人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

Q1;方言は関西地方に限らずイントネーションが大切です。
  どうすれば、イントネーションを現地の人ネイティブスピーカー)のように喋ることがで  きますか?


Q2;もし、関西(大阪や京都)に在住した場合何年くらいでイントネーションが取れる(同じ  あるいはほぼ完ぺきに近い状態)で話せるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ちょっと遠回りになるかも知れませんが、上方落語のCDやDVDを聴き続けるのがひとつの方法ではないでしょうか。

いわゆる”濃い”大阪弁なら6代目笑福亭松鶴師匠や3代目林家染丸師匠、また先代(五代目)桂文枝師匠が必修ではないかと思います。関西以外の人にとってハードルが低いのは桂米朝師匠、東京で上方落語を演じた桂小南師匠がお勧めです。

Q2 関西弁と言っても地域差がかなりあります。たとえば船場の商家の言葉は、京都の花街の言葉とはまったく違います。ですから何年とは申し上げにくいのです。まずどのような関西弁を習得されたいかを絞った上で、先述の噺家諸師匠の落語に触れることをお勧めします。

この回答への補足

来ないは、「きーひん」やのうて、「けーへん」あるいは「こーへん」
出来ないは、「でけへん」やのうて、「できひん」
といったとこですね(パッと思い浮かぶ単語ですが…。)。
否定形「ない」で京都は大阪に比べて「ひん」が多いと聞きました。
でもやはり大阪と京都が混ざったような方言が理想です。
~言われるで「はる」の使用頻度も低いところがなければ構いません。
どこかいい地方はないのでしょうか?

補足日時:2014/10/18 15:30
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりました。
実践してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/26 13:41

後期高齢者です。



なにわ言葉でも京都言葉でも何年間滞在したら、学習したら喋れると云う物ではありません。

近畿の各言葉はno4の方が仰るように、例えば生後まもなく船場に移住したとして、親及び周りがその土地の言葉を喋っていて、自身が身を持って物心が付く頃から習得する、知らず知らずの間に身に付くのなら可能でしょうが言葉は文化その物ですから、言葉のみ一定期間学習したり、其処に滞在したりして身に付くものではありません。

生まれた時から肌で感じ取らないと非常に微妙なイントネーションなど教えて貰っても学習しても無理なのです。

家内は代々の江戸っ子の子孫で京都へ来て50年になりますし、付き合っている友達も300年以上続く家の奥さん達。
その人たちとの日常会話ででも矢張り江戸弁は拭い去れず、イントネーションも異なります。(真似をしていますが・・)

息子に関が原で止まったままやと揶揄されてます。

喋りたいという貴方の熱意は感じますが難しいとしか言いようがありません。

枚方、水無瀬あたりは丁度京大阪の中間とは言え、阪急沿線辺り、京阪沿線沿いは新興の人も多く、水上の尺代あたりのお年寄りならいざ知らず、現在使われている言葉はイントネーションは近畿1円の物なれど標準語に近い言い回しです。

関西弁と言うのは存在しない言葉で誰が言い出したのかは定かではありませんが、古い言葉なら例え大阪でも、島之内や船場、道修町では端々の言葉は大分異なります。

吉本の連中や、所謂大阪のオバチャンと称して昭和40年代半ばからTVに蔓延りだした言葉には、なにわ言葉と云うには大なる違和感があります。

又、京都でも室町界隈、西陣界隈、祇園、先斗町では女言葉、男言葉でも大分異なりますし、花街のそれは全くと云っていいほど違うものです。

その微妙なイントネーションや強弱、言い回しで否定なのか肯定なのかが外から来た人間には何年いても判別出来無いものが全国各地にある言葉と同じ、その土地に生まれ育った人にしか判らないと言っても過言では無いと考えます。

日本だけでなく英語圏でも同じような事がありますね。

浪速の代表のように言われていた、なにわ千恵子さんも生まれは江戸。あの言葉はご自分なりに納得の上にお作りになって喋られていたなにわ言葉です。お住まいは京都でしたから、映画の上で船場の
御寮人(ごりょん)さんを演じられていても大分言葉が異なります。

左程に言葉と云うものはその土地の習慣、風習など目に見えない肌でしか感じられないものを物心が付く頃から身に付かないと習得は難しいと考えます。
    • good
    • 1

 


 瀕死の関西弁 ~ みみざわりな聞きかじり ~


 いわゆる大阪弁は「話し言葉」なので、文法が存在しません。
 幼児期に、耳から体得するので、成人後には習得できません。
 上方落語や上方歌舞伎に原型がありますが、深い内容が必要です。


