【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

友人が私が持っているのと同じヤマハのYFL-787Hを使っているのですが
最近、ニッケルメッキにしたそうなのです
たしかに、自分が持っているプラチナメッキのものと比べるとすこし黒光りしているように感じます。

私がフルートを始めてた時に使っていたのはJマイケルの一番安いニッケルメッキのフルートでした
結局そのフルートはいろいろなところが変色してきたので修理をしてから一度も使わず
YFL-787Hに乗り換えたのですが
そのJマイケルは購入して約半年ほどでリッププレートにくすみが出てきて
次第に全体へと変色が広がりました。

友人のフルートを見てそのことを思い出したのですが
ニッケルメッキについて調べました。
「ニッケルメッキされたフルートは変色や錆に強い代わりに、音はやや硬めで、若干滑りやすい特性があります」
という文章を石橋楽器のホームページで見かけたのです

「変色や錆に強い」私のJマイケルは錆びてはいませんが
変色が酷くヤマハのメタルポリッシュを使ってやっと綺麗になりますが
それでもすぐに変色します。

ニッケルメッキのフルートは本当に変色や錆に強いのでしょうか?

よくJマイケルは中国製だからメッキも適当ですぐにハゲるなんてことを耳にしますが
そういう中国製だからという理由以外で

回答お願いします。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます
    私が使っていたJマイケルのフルートは
    銀メッキではなくもう廃番になっていますが
    当時はまだ、ニッケルメッキのものでした。(約4年ほど前の1番安いモデル)

    知りたいことは「ニッケルメッキは本当に変色しにくいのか?」
    ということです。

    友人がなぜYFL-787Hをわざわざニッケルメッキにしたかというと
    友人曰く重苦しい音色が好きだからという理由だそうです

    そのフルートを吹かせてもらったのですが
    私は元の銀メッキよりも抵抗感がなく軽い吹奏感がしました。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/02/02 20:09

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1です。


ニッケルメッキは、腐食に強いのは確かですが、空気中では、銀の様に酸化すると艶がなくなりますし、酸化皮膜は、表面の滑らかさを失います。
銀よりは変色しにくいことはそのとおりです。YFL-787Hは銀メッキでは無く、銀で出来ているのです。銀のお掃除メンテが面倒ならば、ニッケルメッキは有効でしょう。しかし、ニッケルメッキの酸化皮膜も述べたとおりなので、磨かないと厳密に云うと気流の乱れを生じるのは銀と同じでしょう。
私は、演奏家ではありませんので、メッキ素材による音色の違いに対しては明確ではありません。
銀無垢材より、ニッケルメッキがよいかどうかに付いても明確ではありません。悪しからず。
    • good
    • 0

ヤマハYFL-787Hは、銀製フルートです。

何故にニッケルメッキを施したのでしょうか。
確かに、銀は空気中に放置して置くと、酸化してねずみ色に変色します。
手入れは、ドイツ製の金属みがき「ヴェノール」が一番良いとおもいます。
脱脂綿などに、ヴェノールをつけて拭くと、すぐに酸化皮膜がきれいにとれて、銀本来の美しい輝きになります。その後柔らかいウエスできれいに拭ききってあげるだけで充分です。
銀は、金属の中で一番輝きの明るい金属です。手入れをきちんとすれば、メッキの必要などないのです。但し、銀はすぐに酸化しはじめますから、美しいまま継続保存しておきたいならば、ケースに分解収納するときに、それぞれをビニール袋でくるむのです。これだけで、相当長期間酸化せずに、美しさを保ちます。わざわざニッケルメッキを施す必要などありません。少しの管理手数で済むのです。

中国製Jマイケルは本体が、洋白(ニッケルシルバー=銅と亜鉛の合金です。)です。これに銀メッキを施したものです。ヤマハYFL-787Hは、数段レヴェルが上です。
洋白は、錆ます。銀は錆びません、酸化するだけです。ですから上に書いたように、手入れをすればよいのです。残念ですが、ニッケルメッキを施したことで、逆に汚くなります。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校生が使うようなフルートはいくらぐらい??

