普通、実際の数が目標の数に対してどれだけ達成されているのかを計算するには『実際の数(60)÷目標の数(120)×100』ですよね(50%)?その逆の計算式を知りたいです。というのは、目標を0(ゼロ)として、実際の数がどれだけ達成されているか(近いか)を計算したいのです。達成率の最高値は100%と設定してあります。実際の数が0なら達成率100%という事です。意味がわからなかったらすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

目標を設定する裏には目標に達していない現状があるからです。

なので
達成率は(実績値ー目標設定時の現状値)/(目標値ー目標設定時の現状値)で計算します。
売上目標の達成率などで、売上実績/目標売上などで計算しているのを見かけますが、(売上実績-0)/(売上目標-0)の意味です。(目標設定時の売上げはまだたっていないから)
つまり分母を目標と現状の差異ととらえれば分母が0になることはありません。
質問の例では、例えば現状月に5件あるクレームを0件にするといったケースなどでしょう。で実際2件だったとすると、達成率=(2-5)/(0-5)=60%となりますね。
    • good
    • 1

単純に、プラスマイナスを逆にして、100%→0% と割り振るだけでよければ、



100 - (実際の数(60)÷開始時の数(120)×100)= 達成率 50%

のように、100%からいつもの達成率の式を引いてやれば、0%→100%の達成率の式を、100%→0%の達成率の式にできます。

念のため、実際の数が0のときを検算すると、

100 - (実際の数(0)÷開始時の数(120)×100)= 達成率 100%

となります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不良率14%の目標に対し13.5%の実績。目標は達成したのですが、この場合の達成率は何%になりますか

不良率14%の目標に対し13.5%の実績。目標は達成したのですが、この場合の達成率は何%になりますか?

Aベストアンサー

簡単に考えて良いのですよ。
 この問題は大きな問題があります。このままでは解けない。
 達成率がゼロということは100%不良品だったということではないですよね。通常は、現在の不良率が16%あるので、それを14%に減らしたいということを目標にします。
 結果的に、
不良率 16%------14%------0
達成率  0%  100%   ∞
ということは、割合は
割合 = ある数/基準の数 ですから
   = (14-13.5)/(16-14)
   = 25%
よって、達成率は、125% になります。

★もし、作ってみたら全製品(100%)が不良品だったという場合は、
 結果的に、
不良率 100%------14%------0
達成率  0%  100%   ∞
ということは、割合は
割合 = ある数/基準の数 ですから
   = (14-13.5)/(100-14)
   ≒ 0.58 %
よって、達成率は 100.58%

 このように、基準を何にするかの指定がない場合は割合の計算はできないのですよ。

Q%の表示について(目標値に対する達成率)

目標値に対する達成率の表示について、教えて下さい。
高い程良い営業成果の場合は、例えば目標値100件に成果30件なら30%ですよね。
変って低い程良いトラブル件数の場合は、例えば目標値10件にトラブル20件だとすると何%になるんでしょうか。
これを低い程良いものとして表示するためには、今の部署ではこれは達成率50%になると言われたのですが・・・
そういう専門用語があったらご説明ともども教えて頂きたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般に%表記する時の考え方は次の用になります。

 (割合を考えたいと思っている物の量)÷(対象の基準となる物の量)×100

ですから通常は100%をこえることは、無いことになります。

例えば、「食塩水の濃度」となれば、次のようになります。
 (食塩水中の食塩の質量)÷(食塩水の全体の質量)×100

湿度といえば、次のようになります。
 (現在空気中に含まれている水蒸気の量)÷(空気中に含む事ができる水蒸気の量)×100

「割合を考えたいと思っている物の量」と「対象の基準となる物の量」さえ間違えないようにすれ正しい%が求められることになります。

ですから、「対象の基準となる物の量」の取り方によっては、100%をこえることがあります。

物価指数などと呼ばれるものは、まさにそのいい例ではないでしょうか。

今回の質問の場合は、「対象の基準となる物の量」が10件で「割合を考えたいと思っている物の量」が20件です。ですからrukaandkaitoさんの言うように200%となるのです。

ですから、ぎゃくに、50%となるようにしろと言われているといっていましたが、、「対象の基準となる物の量」が10件であれば次の計算によって5件となるのです。
 χ ÷ 10 × 100 = 50

参考助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。

一般に%表記する時の考え方は次の用になります。

 (割合を考えたいと思っている物の量)÷(対象の基準となる物の量)×100

ですから通常は100%をこえることは、無いことになります。

例えば、「食塩水の濃度」となれば、次のようになります。
 (食塩水中の食塩の質量)÷(食塩水の全体の質量)×100

湿度といえば、次のようになります。
 (現在空気中に含まれている水蒸気の量)÷(空気中に含む事ができる水蒸気の量)×100

「割合を考えたいと思っている物の量」と「対象の基...続きを読む

Qさて、この場合の目標達成率は何%?

会社の成績です。
利益目標で、-1,000万円という目標に対して、100万円の利益が出ました。この場合の達成率は何%なのでしょう?

1,000万に足して100万なら10%と言うのは分かるのですが、マイナスの目標なので・・・
どうか、お教え下さい。

Aベストアンサー

利益とは、
もうけ。得(とく)。収入から費用を引いた残り。利潤。

-1000万円の利益目標と言う時点でおかしいです。利益目標であるならば、正の数でなければなりません。会社は営利企業ですので、こんな目標を立てるほうがおかしいのです。建築工事などでもともと赤字工事の場合もありますが、利益目標としてはこういった場合でも、正の数(最悪0円)として目標を立てます。

>1,000万に足して100万なら10%と言うのは分かるのですが

同様に考えると
100/(-1000)=-0.1
となりますので、-10%です。
しかし、目標に対して、マイナスの数字が出るということは、やらなかった方がよかったという結果です。

考えるべき問題ではないと思います。

Q目標がマイナスの時の達成率の計算について

経理の仕事をしています。
今年度の利益の目標がマイナス100万円でした。
実績はプラス200万円でしたが達成率は何パーセントにすればよいのでしょうか?
これが目標がプラスの100万円でしたら問題なく達成率は200パーセントになるのですが目標がマイナスだったので計算に困っています。

Aベストアンサー

私も経理の仕事をしている者です。
(1)もともとマイナスの目標はありませんが、こういうケースの場合は、「達成率」は横棒「-」で表します。
(2)「達成率」よりこういった場合は「改善率」「改善額」としてみた方が経営的には正解です。そこに物語っている数字の意味が大切です。
例の場合では-100の目標に対して実績が200であったのなら改善額300となり、改善率は300%となります。実績とマイナス目標との差を見る訳です。
(3)改善度を見る事が大切ですので、備考欄にこのように「特記事項」として表すことも経理マンとして大事なことだと思います。

Q確立0%と100%について

数学的に確立0%あるいは100%というのはありえるのでしょうか。
私の目の前にパソコンがあるのはわかっています。私にとっては確立100%なんですが数学的にはどうなんでしょうか。
もしあるのであれば具体例を示していただけないでしょうか。また、ないのであればなぜないのかわかりやすく説明していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>数学的に確率0%
6面ダイス振って7が出る確率
>確率100%
0点以上、100点満点のテストで0点以上100点以下の点数を取る確率


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報