人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

物置を購入し近々設置予定ですが、設置について教えてください。
設置場所は北海道で、自宅の畑に設置します。
つか石を使うので、ブロックとつか石によって物置が支えられると思いますが、基礎の工事をしていない畑に設置するため、畑の上に直接ブロックを設置するより、畑の上に板か何かを設置してその上にブロックを載せた方が、不当沈下防止になるかなと思うのですが、如何なものでしょうか?
ただ、凍上の事を考えると、板のようなものを設置してしまうと、つか石やブロックだけの時より、板が長い分まともに凍上の影響を受けるかもとも思えるのですが、沈下と凍上を考えるとどのようにしたら良いでしょうか?
ちなみに、凍上防止のための基礎工事や、砂利の置き換えは予算がないため出来ません。
やるとしても、ブロックの下に長い板を設置する位です。
つか石とブロックだけの方が良いのか、板を設置した上にブロックを置いた方が良いのか、物置を所有している方の意見を聞かせてください。
また、物置内の床の部分に、湿気防止のために板か何かをひこうと思っているのですが、どのような板をひいたら良いでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

簡単にされるのでしたら束石の下の土を改良するといいでしょう。


30cmほど掘り返して出た土にセメントを混ぜて元に戻します。
これだけでもかなり硬い地層になります。
重量があってどうしても不安ということであれば捨てコンクリートを施行すればいいでしょう。
同じく地面を30cmほど掘り下げます。
掘り下げた地面を足で踏むなどして締固めて、その上にコンクリートを撒きます。
地面と接する面積が束石だけよりも格段に増えますから安心できます。
更なる安心感を求めるなら掘り下げる深さを50cmにして砕石を撒きます。
そして踏んだり棒で突くなりして砕石を締め固め、その上にコンクリートを撒けば鬼に金棒です。
なにしろ家の基礎と同じ構造ですから。
家の基礎の場合は撒いた捨てコンクリートの上に50cm程度の基礎を立ち上げます。
倉庫程度のものでしたら基礎の部分は束石で十分でしょう。
調質についてもそうです。
家と同じようにすれば湿気が充満して困るということはありません。
合板などの木材や石膏ボードなどには相当程度の調質作用があるものと思います。
合板を床に敷いたり壁に貼り付けたりするだけでも全然違うと思います。
合板下地の上に床材を貼ったり石膏ボードを打ち付けてクロス壁紙でも貼れば内装の材料的には家と同じものになりますから、家の中に保管するのと同じような感覚で物を置くことができるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく回答を頂いたのに、お礼が遅くなり大変申し訳ありません。
諸事情があり、回答をする事が出来ませんでした。
色々な工法を検討して頂いたのですが、結局お金不足でつか石だけになってしまいました。
ただ、今後の建て替え等の参考にさせて頂きたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2015/01/04 16:51

凍結による浮き上がりや流動防止は、理論的には凍結する土層の下まで基礎工事またはそれに代わる


処置をしないと対策はできません。

また不等沈下を防ぐのは、(中へ入れる収容重量に関係しますが)なるべく4点支持になるように考え、
そのブロックの下に工作をすることです。

現状からは杭を打って頭の水平を出し、ブロックや束石を載せるくらいしかないでしょう。
しかし、これだけでは小屋の風対策が出来ていませんから、別に転倒防止を考えてください。

ご当地の気候はよく存じませんが、温度差のため確実に湿気の変化も起こります。
従って、内装の板よりも断熱化・密閉化を考えるか、通気性を上げるのが利口ですが、
費用が難点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答を頂いたのに、お礼が遅くなり大変申し訳ありません。
諸事情があり、回答をする事が出来ませんでした。
色々な工法を検討して頂いたのですが、結局お金不足でつか石だけになってしまいました。
ただ、今後の建て替え等の参考にさせて頂きたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2015/01/04 16:51