高校に入学した子供から、フルートをねだられています。。。

子供は大きくなっても使うことを考えてらしく、そうゆうものだと大体30万(‘_‘)ぐらいと言われたんですが、私は楽器のことは全然わからないため何ともいえません。

どなたか、詳しい方回答御願いいたします。

たくさんの方から回答希望します。

Aベストアンサー

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されているとおり、フルートという楽器はその材質により、数万円から200万円以上というものまであります。
また、(これは楽器全般にいえることなのですが)パソコンのようにどの価格帯が売れ筋ということもあまり考えられず、価格の面で強いて言うならば"奏者の技量とおおよそ比例する"ということぐらいでしょうか。いくら高価なものであっても初心者や初級者では到底吹きこなせませんし(場合によっては音すら出せない)、逆にそれなりに熟練した方だと低価格のものではその技量が十分に発揮できない、ということもありえます。(ただし上級の方はうんかな楽器もそれなりにうまく吹きこなすと思います)
そんなわけですので、#10のnoopeeのご回答と同じく、何種類課の楽器を試走されることをお勧めします。楽器というのは"生物である"という方もいらっしゃるくらいで、同じ種類、型番の楽器でも一つ一つの楽器で微妙な違いがあります。実際に演奏されてみて自分にあったものを探す、というのがいいと思います。

ただ、やはり・・・・そうですね。これからも長く使いたいということを考えれば30万円程度のフルートは妥当ではないでしょうか。
フルートはトランペットと同程度の安さのものもありますが、高級なものとなるとかなり値が張ってしまいますので、ますばこれくらいのもので様子を見る、というのもよろしいかと思います。
もっとも、さらに上級の楽器がほしい、とお子様が思われるころにはご本人もそれなりの年になり自分で楽器を買うぐらいの余裕はあるでしょうし・・・(^-^;

ちなみに、私も3ヶ月ほど前に親に楽器を買ってほしいと頼んだことがありました。私が吹奏楽始めたのは高校入ってからでそれ以前は楽器演奏の経験はまったくありませんでしたので、経験は1年半ほどです。
そこで私が選んだのは、ビュッフェ・クランポンで実売70万円のものでした・・・(汗)
当然、親から反対されたのは言うまでもありません(苦笑)
しかしバスクラはその種類が少なく、プラスティック管などの特殊なものを除けば最低でも50万円以上する代物です。そのあたりの事情を話し親を説得したところ、「卒業時に車要らないってのなら考えてもいいよ」とのこと。
その話を聞き、正直、迷いました。というか、未だ結論出てません(汗)
まぁ、これくらい引き合いに出されるのは当然のことですよね。やっぱり、楽器って高いです(汗)

ちと話がそれましたが、やはり楽器は一生物ですからじっくりとご検討されることをお勧めします。
なお、地方にお住まいなどの理由でなかなか楽器を手にとって見る機会が少ない、ということであればインターネットショッピングという手もあります。(ついに楽器の世界までインターネットが進出してきたのですね(笑))
しかしその場合は(当然のことですが)"試奏"ができません。
そこで、プロの奏者の方が一本一本の楽器を実際に試奏をそれてよいものだけを選び出した「(プロ)選定品」というものを取り扱っているところもあります。
このようなものを目安に選ばれるのも一考ではないでしょうか。
(参考URL2つ目の長江楽器でも選定品を取り扱っています。なかなかに種類豊富な楽器屋さんで私も良くお世話になっています(リード購入など))

以上、取り留めの無い回答でしたがご参考になりましたでしょうか?
なかなかに値段の張るものですから、お子様とよくご相談の上、ピッタリの楽器を見つけてください(^-^)
それでは失礼いたします。

(りく)

参考URL:http://www.sugita.co.jp/newpage179.htm,http://www.nagae-g.co.jp/shopping/

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されていると...続きを読む

Qフルートは独学では無理でしょうか

過去ログを読ませてもらいましたが、どれもこれも「フルートは独学では無理」といったご意見で一致しています。しかし今はDVD付きの教材がたくさん出ているので、状況は変わっているのではないでしょうか。

私はとりあえず1500円の教材で始めましたが、音はちゃんと出ていると思っています(頭部管だけの音出しです)。それでもやっぱりどこかで挫折するものでしょうか。

また、楽器(フルート)はヤマハのYFL-211というモデルを中古(3万円)で買いました。楽器についても過去ログによれば10万円以下のものは使いものにならないみたいなことが書かれていますが、私の買った楽器はとりあえず音が出ています。でも、そのうち我慢できない状況になるのでしょうか。

以上、よろしくご回答くださいませ。

Aベストアンサー

こんにちは
#1の補足です。
>スクールに通えればいいのですが、ヤマハで月に1万円もします。年間で12万円です。趣味にこれだけの出費というのはあまりに贅沢すぎると思うのですが、楽器を習う人というのは富裕層なんだな~と思うのは私だけでしょうか。

 ヤマハのカリキュラムだとそうなるのでしょうが...

