『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私は競馬予想する際に、陣営の勝負気配を重視しています。必ずレース出走には思惑があり、中でも勝ちに来ている陣営の見分け方の研究をしています。

これは勝負気配が高いと感じるファクターを教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

必ずレース出走には思惑があり、中でも勝ちに来ている陣営の見分け方の研究をしています。


>私も競馬と係ること40年ほどですが、20年位前からそう思って予想を組み立てています。
その考え方の方向性は絶対に間違っていないと思います。
私は2002年から有料メンバー向け予想を運営していますのでその辺りはよく掴んでいると自負できます。飯の種ですのでメンバーでない方にまで(たとえメンバーでも核心には答えませんが)その極意を教える気はありませんが
競馬はたてまえは勝つことを目的に出走していることになっていますが
「(スーパー未勝利戦でもない限りは)勝つことを前提に全ての馬が出走しているわけではないこと」をまずは見極めることが重要です。たとえ人気馬でも。
そして「何故に芝レースがあり、ダートレースがあり、クラス分けがあり、
右回りだの左回りがあリ、出走条件や距離が異なり、坂もあるなしがあるのか?」
この辺りを貴方が馬主や調教師や騎手になっととして妄想して見て下さい。
それがヒントです。それぞれの立場では全く思惑が違います。
これ故私が思っている重要ポイントは
1がローテーション、2が調教、3を上げるなら調教師・騎手=エージェントで
最終決断の決め手は・・・と・・・です。
ただ現在では一番弱い立場は騎手と言われ、一番強いのが社台系(社台でもあそことあそこ)の生産牧場だそうです。最近では社台系か非社台系かなんて言われてますよね。
あからさまなのが委託先の調教師でありヤネとなる騎手であると思っています。

最後にいくら◎競馬場の◎Rに出走させたいと思っても「優先出走権などを含めある条件を満たさなければ出走できない」このあたりのことも当然知らなければいけませんよ!!
また全ての条件から「ここ勝負」と私なりに見抜いても「出遅れ・道中の不利やケガ」などで不可解なレースとなることも競馬の側面です。まぁ~わざと出遅れたり進路が狭まれ出るに出られなかったように見せかけることもありますが・・・
ただこの勝負気配のあった馬は必ずどこかで帳尻合わせがありますので追っかけることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
非常に勉強になりました。人が関わる以上、かならず思惑があるはず。そのことを最重要に考え、これからも研究に励んで行こうと思います。

お礼日時:2014/08/26 15:34

調教と騎手、それと人気じゃない?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。騎手は思惑を読む上で重要なファクターと心得ています。

お礼日時:2014/08/26 15:36

勝負気配が高いと感じるファクターを教えてください



それで儲かるならそんな事教える奴は居ない。
いい加減で適当なことを教えるなら居るだろうけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

お礼日時:2014/08/18 04:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q激走馬の見分け方

私は中央競馬のファンです。人気がないのに、3着以内に激走する馬の見分け方を教えてください。例えば、パドックでの様子、馬場入場後に走っている様子など。逆に、こういう様子だと好走しないとか。

Aベストアンサー

私はかつて毎週競馬場へ行き、毎週or隔週で万馬券をとっていました。今は、毎週行かないので2~3ヶ月に1回(買うのも月1~2回)しかとれません。
以前はただ、1R~最終Rまで、パドックの逆光にならない最前列で馬を睨んでました。
一時は1000頭以上の馬の顔を調教ゼッケン無しで覚えていたので、『この馬は前走よりいい体と気合だ』とか『重めで負けた半年前より体重は同じだけど筋肉ついてきた』とかで激走馬が判りました。

あとデータでは
『穴を開けるのは、同じ馬が多い。その馬によって、激走条件(距離や体重)がある』
『母親が人気薄激走馬の子も穴をあけやすい』
『初距離・初芝ダートの馬、初ダートは胸板が厚いか掻きこむ走法なら初でも買い』
『馬はベテランになると得意な競馬場があって、最近負けててもその場所なら良く走る』
……あと私のジンクスです。
『前走・前々走か、前々走・3前走のどちらか、同じ偶数着順で勝っていない馬』たとえば前4・前々4着とか6・6着の次のレースは狙いです。
わけは分からないけど偶数同着順の次に連に絡む馬は多いし、8・8着の次だと万馬券がよく出てます。
  でも心情馬券の買いすぎで収支はトントンです(T_T)/~~~【馬券歴12年】

