サラリーマンって給料と別に年二回ボーナスもらいますよね?何のためにボーナスが用意されているんですか?年二回の分のボーナスを、月給制だったら毎月分に振り分けて、月給として支払わないのは何故ですか?税金などかわってくるんでしょうか?ボーナスって何?
ご教示願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ボーナスの起源は日本社会全体が貧しく、週給いくらの労働者がしばしば年を越す蓄えに事欠くといった時代の”モチ代”的な手当の名残ではないでしょうか。


もっと遡ると、江戸時代の奉公人や女中にも”お仕着せ”と言って食費や小遣いと別に年2回程度、着る物を支給する伝統があったようです。

ではボーナスの現代企業における意味はというと、これは会社によりけりでしょうね。
ワンマンに近い経営形態で業績が良い時は社長の裁量で(時にはポケットマネーから)ボーナスを弾むような会社では、確かに”ご褒美”や”分け前”と言えますね。
ただ組合のしっかりした会社や大きな会社では、ボーナスは月給や諸手当と込みで労使交渉の場で決まったりしますから、これはやはり本来の報酬の一部と考えたほうが自然でしょうね。
一見恵まれてるようですが、そういう会社ではえてして逆に頑張って稼いでも個人の給料はほとんど変わらなかったり、月給の方が意外と安かったりします。
結局出る財布は同じですから、会社の儲けがどこかで社員への金払いの良し悪しにつながるのは致し方ありませんね。
始めに述べたような経緯もありますし、どちらのあり方が正しいと一概には言えないように思います。

一方経営者側にとっては、ボーナスは会社の収支の悪化をある程度吸収できるバッファ的な意味があります(苦しい時は社員の首を切る代わりにボーナスを減らして凌げる)。
働く側にとっても”生活保障”的な意味合いの強い月給とは別に、ある程度業績に連動する報酬があることは励みにはなるのは確か。

そんなこんなで経済的な意味よりも、良き伝統というか”生活の知恵”みたいなものだと私は思っています。
それに年に2回くらいは”サラリーマンをやってて良かった”と思える時間があっても良いですよねぇ?(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ただ組合のしっかりした会社や大きな会社では、ボーナスは月給や諸手当と込みで労使交渉の場で決まったりしますから、これはやはり本来の報酬の一部と考えたほうが自然でしょうね。
 これはまた、ややこしい!公務員の場合のボーナス?みたいなものでしょうか。確かに会社によりけりですね。
>苦しい時は社員の首を切る代わりにボーナスを減らして凌げる
 かなり有効ですね、そういう働きが可能なわけなんですか。なるほど、生活の知恵的な面がありますね。
>それに年に2回くらいは”サラリーマンをやってて良かった”と思える時間があっても良いですよねぇ?(笑)
 もちろんですよ!
分かりやすい回答、大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 21:09

日本でのボーナスの由来は#4でheichanさんが説明されている通りです。



ただ、年俸制の仕事でも、単純に12分割して毎月もらうより、16分割して年2回ボーナスとして2カ月分×2で支給してもらう方が、手取額が増える場合があります。これは天引きされる社会保険料が、年間の収入ではなく毎月の収入(正確には5~7月の月給)で決定するからです。また、社会保険料は本人と会社が半々で負担するので、社員だけでなく会社にとってもメリットになるのだそうです。

例えば
年俸360万円(月額30万円)、ボーナスなし
の場合、毎月天引きされる社会保険料は
健康保険+厚生年金+雇用保険
13,600+27,760+1,243=42,603

ですが、16分割にして
年俸360万円(月額22万5千円+夏45万円+冬45万円)
の場合
10,200+20,820+943=31,963
となり、効果は10,640/月です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほーほー、ほ、、、これ、すっごい違いじゃないですが!?
効果絶大!ボーナスの力ですね。例まで挙げてもらってかなり分かりました。ありがとうございます!

