こんにちは。

「倉橋由美子さん」と「高橋和巳さん」の作品で、一番最初に読むとしたら、どの作品がお勧めですか?
・入りやすい
・長編でない(短編~普通)
・著者のカラーが出ている
などの条件にあてはまる作品を教えてください。
本は、量的にかなり読む方です。
軽いものから、重いもの、現代ものから時代もの
まで、いろいろ幅も広く読みます。
読んだ感想などもありましたら、併せて教えていただけるとうれしいです。
ネタバレも全くOKな人間なので問題ないです。
(普段、あとがきや解説から読むぐらいの人間です)
よろしくお願いします。m(__)m

A 回答 (6件)

2年程前に亡くなった父は、「散華」をよんでいましたね。

私としてはお奨めは、やはり「憂鬱なる党派」でしょうか。あの漢文体の重苦しい雰囲気が出版当時の時代に重なっていたのだとおもいます。
当時は「吉本隆明」「井上光晴」「高橋和己」が3種の神器でしたね。
倉本さんは生憎機会がなくて読んでいません。書評では
長編より短編の方受けが良いようですが。
    • good
    • 0

#3です。


小説ではないですが、当時「孤立無援の思想」という本がありました。おそらく絶版でしょうけれど、高橋
和巳さんの生き様がよく表現されていた様に思います、本の題名からしても。
急になつかしく思いだしたものですから書き加えました。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

north6さん
ありがとうございます。小説ではない本・・・
ノンフィクションな香りがしてなかなかそそられます。
先日「悲の器」が届きました。
まず、字が小さくて「読めるかな」と思いました。(笑)
でも、ほんの少しだけ読んでみたところ、みなさんのおっしゃる「硬派」「かたい」感じがすぐにわかりました、読み応えありそうです。この夏、ゆっくりと腰を据えて読もうと思います。
ご丁寧なアドヴァイスをいただき、うれしかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/28 10:12

倉橋氏の作品についてだけ回答します、高橋氏のもについては複数のお答えがありますので。


「カラーが出ている」短編としては
  「パルタイ」
  「雑人撲滅週間」を推薦します。氏のごく初期の作品です。

あと、印象に残っているのは
  「亜依子たち」 多重人格者を描いたものです。
  「結婚」 

昔は文庫で短編・長編・随筆とたくさん読めたのですが、現在はナカナカないようですね。ことに短編集は古書店をあたるとよいかもしれません。

蔵書の一部を物置に移動させたので、手元にないもののなかで正確なタイトルを思い出せないものが多数あり、残念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

carmelitaさん
詳しくご回答をいただき、ありがとうございます。
「パルタイ」は、新品文庫で、「雑人撲滅週間」は
作品集で入手できそうです。
「バルタイ」は「党」という意味なんですね。
あるサイトの書評に「悪夢を楽しみたい方はお読みください」みたいな事が書いてありました。そそられました。
「亜依子たち」「結婚」は、carmelitaさんのアドヴァイスの通り、古本か、作品集でみつけないとダメなようです。探してみます。
ありがとうございました。 

お礼日時:2004/06/15 16:52

#3です。


誤字がありましたので訂正いたします。

「高橋和己」は「高橋和巳」です。
倉本さんは、倉橋さんです。(倉橋さんすみません)

ところでこのご時世に「高橋和巳」とは、
質問者の方は硬派な方でしょか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

north6さん
ご回答をいただきありがとうございます。
「憂鬱なる党派」、本屋には並んでいませんでした。でもAmazonで注文できそうです。
#1の方が教えてくださった「悲の器」も先日、Amazonで注文しました。

硬派だなんて、とんでもございません。
ただの好奇心です。人がいいと言っている本、評判の本が気になるんです。ジャンルにはこだわらず、いい作品に出会いたいなぁといつも思っています。私にとって読書とは、勉強でも知識のためでもなく、お恥ずかしいのですが、はっきり言って「道楽」です。
教えていただきまして、ありがとうございました!!

お礼日時:2004/06/15 16:30

高橋和巳氏についてだけの回答になります。

すみません。

わたしには「憂鬱なる党派」が面白かったです。文庫で上下2冊ですので、長編はダメと言われたら「わが心は石にあらず」でしょうか。
でもこれも、やっぱり長いですね。

あの世代の、知識人と言われる人びとが「戦後」を生きるとはどんな事だったのか。どのように考え、どれほど矜持を持っていたことか。。。衝撃もありましたが、正直、息がつまるような感覚もありました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mimulaさん

ご回答をいただきまして、ありがとうございます。
「憂鬱なる党派」、Amazonで購入できそうです。

「わが心は石にあらず」は、ちょっと新品では難しいのですが、古本でならありそうです。オークションなどでも探してみます。
「矜持」という言葉、お恥ずかしいのですが初めて知りました。プライドですね。
じっくり読んでみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/15 16:41