 京言葉が奈良を起源とすれば、大阪訛は四国、神戸訛は九州から北上、
明石家 さんまは紀州、上沼 恵美子は淡路、桂 文珍は播磨出身です。
 いわゆる関西弁は、吉本芸人による「アンチ標準語」のたぐいです。


 上品な関西弁とは、召使や使用人のいる商家に伝わったので、庶民の
方言ではありません。召使や使用人が、主人の家族に話しかけるのを、
聞いて育った者だけが、受け答えできるのです。


 現代の標準語は「書き言葉」なので、文法が存在します。
 地方出身者も習得しやすく、外国人はラジオ・ニュースで学べます。
 なぜか関西人は、幼児期からテレビで親しんでいるのに習得しません。


 関西弁の特長は、イントネーションより、モチベーションにあります。
 ふだん「アホか」とか「アカン」を連発するような生活感が土壌です。
 義務教育の教師が、大阪弁で「源氏物語」を口汚く教えています。


 しゃべくり漫才の夢路 いとし・喜味 こいしは、幼いころから「僕ら
だけは、互いにお前と呼ばんことにしよう」と申しあわせたそうです。
http://d.hatena.ne.jp/adlib/20110123 いとこい兄弟 ~ コンビ ~


 質問者は、芸人志望のようですが、近年の吉本芸人は変貌しています。
 ひとつの傾向に、関西人の「アンチ関西弁」や「書き言葉」としての
関西弁が模索されています。予想しなかった高学歴化が原因のようです。


…… わいは、自分の連れあいやで。自分は、わいのヨメちゃうんか!
http://q.hatena.ne.jp/1243635431#a923081(No.6 20120320 11:33:29)
 なにわ人称考 ~ 自称=わい、対称=自分、他称=あれら ~
 
    • good
    • 1

 お尋ねの件、京都弁に近い大阪弁なら大阪北部の三島地域(島本町・高槻市・茨木市)や


北河内の枚方などの言葉でしょう。ただ現代は京都弁も大阪弁も際だった特徴が無くなっ
ています。例えば来ないという意味が京都では「きいひん」大阪では「けえへん」神戸では
「こおへん」だったけど現在では入り交じっています。「しいひん」「せえへん」も同様。
というか古い言葉・用法が変化するのはしかたないことなのでしょう。京都の都心と大阪の
都心は電車で30分ほどしかなく行き来する電車は満員状態ですからね。

でもお尋ねの件にかなう地域は大阪府の三島地域(広く北摂)
と北河内地域です。

この回答への補足

地方まで詳しく教えていただきありがとうございました。

補足日時:2014/10/21 23:49
    • good
    • 4

イントネーションが同じものと違うものもありますが、イントネーションに高低だけではなく中があるものとか、標準語では平板なところが上がり下がりするバターンなどあり、一音ずつ音程がとれる耳がないと難しいかと思います。

実は、言われるほど標準語と抑揚は変わらず、音程や声質だけが違っているというのも多いものです。

その意味でも、1.2.のイントネーションの問題のほかに、「へん」が男言葉「ひん」が女言葉の傾向もありますし、そもそも京都は男も女も声を張らないので柔らかい口調、そして柔らかく聞こえる方言の音の変化をしている、という点が、淀川をまたいだ高槻・枚方などと微妙に違ってくるところです。

そういう柔らかい口調で、「ぶぶづけでもくうてくか」とおっちゃんに言われるのが京都やさかいに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

へ~
そうなんですかぁ~
ありがとうございます。

お礼日時:2014/10/26 13:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q関西弁と河内弁の違い

今日友達と話していると「関西弁にもいろんな種類があって、摂津弁、河内弁、泉州弁があるねん。」と教えてもらいました。

摂津弁と泉州弁の例を出してもらうと馴染みのあるように感じず、あまり聞かないのですが、河内弁の例を出してもらうとほぼ理解できました。関西弁とは河内弁のことなのでしょうか?違いがよくわかりません。

このことに詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は八尾市出身ですので、河内平野のど真ん中で子供時代を
過ごしました。
★標準語で『ない』という単語で説明しましょう。
標準的な大阪弁では『あれへん』ですが、河内では『あらへん』です。
更に訛って『あらぃん』
1・ARAHEN→2.ARAHIN→3.ARAIN
実際には2と3の中間くらい『H』が半ば落ちかけた音です。

★紙幣を硬貨に両替してもらうこと何といいますか?
『この銭、こわいてくれ!』(河内弁)
両替のことを『こわす』という地方がありますが更に訛っています。

河内訛りを表すこんな、一節もあります。
『よろがわの、みるのんれ、はら、のらくろりん』
(淀川の水、飲んで腹ノラクロリン)
何とダ行・ザ行がラ行に変化しています。
私の子供の頃は、ここまで訛っている人には会いませんでしたが(笑)

最後に河内弁や泉州弁とはいいますが、摂津弁とはいいません。
大阪市と神戸市では、言い回しが違います。
千度ぶり(久しぶり)、さんこにする(散らかっている)
後世に伝えたい美しい神戸ことばの例です。

Q大阪北と南の大阪弁の違いは?