床下からの湿気が一番の強敵です



良いかどうかはわかりません、皆さんの意見を聞いてください

(1)ルーフィング材(屋根の瓦の下に敷く防水シート)を砂の上に敷く
  出来れば2重に 砂は事前に、ルーフィング材の破れ防止のため

(2)その上に足場板を敷き詰める、足場板には事前に腐食防止塗料の
キシラデコールを 裏、表に2回塗りする

(3)その上にブロックを敷いて土台にする

倉庫の床板は裏表を組み立て前にサビ止めを、床から10センチと
屋根周りは組み立て後にサビ止めを塗った方が無難でしよう

いずれも価格は意外に安いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答を頂いたのに、お礼が遅くなり大変申し訳ありません。
諸事情があり、回答をする事が出来ませんでした。
色々な工法を検討して頂いたのですが、結局お金不足でつか石だけになってしまいました。
ただ、今後の建て替え等の参考にさせて頂きたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2015/01/04 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物置設置前の整地について

物置設置前の整地について

土の地面の上にイナバ物置のNEXTA―29Sの設置を試みたのですが…。
想像以上に、土の整地が難しく、なかなか思うようにいきません。
なので、物置の組立てに移れないでいます。
ブロックは10個敷く予定です。

水平を出す方法として、
(1)水平器を用いて、まず1つ1つのブロックの水平を出す。
(2)鉄製のフラットバーを隣り合ったブロックの上に置き、さらにその上に水平器を置いて、ブロック2個で1組という感じで水平を出していく。
(3)水平が出たブロックの上に、物置の下枠を置いて、ちゃんと水平が出ているか最終チェック。

このような流れで間違いないでしょうか??

水平が出ていなかったら、ブロックの下に土を増やすか減らすかして、水平を出していく作業が、実践してみるとこれがなかなか難しいです。



また、これ以外にも気になる点があります…。

雨が降り土が濡れてしまうと、土なのでどうしても柔らかくなってしまいます。
このような状態で、土の上にブロックを置いて、250キロもする物置を設置しても問題ないものでしょうか??

それとも、砕石を敷いたりコンクリート(セメント?)を打ったりしたほうがよろしいのでしょうか?
何分素人なもので、そのような事が自分にも出来るのか想像つきません。
そういう施工をした際の水平出しも難しそうです。
また、そのようなことをして失敗した場合、除去なども大変だと考えてしまいます。
かといって業者さんにしていただくお金もありません。

何か良い手段はありませんでしょうか?
こんな素人な私に、何か助言いただけませんでしょうか??
本当に困り果てております。
どうか、宜しくお願いいたします。

物置設置前の整地について

土の地面の上にイナバ物置のNEXTA―29Sの設置を試みたのですが…。
想像以上に、土の整地が難しく、なかなか思うようにいきません。
なので、物置の組立てに移れないでいます。
ブロックは10個敷く予定です。

水平を出す方法として、
(1)水平器を用いて、まず1つ1つのブロックの水平を出す。
(2)鉄製のフラットバーを隣り合ったブロックの上に置き、さらにその上に水平器を置いて、ブロック2個で1組という感じで水平を出していく。
(3)水平が出たブロックの上に、物置の下枠を置い...続きを読む

