タイトリスト(Titleist)のドライバー913 D2を購入しました。
SureFit Tourのポジション設定についてご意見いただけませんでしょうか。

試打会でメーカーの人に見てもらい、今の自分のフォームに適切な
セッティングを教えてもらいました。
その結果、下記のような選択になりました。
普段、思いっきり振ると、身体が開き気味になり、大体スライスに
なってしまうため、SureFit TourのポジションA2では、フルスイングでも
ほぼまっすぐ飛んでいきます(H/S45~48)。

ただ、これまでもそうでしたが、コースでは、フルスイングというよりは、
8割ぐらいのちからで、身体の開きを抑えて打つようにしており、
そのような打ち方でA2セッティングではフックボールになってしまいます。

また、A2セッティングに慣れてしまい、正しくないフォームが固定されて
しまうなど、マイナスの要素もあるのではないかという心配もあります。

そこで、本ドライバーの打ち方とセッティングについて、
以下のいずれのような考え方が正しいと思われますでしょうか?
ご意見いただければと思います。

(1)フルスイング + フォームの改造なし + A2設定
(2)フルスイング + フォームの改造あり + A1など標準的な設定
  (→今は苦しいが、将来のことを考えて。)
(3)8割スイング + フォーム固め専念 + A1など標準的な設定

■タイトリスト 913 D2
 ロフト 9.5
 シャフト:Diamana W60
 SureFit Tourのポジション:A2

■本人の情報
年齢:34
ゴルフ歴:2年
通算ラウンド回数:6回
ベストスコア:96

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あくまでも私見ですが・・・・



ゴルフのスイングの基本はフルスイングです。
が、「フルスイング=力任せに目いっぱい振ること」ではありません。
あくまでも、自分でクラブフェースのコントロールができる範囲の目いっぱいです。

自分の場合で言えば、単にマン振りすれば50m/s程度のヘッドスピードは出ますが、実際のフルスイングのヘッドスピードは43~45m/sです。
マン振りしても芯にも当たらないし球も曲がります。
43~45m/sで芯に当たって曲がらない方がよほど飛びます。

プロなどと違い練習量の少ない一般アマチュアは全てのクラブを同じイメージで打てることが好ましいと思っていますし、自然にそうなっていくと思っています。(実際には長さもロフトもライ角も違うので同じスイングにはなっりませんが、あくまでもイメージや意識が同じスイングということです。)

したがって、質問者さんもアイアンで距離と方向を正確に打てるようになるとドライバーのスイングも変わると思います。
その上で、質問者さんの場合に仮に今のスイングで真っ直ぐ飛ぶ設定で打っていても、徐々にスイングが変わっていってそのうちにフックで悩むようになるのではと思います。そうしたら素直に標準的な設定に戻せばいいのではと思います。

今の時点で真っ直ぐ飛ぶ設定があるのならそれで打てばいいと思います。
逆に変に弄るとアイアンなどもスイングが狂ってくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とても納得のいく回答でした。
ご助言通り、セッティングを変えて、使っていこうと思います。
ちなみに、先日、本ドライバーで(セッティングして)ラウンドしましたが、
最初は良かったのですが、だんだん、ダメになりました。
まだまだスイングが安定していない証拠だと思いました。
クラブに頼るところもありますが、練習でスイング固めすることが、
結局のところ大事なんだと、改めて感じました。
ドライバーは本当に難しい。。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/03 18:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハーフスイングとフルスイングの動きの違いについて

ハーフスイングとフルスイングの、主にビジネスゾーンでの動きの違いについて教えてください。

ハーフスイングの延長がフルスイングだとよく聞くのですが、それを頭に入れて実践すると、ハーフスイングではいい確率でうまく打てているのですが、フルスイングになった途端そのようにはなりません。

普通にハーフスイングを大きくする感覚だけでフルスイングをするのは間違いなのでしょうか?
ビジネスゾーンでの各部位の動きはハーフとフルとでは別物なのでしょうか?
それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

お教えください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フルスイングに比べて8,90%までテイクバックした場合の俗称です。
・ ハーフスイングの延長がフルスイングです。
・ ビジネスゾーンの動きは、当然どんなスイングでもまったく同じになるのが理想です。

