痔になりやすい生活習慣とは?

新古今和歌集の秋の部を読んでいて気になったことを質問します。

1.旧暦の七夕は、新暦では8月8~25日の間と思います。
2.万葉集・古今・新古今ともに七夕は秋の部に入っています。

今の8月と捉えるにしては随分と秋が深まっている表現が目立ちます。
前後の歌も紅葉や薄、白露などで9月以降の気候を連想させます。
歌については下に列記しました。

これはどのように考えたらよいでしょうか?次のような要因を考えましたが、全く自信はありません。

a.現在の暦の8月の頃は今よりも早く秋らしい気候だった。
b.七夕の時期がもっと遅く行われていた?
c.情緒を際立たせる目的で秋の風情を強調した

この題目にお詳しい方、このように思うと解釈お持ちの方、どうぞお聞かせ下さい

-------------------------------------------------------------------

新古今和歌集巻第四秋歌上 
313 大空をわれもながめて彦星の妻待つ夜さへひとりかも寝む
314 この夕べ降りつる雨は彦星のと渡る舟の櫂のしづくか
315 年をへてすむべき宿の池水は星合の影も面なれやせむ
316 袖ひちてわが手にむすぶ水の面に天つ星合の空を見るかな
317 雲間より星合の空を見わたせばしづ心なき天の川波
318 七夕の天の羽衣うち重ね寝る夜涼しき秋風ぞ吹く
319 七夕の衣のつまは心して吹きな返しそ秋の初風
320 七夕のと渡る舟の梶の葉に幾秋書きつ露の玉章
321 ながむれば衣手涼し久方の天の河原の秋の夕暮れ
322 いかばかり身にしみぬらむ七夕のつま待つ宵の天の川風
323 星合の夕べ涼しき天の川もみぢの橋を渡る秋風
324 七夕の逢ふ瀬絶えせぬ天の川いかなる秋か渡りそめけむ
325 わくらばに天の川波よるながら明くる空には任せずもがな
326 いとどしく思ひけぬべし七夕の別れの袖における白露
327 七夕は今や別るる天の川川霧たちて千鳥鳴くなり

古今和歌集 
173 秋風の吹きにし日より久方の天の河原に立たぬ日はなし
174 久方の天の河原の渡し守君渡りなばかぢかくしてよ
175 天の河紅葉を橋にわたせばや七夕つめの秋をしも待つ
176 恋ひ恋ひてあふ夜は今宵天の河霧立ちわたり明けずもあらなむ
177 天の河浅瀬しら浪たどりつつ渡りはてねば明けぞしにける
178 契りけむ心ぞつらき七夕の年にひとたびあふはあふかは
179 年ごとにあふとはすれど七夕の寝る夜の数ぞ少なかりける
180 七夕にかしつる糸のうちはへて年のを長く恋ひや渡らむ
181 今宵こむ人にはあはじ七夕の久しきほどに待ちもこそすれ
182 今はとて別るる時は天の河渡らぬ先に袖ぞひちぬる

※万葉集 大伴家持歌 
4306 初秋風涼しき夕べ解かむとそ紐は結びし妹に逢はむため
4307 秋といへば心そ痛きうたてけに花になそへて見まくほりかも
4308 初尾花花に見むとし天の川へなりにけらし年の緒長く
4309 秋風になびくかわびのにこくさのにこよかにしも思ほゆるかも
4310 秋されば霧立ち渡る天の川石なみ置かば継ぎて見むかも
4311 秋風に今か今かと紐解きてうら待ち居るに月傾きぬ
4312 秋草に置く白露の飽かずのみ相見るものを月をし待たむ
4313 青波に袖さへ濡れて漕ぐ舟のかし振るほとにさ夜更けなむか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


七夕の頃の実際の自然現象と歌に詠まれたそれ、たしかにずれを感じますね。

『源氏物語』の夕顔巻は若き光源氏と彼が偶然見出した儚げな女人との悲恋を描いた
一帖ですが、これは夏から秋にかけてのできごとです。
八月十五日の名月のころ、戯れに連れ出した別邸で逢瀬を楽しんだのもつかの間、
夕顔の君はもののけにとり殺されてしまいます。
源氏は悲しみのあまり病の床に臥しますが、九月の二十日ごろにようやく
体調が回復し、夕顔の女房・右近を召し出して会話ができるようになります。
そこのシーンでの自然描写ですが

夕暮の静かなるに、空の気色いとあはれに、御前の前栽枯れ枯れに、虫の音も鳴きかれて、紅葉のやうやう色づくほど、絵に描きたるやうにおもしろきを見わたして、

とあり、ここから<紅葉が赤みを増してくるのは旧暦九月の下旬あたりから>と
いうことがわかります。

また他の巻でも

長月(=九月)になれば、紅葉むらむら色づきて、宮の御前えも言はずおもしろし。

とやはり九月を過ぎてようやく紅葉しはじめる、という様子が見て取れます。
新暦では十月半ば~末にかけてと考えられますので、季節的には平安人も現代の我々と
同時期に紅葉を向かえていたと言えるでしょう。

