていると思いますので検討してみてください。

さらにクリップの色合いを、カラーバランスやコントラスト&明るさで調整すればリアルさが増します。

こんばんは
少し日数が経過していますが...

【29.97fpsから24fpsに変換する方法】
・新規プロジェクト設定時に、「カスタム設定」タブをクリックし、編集モードに「Video for Windows」を選択する。 (デフォルトは「DV 再生」)
・「タイムベース」の設定で「24.00 フレーム/秒」を選択する。(デフォルトは「29.97 フレーム/秒」)

【傷やノイズを入れる方法】
・クリップ全体をノイジーにする方法としては、プロジェクトウインドウの「エフェクト」タブから
ビデオエフェクト→スタイル→ノイズを選択...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報