ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

具体的には、包丁や鋸を切断したいのです。 ただ切断砥石等で、普通に切断作業をすれば、鋼がなまてしまいます。

水をかけながら切断出来ればいいのですが、切断砥石って、掛け水厳禁ですよね。

費用がいくらかかってもいいなら、ウォータージェット、ダイヤモンドバンドソーなどありますが、個人の範疇を超えてます。

熱を与えないと言っても、100度ちょっとくらいまでなら、あまり問題ありません。 何か、費用を抑えての切断方法はないものでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>切断砥石って、掛け水厳禁ですよね。


 そんなことありません。水が禁止なのは電動工具のほうです。
 砥粒はGC、ないしはWAのものを使用します。AAはダメ
 特殊なものだと、写真のように薄いものもありますが、素人さんでは入手不能でしょう。(一箱 100枚単位)
 0.3mm~0.5mm×150mmφ

★たとえ注水してもダイヤモンドで鋼材を切るのは止めましょう。鉄が作用してダイヤモンドが燃えて消耗が激しいです。

>何か、費用を抑えての切断方法はないものでしょうか?
 一般的な、砥粒WAの薄手の切断砥石(1.0mm--金の卵など--AAです)を、注水装置付きの石材用ディスクグラインダーで切断するのが良いでしょう。
 石材用カッタ 4101RSP( https://www.google.com/search?hl=ja&q=4101RSP&gw … )、CM4( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%82%AB% … )

他方が不要なら、余裕を見て切断砥石で切って、卓上グラインダーにWAかGCの砥石をつけて、時々冷却しながら伸張に削り落としても良いです。

 試しましたが、プロクソンの卓上バンドソー 28172( https://www.google.com/search?hl=ja&q=%E3%83%97% … )でも切れなくはないです。ただ、先に説明したとおり、たとえ注水してもダイヤモンドで鋼材を切断するとダイヤモンドの消耗が激しいのでお勧めしません。


 
「焼入してある鋼を、熱をあたえずに切断した」の回答画像2
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

お礼が遅くなり、申し訳ありません。 写真の砥石を検索で探していました。

精密切断砥石という呼称で呼ばれているものですかね。 ずいぶん薄いのにびっくりしました。

冷却水を掛けながら使用するというのは、願ったりかなったりです。

しかし、高価な砥石なんですね。 薄い割には(笑)

何とか中古の安い機械を探してみたいと思います。

お礼日時:2014/10/09 15:09

ワタクシなどうするか、という視点で書きます。


実際に試したわけではないので成功するか否かはわかりません。

まず、ごく普通の切断砥石をアーバーに装着、それを電動ドライバに装着して低回転で切断した部分に切れ込みを入れます。これで全部切断できればよいですが、きっと時間がかかるでしょう。電動ドライバの長時間使用も好ましいものではないので。

切れ込みを入れた部分に沿って万力で挟んで固定、切り取る側をバイスプライヤでホールドしてパキーンと折り取る(もしくはグニグニと何度も曲げて曲げ疲労で切断)、という方法をトライするでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

極端に遅い回転数にして、切断砥石で切るという方法もあるんでしょうね。 しかし、時間が掛かるでしょうね。 

ある程度の切れ目を入れて、曲げ取るのも考えてみます。

お礼日時:2014/10/09 15:03

金鋸で切れば熱の問題はありませんよ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

いや、焼き入れした鋼を切断できる金鋸なんて、あるんですか?

お礼日時:2014/10/09 14:54

低速(100RPM以下くらい)で薄い(0.3mm くらいの)ダイヤモンド砥石を回転させて、被削材にあて、冷却液をかけながらゆっくり切るという方法があります。

このての砥石は金属ベースに細かいダイヤをせっちゃくしたもので、水をかけても大丈夫です。
砥石はほぼ自重で食い込んでいきます。

自作でも作れると思いますが、試験片スリッターとかいって市販されていたとおもいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

ダイヤモンドが電着されたやつですね。 ダイヤは熱に弱いので、やるなら忠してやりたいと思います。

お礼日時:2014/10/09 14:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚めの鉄板の切断方法を教えてください。