お礼日時:2001/06/16 21:12

ボーナスは必ず支払われるものではありません。

会社の利益が大きかった場合に、社員に還元されるようなものです。

不況や何かの原因で利益が出なかった場合はボーナスがない場合もあります。
これが月給に振り分けられてたら、会社は必ず支払わなければなりません。
考え方によっては、ボーナスはないけど月給が良い会社もあると思います。

また、もう一つの理由として税金で払うくらいなら社員に還元しようと言うのもあります。
会社に利益があると、その分税金がかかるわけですが、利益からボーナスとして人件費をひくと利益も少なくなり税金も少なくなります。

例えば100万円の利益があって50%が税金だとすると50万円の税金です。
これを社員4人に10万ずつボーナスを与えると、利益は60万円。税金は30万円です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>不況や何かの原因で利益が出なかった場合はボーナスがない場合もあります。
これが月給に振り分けられてたら、会社は必ず支払わなければなりません。
考え方によっては、ボーナスはないけど月給が良い会社もあると思います。
 なるほろ、ボーナスは「時価」ですってことですね。
>会社に利益があると、その分税金がかかるわけですが、利益からボーナスとして人件費をひくと利益も少なくなり税金も少なくなります。
 これは、決定的に分かった気がします。税金などが関係してるんですね!納得です。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 21:02

むー、ボーナス=もらえて当たり前と誤解していませんか?


我社は社員70人に満たない小さな会社です、現在不況で業績が芳しくないです、したがって世間のように何ヶ月分もボーナス(賞与)が出ません(でもこの夏は少しでます)。
なぜなら、半期(半年)の売上の中から経常利益が出て初めてその配分にありつけるのが賞与だからです。
月給は固定した給金ですが、賞与は予定通り、もしくはそれ以上の利益が出た時点の分け前と・御褒美?みたいなもんだと私は考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ぬー、ボーナスはそういう見方で見られる場合もあるんですね。給与と賞与の差ですね。ご回答、参考になりました。

お礼日時:2001/06/16 20:58

ボーナスは給料の一部。


ボーナスというエサをぶら下げるとそれに向かって頑張るでしょう?
月給だけなら別に頑張らなくてもそんなに査定には関係ないしね。
ボーナスが悪いと逆にやる気がなくなります。思わず今日休んじゃいました!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すこしなるほど感がわかります!休まれたんですもんね、分かる気がします。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/16 20:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平均額と同じ位のボーナスもらってる人はどんな年齢でどんな職業についているのかおしえてください

本日読売新聞に今夏のボーナスの平均値がでてました。平均額が72万8119円(2,36ヶ月)分だという事です。私の会社も一応ボーナスは出たのですが平均の半分以下です。もちろん「出るだけまし」という思いもありますし、ボーナスが出ない人というのも世の中にはたくさんいると思います。
しかし気になったのですがボーナスってだいたい基本給の何ヶ月分という計算方法で支給される事が多いと思うのですが、これで計算すると平均の基本給が30万以上という事になります。基本給が30万というのはかなり高いような気がします。実際私の基本給は30を超えてますが20万もありません。残業代などで
やっと20を少し超えるかどうかという位です。
平均額というのは毎回発表される物ですが、毎回この
平均額と同じ位かそれ以上をもらっている人は、いったいどれくらいの年齢でどんな職業についているのか
知りたいと思いました。よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

下に↓きっとこの記事だと思われるものを書いておきますね。この記事どおり東証1部上場企業165社の組合員ということは、いろんな年齢の人がいるはずです。
ということは、「30代」でこれだけもらっているということではなく、
下は18~上は60まで(年齢は適当ですが)の平均なので、年齢を重ねた人の高額な賞与も含まれていると思います。
なので30歳なら72万円もなくて普通なのではないでしょうか?

********************************
今夏のボーナスは平均72万2892円で、前年同期より5.2%増え、夏のボーナスとしては90年以降2番目に高い伸び率になることが、民間調査機関の労務行政研究所の調べで分かった。輸出が好調な製造業を中心に大半の業種で増額になっている。

 調査は、今春闘で夏のボーナス額を決めた東証1部上場企業165社の組合員の妥結額を集計。1人当たりの平均を出し、前年同期と比べた。

Q月給制と日給月給制について

きのう、月給制と日給月給について友達と喧嘩になってしまいました。
なので、この違いについて詳しく知っている方は、教えてください!!
あと、どれだけ休むと(正当な理由で。)どちらも給料もらえなくなるの?