 初心者のレベルの内は、姿勢やアンブシュア、楽器状態、基礎的な技術練習のためのエチュードなどを3ヶ月ぐらいは見て貰った方がいいと思いますよ。
 普通、1回\4000~6000ぐらいなんですけれど...

 最初の内は基本的な演奏技術が出来ないので一人で頑張る時間が多くなり、その段階でたくさんお金を払っても無駄のような気がします。最初は月2回、翌月からは月1回ぐらいが社会人の許せる限界かと思います。
 一度、無料の体験入学(たぶん30分ぐらい)とかチャレンジしてみたらいいんじゃないですか(^^;?
 鏡を見て一人で練習するのもいいけれど、先生や他の生徒さんとのコミュニケーションも楽しいですよ(笑)

Qフルートを吹くのは難しい?

ピアノとバイオリンを弾く者ですが、最近楽器店にちょこちょこ行ってるうちにフルートにも興味を持ってしまいました。フルートは吹けるようになるまで難しいですか?個人差はあると思いますが、一般的な事で構いませんので、どなたかご存じの方教えてください。フルートはきっとバイオリンに比べると音量が小さい気がするけれど、合奏なども可能ですか?どのような楽器と合奏することが多いのでしょうか。あと、フルートの楽譜はピアノやバイオリンのような物とは異なるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。以前 フルートの講師をしていました。
フルートは きちんと教えてくれる人がいれば
音を出すのはそんなに難しくありません。
教えてくれる人がいなくても 初めからすんなり出てしまう人もいます。
ただし フルートらしい音になるには それなりの時間が必要です。
私も幼い頃には よく母親から「豆腐屋のラッパ」とからかわれました。

音量そのものは 上達するにつれて大きくなるものです。
本来ならば 1対1でしたら ヴァイオリンよりも大きな音のする楽器です。
(ただし 強弱の幅は ヴァイオリンに負けますが・・・)

フルートは ピアノと違って 単旋律の楽器ですので
アンサンブル(合奏)してこそ 楽器の醍醐味が味わえるというものです。
ピアノ伴奏を従えてもよし。フルート同士でもよし。
もちろん 他の管楽器や弦楽器との相性も○です。
近年は「フルート・オーケストラ」が 各地にできていますよ。
市民オケも吹奏楽も。

楽譜は 当然フルート用に書かれたものが 1番扱いやすいのですが
どの楽器用に書かれたものでも(移調楽器でない限り)
ドレミを読みこなせる人であれば 普通に使えます。
ピアノの楽譜の場合には 旋律部分をフルートが担当して
その他の音を ピアノの人に弾いてもらえば
そこがちょうど伴奏パートになります。

どうぞ フルートの音楽を楽しんでくださいね♪

こんにちは。以前 フルートの講師をしていました。
フルートは きちんと教えてくれる人がいれば
音を出すのはそんなに難しくありません。
教えてくれる人がいなくても 初めからすんなり出てしまう人もいます。
ただし フルートらしい音になるには それなりの時間が必要です。
私も幼い頃には よく母親から「豆腐屋のラッパ」とからかわれました。

音量そのものは 上達するにつれて大きくなるものです。
本来ならば 1対1でしたら ヴァイオリンよりも大きな音のする楽器です。
(ただし 強弱...続きを読む

Qフルート・自分だったらこれを買う!という物を教えてください。

先日もフルートについて質問させていただいた者です。実際にフルートの購入を考えたので、またアドバイスをいただきたいと思っています。よろしくお願いいたします。バイオリン・ピアノを弾く者なのですが、最近フルート奏者と友達になり、やってみたくなりました。独学でなくレッスンにつくつもりです。(そのレッスンも今、ヤマハにするか村松にするかで迷っているところです。よろしければこの件についても何かアドバイスがあればお願いいたします。)フルートも憧れの楽器と言うことで早く手にしたいという気持ちと、前回バイオリンを購入した際に「じっくり慎重に、音色が取りあえずわかるようになってから」という気持ちでい迷っています。。迷っている内容としては
1・最初は安い物(とは言ってもきちんと調整?されている物)を買い、そのあと  音色がわかるようになってから高価な物を購入する。
2・安い物は初心者の足を引っ張るので、最初から良いものを購入する。
3・無料体験レッスンなど、最初のうちは借りておいて、それから購入を考える。
などです。みなさまだったらどれを選択しますか?
それと、表題の質問なのですが、フルートも調べはじめると沢山のメーカー、種類があって、どれがいいのか迷っています。ということで、ここからは全くの個人的な意見で構わないのですが、もし自分が購入するなら、または実際に購入した物で「これは良い!」という物を教えてください。あと、最後に値段です。初心者で、一応ずっと続ける気のある私にどの位の値段の楽器を薦めますか?なんだかいろいろな質問が混ざっててすみません。でも過去の質問を見ていて思ったのですが、フルートに関しての回答をされる方は他に例にないくらい?とっても丁寧で親切であるように思うのです。それもあってかなり甘えてしまっています。質問が多いので答えられる物だけでも構いません。よろしくお願いいたします。

