「プラセンタエキス」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」を使おうと思っていますが、化粧品で使うか、サプリメントで摂取しようか考えていますが、身体的、効果的に、どちらを使った方がよいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


Blue-loveさんはどのような目的でお使いになりたいのですか?
お肌のハリや潤い、シミ対策ですか?
トータルに、でしたらプラセンタがよいと思います。

私は化粧品でもなく、サプリメントでもなく、病院で直接点滴を受けています。

プラセンタ高配合の化粧品や、高品質のサプリメントって、ばかにならないほど高額です。
そう考えると、一回の点滴が八千円はお値打ちだと思っています。(私のかかっているところでは、2千円からあります)

プラセンタのメリットは、美容効果だけではなく、肝臓疾患、虚弱体質にも有効なのだそうです。

月一回の点滴で、もう3年ほどになります。
ハリがあり、小じわのない肌は、整形手術を疑われているほどです。
インフルエンザのような重い風邪もひかなくなりました。

個人差もあることでしょうから、ご参考までに。

この回答への補足

ありがとうございます。
目的は「シミ」「シワ」「うるおい」で、年齢的にハリは、こんなもんかな?と思ってはいても油断は大敵と感じ質問させていただきました。
プラセンタの点滴があるとは初耳でした。
このような点滴は何科での診療でしょうか?
uzuramameさんは、どれぐらいの頻度で打っていらっしゃるのでしょうか? 毎月八千円だと少し考えますが2ケ月ごととか3ケ月ごとだと検討できる範囲だと思います。
整形手術を疑われるほど効果があるなんて・・。明るい未来を想像してしまいますね。

補足日時:2004/06/07 19:00
    • good
    • 2

おはようございます。

#4です。
お礼、ありがとうございました。

少し前に、都内の美容整形外科でもプラセンタの注射をおこなっていると雑誌で読んだことがあります。
一般的には美容整形の範疇になるのでしょうか?
美容相談をうたっている皮膚科や、皮膚科も診療科目に挙げているレディースクリニックなど脈アリだと思うのですが、どうでしょう?
残念ながら、詳しいことはよくわかりません。
役立たずでごめんなさい。

私のかかっているところは、レディースクリニックなんです。
数年前までは本当に普通の婦人科だったのが、院長先生が変わってから美容的な皮膚科診療もおこなうようになりました。
そんなことでプラセンタとの出会いがありました。
ご参考までにHPをご紹介しますね。お近くだったら、よいですね。

プラセンタは、三年くらい前から月に一回のペースで受けています。(八千円のコース)

参考URL:http://www.e-doctors-net.com/ikebukuro-clinic/in …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
美容整形外科は聞いたことありますが、少し門をまたぐのは抵抗がありますが、uzuramameさんの行かれているクリニックだと抵抗無く、プラセンタ以外でも通うことができますね。紹介してくださったクリニックは残念ながら遠方なので通えませんが、参考にして近くにないか探してみようと思います。
大変勉強になりましたし、貴重なご回答を本当にありがとうございました。頑張ります!!!!!

お礼日時:2004/06/08 12:15

こんばんは。


わたしもシミ・シワに効果があると勧められてプラセンタ使ってます。
最初豚の胎盤が原料と聞いて、使うのはなんだか怖かったのですが、今では使って良かった!って本当に思います。
まだ使い始めて1ヶ月ちょっとですが、シミも少し薄くなってきました。ニキビ跡ができても消えるのが早いです。

プラセンタは塗るだけでも効果はありますが、100%プラセンタエキス&ビタミンCを混ぜてイオン導入すると美白&うるおいの効果が倍増します。
わたしは乾燥肌なのでイオン導入した後にヒアルロン酸を混ぜた化粧水をたっぷりつけています。

ちなみに以前コラーゲンをサプリで摂取していましたが、あまり効果は感じませんでした・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
豚の胎盤で最初臭いに抵抗があると聞きました。
プラセンタとビタミンC、化粧水にヒアルロン酸、
すごく勉強になりました。イオン導入の機械は高価なので、少しお預けになりますけど早速、どこの化粧品にするか検討したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/07 11:05

こんにちは。


プラセンタエキス、、かなりよいです。
エステで、勧められたのですが、これ一本もってると、
いろんな肌のトラブルに使えます。
しみも、、薄くなりますよ。(・。-☆

この回答への補足

ありがとうございます。
私も「シミ」が大敵!で、考え始めました。
あとは「シワ」や「うるおい」に効果があるものと思っています。
sarubeさん「シミ」の効果は、どれくらいありましたか?
sarubeさんが使われているプラセンタエキスは、100%プラセンタエキスのものでしたら、1本の容量と販売金額を参考の為にご迷惑でなければ教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