私はかつて毎週競馬場へ行き、毎週or隔週で万馬券をとっていました。今は、毎週行かないので2~3ヶ月に1回(買うのも月1~2回)しかとれません。
以前はただ、1R~最終Rまで、パドックの逆光にならない最前列で馬を睨んでました。
一時は1000頭以上の馬の顔を調教ゼッケン無しで覚えていたので、『この馬は前走よりいい体と気合だ』とか『重めで負けた半年前より体重は同じだけど筋肉ついてきた』とかで激走馬が判りました。

あとデータでは
『穴を開けるのは、同じ馬が多い。その馬によって、激走条件(...続きを読む

Q複勝の配当の決まり方

競馬を始めたばかりなのですが、複勝について教えて下さい。

複勝のオッズは「1.2~1.9」のような範囲で表示されていますよね。これって着順でオッズが変わる事を意味しているのでしょうか?この場合だと、1着・2着・3着で配当がどのくらい違うのでしょうか?ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。(計算式は、JRAのホームページにあります)

具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。

◎まず、実際の払戻金ですが以下の通りでした。

アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気)  300円
サンアディユ(2着、複勝 1番人気)      170円
アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気)  230円


もし、レースの結果(着順)が異なっていたら、複勝の払戻しがどうなっていたかを計算してみました。

●例 1 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

サンアディユ(複勝 1番人気)         180円
アストンマーチャン(複勝 3番人気)      240円
タマモホットプレイ(複勝16番人気)     2,790円

●例 2 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

アストンマーチャン(複勝 3番人気)      280円
タマモホットプレイ(複勝16番人気)     3,430円
エムオーウイナー(複勝15番人気)      1,670円

●例 3 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

サンアディユ(複勝 1番人気)         160円
アストンマーチャン(複勝 3番人気)      210円
スズカフェニックス(複勝 2番人気)      190円


締切直前のアストンマーチャンの複勝オッズは、 2.1 ~ 2.8 となっていたはずです。(例3のときが、2.1倍。例2のときが、2.8倍)
 

複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。(計算式は、JRAのホームページにあります)

具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。

◎まず、実際の払戻金ですが以下の通りでした。

アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気)  300円
サンアディユ(2着、複勝 1番人気)      170円
アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気)  230円


もし、...続きを読む

Q馬場状態と脚質について

いつもお世話になってます。

競馬ファンとしては常識的なことだと思いますが、
馬場状態と脚質の関係について、質問させて下さい。

芝コースの場合、馬場状態が良~不良になるにつれて、速い脚というかキレのある脚がつかいにくくなるために、逃げや先行の馬が有利になりますよね?(もしや、この知識から間違ってるかもしれませんが・・・)

ダートコースの場合、馬場状態が良~重(さすがに不良は除く)になるにつれて、脚抜きが良くなり速い脚が使いやすくなるので、タイムも速くなり、前残り有利の状態が解消され、差し・追い込み脚質の馬も届きやすくなると思ってたんです!

しかし、ダート・馬場状態は重のレースで、TMがこのレースは高速馬場なので、前の馬が止まらないので、前有利といっていました。フェブラリーの時も同じようなことをいろんな方がいってました。

私の知識が間違っていたのは、間違いないですが、ではダートでは、差し・追い込み脚質は良馬場のほうが届きやすいのでしょうか?

そこらへんのことをよろしくお願いします!