先日もフルートについて質問させていただいた者です。実際にフルートの購入を考えたので、またアドバイスをいただきたいと思っています。よろしくお願いいたします。バイオリン・ピアノを弾く者なのですが、最近フルート奏者と友達になり、やってみたくなりました。独学でなくレッスンにつくつもりです。(そのレッスンも今、ヤマハにするか村松にするかで迷っているところです。よろしければこの件についても何かアドバイスがあればお願いいたします。)フルートも憧れの楽器と言うことで早く手にしたいという気...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。私はヤマハの楽器でずっとやってます。
全くの初心者であれば、比較的安いものでも安心なヤマハをお勧めします。
これは、他社の安い物はダメというより、極端に安い聞いたことのない様なメーカーのマガイモノに当たってしまう事を避けるためです。
ちゃんとしたメーカーはそんな極端に安い物は出してません。最低でも5万円クラスでしょう。

ある程度の音楽の経験のある方ですと、音色に好みがかなり出て来ると思われます。
フルートの場合、音色は主に材質で変わります。
主に洋銀、銀、銀合金、金合金、プラチナ・・・などとありますが、値段の安い洋銀が悪いという訳ではなく、管体の厚さでずいぶん変わります。
外国のモデルでは軍楽隊用に鉄でできてるなんてのもあるようです。
ちなみに外国のモデルはあまりお勧めできません。微妙な違いですが、やっぱり日本のモデルは日本人の体格に合わせて作ってあります。

ですから、音色の好みまで言われるレベルでしたら、お友達に吹かせてもらって、取り敢えず音が出せる状態になってから、買いに行かれるか、お友達同伴で音を聞かせてもらって買うのをお勧めします。
買いに行った時、実際に吹いてみて、好みの音色の物を選ぶのが一番でしょう。
ムラマツ、ミヤザワ、サンキョウ、パール、といった名の知れた所がいいと思います。
特に合金の場合はそのメーカーの特許になってる事が多いので、他社では作れませんし。
できれば、その会社を巡られると相当いいことがあると思いますよ。

それから、ある程度の苦労をいとわないのなら、リングキーの物をお勧めします。
これも実際に買うときに試し吹きさせてもらって「どうやっても無理」?って思うかどうかで決めるといいでしょう。

こんばんは。私はヤマハの楽器でずっとやってます。
全くの初心者であれば、比較的安いものでも安心なヤマハをお勧めします。
これは、他社の安い物はダメというより、極端に安い聞いたことのない様なメーカーのマガイモノに当たってしまう事を避けるためです。
ちゃんとしたメーカーはそんな極端に安い物は出してません。最低でも5万円クラスでしょう。

ある程度の音楽の経験のある方ですと、音色に好みがかなり出て来ると思われます。
フルートの場合、音色は主に材質で変わります。
主に洋銀、銀、銀合...続きを読む

Qフルートの買い替えについて。

はじめまして。私はいま高校の吹奏楽部でフルートを吹いています。
中学時代は個人レッスンで習っていたので、フルート歴は4年目で、使っているフルートはYAMAHAのYFL-211(値段は8万円位)です。
フルートを始めて楽器を購入するときに、先生にはムラマツのEX MODEL(18万円位)を勧められたのですが、金銭的にも厳しく今の楽器を買いました。(ちなみにパート内の同級生2人はこれを使っています)
しかし最近、音がちょっと良くない。とか、もっとのびのある音を出したい。など物足りなさを感じるようになりました。
まだまだ楽器はキレイですし、新しい楽器を買うのはどうかな・・・とも思うのですが。

やはり買い換えたほうが良いのでしょうか?そしてそうすると、どのメーカーのいくら位のものが良いのでしょうか?
色々聞いてしまい申し訳ないのですが、どうかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
アマチュアですが長年フルートを吹いているものです。 
私の経験から言わせていただくとやはり「物足りなさ」を感じたときが買い替えの時期かと思います。多分、今のフルート以上の実力がついたのでしょう。