Aベストアンサー

追加回答
>ちょうどホームセンターに行く用事があったので砕石が置いていないか見てみると、『砕石パラス』というものが売られていました。ただ、サイズは5mm~10mmでした。使用しても問題ないでしょうか??
回答1.「砕石バラスサイズは5mm~10mm」は、丁度いいですね。これですと、粒度が調整されているため、砂を混ぜる必要はありませんね。接触面が、掘削した底面の土と一緒になり丁度良い、基礎になりますね。本来は上からの荷重を分散させることによって、土(支えている地盤)の本来の土の所有している耐久強度でも沈下(せん断破壊)しないように土の地盤の荷重分担を軽くしてやるためですね。
>あと、川砂を用いたらよいという事ですが、山砂ではダメでしょうか??ちょうど山砂は売られていたので…。山砂でも中粒と小粒がありました。
回答2.山砂でもOkです。中粒がいいですね。小粒は強度が低くなり水を含みやすくなりますね。川砂、山砂の違いは、採取場所の違いから呼び方がつけられています。川砂は川で採取(海もあり)、山砂は山・丘の砂層(古来は川や山であった地層で長年に隆起して、現況は山になっている場所から採取されたもの。川砂は日本の河川の規制や許可が困難で、採取が不可能になっているのが現状です。但し山はまだOKです。従って川砂と山砂(荒め、中、細目などがり)の価格比率は、3:1くらいだと思います。品質面でも、川砂は水で洗浄されて、原則高品質なモルタル、コンクリートに使用され、公共工事では規定の品質規定があり合格しないと使用不可です。方や山砂は、一般的に埋め戻しなどに使用され(芝生の目土)一般的にあまり強度の必要性の無いもの(生コンクリートでは不可です)に使用されています。何故なら微粒子や植物の土になったもの(強度が低い)が混ざっているためです。これとセメントが混ざってもゆえに強度が低いものになります。又管理が出来ませんね。川砂は、川の水で現れて、微粒子が自然状態でも少なくなっています。それに採取のとき原則的に水で洗浄します(微粒子の除去、検査に合格のため)
>ちなみに、ホームセンターで袋入りされていない状態で売られている「砂」というのは、何砂にあたるのでしょうか…。自分で袋詰めするタイプの商品です。「砂」の横には、「砂利」コーナーもあるのですが、これも何に用いる砂利なのか分かりません…。
回答3.見てみないと判りませんが、山砂、砂で分けてある場合は、推測ですが、砂は川砂に近いもの(但しせんじょうしてあるかどうか?)であると思います。通常は黒・灰色系統ですね。山砂は、赤・褐色系統でありますね。砂利も数多くありますし、勝手に商品名で売られていますね。通常はコンクリートに使用するものでは在りませんね。像冤罪ですね。コンクリートに使用するには、大中小と粒子が調整(規則)されたものです。今回、砕石バラスであれば砂利より安いと思います。砂利は目途が違いますね。
>domoku1943さんのおっしゃる「川砂とセメントをそばで混ぜて、それを砕石『砂利』の上に敷いて均す」ということですが、これは私のイメージなのですが、そうやって作成したモルタルだと、すぐに水平だしを成功させないとすぐに固まってしまうのではないのでしょうか??
回答4.けしてすぐ固まりません。固まるにはセメントに水を加える必要があります。通常は生コンモルタルで、3時間以内であれば練り直し、固まりませんね、通常(普通セメンと)JIS規定で製造されています。3時間過ぎて固化開始です。但し、ホームセンター等で売られているものは、急結材が入っていてすぐ固まる(水を加えた場合)ようにして販売されています。今回の配合ですが、少し強度をだして1:6位にする方が良いと思います。通常は試験練を行い(今回、コーヒーカップセメンと1杯、と砂6杯、を練り、土の上に均して固まり具合を試してはどうでしょうか。但し梅雨時期です、降雨が直接あたらないように)
>もし、すぐに固まらなかったとしても、固まるまで何日間か待たないとコンクリートブロックを置いてはいけないのでしょうか??もし間違った見解をしていたら、ご指摘いただけると非常に助かります。
回答5.固まるまで、数日間が必要ですね。これが敷きモルタル(空練の良いところであるわけです)、ブロックや平板を敷くとき、調整が聞くとのことです。仮に設置した後、高さや取り付けが旨くなくて、再度やリマ押しなどの場合でも簡単に直すことが可能です。ブロックを置いて安定させ、高さを測定、少し高い場合は、削る、低い場合は加えるなどが自由に出来るわけです。モルタルではその融通性が出来ませんね。
*「全国エクステリアコンクリ-ト協会」で検索、施工法など写真、構造も紹介されています。