また別作品の『うつほ物語』では、大納言・源正頼の姫君達が七夕に賀茂川の川原にて
髪をすすぎ琴を弾き和歌を詠むというシーンがあります。
そのうち中務宮の北の方である姫君が読んだ歌と言うのが
<秋を浅み紅葉も散らぬ天の河なにを橋にてあひ渡るらん>
・・・秋も浅いので紅葉も散らない天の川 なにを橋にして彦星は渡るのでしょうか
というものです。
まるで古今集の
<天の河紅葉を橋にわたせばや七夕つめの秋をしも待つ>
を真っ向から否定するかのような内容です。

このように実際の紅葉の時期と七夕とは二ヵ月以上もずれがあるにもかかわらず、
なぜ歌に読み込んだか、という理由については浅学の身ゆえ歴とした解釈が出来かねます。
ただ、質問者様の御指摘の<情緒を際立たせる目的で秋の風情を強調した>
という意図によるものであっても不思議ではないかと思います。
うつほの中務の宮の北の方のように常識的なリアリストもいれば、古今の作者の
ように季節観のずれはあえて目をつぶってしまったうえで
「白銀の星の河に真紅の紅葉の橋を架けたらさぞかし美しいだろうなあ!」とひたすら
ロマンティックな思考で詠む人もいたという事で・・・。

古今集の175番限定の、しかも自分の勝手な解釈になってしまいました。
申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kasane様 物語の季節の描写より、平安人の実感する季節を教えて頂き、有難うございました。
お礼が大変遅くなりました。お許しください。
教えて頂いたところを読み、改めて成る程と得心いたしました。
なるほど、『源氏』『うつほ』ともにリアルな当時の貴族の描写であり、季節を実感出来る物語だったのですね。

平安時代の著名な歌の殆どは、歌合や歌会の為に前もって題に沿ってしっかり検討して
技巧を凝らしている、というのは当然なのですが、自分はつい、各時代の歌集を観賞する時に
詠み人の立ち位置と心象とが同時であるように錯覚してしまいがちです。

その瞬間の心情を吐露した歌で、こんなに優美な調べをやり取りする・・・・
というのはそれこそ「源氏」や「うつほ」などの世界でしょうね。

しかし、物語の中とはいえ「即詠」の歌という設定の分、登場人物の心理は技巧を凝らす暇もなく
実感の描写の歌となったのでしょうか?

そこまで計算・配慮があったのかは判りませんが、物語の中の歌でも歌会と即詠の歌で
技巧に差があるようなら、作者の設定は流石といえるのでしょうね。

御引用下さった両書とも、よく読んでみたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/10/23 20:57

回答者は和歌の専門家ではなく、星が好きで天体を扱った文芸にも興味がある一天文ファンに過ぎませんが、天文・気象の視点から管見を述べることをお許しください。



まず昔の七夕(伝統的七夕)は旧暦の七月七日(以下旧暦は漢数字、西暦は算用数字)ですので、ご指摘のとおり西暦では年によって異なります。国立天文台によれば2011年から2030年の間で、伝統的七夕の日は最も早いのは8月2日(2014年)、最も遅いのは8月29日(2025年)となっています。また福島久雄氏の「孔子の見た星空‐古典詩文の星を読む」によれば、紀元(西暦)1年から100年までの百年間の七夕の日が太陽暦の何月何日になるかを調べたところ、最も早い年が8月1日、最も遅い年が9月1日となっています。

また万葉集の家持の七夕の歌の題詞にある天平十年(後述の巻十七の3900番)と天平勝宝六年(ご質問に引用された巻二十の8首)に関して、旧暦を現行の西暦(グレゴリオ暦)に換算する一覧表「例解・旧暦新暦対照表」(歴史ペンクラブ編)を使って調べて見ますと、天平十年の七月七日は西暦738年8月1日で、天平勝宝六年の七月七日は西暦754年8月3日となりました。(この西暦は当時使われていたユリウス暦ではありません)いずれにせよ旧暦の七月七日は、西暦(現行のグレゴリオ暦)の7月末から8月末まで位の約1か月間の期間のうちのどこかになります。

ご質問について考えますと、まず七夕を詠んだ歌の多く(あるいはほとんど)は、実際の星空を見て感動して詠んだ歌ではないと考えられます。天文学者の石田五郎氏は懐風藻の七夕の詩と万葉集の七夕の歌について「いずれも宴席における式典歌で、星空を眺める感動はこもっていない」(「星の歳時記」)と述べています。万葉集の七夕の歌すべてがそうかといえば、ご質問に挙げられた家持の和歌の題詞に「右は、大伴宿禰家持、ひとり天漢を仰ぎて作れり」とあることなどから少し言い過ぎだと思いますが、石田氏の指摘が当たっている歌が多いことは確かです。