ただ、フルートは素材で金額が大きく変わりますので親御さんとの相談次第、ということになりますね。私もできれば次は総銀をおすすめします。頭部管だけ銀にする手もありますが多分すぐに物足りなくなると思いますので。

ずっと長くフルートを続けるつもりなら相談してみたらいかがでしょうか? 私は「あとからバイトして返すから」と言って拝み倒して買ってもらいました。
国産の有名メーカーの総銀ならばやはり4~50万くらいはかかりますので、覚悟して拝み倒してください(笑)

もし、親御さんのOKが出たらメーカーによって音色などに特徴がありますので吹き比べてみてください。先生がいらっしゃるのなら一緒に行ってもらうほうがいいと思います。自分にしっくりと来る1本が見つかるはずです。

気に入ったものを手に入れれば、もっともっと上手くなります。吹けなかった曲が吹けたりもするものです。その効果は絶大だったりしますよ。

こんにちは。
アマチュアですが長年フルートを吹いているものです。 
私の経験から言わせていただくとやはり「物足りなさ」を感じたときが買い替えの時期かと思います。多分、今のフルート以上の実力がついたのでしょう。

ただ、フルートは素材で金額が大きく変わりますので親御さんとの相談次第、ということになりますね。私もできれば次は総銀をおすすめします。頭部管だけ銀にする手もありますが多分すぐに物足りなくなると思いますので。

ずっと長くフルートを続けるつもりなら相談してみたらいかが...続きを読む

Qソナーレのフルート

フルート初めて1ヶ月の初心者です.頭部管:銀製,頭部管,管体:銀製のフルートの購入を考えています.ソナーレのフルート(頭部管,管体:銀製,新品)が18万(定価27万)で買えそうなのですが,買おうか迷っています.ソナーレフルートについては,教えて!goo,ブログなどでも,情報がないので,どのような特徴のフルートか吹いた事がある方がいましたら,教えてください.ムラマツ,ミヤザワ,サンキョウなども含めて検討しているので,これらのメーカーとの違いなどもコメント頂けるとありがたいです.18万はかなりお得だと思い購入に踏み切ろうとしていますが,ずばりお薦めか,考えなおした方が良いかもコメントを頂きたいです.ひとつの項目でも良いのでご回答お願いします.

Aベストアンサー

#1です。

>管体も銀のフルートでは,やはり音色は変わってくるものなのでしょうか?総銀はさらに変わるのでしょうか?

もちろん、管体材質が変われば、音も変わります。

>素人的なイメージだと頭部管のみ銀>>>管体銀>総銀で,管内を空気が振動して音がでるので,管体銀と総銀はあまり差がないように考えてしまいます.

「管内を空気が振動して音がでる」だけではなく、同時に楽器全体が振動した成分も音色に加わって来るのです。

洋銀製と銀製の頭部管を叩いた音は、音楽に詳しくない人でも差がわかるくらい違います。
洋銀は「キーン」という金属音が数秒間続きますが、銀は叩いた瞬間の「コッ」という音だけが出て、すぐに減衰してしまいます。
つまり、管体に、音色に悪影響を及ぼす様な不要な定常波が滞在しにくくなり、メーカーの狙った(管内だけの)音質に近付けられるのです。
専門的に言えば「銀は、内部損失が高い材質である」と言うことです。

音色的には、ある程度内部損失の高い材質が良いのですが、これにはデメリットがありまして、奏者が一生懸命エネルギーをかけて吹いたものが、「損失させられてしまう」という側面を持っているのです。

つまり、パワーのない人や、上手に鳴らせるコツが身に付けていない人が吹きますと、楽器が鳴って来ないのです。
銀を使う部分が増えて行くに従って、奏者にパワーや(鳴らす)テクニックが要求されて来ると言うことです。

上級者にとりましては、適度な損失があることが、「思う存分パワーをかけて鳴らせられる」というメリットになります。
洋銀製の楽器は、パワーをかけ過ぎますと飽和してしまいます。(苦しそうな音色になります)

>日本のメーカーだと頭部管のみ銀製のものになりそうですが

この組み合わせが、パワーやテクニックのあまりない初心者でもフルートの楽しさが味わえる、回答の一つになっていると思います。
頭部管のみを銀製にし、キーメカニズムも楽器として機能する十分な品質となるようにバランスしますと、だいたい20万円くらいになります。

>管体は台湾製だそうです

ならば、キーメカニズムが頭部管と釣り合うくらいの品質である可能性は低いでしょう。

ソナーレが18万で、他の日本製同クラス品は23万円くらいが実売の相場ですから、その差は5万円くらいでしょうか。
「はずれ」の楽器に当たり、何回も調整に出す様なことになりますと、こんな差はすぐになくなりますし、かえって高く付くこともあります。

#1です。

>管体も銀のフルートでは,やはり音色は変わってくるものなのでしょうか?総銀はさらに変わるのでしょうか?