しかし、言うは易く行なうは難し。多くのひとは、テイクバックが緩んで、手でクラブをあげ、トップからの反動で上半身でクラブを振り下ろす人が多い。だから、フルはいいけど、ハーフはだめとか、アプローチは苦手だとか、アプローチだけ得意とか色々です。

本来、緩まないトップから、下半身を左に踏み込むと、背筋を通じて、手をなにもしなくても、クラブは腰のあたりまで降りてきます。プロのタメは、ここで出来ます。その後は、ビジネスゾーンで右手を上にしながらクラブを素直にローテーションし、右腰を押しながら、リリースされたクラブを運びます。

この動きができれば、あとは、踏み込むタイミングを変えるだけで、いつでもダウンが開始できる。ところが、反動を使う人は、アプローチ、クオーター、ハーフ、フルと、そのスイングの持っているイメージごとに、さまざななきっかけで、手でクラブを下ろさないと、クラブが降りてこない。したがって、とくに緩みのフルスイングでクラブを戻しきれずに玉が曲がるようになります。

もし、ハーフで玉が安定しているなら、フルスイングを一切やめることですね。ハーフで振っているつもりが、反動がついてフルになったぐらいのイメージで、ビデオでも撮れば、そのうち自然にフルスイングになっているはずです。

私自身のイメージで言えば、ダウンをどこで開始するかをイメージするだけで、意識の違いはありませんが、あえてビデオで見てみると、ハーフスイングで出来たトップの形から、若干方が深く入るまで、踏み込みのタイミングが遅くなるスイング・・・と見えます。

>それとも私が勝手にフルスイングを別のものにしてしまっている可能性があるのでしょうか・・・?

おそらくそうだと思います。多くの人が、フルスイングだけが別物のショットになっている場合が多いです。ハーフスイングに限らず、テイクバックを緩まずに行なっていれば、何処からでもダウンを開始出来ます。アドレスを0%。フルスイングのトップを100%とすれば、10でも、20でも、50%でも、下半身でリズムを作ってダウンを開始できます。できない人は、手打ちなのです。

・ ハーフスイングは、フ...続きを読む

Qスイングの撮影のセッティング

飛球線後方からスイングの撮影をする場合、どの位置と
高さにセットするといいのでしょう?

よくテレビなどでスイングプレーンの動画による分析などを
していますが、カメラの位置によっても違いがあると思います。

デジカメやビデオで解析されている方、気を付けるべき
点などありましたらあわせて教えて下さい。

Aベストアンサー

一般の練習場は大抵後ろからしか撮れませんね
スイングプレーンの撮影はmintkamikamiさんの
申されるように「手(グリップ)」の高さがいいと思います

もし、仲間か家族で前から撮れるのであれば
是非前からもとってみてください
体重移動できちんとプレーンが円形に近い「弧」を描いているか
インパクトでグリップの位置が正確か、左肘の向きはどうか
が確かめられればご自身のスイングチェックが生きてくると思います

私の場合は、一番端の打席を確保して
斜め前にビデオカメラをスタンドに立ててセットして
ワンカットずつチェックします

プラスアドバイスまで

Qフルショットは問題ないのにハーフスイングで打つと・・・

ドライバーもアイアンもフルショットでは自画自賛したくなる程打てるのに、グリーン手前10ヤード、アプローチを使ってハーフスイングで打つと、シャンク・・・。
せっかくパー5のホール3打でグリーン直前まで行くのに悲しくなります。
正直ハーフスイングになると肩をどこまで回したらよいのかよく分からずに打っている感があります。
ハーフショットの時に押さえるコツ何かありますか?

Aベストアンサー

アプローチのコツは
両足を開かない事(揃えたままつま先を目標と45度くらいに構える)
左肘を身体から離さないこと
(出来れば両肘を身体につけたまま膝と腰の動きでショット)
手首を使いすぎない事(手首をロックするとなおいい)
ボールが飛び出すまでボールから目を離さない

一度やって見てください

アドバイスまで

Qスイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツ

どうしても、インやアウトに上げ過ぎてしまい、プレーンを外す事が多いです。結果ダウンで調整しようとしてもかえって駄目になることが多いです。スイング始動で、スイングプレーンに乗せるコツを教えて下さい。