回答者の考えは、現実の旧暦七月七日の夜空から離れて、七夕(七夕伝説)を、和歌の知的な題材として宴席などで採りあげているため、「秋の風情」をより強調するようになっているのではないかというものです。ご質問のように「秋」を強調している歌は、実際の星空を見て詠んだ歌ではないと考えられる観念的な歌に多いと思われます。

例えばご質問の古今集175番の歌 天の河紅葉を橋にわたせばや七夕つめの秋をしも待つ など、「天の河」「紅葉」「七夕つめ(棚機女)」と秋の事物をこれでもかというほど盛り込んでいますが、それだけのことであって、もちろん七夕のころに紅葉が見られたわけではないと考えられます。新古今集323番の歌も同様です。ただし万葉集の家持の歌にはさほど季節的なずれを感じません。

例えば4308番の歌 初尾花花に見むとし天の川へなりにけらし年の緒長く

奈良地方気象台のサイトによれば、奈良市におけるススキの開花は平年が9月13日ですが最も早い年は8月2日だということですし、比喩に挙げる植物の季節感としては(「大体この頃」という意味で)違和感はありません。

また同じ家持の次の歌も、実際に夜空を見て詠んだものだと考えられます。

(天平)十年七月七日の夜、ひとり天漢(あまのがわ)を仰ぎていささか懐を述ぶる一首
織女(たなばた)し 舟乗りすらし まそ鏡 清き月夜に 雲立ちわたる(巻十七 3900)

「古今和歌集」や「新古今和歌集」の七夕の歌になると、実際に星や天の川を見て詠んだと判断できる歌が万葉集よりさらに少なくなります。多くの歌は詞書から、詠んだ日が七夕であることは確かですが、家持の3900の歌と比べても「星空を実際に眺めた感動」には欠ける憾みがあります。

また新古今集の歌では「七月七日、七夕祭する所にてよみける」とある317番の歌は、宮中や貴族の家の行事として牽牛・織女の「二星会合」を見ることを含む乞巧奠の儀式が行われていたこともあり、実際に天の川を見て詠んだ可能性もある歌だと思いますが、そのほかの「七夕のこころを」詠んだなど歌はそうではないと思います。

これから先は、ご質問の趣旨からやや離れた天文ファンの独り言です。昔の七夕は旧暦の七日ですので、夜半に沈むまでは必ず上弦の半月が出ていることになります。(その意味からも家持の3900の歌は実際の夜空を見て詠んだ歌だと思います)天の川は月が沈んだあとの方がより見やすくなりますが、奈良時代や平安時代には屋外に明るい照明がなく、人工的な大気汚染もないので多少月があっても天の川はそれなりに見えたことでしょう。

また近年日本では大都市圏を中心に寝苦しい熱帯夜の日数が増えてはいますが、「夜の秋」という季語もあるように、もともと晩夏の夜は気温が下がって夜露がおります。この時期(8月)ペルセウス座流星群などを草原に寝転んで徹夜で見ていると、牽牛(わし座アルタイル)や織女(こと座ベガ)が西空に低くなり、おうし座やオリオン座など冬の星座が東天に昇るにつれて、寝袋にも露が下りて冷たく感じることがあります。こうした体験からは、

万葉集4312 秋草に置く白露の飽かずのみ相見るものを月をし待たむ
新古今集326 いとどしく思ひけぬべし七夕の別れの袖における白露 

などの歌は、いずれも織女の心情を想像して作った歌だとしても、この季節をよく表現しているように感じるのですが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

造詣に満ちた御回答を戴き有難うございました。
直ぐにお礼を申し上げるべきところ大変遅くなり御無礼いたしました。

天文と歌・古典文学への豊かな学識に満ちた内容に、多々考察を巡らす事ができました。
歌に関する解釈も懇切にして頂き、貴重なご教示にお礼申し上げます。

最初の自分の想定の1つ「情緒を際立たせる目的で秋の風情を強調した」事が
間違ってはいないようだと得心する事が出来ました。
ご回答で戴いた解釈でも、実景に即詠・実写詠したと思われる歌は、
三歌集の内で古今・新古今と比較して万葉集に多く認められる事も、ある程度頷けます。

私が選んだ三集の七夕歌でも、家持の歌には実景に臨んでの心情を感じます。
古今・新古今からの歌の多くに、歌会の為の題詠として複雑な技巧による象徴の世界を見て、
浅学にて一般に云われる「写実・写生の万葉」から、「有心・幽玄の古今、新古今」を改めて実感いたしました。

staratras様が旧暦の当時の天象を判り易く説いて戴き、其々の歌に呼び起される情景が更に色鮮やかになりました。
かって野尻抱影先生の随筆を愛読しておりましたが、通り一遍だったなと自省しております。
ご紹介戴きました石田五郎様の御作など、天文に関する本も紐解いてみたいと思います。

とても勉強になりました。改めてご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/23 20:14

私はあまり詳しくないのですが、答えさせて頂きます。



和歌の基本となった万葉集の成立は7世紀から8世紀です。
このとき使われていた暦は古代中国の儀鳳暦697-763、大衍暦764-862の時代です。(他にも併用していた暦があります)