Aベストアンサー

こんにちわ。

お給料の種類ですが、「月給(完全月給・月給日給)・日給月給・日給・時給・歩合・年棒」等があります。

「月給制」と言われる一般的なものについてですが、月に何日出勤日があっても決まった額のお給料になります。これを「完全月給」と言います。この場合は欠勤しても給料が引かれません。(と言われていますが、会社は欠勤した日のお給料を支払う義務は無いので、普通は引かれます)
働く際に決めたお給料が月20万円だとして、「今月は21日働いた・でも先月は18日だった」でも「20万円」と固定です。大抵の会社の正社員の場合はこれになります。
そして「月給日給」ですが、有給が無ければ「月固定給料÷その月の勤務すべき日数×休んだ日」を引かれることになります。(ただし、身内に不幸があったなどで休んだ場合は引かれませんがこれも会社の規定です)
例えば、月固定20万円のお給料で、土日祝日休みで11月を1日休んだ場合は「20万円÷22日×1日」で概ね「9090円」を20万円から引かれ19万910円になります。有給休暇を使えば引かれる事はありませんけどね。

一般的に言われる「日給月給」とは、日給×働いた日になります。例えば、日給8千円の場合だと3日働けば2万4千円、20日働けば16万円です。ただし、働いた分だけ貰えるので24日働けば19万2千円です。こういった給料の体系は主にアルバイトの場合が多く、給料日は月に1度の場合のようです。

ではでは。

こんにちわ。

お給料の種類ですが、「月給(完全月給・月給日給)・日給月給・日給・時給・歩合・年棒」等があります。

「月給制」と言われる一般的なものについてですが、月に何日出勤日があっても決まった額のお給料になります。これを「完全月給」と言います。この場合は欠勤しても給料が引かれません。(と言われていますが、会社は欠勤した日のお給料を支払う義務は無いので、普通は引かれます)
働く際に決めたお給料が月20万円だとして、「今月は21日働いた・でも先月は18日だった」でも「20万円」...続きを読む

Qボーナスの平均支給額について

今年の夏のボーナス支給平均額は税込みで83万7036円とありますが、
これはもらった人だけを計算した値なのでしょうか?
しかも、上場企業と有力非上場企業の平均とあるので多分もらった人だけだと思うのですが。
ちなみに、中小企業の平均ボーナスはいくらなのでしょうか?
もらっている人だけの平均と、もらっている人ともらっていない人を合わせた平均が分かれば知りたいです。
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

この数字をどうこう言うのは、残念なのですが意味を成しません。
83万7035円と単に数字だけにしかならない為です。

簡単に言うと。
335万のボーナスをもらってる管理職2人と、20万円のボーナスを貰ってる従業員8人が居たとすると、この平均は、83万円になる訳です。

中小企業のボーナスなどは統計を取る事はまず無いので判らないでしょう。
しかし、中小企業の方が上記の様な差は上場企業より大きくなるのが一般的で、さらに中小は親族企業などが多く親族が役職になってることが多いですので、差は開き易いのが現実です。

Q例えば、ある会社で日給月給で25日間働いたとします。で、何らかの理由があり24日分のお給料だげでいい

例えば、ある会社で日給月給で25日間働いたとします。で、何らかの理由があり24日分のお給料だげでいいいですよ。と社長に伝えて本当に24日分の給料しか頂けなかったら、違法になりますか?

Aベストアンサー

双方合意の上であれば問題ありません。

Q【今年の夏のボーナスは平均80万円強だそうです】これは上場企業での話です。 日本の上場企業の社会全

【今年の夏のボーナスは平均80万円強だそうです】これは上場企業での話です。

日本の上場企業の社会全体の割合は1割で、9割は上場していない中小企業です。

では社会全体の夏のボーナスの平均は幾らなのでしょう?

なぜ9割の人の夏のボーナスの平均を言わずに少数派の1割の話をニュースで伝えているのでしょう?

9割の人は関係がない話ですよね?

Aベストアンサー

単に情報として提示できる統計が無いだけでしょ。

別にトラップでもなんでもないし、
上場企業に連なる中小企業ならば、
その「親会社」の賞与数値が自分達の数値の参考になる。

質問者さんはこういう記事を見てイラつくからの質問なんでしょうけど、
その9割を含む社会全体から税金として搾取して
それを賞与にしている「公務員様」の感覚についてこそ
モノ言うべきじゃないの?
景気なんか全然関係なく「自分達が世の模範になる」とか言って
じゃぶじゃぶもらっているんだよ。

公務員の右肩上がりONLYの感覚こそ
「公務員以外のどれい」には関係ない話しだよ。

(自治体によっては景気反映しているところもあるけどね)

Q日給月給の場合の休日出勤(振替休日)分

お世話になります.
教えてください.