厚めの鉄板の切断方法を教えてください。
厚い鉄板、厚さ20mmぐらいまで、とりあえず素材は普通の鉄か、構造用?の安価な炭素鋼(MonotaROで切り売りしているような)です。切断は直線のみなのですが、厚さが20mmなので、これを個人で切断するのは、現在の手持ちの電動工具では難しいと予想しています(使えそうな手持ち工具:ハンドグラインダー、ジグソー、ドリル、簡易フライス(Proxxon16000、モーター部は90度回して横にすることも可能))。切断長は長くて400mm+αぐらいです。

これから、しばしば切断することがあるので、そのため切断のための電動工具を導入しないとと考えております。一般的に直線にできるだけ正確に切断する方法としてはどのような手段(工具)が個人レベルで、可能でしょうか。バンドソーで可能でしょうか? それともメタルソーなるもの(詳しくはまだ調べていませんが)が必要でしょうか。400mmですので手持ちのフライス盤で浅くなんども往復して切断するということもありかと思いますが、かなり大変そうです。ハンドグラインダーなのでの強引にというのもありかもしれませんが、切断した両方とも使用したいので、切断面、精度等できつそうです(精度的に最低でも0.5mm以下にはしたいです)。お詳しい方、普通どのような方法で切断するのかアドバイスをお願いできればと思います。よろしくお願い致します。

厚めの鉄板の切断方法を教えてください。
厚い鉄板、厚さ20mmぐらいまで、とりあえず素材は普通の鉄か、構造用?の安価な炭素鋼(MonotaROで切り売りしているような)です。切断は直線のみなのですが、厚さが20mmなので、これを個人で切断するのは、現在の手持ちの電動工具では難しいと予想しています(使えそうな手持ち工具:ハンドグラインダー、ジグソー、ドリル、簡易フライス(Proxxon16000、モーター部は90度回して横にすることも可能))。切断長は長くて400mm+αぐらいです。

これから、しばしば切断することが...続きを読む

Aベストアンサー

厚さ20mm、長さ400mmを個人レベルで精度よく切断するのはまず無理です。
砥石系の高速切断機で通常で(100V機という意味ですが)405mmが最大で、反転切りしても厚さが20mmだと噛んでしまい作業にならないですし、ブレーカーも持たないでしょう。
それ以前に400が入るベースなどありませんし、あっても砥石径が600mm以上ないと意味無いです。
縦切りではオープンハイトが足らなくて切断機にかけられません。

同様に、バンドソーも100V機では通常バイス能力は175mm程度で、機種によっては少しいじることでバイス開きを200mm位まで広げることはできますが、目標にははるかに遠いです。

200Vがあれば400、500が切れるバンドソーもありますが、価格的にも個人が手を出せるものじゃないですし、大型機といえど切断精度には過大な期待はできません。
仮に近所の鉄骨加工工場に持ち込んで切ってもらえるとしても、0.5mm程度は普通に蛇行します。

横フライスですり割りすることは可能ですし精度もでますね。

個人レベルで現実的なのはやはりガス切断ということになりますが、手持ちではこの精度は不可能ですから半自動を使うことになります。
ただ、質問者さまは直角度も相当なものを要求している(はず)のですから、切断条件などかなり習熟しなければ。
ガス切断だと45Cクラスで切りっぱなしとすると切断面付近は硬化します。
また、切断サイズによっては入熱により材料の変形が出ます。

フライスをお持ちなのですから、ある程度ラフに切断し仕上げた方がいいです。
またはよそで切ってもらうかです。
「工具」では無理な話です。

厚さ20mm、長さ400mmを個人レベルで精度よく切断するのはまず無理です。
砥石系の高速切断機で通常で(100V機という意味ですが)405mmが最大で、反転切りしても厚さが20mmだと噛んでしまい作業にならないですし、ブレーカーも持たないでしょう。
それ以前に400が入るベースなどありませんし、あっても砥石径が600mm以上ないと意味無いです。
縦切りではオープンハイトが足らなくて切断機にかけられません。

同様に、バンドソーも100V機では通常バイス能力は175mm程度で、機種によっては少しいじることでバイス開...続きを読む

Q金属の棒を切る、切断の方法は・・・

お世話になります。

写真のように、四角の(2センチの正方形)金属の棒(パイプ?)を切り取りたいのですが、
自分ではできないのでしょうか?
ステンレスののこぎりで切ろうとしましたが、若干切れ目が入ったぐらいで、
のこぎりの刃がダメになりました・・・。

業者に頼むしかないのでしょうか。

もし、家庭でもできる、切り取り方法がありましたらお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

皆さん実際に縦向けの材料を切る仕事はしたのかな?