これらは何れも中国で使われていたものをほぼそのまま用いており、当然誤差が有ると考えられます。
現在「旧暦」と呼ばれているのは「天保暦」ではるか後世の暦です。
なので、第一に古代中国(唐の初期?)との緯度・軽度の誤差、第二に地球自体の変化ではないでしょうか。
和歌は気候に関係なく、厳しいルールに縛られて作られていたそうです。ですから実際の機構に関係なく、季節や表現法は江戸時代になるまで固定されていたと考えれば、古今集などもその時代の気候を表わしていると考えるほうが間違いだというべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答を有難うございます。

なるほど、薄学で旧暦と言えば今の高島本暦みたいな暦で見る旧暦(=天保歴)と思いこんでおりました。
また、今の歳時記に書かれた七夕(これも「旧暦」に沿っていますが)を意識していて、余計に間違っていたようです。

1.ご教示頂いた儀鳳暦、大衍暦による七夕やそれ以外の節気は、単純に今の暦の1ケ月程度のずれと云えない事
2.万葉以後の「七夕」は必ずしも実景を詠むよりも、約束事の表現に則った歌を作ることが大切だった

この様に考えるのが正しいということでしょうか。もし、間違いや不足な事ありましたらご教示いただければ幸いです。
とても参考になりました。儀鳳暦、大衍暦などの季節を調べてみたいと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/10/05 16:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q桜を詠んだ短歌・俳句を教えて下さい。

いい季節ですね。
桜を詠んだ短歌・俳句はたくさんありますが
古典として有名なもの、また皆さんのお気に入りなどを教えてください。
超有名な歌でも 結構うろ覚えだったりしますので、ぜひこの機会にちゃんと覚えたいのです。よろしく。。。

Aベストアンサー

情景の美しさでは次の2つが気に入っています。

  ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ (紀友則)
  山里の春の夕暮れ来てみれば入相の鐘に花ぞ散りける (能因法師)

西行には花の歌が山ほどありますが,このちょっと皮肉な歌が好きです。

  花見にと群れつつ人の来るのみぞ あたら桜のとがにぞありける

参考URL:http://www.wombat.or.jp/arumukos/unnk/unncssry/prl.html

Q七夕が秋の季語であるのはなぜ?

立秋は8月7日ごろで、七夕は7月7日なのに、七夕が秋の季語なのがなんかよくわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

歳時記は、旧暦(太陰暦)で考えられているからです。
陰暦の暦は、現代用いられている太陽暦の暦と比較すると、約1ヵ月半ほどずれます。
ですから、太陽暦の7月7日は、太陰暦では既に8月の半ばに当たり、立秋を過ぎているのです。

このようなことは、「五月雨(さみだれ)」が「梅雨」を意味し、夏の季語であることからも分かります。
太陽暦の5月といったら、一番気候のいい季節ですよね。
そして、梅雨といえば6月の半ばごろから7月の半ばごろにかけての鬱陶しい季節。
ところが、その「梅雨」が、旧暦ではちょうど5月頃に当たるわけです。
ちなみに「五月晴れ」とは、「梅雨の晴れ間」のことです。

Q告白の返事が和歌でした

私は30代の男性です。大学は一流といわれるところを出ています。元は予備校の講師でした。職場の同僚女性は既婚で短大卒です。

先日、彼女とはお互いが気になっているが(たぶん)、彼女が既婚であるため踏み込まなかったのですが、ちょっとしたはずみで私が「私の気持ちをつたえたら君が困るだろうから気持ちを抑えているのに・・」と言ってしまい、彼女は「困るって言ったことないけど・・・」という返事でした。結局、告白したことになったのですが、彼女はその後他愛のないメールをよく送ってくるようになったのと、自分の写真を送ってくるようになったぐらいで特に変化はありませんし、告白の返事も3日ほどたちますがまだありません。

ところが、彼女は自分の気持ちを若で和歌で伝えようと決心し猛勉強していますと言うのです。古典には興味があったのは知っていましたが、失礼ながら彼女にはまともな和歌など作れないと思っていました。すると、明日会えないねとの私のメールへの返信が「会えなくても平気です」とあってその後になんと

「心いる かたならませば 弓張りの 月なき空に 迷わましやは」

と立派な和歌を送ってきたのです。私は冒頭にあるように、大学は一流といわれるところですし、専門は日本語です。おそらく彼女は私は和歌を理解できるとおもったのでしょう。実は専門は日本語の文法で文学が嫌いな私には苦しいのですが・・・

みなさん、彼女はなぜ和歌で気持ちを伝えようとしてるのか、単に既婚なので私と付き合えないので恋愛ごっこを楽しんでるのか、どう思われますか??和歌の意味がわからない方でも結構です。彼女お気持ちがよくわかりません。