追加回答
>ちょうどホームセンターに行く用事があったので砕石が置いていないか見てみると、『砕石パラス』というものが売られていました。ただ、サイズは5mm~10mmでした。使用しても問題ないでしょうか??
回答1.「砕石バラスサイズは5mm~10mm」は、丁度いいですね。これですと、粒度が調整されているため、砂を混ぜる必要はありませんね。接触面が、掘削した底面の土と一緒になり丁度良い、基礎になりますね。本来は上からの荷重を分散させることによって、土(支えている地盤)の本来の土の...続きを読む

Q物置設置に使う束石

物置設置に使う束石


土の上に物置を設置する場合、一般的にコンクリートブロックが用いられることが多いと思うのですが、CBを用いないで『束石』で代用しても問題ないでしょうか??

束石の方がお値段が張るのは承知しているのですが、強度や安定性のことを考えた時に、束石でも問題なく物置を支える役目を果たしてくれるでしょうか??


ちなみに、当方が設置する物置はイナバさんのNX-29Sです。

もしお分かりになる方がいらっしゃれば、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

コンクリートブロックより倉庫の骨を受ける面積が狭くなるので
数を増やしたほうがいいと思いますよ。

コンクリートブロックにしても束石にしても下地のほうが重要ですので、
きちんと整地しブロック、束石を設置してください~
どんなに強度のあるものを使用しても、一部のブロックごと沈めば倉庫が歪んでしまう事もあり
意味がないので。

ちなみに予断ですが、タクボの2M×2Mくらいの倉庫を2個ほど設置しましたが

家の地域は風が強く道路側に設置する為、倒れたらシャレにならないので(実際近所でブロックからずれた大型倉庫を見たもので・・汗)

ブロックより高くつきますが
DIYで型枠を組んで鉄筋を置いて、生コン流し込み、コンクリ仕上げの下地の上に
倉庫を置き裏のほうだけワイヤーで固定してます。

予算がある程度有り強度とか倒れる不安があるのであればこういう方法もあります。

Q物置設置場所の地面はどのようにしてますか?

先日、イナバ物置(NEXTA-50H)を購入しました。
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/lineup/index.html

設置する地面は土なのでアンカー工事をしていただくのですが
下が土なので今も草がはえています。
設置する前に草がはえないように何かした方がいいかな?と
思っていますが、皆さんの設置した場所の地面は何かしましたか?
それともそのままでしょうか?教えてください。
ちなみにすべて業者にお任せです。

Aベストアンサー

私の場合です。
このような作業が好きなほうなので自分で処理をしました。
本当は草などは抜いてしまえばよかったのですが、そんなに多くなかったのでそのまま土コン処理してしまいました。

物置の設置面より、左右と前後1メートル広く測ります。
その中側を10センチくらい掘り起こします。
セメントの粉を表面が白っぽくなるくらい均一にまきます。
土とセメントの粉を混ぜ合わせます。土は細かく細かく砕きます。乾いているほうが混ぜ合わせやすいです。
これを3回繰り返しました。
土がセメントの色っぽくなるまでやれば大丈夫です。
私の場合は1坪に2袋の計算で処理しました。
あとは平らにして踏み固めれば終わりです。
水はけもいいですし、土はねもありません。また今のところ草も生えてきてません。
掘ろうと思えば土のような感覚でほれますしいいですよ。
ただ労力が必要ですけどね。
アンカー工事は自分でしない場合は立ち会ったほうがいいですよ。
少なくても深さは40センチ幅は30センチくらいしてもらったほうが良いと思います。

これは私が設置に立ち会ったとき業者さんに聞きました。やり方を聞いて自分でやりましたが、手抜きをして浅く広くしていく業者が多いそうです。深さは見えませんからね。

以上 参考まで。

私の場合です。
このような作業が好きなほうなので自分で処理をしました。
本当は草などは抜いてしまえばよかったのですが、そんなに多くなかったのでそのまま土コン処理してしまいました。

