客先に郵便物を出すにあたって返信用の封筒を入れるのですが返信用封筒に書く自分の名前には「○○行」「○○宛」というふうに書くと思います。この際の「行」「宛」の使い分けの基準はなにかあるのでしょうか?すいませんがどなたかこのハガキ(ビジネスマナー)の知識を教えて頂けませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

どちらを使ってもマナー違反にはならないようですが、一般的には「行」だそうですね。



キャリアパーク! 返信用封筒の同封マナーと宛名の書き方まとめ
https://careerpark.jp/4013

A 回答 (10件)

ビジネスマナー講師です。


その立場から、秘書検定のガイドを基本として回答します。
一般的に、返信用封筒の宛名部分には、自社名等の下に「行」を書いておきます。
悩むと混乱するので、「行」を一番下に入れることを、覚えてしまうと良いでしょう。

    • good
    • 0

専門家紹介

中川裕美子

職業:研修講師

人材開発コンサルタント、研修講師、キャリアアドバイザー、ヒプノセラピスト、地域創生コンサルタント。有限会社SONORI 代表取締役。会社は東京都中央区銀座、自宅とHealingのSalonは、山梨県北杜市小淵沢の八ヶ岳エリア。都会と田舎の二地域活動を実践する移住・田舎暮らしアドバイザーとしても、活動をしています。

●有限会社SONORI HP
http://www.sonori.info

●就活支援「無敵に幸せ☆就活&キャリアデザイン」
https://career2016.amebaownd.com

●SONORI 中川裕美子 Blog
http://ameblo.jp/sonori-info

●地方創生・移住支援コンサルタント 中川裕美子
https://sonori2017.wordpress.com/

●SONORIの研修教材販売サイト
https://sonori.official.ec/

●講演・研修のご依頼 等
http://www.sonori.info/pages/1544620/otoiaawse

詳しくはこちら

専門家

ビジネスで送る返信用封筒の「行」と「宛」の使い分けは、「様」と「殿」とに厳密な使い分けがないのと同様で、どちらを選ばれても構いません。



一般的によく使われているのは「行」のほうです。

ちなみに「行」は、自分をへりくだっていう場合に使う言い方のひとつです。
    • good
    • 2

専門家紹介

専門家プロファイル_瀧本博史

職業:転職アドバイザー

ベストアンサーを複数いただいているのでご安心ください。現在、年間約2000件の職業相談を行なっている現役のキャリアコンサルタントです。国家資格2級キャリアコンサルティング技能士(熟練者資格)をもち、国立大学の特任講師、ハローワーク職員、自治体の職業相談員、就職指導や職業訓練校講師などの業務に携わり、22年の実績があります。心の状態に不安が残る方には、産業カウンセラーと心理相談員の視点から「心の問題」もケアしてきました。学生の方へは「進学・就職・面接」指導と講演、公務員試験対策(筆記・面接・論文)を行なっています。

詳しくはこちら

専門家

一般的に返信用の自分への宛名には「行」ですね。


「宛」は、使うことがないような気がします。
たとえば往復はがきなどに返信の宛名には自分の住所氏名を書きますが
名前の下には、何も記入せずが多いようです。
これは現実に往復はがきを受け付けて返信をする作業をしているので
何も書かない人が多いです。

それと同等と考えると、何も記入しない方が返信する側には良いかもと思います。
    • good
    • 117

宛名のあとにいちいち線をひいて「様」だの「御中」だのを書くのは手間であるばかりでなく見苦しく感じます。

返信用封筒とわかりきっているのなら自分の宛名にはなにもつけないのがベストと思います。

税務署その他の役所では「御中」「様」などのハンコを用意して、多数の封筒にいちいち押して返信しています。ムダで間抜けな光景です。

特にビジネス文書では、このような変マナーはなくしてほしいものです。
    • good
    • 71

大体の答えは見えているようですので、


ちょっと気になった点の補足だけ。

自分用の返信の宛名に「様」を付ける点について。

私もこれは違和感を覚える口なのですが、
返信用ルール等を扱う書籍で
「先方の(二重線で消して様と書き直す)手間を省くため、
 最近では最初から『様』と書くこともあります」
との記載を読んだ事があります。

それを「乱れ」と見るか「変化」と見るか、
またどれほど浸透しているかという問題はありますが、
先方への気遣いに端を発する可能性もある・・・とだけ補足させてください。
    • good
    • 30

「○○宛に、お送りください」  →会話の中で使う(もしくは文章の中で使う)



「○○ 行」    返信用封筒にあて名書きする際に使用。


返信用封筒に「○○宛」って聞いた事ないです。
    • good
    • 43

No.3の方が言われるのが正しいです。



少しだけ補足しますと、「行」の字は予め返信時に二条線で取り消して「様」あるいは「御中」を書き足すのを想定して、行をはずして少し小さく書いておきます。縦書きなら少し左寄り、横書きなら下寄りといった具合です。

最近はあて先と同じ大きさの字で「行」の字が書いてあるものもありますが、恥ずかしいことですね。

また返信者は「様」や「御中」を忘れずに書き足すくらいのマナーを心得たいものです。

「宛」の使い方もNo.3の方の言われるとおりで、宛名に「宛」とは書かないです。
    • good
    • 48

最近、かなり、その辺の宛先のマナーが乱れてきているように思います。


郵便以外の手段で、仕事相手と文書や物品のやりとりをする場合にも見られます。

ごく一部の例外を除き、20年ぐらい前までですと、自分が個人名であれ団体名であれ、返信の宛名には「行」を付けているものしか、私は見たことがありません。
私が持っているビジネスマナーの本にも「行」だけ書いてあります。