私は30代の男性です。大学は一流といわれるところを出ています。元は予備校の講師でした。職場の同僚女性は既婚で短大卒です。

先日、彼女とはお互いが気になっているが(たぶん)、彼女が既婚であるため踏み込まなかったのですが、ちょっとしたはずみで私が「私の気持ちをつたえたら君が困るだろうから気持ちを抑えているのに・・」と言ってしまい、彼女は「困るって言ったことないけど・・・」という返事でした。結局、告白したことになったのですが、彼女はその後他愛のないメールをよく送ってくるように...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

上記の和歌、どこかで見たことがあるなあ、と思いました。

よくよく思い出して調べてみたところ、「源氏物語」の「花宴」(第8帖)に、そのままの形で出ていました。

直訳は、
「真心のある方ならば、月のない空でもどこかに迷うことがあるでしょうか 迷わずに私のところに来るはずでしょうに」
「本当に気に入った方のもとにいらっしゃるなら、別の人のもとに間違って行ってしまうなんてあるだろうか」
といったところのようです。

申し訳ありませんが、質問者様の状況に合わせて考えるまでの頭は、私にはないようです。また、彼女の気持ちも推し量ることはできません。

お答えの参考にしていただければ幸いです。

Q和歌に詠まれた月と星の数の違いについて

百人一首や古今集などに月が詠まれたものは数多くあるのに、星が詠まれたものは
特に百人一首の中には一首もないのですが、この違いはどうしてなのでしょうか?
私は、日本人は農耕民族なので早く打ちに帰って、星空を見上げることもなかったから
かな、とも思うのですが、もう一つはっきりとしません。
この件についてぜひご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

どの程度、和歌に登場する月と星の数が違っているか「二十一代集データベース」で比べてみたところ、「月」は4957件、「星」は70件で月は星の70倍以上でした。

ただし、「星」は「星合」(七夕の夜におりひめ星とひこ星が逢うこと)も含めれば「天体の星」ですが、「月」には「みな月」や「年月」といった「天体の月」以外の歌も少なからず含まれています。

そこで「月影」と「星影」で調べてみたら、409件対0件で「月影」の圧勝、「月の光」「つきのひかり」と「星の光」「ほしのひかり」で調べてみたら「月の光」が31件、「つきのひかり」が46件なのに対して、「星の光」はわずかに3件、「ほしのひかり」も4件で、これでも10倍以上違います。「ほしのひかり」が登場するのは以下の4首で、全部13世紀以降の和歌集の歌でした。

1.新勅撰和歌集(1235年)  
くもりなき 星の光を あふきても あやまたぬ身を 猶そうたかふ 

2.3.風雅和歌集(1346年)  
月や出る 星の光の かはるかな 涼しき風の 夕やみのそら 
月ならぬ 星の光も さやけきは 秋てふ空や なへてすむらん 

4.新千載和歌集(1359年)  
暁の ほしのひかりも ほのかにて 名残をしたふ 朝くらの声 

なおこの月と星が登場する頻度に大差がある理由につきましては、過去の質問の回答が参考になるかと思います。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4767988.html

どの程度、和歌に登場する月と星の数が違っているか「二十一代集データベース」で比べてみたところ、「月」は4957件、「星」は70件で月は星の70倍以上でした。

ただし、「星」は「星合」(七夕の夜におりひめ星とひこ星が逢うこと)も含めれば「天体の星」ですが、「月」には「みな月」や「年月」といった「天体の月」以外の歌も少なからず含まれています。

そこで「月影」と「星影」で調べてみたら、409件対0件で「月影」の圧勝、「月の光」「つきのひかり」と「星の光」「ほしのひかり」で調べて...続きを読む

Q古今和歌集の歌 「夏と秋と…」

夏と秋と 行きかふ空のかよひぢは かたへ涼しき風やふくらん

古今和歌集の歌ですが、ぼんやりとしか意味が分かりません。これを詠んだ人と、一般的な解釈を教えて欲しいのですが…
道ならぬ恋愛になぞらえて解釈した人がいて、それも分かれば、ぜひお願いします。

Aベストアンサー

古今集の選者の一人、
凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)の歌ですね。
詞書に「みなづきのつごもりの日よめる」とあります。
これは旧暦六月の末日ですね。夏の終わりですね。
一般的な解釈は
夏が終わり、秋がやってくる空の道では、片方に涼しい風が吹いているだろう。
これは私の解釈で恐縮ですが、
選者に選ばれたにもかかわらず凡河内躬恒はかなり低い官位(甲斐小目)のままでした。
その不遇を歌った歌ではないでしょうか。
夏が終わり、秋がやってくる。
片方には涼しい秋風が吹いている。私にも秋風が吹いている。
躬恒が自分の不遇を嘆いていると思われますね。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/mitune.html

Q「青」と「蒼」の違い

ネット等でも調べましたがいまいちよくわかりません・・・
できれば専門家の方にお伺い致したく投稿しました。
「青」と「蒼」の具体的な意味の違いを教えて下さい。
ただ色の違いを表すものなのでしょうか?
どのような状況でどちらを使えばよいのでしょうか?
できればこれらそれぞれの漢字の意味や起源のようなものも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