Aベストアンサー

 馬場状態で前有利、後ろ有利を考える際に重要なファクターが1つ抜けています。芝の荒れ具合です。例外もありますが、最後の直線においておよそ逃げ馬は最内を通り、差し馬は外を通ります。その際開幕前半で内も外も芝がいい状態(好タイムが出やすく、この状態を高速馬場といいます)は先行した馬も脚が殺されないため先行有利です。開幕後半で内が荒れてくると先行馬の脚が殺され差しが決まります。ここで重要なのは外を回った馬はどちらの馬場にしろ同じ脚を使っているということです。言い返せば差しが決まり易いか否かは(差し馬が切れる脚を使えるかではなく)先行馬の脚が殺されるか否かに因るという事です。芝の不良馬場の場合は(質問者様のおっしゃるとおりですが)内も外もグチャグチャで、内も外も荒れている状態です。ですからこの場合は先行、差し馬ともに脚が殺されるため、内外差という意味では高速馬場のとき同様なためロスのない先行馬有利です。まとめますと差しが有利なのは内が荒れて外が荒れていないときだけということになります。(基本的に競馬は先行有利なんです!)
 さてダートですが、荒れてようが荒れてまいが結局脚が砂にめり込むため、芝と違って内外差はありません。その上で脚抜きのいい馬場となると、芝で言うところの開幕前半の高速馬場と同じですから前有利になります。とゆうか内外差がないという時点でダートは常に前有利なんですね(^^;そのTMはわかったげに物を言ってただけでしょう。と思います(あまりにも断言的に言い過ぎてる気がするので違ったときのために逃げときます)。ダートで前有利か後ろ有利かは展開、コース形状等のほかのファクターに因ります。
 最終的にまとめますと、差しが決まるかどうかは芝の内外差と展開とかいろんなことを考慮して考えてくださいということ。そして質問のように馬場のみに着目した場合は芝で内が荒れてるとき以外はすべて前有利ですよという感じです。

 馬場状態で前有利、後ろ有利を考える際に重要なファクターが1つ抜けています。芝の荒れ具合です。例外もありますが、最後の直線においておよそ逃げ馬は最内を通り、差し馬は外を通ります。その際開幕前半で内も外も芝がいい状態(好タイムが出やすく、この状態を高速馬場といいます)は先行した馬も脚が殺されないため先行有利です。開幕後半で内が荒れてくると先行馬の脚が殺され差しが決まります。ここで重要なのは外を回った馬はどちらの馬場にしろ同じ脚を使っているということです。言い返せば差しが決ま...続きを読む

Q馬券で生活、大もうけしている人って

馬券を当てて、それだけで生活できるくらい稼いでいる人ってきっといると思います。
そういう人は、どういう買い方をしているのでしょうか?
固い勝負だけしているのでしょうか?それとも大穴ねらいなのでしょうか?
生活をするにはコンスタントに的中していかないとだめだと思います。
投資額も大きいのでしょうかね。

Aベストアンサー

URLに参考になる本をのせて置きました。

彼は日刊スポーツで現在も予想氏として活躍していたり、
講義を開いたりしています。
この人は、結構稼いでますが、稼ぐまでには、
独自の研究やら、資金で大変苦労したようです。
彼の生き方が読める1冊です。
ま~なかなか素人がやっても無理がありますよ
ご参考までに…

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/book/4136705/

Q「テン乗り」とは?

「テン乗り」という言葉を競馬関係の掲示板とかで
何度か見ましたが意味が分かりません。
騎乗のし方らしいっていうのはなんとなく
分かるのですが・・・。
どういう乗り方を言うのですか?
そしてこの乗り方をすることに、どんな意味が
あるのですか?
また、「テン乗り」が得意な、あるいは不得意な
騎手っているのですか?

Aベストアンサー

「テン乗り」とは騎乗の仕方ではなく、

騎手の乗り変わりで騎手がその馬にはじめて騎乗して出走すること

だそうです。
テン乗りに注目した勝ち馬予想のホームページがありましたので、一度見てみてはいかがでしょう。
(http://homepage1.nifty.com/keiba/)

下記URLは競馬用語解説のホームページです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2512/t3.html