工具自体は、下のwebの上段の右か左の物があればOKですが・・・
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%B7%A5%E9%81%93%E5%85%B7-%E9%87%91%E5%88%87%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%8E%E3%82%8A-%E9%80%9A%E8%B2%A9/b?ie=UTF8&node=2039537051

少々の熟練と時間がかかります。
(もちろん刃物は鉄鋼用かステンレス用、目の粗さは歯と歯の間隔が2mm位が良いでしょう)

一番の難点は、切った溝に当てがっているのこぎりの歯に
(周りの枠の材料がしなってきて)負担がかかることです。
これの防止には、最初に適当なところに突っ張りを入れておくことです。

のこぎりの刃は水平に保つように慎重に、最初の1辺が切れる頃には刃がぎこちなく引っかかったようになるので、方向を変えましょう。

面に押し当てる力も気遣いながら、要領をつかめれば、10-30分くらいで切れると思います。
=初めての人は切断カッターによる方法は下向き以外おすすめできません。

皆さん実際に縦向けの材料を切る仕事はしたのかな?

工具自体は、下のwebの上段の右か左の物があればOKですが・・・
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E5%B7%A5%E9%81%93%E5%85%B7-%E9%87%91%E5%88%87%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%8E%E3%82%8A-%E9%80%9A%E8%B2%A9/b?ie=UTF8&node=2039537051

少々の熟練と時間がかかります。
(もちろん刃物は鉄鋼用かステンレス用、目の粗さは歯と歯の間隔が2mm位が良いでしょう)

一番の難点は、切った溝に当てがっているのこぎりの歯に
(周りの枠の材料がしなってきて)...続きを読む

Qダイヤモンドカッター 金属切断用はないのですか?

 家でよく、農機具改造用途で鉄材等を研磨、切断したりします。ディスクグラインダーで薄い鉄材(2~3ミリ)を切断しますが、切断用の砥石はすぐに磨耗し、砥石の直径が小さくなります。
 何度も砥石を交換するのが手間なので、耐久性があり、長持ちするダイヤモンドカッターが欲しいのですが、用途を見るとその殆どが、コンクリート、タイル、レンガ、スレート、モルタル、瓦などとありました。
 今日もホームセンターを2軒まわり、金属切断用のダイヤモンドカッターを探しましたが、売られていませんでした。
 楽天、ヤフーのネットショップも見ましたが、中々、見つかりませんでした。研磨用と表示されており、これを切断用途に使っても切れませんか?
 金属用のものは売ってないのでしょうか?金属切断にダイヤモンドカッターは適さないのでしょうか?だとするとその理由は何ですか?売っているお店をご存知でしょうか?
 工具や金属加工に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

私はそんなに詳しくはありませんが以前、金属加工の仕事(金型製作)をした経験で言えば金属加工用のダイヤモンドカッター等は使用はおろか、見た事もありません。
superfighter823さんが仰る様に、金属切断にダイヤモンドカッターは適さないと思います。理由になるかは自信がありませんが、コンクリート、タイル、レンガ、スレート、モルタル、瓦などはほとんどが「土」がベースですよね。発熱しても金属の様には熱くなりません。
しかし、金属の切断はかなりの発熱になります。切断する金属との摩擦で熱を持ちます。ダイヤモンドカッターをご覧になれば分かると思いますが、ほとんどのものが金属のプレート等に工業用ダイヤモンドを電着させているものが殆どです。私の場合、ダイヤモンド工具は焼成前のセラミック加工で使っていましたが、切削性の良いセラミックでも工具の冷却を怠るとすぐに電着が剥れて、使い物にならなくなったものです。
ディスクグラインダーに刃物の冷却機能があるわけでもないし、これはあくまでも私個人の予測ですが、
>研磨用と表示されており、これを切断用途に使っても切れませんか?