Aベストアンサー

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教えてくれます。
何も考えないで、ビュンビュンと振ってみると、
トップはおさまるところにちゃんと収まってます。

その自然なトップの位置が体に染み込むまで素振りを繰り返すと、コントロールしようとしてはいけないということがわかると思います。

自分にとって一番自然で、オンプレーンなテークバックは素振りが教えてくれます。

ま、私の場合ですが、テークバックを気にするとトップで完全に軸がなくなってることが多く、ちゃんと当たりません。だから「体の軸がキープできる範囲で、気持ちよく上がるところまで」が私のテークバックです。

スイングプレーンに乗せる…これ、ゴルフスイングの究極ですよね。
これがほぼ完璧にできればプロになれると思います。

私がいつも気をつけているのは、
クラブが上がりたそうなところへ上げてやることと、
クラブが行きたそうなところへ降ろしてやることです。
ようするに、自然に上がるところへ上げ、自然に降りてくるところに降ろしてやるということです。
力でクラブをコントロールしようとすると、まさにインやアウトに上げすぎてしまいます。
で、自然に上がるところってどこよ?
…連続素振りが教...続きを読む

Qゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょ

ゴルフスイングで、ボールのどの辺りを見ながらスイングすればいいのでしょうか?

よくビハインドザ・ボールで、ボールの斜後方を見ながら打てだとか、
ボールの先を見ながらスイングしろだとか、
ボールだと思わずにぼんやり見ながら打てだとか、
ボールの真上から打ち込むように打てだとか色々ありますが、

僕の場合、スイングができていないせいかもしれませんが、ボールの先(左)の芝を見ながら打つと
いい玉がでます。アイアンだとボール1個分くらいで、UTやFW・DRだと2個~2.5個分くらい
ボールの左を見て長くヘッドを出すような感覚で打っています。

このやり方はいいのかが自分でわかりません。
ただボール自体を見て打つと、どうしても打ちにいってしまい、よくダフるのは確かです。

どうかアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方がいいと思います。それが固まれば、そこからインテンショナルに高い球低い球を打つ時にどうするかという応用編にも挑戦できます。(あれ、アドレスでどうボールを見るかという事も重要な要素の一つですから)

例えば、デヴィッド・デュバルというUSPGAのプロのスイングをご存知でしょうか?多分彼のスイングはヘッドアップに見えると思います。しかしスイングの回転と軸を同じにした体全体の回転の中で首も回転させています。つまりヘッドビハインドザボールはヘッドアップしていても保たれているということになります。(そのために彼の場合はルックアップであるという言葉まで生まれました)例外的なスイングですが、これもゴルフスイングは許してしまうという例で出してみましたので、「基準」と言う意味で参考にしてみてください。このスイングで一時期世界の五本の指の順位にいた選手でもあるんですよ。

ヘッドビハインドザボールは基本ですが、そのための手法は各人が自分で決める「基準」が必要です。ゴルフスイングはこの「基準」の方が数が多いんです。中には自分が基本からどれだけズレているかの把握を求めてそれを自分の基準と化さなければならない場合すらあります。(いい例がグリップですね。スクエアグリップが基本ですが、ストロング(フック)グリップでも構いません。ただ、自分がどれだけストロング化しているかは把握しておくべきであると思います)ゴルフは「自己責任」のスポーツだと思います。スイングも基本とはスイング作りのガイド役と考えてそれ以上は自己責任で作っていくと考えた方がいいでしょうね。その基準には具体性を求めるべきでしょう。つまり自分が今どんなスイングをしているのかを把握すると言う事です。初心者の間はそのガイドすらないですから、体型の良く似たレッスンプロに教わった方がいいという事もいつも思ってもいますけどね。

答えとしてはautoroさんと同じになりますが、よく考えてみてください。全身を使ってかなりの速度で腕を振っています。その中で体全体が回転運動をしています。そういった最中に万人に求められるヘッドビハインドザボールの為のボールを見る位置を具体的に決定できるのかという事です。各人の自分の方法を勧めても所詮押し付けにしかならないという事なんですよ。他人の方法でうまくいってもそれは「たまたま」だと言う事です。そこに具体性は求めない方がいいです。あなた自身でうまくいく方法を固めてやった方が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報