九州在住の者です。
大阪弁については詳しくないのですが、同じ大阪府内でも、方言の違いはありますよね?例えばどういう所が違うのか教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

九州の言葉こそバリエーション豊かですよね。(^^)

大阪の北と南の言葉の違いということですが、私が思い浮かべる両者の代表は、船場言葉(摂津弁)と河内弁でしょうか。勿論、結構混じっているので、同じ人でも場合に応じて「北っぽい言葉」「南っぽい言葉」を使い分けているのが普通だと思います。

船場(せんば)はいわゆる商家の町で、好んで京都からお嫁さんをもらっていたことから、京都に似て「はんなり」しています。乱暴な言葉遣いが少ないのが特徴で、会社員(商売人)向きです。逆に、慇懃無礼ないやみを言うのに最適です。(^^;

河内弁は、よその人からすれば、普通の会話が荒っぽく聞こえます。河内ネイティブの言葉はステレオタイプなやくざ言葉に踏襲されています。どすを効かせて使えば威嚇に向いた言葉だと思います(笑)。

さらに南に行くと、だんじり祭りと巨人の清原で有名な岸和田の言葉(泉州弁)がありますが、他の方の回答にもあるように、少し癖が強くなります。ネイティブも一般的に「大阪弁」とくくるより、「岸和田弁」と思っている人が多いようです。どこか距離が近く、人の肩をばんばん叩きながら元気付けるのにぴったりかと。

参考URL:http://www.kicoms.com/friends/yabu/essay/011112/

九州の言葉こそバリエーション豊かですよね。(^^)

大阪の北と南の言葉の違いということですが、私が思い浮かべる両者の代表は、船場言葉(摂津弁)と河内弁でしょうか。勿論、結構混じっているので、同じ人でも場合に応じて「北っぽい言葉」「南っぽい言葉」を使い分けているのが普通だと思います。

船場(せんば)はいわゆる商家の町で、好んで京都からお嫁さんをもらっていたことから、京都に似て「はんなり」しています。乱暴な言葉遣いが少ないのが特徴で、会社員(商売人)向きです。逆に、慇懃無礼な...続きを読む

Q「~してはる」は敬語?それとも京都弁?

以前、友達と話をしていて少しバトルになった話です。
大阪ッ子の主張は(私もですが)「~してはる」は敬語なので
例えば、「先生が作りはってん。」みたいに話してます。
けど、京都ッ子は「お父さんが作らはってん。」と言うんです。
私からすると身内に尊敬語をつかってるようで、
すごい違和感を感じるんですが、
私だけではなく大阪の友達は敬語だと言う人は多いです。実際どうなんですか?
私のなかで「~はる」をつけるときはかなり尊敬語なんですが・・・
他にも「髪の毛が伸びはんねん。」と言う人もいました。おかしくないですか?
これが京都弁なんでしょうか?

Aベストアンサー

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「おいでやす」、「おくれやす」などに見られる「お~やす」で、これは純粋に相手への敬意を表した尊敬表現です。「~はる」は「お~やす」に比べると敬意度が低く、また、京都では自分の側、つまり自分の身内に対して「~はる」を付ける言い方も存在し、この場合はその身内に対して敬意を表していると言うよりも、話し手が聞き手に対して自分とその身内との親密さ、親近感を伝えている表現という方が適切なようです。ただ、話している本人としてはあまりそういったことを意識せずに使っている場合が多いようです。また、tawdaさんがおっしゃっているように第3者に関することを話し手が聞き手に意見を求めているような場合に使われる「~はる」は、やや皮肉混じりの意味合いで使われることが多いようです。また、人間以外の物や動物などに使われることもあり、その場合も話し手が聞き手に対してその物への愛着を示したり、あるいは意見を求める、その物への注意を促す時などに使われるようです。
 このことは恐らく大阪と京都が歩んできたそれぞれの歴史や文化の成立過程の差で現れてきた違いだろうと思います。大阪と京都のことばに共通していることは、相手に対する「気配り」の表現方法が豊富であり、全体的にYES、NOをはっきりさせるような言い方を好まず、曖昧にぼかしたり、単刀直入に表現することを避けたりして、相手を傷つけないでおこうとする柔らかさがあります。その一方、ことばの中に多くの意味が含まれていて、後でゆっくりじんわりとこたえてくるというところがあります。肝心なところをぼかしながらも、実は事の本質をついているのです。大阪のことばは歴史的、文化的に商人気質の色が強い庶民的な言葉なので、相手に細かく対応して、相手の機嫌を損ねないように微妙に使い分けをしながらも、相手に対して分かりやすいことばが好まれてきたために、「~はる」の使い方もほぼ尊敬表現の一本で通されているものと思われます。一方、京都では一口に京都のことばと言っても、もともと御所ことばと町方ことばの差別化があり、また町方ことばも室町商家のことば、西陣の職人ことば、祇園花街のことばなどの複雑な区別があったため、「~はる」の使い方も大阪に比べるとより複雑な人間関係の中で多様性を持つに至ったと思われます。