すぐ刃物が痛んで結局、何度もカッターを交換する羽目になると思います。
切断用の砥石と比較して刃物自体が高価なので、面倒でも切断用の砥石で切断をした方が良いと思います。
俗に『超硬』と呼ばれる材質もありますが磨耗が早いので他には…、
タングステン含有の材質のカッターがあったと思いますが、ディスクグラインダーに合うのがあるか、ですね。参考にならなくてすみません。

私はそんなに詳しくはありませんが以前、金属加工の仕事(金型製作)をした経験で言えば金属加工用のダイヤモンドカッター等は使用はおろか、見た事もありません。
superfighter823さんが仰る様に、金属切断にダイヤモンドカッターは適さないと思います。理由になるかは自信がありませんが、コンクリート、タイル、レンガ、スレート、モルタル、瓦などはほとんどが「土」がベースですよね。発熱しても金属の様には熱くなりません。
しかし、金属の切断はかなりの発熱になります。切断する金属との摩擦で熱を持ち...続きを読む

Qステンレス板の切断

薄い(0.3~0.5mm)ステンレス板(SUS304)をゆがませずに手動で
(安価であれば電動でも可)
簡単に切断する方法が知りたいです。

のこぎりだとそんなに薄いものは切りにくいし、
はさみだと板が曲がってしまうので、
自分でもいろいろ探して、ニブリングカッターという
「鉄板をゆがませる事なく、切断できます」と
書いてあるものを見つけて買ってきて、
切ってみたのですが、0.3mmならなんとかなりましたが
0.5mmになるとあまりにも硬くて時間がかかるし
だんだん握力が限界になってきて、長いところは
気が遠くなります。
なんとかなる方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

こまりましたねー。SUS304で、0.5mm位。硬いし粘るから容易でないですね。予算的に、実験器具に使えて曲げ強度が高いなら仕方ないですね・・・。
>だんだん握力が限界になってきて、長いところは
>気が遠くなります。
正直、貧血になりそうですね。
一番良いのは、みなさんがおっしゃる通り、プロの職工さんに頭を下げるのが一番ですよ。あと鋼種を変えるか。

どれくらいの精度が欲しいのかわかりませんが・・・、低予算で、自分でするとすれば・・・(やむを得ず、自己責任で)
1、金工用糸鋸で、ステンレス用替え刃を購入して切る。ベニヤ板にステンレス板をクランプ、両面テープ等で動かない(振動しない、めくれない)ように確実に固定して、ベニヤ板ごとステンレス板も切る。この時、刃に切削油(食油で可)を薄く引いて切ると、刃が長持ちします。気長にやらないと、貧血起こしますね。
2、電動ジグソーの安いやつ(5000円くらいから)でステンレス用替え刃を取りつけ、やはりベニヤ板に確実に固定して、ベニヤ板ステンレス板ともに切断する。(刃が焼けそうな時は休む)

1番だと、精密にきれますが、労力が大変。
2番だと、細かいRは切れないよ。あと予算と相談でしょうか。一台有って今後DIYではかなり活躍すると思います。
あとはsnow023さんの判断でしょう。

こんばんは。

こまりましたねー。SUS304で、0.5mm位。硬いし粘るから容易でないですね。予算的に、実験器具に使えて曲げ強度が高いなら仕方ないですね・・・。
>だんだん握力が限界になってきて、長いところは
>気が遠くなります。
正直、貧血になりそうですね。
一番良いのは、みなさんがおっしゃる通り、プロの職工さんに頭を下げるのが一番ですよ。あと鋼種を変えるか。

どれくらいの精度が欲しいのかわかりませんが・・・、低予算で、自分でするとすれば・・・(やむを得ず、自己責...続きを読む

Q超硬鋼にドリル加工が適している刃は?

タイトル通りですが、焼き入れされた超硬鋼にドリル加工しようとすると、どんなドリル刃がよいのでしょう?