物置の設置面より、左右と前後1メートル広く測ります。
その中側を10センチくらい掘り起こします。
セメントの粉を表面が白っぽくなるくらい均一にまきます。
土とセメントの粉を混ぜ合わせます。土は細かく細かく砕きます。乾いているほうが混ぜ合わせやすいです。
これを3回繰り返しました。
土がセメント...続きを読む

Q物置の設置土台について

イナバ物置を購入しようと考えております。
物置を置く際にお金をかけて物置の下にコンクリートを打ってから
ブロックの上に物置を置くのと
土の上にブロックで直接置くのではどちらが良いのでしょうか?
メリット、デメリットを教えて下さい。
皆様はどうされていますか?
お手数ですがご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず
規模が解りませんのでハッキリとは言えませんが
カタログ等ご覧ください。
基礎の仕様について書かれてると思います。
転倒防止のアンカー施工を必ずしてください
と書いてありませんか?
建築確認については行政にご相談ください
と書いてありませんか?

>コンクリートを打ってからブロックの上に物置を置く
コストがかかる
アンカー施工しやすい
>土の上にブロックで直接置く
沈下の恐れがある。
アンカー施工できずに
転倒・飛散の恐れがある。
違法建築となる恐れがある。


コンクリートと行かないまでも。砕石など敷いて転圧。
ブロックを敷いて
アンカー部分はコンクリートを流し込む
施工資料に基いて普通に施工されれば良いと思います。

Q物置の下に置くブロックについて

物置の下に置くブロックについて


物置を設置されたことのある方に質問させて下さい。

近所のホームセンターに、10、12、15、19cmの大きさのコンクリートブロックが売られています。


(1)物置に下に置くブロックとして、どの大きさのブロックがいいかおススメはありますでしょうか?
完全に好みの問題でしょうか?

(2)ブロックの大きさによって、強度等の違いはあるのでしょうか?

(3)よく3寸、4寸という単位を耳にするのですが、これは何cmの大きさのことなのでしょうか?

(4)ホームセンターで、「基本」・「横筋」・「コーナー」というそれぞれ微妙に形の異なるブロックが売られていましたが、物置の下に置くブロックとしてなら、どれを選んでも問題ないでしょうか?


素人の質問ばかりで申し訳ないのですが、もしお分かりになる方がいれば、ご教授のほど宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)物置に下に置くブロックとして、どの大きさのブロックがいいかおススメはありますでしょうか?

物置のサイズ、内容物の記載が無いのですが、一般的には15cm厚のものでいいかと思います。もし重い物を入れるとかそもそも大きな物置なら19cm厚でもいいかもしれません。
但し重量ブロックである必要があります。

>(2)ブロックの大きさによって、強度等の違いはあるのでしょうか?

面積あたりの強度は重量か軽量かによっては違いますが、サイズ差ではありません。但し面積が広い分、接地面積が広くなれば、当然重量が分散されるので、大きい方が強度があると言う事になるのではないでしょうか。

>(3)よく3寸、4寸という単位を耳にするのですが、これは何cmの大きさのことなのでしょうか?

1寸は3.03センチです。約3センチと思っていいかと思います。

>(4)ホームセンターで、「基本」・「横筋」・「コーナー」というそれぞれ微妙に形の異なるブロックが売られていましたが、物置の下に置くブロックとしてなら、どれを選んでも問題ないでしょうか?

「基本」はブロック塀にする時に縦に鉄筋を入れる穴が開いています。「横筋」は横に鉄筋を入れるように作られています。「コーナー」はその名の通りブロック塀でコーナーに位置します。
物置の基礎としてしっかりと作るのであれば、全てを組み合わせてゆきますが、単に四隅に敷くだけであれば、「横筋」を敷くのでいいかと思います。「基本」は縦筋を入れてモルタルを流す想定なので、強度的には「横筋」の方が強いと思います。
「コーナー」は、両端の形が違うので敷くだけの場合は力の分散が均等じゃないので、あまり使いません。

>(1)物置に下に置くブロックとして、どの大きさのブロックがいいかおススメはありますでしょうか?