高橋和巳なら「悲の器」


ひとことでいうと、法的な関係でないものを法で裁くことはできない。しかしひととして裁かれなければならない。
高橋和巳の短編はあまりすきではありません。

蛇足ですが、高橋和巳の奥さんの高橋たか子の「誘惑者」は読みづらいものがあるものの、人間の不合理な内面を描写していてよかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kikiki99jpさん
さっそく、ご回答をいただきありがとうございます。
『悲の器』少し、調べてみました。
デビュー作ですね。知識人の破滅を書いた作品とありました。こういうのは、興味のあるテーマです。
高橋氏は、ガンで早くに亡くなっているんですね。
今日の帰りに本屋に寄って探してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/11 17:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライトノベルのお勧め長編作品を教えてください。

ライトノベルのお勧め長編作品を教えてください。

・8冊ぐらい、もしくはそれ以上の巻数がでている、3冊ぐらいでもOK
・ファンタジー、SF風な世界観の冒険もの
・でも現代ものでも学園ものでもイケます
・ラブコメの要素がある
・女の子が可愛い
・男の子が可愛くてOK
・文章があまり癖がなく、読みやすい
・展開が上手くて、とにかく続きが気になり、途中でやめられない
・できれば既に完結しているシリーズ

上記のいい加減な条件にあてはまってても、あてはまってなくても構いません
ライトノベルでなくても構いません
とにかく面白くてがっつり読める長編シリーズを教えてください

Aベストアンサー

自分も川上稔先生の「終わりのクロニクル」全14冊を超お勧めします

正直これ以上に質問者様の希望に合致したラノベを上げるのが難しいです

ファンタジーかつSFかつ現代学園ものかつラブコメあり女の子も男の子も可愛く
展開が素晴らしく続きが気になり途中でやめられなく、完結している
唯一の難点は一冊一冊が分厚すぎて読んでいて手が疲れる位でしょうか

伏線の張り方が上手すぎて感動を覚えるくらいです1巻から匂わされていた伏線が13巻で
見事に(本当に見事すぎて、今までヒントがあったのに気づかなかった自分に唖然としました)
回収される様はそれだけで一読の価値ありです。

今は境界線上のホライゾンを書かれていますが、こちらもお勧めです
現在6冊まで発売中で9月に7冊目(正式な巻数表記では3の下ですが)が発売予定で
自分は楽しみで楽しみでしょうがありません

是非是非お勧めしますので、一読をお願い致します

あとは「デルフィニア戦記」と「卵王子カイルロッドの苦難」もお勧めします。
両方とも完結済みのラノベで傑作ですのでラノベ好きなら躊躇無くお勧め出来る作品です

以上です

自分も川上稔先生の「終わりのクロニクル」全14冊を超お勧めします

正直これ以上に質問者様の希望に合致したラノベを上げるのが難しいです

ファンタジーかつSFかつ現代学園ものかつラブコメあり女の子も男の子も可愛く
展開が素晴らしく続きが気になり途中でやめられなく、完結している
唯一の難点は一冊一冊が分厚すぎて読んでいて手が疲れる位でしょうか

伏線の張り方が上手すぎて感動を覚えるくらいです1巻から匂わされていた伏線が13巻で
見事に(本当に見事すぎて、今までヒントがあったのに気づかなかった...続きを読む

Q小説作品で、人間の言葉を話すカラス、もしくはネズミが登場するものを教えてください。

人間の言葉を話すカラス、もしくはネズミが登場する小説作品を教えてください。

小説作品がない場合、漫画、映画、ドラマ作品でもかまいません。

カラス、ネズミ以外の動物が人語を操る作品についても、教えていただけたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直木賞受賞作品の「鹿男あをによし」ではネズミが片言の言葉を喋っていますよ。
とても面白い小説です♪

Q長編ではなく、一話完結(?)もの

長編小説ではなく、短編もの?(その本を通して登場人物は同じで、話し自体が1話で完結する)小説でおすすめを教えてください。

今まで読んだ中で好きなのは
 ・平岩弓枝『御宿かわせみシリーズ』
 ・宮部みゆき『ステップ ファザー ステップ』
 ・畠中恵『しゃぼけシリーズ』
 ・東野圭吾『ガリレオシリーズ』
宮部みゆきさん・東野圭吾さんの短編ものは、だいたい読んでます。
登場人物に好感が持てるもの、人間関係が面白いものが好きです。

Aベストアンサー

坂木司「青空の卵」シリーズ
人嫌いでひきこもりがちな鳥井の目を外の世界に向けようと、自分の周りでおこった不思議の話をする僕。謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長の物語。