補足日時:2004/06/06 13:36
    • good
    • 0

他の2つはわかりませんが、コラーゲンは


化粧品で使っても意味がないそうです。
コラーゲンは内側から効いていくらしいので
服用する方がいいそうですよ。
ヒアルロン酸は私も使っています。
ダイソーに売っているヒアルロン酸を
手持ちの化粧水に混ぜて使っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ヒアルロン酸は、化粧品に混ぜて使えばいいんですね。
コラーゲンも飲食系が良いとか、大変勉強になりました。

お礼日時:2004/06/06 13:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10摂取量

コラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10のそれぞれの摂取量が知りたいのですが、判る方がいらっしゃいましたら教えていただけないでしょうか。顔に塗るものではなく、服用する物のほうです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この3種ならば膝の軟骨が磨り減って…とかでなく
「美容目的」かと思いますので
年齢や、状態によって加減することが一番だと思います。

注意したいのはそれぞれのサプリの「1日基準摂取量」ではなく
その製品の吸収率です。
ブームになったコエンザイムですが
吸収率「5%」なんていう品も出回っています。
確認の上お買い求めくださいね。
残念ながらそこまで記載されていないものがほとんどですが…。

ただいずれのサプリメントも吸収率アップのため
低分子のものが出回りはじめました。
海外では吸収率100%というコエンザイムが出たようです。
いずれにしてもまだまだ「これから」の分野のようです。

肌に良いものを積極的に取り入れる際は
細胞の生まれ変わりを促進するよう代謝機能を高めることも大事だと思います。
充分に力を発揮してほしいですものね。

Qコラーゲンやヒアルロン酸を含んだサプリメントの効能

関節痛などに良いといって、コラーゲンやヒアルロン酸を摂れるサプリメントなどが、たくさん売られていますが、それらは意味がないという話を耳にしました。

その理由として、コラーゲンなどを食べても、消化酵素で小さく分解されてしまったら、関節に届いても小さすぎてクッションの役目を果たせないということでした。

それでは、魚などコラーゲンをたくさん含んだ食品を積極的に食べたらどうなのでしょうか?やはり、分解してしまって効果は見込めないのでしょうか?

また、皮膚のハリを保つためにもコラーゲンをたくさん含んだ商品が出ていますが、こちらはどうなのでしょうか?

専門家の方、いらっしゃいましたらお教えいただけますようよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

では。コラーゲンだけ専門的にお答えさせていただきます。

ヒアルロン酸は、自信がないので控えます。

コラーゲンは、摂取すると消化酵素で分解され「ジペプチド」という2基のアミノ酸の状態まで分解され、血中に吸収されます。コラーゲンが効く仕組みは、このジペプチドの状態で吸収したコラーゲンが直接 身体の各部でコラーゲンの合成に利用されるわけではありません。

消化吸収され血中に取り込まれたアミノ酸の内、コラーゲンにしかないアミノ酸"ヒドロキシプロリン"を含む、"プロリン・ヒドロキシプロリン"のジペプチドが血中にある場合、皮膚細胞などを生成する繊維芽細胞が増殖します。

分かりやすくすると、身体はコラーゲンの代謝を行うために、まず古くなったコラーゲンを壊します。そして、コラーゲンを壊わしてから、新しいコラーゲンを生成します。
コラーゲンは酵素を用いて分解していくのですが、コラーゲンが分解されたことを確認するキーになるのが コラーゲン特有のアミノ酸ペプチド "プロリン・ヒドロキシプロリン" 血中のこのペプチドを確認すると、繊維芽細胞は壊れた(壊した?)コラーゲンの補修を行います。

大量のコラーゲンを摂取して、血中に"プロリン、ヒドロキシプロリン"のジペプチドが増えると、繊維芽細胞はコラーゲンが破壊された時と同じ行動をとり新しい細胞を生成してしまう。

簡単にいうと、コラーゲンを食べると、自分の身体のコラーゲンが壊されたと勘違いした身体は、補修しようとするのでコラーゲンの代謝がアップして、肌などが改善される。というわけです。

これが、学会発表された、コラーゲンが効く仕組みの最新です。

まだまだ、コラーゲンの研究は全容解明とはいっていませんが、かなりいいところまでわかってきました。

では。コラーゲンだけ専門的にお答えさせていただきます。

ヒアルロン酸は、自信がないので控えます。

コラーゲンは、摂取すると消化酵素で分解され「ジペプチド」という2基のアミノ酸の状態まで分解され、血中に吸収されます。コラーゲンが効く仕組みは、このジペプチドの状態で吸収したコラーゲンが直接 身体の各部でコラーゲンの合成に利用されるわけではありません。