Q年間収支プラスの人って

競馬で年間収支プラスになった経験を持っている人は、どのくらいいるのでしょう。毎週やっていると、年間トータルで勝つのは、なかなか難しいですよね。

Aベストアンサー

競馬を楽しむのであるのなら毎週やるのもいいと思います。しかし、年間収支プラスを狙うのなら買わない週があることも必要ですよ。実際にはレースを絞らないと黒字なんて無理でしょう。どう絞るかは経験によるものが大きいと思いますが・・・
全てのギャンブルに言えることですが、”いかに勝つか”ではなく”いかに負けないか”が重要だと思っていたほうがいいですよ。欲を出すと収支が急激に下がっていきます。そのあたりはしっかりと自分のデータを持っていれば改善できていきますよ。
ひとつだけ言える事は、負け組に入らなければ勝ち組みになるってことです。
ちなみに私、EXCELに記録されてある記録上、8年連続(それ以前は記録がない。)プラスですが、「G1(重賞)だから買う」っていうのを少なくすればもっとあげられるとおもっています。

Q大穴の狙い目

大穴を狙うとき、どんなことを決め手にすればいいのでしょうか?万馬券を狙って当てるアドバイスお願いします

Aベストアンサー

今回宝塚記念はやはりあれた結果になりましたね。
 最近私は主にこういった競馬には必ず5頭の馬を選ぶようにしております
 理由は3連複を買うためです。
 
 5頭で3連複を買えば10点になります と言うことは100円で1000円ですみます。 ここが稼ぎ所です この中に配当に良い馬がいれば当然今回のように高配当が出ます もしこの中で3連単をかったらどうでしょうか? 
 24通りとなるのですが先ほどの100円ですと2400円 今回の配当金が17万でしたのでそれはもうすごい!につきますね 

 このときまず馬の選び方ですが、まずお気に入りの騎手を探してみる 
 次ぎに今までの成績を見てみる 良くあるのが波がある馬 前前走で悪い
だんだん良くなってはいるが いまだに4着か3着 私はここに目を付けてみたりします。 その時のどういった感じで3着だったのか? など毎回の競馬の状況を見ておきます。 結構これが万馬券の第一歩だったりしますね

 とはいうものの私はまだ馬券を買うようになって1年くらいです それまで
友人に言われて仮の予想をしておりました  もしかしたら取れるのかも・・・ と始めたさなか いきなり10万馬券をとれました 最近では7万とかも取っています 昨日の宝塚も3連複を取ることに成功しております

 牝馬なら・・・から考えて正解のくじを引いたのですが、ちょっとした思いつきでもしかしたらと言うのがありますが 結構今回のはアクシデントなどがありたまたまあたったのかも知れませんが これも運なのでしょうね。

 自分なりの決め手になる買い方を探して居るうちにあたる物ですよ。
 掛け金を大きくしないのが長く楽しめるコツでもあります。
 と1年くらいで生意気をいうようになっては居ませんが、なにかのおちからになれたらと思い回答いたしました そういえば私がここにちょっと書き込んだ 怪しい馬名信じて買った人がもしいたらきっと大もうけができたのでしょうね。 あのときは4頭しか選ばなかったから・・・ 信じたらすごいことになってたのだと思いますが・・・ 誰かあれを信じてかったかな?

今回宝塚記念はやはりあれた結果になりましたね。
 最近私は主にこういった競馬には必ず5頭の馬を選ぶようにしております
 理由は3連複を買うためです。
 
 5頭で3連複を買えば10点になります と言うことは100円で1000円ですみます。 ここが稼ぎ所です この中に配当に良い馬がいれば当然今回のように高配当が出ます もしこの中で3連単をかったらどうでしょうか? 
 24通りとなるのですが先ほどの100円ですと2400円 今回の配当金が17万でしたのでそれはもうすごい!につきますね 
...続きを読む

Q手前を変えるって?

よく直線を向くときに手前を変えるって言うじゃないですか、それって何ですか?
それと、その時の変えさせる方法ってあるんですかね?