こんにちわ。 文字を細々と研究しているものですが・・・(専門家ではありませんが)。
漢字の元祖-中国でどのように使用されているかが参考になると思います。

>「青」と「蒼」の具体的な意味の違いを教えて下さい。
*青:植物の葉っぱの"みどり色"の意。比喩的に"春" "若者" "青春"の意。"Blue"色の意。黒色の意。方位の"東"の意。

*蒼:草や木の葉の色。深緑色。濃い藍色。灰黄色。灰白色。天。人が大勢いるの意。白髪交じりの意。老いてなお力がある意。

蛇足で、
*藍:植物の藍。あい色。晴天の空の色。野菜の名前。
*碧:青緑色。浅緑色。宝石の青玉。春草の緑色。

>ただ色の違いを表すものなのでしょうか?
*正確を期すれば青と蒼は異なる色です。使用範囲も少し異なります。

>どのような状況でどちらを使えばよいのでしょうか?
*日本語ではほとんど混同して使用されているので大きな差は無いと思います。しかし漢字の元々の意味を意識しながら使い分ければより的確な表現が可能になると思います。

*青:
青田。青田買い。青信号。青海亀。青梅。青刈り大豆。青首大根。青菜。青桐。青蛙。青雨。青そこい(緑内障)。←(以上全て、ほんとうは緑色をしている)。
青臭い。青年。←(若い草のように未熟の者の意)。
綺麗な青色をしたスポーツカー。青天の霹靂。青海原。顔が青くなる。←(以上すべて、ほんとうに青い)。
青目(眼球の黒目の意)。←(中国語の意味の黒色の意から)。
青帝(せいてい)。←(春を司る天の神。東の方向に住むといわれる。色は"Green")。

*蒼:
BMWは蒼色が似合う(BMWのロゴマークは半分が濃い藍色です)。顔面蒼白(あおじろい顔、灰白色の顔)。蒼白の頭髪(灰白色の髪の毛)。古色蒼然(色あせて灰色になって古びた様子)。蒼天(濃い藍色の空、比喩的に春)。蒼樹(あおあおと茂った樹)。蒼浪(老衰して髪が乱れる樣)。蒼老(老いてなお力がある、枯れている)。

>漢字の意味や起源のようなものも教えて
*漢字の元祖-中国ではいわゆる「みどり」(Green) は「青」と書き表します。現在でも特に文語表現のときには「青」と書けば「みどり」(Green)のことです。会話でも普通に「青」と言ったら「みどり」を指します。そして日本語の「あお=青」/英語で言う"Blue"は「藍」と書き表します。

日本語で「みどり」"Green"と言えば昔から「緑」のことですね。そのむかし中国伝来の書物には当然ながら「みどり」の意味で「青」と書いてありました。当時、その書物を読んだ日本の学識者たちは「青」の字は「みどり」と理解しました。それが現代日本にも引き継がれている状況です。漢文の素養がある現代人、または漢文が必須科目で学校で習っていた時代の年配者は今でも「みどり」のことを「青」と表現する傾向があります。一番いい例が交通信号の"青色ランプ"です。『青信号になったら進みましょう』と言います。あれは実際は「みどり色」ですよね。進め信号は"Green"が世界共通です。日本人だけが"青信号"と現在でも表現している理由の典型例です。

銅の錆の緑青(ろくしょう)もそうです。あの錆色はどう見たって"Blue"とは関係有りません。"緑青"の中国語の意味は孔雀石のことで、マラカイトグリーンといって鮮やかな"みどり"色をしている宝石の一種です。銅の錆の色と同じだったので「ろくしょう」のことを緑青と書きました。「ろくしょう」は鮮やかな「マラカイトグリーン色」をしています。この熟語の青も「みどり」と深い関係が有ります。

現代の時代でも中国人が「青」の文字を見ると、まず"Green"を連想します。「青」の文字を見て"Blue"を連想するのは世界広しと言えども我が日本人だけではないでしょうか(爆)。中国人が言う「緑」は日本人の言う「みどり」よりももっと濃い「みどり」のことです。

以上、日本語の辞典にも出てくる熟語などを選びました(^^♪。

こんにちわ。 文字を細々と研究しているものですが・・・(専門家ではありませんが)。
漢字の元祖-中国でどのように使用されているかが参考になると思います。

>「青」と「蒼」の具体的な意味の違いを教えて下さい。
*青:植物の葉っぱの"みどり色"の意。比喩的に"春" "若者" "青春"の意。"Blue"色の意。黒色の意。方位の"東"の意。

*蒼:草や木の葉の色。深緑色。濃い藍色。灰黄色。灰白色。天。人が大勢いるの意。白髪交じりの意。老いてなお力がある意。

蛇足で、
*藍:植物の藍。あい色。晴天...続きを読む

Q電信扱いの振込みとは?