もちろん、管体材質が変われば、音も変わります。

>素人的なイメージだと頭部管のみ銀>>>管体銀>総銀で,管内を空気が振動して音がでるので,管体銀と総銀はあまり差がないように考えてしまいます.

「管内を空気が振動して音がでる」だけではなく、同時に楽器全体が振動した成分も音色に加わって来るのです。

洋銀製と銀製の頭部管を叩いた音は、音楽に詳しくない人で...続きを読む

Q総銀製フルートの選び方について

フルート暦3年です。先生に「そろそろ総銀製に買い換えてもいい時期です」と言われました。山野楽器に行って、いろいろなメーカーの総銀製を吹かせてもらいました。2回行って、最後に残ったのはムラマツのDXとアルタスのA1307の2機種です。この2つからどうしても絞り込めません。あえて選ぶなら、吹きやすいかな~?と思ったのはアルタスのような気がします。ただ、今時点で吹きやすさだけで選ぶのは間違っているような気がして(ムラマツは特に、吹いて3年くらい経たないと、楽器が馴染んでこないと聞くので)悩んでいます。夫はギターやピアノを弾くのですが、「俺ならギターを買うときは、やっぱり時計でいうロレックスを選ぶ(つまりフルートの世界ならムラマツ)」と言います。金額的にはこの2機種だと、結局10万くらい違うのですが、これだけの買い物するときに10万くらいで決めるものではない(つまり安いからアルタスという考えは良くない)と夫は言ってくれるので、さらに迷ってます。「3年後、5年後に吹いていたい」と思わせる楽器ははたしてどちらなのか、アドバイスお願いします。因みに、先生はアルタスのPSを吹いています。過去にムラマツを吹いたけど、どうしても自分には合わなくて、PSに出会って「これだ!」と思ったそうです。でも私は、たぶん、今回買う総銀製が一生ものになると思いますので、ブランドに左右されるのは間違っているかもしれませんが、フルートといえばムラマツといわれるほどのブランドを買うのも正しい気がして、困っています。

フルート暦3年です。先生に「そろそろ総銀製に買い換えてもいい時期です」と言われました。山野楽器に行って、いろいろなメーカーの総銀製を吹かせてもらいました。2回行って、最後に残ったのはムラマツのDXとアルタスのA1307の2機種です。この2つからどうしても絞り込めません。あえて選ぶなら、吹きやすいかな~?と思ったのはアルタスのような気がします。ただ、今時点で吹きやすさだけで選ぶのは間違っているような気がして(ムラマツは特に、吹いて3年くらい経たないと、楽器が馴染んでこないと聞くので)悩...続きを読む

Aベストアンサー

私はローレックスは好みに合いません。オメガの方がずっと素敵に思います。 ピアノならば、ベーゼンドルファに気に入るものはほとんどありません。スタインウェイの方がずっとしっくりすることが多いです。でも、個体差は大変大きく、自分にとって良い楽器には、初めて触れたときから、大いに心惹かれます。これは価格が高いから良いわけでも、好きなブランドだから気に入ったわけでもありません。やはりその楽器が私に語りかけてくる、その違いです。でもその語り掛けには「あなたにはちょっと無理かもね」というような挑発的なものもあります。私が買ったハンブルクのModel D が、まさにそうでした。でもその魅力に引き込まれながら弾き込んでいくと、楽器がだんだんと心を開いてくれるものです。そして本当に自分の楽器になっていきます。そのきっかけは、ブランド名ではありません。突き放されるかもしれないけれど、でも最初から語りかけがあるのです。

そんなことを思うとき、あなたの先生の言葉、「過去にムラマツを吹いたけど、どうしても自分には合わなくて、PSに出会って「これだ!」と思った」という言葉はとても大きなヒントではないでしょうか。 

『これだ!』というものがなく、二つの間にはさまれて迷っているというのは、おっしゃるように、ご自身の本当に探しているフルートにまだ出会っていない、ということだと思います。