たとえば
1日7000円 月末締め 翌月10日払い
の職員が
1月に休日勤務をし、その分の振替休日を2月にとります.
その場合、1月の賃金は
(1)今月は休日勤務した日の分も含めて日数を数え、翌月は振替休日をとった日の分を数えない。
(2)振替休日を与えているので、1月2月ともに通常の暦日数で支給する.

どちらが正しいしょうか?
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

(1)です。
 休日は、週単位が基本なので、翌週以降に振り替えたとしても、法律(労働基準法)上では、休日労働した事実は消えません。
 よって、1月分の休日労働については、最低35%の割増で支払う必要があります。

Q【アンケート】あなたの今季冬季ボーナス賞与は幾らでしたか? 新聞の平均ボーナス額(多分、上場企業の

【アンケート】あなたの今季冬季ボーナス賞与は幾らでしたか?

新聞の平均ボーナス額(多分、上場企業の平均と思う)と世間の開きはどれくらいなのか興味があります。

Aベストアンサー

123万円でした。今までで、最高額で嬉しかったです。
厳しい上司達に、頑張りが認められたのだと思うと、感激でした。
一部上場企業の平均が73万との事ですから、私は恵まれているのだと思い、感謝しています。

Q同一会社内で「月給制」と「日給月給制」!?

社員が3人(パート含む)の小さい会社です。
その中の1人は小さい子供がおり、頻繁に休みます。
それは仕方がないですし、皆でフォローしなければならない事だと思うのですが、
それを理由に、その人だけ「日給月給制」にするのは法的にどうなのでしょうか??

ちなみに、その人は現在パート職員で、来月から社員になりたいと申し出ています。
その際の契約で他の社員2人は「月給制」なのに、
その人だけ「日給月給制」に定めるのはOKなのでしょうか???

うまく説明できなくてすみません。
何かありましたら、補足いたしますので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
雇い主さんでしょうか??

契約の時に本人が納得すれば別にいいんじゃないんですか?

現在パートで時給制(多分)の所を、来月から社員として雇用する時に日給月給制にしたいと読みましたがいかがですか?

待遇の面(保険とか)で社員にして欲しい…という人はいますので、そういう意味なら かまわないのではないですか。

Qボーナス支給日 (公務員&民間大手)

民間企業大手と公務員のボーナス支給日がいつになるのか、慣行をお教えください。
民間大手企業のボーナスは、夏は7月の第一金曜日、冬は12月の第一金曜日が普通ではないかと思います。それぞれ「10日」としている大企業もあるみたいです。公務員は上記より少し早く支給されると記憶しています。

Aベストアンサー

国家公務員は、人事院規則で6月30日、12月10日と規定されています。
土日の場合は繰り上がります。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8a%fa%96%96%8e%e8%93%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S38F04509040&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

Q月収15万で正社員、ボーナスは1か月分のみこれってどうですか?

大卒です。
正社員で手取り15万、ボーナスは1か月分のみ。
これって条件悪いですよね?
ちなみに週休1日で残業は毎日8時まであります。

Aベストアンサー

年齢にもよりますので一概には言えませんが、まだ若く、職を選べる状況でしたら、非常に悪い待遇だと思います。どうしてもしたい仕事でやりがいがあるというのなら話は別ですが、そうじゃないのなら辞めた方がいいですね。ちなみに私だと絶対に辞めてます。

私は27歳ですが転職を3回しました。今は好待遇の職場で非常に順調に働けていますし、ずっと続けていくつもりです。たしかに妥協も必要だとは思いますが、「このご時世に職があるだけマシ。文句は言えない」なんて考えは絶対にしないほうがいいと思います。

手取りの額は上がってくると思うので、さほど問題はなく思えますが、ボーナス1ケ月分で、さらに休みが週に1日、残業もある。・・これはやりがいを感じてる仕事でなければ、大卒でなく、高卒でも待遇は悪いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報