物置のサイズ、内容物の記載が無いのですが、一般的には15cm厚のものでいいかと思います。もし重い物を入れるとかそもそも大きな物置なら19cm厚でもいいかもしれません。
但し重量ブロックである必要があります。

>(2)ブロックの大きさによって、強度等の違いはあるのでしょうか?

面積あたりの強度は重量か軽量かによっては違いますが、サイズ差ではありません。但し面積が広い分、接地面積が広くなれば、当然...続きを読む

Qタクボの物置買いました!

土曜日、設置に来ていただくのですが、、、
皆さん、物置の中に、中に何か敷いて使用しておりますか?
旦那が、ホームセンターの展示品を見て、
すのこの様なものを敷いていたので、
家も、敷こうか?
と、言うのですが、皆様のお宅ではいかがでしょうか?
少しでも綺麗には使いたいとは思いますが、
どうでしょうか?
アドバイスお願いします。
ちなみに冬は雪が降る地域です。

Aベストアンサー

当方群馬県のやや北部になります。
タクボの物置はジョイフル本田での購入でした。このとき設置に来てくれた業者の方の説明では、お客さんの中にダンボールを敷いている人を見かけますが、ダンボールや毛布みたいなものを敷くのはやめたほうがいいです、もちろんお客さんの自由ですから、いけませんとは言いませんが、どうしても湿気を吸って乾燥できないで錆びが発生している方が多いです。との事でした。
そのときのアドバイスで、すのこの桟の下に薄いゴム板を貼り付け使用すれば床に傷つけずに使用でき、湿気も予防できますと聞きました。
ただ家も物置の周りは土なのでどうしても汚れます。
我が家の対策は上記のすのこを使用し、泥や埃は小ほうきで吐き出し取れないところは小さな掃除機で対処しています。
乾燥していれば問題ないです。もうひとつ聞いたことですが、物置の外側に車用のワックスを掛けると物置の持ちが全然違うと言っておりました。家では春と秋の2回ワックスを掛けていますが、やはり違いが出ますよ。
以上参考まで。

Qスチール物置の設置

自宅の庭にスチール製の物置を置こうと思ってホームセンターでカタログをもらってきました。
読んでみると「基礎工事をして」、「アンカーを打って」といった
素人には無理だと思われる記載があります。
知人のところでは普通のブロックを四隅に置いて、その上に
乗っけていただけだと記憶しています。
カタログでは「きちんとやらないと台風の時・・」といった文言もあり
少し不安になります。

1.やはり、物置にも専用の基礎工事が必要なのでしょうか?
2.サイズなどでも基礎工事の要・不要がありますか?
3.ちなみに工事が必須とした場合、相場ではいくらぐらいなのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.やはり、物置にも専用の基礎工事が必要なのでしょうか?
  いいえ、普通のCBブロックをカタログどおりに並べて御仕舞いです。
  ただ出来ればブロックを敷くところ全体を丸太などで転圧はしたほうが
  ひずみは出なくなります。

>2.サイズなどでも基礎工事の要・不要がありますか?
  上記のブロックを敷くことが基礎工事になります。 要は直接物置と
 地面とが接しないよう及び雨水が物置に停滞しないようにする為に
 ブロックを敷くだけの事です。

>3.ちなみに工事が必須とした場合、相場ではいくらぐらいなのでしょうか。
  上記のNo.1、No.2の通りです。 物置を組み立てたら空の状態にしないで早く満載にして自重を増やすことが台風対策になります。
 過去にこのようなアドバイスにもかかわらずアンカー打ってさえも全部基礎ごっと持っていかれた方がいました。(CBブロックにアンカーを打ってもたいして効果はありません。風はその程度の対策など眼中にありません。
 さらにある程度の大きさの物置の場合は頑強な基礎をやった場合は固定資産とみなされて税金を取られる危険性がありますのであくまでの即撤去可能な基礎で対応しないと損をします。仮設なんですよ。) 