Aベストアンサー

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ送りながら、右後肢を地面に着ける。
馬は元々左利きで左手前の駆歩が得意だそうです。しかし、左前肢だけで走る癖をつけると、そっちにばかり負担がかかり、故障も起こり易いし、疲れて伸びがなくなります。適当に手前を変えることの出来る馬は、ラストで二の脚を繰り出します。テイエムオペラオーなどは、最後の直線で手前を変えるのがうまいそうです。また、コーナーを回るには、右回りなら右手前、左回りなら左手前で走らないと無理があるので、必ず調教されるもののようです。

●手前を変える方法
例は乗馬の場合で、右手前から左手前に変える方法ですが。
適切なタイミングで、扶助を与える、という方法になるるかと思います。
どういうことかというと、手前を変える最初の段階では馬は重心を僅かに右から左に移すそうです。なのでタイミングを見て、騎乗者が右足で馬を押して扶助してあげる方法がとられると思われます。
なお、手綱は左の手綱を十分譲って、右手綱を控えながら、押し手で馬の肩をちょっと押してあげるようです。

500kgの重さのものが、時速60kmの速さで前進しながら微妙に重心を移すわけですから、ちょっとしたズレから大きな故障が発生しやすくなるのではないでしょうか。サイレンススズカも、勝負どころで手前を変える時に故障が発生したものと思われます。

参考URL:http://dion.keibado.ne.jp/keibabook/000612/esc.html

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ...続きを読む

Q馬券のオススメな買い方

競馬初心者です。
僕は5頭ボックスのワイド全10通りを各100円で1000円にして
馬券を買っています。
大勝負をしたこともありません。
友達からはそんなちまちました買い方は男らしくないと
馬連をすすめられています。

ひとまず負けてはいないので、楽しく遊んでいるといった感じです。

そこで、人それぞれ買い方があると思いますが、
みなさんの勝負方法を教えて欲しいのです。
買い方の分かっていないヤツに最低限知っておけ!という
程度でも構いません。

どうぞ、先輩方のお言葉をお待ちしております。

Aベストアンサー

競馬歴まもなく20年の者です。
私の場合は、馬連2、3点勝負です。
しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。
そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、
ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。
というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。
さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。
ということでしょう。
そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、
1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。

まあ、馬が好きで馬を見るために競馬場に行っているので、
儲けようという発想が無いので出来る事だと思います。
ですから、ウインズなどでは決して買いません。
競馬場へ行って、パドックを見て買っています。

以上が私の馬券の買い方ですが、かなり変わっていると思います。
まあ、あまり人にお勧めできるものではありません。

その代わりといっては何ですが、私のお勧めの買い方を一つ。
1レースから複勝1点勝負。
勝ったら、それを全額次のレースの複勝へまたつぎ込む。
負けたら、1レースに賭けた額と同じだけ賭ける。
それの繰り返しです。
同じことを単勝でも出来ますが、リスクを考えると複勝が良いでしょう。
額の上限を決めておけば、少ない額で1日遊べますし、
上手くいけば、大儲けです。

でも、1番肝心な事は必ず小遣いの範囲内でやる事です。
借金をしてまで、ギャンブルはやるものではありません。
競馬に限らずギャンブルの楽しみ方は人それぞれで良いと思いますが、
自分1人で責任が取れる範囲で楽しみましょう。

競馬歴まもなく20年の者です。
私の場合は、馬連2、3点勝負です。
しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。
そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、
ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。
というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。
さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。
ということでしょう。
そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、
1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。
...続きを読む

Q連闘は本当にハード?

競馬で「連闘」といえば、2週続けてレースに使うことですが、これを一般的には「ハードなローテーション」と言います。本当でしょうか? 2週続けてレースに使うと言っても、実質は5日~7日も間隔が開いているわけだし、人間の陸上なら2日や3日続けてレースをすることも珍しくはありません。人間のアスリートの方、どう思われますか?

Aベストアンサー

私も結構試合など出ますが そのときの経験で言いますと
 翌日とかかなり筋力が低下しております 特にこんなところが痛くなるか?っと言うことも屡々で とても連続での試合は厳しいですね
 私の経験で言いますと せめて1週間は筋力の回復と体力の回復に食事制限が必要です

 本番では思った以上の体力と筋力を使うようです(私の場合だけ?)
 一日で5kgくらいすぐ減りますからね
 回復させるには それなりの食事も運動もいるということです

 馬の調教も 下手をしたらすぐ体重が下がりますよね 
 そういった点で言えば ベストの時を本番に持って行けるか?が競馬の勝負所だとおもいます ということは、連騰で回復させれるかどうかとなると思います。