ホームセンターで陳列されているものでは、
1.鉄工用のHSS(ハイス鋼)
2.ステンレス、鉄工用のコバルトハイス鋼
3.長寿命が売りの鉄工用のチタンコーティング
の3種類がありました。

どれが適しているのでしょうか。

Aベストアンサー

超硬鋼ってなんですか?
工具鋼(SK、SKS)ダイス鋼(SDK)などで、HRC55以上焼きが入っていたら、ドリルでは加工できません。
サーメット系のドリルも出てますが、かなりの精度の機械が要ります。
ホームセンターなどで、売ってるドリルで穴が加工できるのは、軟鋼(SS、S45C、SPCなど)で、S20Cで調質(低温焼きなまし)したHRC30ぐらいの材料でも2~3穴あけると、刃先がボロボロになります。

一般的には、放電加工で穴を掘るしかありません。

旋削はボラゾンを使えば削れることは削れますが、研磨してるのと同じなので、切削抵抗が凄いです。

※HRC=ロックウエル硬さ、100がダイヤモンド。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q金属の焼き入れ方法を教えて下さい。

仕事で使う工具を自作しているのですが強度が足りなくてすぐにへたります。自分で出来る焼き入れ方法があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

実際どのような工具(品物)を考えておられるのか不明確ですが、
焼入れ=通常は焼入れ焼き戻しの2回操作が行われるをするには、
品物の材質がそのような工程を満足させるものでなければなりません。
(まずあなたの使ってみえる工具の材質を確かめてください。合金鋼と呼ばれるものなら、なお結構です)

熱する温度についてはそれぞれのケースに応じての経験ですから、おおまかな所は書物かネットでつかんで下さい。
炭素鋼であれば、黄色くなったところで多量の油の中につけて、中程度の赤味のあるときから、炉の傍らで冷ますというのが、素人の範囲です。
(水の中に漬けるだけというのもありますが、硬くはなりますがもろくなって使えないと思います)

Qロウ付けの強度は溶接に比べてどれくらいでしょうか?

ホームセンターに売っるような1300度くらいのトーチバーナーで
ロウ付けした時の強度は
同じ物をアーク溶接したものに比べてどの程度の
強度を得られますか?
 例えばステンレスのLアングルで組んである台の
腐食している脚の部分をグラインダーで切って
新しいLアングルを継ぎ足すような場合などですが。

Aベストアンサー

アーク溶接には劣ります。
どの程度の強度かは、使うロウ棒のパッケージに書いてあると思いますので、それを見てください。

しかし、ロウ付けは溶接のような線接合ではなく、
面接合にする場合が多いと思います。
その場合、接着強度の弱さを面積で補えますから、
やり方によっては溶接の同程度の強度が出せます。

Q個人の依頼や少ロットでも、金属加工(製作)を引き受けてくれる業者さん

個人の依頼でも、アルミや鉄の金属加工(製作)を、良心的な価格で快く引き受けてくれる工場や加工会社はありませんか?
ホームページのある会社や工場が希望です。

当方でも、
ホームページに「個人様OKです」「1個でもOKです」などと明記してある工場や加工会社に
何度か問い合わせのメールを送ったりはしたのですが、
個人や少数と分かると、依頼を断ったり、返事が無かったりする場合が多いです。

製作依頼したい品は、自分で考案した自動車部品や、仕事で使う部品や、趣味で使う物品と様々です。
今回は、直径20ミリ長さ50ミリの円柱の金属(アルミや鉄)を切削したり穴を開けたりという加工を希望しています。
数量は、試作品から20個程度までを考えています。

・実際にお取引して、「この会社は良かったよ」とか。
・「この工場なら引き受けてくれるよ」とか。
・業者の方で、「当社のホームページを是非見てください」とか。
・「この会社で、こういったものを依頼したら、このような値段でした」など。
色々な情報やアドバイスをお待ちしています。

Aベストアンサー

アルミ加工に於いて一部の方には比較的知名度のある「アルミプラス小池製作所」を紹介しておきます。
# http://al-plus.jp/

知人のカメラマンがカメラとストロボの固定器具を制作依頼し、とても満足しておりました。
市販ものもあるそうですが、理想的な形状及びサイズがなく、オーダーメイドしたそうです。