最近では、「宛」は見たことがないですが、「殿」だの、もっとひどいのは「様」をつけているのさえ、度々見かけます。

話が長くなりましたが、ビジネスの局面では全て「行」で正解です。


なお、私の場合、
「宛」は「○○宛へお送りください」というような書き方をする場合、すなわち「行」にすると、文章の流れとしておかしくなる場合や、あるいは、比較的親しい人からの返信を請う場合にのみ使っています。おそらく、これも間違っていないはずです。
    • good
    • 22

通常は「行」と各必要があります。


相手の送っていただくという気持ちを表す意味でです。

で、相手がちゃんとした社会常識を持った人だったらその「行」を「宛」もしくは「御中」に書き直して送ってくれます。

だったらはじめから「宛」にしておけば...と思うかもしれませんがこれがルールです。
    • good
    • 25

こんにちは。


私の場合・・・なので、もしかすると間違った用法かも知れないですが、
『○○行』⇒課や担当係に返送してほしい場合
『○○宛』⇒個人に返送してほしい場合
というように使っています。
例えば、「△△株式会社総務課の山田花子さん」という方が往復はがきを投函したとします。
◎返信分の宛名が「△△株式会社総務課」
⇒「△△株式会社総務課」行
◎返信分の宛名が「△△株式会社総務課 山田花子」
⇒「△△株式会社総務課 山田花子」宛
という具合です。

ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q返信封筒の自分の宛名は『宛』『様』?

こんにちは。20歳の女子大生です。
試験の資料請求をします。

ダウンロードという方法もあるのですが、プリンターがご臨終の為、郵送で取り寄せします。

まず、送る封筒の資料請求の宛名に「○○資料請求係 御中」と書き切手を貼りました。

その封筒の中に角型2号の封筒を返信用の封筒として入れるのですが、その宛名に「chocola宛」にしようか「chocola様」にしようか迷ってます。

「宛」にすれば「御中」スタンプ押してくれるところが多いですよね。でも、それがわかりきっているから返信用ハガキや封筒の宛名に自分の名前を書くときには自ら「様」を付けるケースも多いですよね?

皆さんは今のところどちらにしてますか?

変な質問ですがアドバイスください。お願いします。

Aベストアンサー

私は『様』などは付けなくても届きますから、自分宛の時は付けません。
逆に返信用の封筒で何も書いてなかったり、『宛』であれば、様or御中つけますが、最初から御中とか様など書いてあるのは見たことがないですね。

Q「御中」の使い方

「御中」の使い方について教えてください。

送り先に「○○係」までと書いてある場合、「御中」に直しますよね?この場合の「御中」の使い方は、
1.「○○係 御中」
2.「○○ 御中」
のどちらなんでしょう?こんな質問をするのは恥ずかしいのですが、いつも迷って困っているので教えてください。

Aベストアンサー

○○係 御中  です。
御中とは、会社など、直接誰宛かわからないが、「その中のどなたか」に出すときに使います。

だから、その係の誰に出すかがわかっている場合は、
「○○係 △△様」となるのです。

Q様と宛の使い方。

初めまして、手紙の名前の敬称のついてのことです。

様は個人名ですが、
宛というのは、個人名でもいけるのでしょうか?

もしくは、様・宛どの用途につかっていけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

あて先は、「様」(個人)・「御中」(組織)を用います。

返信用封筒を同封するときや、往復はがきの返信側では、宛名の自分(自分の属する組織)の下に、「行」や「宛」を使います。そのときは個人でも「宛」をつかって差し支えないです。自分の名前が「信」のとき、そこへ「行」を付けると、「信行」という名前のようになってしまうので、そういったときに(私は)「宛」を用います。

Q[マナー]自分宛の宛先に「様」は付けるのですか。

自分宛の宛先に「様」は付けるのですか、教えて下さい。

自分の提出した答案を後ほど返却して頂くために
自分宛の封筒を準備しなければならないのですが、
その際に自分の名前には「様」は付けるのでしょうか。

自分に「様」を付けるのは違和感を感じますし、
かといって相手に「様」だけ書いて頂くのも申し訳なく思います。

手紙のマナーとしては、どの様な方法がいいのでしょうか?
是非ともご教授の程よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

「行」を書いておけば問題ないです。

相手は出す時に、「行」を線で消して「様」に変えて出してきます。

Q返信用封筒のマナーについて

今回、ある企業から内定をもらったのですが、返信用封筒のマナーについて教えてほしいです。
(1)○○宛→宛を二重線で消すのは縦線ですか、横線ですか?
(2)様は右側、左側?
(3)こちら側の住所は書く必要があるのか?
(4)送付状?封筒の中身を記した紙を入れる必要はあるのですか?

Aベストアンサー

(1)「宛」を斜めの二重線で消す
(2)「様」(会社宛は「御中」係や社長あてなど個人あては「様」)を消した「宛」の左
(見ばえが悪い場合下)
(3)住所・氏名を裏面に記載
(4)内定したことの「感謝のことば・お礼」と「(決意)」、「よろしくお願いします」の三点か二点を課簡記した手紙を同封(紙片・紙切れでない方がよい)

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報