ここでの「レッスン」は、ブランドにこだわらないということと、これだ! と思うものを見つけるまで、試し続けること、この二つのような気がします。 チャンスは必ずあります。そのときまで気長に楽しんでいただきたいなあ、と思います。

私はローレックスは好みに合いません。オメガの方がずっと素敵に思います。 ピアノならば、ベーゼンドルファに気に入るものはほとんどありません。スタインウェイの方がずっとしっくりすることが多いです。でも、個体差は大変大きく、自分にとって良い楽器には、初めて触れたときから、大いに心惹かれます。これは価格が高いから良いわけでも、好きなブランドだから気に入ったわけでもありません。やはりその楽器が私に語りかけてくる、その違いです。でもその語り掛けには「あなたにはちょっと無理かもね」とい...続きを読む

Qフルートの音色

私の子供(小学生)が吹奏楽部でフルートを吹いています。
学校のフルートの種類はヤマハのYFL-211です。
家にはJマイケルのFL-300Sがあります。
で、近いうちに学校でミニコンサートがあり、そこで子供が家にあるフルートでコンサートに出たいといっています。
インターネットで調べたら、学校と家のフルートでは、だいぶ値段が違っていたんですが、やはり音色も違うんですか?
もし、1人だけ音色が違い目立ってしまうのであれば、学校のフルートで出てもらいたいと思っています。
たいして音色が変わらないのであれば、小学6年なので最後の思い出として、マイフルートで演奏してもらいたいです。
フルートに関して何か知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

アマチュアですがフルート演奏をしているものです。中学校や高校の吹奏楽部に指導を依頼されてフルートパートの指導をさせてもらうこともあります。その経験で答えさせていただきます。

まず、楽器の違いですが、どちらも洋白製銀メッキですので、材質は一緒です。ただ、作りが違うので音色は違います。しかし、お子さんがどの程度の実力か分からないのに失礼なことを申すことになるかもしれませんが、中高生の指導をしている経験からしても、小学生が楽器の音色の違いを引き出せるほどの実力をお持ちとは考えにくいのです。高校生でも、かなり力を入れてクラブ活動している部の生徒でもない限り楽器の個性を活かした演奏をする方はいません。
あと、参考にしていただければと思いますが、私が所属してるアマチュア楽団のフルート奏者は、皆楽器がバラバラです。ですから当然みんな音色も違います。でも、人の楽器を吹かせてもらうこともあるのですが、メーカーが違っても(当然全く同じではないですが、だいたい)いつもの自分の音が出ます。管楽器、特にフルートは楽器だけではなくて、唇、口の中の広さ、鼻腔の広さ、歯並び、吹き方などでも音色が変わり、楽器の違いよりもこれらの方が音色に対する影響は大きいと思います。
ですので、お子さんの希望に添ってあげて問題ないでしょう。どちらを吹かれてもそんなに大きく違う音がするとは考えにくいですし、同じ楽器を吹けばみんな同じ音色になるという事はあり得ませんから。

ただ、お節介かもしれませんがJマイケルはあまり良いメーカーではありません。言い過ぎかもしれませんが、私は粗悪な品を作るメーカーと認識しています。もしお子さんが今後も本気でフルートを続けていきたいと希望されるなら、Jマイケルを使い続けるのはお勧めできません。楽器の性能が低いので上達の妨げになる恐れがあります。最低でも今学校でお使いのYAMAHAのYFL-211かその一つ上のYFL-311を購入されることをお勧めします。

アマチュアですがフルート演奏をしているものです。中学校や高校の吹奏楽部に指導を依頼されてフルートパートの指導をさせてもらうこともあります。その経験で答えさせていただきます。

まず、楽器の違いですが、どちらも洋白製銀メッキですので、材質は一緒です。ただ、作りが違うので音色は違います。しかし、お子さんがどの程度の実力か分からないのに失礼なことを申すことになるかもしれませんが、中高生の指導をしている経験からしても、小学生が楽器の音色の違いを引き出せるほどの実力をお持ちとは考え...続きを読む

Qフルート 頭部管で三オクターブってでるんですか?

フルートをはじめて2ヶ月くらいです。月2回教室に通っています、月2回しか先生あえないのでおしえてください。

本で「頭部管で三オクターブでる」と見ましたが、私が出せるのは2オクターブまでです。どの音がでるのですか?
普通に出る音、ちょっと速い息で1オクターブ上の音、さらに上の音が出るのでしょうか?それともまさか一番低い音???