銀行での振込み方法が

電信扱いでお願いしますということなのですが、
これは窓口で払うということでしょうか?

みずほ銀行に道銀から振り込みたいのですが、ATMでも可能でしょうか?
通帳がないのは関係しますか?
無知ですみません。
教えてください

Aベストアンサー

こんばんは。 前回の質問にもアドバイスを寄せた者です。

「電信扱い」は振込データをオンライン(電信)で処理するため、振込締切時間前なら即時、
もしくは多少のタイムラグ(数分から数時間)の後に相手口座に入金されるシステムです。
通常はATMでの手続きは「電信扱い」になりますし、窓口手続きでも特に断らなければ
普通に「電信扱い」になります。(窓口で聞かれるかもしれません)

質問者さんは、道銀の口座を持っていないということですから「現金振込」ですね。
道銀ATMでは土日の「現金振込」は出来ませんから、平日での手続きになります。

【※ 現金によるお振込みは、店舗内のATMでご利用いただけます。(平日8:00~18:00のみ) 】
http://www.hokkaidobank.co.jp/charge/charge1.html

ただし、どの銀行でも「窓口扱い」は手数料が割高ですから、平日のATMで行った
方が多少の節約になりますよ。 また、これからも振込をする機会が有るのなら、
最寄りの銀行や、振込手数料が割安なネット銀行などの口座を開設した方が、
振込手数料や行く手間(時間)の節約になりますよ。

こんばんは。 前回の質問にもアドバイスを寄せた者です。

「電信扱い」は振込データをオンライン(電信)で処理するため、振込締切時間前なら即時、
もしくは多少のタイムラグ(数分から数時間)の後に相手口座に入金されるシステムです。
通常はATMでの手続きは「電信扱い」になりますし、窓口手続きでも特に断らなければ
普通に「電信扱い」になります。(窓口で聞かれるかもしれません)

質問者さんは、道銀の口座を持っていないということですから「現金振込」ですね。
道銀ATMでは土日の「...続きを読む

Qつれない女性への恋の歌(和歌)

カテ違いでしたらすいません。
タイトル通りつれない女性への恋の歌を探しています。

後朝の文の感じがいいのですが
「意地悪な貴女だけど、私は貴女しかもう見えません」
的な物と、それの返歌で
「貴方の手練手管には誤魔化されません」
みたいな和歌はないでしょうか?

ない場合は自作する事も考えていますが、いかんせん基本が分かりません。
優しく解説してあるサイトなどあると助かるのですが。

サイトでも和歌自体でも、ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

新古今和歌集を勉強しております。ご質問の趣旨にそうかどうかわかりませんが、
○「つれない女性への恋歌」として藤原俊成が定家の母の美福門院加賀に送った
俊成 よしさらば後の世とだにたのめ置け辛さに堪へぬ身ともこそなれ
意訳:逢えないというのなら仕方ありません。それなら来世には逢うと約束してください。つらさの為に耐えられず死んでしまうかもしれませんから。
返し
加賀 頼め置かむたださばかりを契にてうき世の中の夢になしてよ
意訳:来世には逢う約束を致しましょう。ただそれだけしか約束できません。今までのつらいお気持ちは憂き世の中の夢として私のことも忘れて下さい。

○「誤魔化されません」には後朱雀天皇へ女御の藤原生子が返した歌が
後朱雀院 春雨の降りしくころは青柳のいと乱れつつ人ぞこひしき
返し
藤原生子 青柳のいと乱れたるこの頃はひと筋にしも思ひよられじ
意訳:最近青柳の枝が大変乱れているのは、私一筋に思いを寄せているためではないでしょう。麗景殿の方もいらっしゃるからでしょう。
又遣わして
後朱雀院 青柳の糸はかたがたなびくとも思ひそめてむ色はかはらじ
返し
藤原生子 浅みどり深くもあらぬ青柳は色はかはらじといかがたのまむ
意訳:青柳の薄緑の深くもない薄い色では、色は変わらないといっても信じられないように、薄情な貴方様の言うことを頼りにできません。

というのがありますがいかがでしょうか。

新古今和歌集を勉強しております。ご質問の趣旨にそうかどうかわかりませんが、
○「つれない女性への恋歌」として藤原俊成が定家の母の美福門院加賀に送った
俊成 よしさらば後の世とだにたのめ置け辛さに堪へぬ身ともこそなれ
意訳:逢えないというのなら仕方ありません。それなら来世には逢うと約束してください。つらさの為に耐えられず死んでしまうかもしれませんから。
返し
加賀 頼め置かむたださばかりを契にてうき世の中の夢になしてよ
意訳:来世には逢う約束を致しましょう。ただそれだけしか約...続きを読む