<風除け対策>
風の吹いてくる方向に落葉樹を植える。 これだけでも大分違います。
我が家では物置の北側と南西に「ニシキギ」を植えています。

>1.やはり、物置にも専用の基礎工事が必要なのでしょうか?
  いいえ、普通のCBブロックをカタログどおりに並べて御仕舞いです。
  ただ出来ればブロックを敷くところ全体を丸太などで転圧はしたほうが
  ひずみは出なくなります。

>2.サイズなどでも基礎工事の要・不要がありますか?
  上記のブロックを敷くことが基礎工事になります。 要は直接物置と
 地面とが接しないよう及び雨水が物置に停滞しないようにする為に
 ブロックを敷くだけの事です。

>3.ちなみに工事が必須とした場...続きを読む

Q物置は固定資産税の課税対象?

本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。

非常にファジーな問題ですね。
課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、...続きを読む

Q物置設置時の土台について

コンクリート部分に物置を設置しようとおもっています。
そこで判らないことがあるので教えてください。

1.設置にはレンガ?を置いてから設置しますが、これは何故ですか?
 シロート考えなんですが、レンガを設置するということは
 9箇所設置するとしたら、物置の重さがその9箇所に集中
 するのではないですか?
 そうなると、そこから割れてきたりしませんか?
 それならば、レンガを設置しないで直接コンクリに
 設置したほうが面全体で重さを支えるのでコンクリには
 やさしいように思えるのですが・・・
 この辺をぜひ教えてください。

2.コンクリ部分は排水のために緩やかな傾斜になっています。
 これはどのようにして水平を保つのでしょうか?
 スペーサーとして、木の板とかゴムで水平を取るとしたら
 数年後には変形して結局は水平を保てなくなる
 ような気がします。
 変形しないスペーサーは何か売られていますか?

Aベストアンサー

>1.・・・そうなると、そこから割れてきたりしませんか?
   割れません。 レンガやブロックなどは面全体での強度は意外と高いのです。 
 土やコンクリートの上に直接物置を載せないのは雨水など(湿気も含む)による底板(鉄板)の腐食を防止するためです。
 たとえ家屋の中に設置する場合でも床より一段高くして空気の動きを起こさせたほうが長持ちするんですねえ。

>2.・・傾斜になっています。
 これはどのようにして水平を保つのでしょうか?・・・・
 レンガを傾斜方向に角に置いてから低いほうに当て木をして水平にしただけでも十分です。

 たかが日曜大工程度の物置の設置に過剰に精度を高める施工をしても
時間を食うだけですよ。 家庭内施工は早く安くで」いきましょうよ。

Q物置のアンカー工事って必要??

物置を設置する事になったのですが、アンカー工事が転倒防止で必要と言われました。
中に物を入れるし、そんなに転倒しないように思うのですが必要なんでしょうか?
アンカーをつけると取り壊す時、又手間とお金が必要ですよね。
友達の家とかはそんなに強く勧められなかったようですが、選択の余地なくって感じです。
転倒したとき保障が受けられないって事らしいのですが転倒ってそんなにしないですよね。
皆さんはどうされてますか?
又詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

設置場所が他人の土地の境界近くであれば、台風や大風で転倒したり、移動して他人に被害でた時は補償の程度が補償の責任の度合いが変わるかと思います。
そういった心配がなければアンカー工事は必ずしも必要ないでしょう。何かあれば自己責任と考えていれば良いですね。
転倒は、アンカーが打ってあっても、能登沖地震、三重地震で倒壊したり、大雨で地すべりや洪水につかっったりするなど、100%発生しないとはいえませんね。一戸建ての倒壊が起きる状態ではアンカーが打ってあっても倒壊や移動はおきることもあります。要は何処まで条件を想定するかだと思います。

アンカー工事をすると建築基準法に基づく建築物となって固定資産税の課税対象になるかと思います。アンカー工事で固定していない物置きは移動が可能なため建築物としての課税対象にはならないと思います。市町村の固定資産税窓口に問い合わせて確認してみてください。


人気Q&Aランキング