また、その練習は必要ですか?これから永く楽器をしたいと思っているのでいずれにせよ出せるようにはなりたいです。どうやったら三オクターブ出るようになりますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。一生懸命練習していらっしゃるようですね。
頭部管で3オクターブ出すことは8番目の倍音になりますので出すのはかなり難しいです(どの音がでるのかは参考URLを参照してください、真中あたりのまとめのところです)私は7つしか出せません、それもかなり歌口に唇をかぶせるような感じになってやっと出ます。コントロールが大変難しいです。
まだ2ヶ月で2オクターブ出せれば優秀だと思いますよ。最初は意のままに1オクターブ出すのも大変なことですから。
時間をかければいつか3オクターブが自由自在に出せるようになると思います。
そして、この練習はとても大事で必要です、エッジにどのように息をあてればその音になるのか、息の向き、唇の形、あごの動きなどが柔軟になります。音に表現の幅が出てくるようになります。先生についてらっしゃるということですので、先生の指導を受けてくださいね。独学ですとアンブシュアをこわしかねないので。それでは頑張ってください。

参考URL:http://www.fan.hi-ho.ne.jp/wazawa/private1/FluteHarmonics.htm

こんばんは。一生懸命練習していらっしゃるようですね。
頭部管で3オクターブ出すことは8番目の倍音になりますので出すのはかなり難しいです(どの音がでるのかは参考URLを参照してください、真中あたりのまとめのところです)私は7つしか出せません、それもかなり歌口に唇をかぶせるような感じになってやっと出ます。コントロールが大変難しいです。
まだ2ヶ月で2オクターブ出せれば優秀だと思いますよ。最初は意のままに1オクターブ出すのも大変なことですから。
時間をかければいつか3オクターブが自由...続きを読む

Qフルートを中学1年の娘がクラブで始めました。購入するには

フルートを買うにあたって悩んでいます。
中一のクラブではじめたのはいいのですが 自分のフルートがほしいと言っています。学校のフルートは自宅への持ち帰りは禁止となっており家でも練習して
うまくなりたいと言っております。少なくとも中学の3年間は続ける意欲はあると思います。そこで決して
安い買い物ではないのでどれくらいの物を買えばよいのかフルートに関してはさっぱりわかりません。
わかっているのはヤマハの200シリーズを使って
いるらしので同じようなグレードで購入を考えております。またネットオークションも見ましたがさほど安くもなく直接くちを接して使うものなので 気持ちよく新品の購入を検討中です。フルートの経験者の方
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

>ヤマハの200シリーズを使っているらしいので同じようなグレードで購入を考えております。

非常に妥当な線かと思います。

私は、初心者は管体材質が洋銀(洋白銀)のものから始めた方が良い、と考えています。
それは、楽器が「鳴りやすい」からです。

高級機種には、銀や金やプラチナなどが使われますが、密度の高い金属ほど鳴らしづらくなります。
鳴らしづらくなると同時に、楽器としての限界点も高くなって、それだけ表現の幅も広げられますので、上級者やプロは、こうした楽器を操って表現の幅を広げているのです。

初心者や、ちょっと吹けるくらいの人が、見栄で高い楽器を買って、スカスカな音でしか鳴らせていないのを目にすることがあります。
あれでは本人も楽器も可愛そうです。。。
(そんな音を聞かされる聴衆も可愛そうです。^^;)

こうした意味におきましても、初心者の出来るだけ早いうちに、楽器が「鳴る」とか「響く」と言われる鳴り方を体験して頂きたいのです。
こうした面から考えても、「鳴りやすい」楽器が良いのです。

洋白銀の楽器は、決して低級なのではありません。
プロの人でも、洋白銀の明るい音色が好きで、使っている人がいます。
もちろん、限界点が高くはないので、その範囲内でしか使えない(使っていない)、とのことでしたが。(^^;

まずは洋白銀の楽器を吹くことから始めて、こうした「楽器の限界点」を感じる様になってから、上位機種に切り替えても遅くはないです。

>ヤマハの200シリーズを使っているらしいので同じようなグレードで購入を考えております。

非常に妥当な線かと思います。

私は、初心者は管体材質が洋銀(洋白銀)のものから始めた方が良い、と考えています。
それは、楽器が「鳴りやすい」からです。

高級機種には、銀や金やプラチナなどが使われますが、密度の高い金属ほど鳴らしづらくなります。
鳴らしづらくなると同時に、楽器としての限界点も高くなって、それだけ表現の幅も広げられますので、上級者やプロは、こうした楽器を操って表現の...続きを読む


人気Q&Aランキング