Q出袱紗と古袱紗

出袱紗と古袱紗の違いがいまひとつ理解できていないので解説をお願いいたします。

サイズの違いはわかりました。出袱紗は使い袱紗と同じくらいのサイズで古袱紗は15センチくらい、ですよね。
濃茶をいただいたり、拝見するときに客が使う。亭主が出すときに使う。影点てしたものをお出しするときに使う。などが用途だとは思います。が、どちらがどの目的に使うのでしょうか。
聞くところによると、用途は同じだが、流派により、大きな袱紗(出袱紗)、小さな袱紗(古袱紗)にするという話もあります。出袱紗は表千家で、古袱紗は裏千家だとか?
となると、出袱紗と古袱紗を両方購入する必要はないということなのでしょうか。

私は千家ではない流派で学んでいるので、もちろん購入するに当たり先生に伺えばよろしいのですが、まだ濃茶点前を習っていませんので、先輩を差し置いて先を急ぐ質問をするのがはばかられます。ですが、個人的に茶会等に出席したり、ボランティアなど遊びで点前をしたりするので購入を検討しています。私の流派では出し袱紗を使うようですが、気に入った柄がなく、古袱紗には気に入った柄があるもので、どちらを購入したらいいか迷っています。
ご回答よろしくお願いします。

出袱紗と古袱紗の違いがいまひとつ理解できていないので解説をお願いいたします。

サイズの違いはわかりました。出袱紗は使い袱紗と同じくらいのサイズで古袱紗は15センチくらい、ですよね。
濃茶をいただいたり、拝見するときに客が使う。亭主が出すときに使う。影点てしたものをお出しするときに使う。などが用途だとは思います。が、どちらがどの目的に使うのでしょうか。
聞くところによると、用途は同じだが、流派により、大きな袱紗(出袱紗)、小さな袱紗(古袱紗)にするという話もあります。出袱...続きを読む

Aベストアンサー

CAdebussyです。お礼のコメントを拝見いたしました。
詳しい事情をお伺いして、「う~ん、どうしたものか。」と私が困ってしまいました。厳しいお師匠様なんですね。先走って濃茶点前に関する事を訊いても教えてくれないのですね?

「中途半端な状態で先走って勉強しても良くない」という先生の意見には一理ありますが、私は、どんなことでも好奇心を持つことは大事だと思います。

ましてや、現在仮にあなたが「濃茶点前」をするレベルではないにしろ、生徒が興味を持ったことに対して知恵を授けるのは師匠の務めだと存じます。実際に稽古場で「濃茶手前」をするかしないかということとは別問題だと思います。私に言わせれば、あなたの師匠は「厳しい」というより「ケチ」ですね。

少なくともここであなたが質問なさっている、「気に入った柄のない出し袱紗」と「気に入った柄のある古袱紗」のどちらを買えばいいかという次元の話に限って言えば、充分教えてくれてもいいことだと存じます。私の先生だったら、濃茶を教えていない段階でも、「出し袱紗を買うんだったら言ってくださいね」と申しますよ、本当に。それから比べると、しみったれた先生だと思います。

私がそこで思ったのは、先生が教えてくださらないのだったら、茶道具店に行って相談したらいかがでしょう。千家系でない流派(結局あなた様は何流なんですか?)ということですが、一応茶道雑誌やインターネットに広告が載っているお店を、二、三店紹介いたします。

ぎゃらりー きほう(大有)(飯田橋駅の神楽坂口が最寄り駅:店の隣が遠州流宗家のお宅です)

しんじゅく 一色 (「丸井」新宿3丁目店の、靖国通りを挟んで向いだそうです)

大丸百貨店東京店10階茶道具売り場

「京都 三嶋」東京店 (地下鉄京橋駅の近く)

以上です。ちなみに私は、一色さんと三嶋さんに入ったことがありません。広告で見ただけです。

何かご質問があればコメントをくださいね。お答えできるようであればコメントいたします。

色々大変でしょうが、お互い頑張りましょう。ではまた。

CAdebussyです。お礼のコメントを拝見いたしました。
詳しい事情をお伺いして、「う~ん、どうしたものか。」と私が困ってしまいました。厳しいお師匠様なんですね。先走って濃茶点前に関する事を訊いても教えてくれないのですね?

「中途半端な状態で先走って勉強しても良くない」という先生の意見には一理ありますが、私は、どんなことでも好奇心を持つことは大事だと思います。

ましてや、現在仮にあなたが「濃茶点前」をするレベルではないにしろ、生徒が興味を持ったことに対して知恵を授けるのは師匠...続きを読む

Q「友情」や「友人」を詠んだ和歌や詩。

上代、中古の文学作品で、「友情」や「友人」を詠んだ和歌や詩があれば教えてください。
恋や愛の歌は、目にしたことはありますが、友情や友人を詠んだ歌、詩は、ちょっと探したのですが見つかりません。
日本人は、いつ頃「友情」という感情を持ち始めたのか、興味があって質問しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。    間違えました。
西行の歌は万葉集ではありませんでした。

万葉集の歌は高丘河内の
吾が背子と 二人し居れば 山高み 里には月は 照らずともよし
でした。   背子は異性ではないとのこと。

取り敢えず二首見つかったわけです。
下記 URL をご覧下さい。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/friend1.html


人気Q&Aランキング