同じ作者の「シンデレラ・ティース」「切れない糸」もおすすめです。
どれも「日常のちょっとしたナゾ」系のお話です。

Q「RPG」のあとがきで・・・

宮部みゆきさんの「RPG」という小説のあとがきで、
ミステリーとしては大変基本的なルール違反をしている部分があり、
地の文で真実ではない記述がある、
とありましたがどういうことなのか分かりません!
他のサイトも色々調べたのですが
ハッキリと書かれているところがなく、ずっと悩みっぱなしです。
分かる方教えて下さい!!
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

あまり詳しく書くとネタバレになってしまうのですが、
ミステリーには、例えば、犯人当てする場合、
探偵側と読者側には、与えられる情報が、双方にフェアでなければならない、という大前提があると思うのです。
登場人物・なぞの女「花子」は、実は象の花子だったんだよ~ん、なんて最後に言われても、それはないよぉ、それじゃぁ読んでる方にはわからないよ! となりますよね。そういう最低限の情報基本ルールをこの小説は違反していると言えば言えますよね? (最後に、えぇっ、彼らは……… なぁんだ、そうだったのか、ってことで) (^^) 
でも、そうしてまんまと騙されても、そりゃぁないよ、と文句言う前に、宮部みゆきの構想のみごとさに圧倒されるところがすごいですよね。

何だか訳の分からない書き方をしましたが、
参考になりましたら幸いです。

Q15年以上前に読んだSF作品です

 以前に図書館で読んだ二作品が気になっています。どちらも、子供向け(小学校の高学年から中学生むけ)のレーベルの作品でした。

 一つは、ラッキー・スターという名前(ニックネームの可能性も)の男性が主人公で、太陽系を舞台に、トラブルを解決するストーリーでした。結構たくさんシリーズが出ていそうなのですが、読んだのは二冊ほどだけだったと思います。学者ないしは、研究者のように、宇宙旅行の専門家ではなかったと思います。

 もう一つは、もっとあやふやな記憶で・・・「レンズマン」と同じレーベルの作品で、「レンズマン」が奇数ならば、その作品は偶数巻といった感じになっている、変則的な構成でした。
 主人公が、宇宙人に保護されて治療を受け、その時の食事が印象的で、どろっとした半固体状のものだったような記憶があります。こちらの主人公は、軍人か宇宙飛行士のような、専門家だったと思います。

 ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国際こども図書館のサイトで「ラッキ-・スタ-」と「レンズマン」でタイトル検索してみたところ、お探しのものではないかと思われるものがありました。
http://www.kodomo.go.jp/resource/search/toc.html

1.について
木星のラッキ-・スタ- / ポ-ル・フレンチ

出版社は岩崎書店でSFロマン文庫(1986)とSF少年文庫(1973)の2種類がありました。


2.について
ポプラ社のSF冒険文庫シリーズ(1984)がそのような発刊構成でした。

1.銀河戦士レンズマン / E.E.スミス
2.なぞの宇宙基地 : 宇宙戦士キ-ル・ランダ- / ダグラス・ヒル
3.銀河戦士レンズマン対宇宙海賊 / E.E.スミス
4.恐怖の改造人間 : 宇宙戦士キ-ル・ランダ- / ダグラス・ヒル
5.銀河戦士レンズマン危機一髪 / E.E.スミス
6.黄金のサイボ-グ : 宇宙戦士キ-ル・ランダ- / ダグラス・ヒル
7.レンズマンの反撃 / E.E.スミス
8.最後の惑星戦争 / ダグラス・ヒル
9.スタ-・キング銀河大決戦 / E.ハミルトン
10.時をかける宇宙遊撃隊 / J.ウィリアムスン

お探しのものは、2・4・6の宇宙戦士キ-ル・ランダ-か、8・9・10のその他の作品のいずれかではないかと思われましたが、それ以上は調べることができませんでした。もしかしたら実際に読んだ方が回答を寄せてくれるかも知れませんので、とりあえず参考までに。

なお、書店のサイトで調べましたが、全て絶版となっていました。お近くの図書館でならご覧になれる可能性もあると思いますので、とりあえず図書館へのリンクページを載せておきます。
http://www.jla.or.jp/link/public.html

参考URL:http://www.kodomo.go.jp/resource/search/toc.html,http://www.jla.or.jp/link/public.html

国際こども図書館のサイトで「ラッキ-・スタ-」と「レンズマン」でタイトル検索してみたところ、お探しのものではないかと思われるものがありました。
http://www.kodomo.go.jp/resource/search/toc.html

1.について
木星のラッキ-・スタ- / ポ-ル・フレンチ

出版社は岩崎書店でSFロマン文庫(1986)とSF少年文庫(1973)の2種類がありました。


2.について
ポプラ社のSF冒険文庫シリーズ(1984)がそのような発刊構成でした。

1.銀河戦士レンズマン / E.E.スミス
2.なぞの宇宙基...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報