消化吸収され血中に取り込まれたアミノ酸の内、コラーゲンにしかないアミノ酸"ヒドロキシプロリン"を含む、"プロリン・ヒドロキシプロリ...続きを読む

Qヒアルロン酸低分子コラーゲンについて

40代女性です。
ヒアルロン酸低分子コラーゲンのパウダーを毎朝牛乳に溶かして飲んでいます。ネットで見ると美容効果はほとんどないとか。私の飲んでいる物の成分にはコンドロイチンも入っています。肌に張りが出てきた感じがするので、このまま飲み続けて行こうと思っていますが、身体への影響はないのでしょうか?また、身体への効果はどんな事があるのでしょうか?急いではいないので、回答をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

経口摂取の安全性については充分なデータがない
が答えとなるでしょう。

参考資料
「健康食品」の素材情報データベース
http://hfnet.nih.go.jp/contents/indiv.html#Jw06


薬事法に抵触しないように表現や効能に注意してイメージ戦略で販売している訳ですが、薬じゃないので臨床試験などはやっていませんよね。

アレルギーの問題がなければ毒にはならない位が妥当でしょう。

とはいえ効いた気がするだけでもプラスの効果はあります。
疲れた時に栄養ドリンクを飲んで元気付けするのも頑張るための要素になる。

とはいえ食事はもっと重要な要素です。
飽食の中の栄養失調となっている事もままあります。
日本人の一般的な食事ではたんぱく質が不足している傾向が強いらしいですから、食生活を再検討されるのが効果的かもしれませんね。

Qヒアルロン酸のサプリメント

ヒアルロン酸が入ったサプリメントはだいたいどのくらい
飲むと効果がわかりますか?
宣伝では3日で変わったとかありますが。
実際に飲んでいる方などからご意見聞きたいです。

Aベストアンサー

こんんばんわ

私が効果を感じたのは二週間近く飲んでからだと思います。
一年ほど飲んでいますが、美白効果、肌の水はじきがすごいです。水分を蓄える様になったのか肌がふっくらしてきた気もするんです。

ヒアルロン酸は吸収しにくいものみたいですね。
なので、吸収しやすく作られたものを選んで飲んでいます。
今は他のサプリを飲む気にはなれないです。

Qコラーゲン&ヒアルロン酸の健康食品について・・

50代の女性です。最近、膝関節が曲げると音がしたり立ったり座ったりが辛いです。テレビショッピングでキュウサイのコラーゲン&ヒアルロン酸の粉末が関節に良いと言っていました。買う前にどなたか、もっと詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#1の方が書かれたとおりです。

たとえば、「骨」も魚の骨が直接に人の骨にはなりません。
一度、ただのカルシウムにまで分解して、吸収して再合成しての、人の骨。

肉もそうです。
豚肉、牛肉も直接人の「肉」にはなりません。
タンパクは一度全部、アミノ酸単位まで分解して
それから再合成されての人の「肉」

ともかく、分子量が大きいものは直接には「吸収」はされません。

コラーゲンは簡単に言うと「ゼリー」の成分です。
コレを食べても、ただのタンパクです。
ヒアルロン酸も同様。

【たりないもの】を食べる。
直接、【たりないところ】に分布して、不足が解消される。
コレは、正しいように見えて、「ウソ」です。

子供の頃に、魚の目を食べるから、「魚の目」が出来るとか脅されましたけど、アレなんかはかわいいですね。

でも、こういった「ウソ」でご商売が成り立つのは
一種の詐欺です。

ちょっと珍しいですが、
サルの脳を食べるという料理がありますね。
一般的にはタコの刺身を食べますね。

サル頭にもならないし、タコ足も生えてきませんね。

どうして、コラーゲン(ぜりー)だけは
きちんと人の【膝】に納まるのか不思議に思いませんか?

#1の方が書かれたとおりです。

たとえば、「骨」も魚の骨が直接に人の骨にはなりません。
一度、ただのカルシウムにまで分解して、吸収して再合成しての、人の骨。

肉もそうです。
豚肉、牛肉も直接人の「肉」にはなりません。
タンパクは一度全部、アミノ酸単位まで分解して
それから再合成されての人の「肉」

ともかく、分子量が大きいものは直接には「吸収」はされません。

コラーゲンは簡単に言うと「ゼリー」の成分です。
コレを食べても、ただのタンパクです。
ヒアルロン酸も同様。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報