 「~はる」という表現方法は大阪、京都でともに敬意を表す尊敬表現として使われているようです。ただ、両者の間には使用法における若干のニュアンスの違いのようなものがあるようです。
 大阪では「~はる」は基本的に尊敬表現であり、相手への敬意を示す最も一般的な言い方です。
 一方、京都でも「~はる」は基本的に尊敬表現ではありますが、その使われ方が大阪に比べるとやや複雑なようです。京都で最も敬意の程度が高いとされている表現方法は、現実に日常生活の中で使うか使わないかは別としても、「...続きを読む

Q大阪弁の違い・・・(大阪市内と市外)

おはようございます^^
カテがわからずここに来ましたが・・・
同じ県などの中でも、市や地方によって
方言や言い方って微妙に違いますよね?
私の住んでる県も全然違います。
そこで・・・
大阪市内と他の市の言葉の違いって言うのを
教えて欲しいです。
一つ、私の大阪弁のイメージ一番の
“まんねん”は堺市の方面の方が使い、
市内ではあまり使う人はいないかもって
聞いた事があります。
「市内では使うけど、市外では使わない」
っというような言葉を教えてください^^

Aベストアンサー

おはようございます。

他県の方が思う「でんねん・まんねん」は、ほとんど試用されませんね。
形骸化された大阪弁みたいな感じ。
もちろん全くいないわけでもなく、年配の方や商人系の方には使う人もいます。
これは大阪市内外とか無関係なように思えますね。

よく言われるのは南の地域の「河内弁」。
堺や八尾、富田林などのエリアで使用される方言で、
一般的に「きつい」と言われています。
ただ、よくサイトなどである「河内弁講座」を見ると、実際に大阪市内で使用される言葉とそう変わっているようには思えません。
例えば以前聞いた話で「めっちゃ(滅茶苦茶、とても)」を「めっさ」と表現するってのがありましたが、現実的には神戸の人も言ってました。
東京もそうですが、大阪は非常に交通機関も発達しており、中心部と地方の境界線が非常に曖昧で、どうやら現実的にはかなり混在してしまっており、地域差を求めるには年配の方の話し方を参考にするしかないようで、そうなると現在の「生きた」方言ではなくなってしまいます。難しいところです。

参考までに河内弁のサイトを紹介しておきます。

参考URL:http://sinjirarehen.hp.infoseek.co.jp/

おはようございます。

他県の方が思う「でんねん・まんねん」は、ほとんど試用されませんね。
形骸化された大阪弁みたいな感じ。
もちろん全くいないわけでもなく、年配の方や商人系の方には使う人もいます。
これは大阪市内外とか無関係なように思えますね。

よく言われるのは南の地域の「河内弁」。
堺や八尾、富田林などのエリアで使用される方言で、
一般的に「きつい」と言われています。
ただ、よくサイトなどである「河内弁講座」を見ると、実際に大阪市内で使用される言葉とそう変わっている...続きを読む

Q「すごい」の関西弁(その他方言でも)

はじめまして、初めて書き込みをします。
ちょっと引っ掛かる疑問があります。

最近、大阪の泉南から北摂のほうへ引っ越したのですが「すごい」という言葉の表現がちゃうんですが、自分が関西弁をまだ理解してないだけでしょか?

泉南にいた時には「めっちゃ」「ごっつい」「えらい」とこの辺のを使い分けてたんですが、北摂では「バリ」を使うんです。
もしかして自分は関西弁をわかってへんのか?って気になって仕方がないっす。今までずーっと使ってきてこんなこと恥ずかしいて聞けんし、ここにカキコすることにしました。

ぜひぜひ、書き込みしてくださいな。
なんとなく、他の方言ではどんないい方をしてるかも気になったんで書いてください。

例:
標準語(?):この仏像はすごい大きいですね。
私が使ってた言葉 :この仏像はめっちゃでっかいなぁ。
北摂で私が聞いた言葉(?):この仏像はバリでかいなぁ。

Aベストアンサー

北摂方面というよりも、最近の若者語ですね。

ふつーバリは使いませんから(^_^)v

「むっちゃ」デカイってのもありますね(^_^)v


人気Q&Aランキング