しかしホームページを見て頂ければ分かると思いますが、材料はアルミに限定され、円筒状のものなどは加工出来ないようです。
もしかして穴開けくらいならやってくれるかもしれません。

今回希望されるものの加工は難しいかもしれません。
しかし制作依頼したいものには様々なものがあるそうですので覚えておくだけでも役に立つかもしれません。

先ほど申したように一部の方には知られている…ということは、逆に個人単位でこれを越えるほどの加工を受け付けたり、
価格的にリーズナブルな業者は皆無だと言うことを示しているのかもしれませんね。

Q鉄板に、直径10ミリの穴を綺麗に開けたい

6ミリの鉄板に、直径10ミリの穴を開けたいのですが、綺麗な○穴になりません。
3→6→8→10mmと、小さいドリルから徐々に大きなドリルにしているのですが・・。
ホールソーとかの方が、綺麗に穴が開きますか?
綺麗に穴を開ける方法、もしくは道具を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

10ミリの穴が穴径や真円度とかいう部分で厳しい精度が必要なら別ですが、とりあえず「φ10で開いていればいい」という程度であれば何通りか方法はあります。

1.一番一般的な方法
(1)センタリング(もみ付け)
(2)φ6程度のドリルで下穴(1500rpm程度)
(3)穴の表面を面取り(出来れば先端角が90°もしくは120°の面取り用ドリルが理想的)
(4)φ10のドリルで穴開け(700~900rpm程度)

2.穴をよりキレイに見せたい場合
(1)センタリング
(2)φ6で下穴
(3)表面の面取り
(4)φ9.7程度のドリルで穴開け
(5)もう1度面取り
(6)φ10.0の超硬リーマで穴を仕上げる

3.とにかく「手間を省きたい」場合
(1)センタリング
(2)φ10の超硬ドリルで一発でズドン、で終了(2000rpm程度)
もしくは、同じ超硬ですが3枚刃の「3フルートドリル」という物もあります。
刃数が多い分真円度もよくなるし、内径の仕上がりもキレイですから基本的にリーマが要らなくなります。
ドリルの外径寸法も0.01刻みで揃っているので単純に穴の精度も上げられます。
まぁ、私がもしやるならこれでやっちゃいますね。
ただ超硬ですから「コスト面」で採算が取れるか?、というのが問題にはなりますが。

一般的なやり方の場合はあまり小刻みにサイズを拡げるのはよくありません。
サイズが太くなるほど尚更です。
例えばφ8→φ10にする際、片側で1ミリしか削らないわけです。
ドリルが食い付いた時、少しでも穴の中心からズレてしまっていたら「穴の曲がり」などが起きやすくなります。
なので、φ10の前の下穴はある程度「負荷が掛かる(下穴は小さめ)」方がドリルの刃にとっては間違いは起きにくくなるだろうと思います。

後は、下穴を開けた後の面取りを忘れないでください。
表面にバリが出ていたりすると次のドリルの刃先が暴れたりします。
加工する穴の位置が固定したままでも出来るならいいですが、板を途中で動かすようなことがあるなら板の裏側も面取りしておけば完璧です。

超硬は別ですが、下穴を開けるために使うドリルについてはバリなどを極力抑えたいなら先端角は135°辺りの物を使ってみてください。

10ミリの穴が穴径や真円度とかいう部分で厳しい精度が必要なら別ですが、とりあえず「φ10で開いていればいい」という程度であれば何通りか方法はあります。

1.一番一般的な方法
(1)センタリング(もみ付け)
(2)φ6程度のドリルで下穴(1500rpm程度)
(3)穴の表面を面取り(出来れば先端角が90°もしくは120°の面取り用ドリルが理想的)
(4)φ10のドリルで穴開け(700~900rpm程度)

2.穴をよりキレイに見せたい場合
(1)センタリング
(2)φ6で下穴
(3)表面の面取り
(4)φ9.7程度のドリルで穴開け...続きを読む


人気Q&Aランキング